So-net無料ブログ作成
検索選択
事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

観客動員数431日連続1日4ケタで、145萬人突破!! [波瀾万丈伝]

記事数:819|nice!:3,463|総閲覧数:今日:3,265/累計:1,451,732|読者数:35
アクセスランキング:123 位
ブログテーマ:旅行(7位/524ブログ中)

DSC_0079a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年6月29日(月曜日)で、観客動員数は145萬人を突破しました。また、6日連続観客動員数1日3000人以上を記録しております。どうもありがとうございます。

◆2009年の汽車旅1シリーズ目次一覧

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22

・2009年の汽車旅1-3
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-10

・2009年の汽車旅1-4
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-14

・2009年の汽車旅1-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-22

・2009年の汽車旅1-6(近江鉄道完全制覇達成!!) 
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-28

・2009年の汽車旅1-最終回
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-29

◆2009年6月27日(土曜日)から6月30日(火曜日)までのmixi日記

■2009年6月27日(土曜日)
必殺仕事人2009  


当初の予定より1クール延長した『必殺仕事人2009』が2009年6月26日(金曜日)で最終回を迎えた。  

最終回はニセ仕事人の正体に衝撃かつ絶句だったが、いつものシリーズだと悲壮感を漂わせる終わり方なのに、ハッピーエンド的な演出に“時代の変化”を感じた。こういうのもありだと思う。  

私は子供の頃から『必殺仕事人』シリーズ(通称、「必殺シリーズ」)を見ている。実は『必殺仕事人』の前身である『暗闇仕留人』や『必殺必中仕事屋稼業』といった中村主水出演作品を数多く見てきた(全部は見ていない)。中村主水は最初、北町奉行所に所属していたが、いつのまにか南町奉行所へ移ってきた。そして、キャスティングの配置はしんがりが多く、今回の『必殺仕事人2009』のように、序盤で仕事をするシーンも多かった。  

私はこの必殺シリーズで、時代劇へさらにハマることになり、“殺しの美学”を頭に叩き込んだが、もちろん、江戸時代だろうが、21世紀だろうが、仕事人の存在は世間で認めてくれないので、あぶない橋は渡らない。許されるのは、小説の世界だけではないだろうか。  

もし、この世に仕事人があるならば、江戸時代よりも難しい世界だろう。先述のように犯罪者扱いになり、英雄にならないことや、街を歩いていると、監視カメラが至るところにあるので、仕事がしにくい。

御存知のように、夜行列車と時代劇は衰退しており、歯がゆいのだけど、また見たいね。できることなら、時代劇を世界遺産にしてほしい。「人間国宝」のほうが正しいのかもしれないけど。

※本日のRailway Blogは
こちらです(You Tubeはxyです)。





■2009年6月28日(日曜日)
みんなの中に私はいます
 

私のモノ書きデビューは、無作為抽出(?)によって選ばれた『Yahoo! セカンドライフ』でした(備考参照)。当時は選抜サポーター制で、クオリティーの高い記事が見ものだったのですが、2007年3月に現行の“誰でも制度”になってからは低レベルのものになってしまいました。  

今回は選抜サポーター時代のサポーターさんを御紹介しましょう。もちろん、無作為抽出です。そして、この中に私がいます。お時間のある方は一発勝負で遊んでくださいね。





















★備考

岸田法眼のRailway Blog.「AMBITIOUS JAPAN!-のぞみは、かなう-」はこちらにクリック!!

※本日のRailway Blogは
こちらです(You Tubeはxyです)。





■2009年6月29日(月曜日)
冷やし烏龍茶づけ  


今月中旬、スーパーで永谷園の冷やし烏龍茶づけを見つけて購入。これがけっこう、うまい。実は昨年も100円ショップで買っているのだが、今年はそこで売っておらず、やむなく31円高いスーパーで買った。  

健康面を意識し、100円のカンブリと143円のシラスを購入。私は「料理ができないイコールしない主義」と言いたいのだけど、冴えない独身貴族の身では、やるしかない(奥さんがいたら、仕事に専念できるのだけど、いつになるのやら?)。しかし、12年使用しているガスコンロはボロボロで脚が3本溶けてしまっているし、フライパンや鍋はあっても、油はない。カンブリはお刺身用ではないから、どうするか?

答えは迷いもなく、炊飯器に入れる。これならば、加熱調理になるわけだし、ごはんの味がひき立つというもの。実際、味はそうでもなかったが、と言って、しょうゆもないのよね。それにお茶漬けにしょうゆごはんは合わないだろうし。なんだかんだ言いながら、おいしく食べることができた。  

DSC_0908a.JPG

さて、昨日は201系『四季彩』の通常運行が終了した。残念ながら、この日に乗ることはなかったが、天気予報では当初、晴れだったのが、見事にハズレて曇りになり、涙雨。そして、7月20日(月曜日・海の日)で運行終了になる。今も201系は「古い」という感覚はないのだけど、サイリスタチョッパ制御はJR東日本にとって、特殊な車両なのだろう。VVVFインバータ制御が当たり前の現代では、扱いづらいのかもしれない。  

P1390287a.JPG

そういえば、Railway Blogは「汽車旅シリーズ」を望む人々が多いようだ。今回の「2009年の汽車旅1」シリーズは、各回、閲覧数が24時間以内に100へぇーを越えており、特に「2009年の汽車旅1-6」は1日205へぇーを記録した。

なお、7月からは「2009年の汽車旅2」シリーズが始まる予定。期待しなくていいです。「期待」というのは、すればするほど、がっかりするような展開になるのが世の常なのだから。

※本日のRailway Blogは
こちらです(You Tubeはxyです)。





■2009年6月30日(火曜日)
読書の夏2009

2009年6月29日(月曜日)、都内の本屋で書き下ろし文庫本を1冊購入した。その本は松本典久著、講談社刊行、『図説 絶版機関車』である。

昨年も講談社が刊行した『図説 絶版国鉄車両』を購入しているが、ようはネームバリューで購入したということだ。

松本典久氏とはお会いしたことがないものの、雑誌のルポや著書を拝見すると、鉄道への愛情があふれており、ソフトな文面は読みやすい。また、並木書房から刊行された2冊の著者は資料にもなるので、参考文献に使う場合もある。

機関車はブルートレインぐらいしか関心がない程度で、貨物列車には興味がなく、くわしくないけど、この本で知識を詰め込み、いつでも対応できるようにしたい。

さて、鉄道の書き手で代表的なのは、宮脇俊三氏と種村直樹氏と言われている。

今はどうなのかはわからないが、10年ぐらい前の出版社はこの2人を基準とする傾向が強く、原稿を送っても跳ね返された。私が開発したアドリブ、ギャグ、オチを取り入れたコメディー調の文章は、一部の出版社では「斬新」と評価されていたが、「協力出版」たるものを提示されたことがある。「協力出版」というのは、費用一部負担をさし、ようは自費出版となんら変わりない。当然、ゼニなんてねぇーから断った。そんなモンにカネ払うぐらいなら、めざしを買ったほうがマシだ。

実は宮脇・種村両氏の書籍を目にしたのは、20代に入ってからである。10代以前は本屋ですら目にしたことがなかったし、中高生の頃は鉄道に1番関心のない時期だった。思春期だということもあるが、この時代は良質なバラエティー番組や時代劇が多く、そっちのほうに目がいっていたのである。鉄道に対する冷却期間があったから、文章スタイルが確立できたと思う。

話を元に戻し、宮脇氏は冷静沈着で、古典的な文章だ。大正時代のお生まれとあり、上品さを基調としているのではないだろうか。プロ野球でいえば、変化球投手で、打者との駆け引きを楽しんでいるタイプだと思う。ちなみに『鉄道ジャーナル』前編集長の竹島紀元氏とは同世代で、この方は漢字に英語のルビをふる特徴があり、初めて読んだときは、“漢字にこんな使い道があるのか”と衝撃を受けた。

最初に読んだのは誰もが知っている『時刻表2万キロ』で、平日は会社で無難に働き、休みの日は国鉄の路線を乗りに行く。ポーカーフェースなのか、同僚はそういう“隠密行動”をしていることを国鉄完全制覇直前まで、まったく知らなかったという。また、みどりの窓口では、数通りの行先を用意しており、きっぷが取れないと針路を変えるため、係員は困惑していたようだ。

種村氏をプロ野球選手に例えると、ド真ん中に150㎞/hのストレートを3球続けて投げて、三振に斬りたがるタイプだろう。新聞記者をやっていたとあってか、鉄道の発展を追い求めてゆくあまり、喜怒が激しい。おそらく、私と同じO型なのだろう(O型は基本的に気が短い)。また、長嶋さんと生年月日が20日前後違うこともあってか、どこかライバル視や意識している部分もあるのではないだろうか。

私の場合は技巧派だろう。ストレートは速いわけじゃないから、変化球を見せダマに使うか、決めダマに使うかというところ。江川投手の晩年のようなタイプではないだろうか。

余談だが、1番困る質問は「好きな作家」で、私はいつも「いない」と答える。いたら、その人の2番煎じになってしまいそうだからだ。もし、「どうしても」と言われたら、「太田光」と答えるだろう。

※You Tubeは
xyです。





◆世界の国旗クイズ第29問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは、第29問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第29問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数146萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。 ヒントは「ひっかけ問題」です。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承ください。


★観客動員数144萬人から145萬人へのあしあと

・2009年6月26日(金曜日)…144萬1000人突破

・2009年6月27日(土曜日)…144萬2000人突破

・2009年6月27日(土曜日)…144萬3000人突破

・2009年6月27日(土曜日)…144萬4000人突破

・2009年6月28日(日曜日)…144萬5000人突破

・2009年6月28日(日曜日)…144萬6000人突破

・2009年6月28日(日曜日)…144萬7000人突破

・2009年6月28日(日曜日)…144萬8000人突破

・2009年6月29日(月曜日)…144萬9000人突破

・2009年6月29日(月曜日)…145萬人突破!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

2009年の汽車旅1-最終回 [汽車旅2009]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方は、URLにクリックしてください。

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22

・2009年の汽車旅1-3
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-10

・2009年の汽車旅1-4(223系5500番代試乗)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-14

・2009年の汽車旅1-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-22

・2009年の汽車旅1-6(近江鉄道完全制覇達成!!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-28

◆居眠り道中  

DSC_0397a.JPG

米原で東海道本線に乗り換え。JR東海の普通電車大垣行き(クハ117-28)に乗り込もう。  

国鉄時代の昭和61年(1986年)11月1日(土曜日)のダイヤ改正で、中京地区の117系は増発と引き換えに4両編成へ短縮されているが、クハ116・117形200番代はJR西日本に所有していない、JR東海独自の形式で、トイレがついていないのが特徴だ。これは反対側の先頭車にトイレがついているためである。  

DSC_0396a.JPG

さて、在来線ホームの改良工事により、7・8番のりばへ向かうのに遠回りを強いられていたが、2009年3月7日(土曜日)から新しい階段が使えるようになり、利便性が向上した。もっとも、「元に戻った」という表現のほうが正しいように思えるが、前々日まで使われた階段は閉鎖したため、今後は撤去されるのだろう。また、一部の列車については乗車位置の変更が行なわれている。  

JR東海、米原-大垣間の普通電車は117系シリーズ使用時、米原での乗車位置は足元白矢印の1~4番となっているが、近い将来、313系シリーズに置き換えられるのは確定的。そうなると、この乗車位置は過去のものになる可能性がある。JR西日本所属車は湖西線か岡山・山口地区の山陽本線しか活躍の場がない。
 

普通電車大垣行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
大垣なしクハ117-28なし
 なしモハ117-55なし
 なしモハ116-55なし
米原なしクハ116-208なし

14時56分に発車。久しぶりに一段下降窓ではないタイプに乗ったが、関ケ原を過ぎたあとは、気分よく終点大垣まで眠っていた。  

DSC_0401a.JPG

15時31分、終点大垣5番線に到着。例の如く、1番線へまわり、特別快速浜松行き(クハ312-5002)に乗り換え。ちなみに米原14時30分発の普通電車大垣行きで先行し、名古屋できしめんタイムをとっていいのだけど、今度は坐れない危険性が出てくる。  

DSC_0404a.JPG

名古屋で大幅に入れ替わり、16時28分に発車。東海道新幹線300系の〈こだま568号〉東京行きを抜く。どこまで独走が続くのかと注目したが、長くは続かなかった。  

DSC_0406a.JPG

2009年3月14日(土曜日)のダイヤ改正で、大高(Ohdaka)-共和間に誕生する新駅、南共和は普通電車しかホームに入ることができず、そのほかは通過線をゆくことになりそうだ。通過線を設けることにより、安全性の向上にもつながる(絶対安全ということはない)。また、このダイヤ改正ではJR東海在来線ホームが全面禁煙となる。東海道新幹線ホームも全面禁煙にしないのは気に食わないが、愛煙家に対する配慮は必要ないだろう(すべてにおける公共の場にいえる)。健康を害する商品であることは、世界中の誰もが知っているのだから。  

DSC_0407a.JPG

大府通過後、区間快速武豊行きを抜くのだが、武豊線は電化計画がないのが不思議だ。  

刈谷から先は寝る、起きるのくり返しで、17時46分、終点浜松3番線に到着。向かいの4番線で発車を待つ普通電車静岡行き(クモハ211-5027:ロングシート、女性車掌乗務)に乗り換える。
 
特別快速浜松行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
浜松なしクモハ313-5002なし
 なしサ ハ313-5302なし
 なしモ ハ313-5002なし
 なしサ ハ313-5002なし
 なしモ ハ313-5302なし
大垣なしク ハ312-5002なし

◆ロングシートの前面展望  

DSC_0411a.JPG

普通電車静岡行きは17時51分に発車。当初、満席で坐れず、豊田町で席が空いたので坐るが、なんと最前列。まさか211系5000番代の展望席に坐れるとは思わなかったが、首を横に向けながらの前面展望はつらい。

DSC_0412a.JPG

掛川を過ぎると、日が暮れてしまった。さすがに首が疲れてしまい、空席が少々増えたため、六合でドア付近の席へ移動。電車は110㎞/hの大爆走で、車内は暖房がかかっておらず、ちょっと寒い。近江鉄道ではちゃんとかかっていたのだから、そのくらいのサービスは当たり前だと思うのだが、寒冷地以外の地方は積極的に暖房をかけたがらないようだ。
 

普通電車静岡行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
静岡なしクモハ211-5027ロングシート
 なしモ ハ210-5027ロングシート
 なしク ハ210-5027ロングシート
 なしクモハ313-2504ロングシート
 なしモ ハ313-2504ロングシート
浜松なしク ハ312-2313ロングシート

2007年3月18日(日曜日)のダイヤ改正で、静岡地区の電車は113系が消えた関係で、一部を除き、ロングシートに統一されてしまっている。できることなら、豊橋からロングシートに乗りたくない!! 313系2000番代ならトイレがあるからいいのだけど、211系5000番代に当たったらないから、車両運用にムリがある。  

19時00分、終点静岡2番線に到着した。


◆惜別のブルートレイン  

DSC_0415a.JPG

いつものように静岡で下車して、晩メシを仕入れたあと、普通電車東京行き(7号車自由席クハ372-9)へ。帰京の方程式に欠かせない電車であるが、今も373系特急形電車使用のため、特急券がないと乗れないと思う人がいる。静岡県在住の人々にとって、373系は特急〈(ワイドビュー)ふじかわ〉や快速〈ムーンライトながら〉という認識があり、1日1往復しか運用されない普通電車を目にする機会は少ないか、まったくないのどちらかなのだろう。  

19時29分に発車し、由比では特急〈(ワイドビュー)ふじかわ13号〉甲府行きの通過待ち。2008年3月15日(土曜日)のダイヤ改正から、そのような展開になっている。



まもなく富士
足元にご注意ください
左側ドアきます  

富士付近で寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行きとすれ違う。

2005年2月28日(月曜日)以前、静岡で寝台特急〈富士〉大分行きの到着を見届けてから、373系の普通電車東京行きに乗り、富士付近で寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行き、丹那トンネルで寝台特急〈あさかぜ〉下関行き、JR東日本エリアで寝台特急〈出雲〉出雲市行き、寝台特急〈サンライズ瀬戸・サンライズ出雲〉高松・出雲市行きとすれ違ったものだ。もし、“「新型車両」という名のカンフル剤”を投入すれば、展開が変わったのかもしれない。

普通電車東京行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
東京9クモハ373-9自由席
 8サ ハ373-9自由席
 7ク ハ372-9自由席
 6クモハ373-13自由席
 5サ ハ373-13自由席
 4ク ハ372-13自由席
 3クモハ373-10自由席
 2サ ハ373-10自由席
静岡1ク ハ372-10自由席

しかし、九州新幹線鹿児島ルートが全通すると、東京16時台の〈のぞみ〉に乗れば、〈さくら〉との乗り継ぎにより、23時台には鹿児島中央へ到達するようになる。東京17時台の〈のぞみ〉に乗っても、その日のうちに熊本にも着けるようになる。そうなってしまうと、ブルートレインのメリットがなくなってしまう。今や“急ぐ人は新幹線、急がない人は青春18きっぷ”という時代となり、ブルートレインは中途半端な存在となってしまった。2010年12月の予定で東北新幹線は全通。北陸新幹線金沢延伸や北海道新幹線も遠い将来ということではなさそうだ。そうなると、2020年までに夜行列車そのものがなくなることもありえる。285系やE26系がまったく増備されなかったのは、“先見の明”があったことになる。

20時52分、熱海5番線に到着。ここからはJR東日本に入るが、待合室には2枚のポスターがあった。
 
DSC_0430a.JPG

1つ目は寝台特急〈富士・はやぶさ〉とお別れをするあいさつ。根府川で撮影した東京行きを載せている。

DSC_0428a.JPG

2つ目は快速〈ムーンライトながら〉定期運行終了に伴い、東京方面の1番電車が繰り下がることを案内。快速〈ムーンライトながら〉東京行きの熱海発は3時37分で、指定席券を購入すれば乗ることはできた。しかし、2009年3月14日(土曜日)のダイヤ改正により、臨時快速〈ムーンライトながら〉東京行きは熱海通過に変わったため、乗れないことになったのだ(在来線はJR東日本とJR東海の境界駅のため、運転士交代による運転停車が行なわれるはず)。このため、東京方面の1番電車は4時34分発の普通電車東京行きとなる。

DSC_0435a.JPG

大船でもブルートレインに別れを告げる横断幕が掲げられていた。大船に停まることはないのだけど、かつては普通電車を追い抜いていたので、どこか寂しげ。

横浜で日常的な光景に戻り、それに安堵して、22時43分、終点東京9番線に到着した。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②岸田法眼のRailway Blog.「快速〈ムーンライトながら〉 、最後の定期運行!!」はこちらにクリック!!

③岸田法眼のRailway Blog.「観客動員数130萬人突破記念スペシャル!! さぁー、みんなで『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』を買いに行こう!!(寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァーTHE MOVIE)」は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

観客動員数428日連続1日4ケタで、144萬人突破!! [波瀾万丈伝]

記事数:816|nice!:3,443|総閲覧数:今日:2,871/累計:1,441,510|読者数:36
アクセスランキング:172位
ブログテーマ:旅行(6位/512ブログ中)

P1390277a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年6月26日(金曜日)で、観客動員数は144萬人を突破しました。また、169日連続観客動員数1日2000人以上を記録しております。どうもありがとうございます。

◆ここまでの2009年の汽車旅1シリーズ

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22

・2009年の汽車旅1-3
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-10

・2009年の汽車旅1-4
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-14

・2009年の汽車旅1-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-22  

※次回は「2009年の汽車旅1-6」を掲載する予定です。

◆突然の急逝  

昨日の朝から世界中で騒然としておりますが、マイケル・ジャクソンが50歳の若さで、突如、この世を去りました。なにかとお騒がせの状況にあったマイケル・ジャクソンですが、インターネットで知ったとき、ジョークであることを願っておりました。しかし、それは現実となってしまいました。  

『報道ステーション』で見たのですが、恥ずかしながら、今まで黒人だとはまったく知りませんでした。どうして、メイクを厳重にして、白人になりたかったのかはわかりませんが、アメリカ社会は今もに黒人と白人の見方が変わらないのではないかと考えたりもします。  

これからは永遠にマイケル・ジャクソンが語り継がれることになるのでしょうが、残念です。

御冥福をお祈りいたします。

◆2009年6月24日(水曜日)から6月26日(金曜日)までのmixi日記

■2009年6月24日(水曜日)
mixi3000人突破  


2009年6月23日(火曜日)、2008年12月14日(日曜日)にmixi会員になってからの来客数が3000人を突破しました。また、この日はRailway Blogの観客動員数も143萬人を突破しました。御来訪いただいている皆様、どうもありがとうございます。  

私は昔から、親しみにくいキャラに定評(?)があるので、こんなに来ていただけるものとは想像もしておりませんでした。Railway Blogは1人2回以上アクセスしている方が多いようですが、mixiは1人1回しかカウントされないので、会員制もあってか、そんなに多くはないようです(mixiは1日2回やって来る方のほうが珍しい)。特にmixi日記を更新していない日は、ガラガラですね。タイマー予約ができれば、Railway Blogみたいに旅に出ているあいだでも、更新間隔を空き過ぎることなく、できるのですが…

昨年から、初めてお目にかかる方々が増えたのですが、お会いする前から私を知っている方が多いということに驚きました。しかし、私の知名度は残念なことに、出版社業界には完全に知れ渡っていないようです。困ったものですね。そして、お目にするたびに、こう言われることが定番になってしまっているようです。

「ごっつい方かと思っていました」  

どうやら、堅苦しく、かなりトシを食っている印象をお持ちになっている方が多いようで、あとは執筆スタイルと容姿がその人が思っているイメージとは、かなり、かけ離れているのでしょう。先日、レイルマンフォトオフィスの中井精也カメラマンにも、そのセリフを言われてしまいました。おそらく、私の執筆記事やRailway Blogを御覧になっているのでしょう。でも、中井カメラマンは嬉しそうな表情を浮かべておりました。私も中井カメラマンにお目にかかるのは4回目で、御挨拶できたことにホッとしております。  私は昔から、固い人と見られるようで、若い頃は肩の力を抜くことをアドバイスされていましたね。しかし、堅い話はよくするほうで、周囲から私の政治論に真っ向から反発されることがあります(賛同する人が少ないのが悩み)。そのため、普段から、鉄道の話はまったくしないですねぇー。鉄道の話をされても、ついていけないことが多く、プロ野球のほうがラクです。  

私の執筆スタイルというのは、ありのままに書くのはもちろんですが、激辛の批評、酷評、提言が多いのは確かでしょう(普段から人でもモノでも褒めないことが多い)。そして、バラエティー番組や『あぶない刑事』シリーズなどで、知らぬまに培われたアドリブ、ボケ、オチを取り入れることがありますが、メディアの世界では、それを使ったことはありません。こういった“落差”というものがRailway Blogでウケているのではないかと思います(mixiでも使っているけどね)。こういうスタイルは10年も前から確立しております。芸能人以外で、こういうスタイルで執筆されている方は、たぶん、いないでしょう。いたら、“俺のパクリ”だと思ってください。

以前、敬愛する吉田一紀さんから、「毒々しい」と言われたことがあるのですが、東京というところは「毒」を身につけないと生きていけません。東京のお笑いというのは、「毒」がないとウケないんですよね。毒がないと全国区になれません。著名な芸能人というのは、毒を身につけているからこそ、不動の地位を得るものだと思っております。  

mixiはほぼ毎日、御覧になっている方の名前は明かしませんが、4名様おられます。しかも、4人中、3人はB型です(1人はA型)。本当にこれはありがたいことで、これからもしょっちゅう御覧いただける常連様が増えればいいなと思っております。そのための対策はまったくありません。  

皆様、末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

※本日のRailway Blogは
こちらです(You Tubeはxyです)。





★備考

岸田法眼のRailway Blog.「中井精也さん、オオゼキタクさん、吉田一紀さん登場!! 観客動員数422日連続1日4ケタで、142萬人突破!!」はこちらにクリック!!

■2009年6月25日(木曜日)
突貫校正  


これからRailway Blogで軽めの記事を作成しようとしたら、日付が変わる6分前にメールが入り、初校。本来、週末に初校や色校が入るのだけど、手違いにより、今になったとか。いくら夜型人間の私でも、徹夜は厳しいので、「明朝(6月26日)までにお送りします」と返信。自分の掲載記事が本屋に並ぶのだから、頑張れる。それに先週、裏辺金好所長がずいぶん身を乗り出すかのように、次の掲載雑誌をきいていたから、「さすらいのライターが執筆した」という理由で買っていただける方が身近にいるのはありがたい(しょっちゅう会うわけじゃないけど)。具体的なことは公表しなかったが、発売時期の予想だけは伝えてある。  

ということなので、本日のRailway Blogはお休みです。  

※You Tubeは
xyです。





■2009年6月26日(金曜日)
黒いドレスは強さの証?!

