So-net無料ブログ作成
事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

メディア年間執筆記録2009 [INFORMATION]

P1360984.JPG

2009年にメディアで執筆した記録一覧です。まだお買い求めでない商品がございましたら、お早めに御購入ください。なお、完売の際は御容赦願います。

◆TRAIN MODELING MANUAL

vol4B.JPG

商品名:TRAIN MODELING MANUAL Vol.4
発行所:ホビージャパン
発売日:2009年5月16日(金曜日)
価格:1,600円(本体1,524円)
雑誌コード:68143-93
ISBN:978-4-89425-876-1
執筆記事:「ブルートレインの歴史(上)」
       「寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァー」

くわしくは、こちらへどうぞ。

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390635a.JPG

商品名:TRAIN MODELING MANUAL Vol.5
発行所:ホビージャパン
発売日:2009年8月21日(金曜日)
価格:1,800円(本体1,714円)
雑誌コード:68144-07
ISBN:978-4-89425-921-8
執筆記事:「ブルートレインの歴史(下)」

くわしくは、こちらへどうぞ。

TRAIN MODELING MANUAL Vol.5 (ホビージャパンMOOK 307)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.5(ホビージャパンMOOK 307)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/08/21
  • メディア: 大型本

◆週刊鉄道データファイル

P1390364a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル278号
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年7月7日(火曜日)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22453-7/21
執筆記事:「国鉄・JRの車両:207系通勤型電車(国鉄)」
       「国鉄・JRの車両:125系近郊型電車」

くわしくは、こちらへどうぞ。


P1390446a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル279号
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年7月14日(火曜日)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22454-7/28
執筆記事:「国鉄・JRの車両:207系通勤型電車(JR西日本)」
備考:編集部のミスにより、執筆者欄に私の名がありません。
      
くわしくは、こちらへどうぞ。


DSC_0459a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル282号
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年8月3日(火曜日)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22453-8/18
執筆記事:「国鉄・JRの車両:7000系通勤型電車」
       「国鉄・JRの車両:6000系近郊型電車」

くわしくは、こちらへどうぞ。


P1390645a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル285号
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年8月25日(火曜日)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22452-9/8
執筆記事:
「国鉄・JRの車両:783系特急型電車:783系リニューアル車(SHEET:04)」
「国鉄・JRの車両:783系特急型電車:783系分割・併合改造車(SHEET:05)」
「国鉄・JRの車両:201系通勤型電車:201系民営化後の改造車(SHEET:09)」
「国鉄・JRの車両:201系通勤型電車:201系『四季彩』(SHEET:10)」

くわしくは、こちらへどうぞ。

P1390656a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル286号
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年9月1日(火曜日)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22453-9/15
執筆記事:
「国鉄・JRの車両:205系通勤型電車:205系3000・3100番代(SHEET:09)」
「国鉄・JRの車両:205系通勤型電車:205系その他の改造車(SHEET:10)」

くわしくは、こちらへどうぞ。

P1390673a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル287号
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年9月8日(火曜日)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22454-9/22
執筆記事:
「国鉄・JRの車両:485系特急型電車:485系ジョイフルトレイン(SHEET:12)」

くわしくは、こちらへどうぞ。

P1390677a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル288号
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年9月15日(火曜日)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22455-9/29
執筆記事:
「国鉄・JRの車両:E351系特急型電車:E351系2次型(SHEET:03)」
「国鉄・JRの車両:E351系特急型電車:E351系1000番代(SHEET:04)」

くわしくは、こちらへどうぞ。

P1390678a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル289号
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年9月18日(金曜日)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22451-10/6
執筆記事:「国鉄・JRの車両:E751系特急型電車」
「国鉄・JRの車両:12系急行型客車:12系ジョイフルトレイン(SHEET:04)」

くわしくは、こちらへどうぞ。

P1390768a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル290号
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年9月29日(火曜日)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22452-10/13
執筆記事:
「国鉄・JRの車両:14系特急型客車:14系ジョイフルトレイン(SHEET:06)」

くわしくは、こちらへどうぞ。

P1390887a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル292号(2009年10月27日号)
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年10月13日(火曜日)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22454-10/27
執筆記事: 「国鉄・JRの車両:719系近郊型電車」
「国鉄・JRの車両:50系一般型客車:50系ジョイフルトレイン(SHEET:04)」

くわしくは、こちらへどうぞ。

P1390928a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル293号(2009年11月3日号)
発売日:2009年10月20日(火曜日)
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン刊行)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22451-11/3
執筆記事:
「国鉄・JRの車両:885系特急型電車:885系『ソニック』用(SHEET:03)」 

くわしくは、こちらへどうぞ。 

P1390959a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル294号(2009年11月10日号)
発売日:2009年10月27日(火曜日)
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン刊行)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22452-11/10
執筆記事:
「国鉄・JRの車両:489系特急型電車:489系改造車・改造編入車(SHEET:05)」 
「国鉄・JRの車両:489系特急型電車:489系カラーバリエーション(SHEET:06)」 

くわしくは、こちらへどうぞ。

P1400031a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル295号
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年11月2日(月曜日)価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22453-11/17
執筆記事:「国鉄・JRの車両:8000系特急型電車」

くわしくは、こちらへどうぞ

P1400105a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル296号
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年11月11日(火曜日)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22454-11/24
執筆記事:
「国鉄・JRの車両:115系近郊型電車:115系改造車・改造編入車(SHEET:08)」

くわしくは、こちらへどうぞ

P1400139a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル297号
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年11月17日(火曜日)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22451-12/1
執筆記事:
「国鉄・JRの車両:700系新幹線電車:700系0番代(SHEET:02)」
「国鉄・JRの車両:700系新幹線電車:700系3000番代(SHEET:03)」
「国鉄・JRの車両:700系新幹線電車:700系7000番代(SHEET:04)」
「国鉄・JRの車両:700系新幹線電車:700系9000番代(SHEET:05)」
「国鉄・JRの車両:457系急行型電車:455・475・457系改造編入車(SHEET:06)」
「国鉄・JRの車両:457系急行型電車:455・475・457系改造車(SHEET:07)」

くわしくは、こちらへどうぞ

P1400156a.JPG

商品名:週刊鉄道データファイル298号
発行所:デアゴスティーニ・ジャパン
発売日:2009年11月24日(火曜日)
価格:560円(本体533円)
雑誌コード:22451-12/8
執筆記事:
「国鉄・JRの車両:183系特急型電車:183系800番代(SHEET:05-A)」
「国鉄・JRの車両:183系特急型電車:183系200番代(SHEET:05-B)」

くわしくは、こちらへどうぞ

◆プレジデント フィフティ・プラス

PRESIDENT_50plus_2010.1.21.jpg

商品名:プレジデント フィフティ・プラス(2010年1月21日号別冊)「鉄道と旅入門」
発行所:プレジデント社
発売日:2009年12月21日(月曜日)
価格:880円(本体838円)
雑誌コード:22756-1/21
執筆記事:「『クモハ』って何?今さら聞けないギモン30」
※国会図書館の検索で「岸田法眼」を入力すると、この記事が表示されます。

くわしくは、こちらへどうぞ
P1360966.JPG

執筆依頼は、お問い合わせフォームを御利用ください



今後とも、旅、鉄道、小説、時事問題をテーマに執筆する、さすらいのライター、岸田をよろしくお願いいたします。

★お知らせ

来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックしてください(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

②本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(それによるコメントは、一切承認しません)。

③一部の表紙画像は、版元の許諾を得ています。無断転載等は厳禁です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(7)  トラックバック(4) 
共通テーマ:ニュース

急行〈南会津〉リターンズ [プラットホーム2009]

2009年8月29日(土曜日)20時過ぎ、東武鉄道伊勢崎線浅草へ。ホームは松屋デパートの3階にあり、昭和と20世紀の香りは健在だ。

いつのまにか5番線に安全柵が設置されており、通勤形電車が発車することはない。ちなみに5番線の線路は4番線も兼ねており、こちらは安全柵が設置されていない。

3・4番線は特急ホームで、ここへ入るのは特急券を提示しなければならないが、北千住に比べると、“警備”はゆるい。ちなみに特急は、指定された席に坐っていない利用客のみ、検札をする決まりになっている。

DSC_0621a.JPG

3番線から特急〈りょうもう43号〉赤城行きが20時10分に発車。このあと、回送が入ってくることになるが、ホームの先にいるレールファンが5人ほど待っている。行き止まりのところでも2人ほどおり、この回送がお目当てなのだ。

DSC_0627a.JPG

20時15分、350系第3編成が到着。2005年2月28日(月曜日)以来となる急行〈南会津〉のヘッドマークを掲げているが、なぜかシールになっている。シールになっているのは、種別が省略されているからだ。駅員の業務放送では、「特急」と言っているので、今回の復活運行は「特急〈南会津〉」と言いたかったのかもしれない。ドアが開くと、多くの人たちはレールファンだと思うが、満足気に降りてゆく。

DSC_0630a.JPG

急行〈南会津〉は、6050系で運行されていた快速急行〈おじか〉を置換えるカタチで、平成3年(1991年)7月21日(土曜日)に誕生。1800系を改造した350系を使用し、浅草-会津田島間、2往復の運行だった。この日は、急行〈しもつけ〉〈きりふり〉〈ゆのさと〉も誕生しているが、特急スペーシア〈けごん〉〈きぬ〉に比べ、地味な存在であった。これは現在も変わらない。

平成11年(1999年)3月16日(火曜日)から、下り1本、上り2本の運行に変更。2003年3月19日(水曜日)からは1往復のみの運行となる。そして、寝台特急〈さくら〉〈あさかぜ〉の最終便が始発駅を出発した2005年2月28日(月曜日)、急行〈南会津〉はひっそりと姿を消した。翌日からは特急スペーシア〈きぬ〉と快速〈AIZUマウントエクスプレス〉の乗り継ぎがスタートし、居住性は急行〈南会津〉よりも大幅に向上している(のちに速達タイプの快速〈AIZU尾瀬エクスプレス〉が加わっている)。  

華々しいスタートを切ったように思える日光線系統の急行だが、2006年3月18日(土曜日)のダイヤ改正で、種別再編に伴い、料金据え置きの特急に格上げ(料金据え置きのため、「午後割」「夜割」の設定はない)。方向幕やヘッドマークはコマ数に余裕があるため、交換することはなく、運がよければ、急行時代の愛称を見ることができる。  

さて、今回は4年ぶりに復活運行をすることになったが、日光線80周年、東武トラベル創業60周年の記念企画で、『懐かしの南会津号ツアー』と銘打っている(募集人数200名。大人12000円、子供9500円)。ツアーは8時39分に浅草を出発し、会津田島へは12時24分に到着。そのあと、別料金(大人2500円、子供2000円)で『会津鉄道オプショナルツアー』があり、60名限定。臨時〈トロッコ会津浪漫号〉で芦ノ牧温泉まで乗車し、鈍行で折り返している。ちなみに会津鉄道のトロッコ車両は2010年1月に現役を退くという。

浅草への復路は会津田島を15時42分に出発しているが、ツアー料金12000円の中に弁当は昼食のみで、夕食はない。おそらく、ツアー参加者は会津田島を一旦下車して、仕入れないとキツそう。

DSC_0635a.JPG

方向幕は東武トラベル主催の団体ツアー扱いのせいか、マッシロ。 ヘッドマークの幕もマッシロで、4号車側ではビニール袋を持った係員が線路へ下りて、シールをはがす。1号車へ行ってみると、シールはまだ残っている。しかし、ヘッドマークは回送に変わっており、〈南会津〉は赤く染まった。まるで『夕焼けニャンニャン』ではなく、“夕焼けの南会津”を連想させる。季節としては冬だろうか。  

DSC_0638c.JPG

ついに、1号車のヘッドマークシールもはがされるときがやって来た。ビニール袋を持った係員が線路へ下りて、カッターナイフを使い、ていねいにはがす。これで“夢の1日”が幕を閉じた。そして、サプライズ。

DSC_0641a.JPG


「売ることはありませんが」  

東武トラベルの添乗員なのか、若手の男性がシールをホームの柱に貼って、1分ほど撮影タイムの大サービス。これには小学生も大喜び。売ることはないにしても、“いい思い出作り”を演出した東武トラベルに感謝。  

DSC_0647a.JPG

20時25分、4番線に特急〈りょうもう45号〉太田行きが入線。200系トップナンバー車で、外観では、200系第7編成以降や250系よりもグレードアップした外幌を取りつけているが、車内に目をこらすと、座席にグリップがついていた。グリップの取りつけはバリアフリー対策の一環なのだろう。

DSC_0649a.JPG

 

20時29分、350系の回送が発車。ほどなくして、2番線に10000系修繕車の各駅停車北千住行きが入線した。ここで10000系修繕車を探検してみよう。  

DSC_0669a.JPG

フェイスは種別幕、方向幕がフルカラーLEDに、前照灯と尾灯にそれぞれチェンジ。スカートもつき、精悍になった。フェイスの方向LEDは白しか発色せず、方向幕のコマに入っていた「回送」「試運転」「臨時」などの表示は、種別のフルカラーLEDに変更されている。側面はもともと種別と行先が1つにしているので、フルカラーLEDである。  

DSC_0654a.JPG

DSC_0657a.JPG

車内は50050系をベースに明るくなった。吊り革は円形から人間工学に優れた三角形、ロングシートは座面のみバケットタイプにそれぞれ変更され、7人掛けの中間にスタンションポールを設置。シートモケットは藤色だが、優先席はエメラルドグリーンとしている。また、車端部のロングシートは4人掛けから3人掛けに変更。一部のドア上には、3色LEDによる情報案内装置を設置して、乗降ドアの開閉時にはチャイムが鳴る。

DSC_0658a.JPG

モハ15600形とモハ12600形の車端部1か所には車椅子スペースを設置。車端部の通り抜け用ドアは30000系と同じものに変えている。ちなみに30000系、1800系通勤形改造車(2007年1月に廃車)、9000系修繕車、50000系軍団では、車内に掲示している車番を数字のみとしているが、10000系修繕車は従来通りである。  

DSC_0667a.JPG

車外はパンタグラフをシングルアーム式に交換。車外スピーカーを設置し、乗降促進ブザーが鳴るようになっている。乗務員室はワンハンドルマスコンに変えてはいないものの、30000系、9000系修繕車、50000系軍団と同様、グレーを基調とした内装に変え、自動放送装置を新設している。印象としては明るくなり、8000系修繕車に比べ、手が込んでいる印象を受ける。  

DSC_0665a.JPG

浅草のホームは窮屈なことで知られるが、2番線もそうだった。1・2番線は通勤形電車しか発着せず、ゆるやかなものとばかり思っていたが、前から1~3両目の一部は、電車とホームのあいだがかなり空いているところがある。  

今後も10000系の修繕が進み、8000系修繕車は徐々に廃車されてゆくが、野田線に配属されているトップナンバー車2種類(6両車と2両車)は、46年たっても、まだまだ健在である。  

300系と350系は、先述したとおり、平成3年(1991年)に1800系の改造により誕生して、18年が経過。1800系自体、生誕40年を迎えていることから、300系と350系の活躍が見られるのは、そう長くないのではないかと思われる。

★備考

今回の動画はこちらにクリック!!

