So-net無料ブログ作成
検索選択
事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

執筆実績一覧 [公式執筆記録-私の作品-]

P1360984.JPG

今回はメディアでの執筆実績と参考記事を御紹介いたします。

◆執筆実績一覧
 
 
 
 
Spotlight
(サーバーエージェント刊)

Spotlight.Kishida Version..png

※随時更新中。

しらべぇ
(NEWSY刊)

Holiday
(クックパッド刊)


※随時更新中。

●中西哲生のクロノス (東京エフエム放送)

  ・2014年10月30日放送
「“リポビタンD TREND EYES”
2014秋・魅惑の食堂列車 おススメランキング ベスト3!』」
ラジオ初登場。当方のコメントを放送。

●webR25
(リクルート運営のウェブメディア)

・2014年4月2日掲載
「ホタテの殻で恋愛成就!? 全線復旧する三陸鉄道の見所とは」
※当方初の“逆取材”。コメント掲載

ハフィントンポスト日本版
 (ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン刊)


Huffingtonpost.Kishida Version..png

2016.2.10 ハフィントンポスト.jpg



※随時更新中。

●エキサイティングマックス!
(ぶんか社刊)


・2013年9月号
(2013年7月26日発売)
「祝世界文化遺産登録!
夏休みに行きたいあっぱれフジヤマビュートレインの旅!!
静岡派? 山梨派?」

岸田法眼のRailway Island.
(ヤフージャパン刊)

cover-1372398434.jpg


●「鉄道と旅」お宝図鑑
(プレジデント社刊)


「鉄道と旅」お宝図鑑表紙a.jpg

・2013年4月24日発売
「『クモハ』って何? 今さら聞けないギモン30」
※『プレジデント フィフティ・プラス「鉄道と旅入門」』(同社刊)の転載。

●Wattention Tokyo Edition
(和テンション刊)


Wattention Tokyo Edition, Vol.06表紙


  

・Vol.06(2012年11月20日配布)
「TOKYO TRANSPORTER VOL.3
Tokyo’s train network:
complexity vs. convenience」

 
Wattention Tokyo Edition, Vol.07表紙

・Vol.07(2013年2月25日配布)
「TOKYO TRANSPORTER VOL.4
Asakusa station welcomes
you with its original finesse」

Wattention Tokyo Edition, Vol.08表紙

・Vol.08(2013年5月下旬配布)
「TOKYO TRANSPORTER VOL.5
New Connection,New Shibuya」

 
●電車運転台のすべて
(玄光社刊)

電車運転台のすべて

・2012年9月22日(土曜日)発売
「密着ルポ  銀座線1000系の魅力を追え」
「第3軌条初の冷房車 10系、10A系(大阪市交通局)」
「COMFORT SALOON 2代目3000系(京阪電気鉄道)」
「Vault Super Express 50000形(小田急電鉄)」
「オールワイドドア 15000系(東京地下鉄)」
「リゾート21 2100系(伊豆急行)」
「E231系の相鉄版 10000系(相模鉄道)」
「ベルニナ号 1000形(箱根登山鉄道)」
「SPACIA 100系(東武鉄道)」
「A・N・R・S 3000形(横浜市交通局)」
「最新リニアメトロ路線 10000形(横浜市交通局)」
「運転士の本音に迫る! 現役運転士に突撃インタビュー」
「仕事の裏側に密着 運転士の1日」
「運転士へのQ&A」 (当方の企画で、執筆はしていません)
「電車の運転士になるには」
「電車の電気はどのように流れてくるのか?」
「架空線式、第3軌条、剛体3線式の違いは?」
「もっと知りたい電車の周辺部」
「知っておきたい基礎知識3」
※制作した編集プロダクションのミスにより、多数の誤植が発生しております。
 
 
●鉄道ファン
(交友社刊行)

鉄道ファン2013年1月号表紙

・2013年1月号(2012年11月21日発売)
「THE TOKYU RAILWAY WORLD
東横線渋谷~代官山ウオッチング」

鉄道ファン2012年8月号表紙

・2012年8月号(2012年6月21日発売)
「THE TOBU RAILWAY WORLD
東京スカイツリータウングランドオープン」

鉄道ファン2012年5月号表紙


・2012年5月号(2012年3月21日発売)
「JR九州 快速“くまもとライナー”」
※写真提供のみ


鉄道ファン2012年3月号表紙

・2012年3月号(2012年1月21日発売)
「東京地下鉄千代田線06系(写真提供)」
「大阪市交通局御堂筋線10系第4編成(写真提供)」
「THE TOBU RAILWAY WORLD~今,東武から目が離せない~(執筆記事)」

●新幹線EXPLORER
(イカロス出版刊)