数日前、九重親方(第58代横綱千代の富士)の次女がモデルデビューを果たし、話題になった。千代の富士は現役時代、我が子と一緒(1人1回)に優勝の記念撮影をする子煩悩で知られており、“あのときの子供がこんなに大きくなったんだ”と時の流れを実感する。

次女と優勝の記念撮影をしたのは昭和63年(1988年)夏場所で、春場所直前に左肩を脱きゅうして休場。再起をかけた夏場所で見事優勝し、日本の歴史に刻まれる53連勝がスタートした場所でもある。

モデルデビューはインターネットのヤッホーで見たが、スタイリストは気をつかったのか、大銀杏が結えるほどの長い黒髪に、黒いドレスで登場。千代の富士全盛期のまわしと同じ色である。

ここ1か月ほど、“世襲タレント”が話題になっていたが、関係者でさえも最近まで、父親の正体を知らなかったらしい。名字は千代の富士でなければ、九重でもないから、ムリもないか。それに力士や親方の場合、シコ名か年寄名しか呼ばれないことが多いせいか、下の名前がわからない人も多いだろう。  

今後、どういった活躍をするのかが注目されるが、数年後には女優に転身する可能性もありそうだ。

私にとって、千代の富士は“強い男の象徴”といえる1人で、黒いまわしはそういったイメージがある。そのせいか、携帯電話は黒しか選ばない。黒じゃないと落ち着かないんだよね。  

現役時代、「ウルフ」と呼ばれた千代の富士だが、引退して8年後の平成11年(1999年)、2代目「ウルフ」として、巨人の高橋由伸選手が襲名(長嶋茂雄監督が名づけた)したが、今シーズン、腰痛の回復が大幅に遅れているのが気になる。その勇姿を見たいものだ。そして、大田泰示選手は「桃太郎」と名づけてみてはどうだろうか。これは名前が「タイジ」だからである。

※本日のRailway Blogは
こちらです(You Tubeはxyです)。





◆世界の国旗クイズ第29問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは、第29問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第29問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数144萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

ヒントは「ひっかけ問題」です。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承ください。

★観客動員数143萬人から144萬人へのあしあと

・2009年6月23日(火曜日)…143萬1000人突破

・2009年6月23日(火曜日)…143萬2000人突破

・2009年6月24日(水曜日)…143萬3000人突破

・2009年6月24日(水曜日)…143萬4000人突破

・2009年6月24日(水曜日)…143萬5000人突破

・2009年6月25日(木曜日)…143萬6000人突破

・2009年6月25日(木曜日)…143萬7000人突破

・2009年6月25日(木曜日)…143萬8000人突破

・2009年6月26日(金曜日)…143萬9000人突破

・2009年6月26日(金曜日)…144萬人突破!!


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

明知鉄道乗車記録表 [Railway Road]

明知鉄道乗車記録表
路線名営業区間乗車区間未乗車区間
明知線恵那-明知なし恵那-明知

今回は明知鉄道の路線と私の乗車記録です。皆様は乗られましたか?  

さて、近年は鉄道アーティスト、小倉沙耶さんをイメージキャラクターに起用しているようで、車内の自動放送もやっているとのことです。また、ユニークな列車も運行されており、町おこし、村おこし、明知鉄道の巻き返しなど、経営努力と観光客誘致に一生けんめいです。  


P1390285a.JPG

2009年5月29日(金曜日)に小倉さんセカンドシングル、『アケチで見つけたスローライフ/岩泉』が発売されました。通信販売となっているようですが、前者は明知鉄道の応援歌でポップス、後者は秘境駅でおなじみの場にふさわしく、歌謡曲の曲調となっております。使っている楽器が少ない分、ほのぼのとした歌になっておりますね。  

私はまだ明知鉄道に乗ったことがないので、早いうちに乗りたいと思っているのですが、いつになりますでしょうか? そして、沿線にある日本大正村を舞台に、時代を大正時代に設定して、名探偵、シャーロック・ホームズが活躍し、明知鉄道が特別出演する映画を撮りたい構想はあるのですが、問題は作品になるかどうかでしょうね。  

ほかに、銚子電気鉄道は『水戸黄門』で、うっかり八兵衛がぬれせんをたらふく食い、漁港を悪党の我がものにしようというところへ黄門様が登場。最後は電車に乗り、「これは駕籠よりいいのぉー。ハッハッハッハッハッハッ」と黄門様は高笑い。ひたちなか海浜鉄道は鉄道警察隊八重洲分駐署の松本清警部補がムチャクチャな捜査で、ホシを追い詰めます。これには列車が必須で、移籍したミキ300形のボディーカラーを白と黒のツートンカラーにしたいですね。  

鉄道映画は5月19日(火曜日)に星野佳世さんと意気投合したのですが、当時とはかなり、構想がかけ離れております。また、私は映画会社のツテがないので、実現しない可能性は高いと思いますが、もし、そうなったら、金獅子賞が獲れるようなものにしたいと思います。

★備考

①明知鉄道ホームページはこちらにクリック!!

②『好きなのは鉄道とアニメと◯◯◯です(旧明知鉄道公式ブログ)』は
こちらにクリック!!

③小倉沙耶関連グッズ webショップは
こちらにクリック!!

④日経WagaMaga「ローカル線でちいさな旅へ 明知鉄道(1)アケチのお花見大作戦!」は
こちらにクリック!!

⑤日経WagaMaga「ローカル線でちいさな旅へ 明知鉄道(2)極楽駅の『極楽音頭』」はこちらにクリック!!

⑥日経WagaMaga「ローカル線でちいさな旅へ 明知鉄道(3)岩村駅の腕木式信号機」はこちらにクリック!!

⑦日経WagaMaga「ローカル線でちいさな旅へ 明知鉄道(4)トロッコ軌道が残る岩村醸造」はこちらにクリック!!

⑧日経WagaMaga「ローカル線でちいさな旅へ 明知鉄道(5)飯沼駅の日本一」はこちらにクリック!!

⑨日経WagaMaga「ローカル線でちいさな旅へ 明知鉄道(6)明知線の駅めぐり」はこちらにクリック!!

⑩日経WagaMaga「ローカル線でちいさな旅へ 明知鉄道(7)春の味覚を楽しむ『らんらん列車』」は こちらにクリック!!

⑪日経WagaMaga「ローカル線でちいさな旅へ 明知鉄道(8)大きく変わった日本大正村」は
こちらにクリック!!

⑫日経WagaMaga「ローカル線でちいさな旅へ 明知鉄道(9)明知鉄道全駅下車を達成」はこちらにクリック!!

⑬岸田法眼のRailway Blog.「観客動員数395日連続1日4ケタで、133萬人突破!!」はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

観客動員数425日連続1日4ケタで、143萬人突破!! [プラットホーム2009]

記事数:814|nice!:3,428|総閲覧数:今日:2,721/累計:1,432,136|読者数:36
アクセスランキング:152位
ブログテーマ:旅行(6位/511ブログ中)

DSC_0291a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年6月23日(火曜日)で、観客動員数は143萬人を突破しました。また、166日連続観客動員数1日2000人以上を記録しております。どうもありがとうございます。

◆ここまでの2009年の汽車旅1シリーズ

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22

・2009年の汽車旅1-3
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-10

・2009年の汽車旅1-4
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-14

・2009年の汽車旅1-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-22

◆「6月23日」という日  

6月23日は2つの忘れられない出来事があります。  

1つ目は沖縄慰霊の日。日本で唯一、地上戦が行なわれてしまった琉球。地上戦が終了したのは、昭和20年(1945年)6月23日(土曜日)でした。そして、8月15日(水曜日)の終戦後、日本だった琉球は、アメリカという国に変わり、我が国に返還されたのは昭和47年(1972年)5月15日(月曜日)でした。  

糸満市にある平和祈念公園では、平和の礎(Ishiji)があり、地上戦の死没者が日本人、外国人問わず、毎年刻まれていますが、お亡くなりになられているということは、惨劇を実際に体験した御存命の方が減っていることになります。いずれ、戦争の惨劇を味わった日本人はいなくなり、憲法9条というものが大きく揺れ動いてしまう可能性はあるかもしれません。そうなってしまうと、戦争の惨劇がよみがえり、地球が壊滅する恐れもあります。  

私は2006年8月22日(火曜日)に平和祈念公園へ行きました。あのときに平和の礎を見たとき、“6月23日はここへいたい”と思うようになりました。沖縄慰霊の日に現地へ滞在することによって、戦争の惨劇を肌で感じ取り、平和のありがたみと感謝、命の尊さをかみしめ、勉強をしたい。戦争の知らない者にとって、大切なことは勉強をして、歴史を知り、このようなことを繰り返してはならないことではないでしょうか。  

残念ながら2009年6月23日(火曜日)は、糸満にいることができませんでした。「6月23日の糸満」は、雑誌か書籍の企画で、“旅人の目線”で描きたい構想があります。  

2つ目はレールファンなら御存知、東北新幹線開幕27周年を迎えました。2010年12月の予定で、ついに全通を果たすことになりますが、なぜ、国鉄は上越新幹線との同時開幕とはせず、昭和57年(1982年)6月23日(水曜日)にしたのかが気になります。沖縄慰霊の日を考えると、国鉄は不謹慎な日を選んだことになるのではないでしょうか。

◆2009年6月21日(日曜日)から6月23日(火曜日)までのmixi日記

■2009年6月21日(日曜日)
ゆる鉄 from 1日1鉄!

P1390250a.JPG

2009年6月20日(土曜日)14時20分頃、中央線の快速高尾行きは新宿に到着した。

P1390248a.JPG

新宿への道中、窓にステッカーが貼っているのを発見。これは新型インフルエンザが発生してから、貼っているのかもしれないが、吊り革は抗菌製品を使い、車両中央部に空気清浄機を設置し、快適な環境であることを宣言している。ちなみに故障すれば空気清浄器機は役に立たないので、大半の窓は開閉可能だ。

P1390261a.JPG

徒歩で新宿三井ビルへ向かい、そのあとは
こちらへどうぞ。  

※You Tubeは
xyです。





■2009年6月22日(月曜日)
E233系のフルカラーLED

DSC_0069a.JPG

2009年6月21日(日曜日)、青梅線青梅から特別快速〈ホリデー快速おくたま4号〉東京行きに乗った。

E233系の方向LEDは種別が多いため、フルカラー方式を採用しており、快速はオレンジ、全区間各駅停車はイエロー、中央特快はブルー、青梅特快はグリーン、通勤快速はパープル、通勤特快は赤が使われている。

DSC_0038a.JPG

種別は「特別快速」となるホリデー快速のフルカラーLEDは赤だった。そして、愛称の〈ホリデー快速おくたま〉はスカイブルーを表示(上段は「ホリデー快速」、下段は「おくたま」という2段表示)。多摩川の清流をイメージし、201系『四季彩』の流れを継承しているようだ。これにより、先頭車のフェイス部分は「ホリデー快速おくたま東京」と「ホリデー快速」の交互表示となる。

DSC_0077a.JPG



拝島に到着し、7~10号車の特別快速〈ホリデー快速あきがわ4号〉東京行きを待ち、連結。気になる〈ホリデー快速あきがわ〉の愛称LEDは快速と同じオレンジだった。これは山の土をイメージしたのだろう。

E233系フルカラーLED表示種別
中央特快…青
青梅特快…緑
通勤特快…赤
ホリデー快速
通勤快速…パープル
快速…オレンジ
あきがわ
各駅停車…イエロー
(全区間のみ)
おくたま…スカイブルー

201系では電照式種別幕を取りつけて、わかりやすくしているが、E233系は方向LEDを種別と行先、種別のみが交互表示されており、利用客の反応は悪くないようだ。不評であれば、E233系にも電照式種別幕を取りつけているだろう。

DSC_0079a.JPG

ドアが閉まり、各駅停車青梅行きが入れ替わるかの如く、到着したのだが、なんと201系!! 青梅へ戻ってでも乗りたかった。チクショー、悔しい!!

おそらく、人によっては、「京葉線でも乗れる」、「大阪環状線でもオレンジの201系に乗れる」と言いたいのだろうが、201系は中央線のオレンジが原点で、京葉線201系に乗りたいと思っているけど、スケジュールの都合が合わないのよね。JR西日本だとすべて体質改善車だし、オレンジなのはコンバートによるものだから、オリジナルにこだわりたい部分はある。  

余談だが、特別快速〈ホリデー快速おくたま〉〈ホリデー快速あきがわ〉は3往復運行されているため、号数表示がついているものの、指定席は連結されておらず、車内や駅では「x号」と案内されていない。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!

②オーミヤの鉄道日誌「不思議な列車種別」は
こちらにクリック!!

③岸田法眼のRailway Blog.「JR東日本E233系試乗」は
こちらにクリック!!

※本日のRailway Blogはこちらです(You Tubeはxyです)。





■2009年6月23日(火曜日)
みっともない女

2009年6月22日(月曜日)、都内を歩いていたら、若いのかなぁー、女とすれ違ったが、履きものにあきれ果てた。

それは左足が厚底ブーツ、右足が厚底抜きブーツなのだ。夏にブーツとは「暑苦しい」、「むさ苦しい」、「見苦しい」と言えばキリがないけど、不快感がつのる。

ブーツというのは納豆より臭気があり、お座敷やクツを脱ぐ場所に向かず、脱げば異臭とカン違いする人もいるらしい。また、水虫の原因にもなる。なかには全国的に少ないのかもしれないが、ブーツを好まない女性もいる(履き心地がよくないらしい)。

夏になるとサンダルを履いて通勤をする女性を見かけるが、クツ音がうるさく、電車の中で読書しているときなどは気が散る。サンダル勤務を認める企業にも問題はあるが、そこまでして履きたい理由がよくわからない。サンダルはベランダ、ビーチ、プールのどちらかで履いてもらいたい。

話は変わり、千代田線代々木上原行きで、運転士が日比谷を通過してしまい、直後に止まる出来事があった。朝ラッシュ時のため、バックすることができず、そのまま次の霞ヶ関へ向かった。

運転士によると、特急とカン違いしたというが、ではなぜ、ほかの駅ではキッチリ停車したのだろう? もしかすると、突発的なド忘れの可能性がある。ちなみに私はこの日、なぜか学習の「習」という字が5分ほど思い出せなかった。やはり、文字を書かなくなったというのが影響しているのだろうか?

千代田線に話を戻すが、特急はMSEしか使わず、ほかの車両で運行するはずもない。ましてや、当該電車の始発は取手で、境界駅となる綾瀬でJR東日本の乗務員から業務を引き継いだはずである。カン違いするにも程があり過ぎるのではないだろうか。重大なミスをしたとしても、「臨時快速急行」と言えばいいのにね(年に1回、走っている)。  

先週は版元から催促されるヘマをしてしまったため、今週は思ったより早くはかどり、原稿を入稿。早く寝ちゃおう。  

余談だが、この日の昼食は吉野家で鰻丼を食べた。まいうー!! あと、この時期は、なか卯のざるそばもオススメだ。

★備考

①東京地下鉄ホームページはこちらにクリック!!(プレスリリースはこちらにクリック!!

②岸田法眼のRailway Blog.「臨時快速急行〈丹沢もみじ号〉綾瀬行き(小田急電鉄2代目4000形試乗)」は
こちらにクリック!!

※本日のRailway Blogはお休みです(You Tubeは
xyです)。





◆世界の国旗クイズ第29問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは、第29問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第29問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数144萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。 ヒントは「ひっかけ問題」です。 なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。

★観客動員数142萬人から143萬人へのあしあと

・2009年6月21日(日曜日)…142萬1000人突破

・2009年6月21日(日曜日)…142萬2000人突破

・2009年6月21日(日曜日)…142萬3000人突破

・2009年6月21日(日曜日)…142萬4000人突破

・2009年6月21日(日曜日)…142萬5000人突破

・2009年6月22日(月曜日)…142萬6000人突破

・2009年6月22日(月曜日)…142萬7000人突破

・2009年6月22日(月曜日)…142萬8000人突破

・2009年6月22日(月曜日)…142萬9000人突破

・2009年6月23日(火曜日)…143萬人突破!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

2009年の汽車旅1-5 [汽車旅2009]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方はURLにクリックしてください。

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22

・2009年の汽車旅1-3
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-10

・2009年の汽車旅1-4(223系5500番代試乗)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-14

◆関西遠征初の展開  

2009年3月8日(月曜日)、9時頃に宿を出ると、お天気は曇り気味で、少し肌寒い。  

DSC_0277a.JPG

歩道を歩いていると、自転車の通行禁止を呼びかけるペナントが掲げられている。自転車による走行ではなく、歩くというもので、事故防止を呼びかけているのだろう。確かにここはにぎわっており、歩行者が多い。それだったら、自転車用の道を作ったほうがいいのではないだろうか。そうなると、今度は自動車用の車線が狭まると、ドライバーがブーブー言うのかもしれないが。

DSC_0281.JPG

  

京阪本線祇園四条のホームへ下りると、ちょうど2番線に特急淀屋橋行きが到着した。8000系“エレガン都エクスプレス”カラーで、長年続いたこの色は見納めになる日が近い。  

DSC_0284a.JPG

そのあと、準急淀屋橋行き(2829)に乗り、9時06分に発車。七条に着く頃、こんな放送があった。

「左側の扉が開きます。御注意ください」  

以前は「開けます」だったのが、「開きます」に変わった。大半の車両はドアを開けるときのみ、自動放送になっている。  

準急淀屋橋行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
東福寺なし2829なし
 なし2729なし
 なし2629なし
 なし2373なし
 なし2358なし
 なし2308弱冷房車
祇園四条なし2218なし

DSC_0286a.JPG

七条を発車し、地上に上がるとすぐに運転士はカーテンを上げ、9時10分、東福寺に到着。奈良線の各駅停車京都行き(クハ103-212:リニューアル車)に乗り換え、9時14分に発車。9時17分、終点京都9番のりばに到着した。  

各駅停車京都行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
京都なしクハ103-211リニューアル車、弱冷車
 なしモハ103-484リニューアル車
 なしモハ102-590リニューアル車
東福寺なしクハ103-212リニューアル車

DSC_0289a.JPG

スナップ撮影後、2番のりばへ急ぎ、東海道本線の普通電車野洲行き(8号車クモハ221-63)に乗り換え、9時22分に発車。山科寄りの留置線では223系2000番代の普通電車近江舞子行きがスタンバイをしている。  

さて、今回の汽車旅(諸国漫遊)は通算85回目を迎えるのだが、今まで関西は立ち寄ることが「ある」、「ない」でも大阪府を通ってきた。ところが、今回は初めて、大阪府を通らないという展開となった。関西の旅は“大阪ベース”となっており、そこへ針路を向けないのは、大きな決断というわけではないが、生きている限り、行く機会はまだまだあるのだし、気にすることもないだろう。  

普通電車野洲行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
草津8クモハ221-63なし
 7モ ハ221-63なし
 6サ ハ221-63なし
 5モ ハ220-54なし
 4サ ハ220-54なし
 3モ ハ220-55なし
 2サ ハ220-55弱冷車
京都1ク ハ221-63弱冷車

山科を発車すると、湖西線の高架は耐震補強工事を施行。以前から湖西線の高架が劣化している印象があるので、コンクリートの原料に海砂を使っていたのだろうか?  

大津でエル特急〈(ワイドビュー)しなの9号〉長野行きに抜かれるが、車内はガラガラ。平日はどうなのかはわからないが、急行〈ちくま〉が走らなくなった今、国鉄時代からの慣例を打ち砕けない理由があるのだろう。かつてはエル特急〈やくも〉の大阪延長があったものの、短命。エル特急〈(ワイドビュー)ひだ〉は当初、新規参入だったが、のちに急行〈たかやま〉を置き換えている。  

DSC_0291a.JPG

9時46分、草津5番のりばに到着した。


◆東海道新幹線南びわ湖駅は不要  

1番のりばへまわり、草津線の普通電車柘植行きを待つが、発車時刻は10時26分。ずいぶん時間があるので、入線するまでの時間を使い、流し撮りにチャレンジするが、とてもお見せできないほどヘタである。シャッター速度を遅くすると、背景が白くてなにがなんだかわからない。  

撮影に没頭するのは、5日後に『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』の取材をするため、デジタル一眼レフカメラに慣れなきゃいけないのだ。購入当日に試し撮りをしているが、なかば、ぶっつけ本番で、この旅を実施している。ちなみに今回の旅で、コンデジを使うことはなかった。  

DSC_0306a.JPG

1番のりばに普通電車柘植行き(モハ113-5328:体質改善車、女性車掌乗務)が入線。クハは湘南色、モハは体質改善車という編成内容で、当然のことながら、後者を選ぶ。  

中間2両に連結されている113系体質改善車は、平成11年(1999年)鉄道友の会ローレル賞の候補にあがっている。このほか、JR東日本E127系100番代と209系500番代、京浜急行電鉄2100形、近江鉄道700系、一畑電気鉄道(現在の「一畑電車」)5000系、スカイレールサービスのスカイレール200形も候補にあがっており、最終的にリニア駆動併用やコンピューターによる運転制御が評価され、スカイレール200形が選ばれた。  

さて、普通電車柘植行きは入線当初、ガラガラだったが、発車時刻が近づくにつれ、徐々に入り、ほとんどの席が埋まって、10時26分に発車。東海道本線と別れ、東海道新幹線をくぐる。  

DSC_0313a.JPG

この交差地点はかつて、「東海道新幹線最後の新駅」として、南びわ湖駅を作る構想があった。しかし、2006年7月2日(日曜日)に行なわれた滋賀県知事選挙で、建設凍結派の女性候補が当選。その後、公約通り、南びわ湖駅の建設凍結が決定した。そもそも、草津で新快速に乗り換えれば、少なくとも、大阪方面に関しては、東海道新幹線を使う必要性はないのだ。ただ、交差するだけで新駅を設けるというのは、安直ではないだろうか。また、駅名の「南びわ湖」だが、肝心の琵琶湖がここから見えない以上、ムリがある。  

普通電車柘植行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
貴生川なしクハ111-5716リニューアル車
 なしモハ113-5328体質改善車
 なしモハ112-5328体質改善車
草津なしクハ111-5766リニューアル車、弱冷車

手原を発車すると、よく揺れる。前日の山陰本線綾部-福知山間に比べると、まだいいほうなのかもしれないが、いくら快適な車両でも、路盤がしっかりしていなければ不快になるし、脱線事故にもつながる。  

石部(Ishibe)で113系5700番代、オール湘南色の普通電車草津行きと行き違う。ボックスシートでは、化粧をする女を見たが、生活にゆとりがないようだ。  

草津線に乗るのは2000年8月14日(月曜日)以来で、信楽高原鐵道全線完乗を達成後、湘南色の普通電車草津行きに乗り、ボックスシートで笑顔の素敵な若い女性と相席になった。すると、女性は突然、私に声をかけてきた。前年の平成11年(1999年)に東北地方で私を見かけたという。しかし、私はこの年、東北地方の旅をしておらず、自殺を考えたことがあるほど、どん底という惨状だった。  

私は「違いますよ」と言ったが、もし、私のそっくりさんがパクられる事態が発生すると、“新聞記事に「ニセライター逮捕」なんて出るんだろうなぁー”と思ったものである。  

三雲で私の隣りに坐って居眠りをしていた男子高校生が“駆け込み下車”をして、10時51分、貴生川1番のりばに到着した。


★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②参考文献として、鉄道ジャーナル社刊行、『鉄道ジャーナル1999年8月号』を使用。

③参考文献として、栗原景著、メディアファクトリー刊行、『新幹線の車窓から 東海道新幹線編』を使用。

④221系備考一覧は
こちらにクリック!!

⑤岸田法眼のRailway Blog.「自殺」はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

中井精也さん、オオゼキタクさん、吉田一紀さん登場!! 観客動員数422日連続1日4ケタで、142萬人突破!! [汽車旅2009番外編]

記事数:812|nice!:3,417|総閲覧数:今日:3,251/累計:1,421,616|読者数:36
アクセスランキング:144位
ブログテーマ:旅行(5位/504ブログ中)

DSC_0251a.JPG


毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年6月20日(土曜日)で、観客動員数は142萬人を突破しました。また、163日連続観客動員数1日2000人以上で、14日連続3000人以上を記録しております。どうもありがとうございます。

まずはルポでお楽しみください。


◆ゆる鉄 from 1日1鉄!