★おまけ

P1300870a.JPG

10000系オリジナル車のフェイス

P1300872a.JPG


10000系オリジナル車の7人掛けロングシート

P1300873a.JPG


10000系オリジナル車の車端部4人掛けロングシート

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

DSC_0459a.JPG

④デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル282号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390635a.JPG

⑤ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.5』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.5 (ホビージャパンMOOK 307)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.5(ホビージャパンMOOK 307)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/08/21
  • メディア: 大型本

P1390645a.JPG

⑥デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル285号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

本日、観客動員数164萬人突破確実記念スペシャル!! さぁー、みんなで『週刊鉄道データファイル285号』を買いに行こう!! [公式執筆記録-私の作品-]

P1390645a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

見本誌の到着が発売後になるため、御連絡が遅れてしまい申し訳ございませんが、2009年8月25日(火曜日)、『週刊鉄道データファイル285号(2009年9月8日号)』が発売されました。

早いうちに本屋さんへ直行してくださいね。また、大きな本屋以外では販売していないかもしれません。本屋さんで予約すると、送料がかからないことが多いので、おトクです。  

気になるお値段は消費税込み560円(本体533円)。毎週火曜日に発売しておりますが、毎回、私が登板するとは限りません。  

私の執筆記事は次の通りです。

◆15ページ
国鉄・JRの車両:783系リニューアル車(SHEET:04)

P1330976.JPG

◆16ページ
国鉄・JRの車両:783系分割・併合改造車(SHEET:05)
 

P1330580a.JPG

「783系特急型電車」はすでに「SHEET:03」まで進んでおり、「SHEET:04」以降は私が執筆しております。デビュー、リニューアル、先頭車化改造、すべてにおいて衝撃を受けた車両ですね。  

なお、ステンレス車体の先頭車化改造は、『料理の鉄人』ではありませんが、「私の記憶が確かならば」、東京急行電鉄(通称、「東急」)が先にやっております。これは「軽量」ではない「第1世代」と呼ばれるほうでございますので、誤解のないよう御注意願います。

御存知の方も多いと思いますが、軽量ステンレス車体は東急車輛で開発され、東急8000系中間車を試作。8090系より本格採用となっております。

◆17ページ
国鉄・JRの車両:201系民営化後の改造車(SHEET:09)

DSC_0803a.JPG

◆18ページ
国鉄・JRの車両:201系「四季彩」(SHEET:10)

DSC_0042a.JPG

「201系通勤型電車」は「SHEET:08」まで進んでおり、「SHEET:09」「SHEET:10」を執筆しております。

201系「四季彩」は入稿して、初校が届いたあと、運行に終止符が打たれる情報が入り、あわてました(すぐに編集部へ連絡を入れました)。本来ならば本文に入れなければならないところですが、割り込む余地がないと判断。メールで「キャプションで入れます」と編集部に連絡したところ、色校で18ページ上段のキャプションを60文字分から、128文字分に増やしていただきました。

なお、Railway Blogでは「201系『四季彩』フォーエヴァー」をお伝えする予定ですが、掲載日は未定です。抱えている原稿を入稿するのが最優先です。
 

DSC_0948a.JPG

余談ですが、九州鉄道記念館に『週刊鉄道データファイル』の特製バインダーが複数あり、コンテンツごとにファイリングされております。すべて目を通したわけではございませんが、「201系通勤型電車」は各SHEETがファイリングされており、いつかは私の執筆記事が収められることになるでしょう。歴史に名を残すわけではございませんが、こういうのは“仕事冥利”というもので、“もっと頑張らなきゃいかん!!”という励みになります。

なお、『週刊鉄道データファイル』の規定により、Railway Blogとは表記が異なる部分がございますので、御了承願います。

雑誌は多くのスタッフの皆様の総力を結集して作られております。御購入いただきますよう、お願い申し上げます。

さぁー、みんなで買いに行こう!!  

なお、完売の際は御容赦ください。また、「nice!」を押される方、コメントやトラックバックをされる方は、お買い求めいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

★今回、御紹介した商品のおさらい

P1390645a.JPG

『週刊鉄道データファイル285号(2009年9月8日号)』
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行)
定価560円(本体533円)

★備考

①デアゴスティーニ・ジャパンホームページはこちらにクリック!!

②『週刊鉄道データファイル』ホームページはこちらにクリック!!

③書泉ホームページは
こちらにクリック!!




来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

DSC_0459a.JPG

④デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル282号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390635a.JPG

⑤ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.5』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.5 (ホビージャパンMOOK 307)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.5(ホビージャパンMOOK 307)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/08/21
  • メディア: 大型本

P1390645a.JPG

⑥デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル285号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

観客動員数162萬人突破記念スペシャル!! さぁー、みんなで『TRAIN MODELING MANUAL Vol.5』を買いに行こう!! [公式執筆記録-私の作品-]

記事数:852|nice!:3,677|総閲覧数:今日:2,322/累計:1,621,381|読者数:38
アクセスランキング:169位
ブログテーマ:旅行(6位/663ブログ中)  

P1390635a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年8月21日(金曜日)で、観客動員数は162萬人を突破しました。どうもありがとうございます。  

2009年8月21日(金曜日)、ホビージャパン刊行、『TRAIN MODELING MANUAL Vol.5』が発売になりました。早いうちに本屋さんへ直行してくださいね。ちなみに東京23区内だと神保町の書泉グランテ、秋葉原の書泉ブックタワー、東京駅八重洲口地下の栄松堂書店だと山積みになっていることが予想されます。また、大きな本屋以外では販売していないかもしれません。本屋さんやセブンイレブンのネットで予約すると、送料がかからないことが多いので、おトクです(セブンイレブン店舗受け取りのネット予約は絶対にかからない)。  

気になるお値段は1800円(内訳は本体1714円プラス消費税5パーセント)。残り少ない夏休みを過ごすには、もってこいの1冊です。ここ数日、夏らしい天気になりましたね。

作って楽しむというコンセプトで、御好評を博している『TRAIN MODELING MANUAL』ですが、今回のVol.5は「特急列車」の特集で、私は連投となりました。 私の執筆記事は次の通りです。

◆35~37ページ
ブルートレインの歴史(下)  


DSC_0614a.JPG

読んで字の如く、ブルートレインの歴史を綴っておりますが、サブタイトルとして、「Legend of “Blue Train”」が35・36ページの左上に刻み込まれております。  

今回も私が撮影した写真を提供しており、全15枚中、9枚(フイルム撮影5枚、デジカメ撮影4枚)が使われております。私が撮っていないのはどれなのかを探してみるのも、読む楽しみの1つになるかもしれません。   

雑誌(ムック)は多くのスタッフの皆様の総力を結集して作られております。皆様の御購入をお待ちしております。

さぁー、みんなで買いに行こう!!  

なお、完売の際は御容赦ください。また、「nice!」を押される方、コメントやトラックバックをされる方は、お買い求めいただきますよう、お願い申し上げます。

◆予告  

2009年8月25日(火曜日)、デアゴスティーニ・ジャパンより、『週刊鉄道データファイル285号』が発売となります。執筆記事は見本誌が届き次第、発表いたします。

★今回、御紹介した商品のおさらい

P1390635a.JPG

『TRAIN MODELING MANUAL Vol.5』(ホビージャパン刊行)
定価1800円(本体1714円)
ISBN:978-4-89425-921-8
雑誌コード:68144-07


TRAIN MODELING MANUAL Vol.5 (ホビージャパンMOOK 307)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.5 (ホビージャパンMOOK 307)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/08/21
  • メディア: 大型本

余談ですが、『TRAIN MODELING MANUAL Vol.5』で、私が撮影したものはすべて、Railway Blogでは使っていません。

★備考

①ホビージャパンホームページはこちらにクリック!!(『TRAIN MODELING MANUAL Vol.5』については、こちらにクリック!!

②書泉ホームページは
こちらにクリック!!

③セブンアンドワイでの御購入は
こちらにクリック!!

④Amazonでの御購入は
こちらにクリック!!

⑤鉄道ブログ『モハよう de キハキハ「恐るべし、岸田法眼さん!&モハようが鉄道ファン7月号に掲載」』は
こちらにクリック!!

⑥鉄道ブログ『モハよう de キハキハ「岸田法眼さんがいよいよ雑誌デビュー!」』は
こちらにクリック!!

⑦鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』「岸田法眼さん執筆の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』」はこちらにクリック!!

⑧星野佳世の all my loving☆「『いわし』『さんま』『青春18切符』」はこちらにクリック!!

⑨岸田法眼のRailway Blog.「観客動員数130萬人突破記念スペシャル!! さぁー、みんなで『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』を買いに行こう!!(寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァーTHE MOVIE)」は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

DSC_0459a.JPG

④デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル282号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

つくばエクスプレス [らりるレビュー]


「TX」

これは2005年8月24日(水曜日)に開幕した、つくばエクスプレスの略称である。  

開幕前から沿線住民の関心は高く、“首都圏最後の通勤路線”として、全国ニュースに取り上げられるほどである。こういうのは“業界カンケイ者”しか興味がないものと思ったが、そうでもないようで、開業からしばらくは“お祭り騒ぎ”と言わんばかりの大フィーバーが続いた。  

私は開幕当日、数日後に乗る都合上、“顔見せ”程度で乗ったが、起点の秋葉原では券売機が大行列となり、係員が駅のハンコを押した白紙の臨時きっぷ(下車駅で精算)を作成するほどの盛況ぶり。また、テロ対策なのか、警備員の数が多かった。  

当初、「常磐新線」という名で、常磐線の北千住に“将来の夢”として、大きな立てカンバンが建っていた。てっきり、JR東日本が常磐線のバイパスとして建設し、電車は2階建てのイエローボディーだったので、そうなるものと思っていたが、実際は首都圏新都市鉄道という会社が建設。また、電車は宇宙人のようなツラをした通勤電車で、2階建て車両は存在せず、ガッカリした。しかし、当初から公約のように掲げられていた130㎞/h運転は実行している。  

常磐線の混雑緩和や鉄道のない、つくば市に敷設することを主目的としており、6両という首都圏では短い編成で走るので、ラッシュ時における“積み残し”が起こらないかどうかが心配だったが、今のところは足りているようである。  

つくばエクスプレスは踏切が1つもなく、すべての駅や車両の設備を共通化することにより、使いやすいのが特長であるが、最大の武器と迷惑なのはトンネルや地下でも携帯電話の電波が圏外でないことである。  

これは車内でもインターネットができるよう、配慮したものだが、トンネルでメールを受信した時はビックリした。メールならまだいいが、地下やトンネル内の通話が増えるものと思われる。いくら、「優先席付近では電源OFF、ほかではマナーモードにして通話は御遠慮下さい」と注意放送を全国的に流しているとはいえ、守る奴なんて誰もいないからだ、車内を通り抜けする時、優先席付近になると携帯電話の電源を切り、それを突破したら再び電源ONにする律儀な客はいないだろう。  

全区間インターネットができることをウリにするのならば、“インターネットカフェ車両”を作って、ほかは携帯電話の電波をシャットアウトするようにしたらどうだろうか。何度も声を大にして言っていることだが、携帯電話の電波をシャットアウトする車両を開発して、苦情の撲滅を目指すべきではないのか。それができなければ、強制的に留守番電話扱いとなる「ドライブモードにして下さい」と注意放送を変えるべきである。  

つくばエクスプレスで、もう1つ理解しにくいのは浅草の存在。東武線、都営浅草線、銀座線の駅とは600メートルも離れており、乗換駅ではない。さいわい、乗り換えの放送を流しておらず、駅の券売機では注意をうながす案内を掲示しているが、ここは「はなやしき前」か「新浅草」にしたほうがよかったのではないか。再考を望む。  さて、開業して6日後の2005年8月30日(火曜日)、私は『つくばエクスプレス開業記念 一日乗車券』を使って、あちこちの駅を利用して、散策した。その目的はゆうちょ(郵便貯金)で、駅から遠かったり、近かったりと様々であった。ちなみに『つくばエクスプレス開業記念 一日乗車券』は開幕前、期間限定で販売していたもので、お値段は500円という破格の安さ。秋葉原-つくば間は1150円なので、かなりおトクである。  

すべての駅を利用したわけではないが、武蔵野線が走っている南流山でも既設道路が舗装し直したことに驚いた。つくばエクスプレス駅の建設により、タクシーやバスの量が増えると見込んで、新装したのであろう。利用した駅のほとんどは舗装し直していたし、マンションやショッピング施設を建設中のところが多かった。5年ぐらいたつと、草っぱの車窓が住宅密集地に変貌してゆくことになるだろう。そうなると、6両ではパンク状態になるかもしれない。  

各駅停車は守谷止まりなので、確実に坐れたが、快速や区間快速になると、つくばへ行くため、途中駅から乗っても坐れる可能性が低いほど盛況。130㎞/h運転は新幹線を思わせるほどの速さを感じ、乗り心地もいい。 

終点つくばに到着しても、盛況ぶりはヒートアップ!! 臨時精算所を設けて、乗り越し等に対応していた。  

地上に出ると、つくばセンターというバスターミナルに直結。路線バスは行列ができているものの、高速バスはガラガラ。この日、首都高速の一部区間で通行止めが発生していたため、ダイヤは大幅に乱れていたが、周囲を見渡すと、今まで鉄道のない地域だとは思えないほど、都会的な雰囲気がある。  

高速バスは東京駅や羽田空港へ向かう便が多く、前者のほうは料金をつくばエクスプレスと同額に値下げして、“顧客”の流出を防いでいる。また、常磐線も2005年7月9日(土曜日)にダイヤ改正をして、こちらも“顧客”の流出を防ごうといささか躍起になっているようだ。つくばエクスプレスの開幕は同業他社にとっては脅威の存在なのだ。  

秋葉原を起点にしている、つくばエクスプレスだが、将来は東京延伸を構想しているという。  しかし、東京延伸には1800億円という巨額の費用が必要だとか。地下を100メートル掘るだけでも1億円以上はかかるのだから、カンタンには決められないことで、地上に建設すれば費用を抑えることは可能だが、ビルがボコボコある現状ではムリだ。  

東京延伸が実現した場合、問題なのはホームが相当、深い位置に作らなければならないことである。これはあちこちの鉄道や地下商店街、水道管やガス管などが存在するためで、都営大江戸線の六本木みたいに“乗り換えに時間がかかり過ぎる”ことになるだろう。それをカバーするには、横浜ランドマークタワーのような高速エレベーターが必要不可欠となる。また、京葉線のように相当歩くほど、位置が離れることのないようにして欲しい。  