新幹線EXPLORER Vol.22表紙

●Vol.22(2012年1月21日発売)
「初代『のぞみ』形300系フォーエヴァー」

●路面電車パーフェクトガイド
(ネコ・パブリッシング刊)

P1460984a.JPG
「京福電気鉄道モボ301形」
※写真のみ提供


●週刊東洋経済
(東洋経済新報社刊)

『週刊東洋経済臨時増刊 鉄道完全解明2011 ニッポンをつなぐ鉄道魂!』表紙
鉄道完全解明2011 ニッポンをつなぐ鉄道魂!
(2011年6月30日発売)
「屋代線フォーエヴァー
信州路の赤字ローカル線再生と永年存続を懸けた2年間の奮闘」
取材協力:長野電鉄鉄道事業部、長野市企画政策部交通政策課新幹線高速道室

●たけしのニッポンのミカタ!
(テレビ東京)


「正しい休日のススメ!?」
(2011年4月22日放送)
113系ボックスシート写真提供。執筆及び番組出演なし。

●OKWave(OKWave刊)

「OKGuide」

●新幹線完全ガイド
(ベストセラーズ刊)

P1460101a.JPG

「新幹線の歴史-Legend of SHINKANSEN-」
(2011年3月23日発売)

●おさんぽ神保町WEB (おさんぽ神保町編集室刊)

「クリスマスワークショップ&おはなし会 in BOOKHOUSE 神保町」
(2010年12月23日公開)


●鉄道ひとり旅ふたり旅
(枻出版社刊行)

・№5(2010年12月20日発売)
「Hot LineJR西日本287系投入に伴い、特急『北近畿』は特急『こうのとり』に変更」
※無署名記事

hyo1(鉄道ひとり旅ふたり旅№3表紙).JPG


・№3 (2010年8月20日発売)
「中央線から『オレンジ』が消えた!
愛されて30余年。
さようなら201系」


鉄道ひとり旅ふたり№2表紙.JPG

・№2 (2010年6月19日発売)
「誌上シミュレーション
5大都市発2300円でどこまで行ける!?」

●鉄道のテクノロジー
(三栄書房刊行)
 
『鉄道のテクノロジーVol.16』表紙.jpg

・Vol.16(2013年12月21日発売)
「岸田法眼の鉄道徒然草
第10回 北海道新幹線を占う」

『鉄道のテクノロジーVol.15』表紙.jpg

・Vol.15(2012年12月21日発売)
「岸田法眼の鉄道徒然草
第9回 JR東日本E1系フォーエヴァー
-お疲れさま、愛しのヘビー級新幹線電車-」

 
たのやくvol.108表紙.jpg


※「岸田法眼の鉄道徒然草」第9回は、『たのやく』vol.108(たのやく出版刊)に転載されました。

鉄道のテクノロジーVol.14表紙

・Vol.14(2012年4月3日発売)
「岸田法眼の鉄道徒然草
第8回 優等夜汽車2012
-定期運転から外れた大阪始発の夜行列車-」

鉄道のテクノロジーVol.13表紙


・Vol.13(2011年12月21日発売)
「岸田法眼の鉄道徒然草
第7回 Smile Angel 800系
-南国KYUSHUで輝く白いヒカリの超特急-」

鉄道のテクノロジーVol.11表紙


・Vol.11(2011年6月21日発売)
「岸田法眼の鉄道徒然草
第6回 栃木~東京を結ぶ“ふるさとのロマンスカー”
―急行『りょうもう』は1800系がよく似合う―」

鉄道のテクノロジーVol.10表紙

・Vol.10(2011年3月31日発売)
「岸田法眼の鉄道徒然草
第5回 北陸本線食パン電車419系
-記憶に残るリストラ電車-」

鉄道のテクノロジーVol.9表紙

・Vol.9(2010年12月21日発売)
「岸田法眼の鉄道徒然草 
第4回 -KING OF SHINKANSEN-
100系賛歌 衝撃の2階建て新幹線」

鉄道のテクノロジーVol.8表紙

・Vol.8(2010年6月21日発売)
「岸田法眼の鉄道徒然草 
第3回 貧乏旅を支えたJR北海道伝説の快速列車も過去帳入り」

鉄道のテクノロジーVol.7表紙

・Vol.7(2010年4月21日発売)
「岸田法眼の鉄道徒然草 
第2回 ブルトレ牽引機の思い出」

鉄道のテクノロジーVol.6表紙.JPG

・Vol.6(2010年2月20日発売)
「岸田法眼の鉄道徒然草
第1回 省エネ201に愛を込めて」


●プレジデント フィフティ・プラス
(プレジデント社刊)

