So-net無料ブログ作成
検索選択
事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

護輪軌条 [鉄道評論]

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



いよいよ、山陽新幹線0系はこの日で定期運行が終了。18時20分近くになったら、こちらにアクセスを!!


2000年3月8日(水曜日)9時頃、帝都高速度交通営団(現在の「東京地下鉄」)日比谷線中目黒付近で、北千住発、菊名行き、03系第2編成の8号車が地下を抜け出したあとに脱線。その直後、対向電車の中目黒発、竹ノ塚行き、東武鉄道20050系第2編成の中間車4両に衝突。03系は8号車、20050系はモハ23852とモハ24852が大破(この車両には号車表示がない)。5人死亡、64人負傷の大惨事となった。なお、大破した車両は2001年に代替分を新製し、営業運転に復帰している。  

日比谷線は曲線区間の多い路線で、区間によっては40㎞/hで頭打ちとなり、振子車両を投入しても定期便は各駅停車のみのため、所要時間の短縮も難しそうだ(以前、臨時便で急行運転が行なわれたことがある)。そのため、20メートル車の導入と18メートル車の10両編成化が難しいとされている。これは、東京急行電鉄東横線は20メートル車8両対応であること(近い将来、急行停車駅のみ10両編成化される)、東武鉄道伊勢崎線は複々線の各駅停車のみ停まる駅のホームは、20メートル車8両分しかないこともある。

事故後、応急処置として現場部分に護輪軌条を敷設して、翌日の初電から全線で運行を再開。2000年3月中、日比谷線の車内ではお詫び放送を流し、「今後は安全対策に万全を期してまいります」と利用客に誓っている。  

その後、運輸省(現在の「国土交通省」)は半径200メートル以下の曲線に護輪軌条を敷設することをすべての鉄道事業社に指示。しかし、曲線に限定されているせいか、頻発(Hinpatsu)しているわけでもないが、脱線事故はあとを絶たない。2008年10月23日(木曜日)にはJR東海浜松工場の敷地内で東海道新幹線N700系試作車の1・2号車が脱線しているが、さいわい、負傷者はおらず、ダイヤにも影響はなかった(分岐器のレールの摩耗が進んでいたことが脱線の原因)。

P1360171.JPG
 
護輪軌条は線路の内側に敷設しているもので、制限速度を遵守していれば、脱線を防ぐ確率は高いものの、100パーセントという保証はない。それでも「ある」と「ない」とでは乗務員や利用客の心理も違うのではないだろうか。しかし、片側にしか敷設していないケースが多く、不安を感じる。  

脱線事故を防ぐためにも線路の内側に曲線だけではなく、直線にも敷き、常に万全磐石の態勢を整えて欲しい。

今後、JR東日本東北新幹線では320㎞/h運転が計画されているし、北陸新幹線の金沢延伸でスピードアップする可能性もある。JR西日本も山陽新幹線はMAX300㎞/hだし、東海道新幹線も曲線が多く、N700系では車体傾斜装置を搭載している(JR西日本のN700系7000番台は省略。“徳山カーブ”のスピードアップは考えていないらしい)。

P1360170.JPG
 
高速化、鉄道に対する魅力が進むにつれ、忘れてはならないのが安全対策の強化。多額の費用がかかるのは承知の上だが、鉄道への信頼をより厚くするためにも検討していただきたい。




来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年11月も2者択一サイト、『Unow?』で、「アノ人はなぜハマル?(モハよう著者からの20の質問)」が公開されており、質問28・33・39・43で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!



⑥『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43はこちらにクリック!!



※②~⑥は2008年11月30日(日曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

祝、水谷豊、『紅白歌合戦』出場決定!! 観客動員数218日連続1日4ケタで、合計86萬人突破!! [INFORMATION]

記事数:650|nice!:2,526|総閲覧数:今日:2,220/累計:861,068|読者数:35
アクセスランキング:210位

P1350871.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2008年11月28日(金曜日)で観客動員数は86萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆祝、水谷豊、『第59回NHK紅白歌合戦』出場決定!!

「舘ひろし、柴田恭兵、水谷豊」  

これは日本を代表する大物俳優です。

P1310190.JPG
 
映画、『相棒-劇場版-』の大ヒット、ドラマ、『相棒 Season 7』ではシリーズ史上初の視聴率20パーセント越えを果たし、ベストドレッサー賞にも輝いた大物俳優、水谷豊さんが大ブームになった1年ですが、予想通り、『第59回NHK紅白歌合戦』の出場が決まりました。審査員かと思っておりましたが、歌い手としての出場です。これは『マツケンサンバⅡ』以来の大興奮ですね。嬉しいです。ぜひ、大トリとして2008年を締めくくって欲しいなと思います(なんで『マツケンサンバⅡ』は大トリじゃなかったんだろう?)。  

私は『刑事貴族2』で水谷さんを初めて知ったのですが、これが衝撃を受け、トリコになりました。平成5年(1993年)4月、当時16歳だった私はどうしてもナマで見たくて、遠路はるばる新宿伊勢丹へ行き、日テレの開局40周年イベントのトークショーで御尊顔を拝し、握手してもらったのが今でも忘れられません(当時、水谷さんは40歳だった)。私が無言で右手を差し出すと、無言で応えてくれたのです(カンゲキのあまり、言葉が思い浮かばなかった)。

P1310200.JPG
 
今も週2回ほど、パソコンに取り込んだアルバム、『TIME CAPSULE』を聴いております。そして、いつかはカラオケで『カルフォルニア・コネクション』を歌うことを夢見ています(なかなか行く機会ねぇーんだよなぁー)。

◆山陽新幹線0系フォーエヴァー、大加熱!!  

いよいよ、2008年11月30日(日曜日)で、0系の定期運行に幕を閉じることになり、12月14日(日曜日)にクライマックスを迎えます。報道では新大阪20番線にレールファンが殺到している姿が写っておりますが、スペースがせまいため、そうなってしまうようです。  

新大阪の新幹線ホームはJR東海の管理駅のため、神経ピリピリムードかもしれませんが、無事に有終の美を飾って欲しいものです。  

なお、定期運行最終便は〈こだま659号〉博多行きとなり、博多南へは別の車両が代走。12月1日(月曜日)から、ついに“500系〈こだま〉”がスタートします。新大阪-博多間、指定席で乗り通してみたいですねぇー。そして、12月14日(日曜日)の臨時〈ひかり347号〉博多行きが“大一番”となります。くわしくは備考①を御覧下さい(期日を過ぎると、アクセスできない場合がございます。御承知おき下さい)。また、備考⑨~⑪も合わせて御覧下さい。

◆12月から連載スタート!!  

12月からは苫小牧鉄道新聞第24号にて、初の連載となる「蝦夷路快速」がスタートします。すでに原稿を1か月分、書き下ろしており、今後もテレビ番組の収録のようにストックを増やしていく予定です。  

苫小牧鉄道新聞の御購読をよろしくお願いします。くわしくは備考②~④を御覧下さい。

◆知名度が広がる?!  

ネット社会のあり方が問われる昨今ですが、私はその恐ろしさを感じています。  

それは私の名を知っている方々が意外と多いようで、驚いております。“実績の少ないモノ書きなのに”と思いながらと見ておりますが、嬉しいですね。こういう方々の声援で2009年は仕事を大幅に増やすことができたらと思っております。

くわしくは備考⑤~⑧を御覧下さい。

◆世界の国旗クイズ第11問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。  

さて、第10問はこちらでした。

世界の国旗クイズ第10問

1名様から御解答をいただきましたので、正解を発表します。正解はこちらです。

正解はこちらです。


観客動員数85萬人突破記念、大ヒット記事ランキング発表!! [INFORMATION]

P1360279.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2008年11月24日(月曜日・振替休日)、観客動員数は85萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

今回は大ヒット記事ランキングを発表いたします(2008年11月27日0時に集計)。これはso-net blogの管理画面にある閲覧数をもとに作成したもので、「1000へぇー」以上を“大ヒット記事”とみなします。

それでは発表です!!

P1360056.JPG

第86位:JR東日本の空港快速乗り比べ-前編-…1000へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-01-03

第85位:各駅停車(二子玉川から臨時急行)中央林間行き…1013へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-10-10

第84位:臨時快速〈リゾートみのり〉お披露目の儀…1015へぇー(13nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-16

第83位:東武鉄道東上本線特急フォーエヴァー…1031へぇー(8nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-05-05

第82位:583系備考一覧…1037へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-29

第81位:東京地下鉄副都心線通勤急行…1040へぇー(6nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-06-18

第80位:2006年の汽車旅6-中編-…1043へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-08-13

P1360088.JPG

第79位:JR東日本415系鋼製車フォーエヴァーTHE LAST RUN.…1066へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-03-18

第78位:第7回みんな集まれ! ふれあい鉄道フェスティバル…1076へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-12

第77位:2007年の汽車旅2-4(西日本鉄道宮地岳線フォーエヴァー)…1082へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-03-12

第76位:臨時電車〈隅田川花火号〉浅草行き2007…1087へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-29

第75位:東京急行電鉄2代目7000系試乗…1088へぇー(17nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-02-10

第74位:銀座線日和…1089へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-04

第73位:悲運、不運の車両-東京地下鉄06系・07系-…1095へぇー(14nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-07-27

第72位:221系備考一覧…1105へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-15

第71位:2008年3月15日(土曜日)、JR線ダイヤ改正情報-前編-…1105へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-21

第70位:臨時特急〈懐かしの特急あずさ2号〉松本行き…1117へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-02-11

P1360260.JPG

第69位:東京地下鉄有楽町線新線フォーエヴァー-副都心線開業に向けて-…1154へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-05-06

第68位:東海道新幹線100系フォーエヴァー①…1160へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-10-20

第67位:JR東日本常磐線特別快速…1175 へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-11-24

第66位:ライナー〈TJライナー1号〉森林公園行き…1217 へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-07-12

第65位:10系備考一覧…1222へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-03

第64位:イーハー東武誕生&半蔵門線延伸…1231へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-07-23

第63位:まだまだ1800系2007Ⅱ(日光線臨時快速-後編-)…1233へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-02

第62位:臨時電車〈三社祭号〉浅草行き…1236へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-21

第61位:2007年の汽車旅1-2(くりはら田園鉄道フォーエヴァー)…1241へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-21

第60位:2003年の汽車旅5-1(221系新快速リターンズ2003)…1251へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-10-21

P1360231.JPG

第59位:2002年の汽車旅9-11(特急〈はつかり〉〈スーパーはつかり〉フォーエヴァー)…1261へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-08-25

第58位:2003年の汽車旅5-3(東海道新幹線100系フォーエヴァー②前編)…1264へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-10-28

第57位:2006年の汽車旅9-3(221系新快速リターンズ2006)…1275へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-24

第56位:JR東日本常磐線E231系快速デビュー!!…1277へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-02-18

第55位:2008年3月15日(土曜日)、JR線ダイヤ改正情報-後編-…1305へぇー(5nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-22

第54位:2008年の汽車旅1-2(JR西日本223系6000番台試乗)…1318へぇー(12nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-03-10

第53位:準急浅草発フォーエヴァー…1320へぇー (niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-03-18

第52位:観客動員数20萬人、300nice!突破記念、大ヒット記事ランキング発表!!…1327へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-28

第51位:2006年の汽車旅5-中編-…1402へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-04-09

第50位:臨時特急〈尾瀬夜行23:55〉会津高原尾瀬口行き…1410へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-13

P1360187.JPG

第49位:第3回つくばエクスプレスまつり…1445へぇー(11nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-04

第48位:急行〈東海〉フォーエヴァー…1458へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-14

第47位:東武鉄道1800系通勤形改造車に乗る…1494へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-19

第46位:観客動員数49萬人突破記念、東京地下鉄副都心線開幕戦!!…1502へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-06-16

第45位:東京地下鉄半蔵門線渋谷駅フォーエヴァー…1509へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-02

第44位:中央線201系フォーエヴァー…1550へぇー(15nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-02-05

第43位:JR四国乗車記録表…1562へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-22

第42位:注目の東京急行電鉄大井町線…1570へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-02-13

第41位:2007年の汽車旅2-3(山陽新幹線まだまだ0系)…1598へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-03-11

第40位:急行武蔵小杉行き(ワンマン運転)…1615へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-10-08

P1320097.JPG

第39位:通勤快速青梅行き…1620へぇー (1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-07

第38位:臨時快速急行〈丹沢もみじ号〉綾瀬行き(小田急電鉄4000形試乗)…1666へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-06

第37位:東海道新幹線100系フォーエヴァー③…1684へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-25

第36位:鉄道の好きな人を『レールファン』と言うのに、どうして変人的な表現でしか呼ばれないのか?-前編-…1696へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-28

第35位:寝台特急〈出雲〉フォーエヴァー…1728へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-03-17

第34位:『岸田法眼とRailway Talk.』誕生!!…1738へぇー(8nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-19

第33位:寝台急行〈銀河〉フォーエヴァーTHE LAST RUN.…1755へぇー(19nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-03-15

第32位:東海道新幹線100系フォーエヴァー④…1786へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-26

第31位:首都圏新都市鉄道-前編-…1799へぇー (niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-12-07

第30位:多摩モノレール基地見学会2006…1824へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-05

P1350917.JPG

第29位:東武ファンフェスタ2007(まだまだ1800系2007Ⅲ)…1838へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-27

第28位:2002年の汽車旅5(大阪市交通局10系スペシャル)…1894へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-03-03

第27位:元旦終夜運転2007…1948へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-01

第26位:鹿島鉄道フォーエヴァー-前編-…2009へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-03

第25位:JR東日本415系鋼製車フォーエヴァー… 2060へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-10

第24位:悲運、不運の車両-東武鉄道30000系-…2073へぇー(12nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-01-29

第23位:臨時急行〈リバイバル急行8000系号〉元町・中華街行き…2082へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-01

第22位:臨時電車(渋谷から臨時急行)〈フラワーエクスプレス号〉長津田行き-前編-…2111へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-05-04

第21位:臨時特急〈さようなら8000系号〉(東京急行電鉄8000系東横線フォーエヴァー)…2111へぇー(12nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-01-15

第20位:JR東日本E231系グリーン車試乗…2125へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-12-24

P1350914.JPG

第19位:JR東海N700系開幕戦…2151へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-02

第18位:2003年の汽車旅8-前編-(東海道新幹線100系フォーエヴァーTHE LAST RUN)…2263へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-03

第17位:2007年の汽車旅4-5…2280へぇー(5nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-16

第16位:臨時電車〈フラワーエクスプレス号〉太田行き…2297へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-11-22

第15位:臨時電車〈隅田川花火号〉浅草行き2006…2339へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-07-30

第14位:JR東日本E233系試乗…2347へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-19

第13位:暴れん坊583系2006(臨時特急〈ふるさとゴロンと号〉青森行き)…2425へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-30

第12位:まだまだ1800系2007(日光線臨時快速-前編-)…2740へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-01

第11位:新型車両10000系車両撮影会…2748へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-09-30

第10位:臨時特急〈懐かしのはくたか号〉(団体電車)…2764へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-17

P1360200.JPG

第9位:221系新快速リターンズ総集編…3028へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-31

第8位:特急〈(ワイドビュー)東海〉フォーエヴァー…3070へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-17

第7位:JR東海N700系オープン戦…3284 へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-16

第6位:東北新幹線開業25周年…3580へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-23

第5位:さようなら東西線5000系車両撮影会&工場見学会(東京地下鉄東西線5000系フォーエヴァー)…4204へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-28

第4位:東武ファンフェスタ2006…4451へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-20

第3位:JR東日本E501系上野フォーエヴァー…5012へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-26

第2位:JR東日本E531系グリーン車試乗…6334へぇー(5nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-25

第1位:特急〈スペーシアきぬがわ3号〉鬼怒川温泉行き…11802へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-06-23

◆世界の国旗クイズ第10問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。  

さて、第10問目はこちらです。これはどこの“国旗”なのでしょうか?


世界の国旗クイズ第10問

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数86萬人突破時に発表いたしますので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです。また、御解答は車両名でお願いします。

★備考

so-net blogの『「管理ページ」にある「閲覧数」「総閲覧数」について詳しく教えてください』はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年11月も2者択一サイト、『Unow?』で、「アノ人はなぜハマル?(モハよう著者からの20の質問)」が公開されており、質問28・33・39・43で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!



⑥『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43はこちらにクリック!!



※②~⑥は2008年11月30日(日曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



観客動員数214日連続1日4ケタで、合計85萬人突破!! [INFORMATION]

P1360279.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2008年11月24日(月曜日・振替休日)で観客動員数は85萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆白熱の優勝決定戦  

大相撲九州場所千秋楽は第69代横綱白鵬と関脇安馬が13勝2敗で優勝決定戦となり、1分25秒の攻防はシビれました。5本の指に入るぐらいの名勝負と言えるでしょう。最後は横綱の意地、貫禄を魅せつけるような感じで白鵬の優勝が決まりました。

白鵬は通算9回目の優勝となりますが、不知火型の土俵入りをする横綱では最多の優勝回数となります。元々、不知火形型は短命になるというジンクスがあり、雲竜型を選ぶ傾向にありますが、白鵬はこのジンクスを吹き飛ばすことになるでしょう。20回以上、優勝すれば“不知火型の大横綱”と称されることになると思います。  

安馬は大関昇進が決定的な状況で、2009年初場所は5大関という布陣になりますが、ここ数年、大関が2ケタ勝利をあげられない場所が多いので、カンフル剤になって欲しいものです。


◆山陽新幹線0系フォーエヴァー、加熱!!  

いよいよ、2008年11月30日(日曜日)で、0系の定期運行に幕を閉じることになり、12月14日(日曜日)にクライマックスを迎えます。報道では新大阪20番線にレールファンが殺到している姿が写っておりますが、スペースがせまいため、そうなってしまうようです。  

新大阪の新幹線ホームはJR東海の管理駅のため、神経ピリピリムードかもしれませんが、無事に有終の美を飾って欲しいものです。

◆12月から連載スタート!!  

12月からは苫小牧鉄道新聞第24号にて、初の連載となる「蝦夷路快速」がスタートします。すでに原稿を1か月分、書き下ろしており、今後もテレビ番組の収録のようにストックを増やしていく予定です。  

苫小牧鉄道新聞の御購読をよろしくお願いします。

◆世界の国旗クイズ第10問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

世界の国旗クイズ第9問

さて、第9問はこちらでした。 2名様から御解答をいただきましたので、正解を発表します。正解はこちらです。

正解はこちらです。


第8回みんな集まれ! ふれあい鉄道フェスティバル [汽車旅2008番外編]

◆注目のE655系  

2008年11月22日(土曜日)10時26分、JR東日本東北本線尾久へ。この日は尾久車両センターで、『第8回みんな集まれ! ふれあい鉄道フェスティバル』を開催されており、駅前は長蛇の列で、整列入場という方式。2007年の第7回に初めて行ったが、当時は雨が強く、午後に乗り込んだこともあってか、客足は少なかったが、今回の第8回は“天晴れ(Appare)秋晴れ”となった。  

P1350968.JPG

タイムカプセル平成ロード(尾久駅地下通路)を通り、意外と待たされずに済み、10時30分過ぎには入ることができた。ちょうどディーゼル機関車に引っ張られ、寝台特急〈北斗星〉の客車が入ってきた。方向幕は生ビールの「サッポロ」じゃなくて、漢字の「札幌」を表示。ちなみに札幌市交通局南北線の駅名に「さっぽろ」がある。

P1350969.JPG
 
Fゾーンでは架線作業用のトラック、『マジックボーイ』にはイエローヘルメットをかぶった作業員と子供たちが天高く、親御さんを見守っているのかなぁー?(普通は逆だけど) 小さい子供にとって、親は大きな存在。おそらく、マジックボーイに乗って、“偉大な人”の小さい姿を見たのは初めてではないだろうか。

P1350974.JPG
 
Cゾーンへ行き、お目当ての展示車両、E655系へ。2008年11月12日(水曜日)、ついにE655系の目玉である特別車両(天皇陛下、皇后陛下、皇族、国賓の公務や行事で御利用になるための車両)、E655-1(付随車)が初めて運行された。天皇陛下、皇后陛下、スペインの国王と王妃を乗せ、“お召列車”として、上野-土浦間の片道運行をしたのである。復路は首都圏新都市鉄道のTX-2000系増備車が用意され、つくば-南千住間を運行。日本の歴史に大きな1ページが刻み込まれたのである。  

E655系は尾久車両センターの所属だが、特別車両のみ東京総合車両センターの配置となっており、通常は5両編成での運行である。また、事前の情報通り、特別車両を抜いた通常編成での展示となった。  

E655系はハイグレード車両と位置づけ、5両すべて、グリーン車の構成となっているが、今のところ、ジョイフルトレインの位置づけをされており、『和(Nagomi)』という愛称を持つ。果たして、特急形電車としての量産車が姿を現すことはあるのだろうか?(全車グリーン車ということはないだろう)  

大柄の車体にはダークブラウンの塗装を施しており、JR東日本の最新ジョイフルトレイン、『みのり』を彷彿させるが、E655系の場合、ムラサキっぽい色に見える。私鉄だと阪急電鉄の車両も天候や時間帯によってはマルーンの車体の色調が異なる。また、E655系はピカピカの車体であるせいか、鏡のように映る場合もある。デジカメだとホワイトバランスが標準装備されている機種が多いので、変えてみるとダークブラウン軽快さや重厚さを生み出すのではないかと思う。さらに車体には金色の帯を3本巻いており、ハイグレード感を高めている。

 

電車なのにE655系の1号車はディーゼルエンジンの音がするので、おかしいなと思ったら、パンタグラフがあがっていないことに気づいた。小屋の中で展示しているのも電車に装備されたディーゼルエンジンの音を聴かせるためなのか?  

