So-net無料ブログ作成
検索選択
事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

プロ野球2004 [らりるレビュー]

NEC_0015.JPG

「まだベテランに頼るつもりなの?」

2004年6月24・25日(木・金曜日)に放送(途中で日付が変わったため、そのように記した)された『SPORTS MAX』で、元巨人の左腕投手、宮本和知(Kazutomo Miyamoto)キャスターが怒りをあらわにした。

2004年6月22~24日(火~木曜日)に巨人は年に1度の北海道シリーズ、札幌ドームで中日ドラゴンズを相手に3タテをくらうという、不名誉な“歴史的大敗”をしでかしたからで、先発した木佐貫洋、高橋尚成、林昌範の各投手のふがいなさに苦言を呈した。  

私自身も北海道シリーズの3連敗は腹立たしかった。私が北海道好きになったキッカケは巨人の存在で、当時、札幌ドームはなく、旭川スタルヒン球場や札幌円山球場で試合をしていたが、大自然の中で試合をするという独特の雰囲気が衝撃的で、今も開幕戦の次に“見たい”試合が北海道シリーズである。ちなみに札幌ドームができるまで、学生時代は期末試験中をいいことにテレビ観戦。社会に進出してからも仕事を休んででも見ていたが、当時は巨人唯一のデーゲームだったので、いつみても新鮮だった。今は札幌ドームに変わり、ナイターができれば、オープン戦もできるようになったが、新鮮味は薄れた。  

北海道シリーズで3連敗した翌週、甲子園球場での阪神タイガース戦でも同じことをやってしまい、私の怒りも頂点に達した。見ていて腹立たしい。  

2004年の巨人は球団創立70周年で、堀内恒夫新監督を迎え、さらに他球団から強力な選手を集め、長嶋茂雄終身名誉監督が“史上最強打線”と命名。これだけコマをそろえたから、優勝は確実視されていた。  

ところが、フタをあけてみると、巨人はブッチギリの首位とはいかず、他球団と優勝争いをしている状態。また、打力中心のチームに変貌してから、リリーフ投手が打たれることが目立ち、過去にシーズン途中で外人投手を獲得してきたが、ほとんどは役に立っておらず、裏目だ。

平成5年(1993年)、キャリアをつんだ選手が移籍の自由を認めるフリーエージェント制度が始まり、巨人は積極的に獲得してきた。それと同時にドラフト制度も変わり、社会人と大学生は意中の球団を指名できる制度ができ、現在の自由獲得枠へとなっているが、高校生はいまだに意中の球団を言えず、高校野球連盟からも“口止め”されている。プロ野球はれっきとした職業なのだから、“逆指名制度”を与えてもいいはずである(「未成年」というのが逆指名できない理由なのだろうか?)。  

ドラフト革命とフリーエージェントで、巨人はカネを武器に次々と有能な選手を移籍させることに成功したが、その反面、ドラフト3位以下で指名した、いわゆる“生え抜き”の選手が育ちにくい難点もある。  

巨人で活躍している選手の半分は移籍組みと逆指名を行使した選手で、代表的な“真の生え抜き”は林投手、清水隆行選手、村田善則捕手など。ファーム(2軍)で活躍している選手がゴロゴロいるのに、1軍にあがれないとは“選手層の厚さ”を象徴するのだろうが、実際は名前だけで1軍にいる選手が多いのではないかと思う。あれだけの戦力だと代打の機会も少ないだろうから、意外と薄いような気がする。  

私が見たい巨人は1つ目に、生え抜きの選手だけで日本一になること。優勝戦線にからむ機会は少ないが、広島東洋カープは生え抜きの選手が多い。巨人と違って、カネがないからだが、自前の選手をたたきあげる姿勢はほかの球団には負けないだろう。また、昭和54年(1979年)秋に巨人は“地獄の伊東キャンプ”を開催。当時、秋にキャンプをやるとは異例だったが、長嶋監督は若手を1人前に育てようと少数精鋭で、朝から晩まで徹底的にシゴいた。のちに江川卓投手、中畑清選手、鹿取義隆投手などがその成果を発揮し、巨人の主力として活躍することになる。

2つ目は外人選手はいらない。今の巨人を見る限り、外人選手がいなくても充分に勝てるはず。優勝に必要不可欠な戦力だろうが、かえって、若手選手の芽を花として咲かせられなくなってしまう可能性がある。ちなみに昭和40年(1965年)から昭和48年(1973年)まで、巨人は「V9」といって、9年連続日本一というプロ野球に輝く栄誉を築いているが、外人選手は1人もいなかった。  

おそらく、今後も巨人は強力な選手を獲得して、日本一を目指すのだろうが、もう“中古車”を買うのはやめて、自前の戦力という“新車”で新時代を築いてもらいたいものだ。みなさんはいかがだろうか?  

さて、シーズン前に命名権売却騒動でひんしゅくを買った大阪近鉄バファローズだが、6月にオリックスブルーウエーブと合併することを明らかにし、世間を騒がせている。  

親会社は近畿日本鉄道という私鉄だが、JR東海・JR西日本の猛攻や少子高齢化により、利用客は減少。これにより、特急は本数を減らし、車内販売をやめるなど、経営はかなり厳しいようだ。ちなみに2004年6月30日(水曜日)放送の『トリビアの泉』で、電車を忍者の顔に塗装されているVTRがあったが、赤字打破の一環もあるだろう。  

もし、大阪近鉄バファローズとオリックスブルーウエーブの合併が成立すれば、パリーグは5球団に減り、試合日程に大きく影響する。将来は1リーグ化のウワサもあるが、そうなってしまえば、日本シリーズやオールスターはどうなるのだろう? 野球ファンが急激に減ることも考えられる。  

合併問題で気になるのは選手の気持ちで考えていないこと。倒産したくないもんだから、自分とこの利益でしか考えていない。両球団のファンが合併に反対するのも当たり前だ。それに合併しても、強いチームになれるという保証はどこにもない。

2004年6月が終わりに近づく頃、ライブドアという業者が大阪近鉄バファローズを買収する報道があったが、近鉄側は却下したという。選手は「バファローズ」の名前が残るのだから、大歓迎をしていたそうだが、フロントは現場(選手とファン)の気持ちを理解していないことが明確となったことは言うまでもないだろう。 ライブドアはなんで今になって、買収に乗り出したのだろうか? もし、そうするのならば、命名権売却騒動が終わった直後に乗り出すべきだっただろう。それに31歳の社長はプロ野球をどれだけ理解しているのかが気になる。  

私としては、ライブドアが買収するか、あるいは新球団として作る。いずれにせよ、パリーグに『ライブドアバファローズ』の誕生を願っている。  

本拠地は大阪ドームにせず、四国の松山坊ちゃんスタジアムにして、地域密着をかかげる。これにより、パリーグは北海道、四国、九州に球団があることになり、大半が都市に本拠地を置くセリーグに対抗して、新しい色と風を出してくれるだろう。


★備考

①今回の記事は2004年7月に執筆したものです。

②本文にある「電車を忍者の顔に塗装」ですが、現在は近畿日本鉄道伊賀線ではなく、伊賀鉄道に引き継がれております。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
②私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

樽見鉄道乗車記録表 [Railway Road]

P1370823.JPG

樽見鉄道乗車記録表
路線名営業区間乗車区間
樽見線大垣-樽見全線完乗済み

今回は樽見鉄道の路線と私の乗車記録です。皆様は乗られましたか?  

終点樽見は花見シーズンと薄墨桜が綺麗に咲き誇ります。薄墨桜は中学の国語の教科書で初めて知ったのですが、通常の「桜」と言われるソメイヨシノとはひと味もふた味も違います。  

花見シーズンはぜひ、樽見へお越しください。

★備考  

樽見鉄道ホームページはこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
②私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

観客動員数398日連続1日4ケタで、134萬人突破!! [汽車旅2009番外編]

記事数:794|nice!:3,293|総閲覧数:今日:2,872/累計:1,340,034|読者数:36
アクセスランキング:155位
ブログテーマ:旅行(7位/450ブログ中)

DSC_0664(北千住)a.JPG


毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年5月27日(水曜日)で観客動員数は134萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆ここまでの2009年の汽車旅1シリーズ

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22  

「2009年の汽車旅1-3」は都合により、2009年6月以降の掲載となります。掲載まで、しばらくお待ちください。

◆RSS登録見直し検討のお知らせ  

最近、初めて知ったのですが、so-net blogのRSS登録数(ほかのブログも一生けんめい)は100件までです。今後もRSS登録が増える可能性がございますので、コメント10回以上で登録しているブログに関しては、RSS登録ではなく、「ほかのホームページも一生けんめい」のほうへ移動することを検討しております。また、ホームページを持ち、ブログにダイレクトアクセスできるところに関しては、ホームページアドレスのみの登録させていただくことも検討しております。  

なお、実施時期については現在、未定です。

◆動画閲覧についてお知らせ  

何度もお伝えしておりますが、eye Vioの運営会社が変わることに伴い、2009年5月29日(金曜日)正午から、6月1日(月曜日)まで、公開が休止されますので、あらかじめ御了承ください。

◆2009年5月25日(月曜日)から5月27日(水曜日)までのmixi日記

■2009年5月25日(月曜日)
ギロッポン

P1390073a.JPG

2009年5月24日(日曜日)、12時40分過ぎに日比谷線六本木へ。平成10年(1998年)夏以来、11年ぶりの下車となる。

4a出口を出て、六本木交差点を左折すると、ほどなくして、東京ミッドタウン前交差点を渡り、FUJIFILM SQUAREへ。昔のギロッポンは、テレ朝と『はぐれ刑事純情派』じゃなかった、『六本木純情派』しかなかったのが、今や六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、南北線六本木一丁目駅など、名所や代名詞が増えている。

P1390075a.JPG

FUJIFILM SQUAREは5月27日(水曜日)まで、『おいでよ! レールエンターテイメント みんなの鉄道写真展』が開催されており、ようやく、行くことができた。 FUJIFILM SQUAREに入ると、INFOMATIONは寝台特急〈富士〉の機関車ヘッドマークが掲げられており、その理由はなんとなくわかる。 館内は条件つきで1か所以外、撮影禁止。条件つきで撮影可能なところの隣りには、寝台特急〈富士・はやぶさ〉のDVDが流れており、食い入るように見つめる人がいる。

鉄道模型は3つの複線で構成され、700系と800系、寝台特急〈富士〉と100系スペーシア、山手線とSL列車がそれぞれペアを組み、快走。しかし、700系はなぜか高輝度放電灯で、寝台特急〈富士〉の客車は金帯を巻いており、2段式B寝台と電源車(カニ24形100番代)は寝台特急〈あさかぜ1・4号〉〈出雲1・4号〉、A寝台個室ロイヤルとB寝台個室ソロの合体車両は寝台特急〈北斗星〉なのだが、ドアは引戸ではなく、折戸になっている(どこのメーカーさんが作ったのだろう?)。ちなみに鉄道模型の線路幅は同じである。

写真パネルはパソコン上で公開するよりも美しいし、よりハイクオリティーに写っている。今回のイベントでは7人のカメラマンによる作品を展示しているが、スナップ撮影しかできない私には、とうてい追いつけないものばかりである。

このイベントは写真展示だけではなく、鉄道書籍なども販売されており、写真パネルの近くにサンプルとして置いてあった『秘境駅』の奥付を見てビックリ!! 人気は高く、すでに3刷となっていた。これは著者たちにとって、代名詞かつ代表作という証である。

余談だが、東京ミッドタウンは千代田線千駄木も最寄り駅で、首都東京の狭さを物語る。

帰宅後は大相撲夏場所千秋楽。大関千代大海は勝ち越し、カド番脱出!! そして、大関日馬富士は優勝決定戦で、第69代横綱白鵬を下手投げで破り、初優勝!! アナウンサーや解説者はつい、「安馬」が出てしまう。ちなみに白鵬は今年、2度目の優勝決定戦だが、いずれも賜杯を逃している。

『エチカの鏡 ココロにキクTV』は、横浜サイエンスフロンティア高校の特集をしていたが、校歌はレールファンで知られる歌手のオオゼキタクさんが作詞・作曲を手がけ、『知の開拓者』を世に送り出した。ナマで2回お目にかかっているが、テレビに映っている姿を見るのは初めてで、“この人はホンモノの芸能人なんだぁー”と再認識する。

これはすべての芸能人に失礼なことを言うかもしれないが、テレビや映画に出ないと、「芸能人」という認識がないのだ。これはテレビ全盛の時代から生きる人間のたわごとかもしれないが…

もし、『知の開拓者』がシングルCDでリリースされていたら、絶対に買うね(いい曲だから)。ちなみに私は恥ずかしながら、テレビとDVDに各2回“出演”。執筆雑誌以外でも手だけだが、1冊写っている。  

今日は5月25日(月曜日)、江川卓、54歳の誕生日である。


★備考

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前「★臨時ニュースです★」はこちらにクリック!!

※本日のRailway Blogはhttp://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-25です(You Tubeはこちらです



■2009年5月27日(水曜日)
夏の地下鉄

P1390088a.JPG

私は夏の地下鉄でムッとくるのは、カーテンが下ろされていることである。地上を走るときはいいのだけど、地下を走っているということは、日差しを気にする必要性はまったくないのだから、私は坐ると必ず、カーテンを上げている。ちなみに丸ノ内線は地上区間があるけど、02系にカーテンはない。

夜汽車で不思議なのは、座席夜行だとカーテンを使わず、堂々と自分の寝姿を他人にさらけ出しているのに、寝台車は必ずと言っていいほど、下ろしている。これは始発駅入線時から、そうなっているのが多いこともあるけど、タテの座席とヨコの寝台だと、“心理が違うものだな”と感心する。ちなみに私も寝台車に乗ったときは就寝時と駅の停車になると、カーテンをサーッと閉める。

あー、1度も乗ったことがない〈トワイライトエクスプレス〉に乗りてぇーなぁー(上り便に乗ったほうがいいのかもしれない)。乗るんであれば、Bコンパート以外にしたい(個室が1番!!)。

※本日のRailway Blogはお休みです。 なお、雑誌原稿執筆とeye vio事業者引き継ぎ作業が行なわれる関係で、「2009年の汽車旅1-3」は2009年6月以降となりますので、御了承ください(You Tubeはこちらです)。




◆世界の国旗クイズ第28問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは第28問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第28問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数135萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。

★観客動員数133萬人から134萬人へのあしあと

・2009年5月24日(日曜日)…133萬1000人突破

・2009年5月25日(月曜日)…133萬2000人突破

・2009年5月25日(月曜日)…133萬3000人突破

・2009年5月25日(月曜日)…133萬4000人突破

・2009年5月26日(火曜日)…133萬5000人突破

・2009年5月26日(火曜日)…133萬6000人突破

・2009年5月26日(火曜日)…133萬7000人突破

・2009年5月27日(水曜日)…133萬8000人突破

・2009年5月27日(水曜日)…133萬9000人突破

・2009年5月27日(水曜日)…134萬人突破!!

★備考  

今回の動画はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
②私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

観客動員数395日連続1日4ケタで、133萬人突破!! [汽車旅2009番外編]

記事数:793|nice!:3,284|総閲覧数:今日:3,413/累計:1,331,994|読者数:36
アクセスランキング:189位
ブログテーマ:旅行(8位/441ブログ中)

DSC_0059大垣a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年5月24日(日曜日)で観客動員数は133萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆ここまでの2009年の汽車旅1シリーズ

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22  

「2009年の汽車旅1-3」は2009年5月26日(火曜日)以降の掲載となります。掲載まで、しばらくお待ちください。

◆ブログレポート2009年4月

■前月(2009年4月)のアクセス数:85209アクセス

■前々月(2009年3月)のアクセス数:84633アクセス

■1年前の今月、あなたはこんな記事を書いていました…
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-04-03

■2009年2~4月の3か月間でアクセス数の多い記事ベスト3は?

1位:
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-12-20

2位:
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-02-05

3位:
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-06-23

◆2009年5月9日(土曜日)、5月15日(金曜日)から5月24日(日曜日)までのmixi日記

■2009年5月9日(土曜日)
秘密のあっこちゃん?  


今回は初めて、mixi日記をマイミクのみ公開とさせていただきます(本当にマイミクのみ公開なのかなぁー? んまっ、いずれRailway Blogで公開することになるのだが…)。  

皆様にお知らせを2つ発表します。但し、詳細な発表ではありませんので、あらかじめ、御了承ください。  

1つ目は来週、日・月・火・水・木・金・土曜日のいずれかになりますが、私が執筆した雑誌がいよいよ、発売されます。すでに版元から表紙の画像と宣伝リンク先を入手しておりますが、すべては発売日に発表させていただきます。著書ならともかく、色々なスタッフが参加する雑誌ですので、版元が先に公表しない限り、お伝えすることができないからです(著書もそうだと思う)。  

今回の雑誌では初めて、カメラマンでもない私が撮影した写真が掲載になる予定です(撮影技術はまったくございません)。但し、何枚使われるのかはまったくわかりません。すべては献本が発売前に届かない限り、なんとも言えないからです。ちなみに定額給付金で買える範囲のお値段となります。  

2つ目はRailway Studiumというホームページを時間のあるときに進めているところです。Railway Blogに比べ、更新頻度は少なく、ビジュアルの強化を予定しております(待ち受け画面を中心にする構想です)。適当に深く考えない程度の出来具合になりますので、楽しみにしなくていいです。ちなみにホームページアドレスは
こちらになります。つまり、適当に深く考えない程度のため、すでに開設していることになります。こういうのは専属スタッフがいればクオリティーの高いものになるはずなので、任せりゃいいのでしょうが、残念ながら、そこまで有名ではありません。  

マイミクの皆様、なにとぞ、よろしくお願いいたします(御購入されると、ありがたいです)。  

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-09です(You Tubeはこちらです)。



■2009年5月15日(金曜日)
郵便物と宅配便  

2009年5月14日(木曜日)、実はこの日、「不吉な日」であることを御存知だろうか? 

それは毎年訪れるわけではなく、いずれ述べるとして、帰宅したら郵便受けに親父がDVDを郵送してきた。  

内容はNHK衛星放送で放送していた関口知宏の鉄道の旅で、2004年に最長片道きっぷの旅を実践。プロ野球のストライキにより、総合テレビで総集編が放送されているが、衛星放送がメインだったらしい。どうやら、最近、再放送されたようである。ほかに中国大陸鉄道の旅を収録しているが、それはまだ見ていない。  

親父はレールファンではなく、長嶋茂雄デビュー以来のG党で、私もそうだが、けっして、継承したわけではない。

私がG党になるきっかけは、人んちでファミコンのファミスタで遊んでいたとき、巨人を選び、先発はいつも江川投手を起用していたからである。ファミスタの江川投手は実写さながら、カーブがよーく曲がり、ファミコンテクニシャンの手にかかると、バットにかすりもしなかった。ただし、ストレートは肩を痛めていたことも再現(?)されて、速くなかった(代打の切札、王貞治の起用も面白かった)。つまり、ファミコンが私の人生に道を作ったのである。  

話を元に戻し、親父は地上波しか見ることのできない私を考えて、DVDを送ったようだ。こういうのは本当にありがたく、すぐに見たいのだけど、今度は宅配便がやって来た。てっきり、次の日に届くかと思っていたのだが、その中身は明日、お伝えすることにしよう。  

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-15です(You Tubeはこちらです



■2009年5月16日(土曜日)
宅配便で届いたものは、掲載誌。さぁー、みんなで『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』を買いに行こう!!  

vol4B.JPG


2009年5月14日(木曜日)、宅配便で届いたものは本日、5月16日(土曜日)発売となる『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』でした。  

※この続きはhttp://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-16を御覧ください(You Tubeはこちらです)。



■2009年5月18日(月曜日)
メール便失敗!!
 

2009年5月16日(土曜日)、執筆スタッフに参加した『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私は発売前日に都内の本屋の早売りで購入した。掲載誌の自宅発送は基本的に1冊のみなので、本屋で別に1冊購入して、実家へ送る。  

安いメール便で送るべく、ビニコンへ行ったのだが、なんと、サイズオーバーで宅配便扱いになるという。これは大きな誤算だ。  

実は用心にこして、A4サイズのムックなのに、B4のクッションつき封筒を購入して、万全磐石をはかったのだが、封をしても若干オーバーしたのである。んまぁー、メール便にサイズ制限があるとは知らなかったが、やむなく宅配便で送ることにした。そのほうが翌日、確実に届くのは目に見えている。  

5月17日(日曜日)、無事に実家へ届き、母から連絡があった。  

掲載誌を実家へ送るのは、芸能人と同じように、なにをしているのかが筒抜けになる商売をしていること、照れくさいことだが、親に対する感謝の思いはあり、1つの義務だと思っている。

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-18です(You Tubeはこちらです)。



■2009年5月20日(水曜日)
鉄道居酒屋キハ2009-5

P1380978A.JPG


2009年5月19日(火曜日)、半ZONE門線水天宮前へ。出口8を出ると、ほどなくして、日比谷線&都営浅草線のドールズタウン、人形町駅があるものの、なぜか乗り換え駅ではない。そういえば、前回利用時、タクシーで東京駅へ向かったが、半ZONE門線に乗り、大手町で降りればよかったことに気づく。



鉄道居酒屋キハの最寄り駅であるドールズタウンは出口2ではなく、出口A5で、18時35分に到着。明るいうちから踏切ランプが左右に点滅して、輝きを魅せている。

P1380985a.JPG


“店に入るのが早いかな”と思いつつ、入ったら、すでに星野佳世さん、銚子電気鉄道の向後功作次長が来店。向後次長は以前からお目にかかりたかったらしく、星野さんの打診を快諾した。私もお目にかかりたかったが、その後、向後次長はある“仕掛け”をしていることを知る。ちなみに私はある作家さん1人と出版社2人を誘ったが、都合が悪く、お会いすることはなかった。

向後次長によると、ひたちなか海浜鉄道の吉田千秋社長に「目立たなきゃダメですよ」とアドバイスを送ったら、その後、様々なブログにコメントを寄せて、みずから“ひたちなかのセールスマン”になったという。Railway Blogでも3回コメントを寄せており、どうやら、2008年5月のルポを御覧になっていたようだ。

ちょっと驚いたのはカウンターに俺の掲載誌がないことだ。助役によると、カウンターの書籍類は寄贈図書らしい。版元に頼んで1冊置いてほしいところだけど、たぶん却下だろう(無償の場合)。 私は向後次長に「銚子市長選挙に出馬する予定はなかったのですか?」ときいたら、そのような質問は多かったらしく、「ないです」と答える。実は星野さん、猛反対していたらしい。すると、星野さんはRailway Blogで、某元社長が千葉県知事選の出馬に太田総理なみの激ギレ批判していたことを思い出していた(実は自分で書いておきながら、 “当たり前”という感覚になっているため、忘れていることが多い)。また、「マニフェストに御社は100年安心って、出すんじゃないですか」と言うと、「それはかえってムリです」と否定した。厳しい経営事情を物語る。

今だから言うけど、千葉県知事選で落選した某候補は任期途中で投げ出した天罰だと思っている。大ッ嫌いである以上、お目にかかる気もない。

最近、フジテレビの『エチカの鏡 ココロにキクTV』で、銚子電気鉄道が登場し、急行〈日本海〉で登場したことを伝えたが、向後次長は見られなかったという。そして、私はひらめいた。銚子でハードアクションの刑事映画を企画。脚本はフリー作家のあのお方に任せて、ハードアクションの中にも観客には思いっきり役者のあどりぶギャグで笑っていただく、“『あぶない刑事』のレディースバージョン”という内容。銚子電気鉄道で貫通扉をパカッと開けて、線路上を逃走するホシを女刑事が追い掛けるというものだ。あとはそれが決まるかどうか? キャスティングとギャラ、ロケ地の選定、ストーリー、監督、DVD発売を前提にするかなど、難題は多い。

銚子電気鉄道でクレームが1番多いのはセンベイがしょっぱいという。私は食べたことがないので、なんとも言えないが、薄口しょうゆ味が好まれるのかもしれない。そして、私は新味をひらめく。

それは海水味のセンベイ。焼く前に海水を濡らして、焼く。しょうゆをつけなくていいので、売れるのではないだろうか。たとえ味がまずくても、青汁だって、それをウリにして、成功しているのだから。 そして、向後次長の“仕掛け”が21時過ぎに実を結ぶ。

それはまるで、常夏の島でしばらく滞在したかのような色黒の男性が来店。白いファッションとの組み合わせはシャネルズやラッツ&スターを彷彿させる。助役とも顔なじみで、さぁー、この方は誰でしょう?