PRESIDENT_50plus_2010.1.21.jpg

・PRESIDENT 2010.1.21号別冊「鉄道と旅入門」
(2009年12月21日発売)
「『クモハ』って何? 今さら聞けないギモン30」
取材協力:JR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州、京王電鉄、交通新聞社、交友社、書泉グランデ、西武鉄道、東京急行電鉄、東京地下鉄、東京都交通局、東武鉄道、電気車研究会
※国会図書館の検索画面で「岸田法眼」を入力すると、この記事が表示されます。

●週刊鉄道データファイル
(デアゴスティーニ・ジャパン刊)


P1400156a.JPG

・298号(2009年12月8日号、2009年11月24日発売)
「国鉄・JRの車両:183系特急型電車:183系800番代」
「国鉄・JRの車両:183系特急型電車:183系200番代」

P1400139a.JPG

・297号(2009年12月1日号、2009年11月17日発売)
「国鉄・JRの車両:700系新幹線電車:700系0番代」
「国鉄・JRの車両:700系新幹線電車:700系3000番代」
「国鉄・JRの車両:700系新幹線電車:700系7000番代」
「国鉄・JRの車両:700系新幹線電車:700系9000番代」
「国鉄・JRの車両:457系急行型電車:455系・475系・457系改造編入車」
「国鉄・JRの車両:457系急行型電車:455系・475系・457系改造車」

P1400105a.JPG

・296号(2009年11月24日号2009年11月10日発売)
「国鉄・JRの車両:115系近郊型電車:115系改造車・改造編入車」

P1400031a.JPG

・295号(2009年11月17日号)
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行、2009年11月2日発売)
「国鉄・JRの車両:8000系特急型電車」

P1390959a.JPG

・第294号(2009年11月10日号、2009年10月27日発売)
「国鉄・JRの車両:489系特急型電車:489系改造編入車」
「国鉄・JRの車両:489系特急型電車:489系カラーバリエーション」

P1390928a.JPG

・第293号(2009年11月3日号、2009年10月20日発売)
「国鉄・JRの車両:885系特急型電車:885系『ソニック』用」

P1390887a.JPG

・第292号(2009年10月27日号、2009年10月13日発売)
「国鉄・JRの車両:719系近郊型電車」
「国鉄・JRの車両:50系一般型客車:50系ジョイフルトレイン」

P1390768a.JPG

・第290号(2009年10月13日号、2009年9月29日発売)
「国鉄・JRの車両:14系特急型客車:14系ジョイフルトレイン」

P1390678a.JPG

・第289号(2009年10月6日号、2009年9月18日発売)
「国鉄・JRの車両:E751系特急型電車」
「国鉄・JRの車両:12系急行型客車:12系改造車」
「国鉄・JRの車両:12系急行型客車:12系ジョイフルトレイン」

P1390677a.JPG

・第288号(2009年9月29日号、2009年9月15日発売)
「国鉄・JRの車両:E351系特急型電車:E351系2次型」
「国鉄・JRの車両:E351系特急型電車:E351系1000番代」

P1390673a.JPG

・第287号(2009年9月22日号、2009年9月8日発売)
「国鉄・JRの車両:485系特急型電車:485系ジョイフルトレイン」

P1390656a.JPG

・第286号(2009年9月15日号、2009年9月1日発売)
「国鉄・JRの車両:205系通勤型電車:205系3000・3100番代」
「国鉄・JRの車両:205系通勤型電車:205系その他の改造車」

P1390645a.JPG

・第285号(2009年9月8日号、2009年8月25日発売)
「国鉄・JRの車両:783系特急型電車:783系リニューアル車」
「国鉄・JRの車両:783系特急型電車:783系分割・併合改造車」
「国鉄・JRの車両:201系通勤型電車:201系民営化後の改造車」
「国鉄・JRの車両:201系通勤型電車:201系『四季彩』」

DSC_0459a.JPG

・第282号(2009年8月18日号、2009年8月3日発売)
「国鉄・JRの車両:7000系通勤型電車」
「国鉄・JRの車両:6000系近郊型電車」

P1390446a.JPG

・第279号(2009年7月28日号、2009年7月14日発売)
「国鉄・JRの車両:207系通勤型電車(JR西日本)」
※編集部のミスにより、執筆者欄に私の名がありません。

P1390364a.JPG

・第278号(2009年7月21日号、2009年7月7日発売)
「国鉄・JRの車両:207系通勤型電車(国鉄)」
「国鉄・JRの車両:125系近郊型電車」

●苫小牧鉄道新聞(苫小牧鉄道新聞刊)

・第24~27号「蝦夷路快速」

●Unow?
「あの人はなぜ鉄道にハマル?」(質問、解説、写真提供。なお、2009年3月10日でサービス終了)