一方、JR東日本でも東北本線、高崎線、常磐線を東京に直通させる野望があり、一部区間では東北新幹線の上に重層高架を建設する構想があるという。しかし、神田近辺の商店街や住民は反対している。それに個人的なことだが、このところ、大きな地震が発生しているので、ムリヤリ重層高架を作るより、現状の上野終点でよいのではないかと思う。重層高架が事故や地震などでつぶれれば、下を走る東北新幹線、京浜東北線、山手線などは長期不通という影響を与えるし、復旧費用はバカにならない。それにすべての電車が東京に直通できるわけがないのだから、現状で充分だろう。東京直通は“新幹線利用客へのサービス”というふうに位置づけたほうがいいと思う(常磐線は除く)。

つくばエクスプレスの開幕により、既存の路線はおそらく利用客が減少して、通勤ラッシュは多少ラクになったのではないだろうか。鉄道会社にとっては収入が減るワケで、頭が痛いだろうが、“競合かつ協調”で、それぞれがいい方向に発展すればいいと思う。  

例えば、つくばセンターから土浦駅へ向かう路線バスがあるので、行きと帰りで違った車窓を楽しむのもいいし、水戸方面へ向かう途中、つくばエクスプレスで“寄り道”をして、土浦から常磐線に乗るのもいいだろう。但し、おカネと時間に余裕がある方に限るが……

★備考

①今回の記事は2005年9月に執筆したもので、一部、加筆・修正しております。

②東京駅-つくばバスセンター間の高速バスは、つくばエクスプレスの影響を受け、2階建てバスの運行をやめているものの、一部の便は筑波大学まで行くため、路線は存続している。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

DSC_0459a.JPG

④デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル282号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プロ野球2005 [らりるレビュー]

NEC_0009(プロ野球2005).JPG

「改革元年」  

2005年のプロ野球はこう呼ばれている。  

2004年はオリックスブルーウェーブと大阪近鉄バファローズの合併問題が発端で、新規参入の話し合いがこじれ、史上初のストライキを敢行するなど、大いにクローズアップされた。その結果、プロ野球12球団は維持され、東北楽天ゴールデンイーグルスが誕生。また、メジャーリーグでも開催している交流戦が日本でも開催。さらに萩本欽一監督ひきいる“欽ちゃん球団”こと、茨城ゴールデンゴールズというクラブチームの誕生や、プロ野球選手を目指す登竜門のような四国アイランドリーグが発足するなど、2005年はプロでもアマチュアでも野球の話題は満載である。  

東北楽天ゴールデンイーグルスは開幕第2戦(相手は千葉ロッテマリーンズ)で、26失点の完封負けをしてから、歯車が狂って最下位を驀進し、サッカーのほうも新しく迎えた監督を2人続けて解任するなど、“「勝利」という名の好景気”に恵まれていない。  

サッカーは成績が悪いと、どこもかしこも監督を解任する習性があるのは残念でならない。J1という日本プロサッカーの最高峰で、15位と最下位になってしまうと、自動的にJ2という“次点リーグ”に転落することを恐れているからだろうが、長い目で見てもらいたい。なんせ、Jリーグの監督はライセンスがないと、なれない決まりになっているのだから。  

2005年は低反発球により、チーム打率が落ちているせいか、不調の巨人はキャンプからファンサービス向上のため、いろいろと改革を打ち出しているが、一部の日曜日の試合を17時開始に改めたのは疑問だ。そんな時間にやるぐらいなら、デーゲームでいいのではないか。ここ数年の巨人を見ると、主催ゲームはナイターばっかりで、新鮮味がない。せめて、開幕戦は土曜日のデーゲームでお願いしたいものである。東京ドームの屋根は白く、晴天の昼間は球場の雰囲気が違うからである。  

相変わらずと言っていいが、調子があがらないと必ずと言っていいほど、外国人選手を獲得しているも、今までそれが起爆剤となって優勝したシーズンはほとんどない。何度同じ失敗をしたら、気が済むのだろう? また、現在のスターティングメンバーのままだと3年持つとは考えづらい。かつての“熊工コンビ(井上真二と緒方孝一)”みたいにフレッシュな起爆剤の台頭を願う。あと、歴代の巨人の正捕手は青いキャッチャーミットを使っているので、阿部捕手も常時使って欲しい(日によって、キャッチャーミットの色が異なる)。なぜならば、青いキャッチャーミットはストライクが入りやすいからである。

プロ野球改革の目玉はセリーグとパリーグが激突する交流戦で、私は悲観的な考えを3つもっていた。  

1つ目はオープン戦で対戦しているのに、“なんで今さら”ということ。2つ目は日本シリーズやオールスターの興味を半減させるのではないかということ。3つ目は1リーグ制案の再浮上だったが、時間の経過と共に、その不安は打ち消されていった。  

共同通信社によると、2005年6月18・19日(土・日曜日)、全国電話世論調査を実施。プロ野球交流戦について、63.9%が「面白いと思った」と回答したという。私も後半あたりから、面白いと思った。なんせ、直接対決をしていないのにリーグの順位が変わるのだから。また、普段は巨人戦を中継しないテレビ東京が3試合放送するなど、新鮮だった。そして、あることに気づいた。  

それはテレビ局が「ナイター中継」という言葉を使っていないことである。どうやら、死語になっているようだ。  

日本テレビは『一球の緊張感THE LIVE 2005』、TBSは『野球烈闘』、フジテレビは『BASEBALL L!VE 2005』、テレビ朝日は『SUPER BASEBALL プロ野球完全燃焼主義』、NHKは『NHKプロ野球』、テレビ東京は『全力闘球2005』と「ナイター」の文字は1つもない。一方、ラジオはニッポン放送だと『ショウアップナイター』、ラジオ日本だと『ジャイアンツナイター』と案内しており、こちらは健在だ。  野球中継は各局とも様々だが、日本テレビとTBSはコンピュターグラフィックを使いまくっている印象を受ける。実際に球場に足を運んだら、ガッカリする人が多いのではないかと懸念する(つまり錯覚)。両局は“21世紀の野球中継のスタイル”をアピールしているのだろう。  

日本テレビだと実況アナウンサーはファンと一体となって、スタジアムの興奮をお茶の間に届けているが、失礼ながらTBSの野球中継は音声をニッポン放送で聴いている。  

ところが、おかしなことに生中継でありながら、TBSは1秒遅いのである。  

映像ではキャッチャーミットがボールに収まる前に、ラジオではストライクかボールの判定、あるいは打者が打っているのである。試合終了後のヒーローインタビューではテレビの音声もつけているが、1秒遅いから、“やまびこ状態”になっており、皆様もTBSの“トリビア中継”を味わってみてはいかがだろうか。  

TBSで理解できないのは、横浜ベイスターズという球団を所有しているにもかかわらず、中継は相変わらず巨人戦主体であること。特にラジオは“巨人主義”なので、横浜ベイスターズを追いかけまわし、新しいファンの開拓をはかったほうがいいのではないか。ちなみに以前、取り上げた「プロ野球2004Ⅱ」で、横浜ベイスターズの2軍、湘南シーレックスは2005年からウエスタンリーグにまわることを予想していたが、現在もイースタンリーグである。つまり、イースタン7球団、ウエスタンリーグ5球団でチームの優勝及び、1軍昇格を目指し、戦っている。  

フジテレビとテレビ朝日は解説者を多く起用し、いたるところにバラまき、多角的に中継しているのが特長だ。フジテレビは冷静に中継しているのに対し、テレビ朝日は熱血中継と対照的だが、グラウンドの興奮を高めている。ちなみにテレビ朝日は日本テレビ以外の民放では初めて、東京ドーム巨人戦(日本ハムとの交流戦)を中継した。すごく新鮮味があって、面白かった。今後も中継があることを願っている。  

なお、テレビ朝日といえども、甲子園球場の中継は申し訳ないが、音声はニッポン放送で聴いている。  

テレビ東京は巨人の交流戦を3試合中継。ここの局らしく、オーソドックスなつくりだったが、かえって新鮮だった。特にサッカーの無観客試合が行なわれた日のロッテ戦、19時台は子供向けの番組があって、それを優先し、中継を20時スタートとしたのは勇気のいる決断だっただろう。“大人の都合”を理由に番組を休止させては子供たちも納得しないはず(私が子供のころ、野球嫌いだったため、そうだった)。ちなみに翌日の中継は19時からで、“ポケモン”は放送休止だったが、これも難しい決断だったのでは?  

テレビ東京の中継で印象に残ったのは、放送する試合数が少なく、“必要最小限”というせいか、解説者が同じ顔ぶれだったことである。私は“解説者も視聴者の1人”という目でとらえている。つまり、常時見ているから、巨人だけに限定されるが、調子のイイ悪いがわかるからで、解説しやすいのであろう。  

NHKは土曜日に中継することが多く、18時10分から放送を開始するのはいいとして、なんで18時45分から19時30分まで、ニュースで中断されるのかが大いなる不満だ。そんにやりたければ、中継終了後、30分間のニュース番組を作ればよい。また、声を大にして言っているが、ニュースの延長みたいな実況が気に食わず、いつもラジオの音声で楽しんでいる。大相撲中継のアナウンサーがプロ野球の実況をしたら、盛り上がるような気がする(大相撲イズムをプロ野球に取り入れてくれればね)。  

2005年は千葉ロッテマリーンズが大旋風を巻き起こし、パリーグはきっと盛り上がっているはずだ。巨人戦では“「背番号26」という名の応援団”がウサギのようにピョンピョンはねる姿や、元チームメイトのシコースキー投手がマウンドにあがると温かい歓声を贈るなど、印象に残った。個人的に2005年のパリーグはぜひとも千葉ロッテマリーンズに優勝してもらい、日本一の栄冠に輝いて欲しいと思う。  

さて、2005年9月14日(水曜日)、明治神宮野球場(次からは「神宮球場」と記す)の最寄り駅、銀座線外苑前へ。駅ナンバリングは「G-03」で、“ミスターステーション”と言いたくなるが、観戦したのは巨人戦ではなく、広島東洋カープ戦である。  

外苑前で下車するのは初めてで、いきなり道を間違えるヘマをしてしまったが、18時30分頃に到着。  

驚いたことに東京ドームとは違い、手荷物検査がなく、スンナリ入れたこと。売店に立ち食いそば屋があったことで、都会ながらも“庶民的”な感じ。さすがは学生野球の聖地である。
 

NEC_0002(プロ野球2005).JPG

すでに広島は1点先制していたが、1回ウラ、ヤクルト真中選手が同点タイムリー安打のあと、城石選手が打席に舘、いや、立ち、広島先発デイビー投手が投げて、打った時、ファールボールは私が坐る1塁側に急接近!! 目の前には白球がハッキリ見えた!! 私は中学2年の秋、球技大会のソフトボールで、右打席(2年後、左打ちに転向)に立ったとき、気がついたら大きなボールがぐわーんと近づいて、見事な死球で出塁したら、大逆転サヨナラ勝ちという結末を思い出したが、今回はさすがによけた。  

ファールボールは私の席を通過したあと、うしろの空席に直撃!! 九死に一生をえた。  

その直後、ファールボールは私の座席下へコロコロリン。“俺がもらうんだ!!”と躍起になり、GET!! さいわい、“ライバル”は誰もいなかった。

「大丈夫ですか?」  

と球場係員があわてて私のもとへ駆けつけたが、ケガはしておらず、無傷。ファールボールは肌身離さず!!  

余談だが、チケットのウラにはケガした場合、応急処置はするものの、あとのことは自己負担になるとか。また、明記していないが、カメラ等が壊れても、球場側は弁償しないので、御注意あれ(よけたのは最初からわかっていたからだ)。

初めての神宮球場は驚きの連続で、イニングの合間に係員がゴミ収集に訪れ、ヤクルトの選手は相手チームが3アウトChangeになると、ボールを1塁側の観客席に投げて贈呈するなど、選手・係員共にサービスがよく、“巨人も見習って欲しいな”と思う。  

6回表無死1塁で広島2番山崎選手がバントをせず、凡退した時点で、ヤクルトの勝ちを確信。そのウラ、ヤクルトは追加点をあげ、9回表に広島の新井選手が抑えの石井投手から40号本塁打をはなつも、万事休す。ヤクルトの圧勝で、ニッポン放送のアナウンサーが館山投手にヒーローインタビュー。  

今回、初めて巨人戦じゃない試合を観戦したが、これは誘い主が新聞の懸賞に当たり、私に“白羽の矢”をたてたからである。私がG党であることを知っているにもかかわらず、誘うとはずいぶん度胸のある方だと思うが、神宮球場に行ったことがないことやタダで見られるのが引き受けた大きな理由。ちなみに巨人戦とは違い、客観的に見ることができるので、ストレスは感じなかった。


「ファールボール取ったんだって?」

翌日(2005年9月15日)、誘い主の知り合いが私に声をかけ、ビックリした。ちなみにそのボールは大切に保管し、誘い主夫妻とその知り合いと共に2006年4月7日(木曜日)、東京ドームで行なわれた、北海道日本ハムファイターズ VS 福岡ソフトバンクホークスの内野自由席で見せた。小さいビニール袋に入れたままだったが、初めてプロ野球公式球を見る同僚と誘い主夫人は興味津々だった。

★備考

①今回の記事は2005年7月に執筆したもので、一部、加筆・修正しております。

②巨人の17時試合開始のナイターは2005年のみの施策だった。

③2005年は千葉ロッテマリーンズが日本一になった。

④岸田法眼のRailway Blog.「プロ野球2004Ⅱ」は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

DSC_0459a.JPG

④デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル282号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

女性 [らりるレビュー]

P1380170a.JPG

「女性専用車」  

2005年5月9日(月曜日)、関東地方の鉄道数社は、朝ラッシュ時に導入した。これは国土交通省が2005年3月に設置した『女性等に配慮した車両の導入促進に関する協議会』で、鉄道各社に検討を指示していたためである。近年は痴漢事件が増加しており、その対策として、踏み切ったようである。

女性専用車というのは、今に始まったことではなく、十数年前から夜汽車や夜行バスに設置されており、1両すべて、あるいは一部のスペースに設けている“ささやかな設備”で、気に留めなかった。ところが、2001年3月から通勤電車としては初めて、京王電鉄の終電近くの時間帯に導入。その後、JR東日本埼京線にも終電近くの時間帯に導入され、2002年から関西に飛び火。関西では女性専用車の導入が爆発的に進み、朝夕ラッシュ時の2段階導入や平日終日制に加え、その車両だけド派手な車体カラーにして、容易に識別できるところがあるなど、尋常ではない。  

関東地方は最後部に設定(一部、先頭車や中間車にある)。これは車掌が“監視役”として見張ることができるからと考えられるが、関西地方は中間の車両に設けている。これは“改札口に近い階段等に電車が停まるから”という利便性を重視したものと考えられる。ちなみにどちらとも、小学生以下や身障者なら、男性でも女性専用車に乗ることができる。また、女性専用車の拡大にともない、関東地方では痴漢逮捕協力者にも遅延証明書を発行するという。

実際に痴漢事件の現場に何度か遭遇したことがあるけど、ヤルほうも悪いが、ヤラれるほうにも問題があるのではないだろうか。  

それは昔に比べ、派手な格好をして、露出が目立つ服装をした女性が増加しているからだ。これでは「ヤッてください」と誘発させているようなもので、痴漢増加の原因だろう。また、服装が地味な女性も痴漢の被害にあうという。これは“抵抗しないだろう”と男の身勝手な想像かつ妄想で手を出すらしい。