答えはフォトライターの栗原景さん(Mr Kageri Kurihara)。私と同業者であるものの、知名度やキャリアでは歴然としているため、萎縮する。吉田一紀さん(Mr Kazutoshi Yoshida)と最初に会ったときもそうだったが、有名かつ著名な方とうまく接することができるかどうかが不安だった。

この日、星野さんがみずから私のセールスマン役をやっており、栗原さんに紹介。会釈をして、ごあいさつ。

「いつもブログを拝見しています」

「ありがとうございます」

「ホビージャパンおめでとうございます」

「ありがとうございます」

緊張して覚えている会話はこの2つだけで、少々のマがあり、名刺交換。ほどなくして、私は翌日(日付が変わったから、今日だけど)の打ち合わせ等の準備(版元2社をハシゴ)や色校の締切がせまっているため、帰宅する。

帰宅中と教養番組の放送中に今回の記事を仕上げ、翌日(日付が変わったから、今日だけど)に備えるとしよう(ほとんどケータイで作成し、パソコンメールに送り、ワードにコピーテッドして、校正したあとに載せることが多い)。  

そして、2時30分を過ぎた。これから寝ます。  

※本日のRailway Blogはお休みです(You Tubeは
こちらです)。



■2009年5月21日(木曜日)
激突

JR東日本は特急〈成田エクスプレス〉の2代目車両、E259系が入団し、試運転が行なわれている。フェイスはE351系貫通扉設置車に似ている印象はあるものの、力強さが感じられるデザイン、車内も完全リクライニングシート化により、253系の難点である普通車の居住性が改善され、2010年鉄道友の会ブルーリボン賞最有力候補と言っていいだろう。2009年秋のデビューが予定されており、機会があれば、成田空港-大船間で乗ってみたい。

一方、京成電鉄は2代目AE形が先日に入団。160㎞/h運転により、上野-成田空港間が36分に短縮される。所要時間は2代目AE形に軍配があがるけど、広域ネットワークではJR東日本に軍配があがるし、〈スカイライナー〉のルート変更(他社線に乗り入れるため)により、運賃や料金がアップするのは確実なため、空港アクセス電車の老舗はどれだけ、“トリコ”にさせることができるかどうかが注目だ。また、〈モーニングライナー〉〈イブニングライナー〉は従来ルートのままで続投になるのかも気になる。

空港アクセスとは関係ない話だが、東武鉄道20000系トップナンバー車の方向幕は、英文字つきにチェンジされていた。果たして、修繕工事をする前提、しない前提でそうしたのかどうか? 意味深だ。

※本日のRailway Blogはお休みです(You Tubeは
こちらです



■2009年5月22日(金曜日)
外回り営業


2009年5月20日(水曜日)、丸ノ内線本線部が3月28日(土曜日)、ワンマン運転になってから初めて乗る。 本線部の02系は停まると、一部のドア上にあるLED情報案内装置は駅名日本語、ローマ字(駅ナンバリングつき)で、営団地下鉄から東京メトロに変わった際、「この電車はxゆき」、「次はy」(英文字省略)に統一されていたが、崩れたことになる。また、02系のフェイスに「ワンマン」の文字はなかった。

P1380994a.JPG


池袋で注目なのは第3軌乗が車止めまで延びておらず、レールが無情にも先へ進んでいる。

P1380998a.JPG


終点池袋で有楽町線の各駅停車新木場行き(東武鉄道9000系修繕車)に乗り換え、13時12分、某駅に到着し、下車。



細かい道が多かったものの、某社に到着し、14時過ぎにお話をする。版元の方にRailway Blogの閲覧年齢層をきかれ、10代から70代まで、幅広い世代というふうに答えると、驚きの様子(閲覧年齢層はコメントを基準にしている)。私自身、ターゲットにしている年齢層はなく、ただ黙々とやっているだけであるが、これで仕事が取れるとありがたい。

P1390009a.JPG


15時近くに某社を出て、サンシャインシティへ。新型インフルエンザの影響はあり、石鹸は薬用ミューズが用意され、感染阻止に一生けんめい。“新型インフルエンザにかかったかな”と思ったら、まずはお近くの保健所に連絡を。日本でも関西地方で猛威をふるっており、偏西風の流れに沿っているのが恐ろしく、ついに首都圏でも現れてしまった。

池袋駅に戻る途中、某量販店でmicroSDカードを購入するが、2GBが2000円を切り、また安くなった。

P1390013a.JPG


そして、池袋はSuica専用の自動改札機を「IC乗車券専用」に改めた。PASMOがかなり普及している表れと言える。

P1390015a.JPG


2番線に183系1000番代&189系の修学旅行電車が入線。今もそういう電車が走るとは思わなかったが、いつも言っていることだけど、なんのために修学旅行があるのだろうか? 俺の見る限り、「修学」はしていない。ただ遊ばせているだけだ。そして、学校行事にそんなものは必要ない。

P1390023a.JPG


山手線の各駅停車新宿・渋谷方面行きに乗り、某駅で下車。埼京線や湘南新宿ラインでもいいが、のんびり乗って、仮眠をとることにしよう。

今度は打ち合わせで、くわしいことは言えないが、外回りの1日はこれにて終了。

そうそう、「鉄道居酒屋キハ2009-5」の続きだが、私の隣りに男女の利用客がおり、男性は戸袋窓がない車両が多いことに疑問を持つ。私はない理由を推測して、男性に答える。ちなみに私は“戸袋窓はないほうがいい”と思っている側で、好きな車両についているものはあるけど、気になることはない。近年は車体強度の向上、広告スペースの確保を理由に設置しないのが一般的になっている。また、見た目の美しさもあるのではないだろうか。

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22です(You Tubeはこちらです)。



■2009年5月23日(土曜日)
原稿に反映されなかったケータイメモ

「A偶数熊本、奇数東京
B偶数上段東京、奇数下段九州
発車前から車内検札
1111着
2号車ゆうづる
4号車あさかぜ
6号車みずほ
7号車さくら」  

これは東京10番線で、寝台特急〈富士・はやぶさ〉を惜別の撮影に出かけた日のメモ。実は『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』のお話をいただいたとき、乗車取材がありうるという話があったので、下見をして、調べたのだが、版元の構想は叶わず、ホームでの見送りになった。もっとも、最初からそういうふうになるとは思っていた。

でも、最後の勇姿を雑誌取材というカタチで、紹介できたのは嬉しかったし、私が取材者として選ばれたのは、名誉というには大げさだけど、光栄なことだと思っている。  

解説をすると、下り便は発車前から車内検札を行なっており、個室の向きを書いている。最初からわかれば、逆向きの不運を味わうことはないだろうと思ったからだ。そして、ある日の上り便は到着時刻が遅れ、そのうえ、方向幕はなぜか、なつかしの愛称が表示されており、レールファンはビシバシ撮影していた。

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-23です(You Tubeはこちらです)。



■2009年5月24日(日曜日)
プロ野球交流戦と大相撲夏場所
 

プロ野球では交流戦が開催されている。  

巨人戦の地上波放送の激減により、それ以外のテレビ番組を見ることができない私は歯がゆいが、交流戦だとパリーグ主催試合のみ、Yahoo!の生中継動画で見ることができる。しかし、ここで難点が発生。  

それはワードやエクセルなどを使って作業をする場合、画面が見られないのだ。これではニッポン放送を聴くしかない!!(ラジオ日本でもいいけど)  

さて、大相撲夏場所は千秋楽。第69代横綱白鵬がまさかの敗戦で、連勝は33でストップ。大関日馬富士は第68代横綱朝青龍を前日の敗戦を教訓にしたかのような外掛けで、白鵬に追いついた。  

千秋楽はおおいに盛り上がるだろうが、個人的に大関千代大海のカド番脱出を願っている。大関在位第1位という記録を保ち、ケガや高熱にもめげず、ここまで持ち直したのだから、勝ち越して、満身創痍だけど、来場所はきっと元気な姿で土俵にあがるものと、多くの大相撲ファンは信じている。千代白鵬と激しい猛げいこをすれば、きっと第58代横綱千代の富士と同じように、36歳近くまで、とれるのではないかと思う。

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-24です(You Tubeはこちらです)。



◆世界の国旗クイズ第28問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは第28問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第28問.JPG


さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数134萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。

★観客動員数131萬人から133萬人へのあしあと

・2009年5月18日(月曜日)…131萬1000人突破

・2009年5月18日(月曜日)…131萬2000人突破

・2009年5月18日(月曜日)…131萬3000人突破

・2009年5月19日(火曜日)…131萬4000人突破

・2009年5月19日(火曜日)…131萬5000人突破

・2009年5月19日(火曜日)…131萬6000人突破

・2009年5月20日(水曜日)…131萬7000人突破

・2009年5月20日(水曜日)…131萬8000人突破

・2009年5月20日(水曜日)…131萬9000人突破

・2009年5月20日(水曜日)…132萬人突破!!

DSC_0107a.JPG


・2009年5月21日(木曜日)…132萬1000人突破

・2009年5月21日(木曜日)…132萬2000人突破

・2009年5月21日(木曜日)…132萬3000人突破

・2009年5月22日(金曜日)…132萬4000人突破

・2009年5月22日(金曜日)…132萬5000人突破

・2009年5月22日(金曜日)…132萬6000人突破

・2009年5月23日(土曜日)…132萬7000人突破

・2009年5月23日(土曜日)…132萬8000人突破

・2009年5月24日(日曜日)…132萬9000人突破

・2009年5月24日(日曜日)…133萬人突破!!

★備考

今回の動画はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
②私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

JRおおみや鉄道ふれあいフェア2009(暴れん坊583系2009) [汽車旅2009番外編]

◆5年ぶりに乗り込む  

2009年5月23日(土曜日)、正午過ぎにJR東日本大宮総合車両センターへ。かつて、JR九州787系や885系をスペシャルゲスト(略して、「スペゲス」)で呼び寄せたイベントだが、来場するのは2004年以来、5年ぶりとなる。

DSC_0701a.JPG

入口を通過すると、なつかしの車両、現役の車両がヘルメットとなり、来場の幼児に大人気。おそらく、工事用ヘルメットを“改造”したのではないかと思うが、よく思いついたもので、記念撮影の光景を見る。  

DSC_0705a.JPG

露店スペースを通過し、東北・上越新幹線、埼玉新都市交通伊奈線の高架付近にEF60形47号機、EF63形13号機が鎮座。ボディーは大幅にカットされてしまっているが、運転台が残っているため、家族連れに人気。こういうイベントは、独身者がしゃしゃり出ることを自重しなければならず、“負け犬”の立場である人は身にしみる。

DSC_0706a.JPG



近くには「安全」の切り抜き文字が目立つ鐘があり、さっそく、鳴らしてみる。無事故、無違反という毎日の祈りは欠かさない。  

DSC_0711a.JPG

高架下ではマジックボーイ(架線作業を行なうトラック)を展示。車輪も備えており、線路上を走ることが可能で、大宮支社管内に4台所有しているという。これは尾久車両センターの『みんな集まれ! ふれあい鉄道フェスティバル』でも展示されているので、ほかの鉄道会社にも所有しているのではないだろうか。  

DSC_0720a.JPG

高架下は鉄道のあらゆる現場に必要なものがズラリと並んでおり、空いているスペースは幼児向けの遊び場となっており、レールスターとミニSLは待ち時間が15分ほど。レールスターは『みんな集まれ! ふれあい鉄道フェスティバル』でも行なわれているアトラクションで、敷設している線路にカートのようなものを乗せている。定員は4人だが、大人の男性2人組が乗車したことには驚いた。


DSC_0721a.JPG

 

ミニSLは狭軌よりも幅が短い特設の線路を敷設し、D51形498号機が、寝台特急〈北斗星〉と『夢空間』を牽引するという営業運転では、まずありえないミニチュアならではの組み合わせ。方向幕は「JR東日本 大宮総合車両センター」を固定表示しており、電源車でも客室になっているのはミニチュアだからできることで、普段は「入らないでください」となり、不法侵入すると、鉄道営業法に違犯する。ちなみにどちらも、直線を1往復乗車することになっている。  

ミニSLの“沿線”では、大宮消防署が住宅用火災警報器の設置を呼びかけている。恥ずかしながら、義務化は知っているものの、設置期限は2009年5月31日(日曜日)までだとは、知らなかった(2008年6月30日までだと思っていた)。ちなみに私の住むアパートは2008年6月に大家の手により、設置されている。  

住宅用火災警報器に関するアンケートに答え、クリアファイルをもらう(ほかにポケットティッシュ1個)。まれに海外旅行のH.I.Sで、無料配布のクリアファイルをいただいているが、これはかなり重宝する。100円ショップでも売っているけど、買う気にならない。  

DSC_0730a.JPG

アンケート会場の隣りは防火衣着装体験コーナーで、幼児用のサイズを用意しており、男の子はブルー、女の子はピンク。幼児たちは興味津々で記念撮影をするものの、これが現実にならないことを願う。  

DSC_0734a.JPG

大宮消防署の所有(さいたま市消防局かもしれないが)というのは、意外な気がしたものの、防火衣着装体験コーナーの隣りに地震体験車がある。テレビ番組で何度か見たことがある地震の怖さを体感するものである。



 

このアトラクションは子供が利用したが、地震の揺れをどう感じたのだろうか? ただ、この子供たちは阪神大震災発生時に生まれていないせいか、大地震に対する実感がなく、「へぇー」程度のように思えた。そして、揺れが激しくなると、トラックの運転席もブルブル震えていた。

◆衝撃のコンテナ

DSC_0740a.JPG



大宮消防署をあとにして、先へ進むと、ミニ新幹線のりばに着いた。おなじみのE4系であるが、その先の一般客の立ち入り禁止区域では、301系先頭車と113系中間車が混結。解体はまぬがれたようだが、鉄道博物館で展示する予定で、ここに留置されているのだろうか。

DSC_0748a.JPG

301系を見ると、塗装が少々、剥がれ落ちているように見え、アルミの地肌が姿を見せており、方向幕はなぜか東京地下鉄東西線の妙典。自社の行先でもいいように思うが、ここからはJR貨物大宮車両所へ進むことにしよう。

DSC_0751a.JPG

まず目につくのが2両の電気機関車、EF62形17号機とEF65形1116号機だ。とくに後者は寝台特急〈富士〉のヘッドマークを掲げており、しかも、円形。昭和60年(1985年)3月14日(木曜日)のダイヤ改正で、ヘッドマークが富士山そのものをイメージしたようなものに変わり、不満爆発で違和感があった(寝台特急〈さくら〉も同様)。寝台特急〈富士〉のヘッドマークは子供の頃から見慣れた円形がいいね(人によっては、「最近まで使われたものがイイ」と言うのかもしれないが)。

そのウラでは実車部品類のオークションが行なわれていたが、高額を出してでも買おうという気はないので、管理棟の中へ入るとしよう。

DSC_0767a.JPG

中へ入ると、『スーパーグリーン・シャトル列車みどり』のヘッドマークを掲げたEF500形20号機が歓迎。この機関車は運転席の見学用にあてられており、なんと、60分待ち!! そして、JR貨物が新設計した機関車はハイフンがつくことに気づく(「今さらぁー?」と言われるかもしれない)。私は昔から貨物列車に目を向けていないため、今後のためにも、頭にたたき込んでおきたい。

EF500形は「金太郎」と呼ばれているが、鉄道に関心のない人にとって、金太郎は4つのうちのどれかに思い当たるだろう。

①「やまびこ打線」で名をはせた池田高校の水野雄仁(元巨人軍投手)。

②大関貴ノ浪(現在の音羽山親方)。

③昔話。

④アメの一種。

この中で、①は30代後半の方なら、鮮烈な記憶に残っている人々が多いと思われるが、②は出身地である青森県三沢市がニックネームを募集したところ、「金太郎」が1位になったものの、全国的な浸透には至らなかった。③④は子供でもわかるだろうから、省略。

DSC_0785a.JPG

JR貨物は太っ腹で、コンテナの内部を公開。中へ入ってみるが、驚いた。鉄のカタマリであると思っていたら、内装は防板(Boh-Han)があり、意外とぬくもりがあって、殺伐としていない。これは鉄板だけでは湿度の関係で、夏の暑さに対応できないため、防板を入れているという。そういえば、宅配便業者のトラックの荷台も防板つきなのがある。コンテナと一般的な荷台は空調装置がないため、温度管理に神経を配らなければならないのだ。

DSC_0792a.JPG

先へ進むと、ブルー塗装のDD51形893号機が検査中。ディーゼルエンジンは抜かれ、まるで廃車解体作業の途中を見てしまったかのようだ(実は以前にも見たことがある)。

DSC_0796a.JPG

その先へ行くと、KE65形3号機を見る。DE10形にそっくりだが、いったい、どこのディーゼル機関車なのかが気になる。すると、車体側面に衣浦臨海鉄道の所有者だとわかる。どうやら、検査はJR貨物に任せているようだ。ちなみにこのディーゼル機関車は昭和50年(1975年)に新製されており、34年のベテランである。

DSC_0801a.JPG



Nゲージコーナーへ。国鉄の183系1000番代特急、初代ブルートレイン20系、JR貨物では唯一の鉄道友の会ブルーリボン賞に輝くM200系などが縦横無尽の大活躍。西武鉄道の車両も友情出演しており、子供たちは興味津々。現実の世界では衰退が進んでいるブルートレインだが、模型という空想の世界では絶大な人気を誇るようだ。

DSC_0808a.JPG

DSC_0810a.JPG

EF500形21号機は検査中。この電気機関車は2両1組のため、検査は切り離して行なわれている。ほかにもDE10形1073号機も検査中である。

DSC_0817a.JPG







HOゲージコーナーへ。鉄道模型の一種だが、実は鉄道模型誌で執筆しておきながら、NゲージとHOゲージの違いがよくわからない。ちなみにここでは常磐線で活躍していた寝台特急〈ゆうづる〉、エル特急〈ひたち〉が共演。583系は鉄道模型でも大暴れだ。

DSC_0833a.JPG

このほか、電気機関車のパンタグラフ、主電動機を展示。管理棟の出口付近では、JR貨物カラーのEF64形1002号機に寝台特急〈あけぼの〉のヘッドマークを掲出。似合っているねぇー。私はいつも思っていることだが、ブルートレインになぜ、JR貨物の高性能機関車を牽引させないんだろう? 会社が違うということもあるんだろうけど、高性能機関車を起用することにより、所要時間の短縮が見込めたのではないだろうか。JR東日本は2010年にEF510形を投入して、EF81形を置き換えるというが、東北新幹線全通により、ブルートレインはどうなるのかも注目だ。

◆209系に新展開!!