E655系の特長は非電化区間の乗り入れが可能なことで、蒸気機関車が牽引したら、注目を集めそうだが、ディーゼル機関車の連結が可能である。そのため、連結器はJR東日本の在来線特急車とは異なったものを採用している。  

かつて、JR九州では全線非電化時代の豊肥本線にエル特急〈有明〉が乗り入れていたことがあった。ディーゼル機関車のほか、国鉄の貨物列車に使われていた車掌車を電源車に改造し、非電化区間でも照明や冷暖房が作動できるようになっていた。JR東日本でも何度か電車の非電化区間直通運転を実施している。

E655系の非電化区間運用時、発電用のディーゼルエンジンは1号車の床下に装備されており、燃料タンク、ラジエータ、注水口、蓄電池箱、エンジン、発電機がある。ちなみにエンジンと発電機は2台あり、常用と予備に分けている。

P1350988.JPG
 
車体側面の行先表示はフルカラーLEDを採用しており、号車とグリーン車のマークが表示できるようになっているが、サイズが小さいのが難点。もっとも、JR東日本の方向LEDはサイズがちっちゃいのだが…  

ほかに外幌はステンレス車と同じグレーを使っているが、どうやら標準色と見ていいようだ。そして、ドアを開けてデッキを公開し、まるでJR九州の特急車と錯覚しそうだ。  

機会があればハイグレードをウリとするE655系に乗ってみたいが、団体運用ではなく、臨時特急で乗ってみたい。ハイグレードをウリにするならば、夜行列車のほうがよさそうな気がする。

◆車体ジャッキアップ実演  

P1360008.JPG

小屋の中では寝台特急〈北斗星〉のヘッドマークを掲げた金帯の24系をモデルに車体ジャッキアップ実演を行なわれる。時刻は実演開始時刻の11時が近づこうとしているので急ごう。


 

すでにギャラリーの列はおり、後方からでしか見られないが、ジャッキアップは意外と静かな音で、気がついたら上がっていた。“世紀の瞬間”を撮ろうとデジカメを天高く上げて、適当にシャッターを切る。中には幼い我が子を肩車させて、撮影を任せるお父さんがいた。そのほうがより高い位置で撮影できるわけだから。

P1360010.JPG

そんなに高く上がるわけではないが、そのあと、退散するギャラリーがいて、前へ進むことができた。すると、車両の手前には台車が1台ポツンと展示。触れることも可能で、ギャラリーは興味津々。普段、台車と車体は一心同体の姿しか見ない人が多いわけだから。

P1360018.JPG
 
そのあと、ヘッドマークがまわり、まずは臨時寝台特急〈エルム〉が登場。2段式B寝台のみで上野-札幌間を運行していたが、北海道新幹線の工事が本格化していることもあり、走ることはもうないのかもしれない。
 
P1360021.JPG

P1360023.JPG

次は臨時寝台特急〈夢空間わくら〉で、JR西日本七尾線和倉温泉まで運行し、しばらくすると、臨時寝台特急〈夢空間北東北〉に変化。『夢空間』はジョイフルトレインではないが、3両しか新製されず、営業運転時はブルートレイン客車も連結されていた。

P1360030.JPG
 
ヘッドマークは一旦、寝台特急〈北斗星〉に戻ったあと、臨時寝台特急〈北斗星トマムスキー〉へ。これは横浜-トマム間で運行され、スキー客向けの列車だった。“〈北斗星〉派生シリーズ”はこのほか、寝台特急〈北斗星1号〉札幌行きを小樽へ延長運転した臨時寝台特急〈北斗星小樽号〉、ニセコ経由で上野-札幌間で運行された臨時寝台特急〈北斗星ニセコスキー〉、上野-新得間の臨時寝台特急〈北斗星トマムサホロ〉もあるが、〈北斗星宇宙号〉はなんだろう?(いくら調べても、その列車名で運転された実績がないのだ)

余談だが、JR北海道管内だと運行の臨時寝台特急〈北斗星まりも〉〈北斗星利尻〉がある。

P1360032.JPG
 
そのあとは寝台特急〈出羽〉が登場。上野-秋田間を運行していたブルートレインだったが、利用客の減少により、平成5年(1993年)12月3日(土曜日)で消えた。これは夜行列車削減の本格化に火をつけたのだ。  

P1360038.JPG

次に登場したのは『夢空間』で、団体列車としての運行もあり、このようなヘッドマークが作られた。

P1360039.JPG

P1360042.JPG
 
最後は寝台特急〈北陸〉〈あけぼの〉で締めくくった。特に寝台特急〈北陸〉は14系の運行だから、貴重なショットと言える。  

引き上げようとするところで、フリーライターの吉田一紀さん、裏辺研究所の裏辺金好所長、デューク所員と合流。実は8時過ぎに吉田さんからメールがあり、急きょ行くことになったという知らせを受けた。私は最初から行くことは決めていたが、土休は昼まで寝ていることが多いため、朝早く起きられる自信がなかった。この日、3時近くに就寝したというのに、意外と早く起きることができた。それでも8時40分過ぎで、メールの着信音で起きたわけではない。

「岸田さん、駅弁どうですか?」  

と吉田さんは冷やかす。時刻は11時15分を過ぎたところで、Cゾーンの弁当販売に目を向ける。私は駅弁を好んで食べるほうではないし、昼食にしては時間が早過ぎる。  

3人は短時間でほとんどまわったそうで、別件のため、尾久車両センターを去った。会っていた時間は15分もなかったように思う。

P1360053.JPG
 
尾久車両センターの事務所玄関ではヘッドマークを展示。第7回とはすべて違ったものを展示した。


◆現役から退いた車両も展示  

Dゾーンでは車両の展示が行なわれている。架線のないところで電車が撮影できるというのは画期的なように思う。  

今回の車両展示でビックリしたのは現役から退いた車両を展示していたことで、それも2車種ある。

P1360056.JPG
 
まずは2008年3月9日(日曜日)で現役から退いたジョイフルトレイン、『ゆとり』で、中間車は外されており、すでにこの世から姿を消しているのかもしれないが、1・6号車は残されていた。元々、この車両は国鉄時代の昭和58年(1983年)に欧風客車、『サロンエクスプレス東京』に改造され、ジョイフルトレインの先駆車で、昭和59年(1984年)に鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞した。車体の塗装を見ると、E655系と阪急電鉄の車両っぽい。

しかし、平成9年(1997年)、お座敷客車に再改造され、1両減車の6両編成にして『ゆとり』に改称された。個人的には『サロンエクスプレス東京』のままでいて欲しかったが、これはJR東日本のジョイフルトレインの稼働率は欧風車両よりもお座敷車両のほうが高いからである。そのため、『リゾートエクスプレスゆう』はお座敷車両、『シルフィード』は“洋風お座敷”と言えるカーペット車に再改造のうえ、『NO・DO・KA』に改称された。

P1360066.JPG

Dゾーンを一旦、離脱して、子供駅長撮影会場へ。高速試験車両、E954形、『FASTECH360』のパネルをバックに撮影する。小さい子供は白いジャケットを着用して記念撮影に挑む。制服は幼児向けに作られており、これならば1日駅長の幼児起用もありえる。

Dゾーンに戻り、EF60形の『ゆとり』のヘッドマークをつけたものを撮影しようとするが、4人家族のうち、男の子の1人が手を汚したらしく、母は電気機関車の前でふくものの、汚れはなかなか落ちないらしい。しかし、後方には撮影隊の姿があり、待っている状態だが、時間がかかり過ぎ、いつしか“空気が読めない一家”という目で見る人が多くなる。

「早くどけよ!!」  

と私の隣りにいた男性がマジギレ[むかっ(怒り)]。親御さんは撮影隊をチラッとにらむような目つきで、ようやく移動。これは親御さんが場所を選ばなかったのがいけない。撮影に支障のない場所を見つけて、子供の手をふいてあげるべきではなかったのではないだろうか。  

P1360074.JPG

P1360224.JPG

ようやくEF60形を撮影し、ウラには寝台特急〈彗星〉のヘッドマークを掲げていた。まさかJR東日本エリアで寝台特急〈彗星〉のヘッドマークを見ることができるとは思ってもみなかったが、記憶がよみがえってくる。個人的に寝台特急〈彗星〉は寝台特急〈なは〉もそうだが、583系のイメージが強く、ブルートレインのほうはしっくりこなかった。

P1360084.JPG
 
次にDD51形で、寝台特急〈はくつる〉を掲示。この列車も583系のイメージが強く、ブルートレインは違和感があった。また、583系が「ブルートレイン」と呼ばれなかったのも不思議だった。

P1360217.JPG
 
そのウラは寝台特急〈あけぼの〉で、かつては山形新幹線工事(福島-山形間の標準軌化)で陸羽東線を経由していたことがあり、小牛田-新庄間はディーゼル機関車を牽引していたが、DD51形ではなく、DE10形の重連だった。でも、寝台特急〈あけぼの〉がディーゼル機関車で牽引していた時代があったことをなつかしく感じる。

P1360088.JPG
お次はジョイフルトレイン、『宴』で485系シリーズを改造したもの。お座敷車両で、車体側面にロゴマークがあるが、JR東日本は漢字1字のジョイフルトレインがほかにもあるので、けっこうお好きなようだ。

世界の国旗クイズ

漢字1字といえば、毎年12月になれば、“今年1年はこうだった”というものを漢字1字の巨大書道で発表される。2007年は「偽」だったが、2008年は「食」か「高」のどちらかになるのではないだろうか。

P1360096.JPG
 
話を軌道修正し、ジョイフルトレイン、『宴』はパープルを基調に金帯を巻いている。フェイスは1本だが、車体側面は2本を巻いており、ブルートレインならぬ、“パープルトレイン”と言いたくなるほどだ。
 
P1360089.JPG

Eゾーンへ移り、2種類のレールスターが走っている。エンジンつきのほうは両運転台方式に変わり、第7回のように係員が総出で持ち上げることはない。足こぎ式は“レールの上でサイクリング”をしているようなもので、廃線跡地の有効利用になるのかもしれない。そして、奥には寝台特急〈北斗星〉〈北陸〉の車両が同じ線路上に留置されている。ちなみに足こぎ式の赤羽寄りは『びゅうびゅう号』、上野寄りは『すいすい号』となっていた。上下線で愛称が異なるのはJR九州の各駅停車〈いさぶろう〉〈しんぺい〉を思い出す。でも、足こぎ式のレールスターは“列車”ではないのよね。

P1360116.JPG
 
Eゾーン赤羽寄りのレールスターのりばの先には寝台特急〈北斗星〉と貨物列車がドッキング!! 今回、展示車両の対象には入っていないが、面白い組み合わせだ。

P1360128.JPG
 
Dゾーンに戻り、面白い車両に遭遇。その名は三遊亭楽太郎ではなく、永谷園のすし太郎でもない。保守用車両の大型道床掘削機、『青太郎』で、枕木の運搬車、機関車、砕石(Saiseki.バラスト)をたっぷり搭載できるっぽいものが3つ1組になっている。  

これは線路に敷き詰められた古い砕石を取り出し、新しいものに取り替えるという。また、枕木は幅が40センチと広く、1本につき約350㎏だという。この枕木を使うと従来よりも本数を減らすことができる。また、幅の広い枕木は1本あたりの価格が安いため、経費削減にも貢献している。  

枕木を交換したあと、新しい砕石を敷き詰め、『マルチプルタイタンパー』で、つき固め作業を行ない、1番電車が運行する前に仕上げる。また、JR東日本はTC型省力化軌道を進めており、砕石のスキマにセメント系てん充材を流し込み、1時間ほどで固まり、完成する。

JR東日本の“TC型省力化軌道政策”に北島三郎なら、こう歌い上げるだろう(若い人はメロディーがわからないと思う)。

「♪軌道ぉー、変えるぅーなぁーらぁー、このぉーあぁーおぉーたぁーろうぉー♪」  

P1360153.JPG

さて、EF81形は寝台特急〈ゆうづる〉のヘッドマークを掲示。かつては客車と電車の“二刀流”で運行していた時期が長く、583系のほうが似合っていた。また、現役時代、寝台特急〈ゆうづる〉のEF81形には車体側面に流れ星はついておらず、これは貴重なショットと言えるだろう。

P1360181.JPG
 
そのウラは臨時寝台特急〈エルム〉で、時刻は12時30分を過ぎ、Bゾーンでは転車台の回転実演が行なわれているので、直行しよう。




P1360161.JPG

P1360164.JPG

途中参加のため、うしろから眺めるしかなかったが、転車台はゆっくりと慎重に回してゆく。モデルのEF81形81号機は臨時快速〈エキスポライナー〉のヘッドマークと国旗2つのお召列車を掲示。昔は蒸気機関車の運転台が両方向になかったため、転車台を設置して、向きを変えていたが、電気機関車やディーゼル機関車の普及により、不要となり、撤去されているところが多い。ちなみに蒸気機関車はうしろ向きの走行も可能だが、運転しにくいものであることが想像できる。

P1360174.JPG

ところで、尾久車両センターの線路の多くはレールとレールのあいだに空間があることに気づいた。いわゆる「継ぎ目」という部分で、列車に乗っていると、「ガタン、ゴトン」という音が聞こえる。技術の開発により、ロングレール化や継ぎ目の改良により、空間がなくなっているが、昔の鉄道を感じさせる部分である。

P1360187.JPG

Dゾーンに戻り、ジョイフルトレイン、『スーパーエクスプレスレインボー』の牽引機だったEF65形1118号機はなんと、寝台急行〈銀河〉フォーエヴァーヘッドマークを掲示。なんで、これを2008年3月14日(金曜日)の始発駅発車時からつけてくれなかったのだろう? このヘッドマークがなかったことが悔やまれるが、そのうしろ4両は高崎車両センター所属の旧型客車を連結。今回、この旧型客車は休憩車両として、開放しているが、まるで往年の〈銀河〉を再現しているようだ。

P1360196.JPG

EF65形1118号機と旧型客車の隣りは『夢空間』で、2008年3月3日(月曜日)に営業運行を終えた。まだ19年しかたっていないこともあってか、車両の姿は残っていた。面白いことに車番のダイニングカーとラウンジカーは欧風調の文字であるのに対し、A寝台個室デラックススリーパーはステンレスの切り文字による国鉄フォントだ。

いつかは寝台特急〈あけぼの〉で、その勇姿を見たいところだが、その夢は叶うだろうか?
 

◆旧型客車は21世紀の時代劇に必要なアイテム  

P1360200.JPG

P1360250.JPG

『夢空間』の隣りは寝台特急〈カシオペア〉の予備電源車、カヤ27形を展示。出番は少ないが、車端部の連結器を変えているため、ブルートレインに使えないことがよくわかる。そして、外幌の中を見るが、空間になっており、まるで、もうすぐトンネルを抜け出すような明るい未来を感じさせる。天気のよくない日や夜間ではちがった見え具合になるけども。

P1360231.JPG
 
いよいよ、旧型客車による休憩所へ入ってみる。

P1360233.JPG
 
まずは客室ではなく、乗務員室を覗いてみる。木材が使われているところがあり、クリーム色に塗られている。そして、窓の近くにハンドルがあるけど、これは非常ブレーキ装置である。

P1360238.JPG
 
乗降用ドアは手動式となっており、車掌はロックをかける方式になっている。かつて、初代ブルートレインの20系もドアは手動式だった。  

洗面所とトイレは老朽化しているため、実際の営業運転でも使えないらしく、長野支社エリアで運行していた実績があるのか、貼り紙を掲示していた。旧型客車は国鉄時代の雰囲気を維持するのが最大条件となっているようで、現代車両のようなリニューアル工事ができないのだ。ちなみに4両全車、自由席かつ非冷房車である。  

空いているボックスシートがなく、このまま通り抜けるだけかと覚悟していたが、運よく4号車に空席があったので、陣取る。

P1360241.JPG
 
網棚はホンモノの網を使い、照明は昔も今も天井の左右にあるものの、東芝のメロウホワイトを使用。家庭用の一般的な照明器具を使っている。直線タイプではないのだ。

P1360243.JPG
 
窓ワクは木製で、年季を感じさせるが、国鉄ブルーのボックスシートでは昼食をとる利用客が多く、ほとんどは歩きっぱなしの見学状態である。  

旧型客車に乗る(この場合、「入る」と言ったほうが適切かもしれない)のは初めてで、冷房がないせいか、天井が高いことが印象に残る。夏場は汗ダクになるのではないかという不安はあるものの、まだまだ現役でいてくれなければ困る存在だ。  

なぜならば、1990年代から時代劇の視聴率は低迷し、2008年には『水戸黄門・第39部』の第2回は番組が始まって以来、初の視聴率が10パーセントに届かなかった。これは質の低下が大きな要因ではあるものの、21世紀に入ってからは明治から昭和30年代(1955年から1964年まで)を舞台にするドラマや映画が増えている。考えられるのは時代劇の舞台設定が移行しているのである。“江戸時代は時代遅れ”というのが時代劇の現状ではないだろうか。時代劇好きの私にとっては、こういうことを述べるのは悲しいことではあるけれど、現実を受け止めざるを得ないのかもしれない。  

国鉄車両に郷愁を抱くのはレールファンだけではない。映画やドラマを制作する人たちも含まれるのだ。おそらく、今も昭和に郷愁を抱く人たちは多いのではないかと思う(平成20年はわからなくても、“昭和83年なら2008年”とわかる人が多いようだ)。  

13時40分過ぎ、尾久車両センターを出たが、前回に比べ、お天気がよかったことや利用客も多かったこともあり、心地よかった。

P1360260.JPG

なお、尾久駅及び、尾久車両センターへは東京都交通局都電荒川線荒川遊園前電停からでも行くことができる。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②1日1鉄! 鉄道写真家・中井精也ブログ「11月12日(水曜日)」はこちらにクリック!!

③鉄道ニュース「E655系使用のお召列車運転」はこちらにクリック!!

④鉄道ニュース「つくばエクスプレスでお召列車運転」はこちらにクリック!!

⑤鉄道ニュース「E655系『なごみ(和)』の団臨 東京地下駅に乗入れ」は
こちらにクリック!!

⑥鉄道ニュース「『ふれあい鉄道フェスティバル』展示車両が回送される」は
こちらにクリック!!

⑦鉄道ニュース「尾久で『ふれあい鉄道フェスティバル』開催」は
こちらにクリック!!

⑧参考文献として、吉田一紀著、オーム社刊行、『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』を使用。

⑨フリー百科事典『Wikipedia「北斗星(列車)」』は
こちらにクリック!!

⑩フリー百科事典『Wikipedia「つくば科学万博の交通」』は
こちらにクリック!!

⑪豊岡真澄の連心通心「ろくごーごー」は
こちらにクリック!!

⑫『日本の旅・鉄道見聞録』は
こちらにクリック!!(企画特集記事はこちらにクリック!!

⑬岸田法眼のRailway Blog.「暴れん坊583系2002(臨時寝台特急〈はくつる81号〉青森行き)」は
こちらにクリック!! 

⑭岸田法眼のRailway Blog.「暴れん坊583系2002Ⅳ(上野ハロープロジェクト第4弾、寝台特急〈はくつる〉フォーエヴァー)」はこちらにクリック!!

⑮岸田法眼のRailway Blog.「暴れん坊583系2002Ⅲ(上野ハロープロジェクト第2弾、臨時寝台特急〈ゆうづる1・2号〉)」はこちらにクリック!!

⑯岸田法眼のRailway Blog.「2008年の汽車旅1-1(寝台急行〈銀河〉フォーエヴァー)」はこちらにクリック!! 

⑰岸田法眼のRailway Blog.「寝台急行〈銀河〉フォーエヴァーTHE LAST RUN.」はこちらにクリック!!

⑱岸田法眼のRailway Blog.「第7回みんな集まれ! ふれあい鉄道フェスティバル」は
こちらにクリック!!





来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年11月も2者択一サイト、『Unow?』で、「アノ人はなぜハマル?(モハよう著者からの20の質問)」が公開されており、質問28・33・39・43で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!



⑥『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43はこちらにクリック!!