痴漢の問題点としてあげられるのは、女性は“思い込み”で痴漢をしていない男性に詰めより、駆けつけた警察官は逮捕。しかし、裁判では証拠不十分で無罪となり、“「誤認逮捕」という名の冤罪”というケースがあることだ。これは、痴漢は現行犯逮捕というのが原則のようで、物的証拠になると“盗撮”になってしまう可能性があるため、状況証拠しか頼れない。証人がいない限り、今後も冤罪を招く可能性はあるだろう。  

街を歩くと、ファッション雑誌さながらのブランドモノを着る女性もいるが、私が見る限り、似合っていないのがほとんどだ。  

なぜならば、ファッション雑誌の表紙を飾る有名人の大半は品格が身についているから、なにを着ても似合うのであり、また、服装はすべてスタイリストなどが用意したもので、本人の私服ではない。ちなみにブーツは納豆以上の臭気があり、水虫の原因にもなるので、やめたほうがいい。  

個人的にこういう“飾った女性”は好みのタイプではなく、“飾らずに私は私のままで”といった、謙虚でカネをかけなさそうな感じのほうに好感が持てる。ちなみに結婚式等は“お呼ばれメイク”とか“お呼ばれドレス”でオシャレしなければならず、通常の日よりチークをたっぷり塗っておかないと浮いた存在になってしまうらしい。塗り過ぎも浮いた存在になるので、その加減が難しいところだろう。  

女性専用車は好意的な意見が多いものの、私は反対だ。男をバカにしているという印象を受けることもあるが、日本国憲法では「人は法のもとにおいて平等である」ことに反している。昔は“男尊女卑”という世の中だったが、今では男女平等ではなく、女性が優遇されている。  

1番の例が劇場(「映画館」のこと)の毎週水曜日(一部の劇場は異なるらしい)で、「レディースデー」と銘打ち、当日料金1000円で鑑賞できる。男が当日料金1000円で鑑賞できるのはシニア料金と『釣りバカ日誌』シリーズだけ(すべて男女共通)。また、一部のインターネットカフェでは女性のみ100円で利用できる。しかし、夜遅い時間帯に幼児を連れてゆく母親もおり、好ましいサービスとは言えず、客を選ぶべきだろう。  

話は変わり、女性といえば出産だが、出生率は年々減少し、過去最低記録を毎年更新中の状況だ。「晩婚化」と言われ続けられているが、近年はアルバイトやニート(働く意志がない大人)という身分の人間が男女問わず多いという指摘もある。多くの企業がパソコンの導入やリストラを進めたから、こんなふうになっているのだろう。また、以前にも述べたが、アルバイトを社員に昇格させない企業が多いことも要因だ。  

それと晩婚化や出生率の低下のもう1つとして挙げられるのは、女性は好きな男性に熱い想いを打ち明けず、告白されるのを待っていることである。  

昔から男性が告白するのが当たり前みたいな風習になっているようで、女性が正々堂々と打ち明けることができるのは、バレンタインデーというありさまだ。  

これは一般論だが、好きな男性に気づいて欲しいことをアピールするため、ズボンをめったにはかないスカートに変えたり、髪形をちょっと変えてみたり、じーっと見つめていたり、ムリヤリ笑顔をつくったり、今まで見たことのない嬉しそうな“まぶしい笑顔”を振りまいて、引き寄せようとしたり、積極的にアイサツして声をかけたり、夏だとサンダルをはいて、わざと靴音を高くして自分の存在を訴えようとしていることが多い。  

もし、男性がそう気づいたとしても、なかなか言えるものではないだろう。考えられる理由は次の通り。  

1つ目は“自分の思い過ごしではないか?”と自信が持てず、確信して問いただすことができない。2つ目は“変わった奴”とか“ストーカー”というふうにしか思えない。3つ目は“好かれている”のはわかっていても、好みのタイプではないから、手を出す気はない。  

好きな異性に自分の素直な気持ちを打ち明けないことには、相手も対応のしようがない。女性はただ待って、下手なアクションを起こすよりも勇気を出して、打ち明けてみてはどうだろうか。男も勇気を出して、打ち明けているのだから。  

1つ言えるのは、好きな人の年齢が離れている場合、自然体で迷いもなく、「変わらないじゃないですか」と言われたら、“おそらく、愛されている”と察知したほうがいいだろう。  

私は年齢差が離れているほど気にするほうで、物事の考えがピタリと合ってないと、“ウマくやっていけないのではないか?”と不安になる。もし、年下の女の子に愛されていたら、「俺を若くしてくれよ!!」と言うのかもしれない。

★備考

今回の記事は2005年6月に執筆したもので、一部、加筆・修正しております。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

DSC_0459a.JPG

④デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル282号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

戦後64年 [らりるレビュー]

P1340472.JPG

「憲法第9条を守りましょう!!」  

これは日本共産党が神保町交差点で、とある男性議員が訴えていた言葉である。 

日本共産党は神保町交差点がお好きなようで、やらない週もあるが、毎週金曜日の昼休み、熱心な演説をして、しんぶん赤旗を無料配布している。しかし、道ゆく人々は聞く耳持たず、通過してゆく。社会人らは腹ペコであることや、政治に興味がないのだろう。  

憲法第9条は「戦争の放棄」であるが、自衛隊のイラク派遣で政治家たちは揺らいでいる。異国で生活して、命がけの仕事をしているのだから、親族や友人の気苦労は相当なものだろう。  

個人的な見解だが、自衛隊は武装し、戦車も所有しているので、“いつでも戦争に参加できる態勢”がある印象を受ける。さいわい、日本の場合は憲法第22条「職業選択の自由」があるので、強制入所されることはないが、ある国では男性がある年齢に達すると、徴兵を受けて、2年間はそこで鍛えなければならない法律が存在する。日本の男はしあわせである。  

憲法第9条の存在があやうい理由として、私が挙げたいのは“平和意識”が低下しているのではないかと思う。  

昔に比べると、今の世の中は便利になり過ぎている。インターネットで情報はカンタンに手に入り、親の甘やかしで自分のカネで買えないはずの携帯電話を持つ未成年者があとを絶たない。その結果、ハングリー精神が失われ、「平和」が当たり前になっているから、そんな意識は最初から頭にないのではないかと思うからだ。また、“死ぬまで倒す”といったテレビゲームのバトル系も助長している。

昭和20年(1945年)8月15日(水曜日)、昭和天皇がラジオで終戦(日本の敗北宣言)を告げてから、2005年で60年の月日が流れる。毎年、8月になると戦争に関するドキュメンタリー番組やドラマを放送。高校野球の甲子園大会は8月15日の正午にサイレンを流し、1分間の黙祷で、戦没者の御冥福を祈っている。  

それから3年後の昭和23年(1948年)、日本国憲法を定め、憲法第9条「戦争の放棄」を制定。以来、外国では戦争が起こっても、日本はいっさい手を出さず、平和主義を一意専心で貫いている。ちなみに現在の和暦、「平成」は“世界中の平和が達成できますように”という願いが込められている。  戦争の特別番組で気になるのはくりかえし、同じフイルムを再生しているため、擦り切れて、見られなくなるのではないかということである。今後も同じことを放送するのなら、DVDにダビングして、いつまでも色あせずに平和と命の尊さを訴えて欲しいが、果たして、特別番組で平和の願いは今も若者に伝わるのだろうか?  

私は小学6年生の時、修学旅行で広島へ行き、被爆した老練の男性の話を耳にした。いわゆる講演というものだが、迫真の体験談にみんなは凍りついていた。平和記念講演にある博物館では曲がった爪が痛々しく展示していた。  

この当時、遠出なんてすることはなかったため、見るものすべてが新鮮で、もの珍しかった。貸し切りの路面電車に乗って、フェリーで宮島に渡り、みんな楽しい思いをしたため、「平和」に対する意識は刻み込まれていなかったような気がする。  

それから3年たった中学3年生の時、私はある2人の教師に出会った。  

1人は30代なかばの女性教師で、私の担任だった。広島出身で、戦後生まれなのに、親御さんが被爆したため、被爆手帳を持っているという。当時の教室の情景は忘れたが、言葉は覚えている。  

もう1人は30歳の男性教師で、私の副担任だった。長崎出身で、そのあとは先ほども記した通りだが、衝撃的だった。  

まさか中学校というところで、“戦争”を肌で感じるとは想像もしていなかった。いずれの教師も平和に対する思いは、私より上である。  

そして、私が“平和意識”を完全に植えつけたのは以前にも述べたが、平成5年(1993年)12月25日(土曜日)に逸見政孝さんがどこかへ旅立ってしまった時で、“戦争をくりかえしてはならない”という意味が初めてわかった。そして、私は平和意識を完全に植えつけたのだ。  

私はこう言いたい。

「ガンとエイズと戦争は絶対に撲滅しなければならない。そして、煙草と核兵器は絶滅させなければならない」  

2001年10月、再び広島の地に足を踏み入れ、修学旅行以来、原爆ドームを見た。あの当時と情景は変わらなかったが、身が引き締まる思いがした。そして、2002年8月に再訪した時には平和記念公園の地下に『国立広島原爆死没者平和祈念館』がオープンしていた。  

入場無料ということで、入ってみると、ハイテクを駆使したところだった。入口にあるパンフレットを差し込めば、被災者の証言がVTRで昨日の出来事のように平和への思い、原爆の恐ろしさを語っていた。“2度とこんな経験をしたくない”という思いが伝わってくる。あれだけのハイテクを駆使して、入場無料というのも、これからの若い世代に“平和意識”を持って欲しいというメッセージなのだ。  

この時、私は“大人になれば感性が変わってくるのかな?”と思い、帰京した。できれば、式典に立ち会いたかったが、日程の都合で行けなかったのは残念で、いつかはその場にいたい。そして、多くの若者に勧めたい。  これから何年もたつと、戦争を経験した人々は天に召されることになり、“平和意識”の欠如が増えていくのではないかと懸念する。今、戦争を経験していない我々としては自分から平和を学ぶことが大切になってゆく。図書館で調べ、特別番組を録画して、永久保存をするのもいいだろう。  

私としては、実際に現地へ足を運んで、肌で感じたほうがいいのではないかと思う。広島や長崎の平和記念公園、琉球の糸満にある平和祈念公園で、命の尊さや平和のありがたみを実感したほうがいい。  

さて、この時期になると、なにかと話題になるのは総理大臣の靖国神社参拝である。  

総理大臣が参拝をすると、中国や韓国などから批判の声があがっており、日本でも賛否両論だ。

私は賛成も反対もしないが、1番の疑問はなぜ、神社の参拝をいちいち報道しなければならないのかである。また、平和祈願の目的なら、靖国神社にこだわる必要はない。どこでもできるはず。  

靖国神社奉納大相撲を行なうほど、由緒ある靖国神社で平和祈願の参拝をして、本当に全世界が平和になり、しあわせに暮らせる確証があるならば、その意味はわかるが、そうでないのなら、よその神社や日本中にある「平和」の名のついた公園で、祈願するべきだと思う。  

余談だが、靖国神社には『遊就館』があり、実際に使用された兵器や蒸気機関車などを展示している。入場無料ゾーンと有料ゾーンがあり、展示物を見ていると、ものすごく痛々しく、“戦争は2度と起こしてはならない”ことを改めて実感した。

★備考

①今回の記事は2005年8月に執筆したもので、一部、タイトルと本文を加筆・修正しております。

②岸田法眼のRailway Blog.「日本国憲法第9条」は
こちらにクリック!!
 
③岸田法眼のRailway Blog.「12月25日」は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

DSC_0459a.JPG

④デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル282号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

踏切 [らりるレビュー]



「いつか事故が起きると思っていた」  

2005年3月15日(水曜日)16時50分頃、東武鉄道伊勢崎線(通称、「東武線」)竹ノ塚付近の手動式踏切で、遮断機を上げた直後に準急浅草行きが通過し、4人がはねられ、2人が死亡する事故が発生した。  

竹ノ塚というところは築30年以上のマンションが多い団地で、駅の利用客数も多く、東武線は北千住-北越谷間を複々線にして、多くの乗客を運んでいる。  

事故の原因は踏切保安係(当時52歳)が安全確認を怠ったとされ、翌日には逮捕。さらに東武鉄道本社も捜査のメスが入り、多くの踏切係員は、マニュアルを怠っていたことが浮き彫りとなった。踏切は列車の乗務員や乗客、渡ろうとしている人々、双方の命を守らなければならない使命があるだけに、基本的なことが欠如していたことは残念でならない。そして、車内では、車掌が「深くお詫びいたします」と言う放送をひんぱんに流し、駅でもポスターサイズの紙にお詫びの文書を掲示した。  

竹ノ塚付近には踏切が2か所あり、いずれも手動式。人や車両の横断は多く、事故翌日からは係員を1人増員して、安全対策を強化しているものの、なぜ踏切は手動式なのだろうか? 人が多いところならば、一般的な自動式にするべきではなかったのか?
DSC_0311(次は中延)a.JPG


踏切は自動式が一般的だが、中には遮断機がなく、警報機さえも存在しないところがあるなど、規格は統一されておらず、安全対策は万全とは言えない。また、都会の踏切は“開かずの踏切”と言われており、高架化や地下化を求める声も多いと聞く。  

東武線の複々線で踏切があるのは竹ノ塚付近の2か所だけで、高架化されていない。これは近辺に各駅停車の折り返し設備や他社の東京メトロ日比谷線の車両基地があるからで、今さらそういう要望が出たとしても建設できるスペースがないため、踏切の自動化が求められるだろう。  

実は竹ノ塚近辺で事故が起こる可能性があるとにらんでいた。踏切事故ではなく、日比谷線の車両基地から本線の進入や、その逆も“綱渡り”をしなければならず、下り電車(越谷・春日部方面)に衝突するのではないかと懸念していた。  

私の沿線も踏切があり、間近に立って電車が通過すると、恐怖を感じる。人が遮断機のすぐ近くにいても、飛び出さない限り、急ブレーキをかけることはない。もし、新幹線に踏切があったら、待っているだけでも飛ばされそうな感じだ。  

今回の事故は「事件」と言っても過言ではなく、踏切の安全性が問われてゆくことになった。安全対策の強化はもちろんのこと、まずは踏切の規格を統一すべきだろう。例えば、山形新幹線などでは一部の踏切を廃止し、遠くからでも見えるよう、高い位置に点滅ランプを設置して、事故防止に努めているという。しかし、1番大事なことはドライバーや歩行者がイラつかず、気長に列車の通過を見届けてから渡ることや警報機が鳴ったら、すみやかに渡らないなど、“基本に忠実”であるべきだろう。

最後にお詫び放送を流すのはいいが、ひんぱんにやっていると、携帯電話マナーのような“定型文放送”となってしまい、心がこもっていないような言い方がする時もある。心から詫びるならば、1日限りで充分だろう。