DSC_0854a.JPG

DSC_0856a.JPG

DSC_0878a.JPG

管理棟を出ると、JR東日本エリアに戻り、251系(クハ251-1)、183系1000番代(クハ183-1023:デラックス車)、EF65形535号機が展示。EF65形535号機は寝台特急〈瀬戸〉〈出雲〉のヘッドマークを掲出。これは12時00分から15時00分までのヘッドマークで、9時30分から12時00分までのあいだに来場していれば、寝台特急〈みずほ〉〈日本海〉が掲出されていたので、くやしい思いをする。その先にはDE11形1031号機、EF58形93号機が肩を並べていた。

DSC_0863a.JPG

JR東日本の車体B棟に入り、水色のカーテンで仕切って、“禁断の園”としているが、中の様子はすぐにチョンバレ。実は車体B棟に入る前、多くのレールファンが開いている窓に目をつけて、堂々と撮影していた。

DSC_0842a.JPG

覗いてみると、衝撃だった。京浜東北線209系の一部は廃車にならず、どうやら他線への転用改造が行なわれているのだ(「クハ208-2131」に改番されている)。方向幕から方向LEDに変わるのは確実なようで、ロングシートは撤去。ボックスシートをつけるのかどうかは不明だが、帯の色から見て、房総各線(総武本線千葉-銚子間、成田線佐倉-松岸間、内房線、外房線)に転用される可能性が高い。方向LEDはフルカラーでないと、房総各線の運用は機能しないだろう(113系や211系3000番代は行先表示を色分けしているため)。

DSC_0865a.JPG



公開エリアではカニ24形500番代が展示。右側の窓が抜かれているのは面白いが、ガラスを交換するのだろう。ヘッドマークは寝台特急〈北斗星〉になっているが、その後、レールファンが集結して、寝台特急〈はくつる〉〈あけぼの〉〈出羽〉〈鳥海〉〈あさかぜ〉〈さくら〉〈はやぶさ〉〈富士〉〈北陸〉〈出雲〉〈瀬戸〉などを表示。レールファンを楽しませる。  

DSC_0871a.JPG

車体B棟を出ると、日光線カラーに塗り替えた107系が登場。方向幕もチェンジして、新生日光線をアピール。東武鉄道直通特急が好評ななかで、あえて、チャレンジしたようにも思えるが、“世界遺産、日光”という重厚感、気品の高い色あいは好感が持てる。ちなみに車体側面の車番は、車端部に小さな文字で、国鉄フォントのまま表示するふうに変更されている。

DSC_0908a.JPG

 

14時20分、『四季彩』試乗会の終電が発車。撮影に失敗してしまい、別の位置で、撮影チャンスを待つ。数分後、折り返してきたものの、JR東日本の係員が入っちゃった。手を振り、乗務員も応えていたので、いい被写体を提供するサービスのつもりなのだろうが、「空気が読めねぇー」と一部レールファンは苦笑。ゆっくりと通過していった。まぁー、それは御愛嬌ということで、関西地方で活躍する芸人、チャーリー浜なら、こう言うだろう。

「いいじゃあーりませんか」  

このセリフ、実は流行語大賞に輝いている。  

DSC_0920a.JPG

別の棟に入り、ひとまわり。検査中の中間車は棒連結器、密着連結器が使い分けるかの如く、備わっているのが印象に残り、今後の仕事のためにも注目しなければならない、鉄道アイテムである。  

時刻は15時となり、3時間ほどの滞在であったが、“2010年はできるだけ時間をフルに使いたいな”と思うのであった。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②衣浦臨海鉄道ホームページはこちらにクリック!!

③岸田法眼のRailway Blog.「JR東日本301系フォーエヴァー」は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
②私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

愛知環状鉄道乗車記録表 [Railway Road]

7889126.jpg

愛知環状鉄道乗車記録表
路線名営業区間乗車区間
愛知環状鉄道線岡崎-高蔵寺全線完乗済み

今回は愛知環状鉄道の路線と私の乗車記録です。皆様は乗られましたか?

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
②私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2009年の汽車旅1-2 [汽車旅2009]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方はURLにクリックして下さい。

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

◆「番台」から「番代」へ  

DSC_0070a.JPG

京都でコインロッカーに荷物を入れ、山陰本線33番のりばへ。ほどなくして、普通電車園部行き(1号車クハ221-73:弱冷車)が入線した。8両編成で、ラクラク坐れるし、先頭1号車だと相席になることもあるまい。4両編成であれば、その可能性はあるけど。  

普通電車園部行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
園部1ク ハ221-73弱冷車
 2サ ハ221-73なし
 3モ ハ221-73なし
 4クモハ221-73なし
 5ク ハ221-81弱冷車
 6サ ハ221-81なし
 7モ ハ221-81なし
京都8クモハ221-81なし

9時02分に発車。早々に東海道本線と別れ、丹波口-二条間で阪急電鉄京都本線をまたぐ。

DSC_0076a.JPG

二条で221系と223系5500番代の普通電車京都行きと行き違うが、221系の種別幕はなぜか白1色だった。  

221系と223系5500番代の投入により、山陰本線京都-城崎温泉間は転換クロスシートで過ごすことができるようになり、快適性が向上。まだ、113系シリーズの運用は残り、普通電車と快速は転換クロスシートに統一されたわけではないが、2009年に入ってから、広島や山口地区へコンバートする編成が多く、体質改善工事を受けていない車両は廃車されている。転換クロスシート率を高めるのだろう。  

DSC_0077a.JPG

嵯峨嵐山で、嵯峨野観光鉄道嵯峨野観光線〔トロッコ嵯峨駅〕のトロッコ列車に遭遇。いよいよ、春の到来を告げたかのようだ。  

嵯峨野観光線はトンネル付近まで、山陰本線と共用。前者は保津川の車窓を楽しみ、後者はトンネル主体でブッチギリのスピードで、所要時間の短縮、複線化による増発をはかった。  

さて、トンネルに入る直前、乗務員室で衝撃的な光景を目にする。  

DSC_0079a.JPG

それは221系が223系5500番代並結時、運行番号表示、種別幕、方向LEDが一切できないというステッカーが貼ってあった。この場合、223系5500番代の一括制御になるという。これは原則であり、221系が表示操作をすることは可能である。そして、そのステッカーのある文字にも注目する。

「223系5500代並結運転時」  

子供の頃、改良版や異なるバージョンの車両を「x系y番台」と称してきた。しかし、21世紀に入ると、鉄道雑誌は「x系y番代」、「x系y代」と称するようになり、違和感があった。文字を変えるなら、事前に案内してほしいぐらいだが、なじめずにいた。鉄道の現場で「番台」を使わないのだから、時代は確実に変わっていることを証明している。  

この旅のあと、ある版元で打ち合わせをしていたのだが、細かな執筆規定の用紙を渡されたとき、鉄道車両の「番台」は誤りで、正しくは「番代」と聞いて、“エッ?”とビックリした。鉄道会社、多くの版元が「番台」を使わないのであれば、「番代」という言葉になじまなければならず、こだわってばかりいると、仕事にも影響する。というわけで、今後は「番台」から「番代」に言葉を変えるとしよう(鉄道版広辞苑でもあればいいんだけどね)。ちなみにホビージャパン刊行、『TRAIN MODELING MANUAL』は2試合登板しているが、2008年6月21日(土曜日)発売のVol.1は「番台」、2009年5月16日(土曜日)発売のVol.4では「番代」に変えている。

◆新米運転士に厳しい洗礼  

トンネルだらけの嵯峨嵐山-馬堀間だが、新線切り換え区間は意外と短い。山間部だけ新線に切り換えているが、これは福知山線宝塚-三田間にも共通する。  

DSC_0093a.JPG

9時38分、千代川に到着。ここで特急〈きのさき2号・まいづる4号〉京都行きと行き違う。コンデジであれば、スポーツモードでもうまく撮れない可能性が高いので、動画を選択しているが、デジイチだとスポーツモードで、ミスさえしなければ、快感だね。かなりズームアップできるので、車両の迫力と魅力が増すことだろう。  

八木-園部間は2009年3月14日(土曜日)のダイヤ改正で、複線化され、最終段階に入っており、作業員の姿が目立った。  

DSC_0098a.JPG

9時53分、終点園部4番のりばに到着。向かいの3番のりばに普通電車福知山行きワンマンカーが発車を待っており、乗り換えるが、223系5500番代かと思いきや、113系5300番代だった(クモハ112-5305:リニューアル車、女性運転士乗務)。乗車する車両は見た目が“銀ブチ眼鏡”で、カッコ悪い。そこまでして長く走らせたいのかと思うと、悲壮感が見えてくる。223系5500番代を投入するのならば、JR東日本のように、徹底的に国鉄車を一掃したほうがよく、2009年度の増備がないと中途半端な存在に見えてきそうだ。  

辛くもボックスシートをGET!! 通路側ではあるが、進行方向寄りの席につき、ほどなくして、隣りの2番のりばでは、特急〈はしだて1号〉天橋立行きが到着した。一方、4番のりばの221系8両編成は分割して、5~8号車は日中の運用に就くが、1~4号車は留置線へ入るようだ。  

普通電車福知山行きワンマンカー編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
福知山なしクモハ112-5305リニューアル車
園部なしクモハ113-5305リニューアル車

ワンマンカーなのに乗務員は3人おり、男性の指導員が“お目つけ役”となる。お目つけ役は女性運転士に運転業務を専念させ、無人駅の運賃収受に務める。  

10時01分に発車。日吉は東京急行電鉄東横線、目黒線でおなじみの駅名だが、山陰本線にもあり、こちらはのどかな田舎の無人駅。鍼灸大学前は下車客が多く、近くに明治国際医療大学と附属病院がある。  

胡麻(Goma)2番のりばに到着し、223系5500番代の普通電車園部行きワンマンカー、特急〈はしだて4号〉京都行きと行き違う。特急〈はしだて4号〉京都行きはエル特急〈北近畿〉用の183系700・800番代で、運行されているものの、空席が多く、車内外の古さは否めない。この車両は体質改善工事を受けておらず、あと何年活躍できるのだろうか? 山陰本線用の281系または283系を投入したほうがよさそうに思える。  

下山はハイキング客7人のお年寄り軍団が下車。若干の空席が発生するようになる。  

和知(Wachi)では、おばあちゃん2人が乗り込もうとするも、ドアが開いていないので、四苦八苦。園部で乗り込んだ車掌はどこかの駅で降りてしまった。そして、私の隣りのボックスシートに坐っているおばあちゃん2人は、「あち、あっち」と言葉を発していないが、この車両のドアを指差し、1人はうしろ、1人は前のドアから乗り込み、発車されずに済んだ。どうもワンマンカーというのは定着しているように思えて、戸惑う人が少なからずいる。国鉄時代の車掌乗務が今も頭と心に染みついているのだろう(この区間の普通電車は今でも、車掌が乗務する場合がある)。  

DSC_0103a.JPG

安栖里(Aseri)で223系5500番代の普通電車園部行きワンマンカーと行き違うが、停車中、50代以上の男性2人は煙草をふかし、女性運転士のお目つけ役はアドバイス。運転自体、シロートの目から見ると、荒っぽくないし、ミスしている様子もないが、ブレーキに自信がないのか、山家(Yamaga)ではなめらかな止め具合ではなかった。そのせいか、ここから先は、お目つけ役がハンドルを握ることになった。これはお手本という意味もあるのだろうが、女性運転士に対する信頼を完全に得ていないという、厳しい采配でもある。

◆車両を変えるぐらいなら、路盤を変えろ!!  

DSC_0107a.JPG

山家で特急〈タンゴディスカバリー2号〉京都行きと行き違い、10時57分に発車。ありったけの力を出して、走るものの、ベテラン車両のせいか、路盤のせいかはよくわからないが、よく揺れる。その後、揺れる理由がわかることとなる。  

11時04分、綾部1番のりばに到着。園部以来となる全ドア開閉となり、向かいの2番のりばには舞鶴線の普通電車東舞鶴行きワンマンカーに接続をとるものの、こちらも113系5300番代である。




次は石原  

11時05分に発車すると、ここからは複線。枕木が木のせいか、よく揺れるし、レールとの継ぎ目になると、「ズドン」という不快な揺れ。一歩間違えてしまえば、脱線転覆事故につながる。これは明らかに路盤の問題で、枕木と線路を130㎞/h運転に耐えられるようにしなければならない。また、1条のレールの全長は短く、よって、継ぎ目との間隔も短い。これでは電化工事の際、ただ架線を張っただけのような印象を受ける。  

223系5500番代を投入するぐらいなら、軌道強化をはかり、不快な揺れがなく、安心して利用できる態勢を整えなければならない。また、特急が走っているのだから、特急料金に見合う乗り心地でなければ、せっかくの旅行気分が台なしになるだろう。早急に保線作業をして、福知山線脱線事故の二の舞は絶対に避けてほしい。  

DSC_0112a.JPG

高架に入ると、不快な揺れがなくなり、11時17分、終点福知山3番のりばに到着。しかし、接続する普通電車豊岡行きワンマンカー(クモハ113-5307:リニューアル車)は、隣りの2番のりばである。ちなみに向かいの4番のりばは223系5500番代、福知山線の普通電車篠山口行きワンマンカーが11時19分の発車を待っている。
 

普通電車豊岡行きワンマンカー編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
豊岡なしクモハ112-5307リニューアル車
福知山なしクモハ113-5307リニューアル車

11時21分に発車。高架を下りると、レールの継ぎ目の「ガタン」の不快な揺れがする。  

DSC_0114a.JPG

上川口で福知山から乗った小学生の遠足軍団が下車し、特急〈きのさき4号〉京都行きと行き違う。発車すると、進行方向左側は牧川リバーショーで、下夜久野(Shimo-Yakuno)を少し過ぎたところまで続く。そのあとはカーブと勾配が多かった。
 
DSC_0118a.JPG

上夜久野で、223系5500番代の普通電車篠山口行きワンマンカーと行き違う。この駅は1線スルー化されているものの、分岐器までの距離は長く、“行き違いできる電車が停まらないうちに、発車されるのではないか?”とヒヤヒヤした。特急ならば、そういうことはないのだろうが。  

播但線に合流し、12時01分、和田山2番のりばに到着。向かいの1番のりばには、播但線キハ40系体質改善車の普通列車寺前行きワンマンカーが発車を待っている。  

全ドア開閉の和田山は1分停車で、駅弁を買う時間はないが、私は旅立ち前に“旅人の昼食”、菓子パンを購入しているので、ぬかりなし!! ここで昼食として、乗車率もアップしたため、60代の夫婦と相席になる。  

DSC_0120a.JPG

養父(Yabu)でエル特急〈北近畿12号〉新大阪行きと行き違い。ホームの豊岡寄りには、「正しい通路をお通り下さい 豊岡鉄道部」というカンバンがそびえ立つ。線路上を歩いて、家路へ戻る利用客がいるのだろうか?

「鉄道ファン?」

「えっ、まぁー」  

車内に戻ると、相席夫婦の夫人から声をかけられる。『鉄道ファン』は雑誌の名前だけど、「ファン」と言われるのは嬉しい。本来、鉄道の好きな人でも「ファン」と言わなきゃいけないのだが、昔は一方的な周囲の決めつけ、近年はレールファンの自虐的な言葉が横行しており、せっかくの鉄道ブームが台なしのまま、下火になろうとしている(自虐的な言葉は2007年まで、季刊誌で1回読んだ以外、1度も聞いたことがなかった)。  

夫人は余部鉄橋で、昭和61年(1986年)12月28日(日曜日)に発生したジョイフルトレイン、『みやび』の転落事故の話をする。当時、ディーゼル機関車を運転した機関士は、『みやび』の転落にまったく気づかなかったという。“なんか軽い”と思ったそうだ。  

この転落事故は国鉄末期に発生し、それ以後は強風規制を強化しているが、余部鉄橋は寄る年波に勝てず、JR西日本は新しい橋に変えることを決定しており、鋭意工事中である。これにより、強風規制が緩和される見込みである。ちなみに夫人は私を余部鉄橋に行くものと思っていた。  

養父から先は車端部のボックスシートに坐っているせいか、よく揺れて乱筆。まるで芸能人がサインするような字になってしまうが、八鹿(Youka)、江原(Ebara)は全ドア開閉し、12時33分、終点豊岡5番のりばに到着した。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②221系備考一覧はこちらにクリック!!

③岸田法眼のRailway Blog.「鉄道の好きな人を『レールファン』と言うのに、どうして変人的な表現でしか呼ばれないのか?-前編-」はこちらにクリック!!

④岸田法眼のRailway Blog.「鉄道の好きな人を『レールファン』と言うのに、どうして変人的な表現でしか呼ばれないのか?-後編-」はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
②私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

観客動員数131萬人突破記念、大ヒット記事ランキング発表!! [INFORMATION]

記事数:789|nice!:3,256|総閲覧数:今日:3,581/累計:1,310,214|読者数:36
アクセスランキング:206位
ブログテーマ:旅行(6位/432ブログ中)

DSC_0604a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2009年5月14日(木曜日)、観客動員数は130萬人を突破しました。そして、5月17日(日曜日)には早くも131萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

今回は大ヒット記事ランキングを発表いたします(2009年5月17日15時に集計)。これはso-net blogの管理画面にある閲覧数をもとに作成したもので、「2000へぇー」以上を“大ヒット記事”とみなします。

それでは発表です!!

世界の国旗クイズ第27問の答えはJR九州783系.JPG

第37位:2002年の汽車旅5(大阪市交通局10系スペシャル) …2125へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-03-03

第36位:多摩モノレール基地見学会2006…2138へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-05

第35位:『岸田法眼とRailway Talk.』誕生!!…2138へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-19

第34位:鉄道の好きな人を『レールファン』と言うのに、どうして変人的な表現でしか呼ばれないのか?-前編-…2181へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-28

第33位:JR四国乗車記録表…2200へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-22

第32位:寝台急行〈銀河〉フォーエヴァーTHE LAST RUN.…2224へぇー(19nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-03-15

第31位:元旦終夜運転2007…2260へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-01

第30位:鹿島鉄道フォーエヴァー-前編-…2278へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-03

世界の国旗、インドネシアとモナコ.JPG

第29位:東武ファンフェスタ2007(まだまだ1800系2007Ⅲ)…2284へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-27

第28位:JR東日本415系鋼製車フォーエヴァー… 2315へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-10

第27位:JR東日本E231系グリーン車試乗…2343へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-12-24

第26位:臨時快速急行〈丹沢もみじ号〉綾瀬行き(小田急電鉄4000形試乗)…2371へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-06

第25位:悲運、不運の車両-東京地下鉄06系・07系-…2375へぇー(14nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-07-27

第24位:臨時急行〈リバイバル急行8000系号〉元町・中華街行き…2417へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-01

第23位:臨時電車(渋谷から臨時急行)〈フラワーエクスプレス号〉長津田行き-前編-…2455へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-05-04

第22位:臨時特急〈さようなら8000系号〉(東京急行電鉄8000系東横線フォーエヴァー)…2490へぇー(12nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-01-15

第21位:JR東海N700系開幕戦…2526へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-02

第20位:2003年の汽車旅8-前編-(東海道新幹線100系フォーエヴァーTHE LAST RUN)…2565へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-03


DSC_0648a.JPG

第19位:臨時電車〈隅田川花火号〉浅草行き2006…2644へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-07-30

第18位:東海道新幹線100系フォーエヴァー④…2661へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-26

第17位:JR東日本E233系試乗…2821へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-19

第16位:新型車両10000系車両撮影会…3161へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-09-30

第15位:2007年の汽車旅4-5…3194へぇー(5nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-16

第14位:まだまだ1800系2007(日光線臨時快速-前編-)…3369へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-01

第14位:臨時電車〈フラワーエクスプレス号〉太田行き…3369へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-11-22

第13位:臨時特急〈懐かしのはくたか号〉(団体電車)…3377へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-17

第12位:特急〈(ワイドビュー)東海〉フォーエヴァー…3484へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-17

第11位:暴れん坊583系2006(臨時特急〈ふるさとゴロンと号〉青森行き)…3539へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-30

第10位:JR東海N700系オープン戦…3719へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-16


DSC_0622a.JPG

第9位:悲運、不運の車両-東武鉄道30000系-…3752へぇー(13nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-01-29

第8位:221系新快速リターンズ総集編…3822へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-31

第7位:東北新幹線開業25周年…4106へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-23

第6位:2009年3月14日(土曜日)、JR線ダイヤ改正情報-前編-…4315へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-12-20

第5位:さようなら東西線5000系車両撮影会&工場見学会(東京地下鉄東西線5000系フォーエヴァー)…4713へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-28

第4位:東武ファンフェスタ2006…4909へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-20

第3位:JR東日本E501系上野フォーエヴァー…5477へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-26

第2位:JR東日本E531系グリーン車試乗…7126へぇー(5nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-25

第1位:特急〈スペーシアきぬがわ3号〉鬼怒川温泉行き…14996へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-06-23

◆世界の国旗クイズ第28問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは第28問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第28問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数132萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。

★観客動員数130萬人から131萬人へのあしあと

・2009年5月14日(木曜日)…130萬1000人突破

・2009年5月15日(金曜日)…130萬2000人突破

・2009年5月15日(金曜日)…130萬3000人突破

・2009年5月16日(土曜日)…130萬4000人突破

・2009年5月16日(土曜日)…130萬5000人突破

・2009年5月16日(土曜日)…130萬6000人突破

・2009年5月17日(日曜日)…130萬7000人突破

・2009年5月17日(日曜日)…130萬8000人突破

・2009年5月17日(日曜日)…130萬9000人突破

・2009年5月17日(日曜日)…131萬人突破!!

◆『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』絶賛かつ好評発売中!!  

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売されました。定価1600円(本体1524円)です。私は「ブルートレインの歴史(上)」、「寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァー」で執筆しております。くわしくは
こちらにクリック!!  

なお、完売の際は御容赦ください。

★備考

so-net blogの『「管理ページ」にある「閲覧数」「総閲覧数」について詳しく教えてください』はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ





来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
②私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

観客動員数130萬人突破記念スペシャル!! さぁー、みんなで『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』を買いに行こう!!(寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァーTHE MOVIE) [公式執筆記録-私の作品-]

vol4B.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。  

2009年5月12日(火曜日)に版元ホームページより、公式発表がございましたが、本日5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行、『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売になります。早いうちに本屋さんへ直行してくださいね。ちなみに東京23区内だと神保町の書泉グランテ、秋葉原の書泉ブックタワー、東京駅八重洲口地下の栄松堂書店だと山積みになっていることが予想されます。また、大きな本屋以外では販売していないかもしれません。本屋さんやセブンイレブンのネットで予約すると、送料がかからないことが多いので、おトクです(セブンイレブン店舗受け取りのネット予約は絶対にかからない)。  

気になるお値段はたったの1600円(内訳は本体1524円プラス消費税5パーセント)。定額給付金が皆様のもとへ入っている場合、7冊買えます!! また、1週間遅れの母の日へのプレゼント、ずいぶん早い父の日へのプレゼント、誰かさんへの誕生日プレゼント、恋人へのラブラブな時間を濃密に過ごすにはもってこいの1冊です。

作って楽しむというコンセプトで、御好評を博している『TRAIN MODELING MANUAL』ですが、今回のVol.4は「ブルートレイン」と「MODEMOを極める」を特集しており、私は開幕戦以来、2試合目の登板となりました。 私の執筆記事は次の通りです。

◆22~25ページ
ブルートレインの歴史(上)
 

P1290467.JPG

読んで字の如く、ブルートレインの歴史を綴っておりますが、サブタイトルとして、「Legend of “Blue Train”」が22・24ページの左上に刻み込まれております。  

今回は私が撮影した写真を提供しており、全15枚中、13枚(フイルム撮影5枚、デジカメ撮影8枚)が使われております。私が撮っていないのはどれなのかを探してみるのも、読む楽しみの1つになるかもしれません。  

御紹介した記事は「上」となっております。これは1話完結ではなく、Vol.5に続くことになる予定で、サブタイトルである「Legend of “Blue Train”」の意味も謎に包まれることになりそうですね。

Vol.5は「ブルートレインの歴史(x)」となりますが、xに当てはまる言葉は「中」、「下」、「特上」、「極上」のいずれかになる模様ですので、続きは8月21日(金曜日)の発売予定まで、しばらくお待ちください。

◆85ページ
寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァー  


P1330389.JPG

Railway Blogでおなじみのフレーズである「フォーエヴァー」が、ついにメディア初登場となりました。また、雑誌初取材、メディア初撮影、初キャプションを行ないました。  

取材は2009年3月13日(金曜日)の1日だったのですが、あまりの混雑で、思うような撮影ができず、翌日も東京へ行きました。これは取材というより、私用ですね。また、寝台特急〈富士〉〈はやぶさ〉の絵入りヘッドマークがないと、公平さに欠けるため、“読む側は納得しない”と思ったこともあります。  

Railway Blogでは「寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァーTHE MOVIE」を公開することにしましょう。あの日、あのときを思い出してみるのはいかがでしょうか?  