P1390250a.JPG

2009年6月20日(土曜日)14時20分頃、JR東日本の快速(吉祥寺から各駅停車)高尾行きは中央本線(通称、「中央線」)新宿に到着した。

P1390248a.JPG


新宿への道中、窓にステッカーが貼っているのを発見。これは新型インフルエンザが発生してから、貼っているのかもしれないが、吊り革は抗菌製品を使い、車両中央部に空気清浄機を設置し、快適な環境であることを宣言している。故障すれば空気清浄器機は役に立たないので、大半の窓は開閉可能だ。

P1390261a.JPG


徒歩で新宿三井ビルへ向かい、1階エプサイトのギャラリー2にある『ゆる鉄 from 1日1鉄!』へ。今も田舎の駅にありそうな木製の改札口が出入口で、そこにはレイルマンフォトオフィスの中井精也カメラマンが駅長に扮しており、特製の無料入場券に改札鋏を入れる。ちなみに中井カメラマンにお会いするのは、3年連続4回目である。

P1390270a.JPG

展示品は見てのお楽しみということで、割愛させていただくが、御本人のブログで紹介された写真もあり、パソコン上で見るより、パネルで見るほうが迫力はあるし、美しい。そして、展示されているパネルは、プロのカメラマンではないと撮れないものばかり。プレッシャーはかなりあるものとお察しするが、ギャラリーの立場からすると、“デジイチ買いたい!!”という憧れを持つのではないだろうか。私も実際、2年前に行った個展で、“もう1度、一眼レフカメラを持ちたい”と思い、消極的(プロのカメラマンのような腕がないから)なカメラ取材が入り、“メディアで掲載される以上、恥ずかしいものは撮れない”ことを理由に、動画が撮れることや中井カメラマンが使っていることもあり、NikonのD90を購入した。ちなみに、この日はコンデジを持参した。デジイチは高価なので、大切に使いたい。

印象に残る写真は動物が写っているもので、動物の本でもなかなか見ないので、新鮮だ。

奥には掲載誌や著書が置いてあり、7月18日(土曜日)には新作著書が発売される。その名は『中井精也の鉄道撮影術 撮り鉄』で、「撮り鉄」に思わず苦笑。本のページを開くと、「工事中」となっており、そこから先は白紙。このフェイントぶりが面白く、まさにゆる鉄かつ、芸達者。普段、私は“ファン度”を重視するため、Railway Blogで色々と言っているけど、こだわってばかりいると墓穴を掘りかねないので、実際に人とお目にかかる場合は、よほどのことがない限り、空気を壊さぬよう、心がけている。

この個展を見て思うのは、日常における俺というのはピリピリしているのよね。もしかすると、ほかの方々もそうなんだろうけど、俺はモノ書きとして生きる以上、常に仕事がないと食っていけないし、早期結婚もできないだろう。もしかすると、世間から見た俺という男は、みっともない30代の代表的な人間なのかもしれない。 このパネルやほかの絵もそうだけど、見ることによって、心が洗われる。まさに“命の洗濯”で、「今日がダメでも、明日がある」という気にさせてくれる。芸術というのは、励みになるんだよね。そして、気分もリフレッシュ!! ありがたいことに今回の個展も無料で鑑賞できるというのは、教養を高める大きなチャンスだと思う。

さて、私は中井カメラマンに声をかける。先述した動物が写っているパネルがいいですねぇーというと、本人は「ありがとうございます」と大喜び。以前、NHKの生放送番組に出演したとき、「情景」を重視することを女性アナウンサーに語っており、鉄道車両は“隠し味”となっている。私は撮影のために出かけることがないのだけど、時間にゆとりがあれば、やってみたい(あっても近場かな)。


「東京というのは、ゆるゆるじゃないですからねぇー」

「しかも新宿ですからね」  

私が切り出すと、中井カメラマンはこう答える。新宿というのは、日頃から人の数が多いこともあり、“ゆるゆる”な空気を感じないことが多い。

「歌舞伎町はいつもピリピリしていますけどね」

「ハハハハハハハハ」  

即座に思いつくと、中井カメラマンは爆笑。ピリピリしていることが多い私だけど、Railway Blogやmixi日記では、あどりぶ、ギャグ、ボケ、オチを使っていることがあり、“ゆるゆる”に努めているのだ。ただ、流れの中で、それらを言うのはカンタンなことだけど、実際に自宅などで漫談を組み立てるのは難しい。

P1390267a.JPG
  
そのあと、許可を得て撮影。Railway Blogで御紹介することもお伝えして、私は名刺を取り出し、URLを指差して、渡す。過去3回は利用客という立場で、個展やトークショーに行っているが、7月上旬に掲載誌が発売になることもあるし、“これだけ行っているのだから、そろそろ御挨拶しないといけないだろう”と思っていた。ただ、“客という立場で、でしゃばっていいのか?”という悩みもあった。

「あーっ!!」  

名刺を見た中井カメラマンは大きな声をあげた(「あ゛ーっ」のほうがよかったかな?)。まるで、ウワサの人物か、伝説の人物に出会ったかのように。実は中井カメラマンのホームページの掲示板で、たまに書き込んでいるので、私の名前を存じているのだ。

「ごっつい方かと思いましたよ」  

私と初めてお会いした方は2008年から急増、激増(それほど多いわけではないけど)の状況にあり、半数以上は「ごっつい方」やカミナリオヤジと思っており、実物の姿は30代前半であることに驚いている。Railway Blogで私の名を知った方も多く、50代以上と思われているらしい。昔から「性格がきつい」、「厳しい」って言われるからなぁー。  

嬉しかったのは、中井カメラマンが「御同業」と言ったことである。超一流カメラマンに言われるのはありがたい。私なんか、三流以下のライターだから、これからも頑張っていかないと。世間から「文化人」と言われるには、みんなに追いつき、追い越すのが最大の条件なのだ。そして、鉄道だけを語るのではなく、政治も語らないことには、「文化人」になれないと思う。個人的には、ビートたけしや太田光と同じ土俵にいるのが目標だ。  

いつか中井カメラマンとお仕事で、御一緒することが当面の大きな夢かつ目標の1つ。その夢を叶うのは、版元さん、今、この記事を読んでいるあなたですよ。  

余談だが、会場にあるノートパソコンの隅には、コンビニで購入した野菜ジュースのペットボトルが置いてあった。以前、中井カメラマンのブログで、吉野家の近くでトラック輸送される『夢空間』を撮影して、掲載された際、牛丼がお好きらしく、お体を心配するコメントがあったことを覚えているのだが、健康管理には気をつけている。ちなみに私も吉野家は好きで、この夏も牛丼ではなく、鰻を食べまくりまーす。

P1390273a.JPG

 
会場をあとにして、中央線の快速(吉祥寺から各駅停車)豊田行きへ。ドア上LCDの左側には血液型別の運勢が表示されており、この日、O型の私は最悪らしい。ラッキーポイントは甘いものと言われても、甘党じゃないからなぁー。  

三鷹に到着。中央本線120周年記念の一環として、エキナカショッピングの近くに201系のフェイスが展示されている。ホンモノなのか、作りものなかはわからないが、原寸大だろう。でっかいなぁー。

P1390277a.JPG

  
方向幕がコロコロ流れ、「青梅特快高麗川(Komagawa)」が登場。ダイヤ上でもこの行先はなかった記憶があるけど、左側には201系の前面展望が公開されている。  

201系が入団して30年。昭和末期から平成初期の頃なら、新幹線以外の鉄道車両は“30年が定年”とされており、消えるのは宿命だ。量産車は昭和56年(1981年)に登場しているので、廃車になるにはまだ早いのだけど、JR東日本はE233系の投入を急速に進めた結果、中央線201系はわずか2編成にまで縮小。高架工事がさいわいして、命拾いをしているのだが、完成すると、出番がなくなる。

JR東日本は201系『四季彩』が7月20日(月曜日・海の日)で運行終了になることを告げており、京葉線用はまだまだ活躍する模様だが、この車両の原点である中央線用は、どのくらい持つのだろうか? まだまだ乗りたい。もっと乗りたい。VVVFインバータ制御に変えたら、末永く走れるのではないかと思うが、中央本線120周年記念の締めくくりは、中央線201系と永遠の別れになってしまうのだろうか。

★備考

①鉄道写真家中井精也ホームページ Say? Ya!はこちらにクリック!!

②1日1鉄! 鉄道写真家・中井精也ブログ「ゆるてつ通信」はこちらにクリック!!

③ソウルに通いながら、こう考えた。「中井精也さん写真展『ゆる鉄 from 1日1鉄!』」はこちらにクリック!!

④豊岡真澄の連心通心、2009年6月17日(水曜日)掲載分はこちらにクリック!!

⑤岸田法眼のRailway Blog.「四字熟語、『1日1鉄』-前編-」はこちらにクリック!!

⑥岸田法眼のRailway Blog.「四字熟語、『1日1鉄』-後編-」は
こちらにクリック!!

⑦岸田法眼のRailway Blog.「Nikon Digital Live 2008」は
こちらにクリック!!

◆2009年6月16日(火曜日)から6月20日(土曜日)までのmixi日記

■6月16日(火曜日)
梅雨2009  


先週、関東地方は梅雨入りしたものの、雨の降り方が尋常ではない。雷雨なのだ。雨は激しく、雷は大きな音を立てて、光ることもある。雷はどこへ落ちるかわからないから、注意のしようがなく、電車や機関車にある避雷針をかぶって、身の安全を確保できないものかと、小学生の頃からそういう疑問を持っている。子供の頃、ブルートレインはEF65形1000番代がエースで、1番よく似合っているのだが、次に目がついたのは、避雷針である。“まるで、SLのエントツみたいだなぁー”と子供ながらに思った。  

梅雨とは関係ないが、Railway Blogが炎上の危機になっているようだ。  

発端はJR西日本のロングシートを酷評したことによるもので、関西在住と思われる方から反論があり、「体格向上」を主張している。実は先ほどもコメントが入ったものの、もう眠いので、しばらくたってから返信することにするけど、体格向上は40年も前から言われていることで、それを象徴するのは、581系である。  

当時、20系の寝台幅は52センチで、581系は70センチに拡大したのだ。それを今さら「体格向上」と言われても、209系以降は着座幅を広げており、ドアとドアのあいだのロングシートは7人掛けをキープしている。特にE233系は坐り心地がよく、201系を置き換える役目になってしまったのは残念だけど、高い評価をしている。  

昨年、片町線で207系を利用したが、7人掛けなのに6人掛けの状態であった。しかも、綺麗に間隔が空いていることに驚いた。これが321系では、ドアとドアのあいだが6人掛けにしたことに納得がいかなかった。実際に坐ったことがあるのだけど、肌触りが悪く、209系と差がないんじゃないかと思うほど。また、ドア付近の席では傘がひっかけられない構造になっており、非常に不親切。おまけにフェイスは253系に酷似している。  

JR西日本は国鉄大阪鉄道管理局の時代から、東京に歩調を合わせることを嫌っているようだ。これは鉄道の分野だけでは限らないことだが、あの事故以来、信用と信頼が回復できないJR西日本に必要なのは、「東京を見習う」、「東京に従う」姿勢ではないだろうか。そうでないと、いつまでたっても、信用と信頼が回復できないし、関西自体が“陸の孤島”になってしまうのではないかと懸念している。  

この不況の時代、オリジナリティーを重視するよりも、東京に歩調を合わせることにより、コストが削減され、赤字額が減ることにつながると思う。  

余談だが、私は田舎者ではあるけれど、東京至上主義者でもある。  

※本日のRailway Blogは
こちらです(You Tubeはxyです)。
 




■2009年6月17日(水曜日)
買うゼ!!
 

先ほど知ったのだが、本日、水谷豊、1年ぶりのアルバムとなる『Time Traveler』が発売。ぜひとも、CD+DVDを購入したい。ちなみにCDを購入するのは今年3回目。あー、コンサート行きたかったなぁー。あー、オケカラに行きたいなぁー。そういえば、舘ひろしが新曲を出すらしいのだけど、いつになるんだろう?  

くわしくは
こちらへどうぞ。ちなみに芸能人とは3人握手をしておりますが、最初のお相手は水谷豊さんで、平成5年(1993年)4月に新宿の伊勢丹でしました。そして、2人目は皆様の御想像にお任せするとして、3人目はオオゼキタクさんです。  

※本日のRailway Blogはお休みです(You Tubeは
xyです)。





■2009年6月19日(金曜日)
バー銀座パノラマ2009

P1390188a.JPG

2009年6月18日(木曜日)18時22分、銀座線渋谷へ。近年、渋谷の待ち合わせ場所は八高線じゃなくて、ハチ公の銅像から、東急初代5000系に変わっているようだ。5代将軍、徳川綱吉はさぞ御立腹であろう。お犬様を愛する男は、『生類哀れみの令』を作ったのだから。でも、初代5000系は「青ガエル」と言われたのだから、どこかで妥協しているかもよ。

P1390197a.JPG

まずは井の頭線2代目1000系ジャイアンツカラーの急行吉祥寺行きに遭遇したあと、居酒屋へ。そこにはおなじみのフリー作家、吉田一紀(Kazutoshi Yoshida)さんや酒井創介カメラマンとお仲間4人、ほどなくして、裏辺金好所長が現われる。ちなみにお仲間4人はお会いする前から、私を知っていた。

テーブルは2つに分かれており、吉田さんはフード取材が多いようで、まんじゅうの話が中心。一方、別のテーブルでは、鉄道の話で盛り上がっている。私と吉田さんは同業者であるとともに、シモネタがお好きらしい。

「沖縄の方ですか?」

突然、酒井カメラマンがきいてきた。私がゴーヤーチャンプルーをオーダーしたときである。

酒井カメラマンによると、昨年、オオゼキタク主催ライブ終了後に吉田さんとともに居酒屋へ行った際、私が泡盛を注文していたことを強烈に覚えていたのだ(俺はとうの昔に忘れている)。しかし、私は琉球文化が好きでも、琉球出身ではない。

裏辺所長は購入、酒井カメラマンは立ち読みで、『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』の掲載記事を拝見したそうで、絶賛かつ称賛。酒井カメラマンは購入すると宣言。難しいテーマだったが、我ながらよく書き上げたと思う。だけど、これで満足してはいけないのが世の常。7月上旬には別のメディアで、皆様にお目にかかることになるだろう。そのあとはロングシートの話となり、激論と化す。


P1390201a.JPG


食後、20時30分頃にバー銀座パノラマ渋谷店へ。銀座は昔から、「銀ブラ」、「銀バス」、「銀行」、「銀幕」、「銀杏」、「銀シャリ」、「銀仁朗」と呼ばれ、日本を代表する街だから、バー銀座パノラマはきっと、「バー銀」か「銀パノ」と呼ばれているのだろう。

P1390202a.JPG


店内は落ち着いた空間に、回転寿司屋なら調理場になっているところには、ジオラマ。我々が入るまで、稼働しておらず、エコに貢献。すると、模型が動きだす。

P1390206a.JPG







オールスターキャストを紹介すると、500系〈のぞみ〉、800系〈つばめ〉、寝台特急〈なは・あかつき〉〈サンライズゆめ〉と別のジオラマにローカル線気動車が夜空の館を輝かせている。鉄道模型は列車の両数を忠実に再現しているのがイイ。

すっかり『タモリ倶楽部』のユルユル状況となり、みんな興奮して撮影。のちにオオゼキタクさんも駆けつけ、ヒートアップ。ケータイで撮りまくっていた。また、トイレも鉄道ジオラマが存在する。

P1390219a.JPG


私はカクテルのあさかぜを注文。琉球の海を彷彿させる青い色は、ほのかに甘く、苦い。なにか寝台特急〈あさかぜ〉の栄枯盛衰を思い出させる。そして、沈むチェリーがうまい。

P1390221a.JPG


オオゼキさんはすっかり気にいったようで、どうやらブログのネタになるようだ。何度もマスターの許可をとり、記念撮影。そして、CDプレゼントと積極的かつ精力的だ(これぞ、ホントの芸能リポーター?!)。私は割り込んで、「紅白に出場したら、芸名を“ヨコヅナタク”に改名します」とギャグを飛ばしてもよかったのかもしれない(ファンはきっと、紅白出場を願っているだろう)。また、店内にある初代5000系の模型のビックサイズを見て、興奮していた様子。現在、初代5000系は熊本電気鉄道が最後の活躍をしているものの、非冷房車のため、先は長くないらしい。非冷房車を涼しくするには、1日中、スザンヌを乗務させるしかなさそうな気がする。

吉田さんが取材のため、21時40分頃、あとにすると、私もあがるとしよう。もう少し長くいたいのだが、渋谷へ行く前にメールチェックをすると、原稿の打診があり、快諾。あとは早いうちに書き上げて、発売を待つのみである。  

これはトリビアネタだが、昭和61年(1986年)8月8日(金曜日)、臨時急行〈サロン銀河〉が『サロンカーなにわ』で運行されている。しかし、意外と人々には知られていないようだ。私は知っていたが、実は運行日が昭和61年(1986年)夏のいつなのかわからず、ブルートレインではないこともあって、掲載誌では取り上げなかった。この情報を知ったのは、たまたま某鉄道誌が置いてあったからである。

※本日のRailway Blogはこちらです(You Tubeはxyです)。





★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前「パノラマ渋谷の濃ゆい夜」はこちらにクリック!!

③レイルエンヂニアリング「バー銀座パノラマ銀座店」はこちらにクリック!!

■2009年6月20日(土曜日)
高らかに鳴り響く


2009年6月17日(水曜日)、千代田線綾瀬行きは203系だ。E233系2000番代の入団で、2010年以降は確実に減り、消える運命にある。

運転士は到着になると、高らかに警笛を鳴らす。この音が大きく、まるで堺筋線に乗っているような錯覚になる。堺筋線の場合、車両は2種類の警笛を装備しており、理由はわからないが、到着時と発車時は使い分けている。

地下鉄は地上を除き、ホームに強く流れる風と走行音でわかるが、危険防止のためなのか、営団地下鉄時代は警笛を鳴らす習慣があったという記憶がない。東京メトロだと、日中時間帯に鳴らすことが多いようだ。 国電の時代も警笛を鳴らす習慣があったかどうかも記憶になく、「E電」と呼ばれたときもそうだったんじゃないかなぁー。209系投入以降は電気笛を標準採用しているせいか、鳴らす光景があるけど、東京23区内の駅は人が多くて当たり前なのだから、鳴らして、利用客に注意をうながしている。

さて、東京メトロは東西線用として、15000系の投入を発表した。2010年春にデビューする模様だが、納得がいかない。

15000系はオールワイドドアを目玉にしているが、05系でも一部編成で採用されている。かつては小田急も1000形で採用されていたが、乗降時間短縮は多扉車に比べ、効果が薄いことから、その後、ドアの幅を1600ミリに縮小している。

ワイドドア車に乗降時間短縮の効果が薄い背景に、ドアの開閉時間に時間がかかることで、これは推測だけど、ドアエンジンが従来と同じものが使われているのだろう。そして、見た目がダサイ、カッコ悪い。ワイドドアにするぐらいなら、多扉にしてくれたほうがマシ。それにワイドドア車の最大の欠点は、戸袋窓があることだろう。戸袋窓の設置は余計だ。これがあるから、国鉄っぽいものになっちゃうんだよね。

参考までに日比谷線03系のドア幅は1400ミリにしている。それでも利用客が多いことから、第9~25編成の1・2・7・8号車を5ドアにしているが、レイアウトの都合上、戸袋窓がついている(5ドア車の幅は1300ミリ)。これは3ドアの乗車位置を変えてはならないという設計のため、戸袋窓をつけざるを得ないからだが、ワイドドア車のような“付属品”でついているわけではないから、車体側面の見た目のよさを維持しているのである。

東京メトロは、10000系や9000系の最新増備車でボルスタレス台車の採用をやめており、15000系も継承していることや、ドア上の情報案内装置をLEDからLCDに変えているのも気になる(6000系、7000系、8000系のリニューアル車は一部のドア上にLEDの情報案内装置を設置)。営団地下鉄の頃からLEDにして、わかりやすい案内をしているのだから、こだわってほしい。ちなみに15000系は13編成を投入する模様だが、05系を置き換えることになるのだろうか?

話を203系に戻すが、ある駅で中年の男性が降りたので、ドア付近の席に移るが、そこには弓道で使うものと思われる袋が立てかけられ、網棚には学生カバン。どうやら、誰かが忘れ物をしたらしい。こんなに大きなものを抱えて乗ってきたのに、忘れるとは、相当あわてて降りたのだろうか? 

私が千代田線を利用しているあいだ、途中駅で遺失物操作は行なわれなかった。

※本日のRailway Blogは
こちらです(You Tubeはxyです)。





★備考

東京地下鉄ホームページはこちらにクリック!!(プレスリリースはこちらにクリック!!)  

◆ここまでの2009年の汽車旅1シリーズ

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22

・2009年の汽車旅1-3
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-10

・2009年の汽車旅1-4
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-14  

「2009年の汽車旅1-5」は次回掲載予定です。

◆ブログレポート2009年5月

■前月(2009年5月)のアクセス数:92242アクセス

■前々月(2009年4月)のアクセス数:85209アクセス

■1年前の今月、あなたはこんな記事を書いていました…
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-06-01

■3~5月の3ヶ月間でアクセス数の多い記事ベスト3は?

1位:http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-12-20

2位:http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-06-23

3位:http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-02-05

◆世界の国旗クイズ第29問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは、第29問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第29問.JPG


さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数143萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

ヒントは「ひっかけ問題」です。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。

★観客動員数140萬人から142萬人へのあしあと

・2009年6月15日(月曜日)…140萬1000人突破

・2009年6月15日(月曜日)…140萬2000人突破

・2009年6月16日(火曜日)…140萬3000人突破

・2009年6月16日(火曜日)…140萬4000人突破

・2009年6月16日(火曜日)…140萬5000人突破

・2009年6月16日(火曜日)…140萬6000人突破

・2009年6月16日(火曜日)…140萬7000人突破

・2009年6月17日(水曜日)…140萬8000人突破

・2009年6月17日(水曜日)…140萬9000人突破

・2009年6月17日(水曜日)…141萬人突破!!

・2009年6月18日(木曜日)…141萬1000人突破

・2009年6月18日(木曜日)…141萬2000人突破

・2009年6月18日(木曜日)…141萬3000人突破

・2009年6月18日(木曜日)…141萬4000人突破

・2009年6月19日(金曜日)…141萬5000人突破

・2009年6月19日(金曜日)…141萬6000人突破

・2009年6月19日(金曜日)…141萬7000人突破

・2009年6月19日(金曜日)…141萬8000人突破

・2009年6月20日(土曜日)…141萬9000人突破

・2009年6月20日(土曜日)…142萬人突破!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

『ごくせん』ブーム [かきくけコラム]

P1390193a.JPG

今日のテーマは「『ごくせん』ブーム」です。 

ドラマの視聴率が冬の時代と言われるこの世の中で、『ごくせん』だけは絶好調!! 日テレのドラマで、初回の視聴率が26パーセントを越えたのは昭和63年(1988年)の『もっとあぶない刑事』以来です。 

高視聴率の背景には土曜21時という“見やすい時間帯”に放送されているということがあるからでしょう。ちなみに『ごくせん』とは“極楽とんぼのリーダー、せんだみつお”の略です。

『ごくせん』の主役、山口久美子は“ヤンクミ”と呼ばれていますが、これはホンモノのヤンキーで、実家が大江戸一家という“「任侠(Ninkyo)」という名の極道”だからです。暴力団ってワケで、ケンカはめっぽう強く、相手が鉄パイプで挑んでも、ヤンクミは素手で蹴散らすので、“女格さん”という異名を持っているほどです。将来は『水戸黄門』で2代目うっかり八兵衛をやることになるでしょう。 

ヤンクミが受け持つ生徒の大半は金八先生の教え子というウワサがありますが、熱弁指導を受けたにもかかわらず、恩を仇で返す横暴ぶりにヤンクミがどう更生させるかが見せ場といえるでしょう。ヤンクミは生徒に数学を教える以外にも、大江戸一家の4代目組長を自分の目で見つけて、スカウトする役目もあります。  

さて、ヤンクミを演じるのは青木さやか。ある日、生徒の野比のび太が数学のテストで0点をGETしたことに「どこ見てんのよ!!」とブチ切れます。もし、高島礼子なら「あんた、えーかげんにしーやー」、美川憲一なら「もっとハジッコ歩きなさいよ!!」と言っていたでしょう。  

我々から見たら、野比のび太がテストで0点をとるのは当たり前の光景ですが、高校でそんなことをしたら、卒業できません。ちなみに高校受験は隣りに坐っていた出来杉君の答案をカンニングしていたそうです。  

帰宅後、野比のび太は「ざんねーん」と言って、0点の責任をとり、切腹しようとしますが、たまたまそこに居合わせたドラえもんに止められ、やむなく、4次元ポケットからクーピーペンシル、いやいや、コンピューターペンシルを取り、贈呈しました。 

これが功を奏し、次のテストでは満点を取り、これで勢いに乗った野比のび太はこのコンピューターペンシルのおかげで、“満点斬り”と呼ばれ、有名な大学に進学することができました。  

大学を卒業した野比のび太は警官になり、やがて、デカへ。子供の頃からつちかわれた射撃の名手は次々と凶悪犯を射殺し、世間からは“野蛮なデカ”とジャイアンからもおそれられる存在になりました。しかし、殴り合いのケンカは相変わらず、ジャイアンとスネオに負けてばかりでした。  

以上、コラムでした。

★備考

①『ごくせん THE MOVIE』ホームページはこちらにクリック!!

②ヤンクミ役は当たり前のことですが、仲間由紀恵が演じています。

③今回の記事は2005年2月に執筆したものです。


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

観客動員数141萬人突破記念、大ヒット記事ランキング発表!! [INFORMATION]

記事数:810|nice!:3,411|総閲覧数:今日:3,492/累計:1,414,012|読者数:36
アクセスランキング:170位
ブログテーマ:旅行(5位/499ブログ中)

DSC_0236a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2009年6月15日(月曜日)、観客動員数は140萬人を突破しました。そして、6月17日(水曜日)には早くも141萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

今回は大ヒット記事ランキングを発表いたします(2009年6月17日23時に集計)。これはso-net blogの管理画面にある閲覧数をもとに作成したもので、「2000へぇー」以上を“大ヒット記事”とみなします。

なお、都合により、1日遅れの掲載となっております。

それでは発表です!!