※②~⑥は2008年11月30日(日曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



nice!(8)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

まだまだ1800系2008Ⅳ [汽車旅2008番外編]

◆寝台特急〈紀伊〉の残像

 

P1350813.JPG

県道169号線を歩き、標高547メートルの霧降大橋を渡ろうとすると、進行方向右側から東武日光線の特急連絡東武日光行きの姿が見えた。6050系2両編成で運行されており、特急スペーシア〈きぬ〉が運行されている場合、下今市で乗り換えることになる。  

今回は時間の許す限り、霧降高原を目指すことにしよう。  

登り坂を歩くと、徐々に紅葉シーンを見かけるが、途中で歩道がなくなると、クルマは制限速度40㎞/hのところをかなりのスピードで走っており、おっかない。  

途中、足立区立日光林間学園に遭遇。夏になると小学生を乗せ、「林間学校」の方向幕を掲げた電車が運行している。300系で運行していることが多い。

P1350824.JPG
 
13時58分、霧降の滝入口へ到着。霧降園地公衆トイレ近くのもみじは綺麗に色づき、秋満開!! 観光客も多く、霧降の滝が見えるのは、350メートル先の霧降の滝観瀑台(Kantakidai)まで歩かなければならない。

P1350832.JPG
 
道を歩くが、アップダウンの激しい道で、なおかつ、人が多い。歩いていくと秋満開。葉は赤やオレンジに色づいており、だんだん、田木の流れる音が聞こえてくる。そして、14時10分、栃木の景勝百選、霧降ノ滝の観瀑台に到着。展望台は3段になっており、下が1番見やすい。






 

P1350842.JPG

袋田の滝以来のFalls Watchingとなるが、霧降川の水が下へ落ちるときの豪快な音は見事。また、タテ撮りにすると、かつて、国鉄時代に運行していたブルートレイン、寝台特急〈紀伊〉の絵入りヘッドマークを思い出す。  

10分程度だが、霧降ノ滝を満喫し、東武日光駅へ戻るとしよう。  

往路は徒歩1時間近くかかったが、復路は下り坂もあり、45分で東武日光駅へ到着した。途中、ワゴン車が地上を舞うスズメバチをひき逃げする場面に遭遇。スズメバチは血が出ていないものの、歩道で苦しがっていた。スズメバチに触れると、病院へ行かなければならない危険性があるため、避けるしかなかった。

◆始発駅で早くも満席!!  

P1350863.JPG

15時20分、東武日光6番線へ。臨時快速北千住行き(6号車クハ1819)は早くも列ができていた。
 
P1350882.JPG

15時27分、350系の臨時特急〈きりふり262号〉浅草行きは満席で発車すると、臨時快速北千住行きはドアが開いた。春の利用時はこの時間、ラクラク座席をGETしていただけに思わぬ誤算だったが、好みの席に坐ることができた。そのあと、4番線に区間快速浅草行きが入線。すでに行き止まり側に2両止まっており、4両編成にパワーアップ。そして、2番線に特急連絡下今市行き、5番線に16時44分発、10030系の臨時快速東武動物公園行きが入り、ホームはすべて埋まった。
 
P1350883.JPG

さて、6番線では鳩の姿を発見。1800系をもの珍しそうに眺めている。先ほどの幼い兄弟もそうだったが、日光の鳩にとって、1800系は“新型車両”のようだ。

P1350871.JPG
 
車内は早くも満席となり、発車時刻の16時03分を過ぎても発車しない。どうやらアクシデントが発生したようで、区間快速浅草行きは定刻より7分遅れの16時06分に発車。1800系の往路は暖房だったのに、復路は冷房がかかっている。なぜ、暖房ではない?  

5番線の臨時快速東武動物公園行きはドアが開き、4番線に特急〈日光8号〉新宿行きが入線(JR東日本485系300・1000番台)。車掌の声(音量)が小さいのと利用客は話に花が咲き、もはや打ち上げ状態と化しており、聞き取れないが、のちに鬼怒川で車両点検があったという放送があった。

P1350890.JPG
P1350893.JPG
 
16時18分、定刻より15分遅れで発車。JR日光線の普通電車宇都宮行きがヘッドライトを輝かせて発車待ちをしているが、JR東日本の車両がどちらにも止まっているのだから、不思議な光景だ。

P1350894.JPG
 
この先、遅れは増大することが予想されるが、下り坂を軽やかに走り、16時25分、下今市に到着。すでに鬼怒川線からの区間快速浅草行きの併結作業が完了し、臨時快速北千住行きに乗り換える利用客が多い。隣りの2番線は区間快速東武日光・会津田島行きが発車待ちをしているが、ガラガラ。こちらもダイヤは乱れている。鬼怒川線が単線であることがネックになっているようだ。
 
臨時快速北千住行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
北千住6クハ1819なし
 5モハ1829なし
 4モハ1839なし
 3サハ1849なし
 2モハ1859なし
東武日光1クハ1869なし

1800系に吊り革や手すりはドア以外なく、大入り満員で16時27分に発車。JR東日本189系の回送とすれ違う。デッキや客室の通路は利用客であふれており、2006年11月19日(日曜日)に行なわれた東武ファンフェスタを思い出す。この時期だと東武日光へは1800系、鬼怒川線方面は特急を利用するのが“坐れる安全策”となる(1800系の座席は早い者勝ちのため、上りは始発駅で、発車の30分以上前から並んだほうがいいだろう)。この背景には区間快速の存在が大きく、以前の運転形態に戻し、快速の停車駅に栗橋、南栗橋、新越谷を加えてみてはどうだろうか。  

車両点検の影響もあり、スピードは出ない。私は先を急ぐわけではないし、遅れている分だけ、1800系に長く乗れるので、トクした気分になれるのだが、人によってはイラだっていることだろう。  

春とは違い、冬が近づいているせいか、日が沈むのが早く、16時44分、新鹿沼に到着。乗り込む利用客もおり、立客は車内の中ほどへ詰めざるを得ない。  

定刻より15分遅れは変わらず、16時45分に発車。下り坂を終えたため、1800系は本来の走りを取り戻す。定刻に到着するのは絶望的だが、クルマはヘッドライトを点灯し、存在感を1800系に魅せつける。

東武日光発車前は打ち上げパーティーのような車内だったが、時間の経過と共に着席客の多くは1800系の心地いい走りに夢の中。立客はトークが多い。その多くはヤンググループで、まだまだ体力、気力はあり、疲れきった様子はまったくない。  

完全に日が落ち、田舎を走っているせいか、公道にある自販機のあかりがやけに明るい。それだけ町は暗く、やがて宇都宮線に合流し、16時58分、新栃木2番線に到着。向かいの3番線は8000系修繕車の各駅停車南栗橋行きが発車を待っているものの、さらに乗り込み、またも通路は詰めざるを得ない状況だ。

8000系は昭和61年(1986年)から修繕工事を開始したが、どうやら2007年で終了した模様で、現在は10000系に移行している。10000系も入団から25年が経過しており、“次の25年”へのステップアップをはかっている。やがては10030系、20000系も修繕工事が行なわれるのだろう。  

定刻より16分遅れの18時00分に発車。空の色は藍色で、黒へと変わりつつある。言わば、夜へのカウントダウンが始まったということだ。

P1350897.JPG

  

17時03分、栃木に到着。隣りの両毛線は107系100番台の普通電車高崎行きが停まっていたが、接続することはなく、定刻通りに発車。他社線の接続はよほどのことがない限り、待ってくれることはなく、両毛線の乗り換えを予定していた利用客にとっては頭が痛いところ。ちなみに両毛線は大平下、臨時快速北千住行きは新大平下へ向かうが、離れてはいるものの、意外にも並走区間があり、一時は追いつこうかという場面があった。

◆奇跡の豪華ラインナップ!!  

板倉東洋大前が近づくと、ついに空は黒に変わった。まさに闇の色である。  

栗橋を通過し、東北本線をまたぐと、留置線には10000系の各駅停車新栃木行きがスタンバイしており、南栗橋で17時31分発、東京地下鉄8000系の急行(押上から各駅停車)中央林間行きを抜き、先へ急ぐ。どうやら伊勢崎線は平常運行のようで、臨時快速北千住行きは割り込むことになる。11月のクーラーも寒気を感じるようになった。

 

P1350900.JPG

伊勢崎線(通称、「東武線」)に合流し、20000系の始発、各駅停車中目黒行きと同時にホームへ入り、17時38分、定刻より13分遅れで2番線に到着。向かいの3番線に滑り込んだ各駅停車中目黒行きは定刻通り、17時40分に発車。臨時快速北千住行きはしばらく停車するハメになる。

 

17時41分に発車し、ここから東武線へ。10030系の区間準急館林行き、30000系の急行南栗橋行きと相次いですれ違う。東武だと久喜や南栗橋は“首都圏エリア最北端”と言えるが、車窓はマックラ。スピードも出ず、北春日部で定刻通りに東武動物公園を発車した各駅停車中目黒行きを抜く。  

17時47分、定刻より17分遅れで春日部1番線に到着。野田線乗り換え駅のため、“大宮や柏方面へ向かう利用客が多いのでは?”とにらんだが、大ハズレ!! 春日部で降りる利用客は少なく、立客の多くは1度も坐れない展開となり、定刻より18分遅れの17時48分に発車。いよいよ次は終点北千住である。  

せんげん台で8000系修繕車の各駅停車浅草行きを抜き、北越谷からは複々線へ。いよいよ、“都会チック”な車窓になってきた。  

北越谷は定刻通りに20000系の各駅停車中目黒行きが17時55分に発車。越谷、草加では急行を抜くことはなく、通過。東武線が通常ダイヤである以上、優先的な割り込みができないのである。また、急行は東京地下鉄半蔵門線、東京急行電鉄田園都市線に直通しているので、他社に迷惑をかけるわけにもいかないのだ。  

いよいよ、東京都へ入るものの、スピードは徐々に落ちてゆく。急行(押上から各駅停車)中央林間行きに接近していることを物語り、西新井を通過すると、“あわや停止信号で止まるのではないか”と思うほど減速。止まることはなかったものの、ノロノロ運転となってゆく。

P1350908.JPG
 
五反野を通過すると、JR東日本常磐線の特急〈スーパーひたち47号〉いわき行きとクロス。少し息を吹き返し、荒川を渡り、18時10分、定刻より17分遅れで終点北千住4番線に到着した。

 

P1350914.JPG

P1350917.JPG

あわただしく、牛田寄りの留置線へ引き上げたあと、特急スペーシア〈きぬ128号〉浅草行き、特急〈りょうもう34号〉浅草行きが相次いで到着したのであった。  

1800系、俺たちにはまだまだ必要だ。


★おまけ

①特急スペーシア〈きぬ128号〉浅草行き発車!!



②特急〈りょうもう34号〉浅草行き発車!!



★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②東武鉄道ホームページはこちらにクリック!!

③1800系備考一覧は
こちらにクリック!! 

④岸田法眼のRailway Blog.「東武ファンフェスタ2006」は
こちらにクリック!! 

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年11月も2者択一サイト、『Unow?』で、「アノ人はなぜハマル?(モハよう著者からの20の質問)」が公開されており、質問28・33・39・43で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!



⑥『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43はこちらにクリック!!



※②~⑥は2008年11月30日(日曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

観客動員数209日連続1日4ケタで、合計84萬人突破!! [INFORMATION]

記事数:645|nice!:2,498|総閲覧数:今日:1,902/累計:841,020|読者数:34
アクセスランキング:191位

P1350271.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2008年11月19日(水曜日)で観客動員数は84萬人を突破しました。どうもありがとうございます。


◆知名度が徐々に浸透?  

先日、オオゼキタクさんの主催ライブで吉田一紀さんが私を紹介すると、相手の初対面の方は「おウワサはかねがね」とごあいさつされました。私の知名度が高くなっているのでしょうか? モノ書きの仕事が少ないせいもあり、実感は沸かないです。  

ところで、このRailway Blogはメディアの世界で活躍されている方も御覧になっているようで、先日、自主映画に出演することが多い星野佳世さんが何度か見ていたようです。ブログで鉄道居酒屋キハに来店された模様を綴っており、コメントしたところ、返信が入り、私を知っていたのです。驚きました。  

今後は仕事で知名度があがるよう、邁進いたしますが、出版社や編集プロダクションは送ったメールを返信してくれないところが多く、疑問がありますね。

◆土俵の土  

大相撲九州場所10日目、高見盛-鶴竜戦で、土俵の土が崩れるというアクシデントがありました。そのあと、応急処置もせずに取組を進めたため、力士はやりづらかったのではないでしょうか。寄る側、寄られる側は崩れたところで勝負を決めたくないという思いはあったでしょう。残念なことに鶴竜はこの1番でケガをして、休場になりました。  

九州場所は観客の少なさと土が赤茶色なのが印象に残りますが、九州は地盤の弱いところが多いようです。実際、福岡市交通局の地下鉄建設には難航したという話を聞いたことがあります。  

それにしても、九州場所が入らないのは相撲に対する興味が年々、薄れているということなのでしょうか? もっとも、大関陣が2ケタ勝利をあげるのがやっというのが現状で、4人もいたら、終盤は星のつぶしあいになるのは必定。また、このままだと近い将来、日本人の大関がいなくなるという可能性もあります。  

余談ですが、第67代横綱武蔵丸は“外国人横綱”ではありません。これは大関時代に帰化しているからです。ハワイという外国出身であることに変わりはありませんが、くれぐれもお間違いのないよう、お願いいたします。

◆坐れないロングシート  

NEC_0060.JPG

先日、東京地下鉄半蔵門線を利用した際、好運にも東武鉄道30000系でしたが、渋谷寄り先頭車は2.5人分、白いカバーがかけられ、坐れない状態になっていました。  

どうやら、坐れなくさせるような出来事が発生したからだと思われますが、その付近に坐った男性はチラッとめくると、表情を変えていました。  

画像はデジカメを所持していなかったため、ドコモのケータイ、N903iで撮影したものですが、写り具合が悪いのが難点です。2年使っているので、そろそろ機種変更しようかと思いますが、FOMAは900i番台シリーズから、4つのジャンルに分かれ、どれを選ぶか迷いそうです。でも、私はmovaのN503iからずーっとではありませんが、ケータイはNでないと違和感があります。Nは使いやすいからです。これから先もドコモのケータイはNで通すことになるでしょう。

N903iはVGA液晶が魅力なのですが、その分、カメラの性能が悪く、iショットはデジカメで撮影した画像を小さくして、送信していることが多いです。

◆世界の国旗クイズ第9問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

世界の国旗クイズ第7問
 
さて、第8問はこちらでした。 1名様から御解答をいただきましたので、正解を発表します。正解はこちらです。

正解はこちらです。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

まだまだ1800系2008Ⅲ [汽車旅2008番外編]

◆制服チェンジ

2008年11月3日(月曜日・文化の日)、11時30分頃に東武鉄道(次からは「東武」と略す)日光線(次からは「東武日光線」と記す)南栗橋へ。2日前の11月1日(土曜日)、東武は安心、輝き、誇りをコンセプトに制服を変え、ワイシャツはブルーを基調にグラデーションストライプ、ジャケットとスラックスはブラウンからブラックネイビーに変えた(冬服の場合)。これだと東京地下鉄によく似ているが、東武であることを印象づけるためか、ジャケットの袖と襟の部分に6050系の帯であるパープルルビーレッド、サニーコーラルオレンジのラインを入れている。

夏服はクールビズを基調にジャケット(男女共通)、ベスト(女性のみ)はシルバーグレイを採用しているが、お目見えするのは2009年夏になる。

このほか、車掌が笛を吹いてドアを閉めることが多い現状を打破すべく、野田線では発車チャイムの整備を進めている。野田線はすべて6両編成で運行するため、なせるワザだ。

そういえば、東京地下鉄の前身、帝都高速度交通営団の制服もJR北海道のコーポレートカラーを彷彿させる萌黄色(Coler by Moegi)で、東武の以前の制服共々、個性的かつ印象的だった。 この2社の制服が地味になったのは残念ではあるものの、違和感はない。

◆1800系に興奮するオバさんたち

P1350747.JPG

4番線に臨時快速東武日光行き(1号車クハ1869)が発車を待っているが、車内はいつも通りのガラガラ。しかし、暖房がかかっていて、ポッカポカ。季節はもう11月で、秋が深まり、12月になると冬が到来する。日光の秋は平地に比べると、寒いことが想像できる。“本当は厚手のジャンパーにしたほうがよかったかな”と思いつつ、3番線に区間快速東武日光・会津田島行きが到着し、乗り換え客を乗せて、11時39分に発車。栗橋を通過すると、カーブのため、35㎞/hに制限されているが、そのあとは快走。沿線では1800系を撮るレールファンを見かける。1800系は圧倒的な存在感があるのだ。



利根川を渡るあたりから、スピードが鈍り、柳生を過ぎると、485系300・1000番台の特急〈きぬがわ4号〉新宿行きとすれ違ったあと、遮断機と警報機のない踏切が1か所あった。

臨時快速東武日光行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
東武日光1クハ1869なし
 2モハ1859なし
 3サハ1849なし
 4モハ1839なし
 5モハ1829なし
南栗橋6クハ1819なし

11時52分、板倉東洋大前4番線に到着。ホームで50・60代のオバさんは区間快速東武日光・会津田島行きを待っているようだが、駅員に尋ねると、4番線に停車中の臨時快速東武日光行きは乗車券のみで乗ることができることに驚く。どうやら特急券がないと乗れないと思っていたらしい。

オバさんたちは1800系の1号車に入ると、衝撃を受ける。リクライニングシートではないとはいえ、グレードがイイのだ。その上、ガラガラであるため、回転式クロスシートをラクラクGET!!

「いいんじゃない」

「運がついた」

「よかった、よかった」

「ラッキーだわね」

「うーん、きいてよかった。見逃すところだったわよ」

P1350773.JPG

あとはいつも通り、特急スペーシア〈きぬ113号〉鬼怒川温泉行きが通過し、11時56分に発車。思ったよりスピードは出ないものの、新大平下、JR東日本両毛線の乗り換え駅である栃木へ到着。元急行〈りょうもう〉の車両が両毛線に接続するという展開ではあるものの、顔合わせはなかった。ちなみに特急〈りょうもう〉が両毛線に接続するのは佐野で、1日1往復しか停まらない。それもそのはず、佐野に停車する特急〈りょうもう〉は1日1往復しかない浅草-葛生間の運行なのだ。

P1350774.JPG

◆1800系は新型車両?!  

新栃木を発車すると、いよいよ“閑散区間”に突入。通過駅の一部は無人駅も存在しており、車窓はのどかになってゆく。無人駅があるぐらいなら、新栃木-東武日光・新藤原間の各駅停車をワンマン化させ、区間快速は元の快速に戻すべきではないだろうか。快速運転が浅草-東武動物公園間だけでは物足りないし、それならば南栗橋発着の各駅停車にして、急行に接続をとるダイヤのほうが納得する。  

楡木(Niregi)で特急スペーシア〈けごん16号〉浅草行きとすれ違い、新鹿沼を発車すると、南栗橋から乗っていたお父さんと3歳ぐらいの男の子は席を移動。進行方向右側から左側に移る。お父さんは向かい合わせにしていたうしろ向きの座席を元の位置に戻し、今度は進行方向左側を向かい合わせにする。お父さんは男の子に“進行方向左側はJR東日本日光線(次からは「JR日光線」と記す)が見えるから”と説明する。

P1350777.JPG
 
春は新緑にあふれるが、11月だと枯れ気味で、冬が近いことを物語っている。車窓に目をこらすが、“紅葉絶品”というわけではなく、下記のみが食べ頃な木を見かけたぐらいだ。  

トンネルをくぐり、特急スペーシア〈きぬ118号〉浅草行きとすれ違ったあと、JR日光線をまたぐ。そのあと、進行方向左側はJR日光線が今市、日光へ針路を向けていることを確認したが、電車とすれ違うことはなかった。

 

下今市を発車すると、登り坂へ。紅葉がちょっと感じられるところへ入った。なぜか暖房を切っていたが、上今市を過ぎると、JR日光線に寄り添い、12時55分、終点東武日光6番線に到着した。

P1350798.JPG
 
5番線には13時54分発、350系の臨時特急〈きりふり240号〉浅草行きが止まっているが、13時08分に下車し、窓口へ入ると空席はわずか1席。15時27分発、こちらも350系の臨時特急〈きりふり262号〉浅草行きも残りはわずか1席である。


「すいませーん」

窓口は長蛇の1列で、シビレを切らした50代の男性は夫人の制止を振り切り、事務室へ入り、係員を増員させ、2列に緩和された。これでは安心、輝き、誇りをコンセプトに制服を変えた意味がないような気がする。

新しい制服に変わってから、大打撃を受けるようなことは起こっていないものの、11月12日(水曜日)に越生線の各駅停車越生行き(ワンマン運転)で、東毛呂でワンマン乗務の運転士がホームと反対側のドアを誤って、開閉。11月13日(木曜日)には伊勢崎線の準急南栗橋行きで、曳舟-春日部間において、非常ブレーキが8回も作動。運転士の体調不良が原因で、市販の風邪薬を飲んで乗務していたという。さいわい、北春日部で運転管理者が添乗し、次の姫宮で交代させた。

11月15日(金曜日)には東上本線で急行池袋行きが踏切を強引に侵入したクルマに衝突。朝8時台とあって、乗客は1000人以上だったが、ケガ人がいなかったのが不幸中のさいわいである。これはクルマを運転した78歳の男性に非がある。それもサイドブレーキをかけずにクルマを降りてしまったため、事故が発生してしまったのだ。

新たな時代を築くために制服を変えたが、上記の2つは安全管理が万全ではなく、3つ目は東武が被害者である。お披露目初月となる2008年11月はほろ苦いデビューとなった。

P1350808.JPG

「うわぁー、新しい電車」

「〈きりふり〉ふるーい」

公道で紅葉の季節によく似合う1800系を撮ると、母親と幼い男女の兄弟が通ってゆく。特に兄弟は1800系に衝撃を受けて、興奮している様子。確かに1800系ラストナンバー車のほうが、臨時特急〈きりふり240号〉浅草行きに使う4両すべて、ミンデン台車の350系より若いのだけど、それでも21年が経過している。

P1350859.JPG

さて、私はどこへ針路を向けようか。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②東武鉄道ホームページはこちらにクリック!!

③1800系備考一覧は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年11月も2者択一サイト、『Unow?』で、「アノ人はなぜハマル?(モハよう著者からの20の質問)」が公開されており、質問28・33・39・43で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!