2009年3月13日の寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行き編成表
列車名運行区間号車車両番号禁煙備考
富士・はやぶさ なしEF6653東京-下関間牽引
富士・はやぶさ なしEF81411下関-門司間牽引
はやぶさ なしED7694門司-熊本間牽引
富士 なしED7690門司-大分間牽引
はやぶさ熊本1スハネフ151×2段式B寝台
はやぶさ 2オロネ15-3004×A寝台個室シングルDX
はやぶさ 3オハネ15-2005×B寝台個室ソロ
はやぶさ 4オハネ15-12022段式B寝台
はやぶさ 5オハネ15-11222段式B寝台
はやぶさ東京6スハネフ14122段式B寝台
富士大分7スハネフ152×2段式B寝台
富士 8オロネ15-3001×A寝台個室シングルDX
富士 9オハネ15-2004×B寝台個室ソロ
富士 10オハネ15-12462段式B寝台
富士 11オハネ15-11022段式B寝台
富士東京12スハネフ14-62段式B寝台

1つ、おことわりしておきますが、私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioは、2009年5月29日(金曜日)の正午をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止となりますので、御了承ください。

◆寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァーTHE MOVIE  

「寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァーTHE MOVIE」の撮影はすべて、東京で行ない2009年1月31日(土曜日)から、3月13日(金曜日)までです。なお、順不同に載せておりますので、御了承ください。

①寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行き入線!!  

VTRスタート!!



②本来の姿に戻った機回し2連発!!  

かつて、東京に機回し線が存在していたが、東北新幹線延伸にともない、転用されてしまった。そのため、1番手のブルートレインは前後に電気機関車をつなげ、発車すると、回送された電気機関車は横浜寄りの留置線で“待ち伏せ”をして、別の電気機関車に牽引された任務の列車に連結して、発車。このくり返しでしのいでいたが、相次ぐ斬り捨てにより、寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行きは2008年3月15日(土曜日)以降、入線を大幅に早め、かつての機回しが復活。機回し線がないとはいえ、東京のホームを通過する唯一の列車だった(それ以前は寝台急行〈銀河〉も機回しが行なわれていた)。  

VTRスタート!!





③案内放送は2回流す

寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行きは入線時と電気機関車が下り方に連結される際、案内放送が流れる。

VTRスタート!!




④機回し完了3連発!!  

いよいよ電気機関車が下り方に連結され、旅立ちの準備が完了する。

VTRスタート!!







⑤行先案内  

寝台特急〈富士〉大分行き、寝台特急〈はやぶさ〉熊本行きが交互に表示される。

VTRスタート!!



⑥ディーゼルエンジン  

14系は分散電源方式を採用しているため、スハネフ14形の床下にはディーゼルエンジンが備え、発電をしている。ホームにいると、とくに6・7号車はけたたまし過ぎる音でうるさい。

VTRスタート!!



⑦旅立ちのとき  

いよいよ、発車時刻がせまった。この発車チャイムの音は子供に人気がある。

VTRスタート!!



⑧発車3連発!!  

いよいよ、寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行きが旅立つ。今宵もブルートレイン、それ以前の夜行列車に思いをはせた人たちが、若い頃の思い出を振り返ることだろう。

VTRスタート!!







⑨下り最終便、涙の旅立ち2連発!!  

ついに2009年3月13日(金曜日)を迎えた。奇しくも「13日の金曜日」となり、別れを惜しむ人々の中には涙をいっぱい流して、悲しみがこらえきれずにいる人もいた。昭和や20世紀の産物がまた1つ、姿を消した日でもあった。

VTRスタート!!



※コンデジで撮影



※デジイチで撮影

「♪CRY OUT BABY,CRY 泣いていいよぉー 踊ぉーるぅー君ぃー 泣いていいよぉー CRY OUT BABY,CRY 見せていいよぉー 誰も知らないーっ 涙をぉーっ♪」

別れの涙には舘ひろし with THE COLTSの『CRY OUT~泣いていいよ~』がよく似合う。そして、終点に到着しても、舘ひろしの歌がよく似合う(『冷たい太陽』より)。

「♪グッバァーイ、グッバァーアーイーッ♪」

★おまけ



この電車は普通電車小倉行き
次は門司

門司の留置線で待機していた寝台特急〈はやぶさ〉東京行きが動き出し、寝台特急〈富士〉東京行きにドッキングをする。



この電車は普通電車東京行き
まもな富士
足元にご注意ください
左側ドアきます

寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行きとすれ違う。

雑誌(ムック)は多くのスタッフの皆様の総力を結集して作られております。また、起用してくださったホビージャパン様には厚く御礼申し上げます。

さぁー、みんなで買いに行こう!!  

なお、完売の際は御容赦ください。また、「nice!」を押される方、コメントやトラックバックをされる方は、お買い求めいただきますよう、お願い申し上げます。

★今回、御紹介した商品のおさらい

vol4B.JPG

『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』(ホビージャパン刊行)
定価1600円(本体1524円)
ISBN:978-4-89425-876-1
雑誌コード:68143-93

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
余談ですが、『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』で、私が撮影したものはすべて、Railway Blogで使われておりません。


★『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』備考集

①ホビージャパンホームページはこちらにクリック!!(『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』については、こちらにクリック!!

②書泉ホームページは
こちらにクリック!!

③セブンアンドワイでの購入は
こちらにクリック!!

④Amazonでの購入は
こちらにクリック!!

⑤『鉄道模型Nゲージ冷や水鉄道』はこちらにクリック!!

⑥『AMERICAN Nscale Models locomotives,freightcars,and structures』は
こちらにクリック!!

⑦鉄道ブログ『モハよう de キハキハ「恐るべし、岸田法眼さん!&モハようが鉄道ファン7月号に掲載」』はこちらにクリック!!

⑧鉄道ブログ『モハよう de キハキハ「岸田法眼さんがいよいよ雑誌デビュー!」』はこちらにクリック!!

⑨岸田法眼のRailway Blog.「観客動員数50萬人突破記念スペシャル!! さぁー、みんなで岸田法眼雑誌デビュー作、『TRAIN MODELING MANUAL Vol.1』を買いに行こう!!」はこちらにクリック!!

※『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』備考集⑤⑥は鉄道模型ブログです。

★寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァーTHE MOVIE備考集

①今回の動画はこちらにクリック!!



②1日1鉄! 鉄道写真家・中井精也ブログ「3月13日(金曜日)」はこちらにクリック!!(2009年の記事です)

③レールファン音楽館スタッフの部屋「寝台特急『はやぶさ』・『富士』乗車レポート」はこちらにクリック!!

④レールファン音楽館スタッフの部屋「最後の東京発ブルトレが引退 寝台特急『富士・はやぶさ』ラストラン!」はこちらにクリック!!

⑤小倉沙耶のやわやわ日和「はやぶさに乗車中」はこちらにクリック!!

⑥駅探 小倉沙耶レポート「さよならはやぶさ ありがとう富士 第1話」はこちらにクリック!!

⑦駅探 小倉沙耶レポート「さよならはやぶさ ありがとう富士 第2話」は
こちらにクリック!!

⑧駅探 小倉沙耶レポート「さよならはやぶさ ありがとう富士 最終話」は
こちらにクリック!!

⑨小倉沙耶のやわやわ日和「本当のさよなら」は
こちらにクリック!!

⑩マジで終電5秒前 オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ「さよなら富士・はやぶさ」はこちらにクリック!!

⑪ソウルに通いながら、こう考えた。「ブルートレインお疲れさま」はこちらにクリック!!

⑫新快特のブログ「あまぎ&ブルトレ撮影」はこちらにクリック!!

⑬新快特のブログ「年の初めは夜汽車撮影 ~後編~」はこちらにクリック!!

⑭新快特のブログ「今日の『富士・はやぶさ』号」は
こちらにクリック!!

⑮新快特のブログ「過ぎ去っていく“いつもの光景”を」はこちらにクリック!!

⑯新快特のブログ「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」は
こちらにクリック!!

⑰新快特のブログ「ヨコハマ鉄道模型フェスタ 後日談」はこちらにクリック!!

⑱新快特のブログ「リゾートしらかみ&ブルトレ撮影」はこちらにクリック!!

⑲新快特のブログ「おそらく最後の2列車撮影」は
こちらにクリック!!

⑳新快特のブログ「いよいよ廃止前日!『寝台特急はやぶさ号乗車記』New.Version」はこちらにクリック!!

21.新快特のブログ「最後の旅路へ・・・・・」はこちらにクリック!!

22.新快特のブログ「さようなら!『富士・はやぶさ』号 思い出をありがとう!」はこちらにクリック!!

23.カナロコ鉄道ノート「プラチナチケット【さようなら、九州ブルートレイン】(1)」はこちらにクリック!!

24.カナロコ鉄道ノート「食堂車の青春【さようなら、九州ブルートレイン】(2)」はこちらにクリック!!

25.カナロコ鉄道ノート「家族の記憶【さようなら、九州ブルートレイン】(3)」は
こちらにクリック!!

26.カナロコ鉄道ノート「駅員と運転士の思い【さようなら、九州ブルートレイン】(4)」はこちらにクリック!!

27.カナロコ鉄道ノート「列車に生きたベテラン車掌【さようなら、九州ブルートレイン】(5)」はこちらにクリック!!

28.オーミヤの鉄道日誌「東京駅からブルートレインが消える時」はこちらにクリック!!

29.オーミヤの鉄道日誌「『新14系』の始まりを伝える」はこちらにクリック!!

30.オーミヤの鉄道日誌「3年前の富士・はやぶさ号の注目度」はこちらにクリック!!

31.編集長敬白「『富士・はやぶさ』明日ラストラン。」はこちらにクリック!!

32.編集長敬白「さらば『富士・はやぶさ』、ついに最後の日。」はこちらにクリック!!

33.鉄道写真美術館♪「さようなら寝台特急『富士』&『はやぶさ』[14系客車](東京にて)」は
こちらにクリック!!

34.UZ's View「はやぶさよ、永遠なれ」はこちらにクリック!!

35.鉄道ニュース「“富士”・“はやぶさ”,1列車・2列車として最後の運転」はこちらにクリック!!

36.鉄道ニュース「“富士”・“はやぶさ”,最後の運行」は
こちらにクリック!!

37.鉄道ニュース「大分駅で“富士”の出発式」はこちらにクリック!!

38.鉄道ニュース「2009年3月14日,ブルートレイン最後の九州入り」はこちらにクリック!!

39.鉄道ニュース「“はやぶさ”最後の力走」はこちらにクリック!!

40.鉄道ニュース「“富士”・“はやぶさ”客車,返却回送」はこちらにクリック!!
 
41.鉄道ニュース「“リバイバル富士”運転」は
こちらにクリック!!

42.鉄道映画女優史絵.オフィシャルブログ「ありがとう。。。」は
こちらにクリック!!

43.八草きよぴ非公式モリゾー愛ブログ「さよなら寝台特急・富士★はやぶさ記念弁当」は
こちらにクリック!!

44.ありのゆくみち(みさき日記2038年版)「何度京浜東北の窓越しから『よっしゃ、今度の休みは九州に旅にいこう!』と思ったことか」はこちらにクリック!!

45.鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』「ブルートレイン『富士・はやぶさ』引退の夜」は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(16)  コメント(6)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

次回はスペシャル記事を掲載予定!! 観客動員数385日連続1日4ケタで、130萬人突破!! [波瀾万丈伝]

P1380977a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年5月14日(木曜日)で観客動員数は130萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆ここまでの2009年の汽車旅1シリーズ

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13  

「2009年の汽車旅1-2」は2009年5月18日(月曜日)以降の掲載となります。掲載まで、しばらくお待ちください。

◆2009年5月11日(月曜日)から5月14日(木曜日)までのmixi日記

■2009年5月11日(月曜日)
本日2000人突破?!
 

2008年12月14日(日曜日)にmixiデビューしてから、5か月が経過。意外とハマッちゃったけど、もしかすると、この時点で1993人のため、誰かさんが2000人目になる可能性はあります。誰なんだろう? ドキドキしちゃうね。  

私は100人目以降、50人ごとに来場者メールを受信しているのだけど、“今までの数を公表していいのだろうか?”と考えているところです。また、マイミクの数も100人を越えました。ありがたいことです。皆様に感謝!!

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-11です(You Tubeはこちらです)。



■2009年5月12日(火曜日)
民主党は本当に政権が取れるのか?

2009年5月11日(月曜日)、民主党の小沢一郎代表が辞任した。公設秘書がカネをちょろまかして、パクられてから2か月、本人がズルしたわけではないので、辞任する必要性はないが、党内混乱を招いた責任を取るのが理由らしい。

私は民主党に憲法9条の次にある疑問があった。

それは小沢代表が首相を務まることかどうかである。過去の代表経験者のほうが首相にふさわしいのではないかと思ってからである。これは健康面で不安を抱えている情報が流れていることもあり、長期政権ができるかどうか微妙だし、テレビ越しから見て、力強いところが感じられないのだ。

私が21年前に見た小沢代表(当時、民主党は存在していなかった)は“将来は首相になるだろう”と思っていた。どっしりしており、「俺について来い!!」という鋭い目つきをしていた記憶があるけど、今は柔和になっているように思う。別に鋭きゃイイというワケじゃないけど…

新しい民主党の代表は今週中に決めて、解散総選挙に備えるようだが、本当に政権を取って、誰もが住みよい日本を作り上げれば文句はない。しかし、民主党政権はどのくらい持つのか? また、今後は首相の所属政党がコロコロ変わり、アメリカのような“戦国政治”になるのかが気になるところだ。

自民党は江戸時代以前にたとえるなら、「幕府」だろう。自民党を倒幕して、結果がイイ方向へ、すぐに出る人間を首相にしてほしいものだ。

貴方は悪党党と太田総理、どちらを支持しますか?  

※本日のRailway Blogはお休みです(You Tubeは
こちらです)。



■2009年5月13日(水曜日)
太田光、44歳  

毎年、5月13日は爆笑問題太田光の誕生日だ。昭和40年(1965年)生まれなので、今年で44歳を迎えた。

私は20代で1番影響を受けたのが太田光で、初めて『タモリのSuperボキャブラ天国』で見たとき、“これは第2のビートたけしになる”と確信した。そして、今はビートたけしと肩を並べる文化人に躍進し、世間から「太田総理」と呼ばれるほどになった。私もこの2人と肩を並べたいと日々、精進している。  

私は鉄道だけではなく、時事問題などで筆(「キーボード」と言ったほうが正しいか)を奮い、「文化人」と呼ばれるよう、邁進。「世間」というほど知名度は高くないが、周囲は「鉄道」というイメージでしか見られていないような気がする。

今後は「政治の話がよく似合う」と言われるよう、頑張らないとぉー。もちろん、鉄道の仕事で執筆するのは嬉しいし、ありがたいことなんですよ。版元さんが私を選んでいるのは、腕が見込まれているのだから。

最後にひとこと。


「国民は太田総理を見習え!!」

「鉄道が好きならば、政治にも興味を持て!!」

ひとことのつもりが、ふたことになっちゃった。  

※本日のRailway Blogはhttp://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13です(You Tubeは
こちらです)。



■2009年5月14日(木曜日)
さすらいのライターである理由


mixiのニックネームで、私は「さすらいのライター」と名乗っているが、これには理由がある。

それは「フリーライター」だと相手に対し、インパクトがないからである。ようはフリーライターや作家という身分でも、「紀行作家」、「フリー作家」、「レイルウェイ・ライター」、「トラベルライター」、「フォトライター」、「リュウライター」と名乗っている人がいるから、私もそうしたいのである。例えば、新聞記事で「フリーライターのxさん」より、「さすらいのライター、岸田さん」のほうが読者はなにかを感じ取るかもしれない。

以前にもお伝えした通り、今年1月に名刺を新調したが、そこには「さすらいのライター」の9文字がある。人によっては、ウケるみたいね。以前、いただいたある人の名刺は、きっぷの入鋏をするデザインになっており、こっている。

※本日のRailway Blogはお休みです(You Tubeは
こちらです)。



◆世界の国旗クイズ第28問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは第28問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?


世界の国旗クイズ第28問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数131萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。


★観客動員数129萬人から130萬人へのあしあと

・2009年5月11日(月曜日)…129萬1000人突破

・2009年5月11日(月曜日)…129萬2000人突破

・2009年5月12日(火曜日)…129萬3000人突破

・2009年5月12日(火曜日)…129萬4000人突破

・2009年5月12日(火曜日)…129萬5000人突破

・2009年5月13日(水曜日)…129萬6000人突破

・2009年5月13日(水曜日)…129萬7000人突破

・2009年5月13日(水曜日)…129萬8000人突破

・2009年5月13日(水曜日)…129萬9000人突破

・2009年5月14日(木曜日)…130萬人突破!!  

DSC_0686a.JPG

次回は「観客動員数130萬人突破記念スペシャル!!」をお伝えする予定です。本当にタイミングよく、このタイトルがつけられたので、ビックリしております。  

皆様、次回もお見逃しのないよう、お願い申し上げます。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2009年の汽車旅1-1 [汽車旅2009]

◆デジタル一眼レフカメラで旅立ち

DSC_0038東京a.JPG

2009年3月6日(金曜日)、JR東日本東京へ。東海道本線10番線はすでに快速〈ムーンライトながら〉大垣行き(6号車指定席クモハ373-4:豊橋から自由席)が入線しており、寝台特急〈富士・はやぶさ〉ほどではないが、レールファンがぼちぼち集結。定期運行がもうすぐ見納めになるため、目に焼きつけるかの如く、撮りまくる。果たして、373系は完全撤退となるのかどうかが気になっていたが、2009年3月14日(土曜日)のダイヤ改正で、東京-静岡間の普通電車運用は続投されている。

DSC_0045a.JPG

指定された6号車へ。いったん、荷物を網棚に置いて、再びホームで車番チェックと撮影をして戻ったら、隣席にビジネスマンの姿があった。快速〈ムーンライトながら〉はビジネスマンの足でもあるが、1か月前から出張が決まっていたのだろう。ただ、車内検札のときに青春18きっぷを持っており、出張交通費も不況の影響を受けているようだ。

さて、私は2009年3月1日(土曜日)にNikonのデジタル一眼レフカメラ(通称、「デジイチ」)、D90を3年ローンで購入した。D90はデジイチでは初めて、動画撮影が可能となった。2008年7月12日(土曜日)にNikon Digital Liveへ行ったときはD700を試し撮りしたが、メチャクチャ重かった。このD90はそれほどでもない。しかし、フイルム一眼レフカメラのミノルタ製(46000円ほど)に比べると、デカい。

デジイチに関心を持ったきっかけは、2007年12月9日(日曜日)に行った中井精也カメラマンの個展で、パネルを見て衝撃だった。“もう1度、一眼レフカメラを持ちたい”と思うようになったものの、当時、コンパクトタイプのデジタルカメラ(通称、「コンデジ」)には動画機能がついていたものの、デジイチにはなかった。すると、Nikonのイベント後にD90が発売。おまけに私がこだわるSDメモリーカード対応だったため、即決したが、すぐには買わなかった。ちょうど私の妹が妊娠していたため、“予定日までに買えばいいだろう”と楽観視していたからである。しかし、予定日より3週間早く、甥っ子が生まれ、私は帰京の最中。おまけに翌日は大晦日で、元旦の初日の出に備えて静養していたため、量販店へ行く気になれず、正月はコンデジで、生まれたばかりの甥っ子に愛情を注いだ。  

デジイチを買う絶好のチャンスを逃したかに思えたが、大きなきっかけが訪れる。

それは雑誌で取材することをなり、私が撮影することになった。撮影技術がないため、編集担当者には「コンデジしかありませんよ」、「カメラマンはつけないんですか?」と言って、カメラマンをつけてもらおうとしたが、にこやかに「大丈夫ですよ」の即答。でも、“俺が撮るわけだから、納得のいくものができるだろう”とプラス志向で快諾。しかし、手ブレ補正機能がついても、ブレるものはブレるため、“ほかの雑誌に比べて、劣るようなものは許されないだろう”と思い、清水の舞台から飛び降りるつもりで購入。さっそく自宅沿線で試し撮りをしたが、購入当日と5月2日(土曜日)に50代過ぎた見知らぬ男性2人に声をかけられており、デジイチに関心がある様子だ。  

今後はコンデジを引き続き、使ってゆくが、今回は2006年1月14日(土曜日)以来となる一眼レフカメラの旅となる。そして、今後の旅の方向性を探ってみようと思う。もっとも、“旅活”よりも“婚活”のほうが先なのだが…

◆373系の隠れた設備  

珍しく(?)、定刻通りの23時10分に発車。200系リニューアル車の国鉄復刻色に見送られる。

DSC_0056a.JPG



次は横浜  

23時18分に品川を発車すると、6号車12D窓側に坐っている男性客がカーテンの横にあるフックを動かすという“荒技”を目撃。“いったい、これは?!”と衝撃を受けた。私も試しにやってみると、動いた。部屋にカーテンレールがあるように、373系のフックにもレールがあるのだ。これだと好みの位置に動かせるので、使い勝手がいい。  

快速〈ムーンライトながら〉大垣行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
大垣1ク ハ372-7豊橋まで指定席
 2サ ハ373-7豊橋まで指定席
 3クモハ373-7豊橋まで指定席
 4ク ハ372-4豊橋まで指定席
 5サ ハ373-4豊橋まで指定席
 6クモハ373-4豊橋まで指定席
 7ク ハ372-1豊橋まで指定席、名古屋止まり
 8サ ハ373-1豊橋まで指定席、名古屋止まり
東京9クモハ373-1豊橋まで指定席、名古屋止まり

車内検札ではSuicaの精算客が多い。私は券売機でSuicaを使って、小田原までの乗車券を購入しているが、Suica精算客は定期券機能がついている方が多く、車内で「ピッ」ができると思い込んでいるようだ。JR東日本はいつか、Suica対応ハンディー精算機を開発するだろう。  

さて、デジタル一眼レフカメラは、サービスでいただいたカメラバックに入れているが、これを抱えて寝るのはちょっとつらい。今後は“夜行快速(座席夜行)はコンデジ、通常はデジイチ”にしたほうがよさそうである。  隣席のビジネスマンはA4サイズのノートパソコンで、“残業”に励んでいた。私も小型のパソコンを持っていこうかと考えたが、今回、使う必要性がないので、持っていかなかった。


◆自由席区間が災い?  