★備考

①今回の記事は2005年4月に執筆したもので、一部、加筆・修正しております。

②その後、竹ノ塚の踏切は自動式に変わったものの、踏切係員は引き続き常駐。また、エレベーターつきの歩道橋を設置して、安全の確保に努めている。

③岸田法眼のRailway Blog.「元旦終夜運転2008-1」は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

DSC_0459a.JPG

④デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル282号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

熱い夏の戦いと残念な出来事 観客動員数159萬人突破!! [汽車旅2009番外編]

2009年8月11日(火曜日)5時07分、静岡県の一部地域で震度6弱の大地震が発生しました。被災された皆様、謹んでお見舞い申し上げます。

記事数:846|nice!:3,644|総閲覧数:今日:2,848/累計:1,591,203|読者数:37
アクセスランキング:160位
ブログテーマ:旅行(6位/634ブログ中)

DSC_0139a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年8月11日(火曜日)で、観客動員数は159萬人を突破しました。どうもありがとうございます。


◆ここまでの2009年の汽車旅2シリーズ

・2009年の汽車旅2-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-05  

・2009年の汽車旅2-2(JR西日本キハ127系、キハ122系試乗)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19

※「2009年の汽車旅2-3」以降は、掲載のメドがたっておりません。

◆麻生太郎首相 in 市川



この電車は快速〈エアポート成田〉[飛行機]成田空港行き
次は新小岩

P1390493a.JPG



ただいま市川

2009年8月11日(火曜日)18時07分、JR東日本総武本線市川へ。この日、各駅停車は西千葉-千葉間で線路点検により、運転見合わせである。快速も蘇我方面の乗り入れを中止し、千葉折り返しが多い。

快速〈エアポート成田〉成田空港行きで市川へ乗り込んだが、E217系は209系500番代やE231系通勤形タイプと同様、自動放送装置を取りつけていた。首都圏の鉄道は自動放送が必須アイテムと化している。

P1390501a.JPG

市川で下車するのは初めてで、すでに自由民主党(通称、「自民党」)の街頭演説が始まっている。マツケンじゃなかった、“ソノケン”こと、そのうら健太郎という男性だった。おそらく、出馬するのだろう。ちなみに千葉県市川市は左(上)から読んでも、右(下)から読んでも「市川市」である。

P1390506a.JPG

18時28分、麻生太郎首相が登場。歓声があがる。




麻生首相があがり、まず自民党混乱のお詫び。解散総選挙をすぐにしなかった理由を話したが、一時、小雨もパラパラ。



自民党の混乱は麻生氏が首相になる前から起こっており、本人はその荒波を食い止めることができなかった。麻生首相は定額給付金、高速道路ETC休日1000円均一(一部を除く)など、国民の生活に“いっときのうるおい”を与えたことは間違いないだろう。そして、元関脇高見山の東関親方が定年を迎えた日には、アメリカのバラク・オバマ大統領ともども、メッセージを送っている。

エコポイントは家電、エコカー減税はクルマを地球環境に優しいものに買い換える、あるいは純粋に買うことで与えられるものだ。エコポイントは当初、「還元」をどうするかが決まらないままのぶっつけ本番スタートだった。

麻生首相は定額給付金、エコポイント、エコカー減税に相当な自信を持っており、民主党政策を批判。麻生首相は「ニッポンを守るのは自民党!!」と確信している様子。最後に司会者が庶民に激励のお願いをする。



「頑張ろう!!」

「オーッ!!」

すると一部の有権者からは国旗を振った。あのCMに例えると、「ファイトーッ!!」「イッパァーツ!!」だろう。  

そのあと、選挙カーを下りて、庶民と握手。麻生首相に握手をしたいとラッシュの電車のような状況となり、私はしそこねてしまった。しかし、時間がたつと今度は、そのうら健太郎氏が現れ、この人とは握手をした。また、子供に優しい一面を見せた。  

P1390526a.JPG

麻生首相はこの日、千葉県内を遊説し、自民党政権が必要であることを訴えた。吉田茂元首相の孫という立場にある麻生首相。クールビズのワイシャツ姿で現れ、堅苦しくないところをアピールしているようだ。ちなみに麻生首相はクルマ6台で駆けつける厳重ぶりだった。また、NHKが取材に訪れていた。

◆2009年7月30日(木曜日)から8月11日(火曜日)までのmixi日記

■2009年7月30日(木曜日)
鉄道撮影の師匠選びブーム?  


私は都内の鉄道コーナーは充実する本屋へ14年足を運んでいるが、最近は鉄道写真の撮り方に関する書籍やムックが多い。デジカメが一般的になり、フイルムのように枚数を気にする必要性がないため、心理的にビジバシ撮れる心強さがあるようだ。  

フイルム時代に一眼レフカメラを所持していたこともあり、デジタル一眼レフカメラの撮影をするだけなら、戸惑うことはなかったものの、性能が大幅に向上しているのがわかる。  

通常はコンデジ、仕事や旅、ビックイベントのときはデジイチとすみ分けているが、どちらも大切にしたい。メモ代わりに重宝するので、重要なアイテムになっているからである。

※本日のRailway Blogは
こちらです

■2009年7月30日(木曜日)
成人を18歳にするならば


■「18歳成人」評価と困惑…大人実感、悪質勧誘も
(読売新聞 - 07月30日 01:32)

成人を18歳に引き下げるという。 私は反対するほうだ。18歳で酒や煙草がOKになってしまうと、高校だと大混乱を招く。それに成人を引き下げたところで、大人になれるかどうか? 今の成人は次元が低いヤツが多いんだよね。

アメリカは21歳が成人というふうになっており、国よってバラバラだ。これからは、成人は何歳にするかを国際ルールとして決めたほうがよいのではないだろうか。

本当に日本の成人が18歳になると、これだけはやってほしい。

1つ目は少年法の廃止だ。未成年による凶悪犯罪が多いこともあるが、成人を引き下げるのであれば、少年法はいらない。未成年だろうが成人だろうが、公平に厳罰処分を与える。少年法は犯罪少年少女を救う目的があるようだ。でも、子供だろうが、大人だろうが、チャンスはしょせん、ひと握りである。それをつかまなければ、人生そのものが決まってしまう可能性は高いのだから。

2つ目は「成人の日」という祝日の廃止だ。はっきり言って、毎年のように荒れているようでは、やめたほうがいい。それに成人になったことを祝うのではなく、社会の荒波や厳しさを叩き込ませなきゃだめだ。

参考までに
xyを御覧いただければ、さいわいです。

■2009年7月30日(木曜日)
フリップフラップ

■国会議員の説明ボード、テレ朝が自粛要請
(読売新聞 - 07月30日 07:08)

テレ朝は政治家にフリップの自粛を要請したことに驚いた。てっきり、フリップはテレビ局で作っているものと思ったからである。意外だなぁー。

ところでフリップって、どうやって作るのだろう?

※タイトルの「フリップフラップ」はどこかで聞いたことのあるフレーズです。確か、歌い手ユニットにいたような気がするのだが…(その後、実際そうであることがわかりました)

■2009年7月31日(金曜日)
好調でなにより


2009年7月30日(木曜日)、“夏のメイン旅”で285系に乗ろうと、みどりの窓口へ行ったら、満席。ダメモトで行ったが、衰退の進む夜汽車で活気と光があることに安心した思いがした。でも、いつかは乗りたい。  

これにより、夏のメイン旅は当初の予定通りの行程になりそう。ここ数年、夏のメイン旅は6泊7日(2008年は7泊8日)だったが、今年は半分になる見込み。不況ではなく、スケジュール的な都合によるものだが、臨時快速〈ムーンライト九州〉〈ムーンライト高知〉〈ムーンライト松山〉が消えた影響は大きい。その分、今まで足を踏み入れていないところへ行き、日本の鉄道完全制覇を達成したい。  

そういえば、首都圏のみどりの窓口では、異変があることに気づき、大半の駅でオレンジカードの販売を終了。JR東日本自体、小田急線新宿発の特急〈あさぎり〉のきっぷの販売も終了したという。特急〈あさぎり〉はわかるが、オレンジカードの販売終了は、Suicaによる需要低下を物語っている(Suicaで公衆電話が使えたらいいのにね)。


■2009年8月1日(土曜日)
2009年の汽車旅3シリーズ予告

ただいま、JR線がよく見えるテルホにいます。

「2009年の汽車旅3」シリーズのキーワードかつ、ヒントです。

・5年ぶり

・王手

・リターンズ

・ぷらこだ

昨年のこの時期、あの電車に乗れなくて、本当に悔しい思いをしました。「冬があるから」じゃダメなんです。今じゃないと。

なお、明日帰京です。

これから校正をします。帰宅すれば、原稿が待っています。

★追記

キーワードかつヒントに「オリジナル」が加わります。

■2009年8月3日(月曜日) 
ド根性車掌

■JR車掌、道路走って電車追いかけた
(読売新聞 - 08月02日 22:20)

青梅線の快速東京行きで、運転士が車掌を置き去りにして、発車。次の駅で気づくというハプニングがあった。

車掌は走って追いついた(その分、ダイヤが乱れた)というが、おそらく、タクシーが走っていなかったのかもしれない。だから、走ったと思う。お疲れ様です。

さて、昨日は腰痛や肩こりに悩まされ、朝食後、モーラステープ4枚を貼って、17時近くに帰京。腰痛の影響ではなく、当初からその予定だった。ただし、きっぷが取れず、仕方なく妥協したのだが……

※本日のRailway Blogは
こちらです

■2009年8月3日(月曜日)
今年最後の梅雨を体験?
             

東海と近畿 大幅遅れ梅雨明け
(mixiニュースより)

関西と東海地方は、ようやく梅雨明けを発表したという。週末はそこを通っていたため、私はその地方の今年最後の梅雨を味わったことになるのだろうか?

■2009年8月3日(月曜日)
すごい記録

由美かおるが入浴シーン200回を語る
(mixiニュースより)

『水戸黄門』でおなじみの由美かおるが入浴シーン200回になるという。御存知の方もいると思うが、レギュラーになる以前から各部ゲストで1回出演している“常連”でもあった。第何部かは忘れたが、初代水戸光圀の東野英治郎のときも入浴シーンがある。たぶん、ゲスト出演ではこの1回だけだと思う。

レギュラーになって23年たち、月日が流れるのは早いものだ。


■2009年8月4日(火曜日)
これから就寝 


今、色校が完了。今回は構成変更により、倍のキャプションをこなす展開となった。それだけ“この人なら大丈夫”的な信用を得たのかなと思う。こういう職業は「安心」「安定」という言葉は禁物なので、いつも危機感をもって、こなしている(サラリーマンでもそうだと思うが)。確実な「信頼」を獲得するために。

さて、本日発売の『週刊鉄道データファイル』で私の執筆記事がございます。時間なので、詳細は後日お伝えする予定ですが、皆様も御購入して、執筆記事を探してみてはいかがでしょうか? 「なにを書いているのでしょうか?」 と『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』のノリで、読まれることをオススメします。

今週は難易度の高い原稿執筆で、早く書き上げて、綺麗サッパリにしたい。

※本日のRailway Blogはお休みです。

■2009年8月4日(火曜日)
売れると面倒? 


デビュー13年間いまだに売れない漫画家・ピョコタン先生インタビュー
(mixiニュースより)

ピョコタンという漫画家を初めて知った。売れない漫画家らしいが、それでも仕事はこなしている。でも、売れっ子にはなりたくないらしい。売れると、芸能リポーターに追いかけられることや露出が増えるからなのだろうか? 

そういえば、ある芸能人は「芸能界はつらいんですよ」と本音をもらしたことがある。

私の場合、知名度のほうが先行していることに悩みがある。人気・実力をかねそろえないと生きていけないから。昨年から知らぬあいだに知名度が上昇していることに気づき、今も戸惑っている。また、『TRAIN MODELING MANUAL』や『週刊鉄道データファイル』で波に乗ってゆきたい願望がある。ちなみにテレビ出演(?)2回、市販のDVDで2枚、雑誌1冊で私の姿が映っており、意外とメディア露出しているのかもしれない。


■2009年8月5日(水曜日)
自称とはそういうことか…

酒井法子の夫・高相容疑者、プロサーファー未登録だった
(mixiニュースより)

のりピーが行方不明になっており、気にはなるけど、パクられたダンナは「自称プロサーファー」となっているのは、連盟に登録していなかったのだ。納得。

フリーライターは残念ながら、「財団法人日本フリーライター協会」というのがないだけに、今後はそういうものを作り、確固たる地位を築かなければいけないのではないかと思う。ちなみに私は屋号登録しているため、「事務所代表」という肩書きをしょって、仕事に励んでいる。

■2009年8月5日(水曜日)
『サプライズ』は『パラダイス』にしたほうがよかったのでは?


「わずか半年で......」日本テレビ生バラエティ『サプライズ』打ち切りか
(mixiニュースより)

日テレの『サプライズ』は金曜日の『評決クダル!』しか見ておりません。そのあと、『太田光の私が総理大臣になったら… 秘書田中。』で、日付が変わり、0時46分には『検索ちゃん』を見ています。文字通りの“花金”ですね。

■2009年8月6日(木曜日)
世界すべての人々は常に平和意識を持ってほしい

広島原爆の日 英語で平和宣言
(mixiニュースより)

私はこの式典に行ったことがある。2005年から4年連続で平和記念公園へ行っており、日にちはバラバラだが、2006年は「8月6日」だった。私は式典というものをこの目で見ておきたかったからであるが、本当に衝撃で、己を見つめなおす1つの機会にもなった。

昨年も平和記念公園へ行ったが、神聖たる場なのにカップルがイチャイチャ。待ち合わせ場所にする未成年グループもいて愕然とした。

原爆が落とされて64年。将来は戦争を体験した方はすべて、天に召されてしまう。平和に対する重みや意識は年々弱まっているように思えてならない。それは「平和」というのが当たり前になってしまっているからだ。私も25歳までは、そんな生き方をしていた。「戦争」というものが頭にピンとこなかったからだ。しかし、10代の頃、もの珍しかった光景とは一転し、歴史の重みを痛感し、己を恥じた。

昨年3月、長崎の平和記念公園へ行くことができた。こちらの式典にはまだ行ったことがない。

今の日本人に大切なのは、戦争の歴史を真摯に取り組み、2度とこういうことが起こってはならないこと(日本だけではなく、韓国やアメリカの歴史も見る必要がある)。そして、命の尊さ、平和のありがたみを常に感謝することではないだろうか。

2006年、『憲法九条を世界遺産に』という本が大ヒットしている。憲法9条を世界にしらしめてこそ、真の世界平和が実現するものと確信している。

私は糸満の式典を含め、すべてを見たい思いがある。そうすることによって、戦争の悲惨さを学ぶことができるからだ。また、式典の様子はいつも通りの光景ではなく、参列者の視点で見て、本や雑誌にしていきたい願望がある。モノ書きをしている以上、私は常に“日本の代表、世界のリーダー”という意識を持ち続け、書いてゆきたい。

■2009年8月6日(木曜日)
日本人の質が低下しているね

児童ポルノの摘発 過去最多に
(mixiニュースより)

これだけ摘発されるということは、日本人の質が低下し、“平和ボケ”が多いという表れであろう。犯罪も巧妙、凶悪化しているので、今後は罰則規定の充実が求められる。

■2009年8月7日(金曜日)
大原麗子さんが天に召される


■女優の大原麗子さん、自宅で死亡…死後2週間経過?
(読売新聞 - 08月06日 21:41)

帰宅したら、この記事を目にして、絶句しました。

近年はギランバレー症候群という病気にかかり、闘病生活を過ごされておりました。私は実際、同じ病気にかかった方とお目にかかったことがありますが、難病です。壮絶な闘病生活を聞いて、背筋が凍った記憶があります。

御冥福をお祈りいたします。  

※大原さんが発見されたとき、死後3日だったそうです。


■2009年8月7日(金曜日)
落胆

酒井法子容疑者の逮捕状請求
(mixiニュースより)

正直なところ、ダンナがシャブに手を出していたこと、知っていたのではないかと思っていた。失踪したのは、気が動転したのではなく、そろってやっていたのだろう(ダンナは知らないのかもしれないけどね)。残念でならない。夫婦そろって、我が子を裏切ったわけだから。

どこかで早まったことをしてほしくない。生きて罪をつぐない、再び表舞台へあがることを切に願っている。CDは3枚ほど持っているのだから。

■2009年8月7日(金曜日)
時効まで逃げ切るつもりなのか?