⑥『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43はこちらにクリック!!



※②~⑥は2008年11月30日(日曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

近未来予測車両-京成電鉄AE100形- [鉄道評論]

P1280211.JPG

2009年3月20日(金曜日・春分の日)、阪神電気鉄道(次からは「阪神」と略す)阪神なんば線が開幕。近畿日本鉄道(次からは「近鉄」と略す)と相互直通運転を行なうことになっているが、2010年を目標に山陽姫路(山陽電気鉄道)-賢島(近鉄)間に座席指定の特急を運行するという。実現すると山陽電気鉄道(次からは「山陽」と略す)、神戸高速鉄道、阪神、近鉄の4社直通運転となる。しかし、近鉄以外の特急はすべて特急券不要のため、種別はどうなるのかが注目される。  

気になるのは車両だが、車体の長さが20メートル級の車両を所有しているのは近鉄だけ。ほかは19メートル車のため、車両もそれに合わせなければならなくなるだろう(神戸高速鉄道は車両を保有していない)。

そこで即戦力になる車両を1つ紹介しよう。  

山陽姫路-賢島間の特急にふさわしい車両は京成電鉄(次からは「京成」と略す)AE100形である。  

AE100形は〈スカイライナー〉の2代目車両として、平成2年(1990年)に入団。当初は輸送力増強、成田空港駅の移転にともない、初代AE形と共存していたが、AE100形の好評により、すべて置き換えた。また、21世紀初頭にはリニューアル工事をしてパワーアップをはかったものの、2008年4月9日(水曜日)、MAX160㎞/hでルート変更により、日暮里-成田空港間を36分で結ぶ2代目AE形の投入を発表。著名なファッションデザイナー、山本寛斎が手がけることが大きな話題となっている。これにより、AE100形は御役御免になる可能性がある。  

AE100形はまだ20年もたっていない車両で、しかも、リニューアルをして10年もたっていない。この車両を20年ほどで御役御免にさせた場合、もったいない。そこで、同じ標準軌である山陽姫路-賢島間の特急に起用したほうが賢明ではないだろうか。  

最大のメリットは保安装置を変えるだけで済むことだ。台車や性能はそのまま継承できるし、AE100形は東京都交通局都営浅草線に直通できるよう、貫通扉を設けてある。阪神なんば線の大半は地下を走るため、うってつけだ。そして、意外なことにAE100形は車体の長さが18メートルではなく、19.5メートル、中間車は19メートルで、従来の車両より、1メートルから1.5メートル延ばし、輸送力増強をはかっている。阪神や山陽の車両も19メートルであるため、移籍に支障はない。

しかし、阪神は最大8両編成で走れるのに対し、山陽は6両である。AE100形は8両編成のため、姫路-賢島間の運行に際しては2両減車しなければならなくなる。そうなると余剰になってしまうか、中間車を先頭車化改造のどちらかになるだろう。先頭車化改造の場合、山陽姫路-尼崎間は6両編成、尼崎-賢島間は8両編成での運行にすればいい。

最大の課題はAE100形の移籍先で、おそらく、4社の中で運行距離が長い近鉄が有力だろう。それに有料特急車を所有しているのも近鉄だけである。また、有料特急を走らせているにもかかわらず、愛称がないのが難点だ(車両にはあるけども)。そのため、山陽姫路-賢島間の特急の愛称は〈かがやき〉〈ホワイトオーシャン〉〈近鉄パールス〉のどちらかがいいのではないだろうか(〈ホワイトオーシャン〉は真珠と姫路城の別名、「白鷺城」と三重県と兵庫県の沿線に存在する海をかけた)。ほかに名阪ノンストップ特急は〈アーバンライナー〉にして、わかりやすくしてもいいように思う。

AE100形の関西私鉄移籍はいかがだろうか。きっと、あと20年は活躍するのではないかと思う。国際空港輸送から観光輸送に変わっても、座席指定特急としての使命は変わらない。

※本文はAE100形が2代目AE形に置き換えられた場合を想定して、書いたものです。京成電鉄は2010年以降、AE100形について現時点、なにも公表しておりませんので、御注意下さい。また、お問い合わせもしないよう、お願い申し上げます。


★備考

①参考文献として、電気車研究会刊行、『鉄道ピクトリアル2007年3月臨時増刊号』を使用。

②京成電鉄2代目AE形のホームページは
こちらにクリック!!

③岸田法眼のRailway Blog.「芝山鉄道開幕戦」は
こちらにクリック!!
 

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年11月も2者択一サイト、『Unow?』で、「アノ人はなぜハマル?(モハよう著者からの20の質問)」が公開されており、質問28・33・39・43で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!



⑥『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43はこちらにクリック!!



※②~⑥は2008年11月30日(日曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



Majiで本当に終電5秒前の帰宅 観客動員数204日連続1日4ケタで、合計83萬人突破!! [汽車旅2008番外編]

記事数:642|nice!:2,472|総閲覧数:今日:1,333/累計:831,626|読者数:34
アクセスランキング:220位

P1350299.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2008年11月14日(金曜日)で観客動員数は83萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆Majiで本当に終電5秒前の帰宅  

まずはルポをお伝えすることにしましょう。  

2008年11月14日(金曜日)、渋谷へ。『オオゼキタク主催ライブPUZZLE piece.1』へ行くためだ。フリーライターの吉田一紀(Kazutoshi Yoshida)さんによると、プレミアライブとのこと。吉田さんのほか、有名会社に勤務されている2名様(それぞれ別の企業)とその知り合い、『鉄道とパノラマの旅 360度パノラマと音で巡る旅のサイト』を運営するカメラマンの酒井創介さんが集結し、総勢6人で乗り込む。

P1350925.JPG
 
場所についてビックリしたが、向かい側の建物でもライブを開催。その会場は2年前、某芸能事務所のファン感謝デー的なイベントに行ったところである。応募して運よく当たったんだけどね(ちなみに参加費用6000円)。  

18時50分過ぎ、全員がそろったところで、会場へ。ライブハウスへ行くのは2003年1月以来だが、プロ歌手のライブへ行くのは初めて。以前はシロートバンドのライブへ行っていたが、音響はメチャクチャ高くて耳ツンはするし、煙たいのよね。この当時以前から“禁煙社会”が確立されていたので、なにか“世の中をはむかう場”のような印象を持っていた(禁煙のライブハウスは1つしか行ったことがない)。

P1350926.JPG
 
どこのライブハウスも入場料2500円、ドリンク代500円(コップ1杯)で、後者の価格はいつも疑問にありつつも久しぶりに行く音楽の場に胸をふくらませる。こういう場所はめったに行かないので、“気分転換の場になればいいな”と。  

入口で料金を払い、アンケート用紙や宣伝のほか、パズルを1ピースいただく。このパズルは0系で、ウラには「081114 ありがとう」と書かれてある。ちなみに吉田さんはこれを抽選会に当たった際の引き換え券と思っていた。私も最初、そう思っていた。  

オオゼキさん主催ライブとのことで、親交のあるグループバンドのGOOD LOViN、ソロ活動のKaoruさんが出演。出演者の中ではオオゼキさんが年少者で、Kaoruさんはデビュー前、初対面のとき、ゲタをはいていたことを暴露。タジタジとなってしまうが、オオゼキさんによると、今でも歌手ではなく、関係者と警備員に見られるらしい。そういう派手なところがないのがオオゼキさんの魅力なのだろう。ちなみにオオゼキさんは大手芸能事務所、ホリプロに所属している。  

Kaoruさんのライブステージが終わったあと、トイレへ。1つのステージが終わると休憩時間を設けているのだが、今回のライブは女性客が圧倒的に多いこともあり、普段は男女別のトイレが男のところは「男女兼用」となっていた。 トイレ待ちをしている際、偶然にもそこからオオゼキさんが登場。偶然にもお目にかかり、ビックリ!!

「御無沙汰ですぅー」

「トイレから失礼します」  

という会話のあと、オオゼキさんと握手をかわすが、トイレで待つ女性客は私を“業界関係者”と思ったのかもしれない。  

その後、この日、ラジオに出演していた鉄道アーチスト、小倉沙耶(Saya Kokura)さんが駆けつけた。スケジュールの都合でライブを見る時間は短かったものの、実は“現れるんじゃないか”と思っていた。ちなみに前日は鉄道居酒屋キハに来店していた。  

いよいよ、オオゼキさんのライブステージが始まり、通常は30分前後の公演であるが、主催者ということもあり、1時間ほどとなり、多いに盛り上がる。

「業務連絡していいですか? 水、下さい」  

と言い、ライブハウスの従業員がコップ1杯の水を差し入れると、ノドをうるおす。「芸能人は歯が命」だが、歌手は“ノドも命”なのだ。

P1350927.JPG
 
ライブステージは多いに盛り上がり、そして、最後はみずから作詞作曲した横浜市の某高校の校歌を熱唱するサプライズで、22時頃に終了。そのあと、吉田さんは男性客に『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』を差し出され、サインに快く応じた。また、吉田さんからオオゼキさんのマネージャーを紹介され、ごあいさつした。  

ライブハウスを出て、1人は帰宅したが、残る5人で居酒屋にて晩メシ。のちに吉田さんの知人女性2人も加わり、盛り上がる。この中で“年長者は誰?”という詮索(Sensaku)の話になった。

「そういえば、巻末に1970年生まれとなっていましたよねぇー?」  

と『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』の奥付(「巻末」という表現は間違い)を記憶したので、普段、ボケていることが多い私は珍しく、ツッコミを入れる(O型はツッコミ下手である)。

「そうだよ、38だよ」  

とみんなに白状。ちなみに私は下から数えて3番目の年齢で、2番目は酒井カメラマン、1番目は有名会社に勤める男性の知人女性だった。ちなみにほとんどの方は独身貴族である。

私は時間の都合で、ひと足お先に失礼したが、自宅最寄り駅の電車は終電を利用。時間を誤っていれば、野宿になるところだった。

こういうときにはインターネットカフェと言いたいところだが、パソコン購入後、旅先でしか利用しなくなったため、会員証等は普段、持ち歩いていないのだ。  

日付が11月15日(土曜日)に変わり、コンビニで『プレイボーイ(第43巻第44号)』を購入。58~61ページにレールファンの女性芸能人4人が座談会を行なった模様があり、拝見したが、みなさん、いろいろと知っており、読んでいてタジタジ。普段、鉄道の話を周囲にすることは基本的にないので、ついていけるかどうかが不安になってしまった。

私はディーゼルエンジンの型番なんて、1つも知らず、カミンズエンジンか国産のエンジンしか知らない。また、好きな男性のタイプを鉄道に例えるなど、レールファンではない読者にも衝撃を与えたのではないだろうか。今まで好きな女性のタイプを鉄道に例えたことがないからねぇー。

◆2008年の汽車旅4シリーズ目次一覧(御覧になっていない記事がございましたら、URLにクリックして下さい)

・2008年の汽車旅4-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-11

・2008年の汽車旅4-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-13

・2008年の汽車旅4-3(山陽新幹線0系フォーエヴァー-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-14

・2008年の汽車旅4-4
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-17

・2008年の汽車旅4-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-18

・2008年の汽車旅4-6
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-20

・2008年の汽車旅4-7
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-21

・2008年の汽車旅4-8(JR九州完全制覇達成!!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-22

・2008年の汽車旅4-9(Railway Blog第600回記念、東国原知事に会う)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-27

・2008年の汽車旅4-10
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-29

P1350098.JPG

 ・2008年の汽車旅4-11
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-04

・2008年の汽車旅4-12
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-07

・2008年の汽車旅4-13
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-09

・2008年の汽車旅4-14
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-12

・2008年の汽車旅4-15
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-15

・2008年の汽車旅4-16
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-16

・2008年の汽車旅4-17(山陽新幹線0系フォーエヴァー-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-18

・2008年の汽車旅4-18
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-20

・2008年の汽車旅4-19
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-21

・2008年の汽車旅4-20
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-25

P1350132.JPG

・2008年の汽車旅4-21
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-26

・2008年の汽車旅4-22
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-28

・2008年の汽車旅4-23
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-30

・2008年の汽車旅4-24
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-31

・2008年の汽車旅4-25(JR西日本の電化路線、すべて制す!!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-07

・2008年の汽車旅4-26(正雀工場近辺を歩く)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-09

・2008年の汽車旅4-27(レールレジェンド-伝説の高速車両を眺める-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-10

・2008年の汽車旅4-28
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-12

・2008年の汽車旅4-最終回
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-13

◆ブログレポート2008年10月

■前月(2008年10月)のアクセス数:81042アクセス

■前々月のアクセス数(2008年9月):66187アクセス

■1年前の今月、あなたはこんな記事を書いていました…該当の記事はありませんでした。

■8~10月の3ヶ月間でアクセス数の多い記事ベスト3は?

1位:
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-06-23

2位:
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-16

3位:
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-11-22

◆世界の国旗クイズ 第8問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。  

さて、第7問はこちらでした。

世界の国旗クイズ第7問

1名様から御解答をいただきましたので、正解を発表します。正解はこちらです。

P1320453.JPG

正解は東葉高速鉄道2000系でした。

それでは第8問はこちらです。これはどこの“国旗”なのでしょうか?

P1350233.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数84萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(次に進めません)。

◆観客動員数82萬人から83萬人へのあしあと

・2008年11月10日(月曜日)…82萬1000人突破

・2008年11月11日(火曜日)…82萬2000人突破

・2008年11月11日(火曜日)…82萬3000人突破

・2008年11月12日(水曜日)…82萬4000人突破

・2008年11月12日(水曜日)…82萬5000人突破

・2008年11月13日(木曜日)…82萬6000人突破

・2008年11月13日(木曜日)…82萬7000人突破

・2008年11月13日(木曜日)…82萬8000人突破

・2008年11月14日(金曜日)…82萬9000人突破

・2008年11月14日(金曜日)…83萬人突破!!
 
P1350325.JPG

次回は「近未来予測車両」をお伝えする予定です。皆様、今後ともよろしくお願いします。

★備考

①「2008年の汽車旅4」シリーズの動画はこちらにクリック!!



②『鉄道とパノラマの旅 360度パノラマと音で巡る旅のサイト』はこちらにクリック!!

③鉄道ブログ『モハよう de キハキハ「モハよう著者からの20の質問リニューアル!&千葉大学人車鉄道」』はこちらにクリック!!

④ソウルに通いながら、こう考えた。「小倉沙耶さんらと『キハ』」は
こちらにクリック!!

⑤小倉沙耶のやわやわ日和「とっておき話とライブ」は
こちらにクリック!! 

⑥岸田法眼のRailway Blog.「観客動員数46萬人突破記念特別ルポ、鉄道居酒屋キハ」はこちらにクリック!!

⑦岸田法眼のRailway Blog.「71日連続観客動員数1日4ケタで、合計53萬人突破!!&鉄道居酒屋キハ2008-2」はこちらにクリック!!
 

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年11月も2者択一サイト、『Unow?』で、「アノ人はなぜハマル?(モハよう著者からの20の質問)」が公開されており、質問28・33・39・43で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!



⑥『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43はこちらにクリック!!



※②~⑥は2008年11月30日(日曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2008年の汽車旅4-最終回 [汽車旅2008]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方はURLにクリックして下さい。

・「2008年の汽車旅4-1~27」の目次
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-11にクリック!!

・2008年の汽車旅4-28
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-12


◆本格化した700系の〈こだま〉  

私は悩んだ末、浜松で下車。しかし、それは東海道新幹線を選択したため、在来線の改札を出て、きっぷを買うことを決めたのである。  

エクスプレスカード以外のクレジットカードに対応できる券売機があり、“妙なところに柔軟性があるな”と思いつつ、静岡までの乗車券と新幹線自由席特急券を購入し、5番線へ。すでに300系の〈ひかり380号〉東京行きが現れているが、2008年3月3日(月曜日)に京都で〈こだま542号〉東京行きに乗ろうとしたら、誤って〈ひかり416号〉東京行きに乗ってしまったことから、自由席は〈こだま〉のほうが圧倒的に多いこともあって、〈ひかり380号〉東京行きは回避。ちなみに〈ひかり380号〉東京行きは静岡にも停まる。
 
P1350297.JPG

5番線から在来線ホームを見渡すが、3番線から18時12分に発車する313系2000番台&211系5000番台の普通電車沼津行きは各車両、混雑しており、夕方のラッシュさながらの状況である。どうやら18時12分の定刻通りに発車しそうである。

P1350299.JPG
 
〈ひかり380号〉東京行きが発車し、追いつけないことはわかっていても、あとを追うように普通電車沼津行きが続いてほどなく、〈こだま572号〉東京行き(2号車自由席722-22:女性車掌も乗務)が到着するものの、なんと700系!! 走行音のやかましい300系ではなく、よかったものの、平成9年(1997年)に入団し、平成11年(1999年)3月13日(土曜日)にデビュー。残りの0系とバリバリの100系を東海道新幹線から追いやった“悪役”は12年目のシーズンを迎えていたのである(もし、スピードにこだわっていなければ、2008年、東海道新幹線に0系と100系が去っても不思議ではない)。東海道新幹線は確実に主役交代の時期を迎えている。
 
〈こだま572号〉東京行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
静岡16724-22×指定席
 15727-522×指定席
 14726-222自由席
 13725-522自由席
 12725-622指定席
 11726-722指定席
 10717-22×グリーン車
 9719-22グリーン車
 8718-22グリーン車
 7727-422自由席
 6726-22自由席
 5725-322自由席
 4725-22自由席
 3726-522×自由席
 2727-22自由席
浜松1723-22自由席

自由席は中間の車両に利用客が多く、11・12号車指定席は盛況して、満席に近い状況。これは禁煙車であることや『ぷらっとこだま』を使っているのだろう。3両あるグリーン車は30人も乗っていないが、N700系の増備、300系の廃車が進行。これにより、700系の〈こだま〉運用が本格化しているので、そろそろ、『ぷらっとこだま』で700系のグリーン車に乗ってみたいところ。

P1350303.JPG
 
700系の〈のぞみ138号〉東京行き通過待ちのため、停車時間は長く、2号車自由席へ。1人で座席を占拠できるほど空席が目立つ。〈のぞみ〉は重苦しい空気を感じるが、〈こだま〉はそういう雰囲気がない。  

18時19分に発車。700系のシートピッチは広く、前に人がいないとデスクワークがはかどるだろう。700系は300系より静かだしね(モーター音はするよ)。

P1350305.JPG
 
普段、新幹線を利用する機会は少ないので、速いことに驚かされるばかりだが、冷房が床下にあるため、空調吹き出し口が窓と窓のあいだにあるのは知っているが、網棚の一部分にプラスチック製のすりガラスがあることを初めて知った。忘れもの防止のためにあるのだろう。

P1350308.JPG
 
さて、きっぷは乗車券と新幹線自由席特急券が1つにまとめられているものの、前者は当日限り、後者は2日間有効という表示に釈然としない。これはJRグループの規則通りだから、仕方ないのだけど、乗車券が当日限りである場合、新幹線特急券、在来線特急券、急行券、グリーン券、寝台券なども合わせたほうがいいのではないだろうか。  

乗り心地のイイ車両と評価されている700系だが、トンネル内は左右に少々揺れ、18時45分、静岡5番線に到着した。

◆7泊8日の長い旅、ついに終わる!!  

静岡で下車し、いつものパルシェ食彩館内にある『中華惣菜屋 好運樓』で、晩メシの弁当を購入。お気に入りのお店のほうが1番イイ。中部地方では名古屋よりも静岡で下車していることが多い。  

ところで、静岡でタスポを使い、煙草を買う自販機をじっくり見るが、よく見ると、チャージができないらしい。私は喫煙者ではないので、タスポの仕組みはよくわからないが、健康を害するのは明らかである以上、“煙草1000円説”もあるけど、まずは日本たばこ産業を廃業させるべきではないのか。くだらないタスポを作るぐらいなら、煙草税に代えて携帯電話税を導入したほうがいいのではないだろうか。

P1350316.JPG
 
さて、浜松の一件で、東海道新幹線で先回りせざるをえなかった青春18きっぷユーザーが多かったようで、1番線で普通電車東京行き(7号車自由席クハ372-14:熱海-平塚間は女性車掌乗務)を待つ利用客は普段と変わらず、19時17分に入線。そのあと、2番線に浜松を18時12分に発車した普通電車沼津行きが到着。普通電車東京行きに乗り換える利用客が多く、4号車寄りにあるキヨスクでは買いもの利用が殺到。ビールといったアルコール類を買う利用客が多かった。おそらく、浜松で晩メシを購入していない、あるいはできなかったのだろう。

P1350321.JPG
 
地元利用客も多く、19時29分に発車。さっそく、晩メシを食すが、炊飯器から入れたごはんは30分以上たってもあったかい。ボックスシートや転換クロスシートにはテーブルのないところが多いから、特急形車両を使う普通電車東京行きは食べやすい。
 

普通電車東京行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
東京9クモハ373-14自由席
 8サ ハ373-14自由席
 7ク ハ372-14自由席
 6クモハ373-13自由席
 5サ ハ373-13自由席
 4ク ハ372-13自由席
 3クモハ373-7自由席
 2サ ハ373-7自由席
静岡1ク ハ372-7自由席

20時52分、熱海に到着し、ここからJR東日本に入り、7泊8日の長旅は大詰めを迎えたが、伊東線が遅れている影響で、定刻より6分遅れの21時05分に発車。

「この電車は普通電車東京行きです。ただいま、6分遅れで発車しております。御乗車のお客様には御迷惑をおかけして、申し訳ありません」  

熱海-平塚間で乗務したJR東日本の女性車掌は謝罪放送を流したが、ダイヤを犠牲にしてまで、待つという姿勢は大いに評価できる。“お客様本位”の表れである。  

真鶴でE217系トップナンバー車の普通電車熱海行きとすれ違い、早川の留置線ではE231系近郊形タイプが止まっていた。まさかE217系トップナンバー車が東海道本線で活躍の場を移すとは思ってもみなかった。  

21時26分、定刻より6分遅れのまま小田原6番線に到着。向かいの5番線で発車を待つ21時32分発、211系2000番台の普通電車東京行きはすでにドアを開けていたが、この電車が先に発車するため、坐っていた人もこちらに移った。通常は373系の普通電車東京行きが発車したあとにドアを開けている。つまり、211系2000番台の普通電車東京行きはドアを開けたのが“定刻通り”だったわけだ。  

川崎が近づくと、路面は濡れており、雨に近づいてしまった。駅の行先案内板では京王電鉄井の頭線が雨の影響で、遅延が発生しているという。そして、6分遅れていたダイヤは回復運転により、定刻通りに運行していることに気づいた。普段、JR東日本の鈍行の多くはスピードが遅いのだけど、本気を出しているのは回復運転をするときということになる。  

品川で空席が見られるようになり、雨が降った痕跡すらなかったが、新橋からは再び雨。わずかな距離でこんなに違うとは…

P1350325.JPG
 
定刻通り、22時43分、終点東京9番線に到着。花のお江戸は雨に濡れていた。7泊8日の長旅はここで終わるが、雨が降らなかった日は少なかった。  

電車を出ると、蒸し暑い。旅先では夜風が心地よかっただけに、ヒートアイランド現象を思い知らされるのであった。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②PARCHEホームページはこちらにクリック!!