日付は3月7日(土曜日)に変わり、小田原まで身体は持たず、0時20分頃に就寝。旅というのは規則正しい生活ができるので、普段は2時頃に就寝していることが多い。  

快速〈ムーンライトながら〉は平成10年(1998年)4月3日(金曜日)に初乗車。最初の2回はみどりの窓口で、発売日の10時に購入したが、9号車しか席が取れず、あわや満席になるところだった。そして、3回目以降は旅行代理店に任せている。その結果、下りの“名古屋席(東京-名古屋間、指定席)”をことごとくGETしてきた。まれに満席になることもあったが、キャンセル待ちでGETしたこともある。しかし、2007年3月18日(日曜日)のダイヤ改正で、下りはすべて、東京-豊橋間が指定席となったため、7~9号車という“ハズレ席(名古屋で切り離し)”に当たることが多くなってしまい、ダイヤの変更とともに、サービスが低下しているように思えてならなかった(旅行代理店はなんの責任もない)。  

最初の頃はよく眠れなかったが、慣れてくると、よく眠れるようになった。快速〈ムーンライトながら〉は何度も利用した“定番の宿”だったが、利用客の減少を理由に2009年3月14日(土曜日)のダイヤ改正で、臨時運行のみとなってしまう。夜行高速バスに負けないサービスを展開しておれば、こういう筋書きを描くことはなかったのではないだろうか。  

気がついたら、JR東海に入っており、浜松の長時間停車で目覚める。隣りの東海道新幹線ホームは灯りが煌々(Kohkoh)と輝いており、営業運転は6時まで動かないワリには“朝”が早い。保線作業の都合なのだろうか。  

再び寝入ってから、気がつくと、5時30分を過ぎていた。すでに指定席から自由席に変わっており、立客が目立ってくるようになる。旧来の大垣夜行を引き継いだがゆえ、効率を重視したため、自由席区間は落ち着かない。下りを全区間指定席にしなかったのは残念だ(臨時快速〈ムーンライトながら91・92号〉は全区間指定席)。  

快速〈ムーンライトながら〉大垣行きはなぜか2分遅れており、金山は中央本線の普通電車高蔵寺行きを待たせて接続し、名古屋に到着。7~9号車は切り離され、1~6号車へ移動する利用客が続出。デッキは“群れ”を作っているが、3月の寒さが消えないとはいえ、暖房がかかっていないのはシャクだ。


「ピーッ、ピーッ、ピィーッ!!」  

名古屋から6号車が最後部となったため、車掌の笛の吹き方は小学校の運動会で行なわれる組体操っぽい。  

穂積が近づくと、雲が主体の空模様だったが、煌々と朝日が輝き、定刻通り、6時52分、終点大垣1番線に到着した。


◆京都で危機一髪!!  

DSC_0059大垣a.JPG

終点大垣でいつも通り、2番線へまわり、普通電車(高槻-西明石間は快速)神戸方面加古川行き(1号車クハ221-2:弱冷車、ローレル賞のプレート)に乗り換える。

DSC_0061a.JPG


「プオーッ!!」  

発車1分前の6時56分、快速〈ムーンライトながら〉は大きな雄たけびをあげて、大垣電車区へ回送。その1分後、静かに淡々と普通電車(高槻-西明石間は快速)神戸方面加古川行きが発車。回送する快速〈ムーンライトながら〉を追い抜く。  

米原まではカーブが多く、レールはキレイに曲がっても、架線は直角。ピーンと直線を張っている。レールと架線のアンバランスさは面白いように思う。  


普通電車(高槻-西明石間は快速)神戸方面加古川行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
米原1ク ハ221-2弱冷車、ローレル賞のプレート
 2サ ハ220-2弱冷車
 3モ ハ220-2なし
 4サ ハ221-2なし
 5モ ハ221-2なし
大垣6クモハ221-2ローレル賞のプレート

東京地下鉄10000系第27編成の甲種回送とすれ違い、7時31分、米原2番のりばに到着。駅の改良工事はこの日から、5~8番のりばが完成。残る2・3番のりばは3月21日(土曜日)に完成し、新生米原駅はスタートを切った(東海道新幹線はJR東海管理駅のため、対象外)。ちなみに改良工事の概要は各のりばに登りエスカレーター、エレベーターの設置。みどりの窓口と在来線改札口を1か所に集約した。  

DSC_0065a.JPG

米原でJR西日本の新快速姫路方面網干行き(1号車クハ222-2002:弱冷車)に乗り換え。1・8号車は久々にヘッドマークがついた。そのヘッドマークは『あいたい兵庫デスティネーションキャンペーン』で、2009年4月から6月まで開催している。  

DSC_0067a.JPG

2005年4月25日(月曜日)に発生した福知山線脱線事故以来、アーバンネットワークはヘッドマークの掲出を見合わせていたが、問題山積で、解決の兆しが見えず、訴訟も起こされているという泥沼、底なし沼の状態が改善されないまま、解禁となったのである。  

DSC_0066a.JPG


7時48分に発車。車内の中吊り広告では大阪環状線、阪和線、東海道本線で終電の時刻が繰り上がることを告知。関西在住のブロガーが話題、または酷評する記事を拝見したが、利用客の言い分はよくわかる。福知山線脱線事故を機に終電の見直しを考えていたというが、運転士の体調を考慮したとはいえ、増員して業務体制を見直せば、終電を繰り上げる必要はない。もちろん、人件費はかかるけど、0時台の利用客が極端に減少しているわけではないのだから。

続きを読む


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

観客動員数381日連続1日4ケタで、129萬人突破!! [波瀾万丈伝]

記事数:785|nice!:3,214|総閲覧数:今日:4,168/累計:1,290,127|読者数:36
アクセスランキング:189位
ブログテーマ:旅行(6位/419ブログ中)

DSC_0449a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年5月10日(日曜日)で観客動員数は129萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆新型インフルエンザの恐怖  

世界的な猛威をふるっている新型インフルエンザは、ついに日本でもそれにかかった患者さんが発生しました。今後も新型インフルエンザにかかる日本人が増えるかもしれませんが、「水際対策」で疑問に思っていることがあります。  

それは空港にこだわり過ぎていることです。報道では空港でしか水際対策をやっているようにしか思えないようなことを流しておりますが、港湾設備でもやっているかどうかが気になります。  

日本とアメリカ、メキシコ、カナダなどを結ぶ旅客航路は私の知る限り、ありませんが、もしかしたら、あるのかもしれません。ただ、貨物船(貿易船)はあります。当然、そこにも人が乗るわけですから、そこも徹底していた場合、私の情報入手不足で謝りますが、やっていないとなると、恐ろしいです。  

1日も早く、その猛威が解消されることを願っております。世界の人々が安心して、暮らせる世の中を待ち望んでいるのですから。

◆適当にホームページやっています  

さて、私は現在、ヒマな時間を見つけてはホームページのコンテンツ作りに精を出しているところです。  

ホームページ名は『岸田法眼のRailway Studium.』で、制作目的はカメラマンになる気はないのだけど、ビジュアル面を強調したいこと、仕事実績一覧をどこにあるのかわかりやすくしたいということですね。ただ、更新頻度はRailway Blogよりも少ない方向にする予定です。こういうのは外部のスタッフがいればいいのでしょうが、残念ながら、そこまで知名度は高くなく、出せる費用もありません。  

興味のある方は
こちらへどうぞ。但し、完成時期イコール、グランドオープンは未定です。

◆2009年5月5日(火曜日・こどもの日)から5月10日(日曜日)までのmixi日記

■2009年5月5日(火曜日・こどもの日)
5月5日はなんの日でしょう?  

世間では5月5日を「こどもの日」という祝日になっているが、もう1つあることを御存知だろうか?  

それは十数年も前になるだろうか、当時、巨人に在籍していた松井秀喜選手は5月4日(当時は「国民の休日」)、ヒーローインタビューで東京ドームのお立ち台にあがったときに言った。

「明日は5月5日、ゴジラ松井の日」  

アメリカで、松井選手は5月5日にホームランを放つことを願っている。  

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-05です(You Tubeはこちらあちらです)。





■2009年5月7日(木曜日)
買わなきゃダメだよ、このCD。ラジオでも流してほしい、あのCD。  


2009年5月6日(水曜日・振替休日)、新星堂某店にて、今年初となるCDを購入した(CDを購入するのは『相棒』のサントラ以来となる)。

久しぶりに買ったのは水谷豊のニューシングル、『大丈夫だよ/シルエット』で、いわゆる“ダブルA面”ってヤツ。いやぁー、この日を楽しみにしていたので、発売日にGETした(新星堂は発売日の前日に即販売することが多い)。

帰宅後、さっそく聴く。最近は平成4年(1992年)春に購入したCDラジカセがプロ野球シーズンのラジオ専用に化してしまっており、ノートパソコンで聴く。これならCDを取り込むことができるため、ラクなのだ。 聴いているとテンポのいいリズムで、何度聴いても飽きない。実は昨年発売した水谷豊のセルフカバーアルバム、『TIME CAPSULE』は年間でもっとも多く聴いた。個人的に“買いたくなるCD”というのはめったに出さない人、役者さんが多く、歌手モノは少ない。  

『大丈夫だよ/シルエット』はぜひ、御覧の皆様にはお買い求めいただき、ラジオ番組でも流してほしい。“電リク”や“葉リク”を受けつけているところなら、ジャンジャン、リクエストしてほしい。今年も『紅白歌合戦』の勇姿を見たいしね。  

久しぶりに新星堂でCDを購入したが、意外なことにポイントカードは磁気タイプから、再びスタンプカードに戻った。原点回帰なのだろうか。それとも、CDの購買率が低下したため、巻き返しの一環なのだろうか? 新たに渡されたスタンプカードは1年間有効である(磁気タイプは無期限のようだった)。  

注目の新曲はもう1つあり、5月下旬に鉄道アーティスト、小倉沙耶さんのシングルCD(ダブルA面)、『アケチで見つけたスローライフ/岩泉』が発売される。

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-07です(You Tubeはこちらです)。



■2009年5月8日(金曜日)
国民は政治家に噛みつけ!!

こちらは加筆・修正及び、タイトル改名により、Railway Blogで掲載済みです(こちらへどうぞ)。  

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-08です(You Tubeはこちらです)。

 

■2009年5月10日(日曜日)
あーあ、夜が明けちゃったよ  


このところ、徹夜グセがついちゃったみたいで、まいっちゃうんだけど、先ほど、Railway Blogを更新。思った以上に手間がかかっちまった。少し寝て、1日も早く、あの場所へ行きたいなと思っている(今日もムリかも…)。  

皆様、今のうちに2000円を確保していただければ、さいわいです。皆様からおカネを借りるわけではございませんので、御安心を。 なお、2000円の使い道の御案内は今週中にさせていただきます(業者さんは相当、気合いが入っています)。  

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-10です(You Tubeはこちらです)。



◆世界の国旗クイズ第28問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

世界の国旗クイズ第27問.JPG

さて、第27問はこちらでした。それでは、正解を発表いたします。

正解はこちらです。

正解はこちらです。


nice!(14)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

まだまだ1800系2009Ⅱ [汽車旅2009番外編]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方はURLにクリックして下さい。

・観客動員数128萬人突破記念、まだまだ1800系2009
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-08

◆タンポポとたんぽぽ  

終点東武日光で下車。窓口に入ってみると、この日の特急のほとんどは満席。東武日光から発車する特急は残り4本で、あとは特急連絡下今市行きに乗り、終点で乗り換えとなる。昔は浅草発の午前が特急スペーシア〈けごん〉、午後が特急スペーシア〈きぬ〉というダイヤパターンだったが、現在は後者主体に変わっている。  

DSC_0497a.JPG

注目なのは特急〈スペーシアきぬがわ〉〈日光〉の種別を「JR特急」と案内していることである。市販の時刻表では「特急」としか案内していないが、JR線でも「東武特急」という案内はしていない。全車指定席ではあるものの、誤乗防止を意味しているのだろう。観光客は国鉄産車両で運行する特急〈日光〉〈きぬがわ〉の乗車にためらいはないのだろうけど、私は特急〈スペーシアきぬがわ〉以外、乗る気になれない。しかし、JR東日本はこのほど、特急〈成田エクスプレス〉の2代目車両、E259系が入団したので、初代の253系を特急〈日光〉〈きぬがわ〉にまわしてくれたら、乗車意欲が沸くのかもしれない(たぶん、グリーン車に乗るだろう)。  

駅舎を出て、滞在時間が短くなった日光をどう過ごせばいいのかを考える。ダイヤ変更は“日帰り1800系”にこだわる人にとって、嬉しいやら、悲しいやらのいずれかになるだろう。  

DSC_0506a.JPG

東武日光線沿線と言っても、6番線からそう離れていないところにコインランドリーを発見。世界的観光地に生活のニオイがする場があるのは意外に思える。洗剤不要のコインランドリーで、これって、住民向けなのか、観光客向けなのかが気になるところ。ちなみにこの時間、利用している人は誰もいなかった。

DSC_0508a.JPG

付近には東武が管理するゴミ集積所があり、制服着用の従業員は踏切のない線路上を歩くことが許されている。そして、東武日光線とJR東日本日光線(次からは「JR日光線」と記す)の交差地点を覗くが、6番線に止まっている1800系の撮るものの、雑草が多くて撮りづらい。プロのカメラマンなら、立派な芸術作品になるだろう。  

東武日光のホームは意外と険しい位置にあり、ホーム先端の下今市寄りにJR日光線がある。もし、記録的な大雨が降ってしまうと土砂崩れが起こる危険性があるように思う。しかし、昔とは違い、この位置までJR日光線の電車が足を踏み入れることはない。  

DSC_0510a.JPG

東武日光線の沿道を歩く。線路沿いにタンポポがあり、なぜかモーニング娘。の分割ユニット、平成11年(1999年)放送の『号外!! 爆笑大問題』を思い出す。後者の目玉コーナーは「今週のコラム」で、毎週、太田光の多事暴論(?)で締めくくっていたが、ある日、モーニング娘。をテーマに取り上げた。この当時、モーニング娘。にはメンバーが1人脱退し、新たに後藤真希が入ったのだが、太田はこう言った。


「後藤真希、19歳」

その直後、相方の田中裕二やキャスター役の渡辺正行に「13歳」と突っ込まれ、太田は「エッ?」と青ざめていた。そのあと、太田はこう続けた。

「矢口真理16歳、たんぽぽ(たんぽぽは、ほかに2人いた)  

「今週のコラム」は2002年10月に番組が『爆笑問題のススメ』にチェンジしてから、「今週のあとがき」として、内容そのままで継承された。ちなみに私も実際にコラム(多事暴論の漫談)を作ったことがあるけど、難しいよ。なんせ、ボケて、ひねって、うならせなきゃいけないから。実際にウケた作品もあるけど、ネタに行き詰まると、どうしてもシモネタに走るため、全55作中の半分近くはそうなっちゃっている(Railway Blogで公開できるのかなぁー?)。その分、「らりるレビュー」は放送禁止用語以外、思ったことを書きたい放題に書きゃいいので、カンタンなのだが…

◆日光駅を探検する  

DSC_0514a.JPG

沿道を歩き続けると、ちょうど6050系の特急連絡がポイントを渡り、4番線へ足を向けるようだ。ポイントを渡る際のレールと車輪の摩擦音は動画撮影をしても、迫力はあるだろう。  

次に臨時特急〈きりふり240号〉浅草行きと1800系のツーショットとができるとにらんだ。ホームだと東武動物公園寄りでしか撮れないが、走行中の臨時特急〈きりふり240号〉浅草行きと止まっている1800系が撮れるとにらんだ。沿道だと350系は半分しか写らない。  

DSC_0522a.JPG

やがて、臨時特急〈きりふり240号〉浅草行きが発車すると、チャレンジ。んー、成功した。これは350系だから成功したのであり、300系であれば発車前に撮影すれば済む。もし、連れがいたら、俺のコンデジを使わせて、動画撮影を頼んでいただろう。  

東武日光線のガード下をくぐり、JR日光線の跨線橋へ。ずいぶん古そうで、道幅は狭い。宇都宮寄りの東武日光線側は、スペースが広大な留置線があり、昔、かなり線路が敷かれたのではないかと思う。今は2本に減っているが、使われているかどうか。  

DSC_0533a.JPG

自動的にポイントが切り替わったので、今市からの普通電車(日光14時14分着)を待つものの、ずいぶん時間がかかり、ようやく、やって来た。107系はオリジナルカラーだが、塗装変更車が出現しており、順次、塗り替えられる模様だ。  

DSC_0538a.JPG

跨線橋を下り、日光駅へ。ホームの宇都宮寄りに団体出口がある。今や伝説となっているが、国鉄と東武は“日光街道”で火花を散らしあっていた。国鉄は多くの利用客が円滑に降りることができるように作られたものと考えられる。こういう場所を見ると、JR西日本大社線大社駅(1990年3月31日で営業終了)を思い出す。ちなみに国鉄が“日光街道”に白旗をあげたのは意外な気がするものの、昭和57年(1982年)11月14日(日曜日)で、急行〈日光〉が劣勢になっていても抵抗していたのである。JR東日本になってからは臨時特急〈日光〉を運行していたが、2006年3月18日(土曜日)、JR東日本と東武がタッグを組み、新宿発着で運行され、特急〈日光〉〈きぬがわ〉〈スペーシアきぬがわ〉が誕生した。  

Suicaで入場券を購入。JR日光線は2009年3月14日(土曜日)のダイヤ改正で、Suicaが使えるようになった。これは東京近郊区間をさらに拡大したことによるもので、日光線は以前からそのエリアに入っているが、Suicaが使えることになったことで、日光も「首都圏」の仲間入りを果たしたことになるだろう。


東京近郊区間拡大表
路線名拡大区間備考
烏山線全線Suica未対応
上越線渋川-水上間以前は高崎-渋川間
常磐線高萩-いわき間以前は日暮里-高萩間
総武本線成東-銚子間以前は東京・御茶ノ水-成東間
内房線君津-安房鴨川間以前は千葉-君津間
外房線大原-安房鴨川間以前は蘇我-大原間
鹿島線全線Suica未対応
成田線成田-松岸間以前は佐倉・我孫子-成田空港間
久留里線全線Suica未対応

 

1番線から普通電車宇都宮行きが定刻通り、14時20分に発車。1番線をゆっくり眺めるとしよう。

DSC_0543a.JPG

JR日光線は世界遺産である日光を意識してか、クラシックルビーブラウンをラインカラーに設定。駅名盤やベンチ、自販機を徹底的かつ、積極的にクラシックルビーブラウンを使い、極力、デザインが統一されている。また、メインで使う1番線はLED照明を採用しており、頭上の案内表示、駅名盤も使われている。ただ、天気が悪くないのに早いうちからLED照明を使うのはどうかと思う。いくら蛍光灯より消費電力を低減しているとはいえ、空の明るさを考えてからにしてほしい。  

DSC_0562a.JPG

隣りの2番線と跨線橋は普通の蛍光灯が使われている(なぜか、跨線橋も蛍光灯が点灯していた)。駅名盤は日光線仕様になっており、おそらく、そこはLED照明であると思われる。また、2番線の向かい側は3番線跡地で、東武に白旗をあげた痕跡といえるだろう。バラストのスペースは意外とあり、昔は線路を敷いて、留置線にあてていたのだろうか?  

DSC_0573a.JPG

1・2番線の違いは照明だけではない。上屋にもあり、1番線は下の部分以外、木製なのに対し、2番線は鉄骨だが、一部は不要になった古レールが使われている。  

DSC_0588a.JPG

15時14分、1番線に普通電車宇都宮行きが4両で入線。先ほどの電車が発車してから、この電車が入ってくるまでのあいだ、東武日光線は6050系と300系の臨時特急〈きりふり260号〉浅草行きの回送が通っており、JR日光線は差をつけられてはいるものの、JR東日本は独自色を展開して、新たな魅力を開拓している。次に日帰りとなるのならば、JR日光線の利用を考えてみたい。ちなみにJR日光線は一部の駅以外、ドアは半自動扱いとなっている。

JR東日本日光線日光駅データー
ホーム全長上屋の全長照明
1番線11両分6両分LED
2番線7両分4両分蛍光灯
①長さは1両20メートルで換算。
②当方の目視調査ですので、正確であるという保証はまったくありません。

◆本当に世界の国旗にもなる1800系  

15時25分頃、東武日光駅に戻る。5番線では300系の臨時特急〈きりふり260号〉浅草行きの発車時刻がせまっているが、すでに満席。向かいの6番線は早々と臨時快速北千住行き(6号車クハ1819)に乗る人たちが列を作っており、ドアが開くのを待っている。日光の常連観光客は“16時03分発の臨時快速はいいゼ”という認識を持っているかのようで、人気はジワリと上昇している。  

DSC_0604a.JPG

臨時特急〈きりふり260号〉浅草行きのドアが閉まったことを確認するかの如く、臨時快速北千住行きのドアが開く。さいわい、6号車は並んでいる利用客は少なく、ラクラクGET!!  