酒井容疑者、ATMから引き出す
(mixiニュースより)

女狐になっちゃったね。これでは起訴されても、情状酌量は認められないだろう。残念だ。

「罪を憎んで、人を憎まず」

であってほしかったが、もうムリかもしれない。

■2009年8月8日(土曜日)
パクられる前にパソコンへ取り込んでいた歌を聴く

のりピー逮捕状 清純派がなぜ
(mixiニュースより)  

昨日は「酒井法子容疑者」を何度、目にして、聞いたことだろうか。ニュースキャスターやアナウンサーは、「容疑者」という言葉を使いたくなかったのではないだろうか。  

思えば、アイドル時代から20代前半にかけて、のりピーの全盛期というか、印象に残る時期だったような気がする。バレンタインデーが誕生日で、学研の『中学コース』だったような気がするが、誕生日はあげるよりも、もらうことが多かったという。  

アイドル歌手として成功をおさめ、平成2年(1990年)10月から平成3年(1991年)9月にかけて放送された、テレ朝の『代表取締役刑事』では、渡哲也扮する橘課長の娘役で準レギュラー出演。その後、公共広告機構のCMで、雨に濡れた(もしかすると、赤い傘をさしていたのかもしれない)のりピーが薬物使用をやめるよう、呼びかけていた。  

見てはいないものの、日テレの『星の金貨』では“セリフは手話”という難役に挑んだ。当初、オウム事件の影響で視聴率が取れなかったものの、休日の昼の時間帯にダイジェスト版を放送したら、急激にあがった。それ以降、この手法がハヤり、今では初回放送前の番宣に発展している。  

1つの時代を作ったのりピーがまさか、こうなるとは誰が想像しただろう。  

最近パクられた押尾学は刑事役を演じていたことがある。のりピーは先述の課長の娘役。つまり、“正義”を演じた者がホンモノの刑事にパクられるという、“刑事ドラマの出演はなんだったんだ”と怒りたくなる(ちなみに悪役を演じる役者は、心優しい方が多いという)。  

今、試験的にパソコンへCDを取り込んでいた、のりピーの『世界中の誰よりきっと』を聴いている。クルマのCMに流れていたもので、買っちゃった(実は初めて新品で買ったCDで、ほかは中古の8㎝シングル)。  

のりピーはいつパクられるかわからないが、世界中を騒がせ、迷惑者となってしまっている。本人はそれに気づいているのだろうか。もはや指名手配も同然の身。そろそろ、ゲームオーバーにして、罪につぐなってほしいものだ。これ以上、逃げ続けると、事務所は契約を継続することはあるまい。  

※本日のRailway Blogは
こちらです

■2009年8月8日(土曜日)
一族崩壊?

■酒井法子容疑者の弟、覚せい剤使用容疑で先月逮捕
(読売新聞 - 08月08日 09:27)

酒井法子容疑者の弟は、ヤーさんでシャブ中によりパクられていたという。これは7月に警察の職質で発覚したというが、夫婦、兄弟とどうして、シャブに手を染めてしまうのだろうか? 

これではマスコミも夏休み返上の多忙になるだろう。そして、清純派タレントの素顔が生い立ちから暴かれてしまうのかもしれない。

■2009年8月8日(土曜日)
もはや凶悪犯?


酒井容疑者の逃走に協力者? (mixiニュースより) 依然として、酒井法子容疑者の消息が不明。警察は慎重に捜査を進めているという。今回の一件で、「好感」から「イメージダウン」に変わった人々も多いだろう。 もし、協力者がいるのであれば、「犯人隠匿(Intoku)」の容疑でパクられる運命にあることを忘れてはならない。そういうリスクをしてまで、のりピーをかくまう理由はなんだろうか?

■2009年8月9日(日曜日)
社長は「バカヤロー」と怒鳴りつけてほしい


所属事務所社長、酒井法子容疑者に会ったら「まず叱りたい」
(mixiニュースより)

御存知の通り、酒井法子容疑者が弁護士や親族に付き添われ、みずから署ではないところの警察施設へ出頭し、逮捕となった。早まったことをせず、「出頭」という良心を失っていなかったことが多くの人々にとって、救いだと思う。犯罪者になってしまったのは、非常に残念であるけども。  

昨日は22時からの『情報7Daysニュースキャスター』では、予定を変更し、放送時間内はほぼ、酒井容疑者のニュースを伝えていた。この日、社長が会見を行なう予定だったが、コメントによる代理発表にマスコミが詰め寄っていた。そこまで追い詰めることはないように思うが、今まで社長みずから対応し、取材する側も注目していただけに、その疲れが“逆ギレ”につながったのだろう。  

番組では押尾学容疑者の一報も伝えていたが、特別出演的なコメンテーターとして出演した男性2人は、明らかに押尾に対するイメージが悪い。1人は「保護責任を放棄した」と批判。保護責任というのは、保護者だけに当てはまる言葉ではないという。罪は明らかに押尾のほうが重いだろう。  

23時55分からの『SUPERうるぐす』では、番組冒頭で緊急ニュースを流す事態となった。『SPORTSうるぐす』の名で番組がスタートし、15年になるが、報道が挿入されるのは初めてのケースとなった。  今回は日本だけではなく、中国や台湾でも圧倒的な人気を誇るだけに、社会的な影響がものすごく大きかった。運ばれた渋谷署では、マスコミのほか、ヤジウマも集結するほど、注目度が高く、女性留置施設がないという理由で、東京湾岸署へ移動している。  

所属事務所の社長会見では、酒井容疑者に弟がいたことを昨日、初めて知ったという。そして、有罪判決になれば、クビもやむなしのようだ。今回は無罪の可能性があることを信じ、処分保留したものと思われるが、酒井容疑者に面会することがあれば、「バカヤロー」と言ってほしい。  

さて、今日は長崎の平和記念公園で、原爆の式典が行なわれる。本来ならば、酒井容疑者よりも、こちらのほうが重要なのだが、この件でかすまないことを願っている。

■2009年8月9日(日曜日)
外国首脳も肌で感じてほしい式典

■長崎原爆忌「核兵器なき世界へ、ともに」
(読売新聞 - 08月09日 12:13)

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が行なわれた。広島の原爆が投下されたわずか3日後、この地へ落とされ、多数の犠牲者を出した。“ダメ押し”といえる長崎の原爆投下で、終戦を迎えることになる。  

64年たった今でも、原爆に対する考え方は変わらない。アメリカは戦争をやめるには必要だったことを言い続け、人々に受け継がれている。この式典は、外国人観光客も訪れるのだが、どういう思いで見ているのだろうか。  

以前、『NEWS ZERO』で村尾キャスターは、アメリカの政治家も参加してほしいことを訴えていた。私もそれには同感で、オバマ大統領には「6月23日の糸満」、「8月6日の広島」、「8月9日の長崎」をじかに見てほしい。日本がやっている式典というのは、報道されているものだけではないことを知ってほしい。これには日本の政治家にもいえること。政治家は報道されているところしかいないわけでしょ。だから、庶民と目線が違い、隔たりが発生し、溝ができるのだから。自民党が本当に政権を維持したいのであれば、考えたほうがいい。ほかの党の政治家にもいえるだろう。  

私の知る限り、日本は戦争で、かなりやっちまったほうだろう。これが原爆という惨劇を生んでしまったのかもしれない。戦争というのは、「無差別殺人」なのだから。戦争を知らない我々、多くの日本人は戦争を恥じ、2度と起こらないかつ、起こさない世の中を作っていくべきではないだろうか。残念ながら、今の政治家では、憲法9条を変えたがっているのが多い以上、リーダーシップをとれる人は思い浮かぶことができない。


■2009年8月10日(月曜日)
おやすみなさい  


もうすぐ夜が明ける頃ですが、原稿の執筆を完了。難しいテーマで、編集部にお願いして、資料を送ってもらいましたが、ようやく書き上げました。

それではみなさん、素敵な朝を。おやすみなさい。


■2009年8月10日(月曜日)
高野連に問題あり


甲子園 2試合連続ノーゲームに
(mixiニュースより)

夏の高校野球は2試合連続ノーゲームとなった。天気が悪く、台風9号の恐怖があることをわかっているにもかかわらず、試合を強行開催した高野連に問題がある。これでは選手、首脳陣、関係者がかわいそうだ(特に選手は体調に影響する)。

今年も異常気象で、梅雨が明けても、この状況。阪神タイガースは8月28日(金曜日)から甲子園に戻るため、それまでに終わらせることができるかどうかが気になる。場合によっては、打ち切りもやむなしだろう。

以前から言っていることだが、高校野球を京セラドーム大阪に変えてみてはいかがだろうか。よほどのことがない限り、日程は予定通り進むことが最大の理由。それに例年、阪神タイガースは甲子園で開幕を迎えられない“弊害”がある。試合数の増加もあるが、高野連が歩調を合わせない姿勢にも問題がある。

甲子園でやるのであれば、晴天のときにやるべきだろう。高校生はアマチュアなのだし、まっさらなグラウンドで試合をさせるのが、“高野連にとってのフェアプレー”ではないだろうか。


■2009年8月11日(火曜日)
静岡県の地震

■「東海地震ではない」震度6弱で気象庁
(読売新聞 - 08月11日 07:12) 

朝、静岡県の地震に驚いた。記憶にある限り、2001年4月以来の大きな地震だと思う。実はこのとき、私は快速〈ムーンライトながら〉大垣行きに乗っており、小田原発車後、車掌は「放送を中断します」と言ったが、ほどなくして、地震発生の緊急放送を流した。

熱海では2時間以上も停車し、気がつけば夜が明けて茶畑を走っていた。25㎞/hという徐行運転で、浜松で朝ラッシュにぶつかってしまった。その上、本来、名古屋で切り離す7~9号車は、豊橋に変更。朝ラッシュ時にぶつかっているため、途中駅で快速系統の待ち合わせをするなど、大幅に遅れていたことを思い出す。

被災者の皆様には心より、お見舞い申し上げます。

◆残念な酒井法子の逮捕  

御存知のように酒井法子容疑者がシャブに手を出してしまったため、逮捕されました。逮捕状の一報を聞いたとき、ファンではありませんが、かなり動揺しました。信じられない思いで、間違いであってほしいと願っておりましたが、残念ながら罪を認めました。両親がこれでは、お子さんがかわいそうです。いったい、誰を信頼すればいいのでしょうか? 相当傷ついていることでしょうし、人生観が変わってしまっているのかもしれない。そして、周囲の見方も変わっているのかもしれない。  

罪をつぐない、芸能界の復帰は厳しいのかもしれないけど、どんな形ででも社会復帰して、更生して社会貢献していただくことを願っています。

★観客動員数155萬人から159萬人までのあしあと

・2009年7月29日(水曜日)…155萬1000人突破

・2009年7月30日(木曜日)…155萬2000人突破

・2009年7月30日(木曜日)…155萬3000人突破

・2009年7月30日(木曜日)…155萬4000人突破

・2009年7月31日(金曜日)…155萬5000人突破

・2009年7月31日(金曜日)…155萬6000人突破

・2009年7月31日(金曜日)…155萬7000人突破

・2009年7月31日(金曜日)…155萬8000人突破

・2009年8月1日(土曜日)…155萬9000人突破

・2009年8月1日(土曜日)…156萬人突破!!

P1390460a.JPG

・2009年8月2日(日曜日)…156萬1000人突破

・2009年8月2日(日曜日)…156萬2000人突破

・2009年8月2日(日曜日)…156萬3000人突破

・2009年8月3日(月曜日)…156萬4000人突破

・2009年8月3日(月曜日)…156萬5000人突破

・2009年8月3日(月曜日)…156萬6000人突破

・2009年8月3日(月曜日)…156萬7000人突破

・2009年8月4日(火曜日)…156萬8000人突破

・2009年8月4日(火曜日)…156萬9000人突破

・2009年8月4日(火曜日)…157萬人突破!!

DSC_0656a.JPG

・2009年8月5日(水曜日)…157萬1000人突破

・2009年8月5日(水曜日)…157萬2000人突破

・2009年8月5日(水曜日)…157萬3000人突破

・2009年8月6日(木曜日)…157萬4000人突破

・2009年8月6日(木曜日)…157萬5000人突破

・2009年8月6日(木曜日)…157萬6000人突破

・2009年8月7日(金曜日)…157萬7000人突破

・2009年8月7日(金曜日)…157萬8000人突破

・2009年8月7日(金曜日)…157萬9000人突破

・2009年8月7日(金曜日)…158萬人突破!!

DSC_0327a.JPG

・2009年8月8日(土曜日)…158萬1000人突破

・2009年8月8日(土曜日)…158萬2000人突破

・2009年8月9日(日曜日)…158萬3000人突破

・2009年8月9日(日曜日)…158萬4000人突破

・2009年8月9日(日曜日)…158萬5000人突破

・2009年8月10日(月曜日)…158萬6000人突破

・2009年8月10日(月曜日)…158萬7000人突破

・2009年8月10日(月曜日)…158萬8000人突破

・2009年8月11日(火曜日)…158萬9000人突破

・2009年8月11日(火曜日)…159萬人突破!!

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②岸田法眼のRailway Blog.「Railway Blog800回記念、政治家直撃?! 観客動員数406日連続1日4ケタで、136萬人突破!!」はこちらにクリック!!