③岸田法眼のRailway Blog.「2008年の汽車旅1-14」はこちらにクリック!! 

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年11月も2者択一サイト、『Unow?』で、「アノ人はなぜハマル?(モハよう著者からの20の質問)」が公開されており、質問28・33・39・43で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!



⑥『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43はこちらにクリック!!



※②~⑥は2008年11月30日(日曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2008年の汽車旅4-28 [汽車旅2008]

◆「2008年の汽車旅4-1~27」の目次はこちらにクリック!!

◆浜松で大波乱!!  

P1350282.JPG

米原駅に戻り、東海道本線8番のりばから、14時56分に発車する普通電車大垣行き(クハ117-206)へ。隣りの6番のりばに新快速近江塩津行きが到着し、乗り換え客が多く、たちまち立客が発生。次の醒ヶ井でもハイキング帰りの利用客が多く乗ってきた。青春18きっぷシーズンだと8両編成に増結して、必ず坐れるような態勢にしてもいいのでは? 以前は313系300番台2両編成、211系5000番台3両編成で運行していたときに比べると、改善されている。
 
普通電車大垣行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
大垣なしクハ117-106なし
 なしモハ117-46なし
 なしモハ116-46なし
米原なしクハ116-23なし

15時31分、終点大垣5番線に到着。接続する15時40分発の新快速豊橋行きは1番線からの発車だが、60代以上の利用客は駅員や運転士に尋ねていた。いくら9分の時間があるとはいえ、乗り換える電車が目の前にないと不安のようだ。

P1350285.JPG
 
新快速豊橋行きには乗り換えず、次の15時55分発、特別快速浜松行き(クハ312-5012)へ。新快速豊橋行きに乗り換えたとしても、終点で浜松方面の普通電車に接続していないため、特別快速浜松行きがイイのだ。  

313系5000番台のフェイスで気になるところがあったのだが、ようやくハッキリとしたことがわかった。

P1350287.JPG
 
それは貫通扉の上にある白い光は高輝度放電灯ではなく、白色LEDだったことだ。これは私鉄の一部で見られる特急車両の急行灯といえる。JR東海の在来線車両は383系から、前照灯は4つ配置が基準になっているようだが、313系5000番台は高輝度放電灯を採用しているため、夜道の視野性が向上したことにより、貫通扉の上部は白色LEDにしたのだろう。近年は道路信号や照明器具が電球からLEDに変わりつつある。そのうち、日本の光はLEDだらけとなり、「電球」は死語になりそうだ。ちなみに高輝度放電灯を装備している313系シリーズの貫通扉上部はすべて、白色LEDである。

P1350290.JPG
 
大高-共和間の新駅設置工事現場を過ぎてから、減速し出すが、その後、回復し、大府を通過。特別快速は新快速の停車駅に大府を外しただけの種別で、名古屋-大府間は武豊線直通の区間快速がカバーするのだ。ちなみに平日1本の名古屋行きは快速で、武豊線内も通過駅がある。
 
特別快速浜松行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
浜松なしクモハ313-5012なし
 なしサ ハ313-5312なし
 なしモ ハ313-5012なし
 なしサ ハ313-5012なし
 なしモ ハ313-5312なし
大垣なしク ハ312-5012なし

17時18分、東海道新幹線700系の〈こだま565号〉新大阪行きと入れ替わりに豊橋へ到着。先ほどの新快速からの乗り換え客が多いようで、かなり乗り込んだ。  

さぁー、いよいよ、終点浜松となり、ホームへ滑り込もうとした矢先、非常停止ボタンが押され、止まってしまった。アクシデントが起こるとはまったく考えていない利用客たちは立ち上がって、ドアが開くのを待っている。  

安全の確認がとれ、17時55分、終点浜松3番線に到着。ホームは長蛇の列を作っており、騒然!! なにがなんだかわからない状況になるが、4番線の普通電車静岡行きがいない!! 姿がない!! 頭の中がマッシロだ。  

ホームの下では青春18きっぷ利用客だろうか、混乱している様子。ふと、東海道新幹線乗り換え改札を見ると、行先案内板では18時09分発の〈ひかり380号〉東京行き、18時19分発の〈こだま572号〉東京行きを表示。急いで時刻表を見ると、今度の普通電車沼津行きは18時12分に発車し、静岡に到着するのは19時22分。このような状況では定時に到着するのかどうかが不安になってくる。  

静岡でアノ電車は待っているだろうが、晩メシを買う余裕がまったくない。浜松でも買うことはできるのだろうが、駅弁はたけぇーし、改札内にミニコンビニ的な売店があるけど、品数は大手のコンビニに比べると、少ない。  

在来線の有人改札では、接続しなかったことに怒鳴り散らす50代の男性がおり、私もそういう気分だった。駅員の表情は他人事のようで、「よく言っておきます」とその男性に対して言ったが、どうだろうか?  

実はこの日、13時近くに六合(Rokugoh)-藤枝間で人身事故が発生し、乗り換えるはずだった17時51分発の普通電車静岡行きは運休となっていた。もし、非常停止ボタンが押されなくても、普通電車静岡行きは乗り換えられなかったのだ。  

帰京を目前に私はピンチを迎えてしまった。短時間のあいだ、針路をどうとるか選択しなければならず、おそらく、多くの青春18きっぷ利用客は“どちらにしようかな、神様の言う通り”という状況である。  

私が選択したのはDOTCH?

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年11月も2者択一サイト、『Unow?』で、「アノ人はなぜハマル?(モハよう著者からの20の質問)」が公開されており、質問28・33・39・43で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!



⑥『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43はこちらにクリック!!



※②~⑥は2008年11月30日(日曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

祝、Railway Blog3周年!! 2009年こそ巨人、日本一奪回を!! 観客動員数200日連続1日4ケタで、合計82萬人突破!! [INFORMATION]

記事数:639|nice!:2,454|総閲覧数:今日:2078/累計:821,305|読者数:34
アクセスランキング:158位

P1320795a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2008年11月10日(月曜日)で観客動員数は81萬人を突破しました。どうもありがとうございます。そして、本日、Railway Blogは3周年を迎えました。

◆2008年の汽車旅4シリーズ目次一覧(御覧になっていない記事がございましたら、URLにクリックして下さい)

・2008年の汽車旅4-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-11

・2008年の汽車旅4-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-13

・2008年の汽車旅4-3(山陽新幹線0系フォーエヴァー-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-14

・2008年の汽車旅4-4
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-17

・2008年の汽車旅4-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-18

・2008年の汽車旅4-6
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-20

・2008年の汽車旅4-7
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-21

・2008年の汽車旅4-8(JR九州完全制覇達成!!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-22

・2008年の汽車旅4-9(Railway Blog第600回記念、東国原知事に会う)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-27

・2008年の汽車旅4-10
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-29

P1350735.JPG

 ・2008年の汽車旅4-11
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-04

・2008年の汽車旅4-12
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-07

・2008年の汽車旅4-13
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-09

・2008年の汽車旅4-14
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-12

・2008年の汽車旅4-15
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-15

・2008年の汽車旅4-16
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-16

・2008年の汽車旅4-17(山陽新幹線0系フォーエヴァー-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-18

・2008年の汽車旅4-18
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-20

・2008年の汽車旅4-19
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-21

・2008年の汽車旅4-20
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-25

P1350259まもなく守山.JPG

・2008年の汽車旅4-21
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-26

・2008年の汽車旅4-22
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-28

・2008年の汽車旅4-23
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-30

・2008年の汽車旅4-24
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-31

・2008年の汽車旅4-25(JR西日本の電化路線、すべて制す!!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-07

・2008年の汽車旅4-26(正雀工場近辺を歩く)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-09

・2008年の汽車旅4-27(レールレジェンド-伝説の高速車両を眺める-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-10

◆Railway Blog3周年!!  

2005年11月11日(金曜日)、ダメモトかつ“入るはずがないから、気楽にやぁーろぉーおっと”という感覚でRailway Blogが開幕しました。

何度も申しあげるように当時、パソコンはなく、デジカメもなく、ケータイのカメラを使っておりました(フイルムの一眼レフカメラを使っておりました)。また、ケータイメールを再編集したものを掲載しておりました。

しかし、“在庫切れ”などにより、2006年は更新の少ない月が多かったものの、その後、直接、文章を入力するやり方に戻し、2007年にワードで事前入力する方式に変えてから、観客動員数が増えていきました。おかげさまで2007年、当時、選ばれた人間しか書くことができなかった『Yahoo! セカンドライフ』で“ライターデビュー”し、2008年、『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』の著者、吉田一紀さん(Mr Kazutoshi Yoshida)にお会いすることもできましたし、活字による執筆の仕事をいただくこともできました。

今後も増やしていきたい願望、熱望はありますが、業界では無名であることや出版社で働いたことがないため、少ないのが実情です。つまり、ツテがないのよね。  

史上最長、7泊8日の「2008年の汽車旅4」シリーズはおそらく、あと2回で最終回を迎えることになるでしょう。まさか2か月もかかるとは思いませんでしたが、終了後は最新乗り歩きルポの“在庫”があります。そして、「近未来予測車両」や「悲運、不運の車両」はあの車両を取り上げる予定です。  

さて、下記は過去の実績一覧です。業界関係者の皆様、お待ちしております。


■実績

Yahoo! セカンドライフ 

・TRAIN MODELING MANUAL Vol.1(ホビージャパン刊行)

・Unow?「モハよう著者からの20の質問」「あの人はなぜ鉄道にハマル?」(くわしくはお知らせを御覧下さい)

・苫小牧鉄道新聞(2008年12月より)

■参考記事

鉄道ブログ『モハよう de キハキハ「恐るべし、岸田法眼さん!&モハようが鉄道ファン7月号に掲載」』 

鉄道ブログ『モハよう de キハキハ「岸田法眼さんがいよいよ雑誌デビュー!」』 

◆巨人、日本一ならず…  

G党や巨人軍関係者の皆様には残念というか、悔しいというか、6年ぶりの日本一を逃しました。銀座のパレードが久しぶりに見ることができることを楽しみにしていたのですが、2009年までお預けの予定となりました(そうなると、パレードはアジアシリーズが終わってからになるのだろうか?)。  

今季は13ゲーム差をひっくり返してのセリーグ優勝に酔いしれ、クライマックスシリーズ、日本シリーズは壮絶な激闘、死闘がありました。“中古車軍団”と言われながらも坂本選手や越智投手、山口投手といった生え抜き若手は徐々に芽を出しています。  

いろいろと言いたいこともあるでしょうが、2009年、セリーグ3連覇を果たすかどうかはわかりませんけど、日本一、アジアチャンピョンといった王座に輝くことを信じ、地上波のテレビ中継が元の水準に戻ることを願っています。

◆東北新幹線新青森延伸は2010年12月  

JR東日本は東北新幹線八戸-新青森間の延伸を2010年12月になることを明らかにしました。これにより、延伸時かどうかはわかりませんが、2010年度、〈はやて〉に新型車両が投入され、まずはMAX300㎞/hで足慣らしをして、2012年度末にMAX320㎞/hへ引き上げ、〈こまち〉にも新型車両が投入される予定です。また、2013年度末には〈はやて〉と〈こまち〉は新型車両に統一される模様です。さらに大宮-宇都宮間は現行の240㎞/hから2010年度末に275㎞/hへ。宇都宮-盛岡間は現行の275㎞/hから2010年度末に300㎞/h、2012年度末には320㎞/hにそれぞれ引き上げられる予定です。なお、盛岡-新青森間はまだ発表されておりません(現行の盛岡-八戸間は260㎞/h)。  

東北新幹線全通により、八戸-青森間は第3セクター、青い森鉄道に転換される予定ですが、東北新幹線に直通できない八戸線や大湊線が“孤島”となってしまいます。また、寝台特急〈あけぼの〉〈北斗星〉〈カシオペア〉〈日本海〉、臨時寝台特急〈トワイライトエクスプレス〉は影響を受ける可能性があるかもしれません。


◆不評だったと思われる準急  

東京地下鉄は2008年11月29日(土曜日)、有楽町線と副都心線のダイヤ改正を発表しました。前回のダイヤ改正は6月14日(土曜日)に行なわれていますので、わずか5か月後に実施することになります。

このダイヤ改正で1番目立つのは有楽町線の準急は大幅に削減されることで、その分を各駅停車に変更するというものです。これにより、準急の運行時間帯は終日、11時台から16時台までの運行で、和光市-新木場間、1日10往復となります。  

副都心線は急行、有楽町線は準急を運行し、和光市-池袋間の所用時間短縮に乗り出し、東武鉄道東上本線に“対抗心”を燃やしていたのかもしれませんが、結果的に通過駅では本数が減ることになり、利用客の苦情が絶えなかったのかもしれません。


◆世界の国旗クイズ

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。  

さて、第7問はこちらです。これはどこの国旗でしょうか?


世界の国旗クイズ第7問

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数83萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(次に進めません)。

◆観客動員数81萬人から82萬人へのあしあと

・2008年11月6日(木曜日)…81萬1000人突破

・2008年11月6日(木曜日)…81萬2000人突破

・2008年11月7日(金曜日)…81萬3000人突破

・2008年11月7日(金曜日)…81萬4000人突破

・2008年11月7日(金曜日)…81萬5000人突破

・2008年11月8日(土曜日)…81萬6000人突破

・2008年11月8日(土曜日)…81萬7000人突破

・2008年11月9日(日曜日)…81萬8000人突破

・2008年11月9日(日曜日)…81萬9000人突破

・2008年11月10日(月曜日)…82萬人突破!!

P1350263.JPG
 
次回は「2008年の汽車旅4-28」をお伝えする予定です。皆様、今後ともよろしくお願いします。

★備考

①Yahoo! セカンドライフ、選抜サポーター制時代の記事はこちらにクリック!!

②苫小牧鉄道新聞ホームページは
こちらにクリック!!

③苫小牧鉄道新聞のプレスリリースはこちらにクリック!!

④JR東日本ホームページは
こちらにクリック!!

⑤東京地下鉄ホームページはこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年11月も2者択一サイト、『Unow?』で、「アノ人はなぜハマル?(モハよう著者からの20の質問)」が公開されており、質問28・33・39・43で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!



⑥『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43はこちらにクリック!!



※②~⑥は2008年11月30日(日曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

2008年の汽車旅4-27(レールレジェンド-伝説の高速車両を眺める-) [汽車旅2008]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方はURLにクリックして下さい。

・「2008年の汽車旅4-1~24」の目次
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-06 

・2008年の汽車旅4-25(JR西日本の電化路線、すべて制す!!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-07

・2008年の汽車旅4-26(正雀工場近辺を歩く)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-09


◆レールレジェンド-伝説の高速車両を眺める-  

P1350250.JPG

大阪8番のりばから13時00分発の新快速米原方面長浜行き(12号車クモハ223-3024:米原から8号車)に乗り、ここからはいよいよ、“帰京の方程式”となるが、大阪-高槻間では2度も非常灯以外、消えるハプニングがあった。
 
新快速米原方面長浜行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
米原12クモハ223-3024米原から8号車
 11サ ハ223-2051米原から7号車
 10サ ハ223-2052米原から6号車
 9モ ハ222-2010米原から5号車
 8サ ハ223-2053米原から4号車
 7サ ハ223-2054米原から3号車
 6モ ハ223-2010米原から2号車、弱冷車
 5ク ハ222-2024米原から1号車、弱冷車
 4クモハ223-2065米原止まり
 3サ ハ223-2153米原止まり
 2モ ハ223-2158米原止まり
大阪1ク ハ222-2065米原止まり、弱冷車

高槻付近で停止信号。先行の電車が高槻に停まっており、2分遅れで到着。そのあとは回復運転に努めている。ちなみに複々線区間の最高速度は新快速と特急が130㎞/h、快速は120㎞/h、各駅停車は110㎞/hである。

P1350252.JPG

 
山崎を通過すると、223系2000番台の普通電車米原行きをキャッチ!! この電車も高槻は新快速と同じ1番のりばから発車する。どうやら、この電車の乗降に手間取ったようである。

 

向日町-西大路間に新駅、桂川(Katsuragawa)を通過。2008年10月18日(土曜日)に誕生したが、Liverの桂川が近いため、この名がつけられ、離れたところに阪急京都線の洛西口駅(Rakusaiguchi Sta)があり、競合することになる。また、「桂川」という漢字はJR九州筑豊本線と篠栗線に桂川駅(Keisen Sta)があることもあってか、サブ駅名が用意されており、JR西日本では「桂川(久世)」と名乗る。これはJR北海道函館本線に桂川駅があるため、明確にする必要性があったからであろう。  

13時31分、2分遅れで京都2番のりばに到着。2000年3月11日(土曜日)のダイヤ改正で、大阪-京都間は27分に短縮されたが、2006年3月18日(土曜日)から28分、そして、2007年3月18日(日曜日)からは元通りの29分となった。

 

P1350255次は守山.JPG

京都を発車し、トンネルを抜けると、雲行きがあやしくなり、南草津を通過すると、雨に追いついてしまった。そして、草津を発車すると、草津線113系5000番台の湘南色を見る。今や湘南色はステンレス車体にオレンジとグリーンの帯を巻くタイプが主流になっており、なつかしさを感じる人も多いだろう。

P1350259まもなく守山.JPG


※守山到着時に撮影

車窓は激しい雨に見舞われ、野洲でズバッとやんだ。そして、近江八幡では雨が降った痕跡すらなかったが、それもほんのちょっとだけである。  

彦根で天気は回復し、定刻より2分遅れのまま、14時23分、米原5番のりばに到着した。ここで1~4号車を切り離し、前8両が5~12号車から、1~8号車に改め、ドアが閉まる。すると、若い女性が半自動ボタンを押して開けようとするものの、この便はドアの半自動設定をしておらず、無情にも動いた。このあとの北陸本線長浜方面は15時03分発の新快速近江塩津行きまで待たなければならない(14時59分発のエル特急〈しらさぎ9号〉富山行きは米原-敦賀間、無停車)。  

8番のりばにはJR東海の普通電車大垣行きが発車を待っているが、坐れない電車に乗ってもしょうがないので、ここはゆとりを持って下車。財団法人鉄道総合技術研究所風洞技術センターで鎮座している20世紀末の高速試験車両を間近で見ることにしよう。

P1350263.JPG

 
徒歩10分ほどで到着。“伝説の高速試験車両”は左から順にJR東海に在籍していた955形(通称、『300X』)、JR東日本に在籍していた952・953形(通称、『STRA21』)、JR西日本に在籍していた500系試作車である。

P1350269.JPG


『300X』は平成6年(1994年)に入団。6両編成で、全車アルミ車体であるが、構造は号車によって異なっており、1号車(955-1)はジュラルミンリベット方式、2・4号車(955-2・4)はアルミ中空大型押出形材連続溶接方式、3号車(955-3)はアルミ大型押出形材スポット溶接方式、5・6号車(955-5・6)はろうづけアルミハニカムパネル連続溶接方式を採用。当時、量産が進んでいた300系に比べ、上背は低く、横幅は若干、スリムになった。また、重量もすべて40トンを切り、軽量化に貢献している。  

フェイスは1号車がカスプ(和訳すると「とがった先」)で、6号車がウェッジ(和訳すると「クサビ」)となっており、乗務員室ドア横に「300X」のロゴマークをつけている。また、車体側面は青い帯を2本巻いているが、窓下の帯が異様に太くなっている。