NEC_0019(らりるレビュー「プロ野球2004Ⅱ」).JPG

第39位:2002年の汽車旅5(大阪市交通局10系スペシャル) …2173へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-03-03

第38位:『岸田法眼とRailway Talk.』誕生!!…2204へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-19

第37位:多摩モノレール基地見学会2006…2207へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-05

第36位:鉄道の好きな人を『レールファン』と言うのに、どうして変人的な表現でしか呼ばれないのか?-前編-…2276へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-28

第35位:寝台急行〈銀河〉フォーエヴァーTHE LAST RUN.…2285へぇー(19nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-03-15

第34位:JR四国乗車記録表…2307へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-22

第33位:元旦終夜運転2007…2314へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-01

第32位:JR東日本415系鋼製車フォーエヴァー…2341へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-10

第31位:鹿島鉄道フォーエヴァー-前編-…2360へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-03

第30位:東武ファンフェスタ2007(まだまだ1800系2007Ⅲ)…2370へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-27

NEC_0015.JPG

第29位:JR東日本E231系グリーン車試乗…2379へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-12-24

第28位:臨時急行〈リバイバル急行8000系号〉元町・中華街行き…2486へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-01

第27位:臨時電車(渋谷から臨時急行)〈フラワーエクスプレス号〉長津田行き-前編-…2504へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-05-04

第26位:臨時快速〈ムーンライト九州〉〈ムーンライト松山〉〈ムーンライト高知〉フォーエヴァー-関西発着の夜行快速は切り捨てられていた!!-…2520へぇー(6nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-02-05

第25位:臨時快速急行〈丹沢もみじ号〉綾瀬行き(小田急電鉄4000形試乗)…2532へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-06

第24位:JR東海N700系開幕戦…2569へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-02

第23位:臨時特急〈さようなら8000系号〉(東京急行電鉄8000系東横線フォーエヴァー)…2575へぇー(12nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-01-15

第22位:2003年の汽車旅8-前編-(東海道新幹線100系フォーエヴァーTHE LAST RUN)…2644へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-03

第21位:臨時電車〈隅田川花火号〉浅草行き2006…2701へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-07-30

第20位:悲運、不運の車両-東京地下鉄06系・07系-…2738へぇー(14nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-07-27

P1380985a.JPG

第19位:東海道新幹線100系フォーエヴァー④…2827へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-26

第18位:JR東日本E233系試乗…2951へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-19

第17位:新型車両10000系車両撮影会…3291へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-09-30

第16位:2007年の汽車旅4-5…3302へぇー(5nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-16

第15位:臨時特急〈懐かしのはくたか号〉(団体電車)…3500へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-17

第14位:まだまだ1800系2007(日光線臨時快速-前編-)…3505へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-01

第13位:臨時電車〈フラワーエクスプレス号〉太田行き…3510へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-11-22

第12位:特急〈(ワイドビュー)東海〉フォーエヴァー…3547へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-17

第11位:暴れん坊583系2006(臨時特急〈ふるさとゴロンと号〉青森行き)…3621へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-30

第10位:JR東海N700系オープン戦…3799へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-16

P1390013a.JPG

第9位:221系新快速リターンズ総集編…3931へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-31

第8位:悲運、不運の車両-東武鉄道30000系-…4041へぇー(13nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-01-29

第7位:東北新幹線開業25周年…4209へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-23

第6位:2009年3月14日(土曜日)、JR線ダイヤ改正情報-前編-…4526へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-12-20

第5位:さようなら東西線5000系車両撮影会&工場見学会(東京地下鉄東西線5000系フォーエヴァー)…4829へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-28

第4位:東武ファンフェスタ2006…4951へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-20

第3位:JR東日本E501系上野フォーエヴァー…5582へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-26

第2位:JR東日本E531系グリーン車試乗…7270へぇー(5nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-25

第1位:特急〈スペーシアきぬがわ3号〉鬼怒川温泉行き…15493へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-06-23

◆世界の国旗クイズ第29問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。それでは、第29問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第29問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数142萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

ヒントは「ひっかけ」です。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。


★備考

so-net blogの『「管理ページ」にある「閲覧数」「総閲覧数」について詳しく教えてください』はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

観客動員数417日連続1日4ケタで、140萬人突破!! [鉄道評論]

P1390179a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年6月15日(月曜日)で、観客動員数は140萬人を突破しました。また、158日連続観客動員数1日2000人以上で、最近9日間は3000人以上を記録しております。どうもありがとうございます。

◆2009年6月13日(土曜日)から6月15日(月曜日)までのmixi日記

■6月13日(土曜日)
つばさ

2009年6月1日(月曜日)、診療所へ行き、老若男女問わずやらなきゃいけない健康診断へ。待ち時間中、テレビ観賞できるサービスがあるけど、NHK総合テレビ。なぜ、『笑っていいとも!』にしてくれないのだろう?

P1390238a.JPG

P1380519a.JPG

この時間、NHK総合テレビは『つばさ』の再放送。“なぁーんだ、『おしん』じゃないのか”と思う人はどのくらい、いたのかはわからないが、初めて、『つばさ』を見る。番組のエンブレムっぽいのを見ると、山形新幹線〈つばさ〉に似ている。

NHKは気合い入っているね。松本明子と『ごくせん』のラーメン屋の熊(俳優の名前がわからない)が井戸端会議のようにべしゃりをするシーンがあり、ヒートアップすると2人の顔が突如急変。マギー審司なら、驚いて、こう言うだろう。

「でっかくなっちゃった!!」

アニメのような演出をするのはいいのだけど、顔と首がつながっておらず、実写化には課題があり、惜しい。

そのうち、セリフにテロップが入る日があるのかもしれないけど、かつては『毎度おさわがせします』のようなシモネタ連発のドラマがあった。NHKは『ちゅらさん』あたりから、ドラマの作風が柔軟になったのだろう。

さて、健康診断だが、私はいつも身体計測をする際、周囲にバレない範囲で、爪先立ちをしている。そして、より高い結果になるよう、努めている(爪先立ちは若干、体重が落ちる役割がある)。男は身長180センチ以上ないと、「男」とは言えない世の中だけど、そのくらいあれば、別の世界にいるのかもしれない。

ひと通りの計測が終わり、最後は診察。

「これ以上、増やさないでくださいねぇー」

とベテランの女性医師に言われちゃった。これには苦笑するしかないのだが、9年前の2000年夏は、今より15㎏近く痩せていた。これは8か月のあいだに6㎏のダイエットに成功していたからであるが、その後はリバウンドを突き抜けてしまった。

健康診断はつつがなく終わり、今後は時間をとって、できるだけ、走って駆け抜けていこう。この年齢はまだまだ、さわやかな大暴れができる。

その後、検診の結果、肝機能障害と高コレステロール血症で診察が必要と診断され、6月12日(金曜日)、再び診療所へ向かい、恐れていたことが起こる。

それは内科を受けるはずが、整形外科で呼ばれたのである。あわててしまい、とりあえず入る。「内科」と言ったにもかかわらず、診療所の人は「さすらいのライター×金曜日=整形外科」と認識されてしまっているようだ。「さいわい」ということでもないが、左ヒジ腱鞘炎が慢性的に続いている状態なので、痛み止めの注射を打ってもらう(いつ治るのやら?)。そのあと、看護士に“招待状”を渡して、改めて内科で診てもらう。

幸運にも入院や薬による必要性がなく、3か月のダイエットやエクササイズを日課にすることで済んだが、どうやってやろう? 登山して、ケーブルカーで下山がいいかな。実は関東のケーブルカーで、乗っていない路線は1つある。わっかるかなぁー、わかんねぇーだろうなぁー。

※本日のRailway Blogは
こちらです(You Tubeはです)。





■2009年6月15日(月曜日)
滑り込みセーフ

2009年6月13日(土曜日)、コンタクト屋へ行った。 途中、ビニコンで、問題になっている週刊誌を拝見。カメラアングルを見ると、いかにも盗撮だ。恥ずかしながら、1週間前に新木場の売店で、東スポを購入しているが、イラストでステージの一部始終を紹介している。東スポも本当は撮りたかったのだろうが、読者や取引先への信頼と信用を最優先したことになる(基本かつ鉄則)。ちなみに私は、スポーツ新聞や品格のカケラもない週刊誌は普段から買わない。スポーツ新聞は基本的に巨人優勝時のみ、報知新聞しか買わないけど、品格のカケラもない週刊誌をしょっちゅう買っていると、そこしか仕事が回ってこなくなるのかもしれない。低俗を嫌う私としては、常にクオリティーの高いところで仕事をしたい。

さて、当初、コンタクト屋は6月14日(日曜日)に行くつもりでいたが、天気が雨だというので、1日繰り上げる決断して、正解だった。 それはこの日まで、コンタクト屋に行けば、規定により、隣接する眼科の診察が免除されるからだ。予定通り、次の日に行くと、時間を取られることになる。

帰り、売店の見出しには、6月12日(金曜日)に辞任イコール更迭の鳩山邦夫法務大臣に対し、無作為抽出の世論調査をしたのか、納得できない人が80%いた。俺は鳩山法務大臣辞任よりも、麻生太郎が首相を続けているほうに納得がいかない。先日は岡田JAPANを野球とカン違いしていたが、アニメの殿堂は本当にバカバカしい。たとえ、減税や税金の免除をして、買いやすくしているようにしても、それでも手に届かない人たちのほうがはるかに多い。本当に庶民目線で政策をしているのだろうか?

自民党、民主党しか聞こえてこないが、ほかの政党は“政権を取ってやる(衆議院第1党)”って気はないのかなぁー? これじゃ、政党なんかやっている意味ないじゃん。特に「確かな野党」という日本共産党。ただビラを配って、政権を批判したって、誰もついていかないと思うよ。

最近、知ったのだが、「幸福実現党」という政党があり、第1党の座を目指しているという。幸福実現党は民主党政策の欠陥をさしているものの、「憲法9条改正」という言葉が気になる。もしかすると、幸福実現党も自民党、民主党と同じように、「戦争の放棄」を放棄する可能性がある。

幸福実現党の場合、具体的なことはなにも書かれていないので、推測に過ぎないのだけど、憲法9条というのは、世界遺産にする必要性があるし、世界191か国すべてにおいて、必要な法のはずだ。もし、憲法9条が世界的になると、当然のことながら、戦争は起こらない。そして、韓国のプロスポーツ選手は徴兵されることなく、プレーに集中できるのではないだろうか(私は韓国にくわしいわけではない)。

戦争の悲惨さというのは、経験したくないことだけど、知る必要はある。「6月23日の糸満」、「8月6日の広島」、「8月9日の長崎」へ行くと、きっと戦争の悲惨さ、命の尊さをかみしめることだろう。私は実際、3つのうちの1つは行ったことがあるので、己の情けなさ、愚かさというものを痛感した。経験した方々の重みを我々、戦争を体験したことのない面々がしっかり継承しないと、この先が恐ろしい。


★備考

幸福実現党ホームページはこちらにクリック!!  

※本日のRailway Blogはこちらです(You Tubeはです)。





■2009年6月14日(日曜日)
信じられない

2009年6月13日(土曜日)、23時55分に私が毎週楽しみにしている『SUPERうるぐす』が始まると、番組冒頭で堀尾正明キャスターが、プロレスリング・ノアの三沢光晴社長兼選手が試合中に倒れ、急逝したという一報を伝え、耳を疑いました。30分前まで放送していた『情報7Daysニュースキャスター』では、その一報が入っていなかったからです。まさか30分後にこの一報を耳にするとは想像もしておりませんでした。

私はプロレスファンではありませんが、信じられず、江川卓キャスターも沈痛な表情でコメント。日付が変わり、そのあとの『NNNニュース』でも、豊田順子アナウンサーがトップニュースとして、伝えました。インターネットを開いても、「死亡」と伝えています。

思えば、平成11年(1999年)1月だったでしょうか、ジャイアント馬場さんが61歳の若さで急逝し、全日本プロレスの社長を引き継いだものの、2000年7月、プロレスリング・ノアを立ち上げたときには戸惑いました。でも、ファンは温かくプロレスリング・ノアを歓迎し、全日本プロレス所属選手も三沢選手についていきました。

プロレスリング・ノアを立ち上げ、わずか9年で、このような日を迎えたことに残念でなりません。享年、46歳。まだまだ第一線でやっていける年齢ではありませんか。

謹んで、御冥福をお祈りいたします。


◆追悼 三沢選手  

御存知のように、プロレスリング・ノアの三沢選手兼社長が事故で急逝されました。今も、これが現実であることが信じられないのですが、あの日は2300人ほどのファンが観戦に来られたとのことで、この十数年で新しい格闘技が増えていますが、プロレスの人気は根強く、まだまだ衰えていないことを知った思いがします。しかし、深夜の時間帯でも放送していた日テレが地上波から身を引いてしまい、残念ですね。昔はゴールデンタイムでやっていたのですから。そして、巨人戦とプロレスは日テレの看板番組的な役割もありましたしね。  

翌日、博多で予定通り、興業を行ないました。「開催」と「中止」、どちらを選択するにしても、つらい判断です。開催すると決めた背景には、ファンが楽しみにしていることを最優先にしたからだそうです。  

人間、1番鍛えられない部分は頭です。スポーツをやる、やらないにせよ、鍛えられない頭を守るには受け身が大切なのです。しかし、この日、不慮の事故で頭を強打してしまい、この世の恐ろしさというものをまた1つ、痛感いたしました。試合の相手をして、三沢選手に技をかけた選手は、相当つらい思いをしておりましたが、彼はなに1つも悪くない。社長相手だからといって、全力プレーを怠ったら、きっと、三沢選手は試合後に怒るでしょう。かつて、ハナ肇さんは、大物芸人であることに気を遣う若手芸人を「本気でやらないんだ」と怒鳴り散らしていたそうです。  

私はプロレスのファンではありませんが、今までのスター選手というのは、品格というのがありました。なので、今後のプロレスのスター選手は“「品格」を継承してくれるだろうか?”という不安はありますが、私の考え過ぎでしょうか?  

御冥福をお祈りいたします。

◆ここまでの2009年の汽車旅1シリーズ

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22

・2009年の汽車旅1-3
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-10

・2009年の汽車旅1-4
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-14

◆2009年鉄道友の会ブルーリボン賞、ローレル賞が決まる!!  

ジューンブライドの季節は、鉄道友の会ブルーリボン賞、ローレル賞が発表されることもあり、注目を集めるレールファンも多かったでしょう。





 

P1350668a.JPG

まず、ブルーリボン賞は大方の予想通り、小田急電鉄60000形が受賞となりました。圧勝です。  

東京地下鉄千代田線に乗り入れる特急ロマンスカー〈メトロはこね〉〈メトロさがみ〉〈メトロホームウェイ〉〈ベイリゾート〉で活躍しておりますが(特急ロマンスカー〈ベイリゾート〉は有楽町線も通る)、2008年からわかっていたこととはいえ、無事に受賞できて、ホッとしております。  私はまだ乗ったことがないのですが、いつかは乗りたいと思っております。また、2009年度は6両編成1本が増備されることが決まっており、増発が予想されますね。  

ローレル賞は2つ受賞し、1つ目は豊橋鉄道のT1000形で、狭軌路線では初めての純国産低床電車で、『ほっトラム』の愛称がついております。





 

P1360779.JPG

2つ目は京阪電気鉄道2代目3000系で、中之島線のエースとしておなじみ。月の円弧にこだわった車内、背もたれを高くして、優雅な気分にさせてくれるなど、初めて乗ったときから質が高いとは思っており、いずれかの賞をとるものと思っておりました。座席の肌触りもよく、できることなら、快速急行よりも、特急で乗りたくなるような車両ではないでしょうか。  

これは鉄道友の会とはなんの関係もなく、賞品や賞金はありませんが、私が独断で選ぶ、さすらい賞の発表です。その車両はなんでしょうか?  

さすらい賞はこちらです。

さすらい賞はこちらです。


プロ野球2004Ⅱ [らりるレビュー]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方はURLにクリックしてください。

プロ野球2004(2009年5月31日掲載)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31

NEC_0019(らりるレビュー「プロ野球2004Ⅱ」).JPG

「オリックスバファローズ」


2005年、オリックスと近鉄が合併した球団の名前がこれだが、多くのファンが反対して、日本プロ野球選手会は合併や1リーグ制反対の署名運動をしたにもかかわらず、経営者側は問答無用と言わんばかりに押し進め、2004年9月18・19日(土・日曜日)にストライキを敢行する展開になってしまった。  

近鉄が大赤字で球団経営が困難なため、2004年6月13日(日曜日)、オリックスとの合併を発表。8月27日(金曜日)にオリックス本社、近畿日本鉄道、オリックス野球クラブ、大阪近鉄バファローズの4社間で統合契約を締結した。  

近鉄側は統合後の3年間、毎年10億円を上限に球団経営の赤字を負担したのち、球界から撤退する方向で、オリックス1本の球団に戻ることになる。  

近鉄がこんなことになってしまったのは、本拠地を藤井寺球場から大阪ドームに移転したことが理由の1つであろう。  

藤井寺球場は近鉄沿線にあり、試合のある日は“稼ぎ時”であったが、大阪ドームはJR西日本と大阪市営地下鉄の沿線にあるため、当然ながら近鉄の収入は減るワケである。また、大阪ドームや藤井寺球場は近鉄球団が所有しているところではないため、球場使用料を払わなければならない。これはこちらの想像だが、球場使用料は設備がいいはずの大阪ドームが高いだろう。残念ながら、近鉄戦より、巨人戦のほうが集客率は上。近鉄戦で大入り満員はタフィー・ローズ選手のシーズン55本塁打、リーグ優勝決定試合と日本シリーズ(いずれも2001年)ぐらいしか記憶にない。  

個人的な見解だが、関西は阪神ファンが主流で、近鉄ファンが地味な印象を受ける。ちなみに近鉄以外の電鉄球団は阪神と西武だが、いずれも本拠地はその沿線にある。

余談だが、阪神の本拠地、甲子園球場は創立80年を迎え、老朽化による改修工事を行なうという。私はシーズンオフの短い期間よりも、時間をかけてゆっくりやったほうがいいと思う。代替本拠地として、オリックスブルーウエーブの本拠地だった、ヤフーBBスタジアム(以前は「グリーンスタジアム神戸」だった)でプレーする手があるも、高校野球と電鉄の収入維持及び向上を目指すことが、それを許してくれないのだろう。

プロ野球の労使交渉で、ストライキを敢行する事態となってしまったが、日本プロ野球選手会はなぜ、「合併の1年間凍結」を要求したのだろう? 「断固反対!!」を打ち出すべきではなかったのか。また、経営者側も労使交渉をする以前に日本プロ野球選手会と話す機会を設けなかったのだろうか? オールスター前後の数日は試合がないから、そういう場が持てたはずで、充分な話し合いがあれば、ストライキは実施されなかったのではないか。  

経営者側は今まで、プロ野球選手を“将棋の駒”みたいな感覚でしか、人を見ていないように思う。私の経験上、どこの企業もそうだが、出世すればするほど、人間としての心を忘れ、“機械”という目でしか見なくなる。そして、自分の名誉と利益、プライドだけを重視し、態度も悪くなる。  

私の心を突き刺した5つの不朽の名作のうち、『水戸黄門』『暴れん坊将軍』『ちゅらさん』が人々の心に残るのは、どんな立場になっても、けっしてエラぶることなく、庶民の心に胸を打たれ、悪党を退治する姿は見ていて気分爽快だ。今の日本人には“心ない人間”が多いように思えてならないし、日頃から、そういう心がけを持つべきだと、自分自身、注意している。

プロ野球のストライキで、小泉純一郎総理大臣から非難されるなど、経営者側は窮地に立たされ、日本プロ野球選手会の会長を務める古田敦也ヤクルトスワローズ捕手の株が急上昇。他球団のファンからも温かい声援を送った結果、経営者側は歩み寄り、ストライキの原因となった球団の新規参入問題も2005年のシーズンから受け入れることになった。 もし、経営者側が断固な姿勢をとり続け、ストライキが続いたら、「しもじもの声に聞く耳持たないてめぇーらは人間失格だ!!」と声を大にして、言っていただろう。個人的には「合併するぐらいなら、2つとも球団経営から身を引くべきではないか」と突きつけて欲しかった。これは新規参入を目指すところが2社あるためだ。

1つ目は近鉄買収に乗り出していたライブドア。堀江貴文社長は昭和47年(1972年)生まれの32歳で、Tシャツ姿が目に焼きつく人々も多いだろう。一部では“社会人らしからぬ服装”という批判もあるようだが、私は“堅苦しくない会社”であることをアピールしているように思う。ちなみに日テレの『真相報道バンキシャ!』で、ライブドアのオフィスのVTRを流していたが、ほかの社員は普通に背広を着て、仕事をしていた。  

堀江社長はホリエモンという競走馬を所有している。デビュー戦は惨敗となったが、競走馬は1頭100萬以上、かかる(『SPORTSうるぐす』の「夢競馬」で、私の記憶が確かならば、ファーストゴシップという馬を購入した時の価格がそのくらい)。ほかにエサ代など、クルマでいう“維持費”もけっこうかかるようだ。  

2つ目は楽天で、三木谷浩社長の生年月日は古田捕手の奥さん(中井美穂)と同じ昭和40年(1965年)3月11日。過去にJリーグのヴィッセル神戸を買収した実績がある。当初、本拠地をヤフーBBスタジアムや長野オリンピックスタジアムが候補にあげられたが…  

共に六本木ヒルズに本社があり、マスコミ等に姿を見せるファッションを見る限り、楽天社長は“紳士”ならば、ライブドア社長は“やんちゃ”な印象を受ける。プロ野球チームの本拠地も仙台宮城球場を指名するなど、火花を散らしている。間違いなく、パリーグに所属する球団になるが、2つ承認すると7球団になり、試合日程がややこしくなるため、1社しか採用されないことになるだろう。

楽天は次々に構想を公表しており、攻めの姿勢が見受けられる。ヴィッセル神戸を買収した自信があるのだろう。ライブドアはすでに書類を日本プロフェッショナル野球組織に提出しており、“あとは見てのお楽しみ(承認されればの話)”というような感じだ。  

共に本拠地として予定している仙台宮城球場は昭和25年(1950年)から使われているが、老朽化により、大規模な改修工事が必須な状況。東北地方にプロ野球チームが誕生あとは、ファーム(2軍のこと)のイースタンリーグとウエスタンリーグの再編が余儀なくされるだろう。この場合、横浜ベイスターズのファームチーム、湘南シーレックスがウエスタンリーグにまわることが予想される。

今後はオリックスバファローズの誕生により、オリックスと近鉄の選手たちをどうするかが注目される。おそらく、それぞれの“超1流選手”とファームのレギュラーの一部をオリックスバファローズが優先的に引き取るだろう。それ以外は選択性になるかもしれないが、東北新球団に譲渡させたほうがよい。また、戦力過剰気味で2004年のセリーグ優勝を逃した巨人も一部の選手を新球団に移籍させて、生え抜きの育成にあてるべきだろう。カネの力で、なんでもかんでも他球団から有望選手を取ればいいというものではない。  

2004年はプロ野球が大いにクローズアップされた年であるだろう。近鉄の命名権売却騒動から始まり、合併問題。そして、新規参入問題。課題・難題は山積みで、プロ野球の半分以上は赤字であることも発覚した。また、巨人戦の視聴率低下を象徴するように、球場も空席が目立っていた。売れ残りもあるだろうが、ダフ屋の買い占め、金券屋の買い取りにより、正規の値段より大幅に高く売っているのが大きな問題であろう。  

東京都の場合、ダフ屋から買えば、条例違反により、パクられるが、金券屋の購入は違法ではないものの、正規の値段の半額にするぐらいのサービスをしてもいいのではないか。新幹線のきっぷは若干安い値段で販売しているのに、プロ野球が大幅に高いとは気に食わない。

余談だが、2004年のセリーグは中日ドラゴンズが優勝した。過去16年間、中日が優勝した翌年は巨人が優勝している。

「2005年は巨人が優勝する」  

と、この場で予言しておこう。


★備考

①プロ野球新規参入は楽天に決定し、「東北楽天ゴールデンイーグルス」の名でスタートした。

②2005年のセリーグは阪神タイガースが優勝した。また、湘南シーレックスはイースタンリーグのままとなった。

③「ライブドアフェニックス」の夢が破れた“ホリエモン”は2006年1月、粉飾決済の罪により、パクられている。

④今回の記事は2004年10月に執筆したもので、一部修正しております。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

2009年の汽車旅1-4(223系5500番代試乗) [汽車旅2009]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方はURLにクリックしてください。

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22

・2009年の汽車旅1-3
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-10

◆223系5500番代試乗  

終点福知山で、山陰本線の普通電車園部行きワンマンカー(2号車クモハ223-5503)に乗り換え、定刻より4分遅れの17時01分に発車。高架を下りると、軟弱な路盤のため、223系5500番代でも、よく揺れる。  