③岸田法眼のRailway Blog.「日本国憲法第9条」はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

DSC_0459a.JPG

④デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル282号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

INDEX 2009年7月-2009年7月もすべて、観客動員数1日2000人以上!!- [INDEX]

今回は2009年7月に掲載した記事を御紹介します。

もう1度、御覧になりたい記事がございましたら、クリックして下さいね。

それでは2009年7月に掲載した記事の一覧です。 

DSC_0137a.JPG

◆7月1日(水曜日)
1日2度も人身事故が発生した田園都市線
(プラットホーム2009)

◆7月2日(木曜日)
第24回コメンテーターランキング発表!!
(INFOMATION)

◆7月3日(金曜日)
観客動員数434日連続1日4ケタで、146萬人突破!!
(波瀾万丈伝)

◆7月4日(土曜日)
INDEX 2009年6月
-2009年6月もすべて、観客動員数1日2000人以上!!-

(INDEX)

◆2009年7月5日(日曜日)
2009年の汽車旅2-1
(汽車旅2009)

◆7月6日(月曜日)
暴れん坊583系2009Ⅱ
(プラットホーム2009)

◆7月8日(水曜日)
石原裕次郎23回忌
(波瀾万丈伝)

DSC_0158a.JPG

◆7月11日(土曜日)
観客動員数149萬人突破記念スペシャル!! 
さぁー、みんなで週刊誌初登板、『週刊鉄道データファイル278号』を買いに行こう!!
(公式執筆記録-私の作品-)

◆7月12日(日曜日)
東京急行電鉄、今度こそ完全制覇達成!!
(汽車旅2009番外編)

◆7月15日(水曜日)
観客動員数150萬人突破!!
(鉄道評論)

◆7月16日(木曜日)
観客動員数150萬人突破記念、大ヒット記事ランキング発表!!
(INFOMATION)

◆7月17日(金曜日)
観客動員数151萬人突破記念スペシャル!! 
さぁー、みんなで『週刊鉄道データファイル279号』を買いに行こう!!

(公式執筆記録-私の作品-)

◆7月18日(土曜日)
第21回参議院選挙
(らりるレビュー)

◆7月19日(日曜日)
2009年の汽車旅2-2 (JR西日本キハ127系、キハ122系試乗)
(汽車旅2009)

◆7月20日(月曜日・海の日)
観客動員数451日連続1日ケタで、152萬人突破!!
(鉄道評論)

DSC_0091a.JPG

◆7月23日(木曜日)
長良川鉄道乗車記録表
(Railway Rord)

◆7月24日(金曜日)
信楽高原鐵道乗車記録表
(Railway Rord)

◆7月25日(土曜日)
伊勢鉄道乗車記録表
(Railway Rord)

◆7月27日(月曜日)
のと鉄道乗車記録表
(Railway Rord)

◆7月30日(木曜日)
時事問題を語りまくる!! 観客動員数155萬人突破!!
(波瀾万丈伝)

DSC_0098a.JPG

次に2009年7月の観客動員数一覧です(カッコ内は実際に訪れた人数。つまり、1日2回以上アクセスしている方が多いということになる)。

・7月1日(水曜日)…4465人(771人)

・7月2日(木曜日)…3946人(805人)

・7月3日(金曜日)…3365人(861人)

・7月4日(土曜日)…3244人(746人)

・7月5日(日曜日)…3698人(955人)

・7月6日(月曜日)…3452人(899人)

・7月7日(火曜日・七夕)…2894人(755人)

・7月8日(水曜日)…3861人(910人)

・7月9日(木曜日)…3445人(899人)

・7月10日(金曜日)…3128人(829人)

DSC_0412a.JPG

・7月11日(土曜日)…3280人(944人)

・7月12日(日曜日)…4998人(1168人)
※1日の観客動員数、史上最多記録!!

・7月13日(月曜日)…3799人(977人)

・7月14日(火曜日)…3021人(892人)

・7月15日(水曜日)…3422人(990人)

・7月16日(木曜日)…2993人(929人)

・7月17日(金曜日)…3246人(1000人)

・7月18日(土曜日)…3111人(932人)

・7月19日(日曜日)…2914人(906人)

・7月20日(月曜日・海の日)…4036人(946人)
 
DSC_0404a.JPG

・7月21日(火曜日)…2834人(872人)

・7月22日(水曜日)…2856人(875人)

・7月23日(木曜日)…2924人(869人)

・7月24日(金曜日)…3455人(870人)

・7月25日(土曜日)…3162人(914人)

・7月26日(日曜日)…2831人(865人)

・7月27日(月曜日)…2992人(916人)

・7月28日(火曜日)…2610人(829人)

・7月29日(水曜日)…2640人(806人)

・7月30日(木曜日)…3400人(892人)

・7月31日(金曜日)…3119人(832人)


◆執筆実績一覧

Yahoo! セカンドライフ(選抜サポーター制時代)
「旅行貯金」(2007年1月15日掲載)
「旅の宿」(2007年1月29日掲載)
「鉄道の改善点」(2007年2月8日掲載)
「期間限定常磐線ブーム」(2007年2月19日掲載) 

・TRAIN MODELING MANUAL Vol.1
(ホビージャパン刊行、2008年6月21日発売)
「PROTOTYPE GUIDE 国鉄185系とクロ157」
「PROTOTYPE GUIDE 京浜急行電鉄 初代1000形」
「PROTOTYPE GUIDE 新幹線N700系」
「PROTOTYPE GUIDE JR九州883系」

・TRAIN MODELING MANUAL Vol.4
(ホビージャパン刊行、2009年5月16日発売)
「ブルートレインの歴史(上)」
「寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァー」

・Unow?「モハよう著者からの20の質問」
(質問、解説、写真提供。なお、2009年3月10日でサービス終了)
「質問28 列車でちょっと遠出するとき座るなら、クロスシート派(Y)、ロングシート派(N)」(2008年8月11日掲載)
「質問33 鉄道が好きであるからには日本の鉄道完全制覇を目指す(Y)、目指さない(N)」(2008年9月10日掲載)
「質問39 中之島線と阪神なんば線は開業初日にできれば乗りたい(Y)、しばらくして空いてからでも(N)」」(2008年10月掲載)

・Unow?「あの人はなぜ鉄道にハマル?」(質問、解説、写真提供。なお、2009年3月10日でサービス終了)
「記事43 車両の種別や行先表示は(Y)幕式がいい、(N)LEDがいい」(2008年11月掲載)
「記事46 〈ひかり〉がよく似合う車両は(Y)100系、(N)0系」(2008年12月掲載)

・苫小牧鉄道新聞第24~27号
「蝦夷路快速」

・週刊鉄道データファイル278号(2009年7月21日号)
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行、2009年7月7日発売)
「国鉄・JRの車両:207系通勤型電車(国鉄)」
「国鉄・JRの車両:125系近郊型電車」

・週刊鉄道データファイル279号(2009年7月28日号)
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行、2009年7月14日発売)
「国鉄・JRの車両:207系通勤型電車(JR西日本)」
※編集部のミスにより、執筆者名に私の名がありません。

・週刊鉄道データファイル282号(2009年8月18日号)
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行、2009年8月3日発売)
「国鉄・JRの車両:7000系通勤型電車」
「国鉄・JRの車両:6000系近郊型電車」

・鉄道に関する雑誌が9月以降も発売される予定です。

◆参考記事

鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「恐るべし、岸田法眼さん!&モハようが鉄道ファン7月号に掲載」
 

鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「岸田法眼さんがいよいよ雑誌デビュー!」 

鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「岸田法眼さん執筆の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』」
 

鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「車止めの絶対的な魅力」 

鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「東武日光線栗橋-南栗橋に癒される」
※「ps.」参照

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「副都心線を応援します!」
 

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「鉄道居酒屋キハ」 

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「Ryomo to Jomo その1」 

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「種別(東武・特急スペーシアなど)」

オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「パノラマ渋谷の濃ゆい夜」
 

八草きよぴ非公式モリゾー愛ブログ
「プチ大回りで目黒線に(前編・渋谷経由で四ツ谷へ)」
 

星野佳世の all my loving☆
「キハで初入鋏」 
※コメント欄参照

星野佳世の all my loving☆
「『写真電車』出発進行!」
※コメント欄参照

星野佳世の all my loving☆
「『いわし』『さんま』『青春18切符』」
 

me-coの雑学ネタ帳
「東武10030系」 

me-coの雑学ネタ帳
「東急5000系」
 

me-coの雑学ネタ帳
「JR北海道789系」
 

米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!
「日本の夜行列車の松明の灯を消すな!! 『大垣夜行』季節列車化→廃止?反対!! 大阪延伸希望!」
 

米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!
「日本の夜行列車の松明の灯は消えてゆくのか!?」
 

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

DSC_0459a.JPG

④デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル282号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

タグ:INDEX
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

観客動員数158萬人突破記念スペシャル!! さぁー、みんなで『週刊鉄道データファイル282号』を買いに行こう!! [公式執筆記録-私の作品-]

記事数:844|nice!:3,630|総閲覧数:今日:3,115/累計:1,580,055|読者数:37
アクセスランキング:135位
ブログテーマ:旅行(5位/622ブログ中)

DSC_0459a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年8月7日(金曜日)で、観客動員数は158萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

見本誌の到着が発売後になるため、御連絡が遅れてしまい申し訳ございませんが、2009年8月4日(火曜日)、『週刊鉄道データファイル282号(2009年8月18日号)』が発売されました。

早いうちに本屋さんへ直行してくださいね。ちなみに東京23区内だと神保町の書泉グランテ、秋葉原の書泉ブックタワー、東京駅八重洲口地下の栄松堂書店だと山積みになっていることが予想されます。また、大きな本屋以外では販売していないかもしれません。本屋さんで予約すると、送料がかからないことが多いので、おトクです。  

気になるお値段は消費税込み560円(本体533円)。毎週火曜日に発売しておりますが、毎回、私が登板するとは限りません。  

私の執筆記事は次の通りです。

◆3・4ページ
国鉄・JRの車両:7000系通勤型電車
 

DSC_0137a.JPG

JR四国が初めて投入した電車です。1000系気動車の電車版といったところでしょうか。

◆5・6ページ
国鉄・JRの車両:6000系近郊型電車
 

DSC_0139a.JPG

同じく、JR四国の電車を取り上げております。この車両は、見かける機会が少ないようです。  

今回は「2009年8月18日号」で執筆記事が掲載されておりますが、「8月18日」というのは、私の誕生日です。偶然とはいえ、嬉しいものがありますね。ちなみに2009年8月18日(火曜日)発売分は、執筆記事の掲載がありませんので、御了承ください。

なお、『週刊鉄道データファイル』の規定により、Railway Blogとは表記が異なる部分がございますので、御了承願います。

雑誌は多くのスタッフの皆様の総力を結集して作られております。御購入いただきますよう、お願い申し上げます。


さぁー、みんなで買いに行こう!!  

なお、完売の際は御容赦ください。また、「nice!」を押される方、コメントやトラックバックをされる方は、お買い求めいただきますよう、お願い申し上げます。

★今回、御紹介した商品のおさらい

DSC_0459a.JPG

『週刊鉄道データファイル282号(2009年8月18日号)』
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行)
定価560円(本体533円)

★備考

①デアゴスティーニ・ジャパンホームページはこちらにクリック!!

②『週刊鉄道データファイル』ホームページは
こちらにクリック!!

③書泉ホームページは
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

日本国憲法第9条 [らりるレビュー]

P1340478.JPG

「作らず、持たず、持ち込ませず」

御存知、非核3原則だ。

2006年最大の出来事は、北朝鮮のミサイルと核兵器の実験ではないだろうか。世界を震撼させる大きな出来事で、北朝鮮を「北」と略すことが定着するほどである。

安倍晋三総理大臣(当時)は、ただちに経済制裁を表明しているが、北朝鮮は核兵器の実験を続ける模様である。

それと共に憲法第9条の見直しをめぐる論争も活発であったように思う。昭和22年(1947年)5月3日(土曜日・憲法記念日)に日本国憲法を施行しているが、憲法9条は民主主義社会のシンボルとして、光り輝いている。その条文を御紹介しよう。

①日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

②前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


日本は世界で唯一の被爆国で、同じことを繰り返さないために戦争の参加を放棄した。これも世界で唯一の戦争に参加しない国である。

その憲法第9条が見直されてしまうと、戦争に参加することになってしまう。自衛隊だけが派遣されるとは限らず、庶民や大富豪といった一般人も強制的に招集されるだろう。そして、今まで広島と長崎で行なわれてきた原爆の式典の積み重ねがムダになってしまう。国民、特に原爆を落とされた広島と長崎の人々の想いを粉々にする。私は憲法9条改悪に反対だ。

憲法第9条を変えようとしているのは、政治家の大半は戦争を経験していないことから、そう言うのだ。そして、北朝鮮への経済制裁を含め、防衛庁を防衛省に格上げすることにより、憲法9条改悪のステップとしていくに違いない。また、非核3原則を破って、核兵器を日本の自衛隊に持ち込む可能性もあるだろう。

憲法9条の改正が関心を集めているのは、日本国民に対する警告ではないかと思う。

まず、平和意識が低下していること。若い世代にとって、“平和は当たり前”で、熟年の世代は“平和はかけがいのない宝物”という感覚の違いがあるのではないかと思う。また、若い世代はゲームをやる。特に格闘技といったファイターものにハマると、命の尊さというものを忘れがちになってしまうのではないかと懸念する。それに日本国民の大半は戦争経験がない。戦争の恐ろしさというものを肌で感じていないから、実感がわかないのではないだろうか。

教育の現場も平和意識の低下を防ぐべく、とある中学校では平和教育に力を注いだという。いくら教師が熱弁をふるっても、生徒が身につかなければ、学んだことにもならず、憲法9条の改悪に拍車がかかるだろう。戦争の恐ろしさ、平和の尊さはいつでも学ばなければならないし、憲法9条には常に感謝の心を持つことも大切だ。

憲法9条改悪のきっかけは、2001年9月11日(火曜日)に発生したアメリカの同時多発テロだろう。これによって、日本はテロを警戒し、鉄道の駅はゴミ箱を撤去。また、警官や警備員を増員するほど、神経質になった。

そして、北朝鮮がミサイルや核実験をしたのも、あのテロは“アメリカの弱さを見た”という感覚ではないだろうか。“俺の国はアメリカよりも強い”ということを魅せつけたかったのではないだろうか。

すべての政治家に言いたいのは、憲法9条を改悪する以前に、「憲法9条」を日本だけではなく、すべての国に提案して広めて欲しい。平成という和暦は“世界中の平和が達成できますように”という願いを込められているのだ。もう1度、初心に戻って考え直してもらいたい。

憲法9条を改悪するのなら、広島と長崎の式典に参列しなくていいし、「平成」という和暦も改めるべきだと考えている。

★備考

①今回の記事は2006年12月に執筆したもので、一部、加筆・修正しております。

②岸田法眼のRailway Blog.「2008年の汽車旅4-17(山陽新幹線0系フォーエヴァー-後編-)」は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

タグ:社会評論
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

修学旅行 [らりるレビュー]