平成7年(1995年)から高速試験が始まり、平成8年(1996年)7月26日(金曜日)、東海道新幹線米原-京都間で443.0km/hを記録。2002年1月に運行を終了し、1・6号車は解体をまぬがれ、ウェッジは浜松工場、カスプはここへ保存。カスプの号車ステッカーは1号車から6号車に貼り替えているが、フェイスは700系に取り入れられていることがよくわかる。また、台車はボルスタレス台車を採用しているが、『300X』の3・6号車の台車に車体傾斜装置が搭載されており、これはN700系で実用化されることになる。『300X』は700系とN700系の原点ともいえる。

P1350270.JPG

  
『STRA21』は「Superior Train for the Advanced Railway toward the 21 Century」の略で、和訳すると「21世紀の進んだ鉄道のすぐれた列車」で、平成4年(1992年)に入団。東京寄り前4両は952形、うしろ5両は953形で連接台車を採用している。  

車体は952-1~3は薄肉タイプ大型中空形材、952-4と953-1はローつきアルミハアムパネルを使った軽量高剛性の車体構造。953-2~5は超ジュラルミン、超々ジュラルミンを使用している。これにより、大幅な軽量化を達成し、9両編成中、30トン台は2両、20トン台は6両、10トン台は1両となっている。また、くさび型のフェイスはどちらの先頭車も共通しているが、フェイスや塗装は異なっている。  

200系に比べ、上背は低く、横幅も若干スリムになっているが、高速試験車両とは異例といえる座席が設置されている。車体幅の都合で、952-1~3と953形全車はすべて2人掛けの普通車、952-4は2人掛けと1人掛けのグリーン車となっている。

平成4年(1992年)3月27日(金曜日)、東北新幹線仙台-北上間で走行試験を開始。平成5年(1993年)には952-1・4を電動車化して、“最強の車両”を目指した結果、平成5年(1993年)12月21日(火曜日)、上越新幹線越後湯沢-新潟間で試験を行ない、燕三条付近で最高速度425km/hを記録!! 文字通りのSuper Starとなった。しかし、営業運転に就くことはなく、平成10年(1998年)2月17日(火曜日)で御役御免となった。

その後、952-1は財団法人鉄道総合技術研究所風洞技術センター、953-5と953-1はJR東日本新幹線総合車両センターで、静かに翼を休めている。

P1350271.JPG

  
500系試作車は平成4年(1992年)に入団。通称、『WIN350』で、「West Japan Railway’s Innovation for operation at 350㎞/h」の略称。和訳すると、「時速350㎞/h運転のためのJR西日本の革新的な技術開発」である。  

アルミ車体を採用し、高さは330センチと低く、パンタグラフカバーが異様に目立つ。4号車には普通車とグリーン車の座席を設置していた。スピードを出すためには座席も軽量化しなければならないという思想があったのは、どこも共通している。  

平成4年(1992年)5月から動き出し、6月からは小郡(現在の「新山口」)-新下関間で高速走行試験を始め、8月8日(土曜日)、350.4km/hを記録。『WIN350』の名はウソではなかったことを証明したのである。  

しかし、パンタグラフから発生する風切り音が騒音基準をクリアできず、JR西日本が目指していた営業速度350㎞/hを断念し、平成7年(1995年)に試験が終了。平成8年(1996年)に量産車第1号が登場するとバトンタッチするかの如く、5月31日(金曜日)で御役御免となった。  

その後、1号車500-901は財団法人鉄道総合技術研究所風洞技術センター、6号車500-906は博多総合車両所で眠っている。

新幹線の速度向上に貢献した伝説の車両、955-1、952-1、500-901は毎日、過ぎ去る東海道新幹線を見つめているが、いずれもボディーに傷みがあるところを見ると、走行試験が壮絶だったことを物語る(特に『WIN350』は損傷が激しい)。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②参考文献として、鉄道ジャーナル社刊行、『鉄道ジャーナル』1992年3・7月号、1995年4月号を使用。

③フリー百科事典『Wikipedia「新幹線955形電車」』は
こちらにクリック!!

④フリー百科事典『Wikipedia「新幹線952形・953形電車」』はこちらにクリック!!

⑤フリー百科事典『Wikipedia「新幹線500系電車900番台」』は
こちらにクリック!!

⑥フリー百科事典『Wikipedia「桂川駅(京都府)」』は
こちらにクリック!!

⑦岸田法眼のRailway Blog.「世界遺産にしたい車両-JR西日本500系-」はこちらにクリック!! 


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年11月も2者択一サイト、『Unow?』で、「アノ人はなぜハマル?(モハよう著者からの20の質問)」が公開されており、質問28・33・39・43で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!



⑥『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43はこちらにクリック!!



※②~⑥は2008年11月30日(日曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2008年の汽車旅4-26(正雀工場近辺を歩く) [汽車旅2008]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方はURLにクリックして下さい。

・「2008年の汽車旅4-1~24」の目次はこちらにクリック!!

・「2008年の汽車旅4-26」は
こちらにクリック!!


◆勢力を増やしつつある9300系

2008年9月6日(土曜日)、10時10分に残暑の阪急電鉄(次からは「阪急」と略す)京都本線(通称、「京都線」)河原町へ。

P1350119.JPG

1号線に特急梅田行き(1号車9303)が入線。2008年に増備された第4編成である(阪急のトップナンバーは基本的に「0」からである)。既存の3編成に比べると、種別幕、方向幕はフルカラーLED、一部のドア上にある情報案内装置はLEDからLCDにチェンジされている。ようは9000系に合わせた部分があるということである。

9300系は2003年に入団。アルミ車体を採用し、発注はアルナ工機から日立製作所笠戸事業所に変えた最初の車両で、営業運転上は110㎞/hだが、130㎞/h運転が可能な設計になっている。また、神戸本線、宝塚本線や大阪市交通局(大阪市営地下鉄)堺筋線に直通することが可能。さらに各駅停車から特急まで、幅広く使えることを視野に入れたオールラウンドプレーヤーである。そのため、6300系の2ドア、転換クロスシート(一部固定座席、1・8号車の乗務員室は2人掛けロングシートのセミクロスシート)から、3ドア、セミクロスシートにレイアウトが変更され、木目調の化粧板は深みを増しているかのような上質感を醸し出している。  

6300系のあとを継ぐという位置づけの9300系だが、特急車の思想が変わったのは、停車駅の増加と阪急の迷走にあるだろう。  

京都線に“異変”が発生したのは平成元年(1989年)12月16日(土曜日)、阪急はダイヤ改正を行ない、衝撃が走った。  

それは平日の特急は日中、15分おきから20分おきに見直し、減便したのである。その分、急行と各駅停車は10分おきにして増発。これは特急主体の“点と線”から“粒と線”に変わったのだ。但し、休日ダイヤは従来通り、特急と急行は15分おきの運行を継続した。この当時、特急は急行に抜かれることはほとんどなく、どちらかに乗れば、特急停車駅は先に到着するものであった。また、この年の3月11日(土曜日)、JR西日本は221系がデビューし、のちにアーバンネットワークのエースとして君臨しているが、特急の平日減便は新快速の利用客が増加し、阪急の利用客が減っていたのだろう。  

平成9年(1997年)3月2日(日曜日)、特急は高槻市に停車。これにより、停車駅が通勤特急は同じになるため、一旦、幕を下ろすことになる。これは新快速が平成2年(1990年)3月10日(土曜日)のダイヤ改正で、110㎞/hから115㎞/hにスピードアップし、日中時間帯のみ高槻と芦屋に停まり、平成3年(1991年)秋から土休は終日停車となった。そして、平成9年(1997年)3月8日(土曜日)、高槻はすべての新快速が停車することとなり、対抗策として、特急も大宮-十三(Jusoh)間のノンストップを捨ててまで、高槻市の停車を選択し、河原町-梅田間の所要時間は38分のままにしたのである。ちなみにJR西日本の特急と急行は今も高槻を通過している。  

このダイヤ改正では特急の高槻市停車、通勤特急の運行を一旦、取りやめたほかに快速を新設。河原町-高槻市間の各駅と茨木市、淡路、十三に停車し、特急・急行・快速は日中20分おきの運行となる。また、快速急行が登場し、特急停車駅に桂を加えたもので、6300系・6330系を使用した。  

それから4年後の2001年3月24日(土曜日)、JR西日本に白旗をあげるようなことが起こる。

それは特急の停車駅が激増!! 大宮を通過する代わりに桂、長岡天神、茨木市を停車駅に追加し、日中は10分おきと増発されたのだ。しかし、6300系は運用本数が足りず、昭和59年(1984年)にマイナーチェンジ版として、1編成だけ投入された6330系を17年ぶりに増備するわけにもいかず、ロングシートの車両が登板することになる。所要時間も38分から42分に延びてしまった。“点と線”から“粒と線”へ変わり、21世紀になってからは“ビーズと線”になってしまった。  

これにより、快速は急行に統合され、新たに南茨木に停車。急行の停車駅は快速を継承し、特急と急行は10分おきの運行となる。また、通勤特急が復活し、停車駅は旧特急を継承。さらに快速特急が誕生し、停車駅は旧快速急行を継承。新しい快速急行は旧急行の停車駅を継承し、車両もロングシートの車両主体となり、準急はひっそり姿を消した。

2003年10月14日(火曜日・鉄道の日)、特急のロングシート運用を解消する目的とした9300系がデビュー。しかし、特急のロングシート運用は解消されず、“21世紀の京都線ダイヤの決定版”と言うかの如く、2007年3月17日(土曜日)にダイヤ改正を行ない、特急は淡路にも停まり、急行は上新庄、南方に停まり、準急に改称。通勤特急は京都線最上位種別の王座維持も桂、長岡天神にも停車。これにより、京都線から急行と快速特急が消えてしまったのである。

このダイヤ改正で、「とうとう」と言うか、「ついに」と言うか、入団から32年が経過した6300系2編成に休車が発生。淡路停車は6300系に影響を及ぼしている。

P1350112.JPG

話は河原町に戻し、9300系はセミクロスシートを採用しており、窓の大きさはかつて、国鉄在来線時代の特急〈こだま〉のパーラーカーを彷彿させる。しかし、ドアとドアのあいだの転換クロスシートと固定座席は各2列しかなく、向かい合わせを拒むのであれば、うしろ2列を早い者勝ちしなければならない難点がある。これはドアの位置をロングシート車と同じにしたためで、そこを変えて、ロングシートを装備しなければ、評価の高い車両になっていただろう。

6300系を上回る点をあげるならば、なんと言っても、転換クロスシートの坐り心地であろう。6300系はフニャフニャなのに対し、9300系はバケットタイプを採用しているため、どっしりしている。また、JR西日本221系を意識したのか、シートモケットは2種類のグリーンを採用している。

P1350117.JPG
P1350114.JPG

先述しているように9300系はセミクロスシートだが、変則的で、先頭車(1・8号車)の車端部はロングシート。中間車(2~7号車)は梅田寄りがボックスシートで、背面には補助椅子を設置(ラッシュ時以外は使える)。河原町寄りはロングシートとなっている。しかし、ロングシートはバケットタイプを採用しておらず、居住性に格差をもたせている。また、補助椅子はJR西日本223系1000・2000・5000・5500・6000番台と同様、“引き出し手動、収納自動”となっている。

◆貨物列車を追い抜く!!  

P1350123(ただいま烏丸).JPG

10時20分に発車。烏丸では6300系の特急河原町行きに遭遇。できれば、コレに乗りたかったが、1時間早く腰をあげていれば、何分待ってでも6300系を選んでいただろう。
 

特急梅田行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
茨木市19303なし
 29853弱冷車
 39873なし
 49883なし
 59893女性専用車両
 69863なし
 79803弱冷車
河原町89403携帯電話電源オフ車両
女性専用車両は平日終日

烏丸でドッと乗り、地上にあがると、スピードがあがり、桂へ。8300系の準急梅田行きに接続をとり、立客が発生する。  

桂を発車すると、種別幕、方向幕ともマッシロの6300系を見たが、桂車庫で留置している休車の2編成のうち、1編成の姿はなかった。  

9300系のVVVFインバータ音はJR九州815系・885系と同じで、6300系に比べ、補助椅子が少ないせいか、乗車している1号車はまったくない。  

長岡天神を発車し、名神高速とクロスするところで、東海道本線に合流。その後、少々離れて東海道新幹線に合流。京都線高架工事の際、東海道新幹線の線路を借りて、走っていた時期があると言う。まさに“レールレジェンド”で、当然、借りることができたのは東海道新幹線がまだ営業運転を開始する前で、なおかつ、標準軌だったためである。ちなみに名神高速とクロス部分では天王山トンネルがあり、渋滞の名所になっているが、プロ野球で「天王山」と言われる首位攻防戦の語源はここなのだ。 東海道本線との並走区間では貨物列車より速い。貨物列車はEF210形が牽引しているのだが、意外と遅い。連結している貨車に歩調を合わせたのだろう。

P1350124(次は高槻市).JPG

上牧(Kanmaki)を通過し、東海道新幹線と別れ、321系の各駅停車京都行きとすれ違う。貨物列車は“追う立場”になり、特急の勝利。といえども、どちらもダイヤ通りに走っているだけなのだが、乗っている側としては「フレー、フレー、阪急」と言いたくなりそうだ。

高槻市で9300系第2編成の特急河原町行きが到着。ホーム進入時には大阪市営地下鉄10系オリジナル車を彷彿させる電気笛がサクレツ!!

 

P1350132.JPG

10時46分、茨木市3号線に到着。このまま終点梅田まで乗りたい気分だが、向かいの4号線に3300系の準急梅田行きに接続しているものの、これには乗り換えず、10時53分発、5300系の各駅停車梅田行き(5323)に乗り換え。この電車は高槻市始発だったので、そこで乗り換えてもよかったが、特急がロングシートだったら、そうしていただろう。ちなみに京都線はこの日、ロングシート車の運用があった。

P1350131.JPG

茨木市の行先案内板は『ザ・ベストテン』の方式のアレで、意外と健闘している。駅によってはフルカラーLEDと昔ながらの3色LEDを使い分けた行先案内板もある。フルカラーLEDと3色LEDは色調が全然違うので、見ているだけでもわかる。
 
P1350133.JPG

5300系は堺筋線直通対応車の2代目だが、7両編成では乗り入れることはできないものの、車内の木目調化粧板はオリジナルを堅持しており、冷房装置は京阪電気鉄道の“デメキンライト”と似たような回転グリル調のモノがあって、面白い。

P1350136.JPG
 
気になるのはドアとロングシートの間隔が広いこと。3ドアのため、乗降をしやすくしているのだろうが、あと1人分坐れたのではないかと思う。また、ロングシートのドア寄りはカサが引っ掛けられない難点がある。



さて、京都線は南茨木-正雀間に新駅、摂津市を2010年春の予定で誕生させることが2008年10月28日(火曜日)、明らかになった。これによる利便性の向上を願いつつ、10時58分、正雀(Show-jaku)5号線に到着した。ここで特急梅田行き、準急梅田行きの通過待ちを行なう。

各駅停車梅田行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
正雀なし5323なし
 なし5807弱冷車
 なし5857なし
 なし5867なし
 なし5883なし
 なし5907弱冷車
茨木市なし5423なし

続きを読む


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

2008年の汽車旅4-25(JR西日本の電化路線、すべて制す!!) [汽車旅2008]

※「2008年の汽車旅4-1~24」の目次はこちらにクリック!!


◆ゆったりやくもを酷評するおじさん  

13時39分に米子を発車した普通電車新見行きワンマンカーは山陰本線を走り、早々に東山公園へ。ここは米子市民球場の最寄り駅で、プロ野球の試合を開催したこともある。  

伯耆大山(Hohki-Daisen)から伯備線へ入り、雲行きがあやしくなるものの、農作畑を快走する。

P1350031.JPG

車両は115系体質改善車だが、ワンマンカーであるせいか、転換クロスシートには変えず、従来通りのボックスシート&ロングシートのセミクロスシートとなった。また、乗車している最後部車両は中間車を先頭車化改造したもので、乗務員室と客室は完全に仕切られておらず、空調吹き出し口や照明が一体となっている。これは改造費用の削減に努めたためで、フェイスは103系っぽくなっている。223系5500番台に置き換えられた113系3800番台はブサイクフェイスだが、この車両は改善されている。  

さて、私は米子で出会ったおじさんと相席となり、色々と話しかけてくる。向かいのボックスシートに陣取る50代か60代の夫婦にも話しかけ、ムードメーカーの旅人だ。  

そのおじさんの話によると、山陰地方で人気があるのは寝台特急〈サンライズ出雲〉だそうで、JR産の車両というのが大きな理由だという。山陰地方はキハ120系シリーズ、キハ126系シリーズ、キハ187系シリーズがJR西日本産だが、鈍行の多くは国鉄産が使われている。その多くは体質改善工事を受けており、まだまだ活躍を続けてゆく。  

おじさんは国鉄産とJR産及びHOT7000系の気動車について、エンジンの馬力が違うと述べる。おじさんはかなり燃料を消費しているのではないかと持論を展開。私も気動車で運行する特急に燃油サーチャージを上乗せした料金値上げ、または会社自体の運賃が値上げされてもおかしくない。1日も早い架線不要の電車を実用化させるという考えは一致した。おそらく、全車電動車でないと厳しいのではないかと思うが、気動車、ディーゼル機関車、蒸気機関車はエコになるのかという疑問がある。二酸化炭素の排出量は電車より上じゃないかと思うからだ。今すぐというわけにはいかないだろうが、5年先、10年先にはMAX130㎞/hの架線レス電車が走りだすことになると、地球温暖化防止に貢献してくれるはず。宮崎あおいなら、こう言うだろう。

「Train@earth」

 

電車は伯耆溝口(Hohki-Mizoguchi)に到着。ここでエル特急〈やくも11号〉出雲市行きと行き違う。勢いよく通過すると思ったが、単線のせいか、スピード控えめである。  

行き違ったエル特急〈やくも11号〉出雲市行きは6両編成だが、おじさんによると、3両編成のときは速いが、9両編成だと通過するのに時間がかかり、遅れが発生するという(以前は3両編成で運行していた時期がある)。また、エル特急〈やくも〉は山陽新幹線からの乗り換え客が多いという。さらに“ゆったりやくも”を酷評。おじさんによると、居心地がよくないのだそうだ。私は乗ったことがないので、なんとも言えないが、381系を26年使っているのに、リニューアルしているのが気に食わないらしい。記憶にある限り、JR西日本は国鉄特急形車両のリニューアル工事はあっても、体質改善工事はされていない。  

381系は2008年でJR東海所属車は御役御免となり、JR西日本では継続使用されている。平成8年(1996年)に283系が入団したときは将来、エル特急〈くろしお〉と特急〈スーパーくろしお〉を置き換えるものと思われていたが、381系のリニューアルにより、2020年ぐらいまでは活躍するのではないだろうか。

エル特急〈やくも〉は伯備線の電化当初から381系で、グリーン車のパノラマ先頭車化改造により、平成6年(1994年)12月3日(土曜日)に特急〈スーパーやくも〉が誕生したものの、現在はすべてエル特急〈やくも〉に統一されている。これは今まで、特急〈スーパーやくも〉がグリーン車は必ず連結されているのに対し、エル特急〈やくも〉はない場合もあるからだったが、2006年3月18日(土曜日)のダイヤ改正で方針変更。すべてつけることになり、愛称を統一したのである。

◆JR西日本の電化路線、すべて制す!!  