223系5500番代は2008年に入団。従来の223系2000・5000番代に比べ、車体強度が向上されている。これは屋根や台枠に接合部材を追加し、戸袋柱の補強をより高め、側外板のステンレス鋼は従来よりも、約1.8倍の強度を持つ材質に変更。また、オフセット衝突対策として、隅柱と台枠の重なり代を65ミリ延長した150ミリとして、接合を強化している。ちなみに223系シリーズの車体強度車は、この5500番代が先陣を切り、2000番代も8両が増備されており、同仕様となっているが、321系や683系は当初から、車体強度が強化されている。既存の223系シリーズについても、車体補強を行なう予定だという。  

DSC_0230a.JPG

快速〈マリンライナー〉の2代目車両、223系5000番代との違いは、MAX120㎞/h、クモハ223形5500番代の車端部にロングシート、2両とも太平洋側の妻面に窓を設置し、ワンマン運転に対応したことである。車内設備に関しては、SOSのシール以外、521系とほぼ共通している。
 

普通電車園部行きワンマンカー編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
園部2クモハ223-5503なし
福知山1ク ハ222-5503なし

223系5500番代は福知山電車区に配属され、山陰本線京都-城崎温泉間、福知山線篠山口-福知山間、舞鶴線で運用。ブサイクヅラが印象に残る113系3800番代を置き換えている。また、往路で先述しているが、一部の113系シリーズも中国地方へコンバートされた。  

さて、普通電車園部行きワンマンカーだが、ホヤホヤ運転士とお目つけ役の2人乗務。綾部で舞鶴線からの乗り換え客が多かったものの、全員着席。相席になるようなことはなかった。  

立木(Tachiki)で特急〈たんば5号・まいづる7号〉福知山・東舞鶴行きと行き違うが、ダイヤ通りの運行ではないのか、運転士は行き違いや発車時刻の案内はしていなかった。  

DSC_0228a.JPG

和知で223系5500番代の普通電車福知山行きワンマンカーと行き違うが、ふと車端部を見ると、ロングシートがバケットタイプであることに気づいた。発車後、試しに坐ってみるが、321系と同様、くぼみが小さく、まるで「導入に消極的」と言いたげなデザインだ。しかし、背もたれの色あせ度を見ると、定員4人はきちんと守られており、網棚に座席番号がふってあるのが大きいようだ。

DSC_0227a.JPG

JR西日本は転換クロスシートの坐り心地が上々なワリには、ロングシートに難点がある。207系シリーズでは坐り心地を重視したせいか、201系入団時のように着席区分を明確化していないため、7人掛けなのに利用客は「6人掛け」という認識を植えつけてしまった。そのため、321系では“利用客のわがまま”を受け入れてしまい、7人掛けを6人掛けに変更してしまったのである。

P1280845a.JPG

一方、JR東日本は209系で着席区分を明確化したバケットシートを採用。スタンションポールの設置もあいまって、定員通りの着席が実現。以後、首都圏ではスタンダードに発展している。近年は関西でもバケットタイプのロングシート、スタンションポールを採用するところが増えており、喜ばしいのだが、JR西日本は福知山線脱線事故以来、「空気の読めない企業」になってしまっている。JR西日本のバケットタイプのロングシートは、仕方なく採用したかのような印象を受け、気分が悪い。321系や223系5500番代のロングシートの坐り心地は、JR東日本E233系より劣る。  

下山でお目付け役は、運転台うしろの窓にカーテンを下ろす。暗くなってきたという証だが、中央はドアが開いていることもあるが、運賃箱があるため、下ろせない。窓の大きな車両の夜間とトンネル内は、下ろすことを鉄則にしているが、ワンマンカーではどうしようもないのかもしれない。カメラを持った利用客の良心を信じるのみである。  

下山と胡麻(Goma)で整理券を取らず、降車口のドアから乗り込むが、乗務員は注意しない。ワンマンカーならば、「入口」と「出口」は徹底的に頭へ叩き込ませなきゃだめだ。路線バスもそうだが、整理券を取らないと、始発からの運賃を払わなければならないのだから。  

鍼灸大学前で、ついに乗務員室うしろの中央側もカーテンを下ろす。但し、停車中は上げるが、これは1人乗務時でもそうするのだろう。  

日吉で223系5500番代の普通電車胡麻行きワンマンカーと行き違うが、ホームではお姉ちゃんが中央ドアから乗り込もうとするものの、何度ボタンを押しても開かず、うしろから乗ることに気づき、あわてて駆け込んだ。ワンマンカーの周知率が低いのだろうか?  

DSC_0235a.JPG

18時04分、定刻より4分遅れのまま、終点園部2番のりばに到着。向かいの1番のりばで発車を待っている普通電車京都行き(4号車クモハ221-38:女性車掌乗務)に乗り換えた。

◆車内のナンバープレート、2種類見ーっけ!!  

普通電車京都行きは定刻より、4分遅れの18時05分に発車。八木で普通電車園部行き、千代川で普通電車福知山行き(いずれも221系)と行き違う。  

普通電車京都行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
京都4クモハ221-38なし
 3モ ハ221-38なし
 2サ ハ221-38なし
園部1ク ハ221-38弱冷車

亀岡から複線となり、嵯峨嵐山で特急〈きのさき10号・まいづる10号〉京都行きの通過待ちをするため、ドアは半自動。乗車率も増してきたので、通過電車の撮影はせず、車内でおとなしく過ごす。  

停車時間は4分となっているのだが、18時38分になっても、通過しない。こちらも4分遅れて通過するという。すると、18時40分、ようやく通過したが、ガラガラ。おまけにここから単線、複線入り乱れのせいか、低速で通過したが、乗車率があまりにも低い。翌日は日曜日なので、増えていると思うが、特急〈きのさき10号〉のグリーン車は向かい合わせにする利用客がいた。  

18時43分に発車。どうやら嵯峨嵐山の到着は、定刻通りにダイヤは回復していたようで、またも遅れることになる。次の太秦でも半自動。これは221系の普通電車園部行きと行き違うためだが、特急〈きのさき10号・まいづる10号〉京都行きの遅れに付き合わされ、あわただしく発車。そのあと、普通電車園部行きのあとを追うように、特急〈はしだて7号・まいづる9号〉天橋立・東舞鶴行きが通過。そして、私はふと思いついた。

「はくつる、ゆうづる、まいづる」  

これって、早口言葉になるんじゃない? さぁー、みんなでこれを3回続けて言ってみよう!!  

普通電車京都行きは、太秦を定刻より3分遅れの18時50分にようやく発車し、二条で223系5500番代&221系の快速園部行きと行き違う。普通電車京都行きは、4号車の乗務員室寄りのドア付近が利用客であふれている。乗り換えや下車が1番便利なため、利用客が集中するのである。ここでダイヤは定刻に回復する。  

丹波口では221系の普通電車園部行きと行き違うため、ドアは半自動。停車時間が長い場合、車内保温のため、ドアを半自動にするのはいいが、行き違った普通電車園部行きは自動で開く。これだと終日半自動に統一したほうがいいのではないだろうか? しかし、園部-京都間の完全複線化が完成すると、従来通り、自動と半自動を分けたほうがよさそうだ。  

DSC_0236a.JPG

東海道本線、東海道新幹線に合流し、300系の〈こだま582号〉東京行き終電(〈ひかり〉〈のぞみ〉の東京行きはまだまだ続く)と並走し、19時04分、終点京都34番のりばに到着した。  

DSC_0251a.JPG

DSC_0252a.JPG

この時間の京都は面白く、6番のりばではエル特急〈(ワイドビュー)ひだ36号〉大阪行きが到着。向かいの7番のりばでは特急〈スーパーはくと13号〉鳥取行きが顔を合わせる。JR西日本のホームなのに、他社のハイパワー気動車が並ぶとは面白い光景だ。JR西日本はキハ187系というハイパワー気動車を所有しているものの、関西を走る車両は老舗かつ老練のキハ181系で、2011年で新型気動車の投入が予定されており、特急〈はまかぜ〉を受け持つことになる。  

DSC_0260a.JPG

0番のりばでは、19時33分発の普通電車柘植行きが発車を待っているが、シートモケットは赤の113系体質改善車である。これは以前、小浜線で運用されていたもので、125系の増備により、体質改善車の標準カラーに塗り替え、京都総合車両所へ移っていた。かつては福知山線脱線事故の復旧後、ATS-Pが装備されていない117系300番代が使えなくなったため、小浜線色のまま借り出されていたことを思い出す。  

下車し、不況でも売り上げが伸びている餃子の王将で、晩メシ。以前から人気の「駅前セット」を食べたいと思っていたが、なぜかド忘れしてしまい、別のメニューを頼んじゃった。どのメニューだろうが、おいしいことに変わりはないのだけど、実は餃子の王将で、餃子を食べたことがなく、駅前セットはそれがあるので、食べたかったのだ。でも、いつでも食えるチャンスはある。  

DSC_0266a.JPG

DSC_0267a.JPG

食後、奈良線の各駅停車城陽行き(クハ103-216:リニューアル車)へ。車内の車番は面白く、乗務員室寄りは「Tc103-216」、車端部は「クハ103-216」の2種類を掲示している。
 

各駅停車城陽行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
東福寺なしクハ103-216リニューアル車
 なしモハ103-614リニューアル車
 なしモハ102-458リニューアル車
京都なしクハ103-215リニューアル車、弱冷車

DSC_0273a.JPG

20時09分に発車し、2分後、東福寺に到着。京阪電気鉄道京阪本線20時22分発の準急出町柳行き(1501)に乗り換え、20時28分、祇園四条1番線に到着。発車後、ほどなくして、快速急行出町柳行きが到着。快速急行は中之島線の看板種別だが、大江橋-天満橋間は京阪本線と並走しているような状態のせいか、利用客が伸び悩んでいるという。もし、京橋方面へ利用する機会があったときは、特急に乗りたいところである。8000系リニューアル車に乗りたいと思うものの、ロングシートだけは避けたい(出町柳から乗るのが無難?!)。

準急出町柳行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
祇園四条なし1501なし
 なし1101弱冷房車
 なし1201なし
 なし1651なし
 なし1151なし
 なし1251なし
東福寺なし1151なし

★備考

①参考文献として、鉄道ジャーナル社刊行、『鉄道ジャーナル2008年8・9月号』を使用。

②UZ's View「223系5500番台試乗記」はこちらにクリック!!

③ホテル&トラベルジャーナル「明暗分けた二つの新線」はこちらにクリック!!

④岸田法眼のRailway Blog.「2005年の汽車旅4-3」は
こちらにクリック!!

⑤岸田法眼のRailway Blog.「2008年の汽車旅5-2(京阪電気鉄道完全制覇達成!!)」はこちらにクリック!!


⑥岸田法眼のRailway Blog.「JR東日本E233系試乗」はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

観客動員数414日連続1日4ケタ、怒涛のハイペースにより、139萬人突破!! [鉄道評論]

記事数:806|nice!:3,378|総閲覧数:今日:3,630/累計:1,390,895|読者数:36
アクセスランキング:173位
ブログテーマ:旅行(5位/480ブログ中)

DSC_0135a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、松井秀喜選手、35歳の誕生日となる2009年6月12日(金曜日)で、観客動員数は139萬人を突破しました。また、155日連続観客動員数1日2000人以上で、最近6日間は3000人以上を記録しております。どうもありがとうございます。

◆ここまでの2009年の汽車旅1シリーズ

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22

・2009年の汽車旅1-3
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-10  

※「2009年の汽車旅1-4」は次回掲載予定ですが、そのあとは都合により、スローペースの掲載予定となりますので、御了承ください。

◆2009年6月11日(木曜日)から6月12日(金曜日)までのmixi日記

■2009年6月11日(木曜日)
老い
 

昨年9月から私は白髪に悩まされている。  

白髪を見つけたとき、ただちに抜いたが、その後も発生してしまった。今月に入ると、ひどい状況で、昨日は2本を抜く事態に。今月だけでも3本ぐらいは抜いているんじゃないかな。  

白髪は照明といった光の当たるところだと、ハッキリわかる。最近は光に頭髪があたると、気になってしょうがない。恐ろしいことに現代医学でも、白髪が発生する理由が解明されていない。  

さいわい、「染める」という窮地に追い込まれてはいないが、ひょっとすると、1年たてば最悪な状況になる可能性があり、あせる。白髪の原因は生活環境、加齢、遺伝、ストレスなど様々だが、近年は電車の中で、20代後半から30代前半の人でも白髪を抱えており、驚いた。特に朝のラッシュ時の電車の中で見たのだが、20代後半と思われる女性の長い髪の1本が白いことには、考えられない現実を見た思いがする。  

私は日頃からストレスを抱えているほうだろう。昔から「肩の力を抜いたほうがいいよ」と言われる。こういう仕事をしていると、記事の評判、私に対するイメージというものを非常に気にする。それに2007・2008年は「鉄道ブーム」と言われたが、違和感があったし、ストレスにもつながっている。  

鉄道ブームにおけるストレスの原因は、相変わらず「ファン」と言われないことである。しかも、鉄道ブームと言われて以降、レールファン自身が自虐的な表現を使い、「テツ」、「鉄子」、「x鉄」、「鉄ヲタ」だと言っている。俺はこういう世界は認めるわけにはいかないし、許せない。こういう仕事をしている以上はなおさらだ。常に“ファン度”というものを考えて書いているわけだから。それに鉄道ブームによって、『鉄道ピクトリアル』、『鉄道ファン』、『鉄道ジャーナル』といった大手鉄道誌が長年に渡り、“ファン度”というものに心血を注ぎ、「鉄道を趣味とする人はみんなファンなんだ」という、世間に訴える地道な努力を懸命にやってきた。しかし、鉄道ブームによって、地道に訴えてきたことが、こっぱみじんに打ち砕かれてしまった。その結果、偏見視される傾向が高まっているのではないだろうか。これでは日本はますますダメな国へ落ちてゆくだろう。なにも日本をダメにしているのは、政治家だけではない。  

鉄道ブームで誤解されているのは、これによって、女性のレールファンが増えたということではないことだ。その大きなきっかけは1990年代中盤に入ってから、女性の乗務員が増えたことで、職業選択肢が広がったのである。そして、21世紀に入ると、カメラつきケータイの普及で、たまたま電車を撮っている人を見て、「撮ろう」というヤジウマ的な女性が多かった。その結果、女性のレールファンが増えたのである。  

私が『モハようございます。あの人はなぜハマルのか?』を購入した最大の動機は、著者の吉田一紀さんは私と同じ歯がゆい思いをしていたからである。私と同じ考えをもっている方がいることは嬉しいし、そのおかげで、お近づきになり、ありがたいことに自身のブログで、何度か紹介されている。  

話を元に戻すが、最近、黒髪を維持するサプリメントの存在を知った。これは白髪染めに比べれば、費用はかかるのだが、メリットは高い。それは白髪染めをすれば、黒くはなるけど、その一方で髪の老化が進むことになるからだ。サプリメントは残念ながら、「予防」と「進行を遅らせる」名目のため、完治することはない。でも、まだ30代の前半なのに、“なんで?”というのはある。不本意なんだよね。こういう話は普通、50代のすることなのに。  

黒髪を維持するサプリメントだが、いつかは効かなくなってくることだろう。まだ服用していないので、なんともいえないが、インターネットショッピングで申し込んだので、あとは無事に届くことを願うのみである。  

余談だが、白髪の似合う日本人は1人しかないだろう。その名は水戸光圀である。  

※本日のRailway Blogは
こちらです(You Tubeはです)。





★備考  

2009年6月12日(金曜日)、白髪が発生する原因が解明されたという。くわしくはこちらにクリック!!(期日が過ぎると、記事が削除されている可能性があります。あらかじめ、御了承ください)

■2009年6月12日(金曜日)
この夏で枯れる電車
 

DSC_0908a.JPG

JR東日本八王子支社は、201系のジョイフルトレイン、『四季彩』が7月20日(月曜日・海の日)で、8年に渡る運行にピリオドを打つことを発表した。まさか中央線用より早く姿を消すとは思わなかったが、7月以降はJR東日本の旅行代理店、びゅうによる貸切運行となるため、気兼ねなく乗れるのは6月28日(日曜日)までとなる(『四季彩』は休日ダイヤに運行)。

201系は国鉄の通勤形電車では1番好きな車両で、フェイスから内装まで、衝撃だった。この当時、鉄道模型は山手線用を用意しており、将来は103系を一掃するものと思われていたが、コスト高を理由に205系へチェンジされている。  

P1380346.JPG

JR東日本に変わってからは、中央線のオレンジにブラックフェイス、種別の電照式種別幕を見ると、『ひらけ! ポンキッキ』のムックにそっくりで、愛嬌のある車両になったが、できることなら、サイリスタチョッパ制御からVVVFインバータ制御に変えてでも、末永い運行と“中央線の顔”であり続けてほしかった。しかし、その願いは叶わず、急速にE233系へ置き換えられている。また、京葉線用の201系もだいぶ減ったようだ。  

JR西日本は全車の体質改善工事が完了しているものの、いまだに乗ったことがない(オリジナルはあるけど、体質改善車は乗車経験なし)。大阪環状線や関西本線に乗ることはあるけど、アーバンネットワークのエース、221系に乗っていることが多いからねぇー(JR西日本エリアの関西本線は、大和路快速の利用がほとんど)。

★備考

①JR東日本八王子支社ホームページはこちらにクリック!!(プレスリリースはこちらにクリック!!

②岸田法眼のRailway Blog.「JRおおみや鉄道ふれあいフェア2009(暴れん坊583系2009)」は
こちらにクリック!! 

※本日のRailway Blogはこちらです(You Tubeはです)。





◆世界の国旗クイズ第29問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは、第29問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第29問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数139萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。

★観客動員数138萬人から139萬人へのあしあと

・2009年6月10日(水曜日)…138萬1000人突破

・2009年6月10日(水曜日)…138萬2000人突破

・2009年6月10日(水曜日)…138萬3000人突破

・2009年6月11日(木曜日)…138萬4000人突破

・2009年6月11日(木曜日)…138萬5000人突破

・2009年6月11日(木曜日)…138萬6000人突破

・2009年6月11日(木曜日)…138萬7000人突破

・2009年6月12日(金曜日)…138萬8000人突破

・2009年6月12日(金曜日)…138萬9000人突破

・2009年6月12日(金曜日)…139萬人突破!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

 [らりるレビュー]

DSC_0149a.JPG

「夏休み」  

日本人にとって、1番楽しみなことではないだろうか。学生時代は長期に休めるから、学校にしばられることはなく、イヤな野郎に会うこともなかったので、せいせいしていた。  

社会を生きる今は1週間程度に縮小されたが、よっぽどのことがない限り、休日変更権を行使されることはないので、1年で1番強気に休みが取れる。  

私は秋以外、旅をすることが多く、いつしかホームページや活字でその魅力を紹介したいと思っていたが、2003年に実現した。あとはプロのフリーライターとなって、活字で紹介したい(世間体を理由に、鉄道抜きのホームページを5年間やっていたが、3萬人しか入らず、2008年で閉めた。そして、『TRAIN MODELING MANUAL Vol.1』で活字デビューを果たす)。  

旅の魅力はなんと言っても、非日常の雰囲気が味わえることだろう。関西方面はよく行くので、半日常的な光景と化しているが、住んでいるわけではないから、あきない。ちなみに東京の生活から離れられないのは、私が関東地方出身であることと、プロのフリーライターは他の地方を拠点にすることは無理だからである。出版社の大半は東京にあるからだ。  

諸国漫遊を始めたのは平成8年(1996年)3月9日(土曜日)で、静岡に行ったのが始まり。最初は“無”の状態から始まったが、平成10年(1998年)に青春18きっぷを使うことが多くなり、年1回ペースから、数回に増加。夏には郵便貯金を始め、旅先の郵便局で窓口貯金をするようになった。旅好きのあいだでは“旅行貯金”と呼ばれているが、日本の郵便局完全制覇を果たしたという話は今まで聞いたことがない。  

21世紀に入ってからか、郵便貯金の通帳が銀行と同じ様式となり、主務者印を押すスペースが消えてしまい、一部の郵便局では押印拒否され、トラブルになるケースが多数発生していると某雑誌に掲載されていた。  

その後、郵便局は“真っ向サービス”をキャッチフレーズに日本郵政公社となったが、旧式通帳の復活をしないどころか、2005年3月13日(月曜日)から主務者印の押印を拒否するという暴挙に出た。どこが“真っ向サービス”なんだ。サービスダウンであり、ユーザーの心を裏切る行為ではないか。  

郵便貯金の通帳に主務者印が押せない理由は次の通りである。  

①主務者印は故障等により、窓口端末機やATM等での取り扱いができなかった場合の手作業による郵便貯金の取り扱いや、非課税貯金の申し込みの取り扱いをするための証印であり、それ以外に押捺することができないため。  

②通常郵便貯金通帳については端末機故障時の取り扱いを除いて、取り扱いの都度、主務者印を押捺することを不要としており、押印欄を設けていないため。  

③主務者印の幅は通常郵便貯金通帳の行間隔より広く、金額欄に主務者印を押捺した場合、印字内容を誤読したり、次のお取り扱い内容が見えにくくなったりするおそれがあるため。  

2005年4月、日本郵政公社のホームページに苦情を申し立てたところ、このような返答が来たものの、言い訳に過ぎない。こんな調子では「日本郵便」という民間会社になっても、郵政民営化は成功しないだろう。  

話を元に戻し、青春18きっぷを武器に諸国漫遊を数多くこなし、近年は“帰京の方程式”を確立。これは大阪、京都、名古屋から電車に乗り継ぎ、静岡で晩メシ購入のため、一旦下車。戻ったら、19時34分発の普通電車東京行きに乗るというパターンだ。  

この電車は特急形の車両で運行するので、快適。そのため、ユーザーの人気も高く、終点東京まで、有意義な3時間を過ごしている。  

青春18きっぷばかり使っているように思われるが、たまに新幹線で帰京することもある。安いきっぷもあるため、グリーン車で帰ることが多い。  

なぜならば、私の大のヒコーキ嫌いで、博多から東京まで乗り通すのだから、ゆったり過ごしたいという願望があるからだ。グリーン車は何度か利用しているけど、トイレ以外は坐ってばかりいるので、退屈な気分になってしまう。  

グリーン車に乗って、1番困るのは家族連れが乗っていることだ。特に小さな子供を車内ではしゃぎ回らせ、監督をする親御さんは注意や怒声もしないため、気分をそこねる。私は気が短いので、怒鳴りたくなることもしばしばだ。車掌も遠慮なく怒鳴りつけてもいいだろう(1番肝心なのは親御さんのしつけで、子供は窓側の席に“閉じ込める”べきだ)。また、グリーン料金は大人・子供同額。JR側も未青年の利用を禁止するなどして、グリーン車の格調の高さを示すべきだ。お客の立場として、快適に有意義に過ごしたい。グリーン車とは“報酬を得た大人が乗る車両”である。  

移動は鉄道を使っていることが多いため、“食事は駅弁”と思う人もいるようだが、高いので利用しない。基本的に駅弁は『峠の釜めし』といったメジャーなヤツしか買わず、コンビニエンスストアで購入することが圧倒的に多い。私の旅はいつも“節制”と“ハードスケジュール”に追われており、ゆとりがない。  

鉄道以外の交通機関についても述べよう。  

まず、高速バスは安いのが魅力だが、渋滞すると大幅に遅れる難点があるため、利用したことがないものの、地元の路線バスは何度か乗っている。しかし、両替しなければならない路線バスが多く、不便。おつりが出るぐらいのサービスは必須としてもらわなければ困る。  

次にタクシー。今まで3回利用しているが、おカネを払ったのは1回だけ(2005年以降は1人だろうが、複数だろうが払っている)。払わなかった2回はフェリーで意気投合したお客と相乗りしたからであるが、そのうち1回は相乗りの人が帰宅するため、途中の別の相乗り客と共に青森駅で降り、もう1回は最初から相手が料金を払う姿勢がミエミエだったため、いずれも1円も払わなかった。すなわち、料金が高いので、非常時以外は使わないことになる。  

ヒコーキは速いことや、大幅な割り引き料金が設定されているメリットがあるものの、墜落する、ニアミスする、ハイジャックにあう、テロの道具に使われるなど、デメリットが多い。  

フェリーは夜行便を使うケースが多く、効率よく旅をしている。基本的に安い2等船室を利用しているが、なるべく1番乗りして、コンセントのあるスペースを狙っている。なぜならば、携帯電話の充電ができるからである。  

旅先でいつも悩ませるのが携帯電話の充電。ドコモショップに行けば、充電してもらえるが、諸国をまわる私にとっては無理な話。コンセントのあるところなら、どこでも充電するクセがある。  

最近はコンセントに「携帯電話の充電禁止」というシールの貼り紙も出現しているが、勝手に充電等をやると、窃盗罪にあたるそうである。また、首都圏のJR東日本の電車は1両に2か所ほど、コンセントがついており、便利。昼間は1日中、グルグル回り続ける山手線なら、携帯電話やノートパソコンの充電に重宝するだろう。ただ、コンセントを設置しているのは、お客様サービスではなく、車両基地で掃除機を使って清掃するからではないかと思われる。  

さて、この夏、私は琉球へ渡ることができれば、諸国漫遊を始めて8年5か月で、日本完全制覇を果たすが、今までそれを何人成し遂げたのかはまったくわからない。スポーツや政界ならば、史上最年少とか史上最年長の記録がつくけど、旅の業界は何もない。そこで私は“旅をスポーツ化”したい。  