DSC_0614a.JPG

発車時刻まで30分ほどあるので、撮影にいそしむが、1800系のヘッドマークははめ込み式ではなく、差し込み式に気づく。運転開始時、ヘッドマークは固定されていたが、のちに急行〈りょうもう〉の指定便で、定期券の利用が可能になったため、専用のヘッドマークを用意した「ビジネスライナー」と銘打ち、現在の様式に変更されている。とってに手をかければ、自由自在に変えられるということだが、盗難にあいやすいともいえる。  

世界の国旗クイズ第4問

さて、Railway Blogでは「世界の国旗クイズ」をやっており、おそらく、“バカバカしい”と思っている方もいると思うが、以前、0系はアングルによって、日の丸になることを御紹介した。そして、1800系もアングルによって、世界の本当の国旗になることを御存知だろうか?  

それは4か国もあり、インドネシア、オーストリア、ポーランド、モナコである。

DSC_0608(世界の国旗、インドネシアとモナコ).JPG

※インドネシアとモナコの国旗

世界の国旗、ポーランド

※ポーランドの国旗

 
世界の国旗クイズ第12問.JPG

※オーストリアの国旗

世界の国旗、ペルー(参考).JPG

※中央にエンブレムがあれば、ペルーの国旗になる。

インドネシアとモナコは上が赤、下が白。ポーランドはその逆。オーストリアとは上と下が赤、中央は白である。惜しいのはペルーで、左と右が赤、中央は白で、そこにはエンブレムが入る。残念ながら、1800系にはエンブレムがない!! ちなみに似た塗装をしている京浜急行電鉄初代1000形でも、本当の世界の国旗ができる。

これで、鉄道車両は世界地理にも役立つことが証明された?! 


◆30000系臨時快速にレールファンの血が騒ぐ  

DSC_0626a.JPG

15時37分、5番線に30000系の臨時快速東武動物公園行きが入線。発車時刻は16時44分なので、よっぽどのモノ好きでもない限り、先に発車するほうを選択するものだが、車掌はもうドアを開けて、利用客を待っている。16時30分頃までパンタグラフを下ろして、休ませたほうがいいように思うが、方向LEDは「回送」からなんと、「快速東武動物公園(英文字省略)」と表示。今まで東武の通勤形電車による臨時快速は「臨時」表示で、“やればできるじゃん”ってことになるのだけど、30000系は過去、2003年3月29・30日(土・日曜日)に中央林間-東武日光・鬼怒川温泉間で運行(往路は2003年3月29日、復路は3月30日)された臨時快速(東京急行電鉄田園都市線内は急行)〈3社直通運転記念号〉で、東武内は「快速」と表示されている。通常の快速とは違い、曳舟と南栗橋に停車していたが、当時も快速の表示は現在の急行と同じ、赤地に黒の抜き文字となっていた。  

DSC_0641a.JPG

〈3社直通運転記念号〉は30000系第5編成を使用したが、この日の臨時快速東武動物公園行きは奇しくも同じものを使っている。私は30000系の臨時快速に興味をそそるものの、ここは気を引き締め、初志貫徹、1800系に乗るとしよう。ちなみに30000系のドア上にある情報案内装置だが、無表示である。  

16時03分に発車し、下今市へ。ここで区間快速浅草行きに接続し、鬼怒川線からの利用客が乗り換える。鬼怒川線からの乗り換えは席にありつけないリスクがあるので、特急の座席指定をおさえておきたいところ。



次は新鹿沼  

16時12分に発車。下り坂とはいえ、スピードを出すわけにはいかず、適切な速度で進んでゆく。  

DSC_0648a.JPG

お天気は雲に覆われてしまい、[晴れ]てぃだの見え具合は鮮明ではなく、まるですりガラスから見るような色彩である。  

DSC_0622a.JPG

沿線でも撮影隊はおり、東武日光線は“獲物”が満載。きっと、30000系の臨時快速東武動物公園行きには驚くだろうが、方向LEDがキッチリ写るかどうか。  

復路は停まるたびに乗ってくるのがパターンで、下り坂を終え、新鹿沼を発車すると、平坦な道のりをラクラク快走する。

◆後世に語り継がれてほしい1800系

16時44分、新栃木に到着。往路は3番線だったが、復路は2番線に滑り込む。向かいの3番線には10000系の各駅停車南栗橋行きが発車を待っている。10000系は6両車を優先して、修繕工事に励んでおり、オリジナル車の数が減っている。

どうやら、ここで満席となり、立客が発生した。客室に吊り革、手すりがない。そして、往路は新鹿沼以外、最低1分停まっていたが、復路はあわただしく、30秒ほどで発車するところが多い。



次は東武動物公園 
ただいま南栗橋通過

利根川を渡り、東北本線をまたいで、南栗橋を通過。いよいよ、東武の首都圏に入る。東武の場合、首都圏エリアは東武日光線が南栗橋-東武動物公園間、東武線は久喜-押上・浅草間。野田線、大師線、亀戸線は全線になるだろう。  

DSC_0652(東武動物公園)a.JPG

杉戸高野台で減速し、17時25分、東武動物公園2番線に到着。団塊の世代等はいまだに旧駅名の「杉戸」と言うようだが、向かいの3番線には8000系修繕車の各駅停車浅草行きに接続。乗務員も交代し、17時26分に発車。東武線に入り、東武動物公園-姫宮間は踏切1か所が閉鎖された模様である。  

DSC_0654a.JPG

北春日部は各駅停車の追い抜きがなく、17時31分、春日部1番線に到着。ほどなくして、隣りの3番線に特急スペーシア〈きぬ129号〉鬼怒川温泉行きが到着。ホームにいれば、ツーショット撮影ができる。  

17時32分に発車し、次はいよいよ、終点北千住。東武動物公園から乗り込んだ車掌は「臨時快速浅草行き」とカン違いしているかのように、「次は北千住」と言っており、「終点」という言葉が抜けているのが気になる。  

野田線をくぐり抜けると、沿線では母親と幼な子の兄弟3人は1800系を見送る。母親にとって、1800系は「急行〈りょうもう〉」の車両と認識しているので、なつかしい思いで見ているのだろう。そして、子供に語り継がれるのではないだろうか。  

DSC_0655a.JPG

せんげん台で8000系修繕車の区間準急浅草行きを追い抜き、快調に進む中、近年、新しい踏切がお目見えしている。それは赤い点滅ランプが360度見渡せるもので、そのカタチはちょうちんか、ぼんぼりみたいだ。  

少し勢いが落ち、越谷で東京急行電鉄8500系の急行(押上から各駅停車)中央林間行きを抜き、草加-谷塚間で、200系「臨時」の方向幕を掲げた車両とすれ違う。これは臨時特急〈りょうもう71号〉館林行きで、「特急りょうもう館林」の方向幕を出せばいいように思うが、2009年6月6日(土曜日)のダイヤ改正で、特急〈りょうもう49・2号〉が浅草-館林間の運行となるので、“それまでの楽しみにとっておこう”という見方もできる(急行時代にも浅草-館林間の運行はあった)。しかし、臨時便に「臨時」の表示は東武のマニュアルなのだから、例外を除いては致し方ない。



次は北千住 終点  

DSC_0662a.JPG

あっち、そっち、こっちでも撮影隊が見られ、1800系に対する関心の高さをうかがうことができ、西新井を通過。2004年3月31日(水曜日)で閉鎖された西新井工場の跡地は大型マンション、リライズガーデン西新井となり、梅島と西新井が最寄り駅となる。  

リライズガーデン西新井は家族用の分譲マンションで、ガスを使わないオール電化、私が10代の頃から注目している免震構造、PASMOが自宅の鍵にもなるという画期的な建物で、2009年12月のオープンを目指している。しかも、価格が思ったほど高くはない。  

阪神大震災で免震構造の建物はビクともせず、注目を集めたが、私はそれ以前から耐震性よりも優れていると認識していた。これからの建物はすべて、免震構造に統一させるべきで、大地震が発生しても、1人の死傷者を出さないことが大切ではないだろうか。

DSC_0664(北千住)a.JPG

梅島を通過すると、車掌は終点北千住に到着する放送を入念に伝え、また、終点は浅草であることをカン違いしており、詫びていた。利用客は最初から「北千住行き」だとわかっているので、とくに混乱やブーイングはなく、17時53分、終点北千住4番線に到着。向かいの3番線には30000系の各駅停車浅草行きが待っており、早々と発車。ほどなくして、1800系は踏切を2つ過ぎたところにある留置線へ向かうのであった。




ただいま北千住 終点
コンデジで撮影



ただいま北千住 終点
デジイチで撮影  

◆まだまだ1800系2009延長戦  

DSC_0686a.JPG

終点北千住で下車し、徒歩10分ほどのところにある留置線へ。1800系は留置されており、南栗橋車両管理区春日部支所へ回送される。ただ、すぐ折り返すことはなく、いつになったら動き出すのか気になるところ。ほかにもレールファンが4人、その踏切にいたが、250系の特急〈りょうもう35号〉赤城行きが通過したあと、18時26分、1800系の回送は動き出した。



水谷豊の『カルフォルニア・コネクション』に例えると、1800系はこういう車両だ。

「♪あぁーつく燃ぉーえるぅ、季ぃー節がぁー、ぼくらのぉー、あーこぉーがぁーれぇー、運んでゆくぅーよぉー♪」

1800系、俺たちにはまだまだ必要だ。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!

 

②フリー百科事典『Wikipedia「国旗の一覧」』はこちらにクリック!!

③リライズガーデン西新井ホームページはこちらにクリック!!

④鉄道ニュース「東武1800系1819編成使用の臨時快速運転」はこちらにクリック!!

⑤参考文献として、東武鉄道刊行、『東武の車両 10年の歩み写真集』を使用。

⑥1800系備考一覧は
こちらにクリック!!

⑦岸田法眼のRailway Blog.「近未来予測車両-JR東日本253系-」はこちらにクリック!!

⑧岸田法眼のRailway Blog.「2002年の汽車旅11-前編-」はこちらにクリック!!

★おまけ





ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

政治2009 [らりるレビュー]

P1340573.JPG

「政治不信」

と言われて、いったい、何年になるのだろうか? 

年金問題が発覚した2007年以降、国民の政治不信は頂点に達している。政治イコール自民党不信を物語るかのように、2007年7月29日(日曜日)に行なわれた第21回参議院選挙は、民主党が第1党となったものの、衆議院第1党は自民党のままであるがゆえ、“ねじれ国会”という現象が生まれている。

それ以前には憲法第9条の問題がある。この憲法によって、我が国は戦争の参加を放棄し、昭和20年(1945年)8月15日(水曜日)に敗戦を認めたことにより、2年後の昭和22年(1947年)5月3日(土曜日)、日本国憲法に改訂し、現在に至っている。しかし、この日本国憲法はアメリカが持ち込んだものといわれている。そして、憲法第9条により、日本は“平和ボケ”と化している弊害もある。それは認めざるを得ない事実であろう。

昭和30年(1955年)11月15日(金曜日)、「自民党」の略称でおなじみ、自由民主党が発足。その後、ほとんどの内閣総理大臣は自民党の人間が就任している。自民党は高度経済成長期の原動力の一員になったことは確かなんだろうけど、人間の質をダメにしてしまい、少子高齢化に結びついてしまう世の中にしてしまった原因ともいえるだろう。それは「高度経済成長期」という言葉に甘えてしまった我々、日本人の責任でもある。

ところで、一部の政治家(おもに国会議員)がテレビに出演している姿を見るが、その理由の1つとして、「国民との距離を縮めていきたい」からだという。しかし、庶民と政治家は生活が違うし、考えも違う。金銭感覚も違う。これでは国民の距離を縮めても、庶民の暮らしぶりはわからないだろう。たとえ、テレビで政治家と庶民が話をしてもいても、番組としてはキレイごとにしたがるように思える。それに国民との距離を縮めたとしても、それは芸能人であり、困窮に苦しむ庶民ではない。それで「縮めた」といえるのか。

近年は政治家がブログをやる方もいる。でも、これが果たして、国民に伝わっているかどうかである。政治家がブログをやっているのも、国民との距離を近づけたいんでしょ? それともあれか、毎回の選挙で勝ち続けるために知名度を得たいのか? ブログを開設する理由がよくわからない。また、私は一部の国会議員や市町村議員とマイミクの関係にあるけど、そこへアクセスしても、「ログイン3日以上」が多い。忙しいんだろうけど、せめて、1日1回はログインしてほしい。これでは国民の声が届いても、手遅れになる危険性がある。

政治家ブログの場合、コメント欄を設けていないところが多いようだ(もちろん、コメント欄のある政治家ブログもある)。俺はRailway Blogをやっているから、政治家ブログにトラックバック欄があれば、問答無用にやっているだろう。読んでもらわないと困るからだ。

私は26歳を過ぎてから、鉄道を書く気はそんなになかった。鉄道というジャンルは万人ウケしないということもあり、万人ウケする分野のほうで勝負をしたかった。それでも知人には鉄道の話題、汽車旅のメールは送っていた。かつては鉄道抜きのホームページを5年間運営していたことがあるのだけど、ウケなかった(5年間で3萬人しか集客できなかった)。たまたま、“鉄道もやりたいな”と思うようになり、ホームページ開設の2年後にRailway Blogを開設。気ままにやっていくはずが、ウケるという大誤算にあう。

実は万人ウケしない分野が大ウケすることにしばらく悩んだ末、Railway Blog1本で勝負しようという気になった。その結果、昨年は『モハようございます。あの人はなぜハマるのか?』がきっかけで、様々な方とお近づき、お知り合いになる好運を得た。さらに雑誌や地方新聞で執筆する機会もあり、少々の知名度がついた。

2008年夏以降、汽車旅に関しては車中と立ち寄り先を1つに統合したが、それ以前は分けていた。そして、2008年12月より、再び時事問題で勝負したいと思うようになり、ウケずに閉鎖したホームページの原稿を引っ張り出して、旅の空でいるあいだを中心に掲載している。

さて、話には大いにそれたが、政治家というのは国民の声を本当に聞いているのかどうかが疑わしいと思うんだよね。自分の立場が悪くなると、話をそらして、ごまかそうとする印象を受ける。近年は『ビートたけしのTVタックル』や『太田光の私が総理大臣になったら… 秘書田中。』といった番組で、政治に対する関心が高まっている。とくに後者はマニフェストが可決したら、本当の国会に陳情することになっているのだが、実はまったくと言っていいほど、新しい法として、実行されていない。

最近、政治で話題になっているのは「天下り」と「世襲議員」だ。いずれも太田総理の出したマニフェストで、前者は可決、後者は否決されている。

世襲議員について思うのは、政治家というのは「職人」なのかということだ。たんなる家の名を汚したくないから、わざわざ政治家という道をあえて選んでいるのかもしれない。でも、政治家というのは、とても家業とは思えない。もし、家業とするならば、選挙に出る必要なんかないでしょ。世襲議員の影響で、カネがなくても選挙に出たいのに、政治家になれない者が多いはずだ。この国にそういう人はたくさんいるはずだよ。1番大切なことはカネのかからない選挙のマニュアルを策定することではないのか。以前、青島幸男は東京都知事選に出馬した際、表立った選挙活動はせず、マスコミを逆に利用したやり方で当選しており、費用はかかっていないのだ。

そして、天下り。太田総理は「天下りをした者は自給500円にします」というマニフェストを出して、可決させている。自民党も太田総理の怒りを受け入れたように思える。天下りを受け入れる余裕のある会社は求職中の人々を続々と雇えるはずだ。そういった発想がないから、平和ボケになってしまうんだよ。不況から抜け出せねぇーんだよ。

俺は国民に言いたいのは「政治家に対して、常に厳しい目を向けろ」ということだ。国民は政治家(とくに国会議員)を「国民の代表」とこれからも言い続けるのならば、期待するのではなく、結果を求め、結果を出してから期待してほしい。どうも日本人は「期待」という言葉の使い方を間違っている。なんでもかんでも初対面、初当選だけで「期待」すればいいということではないし、その言葉を安易に使ってはいけない。そりゃ俺だって、政治家ではないけれど、全国に名の知られるような商売をしているのだから、厳しい目を向けられるのは宿命だし、それを承知でこの世界に飛び込んだのだ。政治家もモノ書きも、常に地獄と隣り合わせである。

政治家、とくに野党に言いたいのは国民に己のココロをつかみたいのなら、「政権を取れ」ということだ。ゴールデンウィーク中、上野で平和憲法を守ることを訴えていたらしいが、ある議員さんの手記(「パソ記」と言ったほうがいいのかな?)を見ると、情熱が伝わってこないんだよね。「ただ、しました」という感じで、思いはあっても、力が伝わってこない。それはただ、訴えるだけじゃ人々のココロに届かないでしょ。よく、都内で日本共産党が週に1回、演説をしているけど、みんな通り過ぎるだけで、ほとんど伝わらない。新聞赤旗を配っても、受け取らない人が多い。それは政治に関心がないこともあるんだろうけど、何年か前の選挙で「確かな野党」という寝ぼけたことを言っているからだ。野党を自慢するな。そんなに人々の心をつかみたいのであれば、政権取れよ。そのくらいの気持ちでやれよ。でなけりゃ、いつ、その想いが国民に届くんだよ。

平和憲法を守る話に戻すけど、俺は「平和憲法を守る」だけでは人々の心は伝わらないと思うんだよね。俺は上野に行ったわけじゃないから、当日の様子はわからないけど、「守る」のは大事なことだよ。でも、「守る」に加えて、「攻める」ことも大事なんじゃないかな。守りつつ、向上、発展させて、強固たるものにするのだ。そうでなければ、国民は安心して暮らせないのではないだろうか。

そういえば、4月のある日だったか、橋下徹(Tohru Hashimoto)大阪府知事が30代校長先生案を打ち出しているという。私もそれには賛成だ。小学生の頃から定年間近な男性を学校長にすえることに疑問を持っていたが、どうやら大阪府の場合、年齢制限があるという。それに50代校長がコロコロ交代しているようでは、学校の教育方針もコロコロ変わることになり、教育姿勢というものが定着しない。これは政治でも同じことだ。

俺が政治で疑問なのは、知っている歴代の内閣総理大臣が50代以上ばかりで、30・40代がちっとも現れないことだ。参考までにアメリカのバラク・オバマ大統領は1961年8月4日(金曜日)生まれの47歳だ。どうして、日本の内閣総理大臣に30・40代が選ばれないのだろうか(20代でもいいだろう)。

おそらく、多くの人々は「経験豊富」とか、なんとか言うのだろうが、30・40代を「若い」と言って、軽蔑して見下ろすこともあるだろう。俺なんか、そう言われたら、「年寄りはすっこんでろ!!」って、返すけどね。

30・40代を内閣総理大臣に起用するメリットは「長期政権」である。就任して種をまき、大輪の花を咲かせるには時間はかかるだろう。短時間で済めばいいけど、そうでない場合のほうが多いのだから、長期政権によって、国の方向性が決まってゆくだろう。日本のようにコロコロ変わっているようでは混乱を招くだけだ。

解散総選挙がいつ行なわれるのかはまだわからない状況であるが、国民はどれだけ政治に関心を持ち、投票に行くかがカギになりそうだ。そして、どの政党、どの候補者を見極めるか、国民にとって、前にも増して、責任が重い選挙になるだろう。  

国民は政治家に噛みつけ!! そして、政治家は就職内定を取り消した企業をとっちめろ!! 理由にならない理由で内定を取り消したら、無効にすればよい。  

世界的な大不況、そして、新型インフルエンザの猛威で、経済面以外でも人々の生活は窮地に追いやられているところが多い。これは政治家の腕が問われることになりそうだが、信頼される国、任せられる国にするためにも、この惨状を切り抜け、世界すべての国々が発展、躍進、向上されることを願っている。

★備考

①竹中一郎 活動ブログ「新山口駅ターミナルパーク整備促進議員協議会」はこちらにクリック!!

②カテゴリーの「らりるレビュー」は2008年2月以来の新作です(Railway Blogでは初の新作となります)。また、今回の記事はmixi日記で掲載したものを加筆、修正しております。

③岸田法眼のRailway Blog.「2008年の汽車旅4-15」は
こちらにクリック!!