P1350038(次は江尾。Next Ebi).JPG

伯耆溝口を発車すると、進行方向右側は鬼の像が堂々と仁王立ちをしており、まるで桃太郎を待ち構えているようだが、車内は向かい側のボックスシートに坐る夫婦を巻き沿いにして、知らない利用客同士との話で盛り上がる。鉄道好きのおじさんは“レールのつなぎ目は揺れる”と力説。また、おじさんは青春18きっぷを使っているが、ワンマンカーだと運転士は利用日を証明する日付印を押してくれないという。さらに伯備線は天気がイイと大山のぶ代、じゃなかった、大山(Daisen)がよく見えるという。  

江尾(Ebi)付近の進行方向右側では日野川リバーショーが始まり、到着するとアルピニストらが乗車。武庫(Muko)を発車すると、2006年1月24日(火曜日)、保線作業員7人のうち、4人が特急〈スーパーやくも9号〉出雲市行きにはねられた事故が発生した場所を通る。この電車ではおじさんが解説してくれるので、ありがたいことだ。

P1350041(次は根雨).JPG
 
※画像は事故の現場であるという確信を持って撮影したわけではなく、日野川リバーショーの眺めに見とれて撮ったものです。

この事故は先述した通り、2006年1月24日(火曜日)に発生したが、この日は降雪により、ダイヤが遅れていた。伯備線は貨物列車も通っており、行き違い駅が変更となっていた。現場責任者は変更を聞いているはずなのに、カン違いにより、この事故が起こったのではないかとされている。この事故により、作業員7人のうち、4人がはねられ、3人が他界している。福知山線脱線事故から1年もたたない中、重大事故が続いてしまったことになる。  

根雨(Neu)で普通電車米子行きワンマンカーと行き違い、発車すると、岡山カラーのキハ47系がDE10形に牽引されている姿に遭遇。日野川リバーショーは進行方向左側へ変わる。  

黒坂から日野川リバーショーは再び、進行方向右側に戻り、路面は濡れている。どうやら、この先は雨模様を覚悟しなければならないようだ。

P1350044(ただいま上菅).JPG
 
電車は上菅(Kamisuge)に到着。おじさんの情報によると、ここには30㎏レールがあるという。ホームではなく、保線車両を留置するところが30㎏レールで、ホームに敷いているレールはもっと重い。高速車両が頻繁に通る路線だと60㎏を使うのが一般的となっており、左右のレールを見ると、その差は明らか。左側の30㎏レールは細くてひ弱、木の枕木があり、つなぎ目が見えるのに対し、右側のほうはピーンと張って力強さがあり、PC枕木が高速走行を支えている。


 

やがて、“ゆったりやくも”のエル特急〈やくも13号〉出雲市行きと行き違う。いくら振子車両の381系でも思ったほど速くなかったが、通過中、ホームがまるで震度1のような地響きを感じた。エル特急〈やくも〉の鼓動なのだろう。  

14時29分に発車し、電車は生山(Show-Yama)1番のりばに到着。ここでは停車時間が異様に長い。2・3番のりばは誰もおらず、双方向とも赤信号。また、車内の冷房も快適から“寒い”に変わってゆく。  

おじさんによると、生山の停車時間は長いというが、行き違いや通過待ちのないまま、14時56分に発車。下石見信号場を通過すると、雨が降ってきた。もしかしたら、電車は雨を追跡していたのかもしれない。やたらとカーブが多く、右に左にクネクネ曲がる。  

上石見に到着し、伯備線で標高が高い駅らしい。そして、雨は激しくなってしまった。運転士は停車時間について、放送ではなにも語らず、言ってくれれば下車して旅行貯金ができただろう。

 

激しい雨の中、エル特急〈やくも20号〉岡山行きの通過待ち。4両編成だが、前から6・5・4・1号車の順で、2・3号車は連結されていない。また、4号車は“スーパーやくも色”が混結されており、これはJR西日本の“お得意分野”である。意外なことに塗装は変わっても、方向幕は国鉄時代のままだ。

この通過待ちには疑問があり、手前の生山の停車時間が長ければ、接続できるのではないかと思うが、エル特急〈やくも〉は29・2号を除き、根雨と生山は交互停車となっている。先ほどのエル特急〈やくも20号〉岡山行きは根雨には停まるものの、生山は通過するのである。つまり、根雨と生山はほぼ2時間おきにエル特急〈やくも〉が停まるのだ。

P1350055(ただいま新郷).JPG

 

ようやく上石見を発車し、雨がやみ、クネクネ曲がって下り坂の途中、新郷(Ni-izato)に到着。雨が降った痕跡はまったくなく、カーブや勾配は険しく、よくぞ、ここに駅を設置できたものだが、ここではエル特急〈やくも15号〉出雲市行きと行き違う。さすがの振子車両も登り坂の曲線走行は苦しい様子。キハ181系時代だと、ディーゼルエンジン全開で気力をふりしぼりながら、駆け抜けていただろう。

P1350058.JPG

車内に戻り、ふと、見上げると、ドアとドアのあいだの網棚は2分割されていることに気づいた。なぜ、そうなっているのはわからないが、見ていて面白い。

P1350060(ただいま備中神代).JPG
 
発車すると、晴れマが見え、おじさんと隣りの夫婦は大山について熱く語り、進行方向右側から芸備線と合流し、備中神代(Bicchu-Kohjiro)1番のりばに到着。これで伯備線全線完乗を達成した。これにより、JR西日本の電化路線にはすべて全線完乗し、残るは非電化路線3つだけとなった。これにて、今回の旅のもう1つの目的である“中国大陸縦断”は終わったが、旅はまだまだ続く。


◆おじさんは神出鬼没?!  

電車は布原を通過。市販の時刻表で伯備線のページをめくると、布原に停車する電車は1本もない。かつて、JR北海道函館本線の張碓の晩年は臨時駅となり、列車は1本も停車しなかったことを思い出すが、布原はそうではない。  

実はこの駅、停車するのは電車ではなく、気動車なのだ。 なぜならば、ホームは1両分しかないためで、伯備線の電車は最低2両で運行するからである。そして、備中神代で芸備線と合流するが、路線はここで終わっても、たった1両の列車は伯備線に乗り入れ、新見まで足を伸ばすのだ。それでも布原に停まるのは下り5本、上り6本(土休は5本)だけ(2008年3月15日ダイヤ改正時点)。ちなみに昔は伯備線の鈍行客車が停まっていることもあったという。しかし、ホームが短いため、ドアが開かない車両が多かった。

P1350064(ただいま新見).JPG
 
15時48分、終点新見4番のりばに到着。向かいの3番のりばは普通電車備中片上行きが発車を待っているが、なんと、湘南色!! おじさんと俺はガッカリ。もっとも、私は新見で一旦下車することを決めていたので、次の電車に賭けてみよう。

P1350072.JPG
 
新見を下車し、千屋(Chiya)ダムにつながり、貯まった水を流すときにサイレンが鳴るという、高梁川(Takahashi Liver)を渡ったところにある新見郵便局でこの日、最後の旅行貯金。

新見郵便局



P1350075(ただいま新見).JPG

急いで戻ると、3番のりばは213系の回送、4番のりばはエル特急〈やくも17号〉出雲市行きが発車。そのあと、4番のりばの倉敷寄りから普通電車姫路行き(クハ115-1139:体質改善車)が入線。願いがかない、転換クロスシート装備の体質改善車がやって来た。

P1350076(ただいま新見).JPG
 
車番をチェックし、発車時刻が近づいたので、後方の車両に乗り込み、乗車している先頭車に戻る途中、前から2両目の車両にあのおじさんと御夫妻が乗り込んでいて、ビックリ。おじさんも普通電車姫路行きは転換クロスシート装備の体質改善車であることを信じていたのだ。国鉄車両を愛する方には申し訳ないけど、私もおじさんも湘南色に対する想いや郷愁はないのである。

 

16時15分に発車し、石蟹(Ishiga)-井倉間は複線だが、井倉を発車したあと、単線に戻って、広石信号場で止まり、普通電車新見行きと行き違う。そのあと、高梁川リバーショーは進行方向左側から右側へ移り、速度を大幅に落として通過するなど、難所だらけだ。

 

備中川面(Bicchu-Kawamo)で“ゆったりやくも”のエル特急〈やくも19号〉出雲市行きと行き違い。動画撮影終了後、車内に戻ろうとしたら、ドアが閉まり、動いてしまった。背筋が凍るほどあわててしまったが、運転士が気づいて、すぐに止まり、車内に戻ることができた。乗務員の情けに感謝ではあるが、私自身が情けない。投手に例えるなら、痛恨の失点である。

◆やっぱりダイヤにゆとりのないJR西日本  

P1350086(ただいま備中高梁).JPG

電車は備中高梁(Bicchu-Takahashi)3番のりばに到着。向かい2番のりばには始発の湘南色、普通電車三石行き(Local for Mitsuishi)が発車を待っているものの、誰も乗っていない。それもそのはず、三石まで、この電車が先に到着するのだ。それにしても、岡山地区に湘南色がまだ残っているというのは意外な気がする。JR西日本を利用するレールファンではない利用客は、湘南色と転換クロスシート装備の体質改善車、どちらを好む?

P1350089.JPG
 
備中高梁から複線となり、カーブはゆるやかになって、快走。美袋(Minagi)で7分停車。ICOCAが使える無人駅用(?)の自動改札機を素通りして下車し、コンビニ等を探すものの、周辺にはなく、深入りすると乗り遅れる可能性があるので、晩メシの購入はしばらくお預けが確定。実は新見に食料が買えるお店があったのだが、買うのを忘れてしまったのだ。

 

車内に戻ると、“ゆったりやくも”のエル特急〈やくも22号〉岡山行きが通過。今まで、行き違いや通過待ちのエル特急〈やくも〉を見ていると、道の険しさから思ったほどスピードは出なかったが、ここでは特急らしく、気分爽快に駆け抜けていく。
 
普通電車姫路行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
姫路なしクハ115-1139体質改善車
 なしモハ115-1084体質改善車
 なしモハ114-1148体質改善車
新見なしクハ115-1068体質改善車、弱冷車

17時17分に発車し、東総社を過ぎると、高梁川と別れ、街に変わると総社へ。総社線からの乗り換え客が多いのかどうかは定かではないが、大量乗車があり、立客が発生。ドアが閉まったあと、第3セクター、井原(Ibara)鉄道井原線の気動車が到着したが、次の清音で乗り換え客が待っている。なぜならば、総社-清音間は井原線と共用しているからだ。

P1350093まもなく倉敷.JPG
 
山陽新幹線をくぐり、高梁川リバーショーは完全に終了し、水島臨海鉄道水島本線〔倉敷市駅〕のベテラン気動車が頑張っている姿を見届け、17時40分、倉敷に到着。ここから山陽本線に入り、帰宅ラッシュが本格化した。  

17時59分、岡山4番のりばに到着。半数は降りたが、ホームで待つ人は倍以上で、ホームは長蛇の列!! もう乗れないとあきらめたのか、ホームは数人、次の電車を待つことにした。  

夕ラッシュ激化で18時01分に発車し、岡山県内の駅で終わり、再びガラガラになるかと思いきや、そうでもなく、三石を発車しても混みあっている。意外にも通勤客ではなく、高校生の姿が多いのだ。  

いよいよ関西に戻り、有年(Une)で223系2000番台の普通電車上郡行きとすれ違い、相生3番のりばに到着。乗車率はほんの少しだけ減り、2番のりばでは播州赤穂からの新快速京都方面野洲行きを待つ利用客がいた。坐れる確率は高いが、相生と姫路の停車時間が長い難点がある。この電車に乗ったほうが加古川から先の新快速停車駅は15分早くなるが、電車は少々遅れが発生していた。

P1350098.JPG
 
竜野(Tatsuno)でカマキリが網干までへばりつき、英賀保(Agaho)ではオール223系1000番第12両編成の新快速播州赤穂行きに遭遇。1~8号車はほぼ満席、9~12号車は網干止まりのため、ガラガラだった。  

19時30分、定刻より4分遅れで終点姫路5番のりばに到着。向かいの6番のりばで乗り換えるはずの新快速米原行きがいない!! すでに定刻通りに発車したのだ。これはどういうことだ。なぜ待たない。首都圏は少々遅れてもキッチリ接続をとるのだ。こういう姿勢は困ったもので、サービス業の基本を放棄している。また、車掌も遅れて終点姫路に到着し、新快速米原行きに接続をとらないのであれば、相生到着時に案内しなければならない。そうすれば、姫路5・6番のりばで騒然とするほど混みあうことはなかっただろう。  

帰宅後、JR西日本にクレームを出したところ、このような回答をいただいている。

「お客様には不愉快な思いをおかけし、ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。

姫路駅での大阪方面への接続につきましては、早朝や最終間近などの一部列車を除きましては、運転本数が比較的多く設定されていることと、新快速電車をご利用されるお客様が多くおられること、新快速電車も各ターミナル駅で待ち合わせしている列車があり僅少な遅れでありましても各列車・各線区に遅れが波及することなどから接続を行なっておりません。

列車に遅れが発生した場合は、お客様のご利用状況や他の列車への影響・運転状況などを総合的に判断して、全体的なお客様へのご迷惑が最小限となるように努めております。

今後も、早期ダイヤ復旧に努めて参りますので何卒ご理解を賜りますようにお願いいたします」  

この回答では途中駅の各駅停車接続を優先しているようで、気分が悪い。首都圏ではダイヤを犠牲にしてでも接続を重視する。下りの快速〈ムーンライトながら〉大垣行きも他線が遅れている場合、それに付き合い、お客様を待つ。他社の遅れでも乗ってくる人のために待つのだ。そのため、下り便の遅れは日常茶飯事的になっている。  

JR西日本は福知山線の脱線事故以来、“ゆとりダイヤ”に取り組んだはず。首都圏もゆとりのないダイヤかもしれないが、殺伐な中にも“遅れてでも接続をとる”という策をとっていることが多い。これが“「お客様重視」という名の真のゆとりダイヤ”ではないだろうか。また、他社線などで終電の接続を行なわない場合、ちゃんと貼り紙等で案内をしている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

観客動員数195日連続1日4ケタで、合計81萬人突破!! そして、皆様に3度目の告白 [公式執筆記録-私の作品-]

記事数:635|nice!:2,437|総閲覧数:今日:1951/累計:810,921|読者数:34
アクセスランキング:228位

P1350026.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2008年11月5日(水曜日)で観客動員数は81萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆2008年の汽車旅4シリーズ目次一覧(御覧になっていない記事がございましたら、URLにクリックして下さい)

・2008年の汽車旅4-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-11

・2008年の汽車旅4-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-13

・2008年の汽車旅4-3(山陽新幹線0系フォーエヴァー-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-14

・2008年の汽車旅4-4
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-17

・2008年の汽車旅4-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-18

・2008年の汽車旅4-6
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-20

・2008年の汽車旅4-7
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-21

・2008年の汽車旅4-8(JR九州完全制覇達成!!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-22

・2008年の汽車旅4-9(Railway Blog第600回記念、東国原知事に会う)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-27

・2008年の汽車旅4-10
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-29

・2008年の汽車旅4-11
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-04

・2008年の汽車旅4-12
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-07

・2008年の汽車旅4-13
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-09

・2008年の汽車旅4-14
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-12

・2008年の汽車旅4-15
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-15

・2008年の汽車旅4-16
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-16

・2008年の汽車旅4-17(山陽新幹線0系フォーエヴァー-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-18

・2008年の汽車旅4-18
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-20

・2008年の汽車旅4-19
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-21

・2008年の汽車旅4-20
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-25

・2008年の汽車旅4-21
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-26

・2008年の汽車旅4-22
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-28

・2008年の汽車旅4-23
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-30

・2008年の汽車旅4-24
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-31

◆アノ人はなぜハマル?  

『Unow?』のリニューアルにより、好評の「モハよう著者から20の質問」は「アノ人はなぜハマル?」に変わり、私が作成した質問43が公開されました。今回の質問は車両に関することになっております。

なお、質問の回答には会員登録が必要となりますので、あらかじめ、御承知おき下さい。また、11月末までの公開予定となっております。

くわしくは備考①~④を御覧下さい。

◆世界の国旗クイズ

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。  

さて、第7問はこちらです。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第7問


さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数82萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(次に進めません)。

◆観客動員数80萬人から81萬人へのあしあと

・2008年11月1日(土曜日)…80萬1000人突破

・2008年11月1日(土曜日)…80萬2000人突破

・2008年11月2日(日曜日)…80萬3000人突破

・2008年11月2日(日曜日)…80萬4000人突破

・2008年11月2日(日曜日)…80萬5000人突破

・2008年11月3日(月曜日・文化の日)…80萬6000人突破

・2008年11月3日(月曜日・文化の日)…80萬7000人突破

・2008年11月4日(火曜日)…80萬8000人突破

・2008年11月5日(水曜日)…80萬9000人突破

・2008年11月5日(水曜日)…81萬人突破!!

◆皆様に3度目の告白  

前回の告白は悲壮感の漂うもので、御心配をおかけし、激励のコメントをいただき、ありがとうございました。今回の告白に悲壮感はありませんので、御安心を。  

実は12月より、苫小牧鉄道新聞第24号において、初めての連載が始まります。  

この苫小牧鉄道新聞は今年創刊された地方新聞で、週1回のペースで発行しており、今回の連載は創刊以来、初の外部ライターの起用となります。  

初の連載は『蝦夷路快速』というもので、名の由来はアーバンネットワークエリアにお住まいの方なら、ピンとくるでしょうが、タイトルは自分でつけました。ほかに北海道にちなんで、『岸田法眼の青春本線』、『大自然の自然体』を用意しました。前者は10分ぐらい考え、後者と『蝦夷路快速』は適当っつーか、ひらめきですね。  

内容は道央圏にまつわる列車や旅の話になりますが、現在、「道央圏」はどこからどこまでなのかを調べているところです。少なくとも、札幌、小樽、新千歳空港、旭川は確実でしょう。また、道央自動車道の区間も道央圏に入るでしょうね。ただ、1回の字数が決まっているため、“1話完結になるのはまれになるだろう”と思っています。  

なお、苫小牧鉄道新聞はA4サイズ1枚になります。また、バックナンバーも取り扱っているそうです。さらにインターネット購読もできます。

苫小牧鉄道新聞のホームページにサンプルがございますので、御覧下さい。そして、御購読のほうをよろしくお願いします。くわしくは苫小牧鉄道新聞のホームページを御覧下さい。

今後は仕事を増やし、頂点かつ時代の寵児(Choji)になりたい願望はありますが、そう呼ばれる人間の8割ぐらいは結末が決まっているだけに、常に気を引き締めなければなりません。私はどこかで事業を行なうつもりはないんですけどね。

くわしくは備考⑤⑥を御覧下さい。

P1340770.JPG


次回は大変長らくお待たせしました。「2008年の汽車旅4」シリーズを再開する予定です。

★備考

①『Unow?』はこちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』は
こちらにクリック!!

③『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』はこちらにクリック!!

④『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43は
こちらにクリック!!



⑤苫小牧鉄道新聞ホームページはこちらにクリック!!

⑥苫小牧鉄道新聞のプレスリリースはこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年11月も2者択一サイト、『Unow?』で、「アノ人はなぜハマル?(モハよう著者からの20の質問)」が公開されており、質問28・33・39・43で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!



⑥『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43はこちらにクリック!!



※②~⑥は2008年11月30日(日曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

Railway Talk 2008年10月 [INDEX]

今回は『岸田法眼とRailway Talk.』の2008年10月にお寄せいただきました“おたより”を御紹介します。まるでラジオ番組みたいですね。

なお、お寄せいただいた画像はここでは載せません。『岸田法眼とRailway Talk.』で御覧下さい(投稿された方の肖像権を尊重するため)。また、1000件を越えると、古い順から更新されますので、あらかじめ御了承下さい(この企画は永久に残すために掲載しております)。

◆あれれ?
投稿者:住吉人様
http://sumiyoshi-rw.hp.infoseek.co.jp/
投稿日:2008年10月13日(月曜日・体育の日)17時45分34秒

こんにちは。

近鉄電車中吊広告を見ますと…、あれれ?。

なんで近鉄百貨店が『読売ジャイアンツ優勝おめでとうセール』を行なうのでしょうね~(大笑)。

パ・リーグのクライマックスシリーズは敗退しましたが、オリックスバファローズが絡んでいるなら話は判りますが。 来年以降、阪神との相互乗り入れが始まるとどうなるのか気がかりです。

☆岸田法眼の返信

こんばんは、どうもありがとうございます。

かつて日本シリーズで巨人と戦った近鉄がまさか、優勝セールをやるとは驚いちゃいますね。

オリックスバファローズは合併球団ですが、実は2007年で近鉄は当初の予定通り、出資を終えました関係で、プロ野球との縁を切りました。ですから、巨人の優勝セールが開催できたのでしょう。

2009年も巨人の優勝セールを近鉄百貨店で開催した場合、電車の中吊り広告は阪神なんば線などに流れてくるかもしれませんね。

今シーズンはメークレジェンドという歴史的な出来事がありましたが、逆ギレするタイガースファンもいるようですね。優勝を逃して悔しいのは3位以降も同じですし、悔しくても相手の栄誉をたたえることも大切です(G党の私でも昨年の中日、53年ぶりの日本一は嬉しく、感激しました)。

P1340822.JPG

皆様、いかがでしたか。ブログの記事は毎日更新できませんので、ぜひ、『岸田法眼とRailway Talk.』を御利用下さい。お待ちしております。

①『岸田法眼とRailway Talk.』は
こちらにクリック!!

②初めて御利用になられる方は
こちらにクリックして下さい

◆世界の国旗クイズ  

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。  

さて、第7問はこちらです。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第7問

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数81萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(次に進めません)。

さて、「2008年の汽車旅4-25」は都合により、11月7日(金曜日)以降の予定です。しばらくお待ち下さい。

今後とも、末永い御愛顧、よろしくお願いします。



ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年10月も2者択一サイト、『Unow?』で、「モハよう著者からの20の質問」が公開されており、質問28・33・39で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!

※②~⑤は2008年10月31日(金曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



タグ:Railway Talk.

INDEX 2008年10月-2008年10月もすべて、観客動員数1日4ケタ!!- [INDEX]

今回は2008年10月に掲載した記事を御紹介します。

もう1度、御覧になりたい記事がございましたら、クリックして下さいね。

それでは2008年10月に掲載した記事の一覧です。

P1340626.JPG
 
◆10月1日(水曜日)
INDEX 2008年9月-2008年9月もすべて、観客動員数1日4ケタ!!-
(INDEX)

◆10月2日(木曜日)
『アキレスと亀』を見ましたか? 観客動員数161日連続1日4ケタで、合計72萬人突破!!
(INFOMATION)

◆10月3日(金曜日)
Railway Talk 2008年9月
(INDEX)

◆10月4日(土曜日)
2008年の汽車旅4-11
(汽車旅2008)

◆10月5日(日曜日)
観客動員数164日連続1日4ケタで、合計73萬人突破!! そして、皆様に2回目の告白
(INFOMATION)

◆10月7日(火曜日)
2008年の汽車旅4-12
(汽車旅2008)

◆10月9日(木曜日)
2008年の汽車旅4-13
(汽車旅2008)

◆10月10日(金曜日)
メークレジェンドへ一直線!! 
観客動員数169日連続1日4ケタで、合計74萬人突破!!
(公式執筆記録-私の作品-)

P1280720メークレジェンド.JPG

◆10月11日(土曜日)
予定を変更して緊急記事、メェークレジェンドォーン!! 
巨人、18年ぶりのセリーグ連覇!!
(鉄道評論)

◆10月12日(日曜日)
2008年の汽車旅4-14
(汽車旅2008)

◆10月13日(月曜日・体育の日)
第15回鉄道フェスティバルへ!! 
観客動員数172日連続1日4ケタで、合計75萬人突破!!