旅にもいろんなジャンルがあるだろう。日本完全制覇のほか、日本の鉄道完全制覇、日本のバス完全制覇、日本のフェリー完全制覇、日本の郵便局完全制覇、日本の高速道路完全制覇、日本の国道完全制覇など、いろんな部門を設ける。そして、達成年月日及び年齢の記録は自己申告制でいいだろう。年齢や期間とかで勝ち負けをつけるつもりはなく、もっと旅に親しみ、海外に目を向けがちな日本を見つめ直し、日本の旅を活性化させて、“第2次ディスカバリージャパンブーム”を作ってゆきたいと考えている。

★備考

①特急形車両を使った静岡発の普通電車東京行きはダイヤが若干、変わっているので御利用の際は最新の時刻表を御覧ください。

②2004年8月22日(日曜日)21時14分、琉球に足を踏み入れ、“日本完全制覇”を達成した。

③今回の記事は2004年8月に執筆したものです(一部、加筆しております)。

④岸田法眼のRailway Blog.「青春18きっぷ」は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ





来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

観客動員数412日連続1日4ケタで、138萬人突破!! [鉄道評論]

記事数:804|nice!:3,364|総閲覧数:今日:3,572/累計:1,382,887|読者数:36
アクセスランキング:185位
ブログテーマ:旅行(6位/475ブログ中)

DSC_0081a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年6月10日(水曜日)で観客動員数は138萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆ここまでの2009年の汽車旅1シリーズ

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22

・2009年の汽車旅1-3
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-06-10

◆ひたちなか海浜鉄道に新戦力  

P1290724.JPG

三木鉄道のミキ300-103が、ひたちなか海浜鉄道へ移籍することになりました。これにより、三木鉄道は在籍車両が姿を消し、数年たてば鉄道があった面影がなくなり、語り継がれるか、忘れ去られるかのいずれかになるのでしょう。  

ひたちなか海浜鉄道は茨城交通の時代から、国鉄気動車が在籍。塗装も復刻されており、レールファンを楽しませておりますが、大ベテランであることを考えると、「1両置き換え」、または「続投して補強する」のいずれかになるのではないでしょうか。  

ミキ300形は3両製造され、2008年度中に北条鉄道、樽見鉄道へ各1両が移籍しており、新天地で活躍しているものの、建設凍結線を含めた国鉄路線転換の第3セクター鉄道は、経営の厳しいところが多く、経営安定基金の残額がないところもあります。  

さて、ひたちなか海浜鉄道へ移籍するミキ300形は、6月9日(火曜日)にトラックで輸送開始。しかも、高速道路を使うという、鉄道車両では珍しい“甲種回送”となっております。但し、平日のため、1000円ではないですね(ETCがあればだけど、あれは普通車限定だったっけ?)。

◆JR東日本の逆襲  

11374381.jpg

一部を除いた高速道路休日ETC1000円の影響で、鉄道やフェリー業界が打撃を受け、ゴールデンウィークは減収が多く、頭を悩ませております。  

そんな中、JR東日本は久しぶりに「ツーデーパス」が復活することになりました。かつては「ホリデー・パス」のほか、「スーパーホリデー・パス」、ツーデーパスも存在しておりました。  

利用期間は、夏休みシーズンと9月の土・日曜日(月曜日が祝日の場合でも使える)で、2日連続使用が条件となります。  

発売価格は大人5000円、大人の休日倶楽部会員と学生3500円、小児2000円となっており、特急券を払えば乗ることができます。しかし、特急料金込みなら、高速道路休日ETC1000円に対抗できるのでしょうが、“これではどうかなぁー?”というのはあります。  

復活するツーデーパスは、JR東日本の関東甲信越、東北南部エリアのほか、上田電鉄、鹿島臨海鉄道、富士急行、会津鉄道(西若松-会津田島間)、北越急行(六日町-まつだい間)、東京湾フェリー(久里浜港-金谷港間)、京浜急行バス(久里浜駅・京急久里浜駅-久里浜港間)が利用できます。ちなみに利用エリアで、私が乗っていないのは、上田電鉄、東京湾フェリー、京浜急行バスですね。
 

P1370050.JPG

そして、JR東日本ホームページでは、10月より、東海道新幹線開幕時の0系が鉄道博物館で展示されることになりました。見たいねぇー。

◆2009年6月9日(火曜日)から6月10日(水曜日)までのmixi日記

■2009年6月9日(火曜日)
朝ドラのヒロイン、三十路になる
 

6月は1日(月曜日)が九重親方(第58代横綱千代の富士)、12日(金曜日)はニューヨークヤンキースの松井秀喜選手といった大物が誕生日を迎えるのだが、この日、『ちゅらさん』でおなじみの国仲涼子が誕生日を迎えた。今年で30歳だという。  

『ちゅらさん』はヒロインの募集に2000人以上が応募し、その座を射止めたわけだが、実は初めて見たのは総集編で、朝ドラは1回も見たことがない。普段、朝ドラをまったく見ない私が『ちゅらさん』を見た動機は、“琉球はどういうところなのだろう?”という疑問を持っていたからである。観光ガイドブック代わり的な感覚で見たこともあるけど、ゆいレールができるにあたり、知っておくべきだと思ったからだ。知っての通り、鹿児島と琉球は、海底トンネルでつながっておらず、「真の一本列島」ではない。  

見たときは衝撃だった。琉球文化というものを初めて知ったことがあるけど、ヒロインどころか、その家族自体が3枚目なのである。面白い展開にゲラゲラ笑いまくった。続編を知ると、「不朽の名作」と認定。私にとって、不朽の名作は『水戸黄門』、『あぶない刑事』、『暴れん坊将軍』、『ちゅらさん』、『相棒』の5つしかない。  

不朽の名作という条件は2つ。1つ目は続編があること、2つ目は主役がCDを出していることである。私は歌手よりも俳優のCDを好んで買うほうで、『相棒』が不朽の名作になったのは、劇場版が公開されたこともあるけど、水谷豊のアルバムを購入したことが大きい。購入するまで、水谷豊のCDは1枚も持っていなかったのだ。『水戸黄門』の場合は助さん、格さんという“脇役”だが、黄門様を合わせれば、“3本柱”ということになるのだから、まぁー、定義から外れてもいいんじゃない(適当なことを言ってるね)。  

こうして、『ちゅらさん』による“予習”を経て、ヒコーキ嫌いであることや、日本で唯一、足を踏み入れていなかった都道府県ということもあり、薩摩の港からえりぃー、じゃなくて、フェリーで那覇へ渡り、2004年8月22日(日曜日)、日本完全制覇を達成した。  

予習した通り、那覇の街は『ちゅらさん』と同じ光景にカンゲキした。いつかはあの島へ行きたい。そして、ほかの離島は最低でも波照間島へ渡りたい(『日本列島外周気まぐれ列車』を読んで、予習しようかな)。  

余談だが、私が20代の頃、“結婚式を挙げるなら、Kiroroの『Best Friend 』を流してほしい”という願望を持っていた。しかし、世間から「負け犬」の烙印(Rakuin)を押され、願望を叶えることはできなかった。“結婚式というのは20代のやること”と思っているため、運命の相手にめぐり合い、結婚することはあっても、式をする気は現時点、ない(相手側が式をあげたい願望があるのならば、己の信念を曲げてでもやったほうがいいのではないかと思っている)。

※本日のRailway Blogは
こちらです(You Tubeはです)。





■2009年6月10日(水曜日)
Railway Blog 2009.6.10
 

本日のRailway Blogはこちらです。今回は、「2009年の汽車旅1」シリーズの答えになるようなものが2つ出ます。

※You Tubeは
です。





◆世界の国旗クイズ第29問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは、第29問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第29問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数139萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。

★観客動員数137萬人から138萬人へのあしあと

・2009年6月7日(日曜日)…137萬1000人突破

・2009年6月7日(日曜日)…137萬2000人突破

・2009年6月8日(月曜日)…137萬3000人突破

・2009年6月8日(月曜日)…137萬4000人突破

・2009年6月8日(月曜日)…137萬5000人突破

・2009年6月9日(火曜日)…137萬6000人突破

・2009年6月9日(火曜日)…137萬7000人突破

・2009年6月9日(火曜日)…137萬8000人突破

・2009年6月9日(火曜日)…137萬9000人突破

・2009年6月10日(水曜日)…138萬人突破!!

★備考

①鉄道ニュース「ミキ300-103,ひたちなか海浜鉄道へ陸送」はこちらにクリック!!

②JR東日本ホームページはこちらにクリック!! (プレスリリースのきっぷはx、0系はyにクリック!!)
 
③岸田法眼のRailway Blog.「2006年の汽車旅9-2」は
こちらにクリック!!

④岸田法眼のRailway Blog.「2008年の汽車旅1-13(三木鉄道フォーエヴァー)」はこちらにクリック!!

⑤岸田法眼のRailway Blog.「ときわ路パス2007-2」はこちらにクリック!!

⑥岸田法眼のRailway Blog.「ときわ路パス2008-中編-」はこちらにクリック!!

⑦岸田法眼のRailway Blog.「ときわ路パス2008-後編-」はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

2009年の汽車旅1-3 [汽車旅2009]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方はURLにクリックして下さい。

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22

◆転換クロスシートで悠遊快適  

DSC_0124a.JPG

終点豊岡で第3セクター、北近畿タンゴ鉄道宮津線へ。乗り換えの窓口で、KTRローカル1日フリーきっぷ(大人1200円)を購入すると、1番のりばに普通列車〈タンゴ悠遊4号〉西舞鶴行き(KTR708:ワンマン。天橋立から女性車掌乗務)が入線。2両編成で入ってきたが、西舞鶴寄り1両のみが折り返し、行き止まり側の1両は切り離しとなる。由良川をイメージしたかのような水色のボディー、てぃだの赤、草木の緑を巻いた帯である。水色のボディーは、国鉄通勤形電車の201系や103系のスカイブルーよりも、澄んでいるように見える。  

DSC_0132a.JPG

車内は転換クロスシートがずらりと並んでおり、簡易的な足のせ、通路側のひじかけには小型のテーブルが備えられている。シートカバーはビニール製で、ビックサイズだ。転換クロスシートの豪華版という印象を持つ。それだけ多くの人々に乗ってもらい、車窓を満喫してほしいのだろう。また、進行方向右側の最前列は、立客に“横取り”されない限り、展望席である。
 

普通列車〈タンゴ悠遊4号〉西舞鶴行き(ワンマン)編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
豊岡→西舞鶴なしKTR708なし

12時47分に発車。すぐに山陰本線と別れ、右へ曲がる。カーブと勾配が多く、速くはないが、遅くもない。いたって安定したスピードで進んでゆく。  

やがて、青い久美浜湾が見えると、列車は下り坂を悠々と駆け抜ける。ディーゼルエンジンの力強い力走の声は聞こえず、13時02分、久美浜に到着。乗降が多かった。  

DSC_0135a.JPG

13時09分、丹後神野(Tango-Kan-no)に到着。下車客は多く、前方の信号が赤のままなので、列車を降りると、特急〈タンゴディスカバリー63号〉豊岡行きと行き違う。特急〈タンゴディスカバリー〉に使用するKTR8000形は自社線内、特急区間、快速区間、鈍行区間に分けている運用が多く、特急運用をなくしたほうがいいのではないだろうか。本数の少ないローカル線なのだから、集客力をアップするには、“区間特急”をやめて、快速か鈍行でいいだろう。なぜ、KTR8000形は“区間特急”が多いのかがよくわからない。  

DSC_0139a.JPG

木津温泉で前面展望席が空いたため、移動。ところが、この席は今や死語になっても不思議ではないシルバーシートだった。坐ったあとに気づいたが、この先は満員御礼の可能性は高くないと思い、そういう展開になるまではくつろぐとしよう。

◆車窓が観光地  

13時56分、天橋立に到着し、なんと、大量乗車。一気に目が覚めたが、団体のツアー客なのだ。ここでバスガイドのような衣装をした女性車掌が乗り込んでゆく。  

DSC_0128a.JPG

天橋立は世界遺産の仲間入りをしたい野望がある。観光地としては全国的に有名であるが、世界遺産に認定されることにより、もっと増えて、観光地としての知名度をグーンとあげることになる。北近畿タンゴ鉄道自体、万年赤字に悩まされており、利用客を増やしたいところ。  

北近畿タンゴ鉄道は昭和63年(1988年)7月16日(土曜日)、宮福鉄道として、福知山-宮津間が開幕。これは国鉄が凍結した建設線を引き継いだもので、「新規開業路線」と言っても差しさわりがない。

宮福線ができたことにより、宮津や天橋立がグーンと近くなり、JR西日本は臨時特急〈エーデル丹後〉の運転を開始して、バックアップをはかった。ちなみに臨時特急〈エーデル丹後〉は新大阪-福知山間、エル特急〈北近畿〉と相棒を組んだ。臨時特急〈エーデル丹後〉は急行形気動車ではあるが、120㎞/h運転に対応。自力走行時は“いつも通り”の95㎞/hであった。これはエル特急〈雷鳥〉と臨時特急〈ゆうトピア和倉〉以来となる、電車と気動車のドッキングだが、いずれも後者はうしろに連結されており、ディーゼルエンジンを切って、電車で言うところの「付随車」とした。しかし、2両編成が限界というのが難点だった。  

宮福鉄道が開幕して、半月後の8月1日(月曜日)、社名を「丹後」と踊りの「タンゴ」を掛け合わせたような「北近畿タンゴ鉄道」に変更。平成2年(1990年)4月1日(日曜日)、国鉄時代、特定地方交通線に認定された宮津線を受け入れ、第3セクター鉄道では、異例の100キロ越えとなり、金色のハイデッカー特急形気動車、KTR001形による特急〈タンゴエクスプローラー〉が京都-久美浜間(西舞鶴経由)でデビュー。華々しく思えたが、平成11年(1999年)10月2日(土曜日)、舞鶴線の電化により、新大阪-宮津・豊岡間の運行に変更されている。

宮福線開幕とJR西日本宮津線を継承した当時、日本の鉄道はハイデッカーが流行しており、代表的なものとして、JR北海道のリゾート気動車(キハ183系5000番代を除く)、国鉄末期の昭和61年(1986年)に投入されたキロ182形500番代、平成2年(1990年)3月11日(土曜日)に誕生した特急〈スーパービュー踊り子〉の251系などがあげられる。そのほかのJRグループはジョイフルトレインとして、ハイデッカーに改造した車両が登場していたのである。ハイデッカーはバブル時代の象徴といえるのだろう。また、小田急電鉄は特急ロマンスカー、10000形を「Hise」と名づけ、展望席以外、ハイデッカー構造にしているが、窓が大きくないため、個人的には「ハイデッカー」と言うには、物足りない。寝台車だと、B寝台個室のデュエットやソロの上段は、ハイデッカーになるのではないだろうか。

平成8年(1996年)3月16日(土曜日)、宮福線全線、宮津線天橋立-宮津間の直流電化が完成したことにより、JR西日本は特急〈はしだて〉〈文殊〉、北近畿タンゴ鉄道は特急〈タンゴディスカバリー〉が誕生し、京都や新大阪からの特急を再整備して、充実させてゆく。  

しかし、それでも赤字からの脱却がはかれず、近年は普通列車〈タンゴ悠遊〉やブログ駅長の誕生で、さらなる巻き返しをはかっている。天橋立が世界遺産に認定されれば、黒字に一歩近づくのではないかという野望もあるだろう。そして、松平健による『マツケンタンゴ』を歌い、エドはるみはタンゴを踊りながら、「グーッ!!」と絶賛するに違いない(あとで調べたら、松平健のある曲の歌詞に「♪マツケンタンゴ♪」があった)。あと、『おかあさんといっしょ』の歌のお兄さん、お姉さんが『たんご3兄弟』を作って、歌っていただければ、さらにイメージアップ!! 天橋立の世界遺産実現を盛り上げようではないか!!  

さて、普通列車〈タンゴ悠遊4号〉西舞鶴行き(ワンマン)は満員御礼で、13時57分、天橋立を発車し、次の宮津までは宮津線の電化区間。全線電化の宮福線に合流し、14時02分、宮津1番のりばに到着。ここで16分停車し、普通列車網野行き(ワンマン)と行き違い、宮福線の列車からの乗り換え客を待つ。  

14時18分に発車。景色のいいところは女性車掌がマイクを持って、案内するという。乗車券のみでツアー気分が味わえるのは至福のひとときといえるだろう。進行方向左側は栗田湾(Kundawan)オーシャンショー。

列車は栗田(Kunnda)に到着し、運賃収受は引き続き、運転士が行ない、女性車掌はガイドに徹する。



次は丹後由良①  

次は丹後由良だが、ここからが女性車掌、腕の見せどころ。栗田湾オーシャンショーの本領発揮で、絶景の場所で止まる。前方には信号機がなく、通常の列車なら、60㎞/hで駆け抜けてゆく。

DSC_0149a.JPG



次は丹後由良

止まったところは、進行方向左側に冠島(Kanmurijima.大きい島)、沓島(Kutsujima.小さい島)が見えるところで、晴天もあってか、ハッキリ見える。そして、ガイドが終わると、列車は再び動き出す。ちなみに冠島と沓島は無人島で、海鳥保護エリアのため、人類の立ち入りは原則禁止となっている。

DSC_0155(次は丹後神崎)a.JPG



次は丹後神崎

丹後由良で普通列車〈タンゴ悠遊3号〉豊岡行き(ワンマン)と行き違い、発車すると、「宮津線最大の見せ場」と言っていい由良川橋梁を渡る。由良川はみずみずしく、清らかで、「清流」というにふさわしい。由良川橋梁はピーンとした直線で、ここは“止まって美しい由良川リバーショーの眺めを堪能”するものと思っていたが、徐行。由良川橋梁内には風速計があり、暴風が吹けば、転落事故が発生する可能性がある。止まってしまえば、なおさらのことで、コンクリートの鉄橋ならば、止まって由良川リバーショーの眺めを楽しむサービスができたのかもしれない。進行方向左側の由良川は栗田湾に合流するので、神秘的な車窓である。この色が目に止まり、宮津線鈍行気動車のボディーカラーに使用されたのだろう。
 
DSC_0157(次は東雲)a.JPG

由良川橋梁を渡り終え、右へ曲がる。進行方向右側のうしろでは、由良川橋梁が見え、由良川リバーショーは続いているのであった。



まもなく東雲
Soon Shinonome.
足元にご注意ください

右側ドアきます

DSC_0161a.JPG

「♪川ぁーはぁー、なぁーがれぇーて、どこどこぉー、ゆくぅーのぉー♪」  


といった感じで列車は進み、東雲に到着。東京臨海高速鉄道臨海副都心線にも同じ駅名があるものの、宮津線が先輩だ。ここでは女性車掌が車内検札。そして、KTR8000形の快速〈タンゴ浪漫号〉天橋立行きと行き違う。一線スルー化されているせいか、速かったように思うが、宮津線の最高速度は85㎞/hに抑えられている。  

14時49分に発車すると、絶景ポイントは終わりを告げ、進行方向右側の舞鶴線に合流し、15時00分、終点西舞鶴に到着。まずは宮津線全線完乗を達成した。


DSC_0163a.JPG

「ありがとうございましたぁー」
 

女性車掌は利用客1人、1人に乗車御礼の言葉をかけた。ちなみに西舞鶴は宮津線のりばと4番のりば、隣りは2・3番のりばとなっており、1番のりばはないものの、留置線が1本あり、特急〈まいづる〉編成が休んでいる。舞鶴線の終点、東舞鶴で3号は営業運転を終え、西舞鶴へ回送したのち、8号か10号のいずれかで京都へ戻るのだろう。また、宮津線は「x番のりば」と案内されておらず、サク越しの向かい側は4番のりばだから、「5番のりば」というふうに解釈できるだろう。

◆鈍行電車も走る宮福線

DSC_0170a.JPG

西舞鶴を下車すると、手狭な車両基地、西舞鶴運転区があり、先ほど乗った気動車は回送。入れ替わりに15時33分発の普通列車豊岡行き(KTR701:ワンマン、夢塗装車)が入線。宮津線沿線のイイところを集めた夢塗装車である。  

普通列車豊岡行き(ワンマン)編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
西舞鶴→宮津なしKTR701夢塗装車

往路では停止や徐行していた区間を一気に駆け抜け、16時05分、宮津2番のりばに到着。ここで宮福線に乗り換えるのだが、なんと、113系5300番代だった。特急〈はしだて〉〈文殊〉以外にも宮福線に電車が走っているのだ。  

DSC_0203a.JPG

今回の旅は交通新聞社刊行、『JR時刻表2008年12月号』を持参しているが、370・371ページによると、宮福線に特急〈はしだて〉〈文殊〉以外で、電車が使われているのは下り3本、上り2本。普通電車で運行されているのは1往復のみで、残りは快速だ。私の推測だが、快速は183系700・800番代で運行されているのではないかと思う。ちなみに宮福線内の特急と快速は、大江と下り1本のみ大江高校前に停まる以外、すべて、通過する。  

さて、宮福線の乗車する車両は、113系5300番代にぶったまげたが、普通電車福知山行き(クモハ113-5307:リニューアル車)は、車掌が乗務。運賃表に宮福線の駅は1つもないためである。  

思わぬ展開だが、ボックスシートをラクラクGETし、16時13分に発車。宮津線と別れるが、宮福線は国鉄建設線を引き継いでいるせいか、路盤はしっかりしており、不快な揺れもない。  


普通電車福知山行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
福知山なしクモハ113-5307リニューアル車
宮津なしクモハ112-5307リニューアル車

喜多(Kita)を発車すると、なんと車内検札。鈍行で1日3回も車内検札を受けるのは初めてだ。  宮福線は意外と地平が多い印象を受ける。盛土によって、できたところも多いが、踏切がないのは近代的な鉄道という証である。  

大江山口内宮(Ohe-yamaguchi-naiku)で、ハイキングの団体(10人程度)が乗車。身障者によるハイキングだった。発車後、車掌はこの日、車両故障でダイヤが乱れていたことを詫びていたが、この電車は定刻通りの運行である。  

DSC_0210a.JPG

二俣を発車すると、ちょっとだけ宮川リバーショー。大江高校前は高架駅で、大江はMF200形の普通列車宮津行き(ワンマン)と行き違う。ちなみに大江山口内宮-大江間は、最高速度130㎞/hである。  

DSC_0215a.JPG

さて、宮福線電化後も鈍行と特急問わず、気動車が継続運行されているが、昨今ハヤリの「エコ」に反している。せっかく電化されているのだから、せめて鈍行は電車にすればいいのだが、宮福線で活躍する気動車はトイレがないため、宮津線に転用することができないのである。それに北近畿タンゴ鉄道が黒字に風向きが変わらない限り、当分のあいだ、叶わぬ願いになるのだろうか。  

DSC_0222a.JPG

下天津はまるで、JR西日本三江線宇都井(Uzui)を彷彿させるような高い位置にあり、電車は山陰本線に合流して、荒河かしの木台(Aragakashinokidai)に到着。その先には福知山運転支区があり、MF100形が現れた。ホームの待合室は、傘が6つ、なぜか吊り下げの状態にある。忘れ物だと思うが、普通、こんな高いところに引っ掛けるものだろうか?

DSC_0223a.JPG

ここで特急〈はしだて5号〉天橋立行きと行き違い、少々遅れて発車。ここから先は単線並列の複線となり、山陰本線と並走。山陰本線を走るエル特急〈北近畿13号〉城崎温泉行きとすれ違い、17時00分、定刻より4分遅れて、終点福知山2番のりばに到着。宮福線全線完乗とともに、北近畿タンゴ鉄道完全制覇を達成した。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②北近畿タンゴ鉄道ホームページはこちらにクリック!!

③オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前「夏旅2008まとめ 2日目前編」はこちらにクリック!!

④参考文献として、鉄道ジャーナル社刊行、『鉄道ジャーナル2009年1月号』を使用。

⑤岸田法眼のRailway Blog.「2008年の汽車旅4-19」は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

観客動員数409日連続1日4ケタで、137萬人突破!! [汽車旅2009番外編]

記事数:802|nice!:3,348|総閲覧数:今日:3,021/累計:1,375,324|読者数:36
アクセスランキング:102位
ブログテーマ:旅行(6位/466ブログ中)

DSC_0065a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年6月7日(日曜日)で観客動員数は137萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

なお、都合により、今回の記事の掲載が1日遅くなっておりますことを御了承ください。

◆ここまでの2009年の汽車旅1シリーズ

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22  

「2009年の汽車旅1-3」は都合により、2009年6月x日(y曜日)以降の掲載となります。掲載まで、しばらくお待ちください。

◆実数最多記録  

P1390178a.JPG


観客動員数は151日連続で2000人以上を記録しておりますが、6月7日(日曜日)はすごかったですねぇー。この日の観客動員数は3842人だったのですが、実数は934人を記録しました。つまり、1人4.11回アクセスしていることになります。  

2009年6月のここまでの観客動員数を御紹介することにしましょう。

・6月1日(月曜日)…2931人(実数726人)

・6月2日(火曜日)…2606人(700人)

・6月3日(水曜日)…2606人(666人)

・6月4日(木曜日)…2631人(721人)

・6月5日(金曜日)…3131人(710人)

・6月6日(土曜日)…2860人(679人)

・6月7日(日曜日)…3842人(934人)  

先月、私の執筆記事がある『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売されたことが大きいのでしょうか? 実数の急増ぶりには驚いているところであります。

◆2009年6月5日(金曜日)から6月8日(月曜日)までのmixi日記

■2009年6月5日(金曜日)
鳩山由紀夫民主党代表参上!!