④岸田法眼のRailway Blog.「観客動員数176日連続1日4ケタで、合計76萬人突破!!」はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

観客動員数128萬人突破記念、まだまだ1800系2009 [汽車旅2009番外編]

記事数:782|nice!:3,184|総閲覧数:今日:3,137/累計:1,280,109|読者数:36
アクセスランキング:186位
ブログテーマ:旅行(6位/408ブログ中)

P1360365.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年5月7日(木曜日)で観客動員数は128萬人を突破しました。どうもありがとうございます。  

予想より、1日早い観客動員数128萬人突破のため、今回は予定通り、「まだまだ1800系2009」をお送りいたします。そのあと、御好評だと思われる「世界の国旗クイズ」にまいりますので、最後までお楽しみくださいませ。

◆下り便の運行区間変更

2009年5月4日(月曜日・みどりの日)、東武鉄道(次からは「東武」と記す)伊勢崎線(通称、「東武線」)北千住へ。例年、ゴールデンウイークと紅葉シーズンは日光線臨時快速が運行されており、2007年4月28日(土曜日)から1800系が参入し、好評を博している。しかし、下りは通常の快速が通過する南栗橋始発で、利用率はいまひとつ。個人的には入線から発車まで、時間にゆとりがあり、南栗橋始発でもいいように思うが、過去の乗車では存在を知らずに区間快速東武日光・会津田島行きを利用し、南栗橋であわてて乗り換える利用客が多く、要望も多かったのか、2009年5月2日(土曜日)から、1800系臨時快速は往復とも北千住-東武日光間に変更された。

1800系臨時快速は運賃のみで、ロマンスカーに乗ることができることもあり、レールファンでなくても“トクした気分”になれる。Railway Blogでは過去6回取り上げているが、最初の「まだまだ1800系2007(日光線臨時快速)」は掲載から2年たっても、アクセス数が多い。それだけ関心かつ興味を持ち、参考にさせていただいているのかもしれないが、ありがたいことである。

今回は下りの運行区間が変更になったので、「改訂版」と位置づけ、30分ほど1800系が長く楽しめるようになった臨時快速東武日光行きに乗ってみることにしよう。


◆乗車位置はガムテープで案内

DSC_0307a.JPG

臨時快速東武日光行きは北千住2番線で発車するが、1800系の3号車は2ドア、それ以外は1ドアのため、乗車位置がわからない状態だ。そのため、1800系の乗車位置はホームにガムテープを貼って案内している。苦肉の策だが、定期運行ではないことや有料急行ではないので、やむを得ないところである(1800系改造の特急〈きりふり283号〉南栗橋行きは特急ホームに乗車位置が表示されている)。

DSC_0444a.JPG



※北千住2番線に入線する1800系の臨時快速東武日光行き。

DSC_0449a.JPG

11時10分頃に乗り込んだが、ほどよい列ができており、11時22分、臨時快速東武日光行き(1号車クハ1869)が2番線に入線。次から次へと乗り込み、発車時刻がせまる頃には満員御礼となっていた。





次は春日部

東京地下鉄08系の急行(押上から各駅停車)中央林間が西新井で、子供が戸袋にはさまれるアクシデントが発生し、9分遅れていたため、ほかの電車に遅延が発生するのではないかと懸念されていたが、定刻通り、11時27分に発車。曇天の空模様だが、心地よい走りを魅せる。JR西日本の新快速に比べると、30㎞/hほど遅いけど…



ただいま草加通過

谷塚を通過して、しばらくすると、ペースダウンするものの、草加で50050系の急行南栗橋行きを抜く。その後は快調なペースで安定感のある走りを魅せる。

臨時快速東武日光行き編成表
臨時快速北千住行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
東武日光1クハ1869東武日光行きで乗車
 2モハ1859なし
 3サハ1849なし
 4モハ1839なし
 5モハ1829なし
北千住6クハ1819北千住行きで乗車

車内は行楽客が多く、地方の高速道路ETC土休1日1000円乗り放題(走り放題)で、大渋滞となっているため、それを避けてか、あるいはクルマ自体を持っていないのか、家族連れやグループなどは臨時快速東武日光行きを選択。そのほか、サラリーマン2人も乗っている。

通過駅では撮影隊の姿があり、みな御満悦。未成年者も多かったようだが、未成年者も多かったように思うが、臨時電車〈フラワーエクスプレス号〉を含めると、1日4回ターゲットにマトをしぼっているのだろう。学生の場合は入場券を買わなくてもいいし(定期券でも入場券の代用にはなるだろう)。



ただいま北越谷通過  

武里を通過してから減速し、一ノ割を通過すると、特急スペーシア〈きぬ112号〉浅草行きとすれ違う。一ノ割-春日部間は運がよければ、このすれ違いツーショットが撮れる。その後、お母さんが足を止め、ママチャリの後部座席に坐るちっちゃなお子ちゃまが手を振って、1800系にエールを送る。いつの時代も1800系はスーパーヒーローである。

◆まさかの通過待ち  

11時50分、春日部3番線に到着。意外と降りる人がいた。急行南栗橋行きより先に到着するため、そこから乗り換えた利用客がいたのだろう。



次は東武動物公園  

11時51分に発車し、北春日部で30000系の区間準急久喜行きを抜き、11時55分、東武動物公園4番線に到着。ここでも降りる利用客がおり、若干の空席が見られる。それでも、各座席には必ず、1人埋まっており、下りの北千住始発は大成功だ。その分、板倉東洋大前から先の発車時刻は繰り下げだが…

DSC_0463(南栗橋通過)a.JPG



次は板倉東洋大前  

11時56分に発車し、ここからは日光線(次からは「東武日光線」と記す)へ。東武線と別れ、快走。12時05分には以前の下り始発駅、南栗橋をなんのちゅうちょもなく、あっさり通過。JR東日本東北本線をまたぎ、栗橋ではE231系近郊形タイプの普通電車宇都宮行きを抜く(所定のダイヤより遅れていた模様)。東北本線は臨時快速東武日光行きの通過待ちをしていたわけではないが、1800系は東武のカンバン車両なだけに気分スッキリ。通過後、東北本線は強風対策を施しており、風よけの板らしきものを設置。羽越本線の事故を機に強風対策は着々と進んでいる。  

利根川を渡り、田植えの季節が到来。春から夏への変わり目を実感しつつ、12時15分、板倉東洋大前に到着。以前は特急スペーシア〈きぬ113号〉鬼怒川温泉行きの通過待ちをするため、4番線に到着していたが、今回はその必要がなくなったため、3番線の到着となった。停車時間も1分となり、12時16分に発車。レールファン的にはどこで区間快速東武日光・会津田島行きに追いつくかが気になるところで、なんとなく、どこなのかは想像がつく。  

12時31分、栃木3番線に到着。1・2番線はJR東日本両毛線となっており、東武日光線は3~5番線である。複数の鉄道会社駅の番線が一体化されているのは、関東地方でよく見られる。しかし、北千住は1・2番線が必ずあるものの、4~7番線は東武のみとなっている。但し、6・7番線は東京地下鉄日比谷線のホームであるが、東武管理駅となっている。
 
北千住ホーム案内表
鉄道会社名路線名番線表示備考
東武鉄道伊勢崎線1~7番線6・7番線は日比谷線ホーム
JR東日本常磐線1~3番線なし
東京地下鉄千代田線1・2番線日比谷線は東武鉄道管理駅
首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線1・2番線なし

DSC_0474a.JPG

話を元に戻し、隣りの5番線には8000系修繕車の各駅停車栃木止まり(ワンマン運転)が到着。宇都宮線は2007年10月31日(水曜日)から特急〈しもつけ〉以外、すべての各駅停車はワンマン運転に統一された。これで東武は路線により、2・3・4両のワンマン運転を実施していることになる。ちなみに宇都宮線は4両ワンマンである。

DSC_0475(新栃木)a.JPG



ただいま新栃木  

12時32分に発車し、新栃木が近づく頃、停止信号。特急スペーシア〈けごん16号〉浅草行きとすれ違ったあと、12時37分に運転を再開し、12時38分、新栃木3番線に到着。なんと、ここで特急スペーシア〈きぬ115号〉鬼怒川公園行きの通過待ち。ほどなくして、1番線に特急スペーシア〈きぬ115号〉鬼怒川公園行きが通過した。ダイヤが変わっても、特急スペーシア〈きぬ〉の通過待ちは継続。その後、2番線に10000系の始発、各駅停車南栗橋行きが入線し、定刻より、1分遅れの12時42分に発車。下野路(Shimotsukeji)を快走する。

◆彼氏よ、よくぞ言ってくれた!!



次は新鹿沼  

日光線新栃木以北は各駅停車のワンマン運転化があっても、差しさわりがないように思うが、楡木(Niregi)-樅山(Momiyama)間は田植えを機械ではなく、昔ながらの手作業で苗を植える“職人”の姿を見る。いまどき珍しいと思う人も多いだろうが、田舎ならではの光景ではないだろうか。  

JR東日本189系『彩野』の回送とすれ違う。ゴールデンウィークはJR東日本も出動し、189系『彩野』は横浜-東武日光間の臨時特急〈日光83・84号〉で活躍をしている。  


DSC_0478(新鹿沼)a.JPG

12時57分、新鹿沼3番線に到着。向かいの2番線には区間快速東武日光・会津田島行きに追いつく。私の予想は下今市だったが、1駅読み違った。  

区間快速からの乗り換え客が多く、カップルのうち、彼女は1800系にカンゲキだ。


「ね、この電車、新しくね?」  

彼女が彼氏に問いかける。しかし、彼氏は無言で、彼女はもうひと押し。

「新しいよね?」

「うん、乗るんだったら、スペーシアより、コレがいい」  

彼氏は若いのに、重い口を開くような感じで言った。なにはともあれ、彼氏はいいことを言ってくれた。特急スペーシアは上質な空間で当然、イイに決まっているけど、赤いボディーのロマンスカーは若者カップルのココロをギューッとわしづかみ。赤いボディーのロマンスカーで育った世代の私としては、嬉しいね。  

1分以内に発車し、ここからは難関。1800系に抑速ブレーキは備わっていない。かつて、8000系の臨時快速が浅草-会津高原(現在の「会津高原尾瀬口」)間で運行されたときは、抑速ブレーキ、トイレなしもあり、利用客と乗務員、双方から不評だったという。1800系は8000系をグレードアップしたような車両なので、乗務員のハンドル裁きはいつも以上に緊張しているのではないだろうか。  


DSC_0479(次は下今市)a.JPG

ツツジの花がピンクに色づいて、車窓が華やかになったところから、勾配を登る。明神通過時、運転士は警笛を鳴らす。これは進行方向右側に男が鉄道敷地内に入って、撮影していたからである。情けないね。  

DSC_0481(下今市)a.JPG

区間快速浅草行きとすれ違い、13時14分、下今市2番線に到着。いつも通り、4番線の外側にある留置線では300系が休んでいる。現役1800系と元1800系の顔合わせだ。  

以前は2分停車だったが、1分停車に短縮され、13時15分に発車。上今市で各駅停車下今市行きとすれ違うが、車両は6050系2両編成。しかも、ワンマン運転ではない。これは私の想像であるが、車掌を乗務させることにより、外国人観光客に対応できるようにしているのではないだろうか。“「世界遺産」という名のカンバン”をしょっていると日本語だけでは対応しきれない。  

DSC_0496a.JPG

上今市を通過し、ゆっくりと慎重に勾配を登り、13時23分、終点東武日光6番線に到着。レールファンは1800系に愛と心を込めて、撮影していた。そして、向かいの5番線には350系の臨時特急〈きりふり240号〉浅草行きが待機中だが、若干の空席がある。もし、臨時特急〈きりふり240・260号〉浅草行きの利用客がほぼ同じ顔立ちの1800系を見たら、どう思うのだろう? おそらく、1800系が特急料金不要を知ったら、“チクショー”と思う利用客が多いのかもしれない。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②鉄道ニュース「東武1800系1819編成使用の臨時快速運転」はこちらにクリック!!

③鉄道ニュース「『彩野』を使用した特急“日光”83号・84号運転」はこちらにクリック!!

④「昭和の日」は2007年4月29日から施行された祝日で、平成元年(1989年)からは「みどりの日」となっていた。また、昭和63年(1988年)以前は昭和天皇の誕生日であるため、「天皇誕生日」となっていた。これにともない、「みどりの日」は2007年から5月4日に移行している(それまでは「国民の休日」で、1988年から施行していた)。

⑤フリー百科事典『Wikipedia「東武宇都宮線」』は
こちらにクリック!!

⑥1800系備考一覧はこちらにクリック!!

⑦岸田法眼のRailway Blog.「近未来予測車両-JR東日本253系-」はこちらにクリック!!

⑧岸田法眼のRailway Blog.「まだまだ1800系2007(日光線臨時快速-前編-)」はこちらにクリック!!

★おまけ





◆世界の国旗クイズ第27問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

世界の国旗クイズ第26問.JPG

さて、第26問はこちらでした。それでは、正解を発表いたします。正解はこちらです。

正解はこちらです。


nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

Railway Talk 2009年4月 [INDEX]

今回は『岸田法眼とRailway Talk.』の2009年4月にお寄せいただきました“おたより”を御紹介します。まるでラジオ番組みたいですね。

なお、お寄せいただいた画像はここでは載せません。『岸田法眼とRailway Talk.』で御覧下さい(投稿された方の肖像権を尊重するため)。また、1000件を越えると、古い順から更新されますので、あらかじめ御了承下さい(この企画は永久に残すために掲載しております)。

◆阪和線沿線
投稿者:住吉人様
http://sumiyoshi-rw.hp.infoseek.co.jp/
投稿日:2009年4月13日(月曜日)17時31分40秒


こんにちは。

阪和線沿線の桜で有名なところは山中渓駅があります。

大阪市内ですと美章園~南田辺の桃ヶ池公園、南田辺~鶴ヶ丘の長池にそれぞれ桜の木があります。

大阪市内区間は高架になりましたので、桜と車両を組み合わせるのが難しくなっています。

もちろん高架によるメリットは充分発揮しています。

阪和線美章園~南田辺の桃ヶ池公園にて221系とさくらです。

☆岸田法眼の返信

こんばんは、どうもありがとうございます。

大阪市内は高架化されており、セレッソ大阪の本拠地がちょっとだけ見えますね。観客席だけですが…

高架ですと踏切がありませんので、円滑な通行ができますし、どうやら高架上を走る電車からでも桜を眺めることができそうですね。

阪和線221系の運用は減ってしまいましたが、これは8両編成ですね。

◆近畿車輛に10系第19編成
投稿者:住吉人様
http://sumiyoshi-rw.hp.infoseek.co.jp/
投稿日:2009年4月13日(月曜日)17時38分30秒


連投失礼いたします。

JR学研都市線の徳庵にあります近畿車輛では、大阪市交通局10系第19編成がVVVF改造および車体整備のために入場しています。

盛夏の頃には改造を終えて秋頃には10A系として営業復帰するかもしれません。

おりしも、JR西日本向け683系4000番台新造車とならぶことになりました。

☆岸田法眼の返信

昨日2回目の御投稿、ありがとうございます。

近車に10系が入りましたか。オリジナルとともに警笛が標準化されているものに変わってしまっているのが残念なところですが、まだまだ大阪市交通局のエースとして働きますので、10A系になった第19編成に会うのが楽しみになってきますね。

683系4000番代との並びは貴重ですね。並んでいる位置は異なっているようですが、20メートルと18メートルの違いを感じます。

※参考までに10系第19編成の動画を御覧ください。



◆世界の国旗クイズ第20問から
投稿者:住吉人様
http://sumiyoshi-rw.hp.infoseek.co.jp/
投稿日:2009年4月15日(水曜日)19時14分22秒

世界の国旗クイズ第20問の緑と白系の細帯から、添付写真の大阪市交通局20系を想像してしまいそうになりましたが、117系福知山色は想像しませんでした。

銀色なのかクリーム系の色なのか識別が困難でした…。

大阪地下鉄10系と20系、正面の顔と制御装置は異なりますが、10系第17編成以降の車体とほぼ同じですね。

☆岸田法眼の返信

3連投ありがとうございます。

117系300番代は原色に戻っており、『鉄道ファン』ホームページのニュースコーナーでは湖西線臨時新快速に起用されており、2004年10月以来の“晴れ姿”となりました。

20系を初めて見たとき、中央線はこの車両に、御堂筋線は10系に統一されるものと思っておりましたが、意外な方向へ行っておりますね。中央線は日中7分おきの運行ですが、できることなら、20系に乗りたいと思っております(近鉄車で妥協することもあります)。

※住吉人様への返信はすべて、2009年4月16日(木曜日)にいたしましたが、4月15日(水曜日)に3連投しているものと勘違いしておりました。

DSC_0434(長津田)a.JPG

皆様、いかがでしたか。ブログの記事は毎日更新できませんので、ぜひ、『岸田法眼とRailway Talk.』を御利用下さい。お待ちしております。

①『岸田法眼とRailway Talk.』はこちらにクリック!!

②初めて御利用になられる方は
こちらにクリックして下さい

◆世界の国旗クイズ第26問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは第26問はこちらです。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第26問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数128萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

INDEX 2009年4月-2009年4月もすべて、観客動員数1日2000人以上!!- [INDEX]

今回は2009年4月に掲載した記事を御紹介します。 もう1度、御覧になりたい記事がございましたら、クリックして下さいね。

それでは2009年4月に掲載した記事の一覧です。


DSC_0426a.JPG

◆4月1日(水曜日)
京阪電気鉄道テレビカーフォーエヴァー
(鉄道評論)

◆4月2日(木曜日)
第21回コメンテーターランキング発表!!
(INFOMATION)

◆4月3日(金曜日)
さすらいの諸国漫遊記48-初日・2日目
(汽車旅2003)

◆4月4日(土曜日)
2009年プロ野球開幕!! 
観客動員数344日連続1日4ケタで、118萬人突破!!
(波瀾万丈伝)

◆4月5日(日曜日)
さすらいの諸国漫遊記48-3日目
(汽車旅2003)

◆4月6日(月曜日)
INDEX 2009年3月-2009年3月はすべて、観客動員数1日2000人以上!!-
(INDEX)

◆4月7日(火曜日)
観客動員数347日連続1日4ケタで、119萬人突破!!
(INFOMATION)

◆4月10日(金曜日)
観客動員数350日連続1日4ケタで、120萬人突破!!
(INFOMATION)

DSC_0402a.JPG

◆4月11日(土曜日)
観客動員数120萬人突破記念、大ヒット記事ランキング発表!!
(INFOMATION)

◆4月12日(日曜日)
さすらいの諸国漫遊記48-4日目
(汽車旅2003)

◆4月13日(月曜日)
さすらいの諸国漫遊記48-5日目
(汽車旅2003)

◆4月14日(火曜日)
観客動員数354日連続1日4ケタで、121萬人突破!!
(INFOMATION)

◆4月16日(木曜日)
221系総集編2008
(汽車旅2008番外編)

◆4月18日(土曜日)
観客動員数358日連続1日4ケタで、122萬人突破!!
(INFOMATION)

◆4月19日(日曜日)
御堂筋線10系総集編2008
(汽車旅2008番外編)

◆4月20日(月曜日)
快速〈ムーンライトながら〉総集編2008
(汽車旅2008番外編)

P1370877.JPG

◆4月21日(火曜日)
観客動員数361日連続1日4ケタで、123萬人突破!!
(INFOMATION)

◆4月23日(木曜日)
さすらいの諸国漫遊記48-6日目・千秋楽
(汽車旅2003)

◆4月24日(金曜日)
JR西日本
(らりるレビュー)

◆4月25日(土曜日)
観客動員数365日連続1日4ケタで、124萬人突破!!
(波瀾万丈伝)

◆4月26日(日曜日)
Suica
(らりるレビュー)

◆4月27日(月曜日)
JR東日本
(らりるレビュー)

◆4月28日(火曜日)
観客動員数368日連続1日4ケタで、125萬人突破!!
(波瀾万丈伝)

◆4月29日(水曜日・昭和の日)
2008年の汽車旅6-10
(汽車旅2008)

◆4月30日(木曜日)
2008年の汽車旅6-最終回
(汽車旅2008)

P1370845.JPG

次に2009年3月の観客動員数一覧です(カッコ内は実際に訪れた人数。つまり、1日2回以上アクセスしている方が多いということになる)。

・4月1日(水曜日)…2940人(446人)

・4月2日(木曜日)…2579人(422人)

・4月3日(金曜日)…3142人(518人)

・4月4日(土曜日)…2584人(447人)

・4月5日(日曜日)…2892人(502人)

・4月6日(月曜日)…3245人(494人)

・4月7日(火曜日)…2796人(476人)

・4月8日(水曜日)…2634人(429人)

・4月9日(木曜日)…3426人(409人)

・4月10日(金曜日)…3014人(422人)

P1380315a.JPG

・4月11日(土曜日)…3116人(461人)

・4月12日(日曜日)…3086人(467人)

・4月13日(月曜日)…2574人(454人)

・4月14日(火曜日)…2433人(358人)

・4月15日(水曜日)…2361人(411人)

・4月16日(木曜日)…2791人(466人)

・4月17日(金曜日)…2692人(467人)

・4月18日(土曜日)…2640人(479人)

・4月19日(日曜日)…2630人(472人)

・4月20日(月曜日)…2577人(482人)

P1380314a.JPG

・4月21日(火曜日)…2847人(463人)

・4月22日(水曜日)…2438人(440人)

・4月23日(木曜日)…2885人(465人)

・4月24日(金曜日)…2748人(482人)

・4月25日(土曜日)…3415人(659人)

・4月26日(日曜日)…3397人(532人)

・4月27日(月曜日)…3058人(527人)

・4月28日(火曜日)…3044人(550人)

・4月29日(水曜日・昭和の日)…2774人(585人)

・4月30日(木曜日)…2450人(532人)

◆世界の国旗クイズ第26問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは第26問はこちらです。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第26問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数128萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。

◆執筆実績一覧

Yahoo! セカンドライフ(選抜サポーター制時代) 

・TRAIN MODELING MANUAL Vol.1
(ホビージャパン刊行)

・Unow?「モハよう著者からの20の質問」

・Unow?「あの人はなぜ鉄道にハマル?」

・苫小牧鉄道新聞第24~27号

・5月中旬と7月の予定で、現時点、公表できませんが、鉄道に関する雑誌が発売されます。

◆参考記事

鉄道ブログ『モハよう de キハキハ「恐るべし、岸田法眼さん!&モハようが鉄道ファン7月号に掲載」』 

鉄道ブログ『モハよう de キハキハ「岸田法眼さんがいよいよ雑誌デビュー!」』 

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前「副都心線を応援します!」 

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前「鉄道居酒屋キハ」 

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前「Ryomo to Jomo その1」 

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前「種別(東武・特急スペーシアなど)」 

八草きよぴ非公式モリゾー愛ブログ「プチ大回りで目黒線に(前編・渋谷経由で四ツ谷へ)」

星野佳世の all my loving☆「『写真電車』出発進行!」 

me-coの雑学ネタ帳「東武10030系」 

me-coの雑学ネタ帳「東急5000系」 

me-coの雑学ネタ帳「JR北海道789系」

米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!「日本の夜行列車の松明の灯を消すな!! 『大垣夜行』季節列車化→廃止?反対!! 大阪延伸希望!」 

米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!「日本の夜行列車の松明の灯は消えてゆくのか!?」

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

タグ:INDEX
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

観客動員数375日連続1日4ケタで、127萬人突破!! [汽車旅2009番外編]

記事数:779|nice!:3,163|総閲覧数:今日:3,223/累計:1,271,265|読者数:36
アクセスランキング:159位
ブログテーマ:旅行(6位/397ブログ中)

DSC_0360a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年5月4日(月曜日・みどりの日)で観客動員数は127萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆2009年5月2日(土曜日)から5月4日(月曜日・みどりの日)までのmixi日記

■2009年5月2日(土曜日)
横綱審議委員会稽古総見 in 両国国技館2009


2009年4月29日(水曜日・昭和の日)、総武線両国へ。ゴールデンウイークの風物詩である両国国技館での横綱審議委員会稽古総見へ向かう。

このあとの模様は
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-02でお楽しみください(動画11本つき)。

余談ですが、横綱審議委員会稽古総見のあとは劇場へ行き、『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』を見ておりました。  

※本日のYou Tubeは
こちらです



■2009年5月3日(日曜日・憲法記念日)
特急〈りょうもう17号〉赤城行き  

DSC_0311a.JPG

2009年5月2日(土曜日)、東武線北千住へ。ここから12時21分発の特急〈りょうもう17号〉赤城行き(6号車座席指定モハ207-1:特急料金午後割)に乗り、13時30分、太田に着いた。

特急〈りょうもう17号〉赤城行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
太田1モハ207-6座席指定
 2モハ207-5座席指定
 3モハ207-4座席指定
 4モハ207-3座席指定
 5モハ207-2座席指定
北千住6モハ207-1座席指定

急行時代は浅草-館林間の利用が多く、1度だけ浅草-赤城間を乗り通しているが、すべて1800系の利用。特急は今回の北千住-太田間が最長利用区間となる。 車内は満席で、発車時刻が近づくにつれ、特急券の購入が多くなっている。

DSC_0315a.JPG

※乗車した200系第7編成使用、特急〈りょうもう17号〉赤城行きの6号車にある空気清浄機と思われるモノ。

DSC_0357a.JPG

※臨時特急〈りょうもう70号〉北千住行きに使用された200系第9編成、6号車の車内にある空気清浄機と思われるモノ。

スピードは複線区間でも一定しておらず、館林以北の単線区間は一線スルー化されていない駅が多いため、減速をしいられる。また、車内は網棚の一部に空気清浄機と思われるものがあり、キュークツに荷物を置く利用客が見受けられ、有料特急でトイレはあっても、洗面台がないのは、いただけない。ちなみに太田15時00分発の臨時特急〈りょうもう70号〉北千住行きは200系第9編成使用だったが、空気清浄機と思われるものは小型になっていた。

足利市を発車すると、6号車1列目の進行方向左側の席は“トイレ待ち席”となっていた。

この続きは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-03にて。  

※本日のYou Tubeは
こちらです



■2009年5月4日(月曜日・みどりの日)
Railway Blog 2009.5.4  

本日のRailway Blogはhttp://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-04です(You Tubeはこちらです)。



◆世界の国旗クイズ第26問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは第26問はこちらです。これはどこの国旗でしょうか?