(汽車旅2008番外編)

◆10月14日(火曜日・鉄道の日)
鉄道の日と観客動員数75萬人突破記念、大ヒット記事ランキング発表!!
(INFOMATION)

◆10月15日(水曜日)
2008年の汽車旅4-15
(汽車旅2008)

◆10月16日(木曜日)
2008年の汽車旅4-16
(汽車旅2008)

◆10月17日(金曜日)
観客動員数176日連続1日4ケタで、合計76萬人突破!!
(INFOMATION)

◆10月18日(土曜日)
2008年の汽車旅4-17(山陽新幹線0系フォーエヴァー-後編-)
(汽車旅2008)

◆10月19日(日曜日)
ついに中之島線が開幕!! 
観客動員数178日連続1日4ケタで、合計77萬人突破!!
(INFOMATION)

◆10月20日(月曜日)
2008年の汽車旅4-18
(汽車旅2008)

P1340655.JPG

◆10月21日(火曜日)
2008年の汽車旅4-19
(汽車旅2008)

◆10月23日(木曜日)
国民的時代劇、まさかの視聴率ひとケタ!!
観客動員数182日連続1日4ケタで、合計78萬人突破!!
(INFOMATION)

◆10月24日(金曜日)
観客動員数78萬人突破記念、自宅で倒れてから闘病生活阻止までの2週間
(波瀾万丈伝)

◆10月25日(土曜日)
2008年の汽車旅4-20
(汽車旅2008)

◆10月26日(日曜日)
2008年の汽車旅4-21
(汽車旅2008)

◆10月27日(月曜日)
巨人、日本シリーズ出場決定!!
観客動員数186日連続1日4ケタで、合計79萬人突破!!
(INFOMATION)

◆10月28日(火曜日)
2008年の汽車旅4-22
(汽車旅2008)

◆10月30日(木曜日)
2008年の汽車旅4-23(水木しげるロードを歩く)
(汽車旅2008)

◆10月31日(金曜日)
2008年の汽車旅4-24
(汽車旅2008)

P1340593.JPG

次に2008年8月の観客動員数一覧です(カッコ内は実際に訪れた人数。つまり、1日2回以上アクセスしている方が多いということになる)。

・10月1日(水曜日)…2691人(405人)

・10月2日(木曜日)…3089人(428人)

・10月3日(金曜日)…2344人(408人)

・10月4日(土曜日)…2639人(437人)

・10月5日(日曜日)…2575人(521人)

・10月6日(月曜日)…2305人(404人)

・10月7日(火曜日)…2340人(464人)

・10月8日(水曜日)…2039人(396人)

・10月9日(木曜日)…2929人(456人)

・10月10日(金曜日)…2640人(428人)

P1350605a.JPG

・10月11日(土曜日)…2923人(511人)

・10月12日(日曜日)…3494人(480人)

・10月13日(月曜日・体育の日)…3003人(529人)

・10月14日(火曜日)…2661人(463人)

・10月15日(水曜日)…2609人(466人)

・10月16日(木曜日)…2607人(470人)

・10月17日(金曜日)…4695人(487人)

・10月18日(土曜日)…3030人(498人)

・10月19日(日曜日)…2799人(559人)

・10月20日(月曜日)…2400人(480人)

P1350612.JPG

・10月21日(火曜日)…2584人(505人)

・10月22日(水曜日)…2312人(443人)

・10月23日(木曜日)…2224人(465人)

・10月24日(金曜日)…2918人(431人)

・10月25日(土曜日)…2294人(483人)

・10月26日(日曜日)…2585人(503人)

・10月27日(月曜日)…2160人(476人)

・10月28日(火曜日)…2138人(464人)

・10月29日(水曜日)…2025人(446人)

・10月30日(木曜日)…2018人(415人)

・10月31日(金曜日)…1970人(431人)

◆世界の国旗クイズ  

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。  

さて、第7問はこちらです。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第7問

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数81萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(次に進めません)。

P1350590.JPG

さて、「2008年の汽車旅4-25」は都合により、11月6日(木曜日)以降の予定です。しばらくお待ち下さい。

今後とも、末永い御愛顧、よろしくお願いします。



ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年10月も2者択一サイト、『Unow?』で、「モハよう著者からの20の質問」が公開されており、質問28・33・39で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!

※②~⑤は2008年10月31日(金曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



タグ:INDEX

第16回コメンテーターランキング発表!! [INFORMATION]

今回は “ツキイチ恒例”のコメンテーターランキングです。

これは日頃の御愛顧を感謝する企画で、“タイトル争い”とカン違いされぬよう、お願いいたします。また、Railway Talkの投稿数も合わせて御紹介いたします。ちなみに今回の月間集計は2008年9月30日(金曜日)から11月1日(土曜日)までです。  

それでは発表です。

P1350007.JPG

第2位:オーミヤ様…112回

第3位:サットン様…100回

第4位:UZ様…93回

第5位:住吉人様…88回(Railway Blog69回、Railway Talk19回)

第6位:しおつ様…87回(Railway Blog86回、Railway Talk1回)

第7位:masaking様…82回(Railway Blog 60回、Railway Talk22回)

第8位:kikuzou様…80回

第9位:☆秋詠琴音☆様…80回

第10位:鉄道美術館館長♪様…58回

P1340848.JPG

第11位:トータン様…53回

第12位:schnitzer様…46回

第13位:ネオ・アッキー様、Sanohpy様…44回

第14位:HIROOUJI様(旧名、HIRO様)…39回

第15位:む~さん様…32回

第16位:うたに様…30回

第17位:sirokuma様…23回

第18位:zba03198様…22回

第19位:MAKIKYU様…20回

第20位:ひでくん様…17回

P1340768.JPG

第21位:あーちゃん&父様…11回

第22位:makoto様…10回

第23位:袋田の住職様、えびた様…9回

第24位:みゆき生け花教室様(Railway Blog 7回、Railway Talk1回)、ofil425様…8回

第25位:はなまる鉄道様、keitai様、るる様…7回

第26位:undo様、吉田一紀様、浩然斎様、PochiPapa様… 6回

第27位:だいごまん様、yas様、yokohamachuo様…5回

第28位:liu-gotoo様、mattoh様、red star様、飛騨の忍者 ぼぼ影様、K2様、haru様、下総弾正くま様…4回  

第29位:お名前割愛15名様…3回  

第30位:お名前割愛24名様…2回
 
第31位:お名前割愛77名様…1回

P1340875.JPG

なお、第1位は誰とは言えませんが、1463回(Railway Blog1462回、Railway Talk1回)です。また、コメント10回以上でRSS登録いたします(公序良俗に反するもの、不適切な表現を使っているものは除く)。

◆世界の国旗クイズ  

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。  

さて、第7問はこちらです。これはどこの国旗でしょうか?

P1320454.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数81萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。また、コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(次に進めません)。

P1350028.JPG

さて、「2008年の汽車旅4-25」は都合により、11月6日(木曜日)以降の予定です。しばらくお待ち下さい。

今後とも御愛顧、よろしくお願いします。


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年10月も2者択一サイト、『Unow?』で、「モハよう著者からの20の質問」が公開されており、質問28・33・39で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!

※②~⑤は2008年10月31日(金曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



観客動員数80萬人突破記念、大ヒット記事ランキング発表!! [INFORMATION]

P1350740.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2008年10月31日(日曜日)、観客動員数は80萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

今回は大ヒット記事ランキングを発表いたします(2008年11月1日23時に集計)。これはso-net blogの管理画面にある閲覧数をもとに作成したもので、「1000へぇー」以上を“大ヒット記事”とみなします。

それでは発表です!!

P1340752.JPG

第81位:第7回みんな集まれ! ふれあい鉄道フェスティバル…1003へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-12

第80位:悲運、不運の車両-東京地下鉄06系・07系-…1011へぇー(8nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-07-27

第79位:583系備考一覧…1018 へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-29

第78位:2006年の汽車旅6-中編-…1033へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-08-13

第77位:JR東日本415系鋼製車フォーエヴァーTHE LAST RUN.…1045へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-03-18

第76位:2008年3月15日(土曜日)、JR線ダイヤ改正情報-前編-…1045へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-21

第75位:臨時電車〈隅田川花火号〉浅草行き2007…1061へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-29

第74位:東京急行電鉄2代目7000系試乗…1062へぇー(17nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-02-10

第73位:2007年の汽車旅2-4(西日本鉄道宮地岳線フォーエヴァー)…1068へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-03-12

第72位:銀座線日和…1069へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-04

第71位:臨時特急〈懐かしの特急あずさ2号〉松本行き…1076へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-02-11

第70位:221系備考一覧…1093へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-15

P1340851.JPG

第69位:ライナー〈TJライナー1号〉森林公園行き…1102へぇー(6nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-07-12

第68位:東京地下鉄有楽町線新線フォーエヴァー-副都心線開業に向けて-…1111へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-05-06

第67位:東海道新幹線100系フォーエヴァー①…1140へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-10-20

第66位:JR東日本常磐線特別快速…1147 へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-11-24

第65位:10系備考一覧…1172へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-03

第64位:まだまだ1800系2007Ⅱ(日光線臨時快速-後編-)…1187へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-02

第63位:イーハー東武誕生&半蔵門線延伸…1192へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-07-23

第62位:2007年の汽車旅1-2(くりはら田園鉄道フォーエヴァー)…1214へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-21

第61位:臨時電車〈三社祭号〉浅草行き…1226へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-21

第60位:2003年の汽車旅5-1(221系新快速リターンズ2003)…1231へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-10-21

P1340825.JPG

第59位:2002年の汽車旅9-11(特急〈はつかり〉〈スーパーはつかり〉フォーエヴァー)…1231へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-08-25

第58位:2003年の汽車旅5-3(東海道新幹線100系フォーエヴァー②前編)…1240へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-10-28

第57位:JR東日本常磐線E231系快速デビュー!!…1241へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-02-18

第56位:2006年の汽車旅9-3(221系新快速リターンズ2006)…1242へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-24

第55位:2008年の汽車旅1-2(JR西日本223系6000番台試乗)…1266へぇー(12nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-03-10

第54位:2008年3月15日(土曜日)、JR線ダイヤ改正情報-後編-…1275へぇー(5nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-22

第53位:準急浅草発フォーエヴァー…1293へぇー (niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-03-18

第52位:観客動員数20萬人、300nice!突破記念、大ヒット記事ランキング発表!!…1316へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-28

第51位:臨時特急〈尾瀬夜行23:55〉会津高原尾瀬口行き…1375へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-13

第50位:第3回つくばエクスプレスまつり…1382へぇー(11nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-04

P1340939.JPG

第49位:2006年の汽車旅5-中編-…1387へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-04-09

第48位:観客動員数49萬人突破記念、東京地下鉄副都心線開幕戦!!…1399へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-06-16

第47位:急行〈東海〉フォーエヴァー… 1432へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-14

第46位:東武鉄道1800系通勤形改造車に乗る…1471へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-19

第45位:2007年の汽車旅2-3(山陽新幹線まだまだ0系)…1479へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-03-11

第44位:JR四国乗車記録表…1481へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-22

第43位:東京地下鉄半蔵門線渋谷駅フォーエヴァー…1486へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-02

第42位:中央線201系フォーエヴァー…1516へぇー(15nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-02-05

第41位:臨時快速急行〈丹沢もみじ号〉綾瀬行き(小田急電鉄4000形試乗)…1534へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-06

第40位:注目の東京急行電鉄大井町線…1545へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-02-13

P1340952.JPG

第39位:急行武蔵小杉行き(ワンマン運転)…1585へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-10-08

第38位:通勤快速青梅行き…1593へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-07

第37位:鉄道の好きな人を『レールファン』と言うのに、どうして変人的な表現でしか呼ばれないのか?-前編-…1646 へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-28

第36位:東海道新幹線100系フォーエヴァー③…1651へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-25

第35位:『岸田法眼とRailway Talk.』誕生!!…1673へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-19

第34位:東海道新幹線100系フォーエヴァー④…1679へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-26

第33位:寝台急行〈銀河〉フォーエヴァーTHE LAST RUN.…1692へぇー(19nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-03-15

第32位:寝台特急〈出雲〉フォーエヴァー…1700へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-03-17

第31位:東武ファンフェスタ2007(まだまだ1800系2007Ⅲ)…1762へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-27

第30位:多摩モノレール基地見学会2006…1778へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-05

P1340921.JPG

 第29位:首都圏新都市鉄道-前編-…1782へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-12-07

第28位:2002年の汽車旅5(大阪市交通局10系スペシャル) …1854へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-03-03

第27位:元旦終夜運転2007…1897へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-01

第26位:悲運、不運の車両-東武鉄道30000系-…1935へぇー(12nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-01-29

第25位:鹿島鉄道フォーエヴァー-前編-…1984へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-03

第24位:JR東日本415系鋼製車フォーエヴァー…2031へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-10

第23位:臨時急行〈リバイバル急行8000系号〉元町・中華街行き…2038へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-01

第22位:臨時電車(渋谷から臨時急行)〈フラワーエクスプレス号〉長津田行き-前編-…2079へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-05-04

第21位:臨時特急〈さようなら8000系号〉(東京急行電鉄8000系東横線フォーエヴァー)…2079へぇー(12nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-01-15

第20位:JR東海N700系開幕戦…2093へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-02

P1350735.JPG

第19位:JR東日本E231系グリーン車試乗…2095へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-12-24

第18位:臨時電車〈フラワーエクスプレス号〉太田行き…2149へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-11-22

第17位:2007年の汽車旅4-5…2163へぇー(5nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-16

第16位:2003年の汽車旅8-前編-(東海道新幹線100系フォーエヴァーTHE LAST RUN)…2207へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-03

第15位:暴れん坊583系2006(臨時特急〈ふるさとゴロンと号〉青森行き)…2225へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-30

第14位:臨時電車〈隅田川花火号〉浅草行き2006…2291へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-07-30

第13位:JR東日本E233系試乗…2302へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-19

第12位:まだまだ1800系2007(日光線臨時快速-前編-)…2639へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-01

第11位:臨時特急〈懐かしのはくたか号〉(団体電車) …2667へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-17

第10位:新型車両10000系車両撮影会…2696へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-09-30

P1340777.JPG

第9位:221系新快速リターンズ総集編…2895へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-31

第8位:特急〈(ワイドビュー)東海〉フォーエヴァー…3042へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-17

第7位:JR東海N700系オープン戦…3218 へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-16

第6位:東北新幹線開業25周年…3533へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-23

第5位:さようなら東西線5000系車両撮影会&工場見学会(東京地下鉄東西線5000系フォーエヴァー)…4147へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-28

第4位:東武ファンフェスタ2006…4259へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-20

第3位:JR東日本E501系上野フォーエヴァー…4961へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-26

第2位:JR東日本E531系グリーン車試乗…6243へぇー(5nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-25

第1位:特急〈スペーシアきぬがわ3号〉鬼怒川温泉行き…11242へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-06-23

◆世界の国旗クイズ  

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。  

さて、第7問はこちらです。これはどこの国旗でしょうか?

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数81萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。また、コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(次に進めません)。

P1350026.JPG

今後とも、末永い御愛顧、よろしくお願いします。

★備考

so-net blogの『「管理ページ」にある「閲覧数」「総閲覧数」について詳しく教えてください』はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年10月も2者択一サイト、『Unow?』で、「モハよう著者からの20の質問」が公開されており、質問28・33・39で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!

※②~⑤は2008年10月31日(金曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

いよいよ日本シリーズ!! 観客動員数191日連続1日4ケタで、合計80萬人突破!! [INFORMATION]

P1350740.JPG


毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2008年10月31日(金曜日)で観客動員数は80萬人を突破しました。また、この日、1日の観客動員数が2000人以上は42日連続でストップとなりましたが、いつもお越しいただき、ありがとうございます。

◆2008年の汽車旅4シリーズ目次一覧(御覧になっていない記事がございましたら、URLにクリックして下さい)

・2008年の汽車旅4-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-11

・2008年の汽車旅4-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-13

・2008年の汽車旅4-3(山陽新幹線0系フォーエヴァー-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-14

・2008年の汽車旅4-4
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-17

・2008年の汽車旅4-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-18

・2008年の汽車旅4-6
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-20

・2008年の汽車旅4-7
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-21

・2008年の汽車旅4-8(JR九州完全制覇達成!!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-22

・2008年の汽車旅4-9(Railway Blog第600回記念、東国原知事に会う)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-27

・2008年の汽車旅4-10
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-29

・2008年の汽車旅4-11
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-04

・2008年の汽車旅4-12
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-07

・2008年の汽車旅4-13
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-09

・2008年の汽車旅4-14
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-12

・2008年の汽車旅4-15
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-15

・2008年の汽車旅4-16
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-16

・2008年の汽車旅4-17(山陽新幹線0系フォーエヴァー-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-18

・2008年の汽車旅4-18
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-20

・2008年の汽車旅4-19
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-21

・2008年の汽車旅4-20
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-25

・2008年の汽車旅4-21
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-26

・2008年の汽車旅4-22
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-28

・2008年の汽車旅4-23
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-30

・2008年の汽車旅4-24
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-10-31

◆いよいよ、日本シリーズ  

6年ぶりの日本シリーズ出場を果たした巨人は西武ライオンズと対戦いたします。西鉄ライオンズ時代から、苦戦をしいられているこの決戦ですが、巨人は上原投手、西武ライオンズは涌井投手の先発が予想されます。  

どちらも打棒のチームという印象がありますが、西武ライオンズは三振が多く、失策も多かった。でも、パリーグを制しました。これが日本シリーズに出てしまうと、流れは傾かないように思います。短期決戦はミスが命取りですから。  

上原投手のフォークにてこずると、初戦は巨人が勝つことになるでしょう。壮絶な打撃戦も予想される今年の日本シリーズ、巨人の日本シリーズ9連勝がかかった第1戦、皆様もテレビにかじりついてはいかがでしょうか。ちなみに地上波は東京ドームが日テレ、西武ドームはテレ朝で放送いたします。


◆山陽新幹線0系フォーエヴァー、カウントダウン!!  

P1350735.JPG

いよいよ、2008年11月30日(日曜日)、0系の定期運行が終わり、12月14日(日曜日)で44年の歴史に幕を閉じることになりました。早いですねぇー。  

スペシャルサイトでは0系がパソコン上に入線するタグを入手し、Railway BlogとRailway Talkに貼りつけております。基本的にRailway Blogは平日が〈こだま682号〉福山行き(広島23時15分発)、土休は〈こだま659号〉博多行き(終点博多18時21分着)、Railway Talkは〈こだま682号〉福山行き(三原23時41分発)を貼りつけております。

なお、Railway Blogでは土日に行なわれる日本シリーズ第1・2・6・7戦、〈こだま682号〉福山行き(広島23時15分発)のタグを貼らせていただきますので、御了承下さい(変更になる場合がございます)。また、備考も御覧いただければ、さいわいです。

◆世界の国旗クイズ  

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。


世界の国旗クイズ第6問


さて、第6問は1名様の御解答がありました。それでは正解はこちらです。  

正解は東京地下鉄05系アルミリサイクル車です。  

これは5000系アルミ車両が東西線10両編成化の際、余剰になった車両を廃車。劣化調査を行ない、05系第24編成では部品の再利用を行なわれたものです。ちなみに近畿車輛製です。  

それでは第7問にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

P1320454.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!  

答えは観客動員数81萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(次に進めません)。

◆観客動員数79萬人から80萬人へのあしあと

・2008年10月27日(月曜日)…79萬1000人突破

・2008年10月27日(月曜日)…79萬2000人突破

・2008年10月28日(火曜日)…79萬3000人突破

・2008年10月28日(火曜日)…79萬4000人突破

・2008年10月29日(水曜日)…79萬5000人突破

・2008年10月29日(水曜日)…79萬6000人突破

・2008年10月30日(木曜日)…79萬7000人突破

・2008年10月30日(木曜日)…79萬8000人突破

・2008年10月31日(金曜日)…79萬9000人突破

・2008年10月31日(金曜日)…80萬人突破!!


P1340788.JPG

  
今後とも、末永い御愛顧、よろしくお願いします。

★備考

①レールファン音楽館スタッフの部屋「まもなく勇退! 新幹線0系撮影&車両レポート!」はこちらにクリック!!

②オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前「夏旅2008まとめ 5日目後編」はこちらにクリック!!

③オーミヤの鉄道日誌「あの素晴らしいチャイムをもう一度」はこちらにクリック!!

④オーミヤの鉄道日誌「そして、新しい時代へ」は
こちらにクリック!!

⑤岸田法眼のRailway Blog.「2007年の汽車旅2-3(山陽新幹線まだまだ0系)」はこちらにクリック!!

⑥岸田法眼のRailway Blog.「2008年の汽車旅4-3(山陽新幹線0系フォーエヴァー-前編-)」はこちらにクリック!!

⑦岸田法眼のRailway Blog.「2008年の汽車旅4-17(山陽新幹線0系フォーエヴァー-後編-)」はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ







来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年10月も2者択一サイト、『Unow?』で、「モハよう著者からの20の質問」が公開されており、質問28・33・39で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39はこちらにクリック!!

※②~⑤は2008年10月31日(金曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。



ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。

メッセージを送る