2009年5月31日(日曜日)14時過ぎ、叩きつける雨の中、東武線Spring Day Clubへ。到着した2番線はTZP寄りに立入禁止柵が設けられていた。あそこのホーム先端は撮影スペースがあり、もってこいの場所なだけにもったいない。  

この続きは
こちらにクリック!!

※You Tubeは
です。





■2009年6月6日(土曜日)
Railway Blog 2009.6.6
 

本日のRailway Blogはこちらです

※You Tubeは
です。







■2009年6月7日(日曜日)
江川監督報道
 

プロ野球解説者の江川卓氏が先日、千葉ロッテマリーンズの次期監督候補であるという報道があった。突如、こういう報道が出たわけだが、いつ監督になってもおかしくないと思う。  

『SUPERうるぐす』で本人が激白したが、ロッテ側から、そういう話はまったくないそうだ。新聞報道当日は知人等から連絡があり、「なんで言ってくれなかったんだ」と言われたらしい。しかし、本人は返しようがないとか。生放送で真実を激白したわけだが、シーズン中にもかかわらず、次期監督報道が流れるのはよくない。選手や首脳陣は優勝に向かって、戦っているわけだから。選手や首脳陣の士気に水をさすことにもなる。  

私は「巨人軍江川監督」の誕生を十数年前から願っている。だけど、なかなか実現しない。解説者として、一級品の腕を持つので、テレビ局としても手放したくない存在だろう。  

もし、「ロッテ江川監督」が実現するのならば、私は提言したいことがある。  

それは掛布雅之氏をコーチに起用するということだ(理想はヘッドコーチ)。掛布氏は千葉出身ということもあるが、あれだけの知名度と人気を誇りながら、阪神タイガースの監督に抜擢されないのが不思議だ。巨人軍の江川監督であれば、中畑清ヘッドコーチが理想なのだが、ロッテ江川監督の首脳陣が元巨人で固めることになると、ファンは受け入れていただけるかという不安はある(そんな不安を持つのは、俺だけかもしれないが)。  

掛布氏は一時期、日テレのスポーツ番組で、「掛布刑事(Deka)」というコーナーがあり、選手の心理をほとんど当てている。現役時代の球団で、監督の話が来ないのであれば、“ロッテで腕を奮うのもありかな”と考えるけど、この話はシーズンが終わるまでは、封印しておこう。

※本日のRailway Blogは
こちらです(You Tubeはです)。





■2009年6月8日(月曜日)
ねみぃー

徹夜で原稿を書き上げました。入稿。そして、おやすみなさぁーい。

◆世界の国旗クイズ第29問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。  

世界の国旗クイズ第28問.JPG


第28問はこちらでした。1名様からの解答がございましたので、正解を発表いたします。

正解はこちらです。

正解はこちらです。


副都心線開業1周年記念車両基地イベント in 新木場 [汽車旅2009番外編]

◆副都心線の1年を振り返る  

2009年6月6日(土曜日)12時30分頃、東京地下鉄(通称、「東京メトロ」)有楽町線新木場(Y-24)へ。ポツポツと小雨が落ちる程度で、ズブヌレになることはなさそうだ。  

AP1390167a.JPG

都営バスのイベント専用無料バスへ。方向LEDはわかりやすい表示で、バスファンも興味津々だろう(撮っていたのはレールファンに思える)。普段、路線バスを利用しないので、ノンステップバスにはいつも戸惑う。「昔のバス」と言っても、そんなに古くはないと思うのだが、ツーステップで乗るのが当たり前だったのに、時代はすっかり変わってしまったようだ。バスも方向幕をやめるところが多くなっているし。  

12時38分、特設の停留所に到着。そこからは「ひたすら」というほどではないが、12時48分、新木場検車区に到着した。  

新木場検車区は2006年9月30日(土曜日)、10000系デビュー記念の撮影会が行なわれているが、来場するのはそれ以来となる。当時、アクセス輸送を担う都営バスは、路線バスを増便して対応していたが、今回はバス代不要のイベント専用無料バスを用意した。前回の来場時は停留所から、ずいぶん歩いたような記憶があるけど、今回は直線を歩けばいいので、スムーズだ。

10000系は副都心線の車両として、2006年に入団。当初は20編成を用意する予定だったが、2編成増やして、副都心線の開幕に備えたが、2008年6月14日(土曜日)にフタを開ければ、7000系の一部は8両化のうえ、副都心線に転用。10000系の一部も2両脱車して、8両化(近い将来は10両に戻す予定)。10000系も有楽町線で継続運用されるなど、理解できない部分がある。おまけに07系がすべて、有楽町線から追い出され、東西線に転用されるという出来事もあった。ちなみに07系は第2編成のみ、期間限定で東西線カラーのまま、千代田線で運用され、のちに東西線へ転用されている。

副都心線は急行が目玉となり、池袋(F-09)と新宿三丁目(F-13)では、沿線デパートの商戦激化が報じられた。また、JR東日本山手線(路線愛称の埼京線、湘南新宿ラインも含む)の利用客をどれだけ転移させることができるのかが注目されたが、今のところ、不景気の影響もあるのか、火花を散らしあうほどの状況ではなさそうに思える。2008年12月に有ラッシュ時の池袋(F-09)に行ったとき、車内はキツキツというわけでもないし、本数は山手線のほうが多く、輸送面では“「競合」よりも「協調」”といったところだろう。

副都心線の難点は下記の通り。

①すべて10両編成ではないこと。

②7000系が走ること。

③アクシデントが発生すると、池袋(F-09)-渋谷(F-16)間の折り返し運行になること。

8両編成が存在するのは、2012年度に東京急行電鉄(通称、「東急」)東横線および、横浜高速鉄道みなとみらい21線と相互直通運転が予定されており、各駅停車の運行を視野に入れているからである(急行停車駅はホームを10両分に延伸する予定)。車両については、有楽町線は7000系、副都心線は10000系にこだわってほしかった。ちなみに副都心線はなるべく、7000系に乗らないようにしている。ということは、今後、よほどのことがない限り、急行と通勤急行しか利用しないことになるのかもしれない。もっとも、副都心線沿線に用がないのが実情なのだが…

◆10000系増備の影で数を減らす7000系  

DSC_0004a.JPG

まずは警察&消防PRブースへ。白バイ1台、パトカー2台、消防車1台が並んでおり、子供のみ制服着用ができる。もちろん、中へ入ることも可能だ。

「パトカー、乗らなくていいの?」  

お母さんが男の子にきくも、かなり嫌がっている様子。わかるなぁー、その気持ち。だって、警察官以外でパトカーに乗る人の多くは、悪いことをした人なんだもの。男の子が嫌がるのも無理はなく、まだ5歳にもなっていないと思うが、“大人の社会”というものを肌で感じているようだ。  

新木場検車区の線路周辺は舗装されておらず、前日からの雨もあり、土が軟(Yawa)らかい。そのため、通路にはグリーンシートを敷き詰めており、東京メトロのお決まりフレーズを思い出す。

足元にご注意ください  

帝都高速度交通営団(通称、「営団地下鉄」)から、東京メトロに変わった際、駅の到着時に必ず放送案内していたが、半年もたたないうちに見直している。ようは、足元に気をつけるほど、電車とホームのあいだが大きく空いている駅が少ないということだ。個人的には営団地下鉄時代の自動放送のほうがいいんだけどね。「まもなく」中心の放送で、わかりやすいものだった。

さて、土の部分はグニャグニャした踏み心地となる。グリーンシートがなければ、確実に足元は泥だらけだ。  

時たま、雨がポツリと降るので、検車庫へ雨やどりをするかの如く、入る。ピットは10000系第27編成が入っている。10000系は増備が決定し、今後も増えることだろう。  

DSC_0031a.JPG

車体側面の窓は全開!! しかし、思ったほど窓は開かないことに気づく。開き過ぎると事故につながるし、冷暖房完備の10000系の窓が開くときは、それが使われていないときや、非常時における換気ぐらいだろうか。  

DSC_0029a.JPG

10000系第27編成で印象に残るのは、床下が綺麗だということ。数本のイエローラインがあり、うっとりしそうな人はいると思うが、床下機器が装着できる手助けをしている。  

DSC_0046a.JPG

10号車乗務員室では、事前応募制による運転台の見学が行なわれており、動かすことは当然できないが、警笛を鳴らすことができる。警笛はトロンボーン笛と一般的なものが装備されており、時たま、その音色が聞こえる。  

DSC_0050a.JPG

一方、10000系増備のウラでは、7000系が編成単位で廃車になった模様で、検車庫の隣りには、ショベルカーが静かに“獲物”を見つめるかの如く、木っ端微塵(Koppamijin)に解体されようとされている中間車がある。ドア、窓、座席、吊り革、ナンバープレートは撤去されており、和光市(Y-01)寄りの車体最下部にはマジックで「7424」と2つ書かれている。どうやら、廃車になった7000系は第24編成で、副都心線開幕時から廃車が予定されていた。10000系の増備が完了すると、7000系は副都心線用改造で余剰になった中間車、第8・11・17・21~26編成が廃車される予定だ。  

アルミ車しか所有していない東京メトロは、「車両寿命40年」という方針を立てており、7000系のほか、千代田線6000系、半蔵門線8000系はVVVFインバータや内装をチェンジして、リニューアルされている。7000系は当初、5両で登場したため、増結車はそのままの内装という状況だ。また、8000系は第1~7編成の6・7号車は、平成6年(1994年)に増結されているため、リニューアルの対象外となっている(ただし、リニューアル時には一部のドア上にLEDによる情報案内装置が取りつけられている)。  

7000系の廃車は、自社の方針を撤回しており、納得いかない部分はあるけど、アルミは10000系増備車で再利用されるのだろうか? ちなみに東西線05系第24編成は廃車になったアルミ車体の5000系を再利用している。また、本題からそれるが、6000系量産車は40年近くなるため、今後は06系が初めて増備されるのか、「16000系」という新設計車両になるのかが注目されるだろう。

DSC_0056a.JPG

余談だが、検車庫の近辺では7000系第24編成と思われる1・2号車が留置されており、7424が地球上から姿を消すと、出番がまわってくるだろう。新木場検車区は、荒川沿いの新木場緑道公園や長い歩道橋から車両を眺めることができる。もしかすると、車両の最期の姿を目(Ma)の当たりにする人がいるかもしれず、見てしまったら、心臓に悪い思いをするのではないだろうか。もっとも、解体目前の車両をイベントで“展示”するのは、来場客に対して、失礼だと思う。人の目に入らないところへ隠すのが礼儀ではないだろうか。


◆目玉の車両撮影会場

DSC_0083a.JPG

いよいよ、お待ちかねの車両撮影会場へ。30分ごとに撮影位置が変わり、1つの車両が間近で撮影できるパターン、4つの車両がすべて撮影できるよう、遠くから撮影できるパターンに分けている。そして、今回のラインナップは次の通り。いずれも、副都心線1周年ヘッドマークつきである。

DSC_0065a.JPG

まず、10000系。これは2006年開催時と同様、トップナンバー車を用意した。10000系トップナンバー車は副都心線開幕時、8両編成に減車されていたが、現在は元の10両編成に戻している。ちなみに種別と行先は「各駅停車渋谷」を表示している。

DSC_0068a.JPG

次は7000系副都心線対応車。こちらもトップナンバー車を用意しており、2006年開催時も同様だ。そのときは有楽町線カラーだったが、のちに副都心線兼用に改造されている。近い将来、7000系は8両編成が副都心線専用、10両編成は兼用となり、金帯のオリジナルカラーは姿を消すことになる。ちなみに種別と行先は「急行和光市」である。  

DSC_0072a.JPG

次は西武鉄道6000系。オリジナルはシルバーフェイスだが、副都心線対応車はホワイトフェイスに改めている。6000系はシルバーフェイスの車両が残っており、今後はすべて、ホワイトフェイスの副都心線対応車に改めるかどうかが注目される。ちなみに種別と行先は「各停飯能」である。  

DSC_0077a.JPG

次は東武鉄道(次からは「東武」と記す)50070系。当初、50000系第2編成を副都心線対応車にするウワサがあったものの、新設計の50070系で対応することになった。ちなみに種別と行先は「各停森林公園」である。

さて、「各停」は東京メトロで使われるが、東武は「各駅停車」と案内するものの、駅や車両は「普通」を使っている。これは関西の阪急電鉄、京阪電気鉄道、阪神電気鉄道と同様。ちなみに東武はこの日、東上本線と越生線以外でダイヤ改正が行なわれているが、種別は「各駅停車」に統一されていない。「各駅停車」と案内しているのだから、「普通」表示はやめたほうがいいだろう。  

DSC_0081a.JPG

DSC_0111a.JPG

ラインナップはまだまだ続き、再び10000系。これは事前応募制の車掌体験に使われている第21編成で、種別と行先は「特急元町・中華街」である。この表示はすでに用意されていることは知っているが、気になるのは「特急」が赤文字であることである。東急の特急はオレンジが使われているため、相互直通運転時は修正が必要になってくるだろう。あるいは、副都心線は赤、東横線はオレンジに使い分けるのだろうか?  

DSC_0117a.JPG

最後に7000系。こちらは車両撮影会場ではなく、別の場所にある記念撮影スポットで撮影。用意された7000系第21編成は休憩用車両として、1号車から乗り込み、2号車以降でくつろぐことができる。この車両は副都心線対応改造車の対象外であるため、いずれ廃車の道をたどることになる。カッコ悪い副都心線対応車よりも、方向幕から方向LEDに変わってはいるものの、オリジナルのままで終わるほうが、「有終の美」と言うにふさわしいのではないだろうか。  

DSC_0127a.JPG

7000系第21編成のフェイスには行先表示がされていないが、側面は「普通銀座一丁目」が表示されていた。1か月後に石原裕次郎の23回忌が国立競技場で行なわれるせいか、『銀座の恋の物語』をふと、口ずさみたくなってきそうだ(歌詞はサビしか知らないが…)。  

DSC_0133a.JPG

15時近くになると、天候は回復。新木場検車区を出て、銀座3丁目にあるキャノンギャラリー銀座へ。レイルマンフォトオフィス、山崎友也(Yuya Yamasaki)カメラマンの個展、『レイルロマン~光とともに~』を見る。とても私には撮影できないクオリティーの高い作品がズラリと飾られており、写真集、『夜感鉄道』は早々に売り切れていた。  

印象に残る写真は、奥羽本線の雪景色で、トンネルを出る直前のヘッドライトはまるで、ろうそくの日を彷彿させるかのようだ。雪景色の暗さとヘッドライトの明るさが、厳しい季節を物語る。まるで、日本の昔話の1ページに出てきそうだ。

この写真を見て、私は初めて北海道へ行く道中、あのトンネルを抜けたときを思い出した。まさにこの1枚は「トンネルを抜けたら、そこは雪国だった」記憶が脳裏によみがえったのである。

会場内に山崎カメラマンがいたものの、話はしていない。ほかの鑑賞客と話していたこともあるけど、そういう立場として来ているのだから、「私はフリーライターの岸田です」とずうずうしく名乗るわけにはいかず、相手に対して失礼だろう(メディアのキャリアは歴然としているわけだから)。『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』で私が撮影した記事が載っていても、「カメラマン」と言うには程遠いレベルなのだから。ごあいさつは仕事で御一緒するときにしたい。


★備考

①レイルマンフォトオフィス、山崎友也カメラマンの個展、『レイルロマン~光とともに~』は2009年6月4日(木曜日)から、6月10日(木曜日)まで、銀座3丁目にあるキャノンギャラリー銀座で開催しています。時間は10時から19時までで、6月7日(日曜日)は休館。また、千秋楽となる6月10日(水曜日)は16時までの開催となりますので、御注意願います。

②参考文献として、交通新聞社刊行、『鐵道ダイヤ情報2008年7月号』を使用。

③岸田法眼のRailway Blog.「新型車両10000系車両撮影会」は
こちらにクリック!!

④岸田法眼のRailway Blog.「観客動員数49萬人突破記念、東京地下鉄副都心線開幕戦!!」は
こちらにクリック!!

⑤岸田法眼のRailway Blog.「東京地下鉄副都心線通勤急行」は
こちらにクリック!!

⑥岸田法眼のRailway Blog.「元旦終夜運転2009-中編-」は
こちらにクリック!!

⑦岸田法眼のRailway Blog.「各駅停車と普通列車」はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

INDEX 2009年5月-2009年5月もすべて、観客動員数1日2000人以上!!- [INDEX]

今回は2009年5月に掲載した記事を御紹介します。

もう1度、御覧になりたい記事がございましたら、クリックして下さいね。

それでは2009年5月に掲載した記事の一覧です。

DSC_0842a.JPG

◆5月1日(金曜日)
第22回コメンテーターランキング発表!!
(INFOMATION)

◆5月2日(土曜日)
ゴールデンウィーク明けに大相撲夏場所
観客動員数372日連続1日4ケタで、126萬人突破!!

(汽車旅2009番外編)

◆5月3日(日曜日・憲法記念日)
臨時電車(渋谷から臨時急行)〈フラワーエクスプレス号〉長津田行き2009
(汽車旅2009番外編)

◆5月4日(月曜日・みどりの日)
上信電鉄2009
(汽車旅20009番外編)

◆5月5日(火曜日・こどもの日)
観客動員数375日連続1日4ケタで、127萬人突破!!
(汽車旅2009番外編)

◆5月6日(水曜日・振替休日)
INDEX 2009年4月
-2009年4月もすべて、観客動員数1日2000人以上!!-
(INDEX)

◆5月7日(木曜日)
Railway Talk 2009年4月
(INDEX)

◆5月8日(金曜日)
観客動員数128萬人突破記念、まだまだ1800系2009
(汽車旅2009番外編)

◆5月9日(土曜日)
政治2009
(らりるレビュー)

◆5月10日(日曜日)
まだまだ1800系2009Ⅱ
(汽車旅2009番外編)

DSC_0067a.JPG

◆5月11日(月曜日)
観客動員数381日連続1日4ケタで、129萬人突破!!
(波瀾万丈伝)

◆5月13日(水曜日)
2009年の汽車旅1-1
(汽車旅2009)

◆5月15日(金曜日)
次回はスペシャル記事を掲載予定!!
観客動員数385日連続1日4ケタで、130萬人突破!!

(波瀾万丈伝)

◆5月16日(土曜日)
観客動員数130萬人突破記念スペシャル!! 
さぁー、みんなで『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』を買いに行こう!!
(寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァーTHE MOVIE)

(公式執筆記録-私の作品-)

◆5月18日(月曜日)
観客動員数131萬人突破記念、大ヒット記事ランキング発表!!
(INFOMATION)

DSC_0114a.JPG

◆5月22日(金曜日)
2009年の汽車旅1-2
(汽車旅2009)

◆5月23日(土曜日)
愛知環状鉄道乗車記録表
(Railway Road)

◆5月24日(日曜日)
JRおおみや鉄道ふれあいフェア2009(暴れん坊583系2009)
(汽車旅2009番外編)

◆5月25日(月曜日)
観客動員数395日連続1日4ケタで、133萬人突破!!
(汽車旅2009番外編)

◆5月28日(木曜日)
観客動員数398日連続1日4ケタで、134萬人突破!!
(汽車旅2009番外編)

◆5月30日(土曜日)
樽見鉄道乗車記録表
(Railway Road)

◆5月31日(日曜日)
プロ野球2004
(らりるレビュー)

DSC_0093a.JPG

次に2009年5月の観客動員数一覧です(カッコ内は実際に訪れた人数。つまり、1日2回以上アクセスしている方が多いということになる)。

・5月1日(金曜日)…2895人(518人)

・5月2日(土曜日)…3037人(630人)

・5月3日(日曜日・憲法記念日)…2573人(583人)

・5月4日(月曜日・みどりの日)…3222人(667人)

・5月5日(火曜日・こどもの日)…3049人(606人)

・5月6日(水曜日・振替休日)… 2658人(616人)

・5月7日(木曜日)…3137人(497人)

・5月8日(金曜日)…2998人(529人)

・5月9日(土曜日)…2852人(586人)

・5月10日(日曜日)…4168人(554人)

DSC_0652(東武動物公園)a.JPG

・5月11日(月曜日)…2787人(523人)

・5月12日(火曜日)…2360人(446人)

・5月13日(水曜日)…3844人(565人)

・5月14日(木曜日)…2473人(552人)

・5月15日(金曜日)…2396人(540人)

・5月16日(土曜日)…2646人(546人)

・5月17日(日曜日)…3581人(645人)

・5月18日(月曜日)…3113人(518人)

・5月19日(火曜日)…3325人(551人)

・5月20日(水曜日)…3849人(476人)

DSC_0533a.JPG

・5月21日(木曜日)…2666人(488人)

・5月22日(金曜日)…2850人(535人)

・5月23日(土曜日)…2564人(600人)

・5月24日(日曜日)…3413人(826人)

・5月25日(月曜日)…2611人(673人)

・5月26日(火曜日)…2557人(621人)

・5月27日(水曜日)…3042人(638人)

・5月28日(木曜日)…2881人(652人)

・5月29日(金曜日)…2903人(602人)

・5月30日(土曜日)…2912人(761人)

・5月31日(日曜日)…2880人(739人)

◆執筆実績一覧

Yahoo! セカンドライフ(選抜サポーター制時代) 

・TRAIN MODELING MANUAL(Vol.1・4。ホビージャパン刊行)

・Unow?「モハよう著者からの20の質問」(第28・33・36・39問)

・Unow?「あの人はなぜ鉄道にハマル?」(質問43・46) 

・苫小牧鉄道新聞第24~27号


◆参考記事

鉄道ブログ『モハよう de キハキハ「恐るべし、岸田法眼さん!&モハようが鉄道ファン7月号に掲載」』 

鉄道ブログ『モハよう de キハキハ「岸田法眼さんがいよいよ雑誌デビュー!」』 

鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』「岸田法眼さん執筆の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』」 

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前「副都心線を応援します!」 

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前「鉄道居酒屋キハ」 

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前「Ryomo to Jomo その1」 

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前「種別(東武・特急スペーシアなど)」 

八草きよぴ非公式モリゾー愛ブログ「プチ大回りで目黒線に(前編・渋谷経由で四ツ谷へ)」 

星野佳世の all my loving☆「『写真電車』出発進行!」 

me-coの雑学ネタ帳「東武10030系」 

me-coの雑学ネタ帳「東急5000系」 

me-coの雑学ネタ帳「JR北海道789系」

米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!「日本の夜行列車の松明の灯を消すな!! 『大垣夜行』季節列車化→廃止?反対!! 大阪延伸希望!」

米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!「日本の夜行列車の松明の灯は消えてゆくのか!?」 

◆世界の国旗クイズ第28問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは第28問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第28問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数137萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承ください。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

タグ:INDEX

Railway Blog800回記念、政治家直撃?! 観客動員数406日連続1日4ケタで、136萬人突破!! [汽車旅2009番外編]

記事数:799|nice!:3,318|総閲覧数:今日:2,631/累計:1,362,468|読者数:36
アクセスランキング:184位
ブログテーマ:旅行(7位/461ブログ中)

DSC_0908a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年6月4日(木曜日)で観客動員数は136萬人を突破しました。どうもありがとうございます。


◆鳩山由紀夫民主党代表参上!!