世界の国旗クイズ第26問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数128萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。

★観客動員数126萬人から127萬人へのあしあと

・2009年5月1日(金曜日)…126萬1000人突破

・2009年5月1日(金曜日)…126萬2000人突破

・2009年5月2日(土曜日)…126萬3000人突破

・2009年5月2日(土曜日)…126萬4000人突破

・2009年5月2日(土曜日)…126萬5000人突破

・2009年5月3日(日曜日・憲法記念日)…126萬6000人突破

・2009年5月3日(日曜日・憲法記念日)…126萬7000人突破

・2009年5月3日(日曜日・憲法記念日)…126萬8000人突破

・2009年5月4日(月曜日・みどりの日)…126萬9000人突破

・2009年5月4日(月曜日・みどりの日)…127萬人突破!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

上信電鉄2009 [汽車旅2009番外編]

P1380329a.JPG


2009年1月18日(日曜日)、上信電鉄上信線高崎へ。かつてはJR東日本と一体化されており、JR線からの乗り換えがラクだった。しかし、改良工事により、乗車口は以前と変わらないものの、2005年7月3日(日曜日)に分離されてしまった。0番線と1番線のあいだにサクが設置されてしまったためだ。これにより、JR線から上信線へは一旦、改札を出なければならなくなったため、乗り換えがかえって不便になってしまった。  

上信線は高崎-下仁田間33.7キロで、全線の片道運賃が1070円と高く、1日乗車券もない。JR本州3社内の幹線運賃は570円なので、倍近く高いことになる。その代わりなのか、券売機は往復乗車券の販売もあり、2日間有効だ。  

P1380275a.JPG


0番線には14時08分発の各駅停車下仁田行き(クモハ153:ワンマン)が発車を待っているが、1番うしろのドアから乗る。寒い時期なので、高崎では1番うしろのドアしか開いておらず、車内保温に努めている。

P1380271.JPG


電車はシマウマをイメージした塗装で、群馬サファリパークの宣伝を兼ねている。





※動画は2つとも、次は南高崎

14時08分に発車。無人駅の南高崎を発車すると、JR東日本上越新幹線の合流地点が近づくにつれ、止まりそうなほど、勢いはなくなるが、ここで各駅停車高崎行き(ワンマン)と行き違う。南高崎-根小屋間には佐野信号場があったのだ。

各駅停車下仁田行き(ワンマン)編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
下仁田なしクモハ153夢塗装車
高崎なしクモハ154夢塗装車

そのあとはスピードが増し、烏川を渡ると、のどかな田舎へ。カーブが多く、窓も汚れており、車窓が満喫できない。進行方向左側の遠目には上越新幹線が見える。
P1380287a.JPG


山名を発車すると、右に曲がり、西山名を発車すると長い直線だ。まるで和歌山電鐵貴志川線日前宮-竈山(Kamayama)間を思い出す。貴志川線は日前宮を発車すると、右に曲がり、竈山付近まで長い直線なのだ。 上信線は長い直線のあと、右へ曲がり、馬庭へ。そして、14時30分、吉井に到着。進行方向左側の使われないホームは物置状態。車窓は田畑から、町へと変わってゆく。

西吉井-上州新屋間に新屋信号場があり、各駅停車高崎行き(ワンマン)と行き違うが、西吉井で待ってもよかったように思う。

P1380291a.JPG


上州七日市を発車し、しばらくたつと、鏑川(Kabura Liver)。大きな川に思えるが、川岸は広くても、川幅は狭い。

P1380292a.JPG


「なんじゃい?」  

ときかれそうだが、その南蛇井(Nanjai)で各駅停車高崎行き(ワンマン)と行き違い。今回乗った電車では唯一、駅で行き違いをした。ローカル私鉄で信号場があるのは珍しいように思う(江ノ島電鉄も信号場が存在する)。

P1380305a.JPG


千平(Senndaira)を発車すると、カーブがクネクネ。なんと、登り坂をゆく。ひたすら登り、平らな部分になったので、レールが分岐し、終点下仁田かと思われたが、赤津信号場。その後もひたすらピュッピュッと曲がり続け、車内には暖房がかかり、トンネルを抜けると、いよいよラストスパートをして、15時08分、関東の駅百選に認定されている終点下仁田1番線に到着。上信線全線完乗を達成した。

P1380310a.JPG


下車して、周辺を歩くが、留置線には貨車や置かれている。かつては貨物列車の運行もあった名残といえるが、貨車はすべて処分できるほどの費用がないことを物語っている。しかし、廃車になっていない貨車や電気機関車が存在するため、歴史として、昭和の風情をいつまでも残したいのであろう。

P1380314a.JPG
P1380315a.JPG


電車は夢塗装車が多く、面白いのは単行電車のフェイスが異なること。留置されている200形の下仁田寄りはオリジナルだが、高崎寄りは廃車になった東武鉄道3000系を転用したものである。また、高崎寄りの方向幕は行先表示が手書きになっており、交換したものなのか、あるいは盗難にあってしまったのかのいずれかなのだろうか。

P1380312a.JPG


上信電鉄は夢塗装車が主流で、2008年10月20日(月曜日)から『銀河鉄道999号』が運行されており、1番人気のようである。また、2009年9月25日(金曜日)まで、毎週金曜日には臨時各駅停車として、夜間に1往復が増発。とくに高崎発は通常、終電が22時25分の各駅停車下仁田行き(ワンマン)だが、臨時便は23時15分発となっており、人気が高く、期間延長を更新しているのもうなずける。

★おまけ





※動画は2つとも、この電車は各駅停車高崎行き(ワンマン)
次は千平

P1380324a.JPG


※上信電鉄のエース、『銀河鉄道999号』

 

次は南高崎

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②上信電鉄公式ホームページはこちらにクリック!!

③フリー百科事典『Wikipedia「上信電鉄上信線」』は
こちらにクリック!!

④フリー百科事典『Wikipedia「上信電鉄200形電車」』はこちらにクリック!!

⑤上信線は群馬県富岡市を通るが、ここは初代水戸光圀、東野英治郎の出身地である(2009年で生誕102年を迎える)。

⑥岸田法眼のRailway Blog.「Railway Blog700回記念、JR東日本EF55形フォーエヴァー」は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ゴールデンウィーク明けに大相撲夏場所 観客動員数372日連続1日4ケタで、126萬人突破!! [汽車旅2009番外編]

記事数:776|nice!:3,145|総閲覧数:今日:2,895/累計:1,262,433|読者数:36
アクセスランキング:217位
ブログテーマ:旅行(7位/393ブログ中)

P1360644.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年4月27日(月曜日)で観客動員数は125萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆横綱審議委員会稽古総見 in 両国国技館2009

2009年4月29日(水曜日・昭和の日)、JR東日本総武本線両国へ。ゴールデンウィークの風物詩である両国国技館での横綱審議委員会稽古総見へ向かう。

DSC_0238a.JPG


朝7時に開門。なおかつ、だぁーたぁー(タダ)とあってか、1階桝席は満席。やむなく2階の椅子席へ。正面西寄りの通路側に陣取る。

9時40分、高見盛が申し合いげいこで土俵にあがると、歓声があがる。2分後には豊真将もぶつかり稽古で土俵にあがると、歓声があがる。  

DSC_0241a.JPG

9時45分、役者がほとんどそろい、幕内力士のみによる申し合いげいこ。千代白鵬-栃ノ心は土俵際で、栃ノ心が逆転した。  

申し合いげいこは勝負がつくと、多数の力士が土俵に現れ、立候補するもので、勝った力士は対戦相手を指名することができる。ときにはオーバーなふるまいがあり、観客は爆笑する。  

DSC_0250横綱.JPG
DSC_0247山本山.JPG

9時49分、稀勢の里が土俵へ。大関魁皇が支度部屋から現れる。9時53分には第69代横綱白鵬が登場。歓声が沸き、多くの力士は白鵬のもとへ出向き、あいさつ。白鵬は会釈で返す。但し、西方で入念は準備運動をする第68代横綱朝青龍には素通り。横綱・大関陣は入念にシコを踏んでいる。大関日馬富士(Harumafuji)は腕立て伏せをして、本番モードへエンジン全開になるのを待っている状態。山本山はひたすらシコを踏んでおり、土俵にあがってこない。あるいは私が両国国技館へ入る前にけいこをしたのだろうか。



※高見盛の申し合いげいこ  

9時57分、三役の先陣を切って、小結栃煌山(Tochiohzan)が土俵にあがり、申し合いげいこでは高見盛が猛烈に立候補。3度目の正直なのか、ようやく、栃乃洋に指名を受けた。すると、栃乃洋、雅山を撃破!! 3番目の阿覧には完敗となってしまい、土俵を下りる。



※千代白鵬-豪風の申し合いげいこ  

高見盛はひたすらヤル気満々で、千代白鵬に勝った豪風(Takekaze)に指名される。すると、高見盛は豪風に勝ったものの、次の対戦相手には負けてしまい、関脇把瑠都(Baruto)にチェンジ。すると、スケールの大きい取り口で、3連続つり出しに観客は大歓声。4連勝したあと、高見盛を指名するものの、逆転の突き落としで負けてしまった。そして、高見盛は稀勢の里を指名するも、完敗。再び、千代白鵬が土俵にあがる。

 

DSC_0254朝青龍3番げいこ.JPG

10時19分、大関よりも先に朝青龍が土俵に上がり、ここからは3番稽古。土俵が引き締まる。横綱らしい豪快な相撲で、相手を圧倒するものの、左ひじのサポーターが気になる様子。玉鷲、栃煌山に対し、6戦全勝で土俵を下りた。



※大関日馬富士-大関琴欧洲、大関千代大海の3番げいこ



※大関魁皇-大関日馬富士の3番げいこ



※大関琴欧洲-大関琴光喜の3番げいこ  

DSC_0264日馬富士-琴欧洲.JPG

続いては日馬富士-琴欧洲の大関陣へ。大関千代大海の不調が気になるが、同じ佐渡ヶ嶽部屋の琴光喜-琴欧洲という、本場所では優勝決定戦以外、見ることができないため、見ごたえがある。ちなみに館内からは日馬富士を「安馬」と叫ぶ大相撲ファンがいた。



※第69代横綱白鵬-大関日馬富士の3番げいこ  

DSC_0269白鵬-千代大海.JPG

10時32分、白鵬が土俵に登場。まず、日馬富士は破るも、琴光喜に不覚したが、そのあとは完勝。日馬富士が土俵にあがるも、白鵬は琴欧洲を指名。各大関とあたり、仕上がり具合を見るようだ。



※第69代横綱白鵬-大関千代大海の3番げいこ  

白鵬が土俵へあがっているスキをついてか、朝青龍は東方へ移動。股割りをして、土俵上のけいこを目視。白鵬の上半身は赤く染まり、ちょっと苦戦をしいられている様子で、琴欧洲には手こずった。千代大海が土俵にあがると、朝青龍は再び、ウォーミングアップを始める。

DSC_0271朝青龍-日馬富士ぶつかりげいこ.JPG



※第68代横綱朝青龍-大関日馬富士のぶつかりげいこ



※ぶつかりげいこ2連発!!  

魁皇や朝青龍との3番げいこはなく、白鵬は土俵を下り、今度はぶつかりげいこ。朝青龍は同郷の日馬富士に胸を出していた(このほか、魁皇-琴光喜など)。その後、白鵬は豊真将、朝青龍は関脇豪栄道をかわいがり、館内を沸かせる。かわいがれた2人はそれぞれの横綱に力水を献上して、謝意を表すも、白鵬は飲み、朝青龍は豪栄道の顔にかけて、力を注入されていた。  

DSC_0279a.JPG

11時05分、横綱審議委員会稽古総見は打ち出しとなり、朝青龍は内館牧子委員のところへ歩み、言葉をかわす姿に2階席は総立ち。なにかと言われる朝青龍だが、内館委員へのごあいさつもあって、1番最後に土俵を去り、“横綱の品格”を大相撲ファンに印象づけたのであった。


★おまけ



※横綱審議委員会稽古総見 in 両国国技館2003  
大関千代大海が第68代横綱朝青龍を破る。
 

◆2008年の汽車旅6シリーズ目次一覧

・2008年の汽車旅6-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-02-15

・2008年の汽車旅6-2(急行〈つやま〉フォーエヴァー)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-02-17

・2008年の汽車旅6-3(JR西日本完全制覇に王手!!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-02-20

・2008年の汽車旅6-4
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22

・2008年の汽車旅6-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-02-25

・2008年の汽車旅6-6(JR西日本完全制覇達成!!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-03-04

・2008年の汽車旅6-7
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-03-15

・2008年の汽車旅6-8
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-03-19

・2008年の汽車旅6-9(山陰本線221系試乗)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-03-29

・2008年の汽車旅6-10
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-04-29

・2008年の汽車旅6-最終回
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-04-30

◆ブログレポート2009年3月

■前月(2009年3月)のアクセス数:84633アクセス

■前々月(2009年2月)のアクセス数:73470アクセス

■2009年1~3月の3か月間でアクセス数の多い記事ベスト3は?

1位:
http://mailcenter.so-net.ne.jp/cl/81Y/-XpK/gR/HxWORq/?url=http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-12-20

2位:
http://mailcenter.so-net.ne.jp/cl/81Y/-XpK/hQ/HxWORq/?url=http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-06-23

3位:
http://mailcenter.so-net.ne.jp/cl/81Y/-XpK/iP/HxWORq/?url=http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-02-05

◆2009年4月28日(火曜日)から5月1日(金曜日)までのmixi日記

■2009年4月28日(火曜日)
Railway Blog 2009.4.28

本日のRailway Blogはhttp://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-04-28です(You Tubeはこちらです)。



■2009年4月29日(水曜日・昭和の日)
古本屋

ここ2日、古本屋で買い物をしている。資料になるものを求めて三千里中央フリーウェイならぬ、数十キロというところだが、古本と言っても、ビニールカバーがかかっており、保存状態もイイため、“割引率”はBook- Offより、かなり低い。それでも見つけたら即、吉日である。

本を買うのはいいけど、新しい本棚が欲しい。木製よりも鉄製のほうが、耐久性にすぐれているので、そっちがいいなぁー。でも、高いんでしょ。アパートの別の部屋を書斎として借りるのもバカバカしいことだろう。

このあとは久しぶりに、Railway Blog本来の記事を急いで書き上げることにしよう。

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-04-29です(You Tubeはこちらです)。



■2009年4月30日(木曜日)
5月1日に載せたいなぁー
 

2009年4月29日(水曜日・昭和の日)、都内某所へ行った。本当はこの日に載せたいのだけど、諸事情により、ゴールデンウィーク中を目標に頑張りまちゅー。ちなみに内容は鉄道に関することではない。  

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-04-30です(You Tubeはこちらです)。



■2009年5月1日(金曜日)
オレンジカード

2009年4月30日(木曜日)、神田駅前の金券ショップへ。諸事情により、知人に図書券を買うつもりでいたが、売っておらず、図書カードで妥協。実はどこで図書券が売っているという心当たりはそこしかなかった。

ここで目についたのはオレンジカード。今やJR四国しか需要がなさそうなプリペイドカードで、ほかのJR線だとICカードに対応していないエリアしか使い道がない。また、ワンマンカーの車内は使えないため、エリアは縮小されているのかもしれない。

オレンジカードは国鉄急行形気動車とエル特急〈くろしお〉で、迷うことなく、後者を衝動買いしてしまった。ちなみに在庫僅少なので、どうしても買いたい方はお早目の御購入を。

首都圏の券売機ではオレンジカードに対応しているものの、みどりの窓口ではたぶん、売ってないんじゃないかなぁー。私も普段はSuicaしか使わないし、JR西日本、JR東海、JR北海道といった旅先のエリア内でも使えるため、メリットは高くなっている。

首都圏におけるオレンジカードの使い道は自由席特急券(近距離乗車券の券売機なら、新幹線も対応している)、185系の運行が継続されている東京発伊東行きの普通電車のグリーン券ぐらいだろう。

そういえば、鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』にオレンジカードに関する記事があるので、御紹介しよう。

①「JR発足直後のオレンジカード」は
こちらにクリック!!

②「日本国有鉄道のオレンジカード」はこちらにクリック!!  

さて、メキシコで発生した豚インフルエンザは「新型インフルエンザ」とみなされ、フェーズ5という深刻な問題と化している。フェーズ6になってしまえば、外出すらできない事態になってしまうだろう。そして、成田国際空港で、日本人女性に陽性反応の結果が出てしまい、ただちに入院したという。  

そういえば、2月1日(日曜日)、私は劇場で『感染列島』を見たが、壮絶な作品が本当に現実となりつつあり、恐ろしい。普段、マスクをすることを嫌う私も考えなければならないのかもしれない。また、インフルエンザ予防接種を昨年秋に受けた方は、豚インフルエンザをはねのけることはほぼ不可能と言っていい。WHOはワクチンを早急に開発し、世界のすべての人々の命が守られるよう、努めて欲しい(ワクチンは半年かかるのが難点)。  

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-01です(You Tubeはこちらです)。



◆世界の国旗クイズ第26問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

世界の国旗クイズ第25問.JPG

第25問はコレでした。1名様から解答がございましたので、正解にまいりましょう。正解はこちらです。

正解はこちらです。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

第22回コメンテーターランキング発表!! [INFORMATION]

今回は“ツキイチ恒例”のコメンテーターランキングです。

これは日頃の御愛顧を感謝する企画で、“タイトル争い”とカン違いされぬよう、お願いいたします。また、Railway Talkの投稿数も合わせて御紹介いたします。ちなみに今回の月間集計は2009年4月1日(水曜日)から4月30日(木曜日)までです。

それでは発表です。


P1380933a.JPG

第2位:おおみや様…114回

第3位:サットン様…107回

第4位:住吉人様…101回(Railway Blog 76回、Railway Talk25回)  

第5位:UZ様…97回  

第6位:しおつ様…94回(Railway Blog93回、Railway Talk1回)  

第7位:masaking様…86回(Railway Blog63回、Railway Talk23回)  

第8位:kikuzou様…80回

第9位:☆秋詠琴音☆様…78回

第10位:トータン様…61回

P1370818.JPG

第11位:鉄道美術館館長♪様…58回

第12位:ネオ・アッキー様…49回

第13位:schnitzer様…48回

第14位:Sanohpy様…45回

第15位:HIROOUJI様、新快特様…各39回

第16位:sirokuma様、む~さん様…32回

第17位:うたに様…30回

第18位:ひでくん様…24回

第19位:あーちゃん&父様、下総弾正くま様…各23回

第20位:zba03198様…22回

P1380909a.JPG

第21位:MAKIKYU様…21回

第22位:袋田の住職様…10回

第23位:ofil425様、PochiPapa様、えびた様、浩然斎様、みゆき生け花教室様(Railway Blog7回、Railway Talk2回)…各9回  

第24位:こぱんだつま様…8回

第25位:keitai様、はなまる鉄道様、まるたろう様、るる様、ぴーすけ君様…各7回

第26位:吉田一紀様、Lionbass様、undo様、is453982-tyhoon様…各6回

第27位:yas様、yokohamachuo様、Yuki様、だいごまん様、はくつる様、ラジマニ様(Railway Blog2回、Railway Talk3回)…各5回  

第28位:お名前割愛9名様…各4回  

第29位:お名前割愛12名様…各3回  

第30位:お名前割愛30名様…各2回  

第31位:お名前割愛97名様…各1回  


P1370877.JPG

なお、第1位は誰とは言えませんが、ある人の1670回(Railway Blog1668回、Railway Talk2回)です。

◆世界の国旗クイズ第25問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは第25問にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第25問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数126萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。

メッセージを送る