「修学旅行はお泊まり保育だ!!」  

高校2年の頃、私は修学旅行を批判した。

「その通り!!」

「そこまで言うか!!」

「あんた、いいこと言うねぇー」  

と周囲の反響は大きかった。  

ある日、東海道新幹線のホームでは、修学旅行の生徒であふれていた。  

高校生らしき私服の修学旅行生がたらふく現れ、口ぶりからみて、名古屋か大阪の人だろう。  

豪勢なことに大半が東京ディズニーランド20周年の大きな袋を持っていた。関東だとユニバーサル・スタジオ・ジャパンだろう。  

私は冷房の効いた待合室で、涼んでいた時、教師を失望させる光景を目にした。 

教師は生徒に指示を出し、新幹線のドアが開くまで、地ベタに坐らせた。なぜ、普通に待てないのだろうか?  若者のマナーの悪さが目立つ現代、教師がこれでは教育をする資格はない。私の頃はちゃんと立って、電車やバスを待っていたものだ。  

次に制服の中学生を見かけた。こちらはちゃんと立って待っていたものの、車内では3人掛けを向かい合わせにしたり、リクライニングを深くしてくつろいだり、はしゃぐといった、子供っぽさありありの生徒や疲れて眠る生徒もいた。  

若者のマナー低下は学校教育緩和(ゆとり教育)が拍車をかけているだろう。  

今の時代、大人になりきれない子供が多いように思う。修学旅行と言いながら、東京ディズニーランドで遊んでいるようでは、修学旅行ではなく、もはや“仲良しクラブ”と言っても過言ではない。  

ある現役教師に聞いた話だが、今の若者、1人だとまったく問題には感じないが、集団になると、目に余る行動が目立ち、学校教育にも問題は多少あるけど、基本的には、家庭のしつけ(それも幼少時期)が大きいのではないかとのこと。また、学校にはいろんな家庭事情をもった生徒がいて、性格も様々。落ち着きのない生徒の多い学校ならば、電車を待つのに立っていると、フラフラとどこかへ行く場合もあり、坐らせたほうがほかのお客さんの迷惑にならないこともあるそうだ。そして、中高生はいろいろあって当たり前。まだまだ成長途中なのだから、温かい目で見守って欲しいとのこと。

修学旅行は10代で2~3回行くけど、本当に必要なのだろうか? ただ遊ばせているだけに過ぎないのではないかと思う。私は3回行ったが、修学した記憶がない。  

10代の頃、広島へ行った。初めて見る広島の街はもの珍しく、原爆記念公園に着いた時も“ここかぁー”という程度だった。  

あれから十数年、再び足を踏み入れ、オープンしたばかりのハイテクを駆使した祈念館に入り、資料や映像を見た時の衝撃に胸が痛んだ。年齢によって、同じ場所でも感性が違うものだと痛感した。

広島は2005年3月まで、4回中3回、原爆記念公園に足を踏み入れ、平和への想いを新たにしている。  

いつかは式典に立ち合いたいと思う。もちろん、長崎も。

★備考

①今回の記事は2005年3月に執筆したもので、一部、加筆・修正しております。

②2006年8月6日(日曜日)、広島の式典へ行きました。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

学校教育 [らりるレビュー]

「ゆとり教育」  

この言葉を聞いた時、失敗するものと確信していた。  

2002年に施行した、ゆとり教育だが、①IT学習の推進。②授業時間の短縮。③公立学校の週休2日制などは予想通り、裏目となった。  

このうち、IT学習の推進は2004年6月、長崎県佐世保市でホームページに誹謗中傷の書き込みをされ、注意しても、聞く耳持たない小学校6年生の女子生徒を同級生が殺害するという事件があった。  

仲良しだったというのに、なぜ殺害に及んだのだろう? 『バトルロワイヤル』という映画を見て、衝撃を覚えたという見方もあるが、何度注意しても意に介さないのなら、普通は絶縁すれば片づくのではないか。学校という場ゆえ、教師陣はそんなやり方でことを解決したくないはずだが、小学校6年生といえば、思春期を迎えてもおかしくないような年齢だ。教師陣も“大人のやり方”というものを生徒に身につけさせてもいいような気がする。  

近年は小学生でもホームページがカンタンに作れるようで、もはやインターネットは“大人の世界”ではなくなってきている。どこのホームページも不特定多数が見ているので、知らないうちに子供が大人の世界へ入り込んでしまっているようだ。  

Railway Blogは子供向けではないが、実際に立ち寄って書き込んでいる人もいる。未成年者は言葉づかいに問題があると注意したことがあり、“大人の世界はこういうものだ”と教えた。おそらく、普段、敬語を使っているのは生徒の先輩だけで、私が経験した限り、ほとんどの生徒は教師に対してもタメグチを使っていたように思う。  

私は刑事ドラマなどを見ていたせいか、目上に対して敬語(言わば、“ていねい口調”)を使うことは自然と身についていたので、記憶にある限りでは中学生から使っていたように思う。今思うと、ナマイキなタメグチで学校や親に注意された記憶がない。ただ、高校を卒業してからは意気投合した者や“ヤナ奴”などに対しては、平気でタメグチを使っている。まぁー、これは大人同士のやりとりで、初対面は普通に敬語を使ってしゃべっているのだから、非常識にはあたらないだろう。  今後は将来、社会人として、エチケットやマナーを身につけさせる一環として、言葉づかいの指導は徹底的に行なうべきだろう。授業時間の短縮による学力低下と共に言葉づかいの悪い若者が増えているのではないかと思う。もちろん、これは家庭でしっかり親御さんが指導しなければならないのだが…  

公立学校の週休2日制だが、これは一般企業の多くはそうなのだから、いいと思う。しかし、現実は部活動とかで休日がないということに変わりはなく、休みを利用して学習塾に通う子供もいるのだから、“休養日”になっていないことは確かだ。また、公立・私立とも、始業時間が早過ぎることに変わりはなく、9時始業というわけにはいかないのだろうか?  

これからは、ゆとり教育を完全に見直し、授業時間を増加させるとのことだが、小・中学校は義務教育で、授業料はタダなのだから、“学習塾に行かせない環境づくり”が急務であろう。補習授業を増やし、定年退職した教師を嘱託雇用して、その任務を行なうのも1つの手である。  

教師は勉強を教えることだけが仕事ではなく、まれに職員会議をやって、今後の学校のあり方について論議しているだろうし、中学担当は3者面談も行なうので、補習授業に手が回らないと私はシュミレーションする。  

それがムリならば、学校と学習塾を合併して、1本化することだ。  

話は変わり、教育の変革と共に、教師にも改革の嵐がふいている。  

横浜市を例にあげてみると、3学期制から前期・後期へ。これは全国の学校がそのような傾向であるが、意外にも教師のほうがついていけないという。親御さんは不信感を持つかもしれないが、教師もしょせんはタダの人の子である。  

ほかにFA制度(自由によその学校へ移籍できる制度)、TA制度(学校がこんな教員が欲しいと公募する制度)を新設。プロ野球がやっていることを教職の世界にも導入することだが、そういう制度を設けても、うまくいくとは思わない。将来は生徒にFA制度やTA制度をなんて導入するのではないかと懸念する。例えば、イジメられっ子がFA宣言して、よその学校へ移籍しても、イジメられない保証はなに1つもないし、有能な生徒を引き抜いたとしても、かえって負担がかかって、ノイローゼになるだけだろう。  

このほかにも、教員が1つの学校に勤続できる期間を最長6年、クルマ通勤を禁止などが実施される。  

教員の学校勤続最長6年は常に人事異動を活発することによって、モチベーションを高めようとしているのだろうか? 校長はたいてい2年しかいないのに、モチベーションを高めるどころか、教育の荒廃に拍車がかかる可能性がある。また、クルマ通勤の禁止だが、学校は駅から数分ではなく、バス停から数分のところが多いのだから、厳しいものがある。バスは電車ほどボコボコ走っているわけではなく、交通渋滞や人身事故に車両故障等で遅刻する教師が急増する可能性がある。これでは授業にならないのではないか。特に災害の場合は休校であっても、出勤するのだから、クルマ通勤の禁止は疑問だ。  

最後に提案を1つ。2004年4月1日(火曜日)から琉球で施行している『ちゅらうちなー安全なまちづくり条例』を全国展開すること。これは沖縄県、事業者、ウチナンチュー、学校、警察が一体となった取り組みで、犯罪のない安心・安全なまちづくりを目指しているもの。2004年11月に奈良県で発生した小学1年生女子殺害という、卑劣な事件を再発させないためにも、“連携プレー”の強化を望みたい。 『ちゅらうちなー安全なまちづくり条例』の概要は次の通り。  

①推進会議を設置して、この条例を推進する。  

②道路・公園・駐車場・共同生活の防犯性の向上をはかる。  

③学校や通学路等での安全対策を促進する。  

④観光客の安全対策を促進する。  

⑤犯罪被害者等が平穏生活できるように支援する。

また、『ちゅらうちなー安全なまちづくり条例』と併せて、『ちゅらさん運動』も推進しており、次はスローガンを紹介しよう。

①ちゅらびとづくり  

これは地域防犯リーダーの育成、地域あいさつ運動の励行、少年の健全育成、少年が被害に遭わないための活動、少年の居場所づくりを推進。琉球の将来を担う、子供たちの健全な育成をはかることが目的である。

②ちゅらまちづくり  

学校、通学路、道路、公園、駐車場、共同住宅、特定小売店舗における防犯対策を強化し、安全・安心な環境を確保するのが目的。

③ちゅらゆいづくり  

推進体制の整備、犯罪情報の提供、安全マップの作成、防犯パトロールの実施、犯罪被害者等に対する支援をはかり、地域の連帯とユイマールを取り戻すのが目的。ちなみに「ユイマール」の意味は“人々の結びつき”である。  

全盛期の『暴れん坊将軍』は江戸庶民のユイマールが描かれているように思う。今の時代、私もそうだが、近所付き合いが消滅の方向に向かっており、犯罪の凶悪化や未成年者の逮捕増加などで、危機感を感じているのだろう。  

沖縄県教育委員会のホームページによると、『ちゅらうちなー安全なまちづくり条例』『ちゅらさん運動』の一環として、2004年9月3日(金曜日)、琉球すべての小学校において、“親子ふれあい下校”を実施。世に言う“集団下校”の1種だと思うが(その現場に立ち会っていないので、推測せざるをえない)、“子供を守るのは大人の務め”ということを再認識する意味でやったものと私は受け止めている。

残念なことに2005年1月10日(月曜日・成人の日)、新成人が大暴れして警察ザタになってしまい、数日後には子供の虐待で母親がパクられる出来事があった。浸透するまで、まだまだ時間がかかりそうであるが、私はこの取り組みに賛同し、応援してゆきたい。

★備考

今回の記事は2005年1月に執筆したもので、一部、加筆・修正しております。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

少子高齢化 [らりるレビュー]

「1.29」  

2004年6月10日(木曜日)、厚生労働省は1人の女性が生涯に産む子供の数(合計特殊出生率)が発表され、前年の1.32を下回り、1.29に。東京都に限っては0.9987となり、少子化が急速に進んでいる。  

出生率低下の理由として、結婚件数の減少と女性の出産年齢が上昇しているなどがある。結婚の晩婚化や豊かな暮らしが、こういう問題を引き起こしているのは明らかだろう。  

私は若い頃から周囲に、「結婚適齢期は23~26歳だよ」と言ってきた。人生で1番バラ色になる時は結婚であると私は信じており、早くその時を迎え、しあわせになって欲しいと願っていた。しかし、私は“結婚適齢期”に結婚するはおろか、運命の出会いさえもなく、情けない。その上、周囲は結婚し、“「2世」という名の子供”を授かったところもあり、取り残された気分で、さびしさがつのるばかりだ。  

1990年代に入ってから、若者のだらしなさが顕著になってきた。自分を認めて欲しいのか、目立ちたいのかはわからないが、染髪やピアスをしており、ブランド商品に手を出して、己を飾る行為をする者が目立つ。しかし、これは間違いだ。ほとんどの若者は人間性がまったく追いついていないのに、そんなモノに手を出すとはあきれるばかりだ。どうして、自然体になれないのだろう? ありのままの姿をさらけ出せば、見方も違っていただろうに。  

最近(と言っても、かなり前だが)は、そういうナリをした外見と人間の中身を違う人を見かけることもある。見慣れてしまえば、普通に接するが、性格の悪い人間はひと目で見抜ける性分は変わらない。  

女性の晩婚化や出生率が減ったのも、だらしない若者のほかに職業の選択肢が増えたこともある。1番目立つのは鉄道やバスの乗務員で、今までは“女人禁制”と思われがちな職種だったが、社会進出により、電車を撮影する女性の姿も見かけるようになった。次に目立つのは派遣社員で、最近は男性も増えているようである。  

私が思うには、この2つの職業は結婚や産休が取りづらいのかもしれない。派遣社員の場合は交通費が出ないありさまで、派遣先企業の社員と同じ仕事をこなしているワリにはボーナスも支給されず、アルバイトなみの冷遇だという。  

鉄道やバスの乗務員は運転士という立場で産休を取ると、カンを取り戻すのに時間がかかるのではないかと懸念する。鉄道の場合は車掌として雇っていることが多いが、実際は運転士も数人いる。男の場合は年中運転しているから、休職以外はカンを取り戻すような事態になることはないが、女性は職場復帰あけ直後に事故が起こってしまったら、会社側の過失はまぬがれないだろう。クルマの運転とはワケが違うのだから。  

少子化が進むと、今度は日本人が減少する問題が発生する。  

2004年10月27日(水曜日)放送の『トリビアの泉』によると、2003年の出生率と死亡率が年中変わらない場合、3000年には日本人が27人に減り、3200年までに絶滅するという。笑いごとではすまされない大問題だ。  

出生率の低下と共に20代の女性の喫煙率が増加しているのも問題で、真剣に子供を産む気があるのだろうか? そりゃ、人によっては子供を産みたいけど、煙草も吸いたい女がいるだろう。しかし、それでは未熟児や障害児を産んでしまう可能性は高いし、禁煙社会が世界的に進んでいるのだから、煙草の売買を禁止するべきだ。  

少子高齢化や日本人減少を食い止めるために、1つ提案したいのは“独身定年制度”である。 これは強制的な制度となってしまい、民主主義に反することだが、25歳になれば強制的にお見合いをさせるなり、付き合っている異性がいれば、自動的に結婚させ、離婚は永久に認めない。その代わり、出産費用や養育費などは国や役所が負担するなど、第3次ベビーブームを作らせる制度だ。  

これは昔、中国では人口を抑えるために“ひとりっこ政策”を行なっており、それを参考に提案したことだが、当然ながら批判が続発し、実現しないだろう。だが、我々がこの世からいなくなり、日本に日本人がいなくなってしまえば、外国になってしまうおそれがある。

少子高齢化は“世の中が便利になり過ぎた代償”と言える。もし、日本人が減少してしまったら、経済大国から“砂漠の国”と化し、人々は飢えるだろう。だって、国民の娯楽が消える可能性があるんだよ。そして、政治的な地位が低下することにもなるので、食料とかの輸入が打ち切られる可能性もある。  

私自身、結婚できるかどうかという不安もあるし、子供を授かることになれば、出産費用や教育方針などで悩むことも多くなるだろう。実を言うと、子孫が生まれなければ、岸田家が絶滅する危機にあるので、大いにあせっている。

★備考

今回の記事は2004年11月に執筆したもので、一部、加筆・修正しております。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。

メッセージを送る