P1390143.JPG

2009年5月31日(日曜日)14時過ぎ、叩きつける雨の中、東武鉄道伊勢崎線春日部へ。到着した2番線は東武動物公園寄りに立入禁止柵が設けられていた。あそこのホーム先端は撮影スペースがあり、もってこいの場所なだけにもったいない。

P1390146.JPG

この日、14時30分から「伊東」、「よう加藤」じゃなくて、イトーヨーカドー春日部店前で、民主党衆議院埼玉県第13区総支部長、「元気モリモリ(実際に選挙活動で、そのフレーズを使っていたらしい)」の森岡洋一郎議員の演説が行なわれる。この演説には、鳩山由紀夫民主党代表が現れるという。この日、鳩山代表は埼玉県内数か所を“営業”しており、その中から春日部市を選んだ。

P1390149.JPG



先に森岡議員が訪れ、14時33分、選挙カーの上に立ち、激しい雨でも傘を持たず、ズブヌレの熱弁。そして、14時40分頃、鳩山代表が到着。予定より10分遅れであるが、民のボルテージがあがり、鳩山代表が選挙カーをよじ登る。ズブヌレの森岡議員は“BOSS”の登場に、SPと思われる体格のイイ男性が傘をあてた。まるで大相撲のようなしきたりぶりだ。

P1390153.JPG



鳩山代表は激しい雨の中、多くの人々が集結したことにどえりゃー感激し、「雨天の友」を熱く語り、自民党政策を猛批判。「私も漫画は好きですが」と“告白”した上で、麻生太郎が構想している『アニメの殿堂』を批判。俺だって、あんなもんいらないねぇーよ。もし、鉄道の好きな総理大臣が「『鉄道の殿堂』を作ります」と言っても、「いらない」って言うでしょ。俺だって言うよ。鉄道博物館に行きゃいいんだから。



小泉純一郎が首相になってから、「自民党をぶっ壊す」と言ったら、「日本をぶっつぶす」展開になっている。ほかにも日本をぶっつぶす行為をしているヤツは政治家以外にもいるけど、自民党の政策が我々の暮らしを苦しめ、格差社会などを生んでいる。民主党は住みよい昔の日本を取り戻すことにより、国民の生活が豊になることを願っている。

集結した民の面々は民主党を支持している。期待もしているのだろうが、俺はしないよ。なぜならば、民主党はまだ政権を取ったわけではないこと。また、政権を取り、マニフェストを実行させてこそ、初めて期待ができるし、その言葉が使えるからだ。

P1390162.JPG

終盤は一時、雨が小康状態となり、鳩山代表は“傘なし演説”で気合いを入れて、民主党政権をアピールし、15時過ぎに演説は終了。2人は選挙カーを下り、“国民目線”で、民の面々と握手をかわす。私もさせていただいたが、鳩山代表は全国的知名度があるせいか、握手をするのが“至難の業”だったのに対し、森岡議員とはガッチリかわした。手がブ厚かったねぇー。

それでは、何度も言っていることだけど、私からひとこと。

「鉄道を語るぐらいなら、政治も語れ!!」  

私自身、“鉄道しか書けない”と思われたくない。

★おまけ



2003年10月25日(土曜日)、当時の小泉純一郎首相が柏駅東口で、応援演説をしていた。



同じ日の同じ時間、柏駅西口で歌手の麻倉未稀がミニライブを開催していた。

◆ここまでの2009年の汽車旅1シリーズ

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22  

「2009年の汽車旅1-3」は都合により、2009年6月x日(y曜日)以降の掲載となります。掲載まで、しばらくお待ちください。


◆2009年6月1日(月曜日)から6月4日(木曜日)までのmixi日記

■2009年6月1日(月曜日) Railway Blog 2009.6.1

本日のRailway Blogはこちらです

今日のmixi日記はあの賞について、語る予定でしたが、Railway Blogにまわします。  

前日は某所にて、大物政治家をナマで見ました。支持率高かったですねぇー。これはいずれ、お伝えすることにしましょう(公職選挙法にひっかからないと思うけど…)。  

※You Tubeは
です。





■2009年6月2日(火曜日)
ちぇっく3連発!!
 

ある方がやっておられたので、私もチャレンジ。すると、こう診断されました。

①憧れ女性ちぇっく

「岸田法眼さんの好みのタイプの女性を診断しました。

まず、ロリコン属性評価ですが、岸田法眼さんの場合大人な女性が好みなようです。一般的な男子としては普通です。

次に知的属性評価ですが、かなり知的な女性が好きなようです。クイズ番組で難しい問題に答える女性がかっこいいと思う傾向があります。

そして、割と明るい感じの女性が好みなようです。デートは楽しいところに行く感じです。

女性の胸に関しては、かなりの巨乳好きです。カップにかなりのこだわりがあります。巨乳もののAVとか大好きなタイプです。

さて、見た目からみた性格的な傾向ですが、かなり優しい女性が好きなようです。耳かきをしてもらったり、病気の時に看病されたら、もう我慢できないタイプです。

外見的な部分で言うと、女性の身長にはほとんどこだわりはなく、高くても低くても自分より小さければ良いようです。

短めのさわやかな髪型が好きなようです。

そんなあなたにピッタリなアイドルは・・・?

1位:川村亜紀(スコア267.6点)

2位:和希沙也(スコア263点)

3位:佐藤寛子(スコア262.8点)

【憧れ女性ちぇっく
http://checker.from.tv】」  

※私は昔からショートカットの女性が好みですが、20代に入ると、特にこだわらなくなりましたね。ただ、大銀杏が結えるほど長いのは困りますが…

②お笑い相方ちぇっく!

「岸田法眼さんのお笑いパターンについて

上品で漫才の芸人が好きなようです。

それでは次に、それぞれの項目について詳しく分析をしてみましょう。

まずネタの好みですが、割とお約束の笑いが好きなようです。意外性のあるネタも嫌いでは無いですが、何を言っているのか分からないことが多々ありそうです。

そしてスタイルとしては、かなりの漫才好き。漫才のスタイルが最も好きなようです。ボケとツッコミのスタイルを非常に大事に思っており、M-1は自らが審査員になって見ています。

それから、かなり関東の笑いが好きなようです。笑点を見ると落ち着くタイプです。

ネタの上品さの好みですが、下品なお笑いは受付ません。人をバカにしたり殴ったりするお笑いは好まないため、PTAと呼ばれるでしょう。

次にネタの好みですが、正統派の笑いが大好きなようです。あなたにとってキャラクターや変装の笑いなど、ただの賑やかし過ぎず、外道な笑いは好みません。

そして、かなり知的なネタが好きなようです。政治を皮肉るネタや、ボキャブラリで笑わすネタが好きかも知れません。そして、岸田法眼さんの立ち位置は…

誰かがボケたら必ずつっこむ、かなりのツッコミです。

そんなあなたの相方は…

1位 柴田英嗣(アンタッチャブル)(262.6点)

2位 田中裕二(爆笑問題)(253.6点)

3位 品川祐(品川庄司) (250.6点)

【お笑い!相方ちぇっく
http://checkit.name/】」  

※私はツッコミよりもボケというタイプなので、うーん、なんで、こうなったのでしょう?

③憧れ女性ちぇっくHyper

「岸田法眼さんの好みのタイプの女性を診断しました。

まず、ロリコン属性評価ですが、岸田法眼さんの場合大人な女性が好みなようです。かわいいよりキレイが好きですが、一般的な男子としては普通です。

次に知的属性評価ですが、かなり知的な女性が好きなようです。クイズ番組で難しい問題に答える女性がかっこいいと思う傾向があります。

そして、割と明るい感じの女性が好みなようです。デートは楽しいところに行く感じです。

女性の胸に関しては、こだわりはあまり無いようです。適度なふくらみがあれば文句は言わないタイプです。

さて、見た目からみた性格的な傾向ですが、おっとりした女性が好みのようです。ふわふわした空気のような女性を好む傾向があります。

外見的な部分で言うと、スタイルの良い女性が好きなようです。

短めのさわやかな髪型が好きなようです。

そんなあなたにオススメなのは…

1位 星村麻衣(277.7点)

2位 相武紗季(269.5点)

3位 安田美沙子(268.3点)

ロリコン指向:50.0点(1,213,126位)   

知的指向:56.0点(229,724位)  

明るさ指向:51.4点(1,165,128位)   

巨乳指向:48.9点(1,504,346位) 

高身長指向:52.5点(366,123位) 

優しさ指向:52.5点(421,480位)髪の長さ指向:40点(1,724,988位)

あなたの憧れ、xさんは、まだデータが未登録でした。

【 お前さんをチェックします CHECK iT! 
http://checkit.name/】」

※星村麻衣って、誰? ちなみに私の憧れというか、ファンなんですけど、その方は誰なのかは、皆様の御想像にお任せします。

みなさんもチャレンジしてみませんか? くわしくは
こちらにクリック!!

さて、吉田一紀(Kazutoshi Yoshida)さんのブログで私が紹介されています。くわしくはこちらにクリック!!

※本日のRailway Blogはお休みです(You Tubeはです)。





■2009年6月3日(水曜日)
この夏、どこへ行こう?

新型インフルエンザが日本に完全上陸したようで、関西地方では厳戒態勢となっている。高校生の感染が目立ち過ぎるのは気になるところだが、接客業ではマスクの着用を指示。庶民らもマスクがないと生活できないような恐怖に陥っている。

関東地方は風の強い日が続いていたため、風の流れに乗って、北東へ進み、新型インフルエンザ感染拡大の危機にある。南西に拡大する危険性もあるけど、都内はマスクをしている方を見かけた。

ここまでは、5月下旬まで書いたのだが、その後、感染地域は拡大し、歯止めがかからない状況だ。関西地方は学校の休校が解除となり、授業を再開。JR西日本もマスク勤務を解除している。

6月となり、そろそろ、夏の諸国漫遊シーズンとなるのだが、新型インフルエンザが蔓延しつつある状況では、“行かないほうが無難”と考えてしまう。 行きたいところは山ほどある。JR線で完全制覇を果たしていないのは、JR東日本だけ(2011年にはJR九州の完全制覇が白紙になる)となっているので、東北地方の未乗車路線をめぐりたいし、あと2路線で四国の鉄道完全制覇を達成する。西鉄は天神大牟田線のみ全線完乗をしていないので、完全制覇したいところ。つまり、北海道と琉球以外は行くところがたくさんあるわけ。でも、琉球は離島へ渡りたい願望がある。特に某島には興味があるけど、1人で行かないことだけは心に決めている。心に決めた人といっしょに行かなきゃ意味がないと考えているからだ。

半日常と化している関西遠征も考えているけど、近鉄路線の全線完乗を進めていきたい。あと、紀勢本線はオーシャンショーを見たい。というのも、JR西日本エリアは、かつて存在した夜行快速で一夜を明かしているため、御坊-新宮間の車窓は未体験なのだ。

旅で理想的なのは“人のカネ”で行くこと。その分、仕事はキッチリ務めさせていただきます。

※本日のRailway Blogは
こちらです(You Tubeはです) 。





■2009年6月4日(木曜日)
直筆

2009年6月3日(水曜日)、ビニコンのレジでSuicaみたくピッとする部分に直筆の貼り紙があり、縦書きで「エロ調整中」とあった。しかし、よく目をこらすと、「ID調整中」だった(「id」はおサイフケータイの機能)。わかりにくい字だねぇー。これでは「恋人」を「変人」、「太田」を「大田」、「白井」を「臼井」、「松井」を「松丼」、「烏丸(Karasuma)」を「鳥丸」と書いているようなものだ。  

さて、先日、初めて通販で購入したCD(と言っても、1回聴いただけで、すぐにパソコンへ取り込んだ)を聴いて、原稿に精を出そう(今月は出版業界における「強化月間」らしい)。

※本日のRailway Blogはお休みです(You Tubeは
です)。





◆世界の国旗クイズ第28問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは第28問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?


世界の国旗クイズ第28問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数137萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。


★観客動員数135萬人から136萬人へのあしあと

・2009年5月31日(日曜日)…135萬1000人突破

・2009年6月1日(月曜日)…135萬2000人突破

・2009年6月1日(月曜日)…135萬3000人突破

・2009年6月1日(月曜日)…135萬4000人突破

・2009年6月2日(火曜日)…135萬5000人突破

・2009年6月2日(火曜日)…135萬6000人突破

・2009年6月2日(火曜日)…135萬7000人突破

・2009年6月3日(水曜日)…135萬8000人突破

・2009年6月3日(水曜日)…135萬9000人突破

・2009年6月4日(木曜日)…136萬人突破!!

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②クオリティ埼玉 日本電子新聞社「政治鳩山由紀夫民主党代表再来県」はこちらにクリック!!

③夢のかけ橋… 杉戸・宮代(金子正志)「民主党代表 鳩山由紀夫氏 来る!」はこちらにクリック!!

④岸田法眼のRailway Blog.「政治2009」はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

第23回コメンテーターランキング発表!! [INFORMATION]

今回は“ツキイチ恒例”のコメンテーターランキングです。 これは日頃の御愛顧を感謝する企画で、“タイトル争い”とカン違いされぬよう、お願いいたします。また、Railway Talkの投稿数も合わせて御紹介いたします。ちなみに今回の月間集計は2009年5月1日(金曜日)から5月31日(日曜日)までです。

それでは発表です。

DSC_0654a.JPG

第2位:おおみや様…114回

第3位:サットン様…107回

第4位:住吉人様…101回(Railway Blog 76回、Railway Talk25回)

第5位:UZ様…97回

第6位:しおつ様…96回(Railway Blog95回、Railway Talk1回)

第7位:masaking様…86回(Railway Blog63回、Railway Talk23回)

第8位:kikuzou様…80回

第9位:☆秋詠琴音☆様…78回

DSC_0077a.JPG

第10位:トータン様…62回

第11位:鉄道美術館館長♪様…58回

第12位:ネオ・アッキー様、schnitzer様…各49回

第13位:Sanohpy様…46回

第14位:新快特様…40回

第15位:HIROOUJI様…39回

第16位:む~さん様…33回

第17位:sirokuma様…32回

第18位:うたに様…30回

第19位:ひでくん様…24回

第20位:あーちゃん&父様、下総弾正くま様…各23回

DSC_0506a.JPG

第21位:zba03198様…22回

第22位:MAKIKYU様…21回

第23位:袋田の住職様…11回

第24位:ofil425様、PochiPapa様、えびた様、浩然斎様、こぱんだつま様、みゆき生け花教室様(Railway Blog7回、Railway Talk2回)…各9回

第25位:keitai様、はなまる鉄道様、まるたろう様、るる様、ぴーすけ君様、is453982-tyhoon様、はくつる様…各7回

第26位:Lionbass様、undo様、吉田一紀様…各6回

第27位:yas様、yokohamachuo様、Yuki様、だいごまん様、ラジマニ様(Railway Blog2回、Railway Talk3回)…各5回  

第28位:お名前割愛10名様…各4回  

第29位:お名前割愛11名様…各3回  

第30位:お名前割愛31名様…各2回  

第31位:お名前割愛103名様…各1回

なお、第1位は誰とは言えませんが、ある人の1691回(Railway Blog1689回、Railway Talk2回)です。また、コメント10回以上で、ある特典がございます(公序良俗に反するもの、品格のないものは除く)。

◆世界の国旗クイズ第28問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは第28問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第28問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数136萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

観客動員数402日連続1日4ケタで、135萬人突破!! [鉄道評論]

記事数:797|nice!:3,301|総閲覧数:今日:2,638/累計:1,351,453|読者数:36
アクセスランキング:152位
ブログテーマ:旅行(7位/455ブログ中)

DSC_0751a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年5月31日(日曜日)で観客動員数は135萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆ここまでの2009年の汽車旅1シリーズ

・2009年の汽車旅1-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-13

・2009年の汽車旅1-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22  

「2009年の汽車旅1-3」は都合により、2009年6月x日(y曜日)以降の掲載となります。掲載まで、しばらくお待ちください。

◆本命はどれ?

鉄道友の会は2009年ブルーリボン賞、ローレル賞の候補車両が5月に発表されていたことを最近知り、すでに締め切ったという。今回ノミネートされたのは18車種だが、JR東日本E331系が候補に入っているのが意外だった。

■ノミネート車種

・JR東日本E331系

・JR東日本キハE120系

・JR貨物コキ107形

・東武鉄道50090系

・西武鉄道30000系

・小田急電鉄60000形

・東京急行電鉄2代目6000系

・東京都交通局300形

・御岳登山鉄道コ-1形、コ-2形

・高尾登山電鉄コ-1形

・横浜市交通局10000形

・名古屋鉄道4000系

・名古屋鉄道5000系

・名古屋市交通局N1000形

・豊橋鉄道T1000形

・京阪電気鉄道2代目3000系

・南海電気鉄道2代目8000系

・神戸電鉄6000系  

ブルーリボン賞はMSEで決まりだと思うが、ローレル賞は激戦になりそうだね。でも、ローレル賞は車種が1つだけというふうに限定されてないので、スマイルトレインやコンフォート・サルーンが有力だと思う。〈TJライナー〉用車両の場合、360度回転クロスシートは他社でも使われているだけに難しいのではないだろうか。大井町線急行も奇抜なフェイスデザインだけど、車内にインパクトがないので、難しそう。  

私は2010年のブルーリボン賞、ローレル賞の候補車両として、たま電車と天空を入れてほしい。過去、いちご電車、おもちゃ電車は候補に入っていないのだ。JRの改造車(おもにジョイフルトレイン)が入って、私鉄にないのが気に食わない。

◆2009年5月28日(木曜日)から5月31日(日曜日)までのmixi日記

■2009年5月28日(木曜日)
東メトで渋谷へ行こう!!

東京メトロ(略して、「東メト」)で渋谷へ行く場合、銀座線、半蔵門線、副都心線の3つあり、渋谷へのこだわりを御紹介しよう。

まず、JR線、東横線、井の頭線に乗り換える場合は銀座線を使う。これは乗り換えに時間がかからないからで、JR線、東横線は出る自動改札機の場所を間違えなければ、券売機できっぷを買うことになるけど、ダイレクトで乗り換えが可能。井の頭線は少し時間がかかるものの、半蔵門線に比べりゃ、銀座線がイイ。

半蔵門線だと、副都心線の乗り換え、街歩き、そのまま田園都市線を利用するときに使う。銀座線からでも、副都心線に乗り換えることはできるけど、遠いんだよね。それに副都心線から銀座線に乗り換える場合、半蔵門線を利用し、次の表参道で乗り換えたほうが早い。

東横線は2012年度の予定で、地下化されるため、銀座線から遠くなってしまう難点が発生する。個人的に東横線と副都心線の相互直通運転には賛成しないほうだが、東上線森林公園、西武池袋線飯能-みなとみらい21線元町・中華街間は乗り換えなしになるので、湘南新宿ラインに対抗し、「イーハー東武半ZONE門線NOBORU」に肩を並べる路線愛称が必要になってくるだろう。

そこで私はこう名づけよう。

①イーストアップウエスタンSub都心はぐれあぶ刑事ライン

②イーストアップライオンズSub都心はぐれあぶ刑事ライン

③東西百貨店Sub都心はぐれあぶ刑事ライン

④東西デパートSub都心はぐれあぶ刑事ライン

4つのうちのいずれかにしたい。  

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-27です(You Tubeはこちらです)。



■2009年5月29日(金曜日)
朝からツキがない

アパートの契約更新のため、締切がせまっていることもあり、急きょ、実家へ帰った。連帯保証人を引き続き、了承してもらったが、今日はツキがない。

まず、睡眠中、鼻血が出たため、5時に目覚めたが、20分ほど止まらず、治まって、再び就寝。今度は7時に起床し、洗顔中、またも鼻血。これも20分ほど止まらなかった。合計40分間で、何デシリットル流血したのだろう?

ツキのなさはまだまだ続き、電車に乗って帰宅途中、急停車。踏切でクルマの進入があり、警笛が最後部車両まで聞こえるほどだった(そのあと、なぜか非常灯以外、しばらく消灯となった)。さいわい、事故にはならず、クルマは脱出し、8分遅れで運転再開。もし、事故で立往生になっていたら、契約更新に間に合わない可能性があり、ホッとしたが、ドライバーの身勝手な行動が高架化、地下化というふうにつながっていく。  

帰宅して、『笑っていいとも!』を見たら、草彅剛が復帰。1か月での復帰は様々な意見があるのだろうが、硬かったね。本人は“観客に受け入れてもらえるだろうか?”という不安はあったと思う。生放送は編集がきかないこともあるけど、復帰初出演はまずまずの滑り出しだろう。  

※本日のRailway Blogはお休みです(You Tubeは
こちらです)。



■2009年5月30日(土曜日)
イーハー東武は単純明快  

最近、私のオリジナルフレーズ、「イーハー東武」を検索したところ、こちらを見つけた。ところが、無許可で取り上げたあげく、言葉の意味を間違っている。  

そのサイトによると、イーハー東武の「イーハー」は、「イ」が東武伊勢崎線(通称、「東武線」)、「ハ」は東京メトロ半蔵門線をくっつけた造語となっているが、無許可で取り上げた人は深読みし過ぎである。  

みなさんは見当つくと思うが、これは宮沢賢治の「いーはーとーぶ」をヒントにしただけというか、瞬時にひらめいただけである。押上-曳舟間は東武線支線であるが、東武は「伊勢崎線押上-曳舟間開業」よりも半蔵門線との相互直通運転を強調して、「越谷-渋谷間61分」を主体にPRしていたのである(これは通勤準急、区間準急の所要時間が同じため)。それにイーハー東武は走行できる車両が限定されるため、「東武線支線」ではインパクトに欠けると思ったからである。

「イーハー東武」を入力して、メールを送ったところ、衝撃だったようで、知人らは「半ZONE門線」も使っていた。

余談だが、東武線全区間(浅草・押上-伊勢崎間)を走破した車両は、30000系だけである。デビュー時は準急として、浅草-伊勢崎間を運行していた日もあったからだ。2006年3月18日(土曜日)のダイヤ改正で、太田-伊勢崎間は800系・850系によるワンマン運転となったので、30000系が再び伊勢崎へ足を向ける日は、当分なさそうだ。

★備考

①岸田法眼のRailway Blog.「イーハー東武誕生&半蔵門線延伸」はこちらにクリック!!

②岸田法眼のRailway Blog.「イーハー東武半ZONE門線NOBORU2003」は
こちらにクリック!!

③岸田法眼のRailway Blog.「臨時電車(渋谷から臨時急行)〈フラワーエクスプレス号〉長津田行き2009」はこちらにクリック!!

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-30です(You Tubeはこちらです)。



■2009年5月31日(日曜日)
キャッチコピーチェッカー  

原稿書きの休憩中、ひょんなことから、キャッチコピーを考えてくれる珍サイトを見つけた。「さすらいのライター」は「超速スピードドラゴン」となり、んー、俺は巨人ファンなんだけど…  

次に「Railway Blog.」を入力したら、「未発掘の才能」と出た。んー、どうなんだろう? でも、Railway Blogがなければ、落ちるところまで落ちている可能性は高い。  

私自身は「幸福の確信犯」というフレーズに、んー困ったなぁー。だって、俺は“「負け犬」という名の未婚”なんだから。でも、この年齢になってくると恋愛に失敗することが絶対許されないだけに、“結婚して、離婚しない”という確信が持てない限り、お付き合いできないかもしれない。  

そのほかは下記の通り。

1243669427E38195E38199E38289E38184E381AEE383A9E382A4E382BFE383BC.png

さすらいのライター…超速スピードドラゴン

1243669253E5B2B8E794B0E6B395E79CBC.png

岸田法眼…幸福の確信犯

岸田法眼のRailway Blog. (男バージョン)…怒りのサブカル・マシンガン

岸田法眼のRailway Blog. (女バージョン)…才能ハットトリック

Railway Blog. (男バージョン)…未発掘の才能

Railway Blog. (女バージョン)…利権の申し子

221系新快速リターンズ(男バージョン)…それでも僕はやっていない

221系新快速リターンズ(女バージョン)…幸せの世界地図

暴れん坊583系(男バージョン)…泣く子を黙らせる男

暴れん坊583系(女バージョン)…支持率120%

まだまだ1800系(男バージョン)…天に愛された男

まだまだ1800系(女バージョン)…とりあえずブックマーク

2009年の汽車旅1-1(男バージョン)…どんなことにも全力投球

2009年の汽車旅1-1(女バージョン)…人間社会に紛れ込んだ火星人

2009年の汽車旅1-2(男バージョン)…猛牛

2009年の汽車旅1-2(女バージョン)…人間毒ガス製造機

2009年の汽車旅1-3(男バージョン)…赤い彗星

2009年の汽車旅1-3(女バージョン)…永遠のダイエッター

あぶない刑事…最高級のDNA あぶ刑事…1+1を5にする男  

港署(男バージョン)…魅惑の高濃度フェロモン  

港署(女バージョン)…夢を与える魔法使い

タカとユージ…目立たなくてもがんばります

鷹山敏樹…萌えない闘魂

タカ…ささやきの貴公子

大下勇次…ほとばしるお色気

ユージ…C級マダムハンター

相棒…スーパー・キャッシュマン

特命係…愛の伝道師

杉下右京…マイナスイオンの発信源

暴れん坊将軍…ハードボイルド・ロマンス

徳川吉宗…天性の寝不足顔

徳田新之助…早く生まれすぎた男

ちゅらさん…孤高の戦士

古波蔵恵里…エクアドルの星

上村恵里…時代は後からついてくる

えりぃー…現代社会のオアシス  

太田総理…天界に登ることを許された男

水戸光圀…にんにく将軍

越後の縮緬問屋の隠居 光右衛門…みんなのお気に入り

越後の縮緬問屋の隠居、光右衛門…魅惑のまなざし  

皆様のキャッチコピーはなんですか?

★備考

キャッチコピーチェッカーはこちらにクリック!!

※本日のRailway Blogは
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31です(You Tubeはこちらです)。



◆世界の国旗クイズ第28問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。

それでは第28問目にまいりましょう。これはどこの国旗でしょうか?

世界の国旗クイズ第28問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

答えは観客動員数136萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。

★観客動員数134萬人から135萬人へのあしあと

・2009年5月28日(木曜日)…134萬1000人突破

・2009年5月28日(木曜日)…134萬2000人突破

・2009年5月28日(木曜日)…134萬3000人突破

・2009年5月29日(金曜日)…134萬4000人突破

・2009年5月29日(金曜日)…134萬5000人突破

・2009年5月30日(土曜日)…134萬6000人突破

・2009年5月30日(土曜日)…134萬7000人突破

・2009年5月30日(土曜日)…134萬8000人突破

・2009年5月31日(日曜日)…134萬9000人突破

・2009年5月31日(日曜日)…135萬人突破!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
②私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。

メッセージを送る