・記事46 「〈ひかり〉がよく似合う車両は(Y)100系、(N)0系」(2008年12月掲載)

・記事43「車両の種別や行先表示は(Y)幕式がいい、(N)LEDがいい」(2008年11月掲載)

●Unow?
「モハよう著者からの20の質問」(質問、解説、写真提供。なお、2009年3月10日でサービス終了)


・質問39
「中之島線と阪神なんば線は開業初日にできれば乗りたい(Y)、しばらくして空いてからでも(N)」
(2008年10月掲載)

・質問33
「鉄道が好きであるからには日本の鉄道完全制覇を目指す(Y)、目指さない(N)」
(2008年9月10日掲載)

・質問28
「列車でちょっと遠出するとき座るなら、クロスシート派(Y)、ロングシート派(N)」
(2008年8月11日掲載)

●TRAIN MODELING MANUAL
(ホビージャパン刊)

P1390635a.JPG

・Vol.5(2009年8月21日発売)
「ブルートレインの歴史(下)」

vol4B.JPG

・Vol.4(2009年5月16日発売)
「ブルートレインの歴史(上)」
「寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァー」

P1310702.JPG

・Vol.1(2008年6月21日発売)
「PROTOTYPE GUIDE 国鉄185系とクロ157」
「PROTOTYPE GUIDE 京浜急行電鉄 初代1000形」
「PROTOTYPE GUIDE 新幹線N700系」
「PROTOTYPE GUIDE JR九州883系」



Yahoo! セカンドライフ(選抜サポーター制時代。2009年12月24日でサービス終了)

「期間限定常磐線ブーム」(2007年2月19日掲載)
「鉄道の改善点」(2007年2月8日掲載)
「旅の宿」(2007年1月29日掲載)
「旅行貯金」(2007年1月15日掲載)

※私がメインで執筆した、鉄道のムックが2011年4月に某出版社より刊行される予定でしたが、東日本大震災の影響により、発売が中止されています。

◆参考記事

・鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「恐るべし、岸田法眼さん!&モハようが鉄道ファン7月号に掲載」

・鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「岸田法眼さんがいよいよ雑誌デビュー!」

・鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「岸田法眼さん執筆の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』」

・鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「車止めの絶対的な魅力」

・鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「東武日光線栗橋-南栗橋に癒される」
※「ps.」参照

・オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「副都心線を応援します!」

・オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「鉄道居酒屋キハ」

・オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「Ryomo to Jomo その1」

・オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「種別(東武・特急スペーシアなど)」

・オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「パノラマ渋谷の濃ゆい夜」

・八草きよぴ非公式モリゾー愛ブログ
「プチ大回りで目黒線に(前編・渋谷経由で四ツ谷へ)」

・星野佳世の all my loving☆
「キハで初入鋏」
※コメント欄参照

・星野佳世の all my loving☆
「『写真電車』出発進行!」
※コメント欄参照

・星野佳世の all my loving☆
「『いわし』『さんま』『青春18切符』」

・me-coの雑学ネタ帳
「東武10030系」

・me-coの雑学ネタ帳
「東急5000系」

・me-coの雑学ネタ帳
「JR北海道789系」

・米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!
「日本の夜行列車の松明の灯を消すな!! 『大垣夜行』季節列車化→ 廃止?反対!! 大阪延伸希望!」

・米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!
「日本の夜行列車の松明の灯は消えてゆくのか!?」  

・八草きよぴ(kiyop)非公式モリゾー愛ブログ
「書籍-『週刊東洋経済・鉄道完全解明2011』」

執筆依頼は、お問い合わせフォームを御利用ください。



今後とも、旅、鉄道、小説、時事問題をテーマに執筆する、レイルウェイ・ライターの岸田をよろしくお願いいたします。

来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらをクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。


nice!(6)  トラックバック(4) 
共通テーマ:仕事

Railway Blog900回、観客動員数185萬人突破記念スペシャル!! さぁー、みんなで『週刊鉄道データファイル294号』を買いに行こう!! [公式執筆記録-私の作品-]

記事数:899|nice!:3,963|総閲覧数:今日:2,818/累計:1,851,320|読者数:38
アクセスランキング:169位
ブログテーマ:旅行(6位/836ブログ中)

P1390959a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年10月30日(金曜日)で、観客動員数は185萬人を突破しました。どうもありがとうございます。また、今回で900回目の記事となります。

さて、見本誌の到着が発売後になるため、御連絡が遅れてしまい申し訳ございませんが、2009年10月27日(火曜日)、『週刊鉄道データファイル294号(2009年11月10日号)』が発売されました。

早いうちに本屋さんへ直行してくださいね。また、大きな本屋以外では販売していないかもしれません。本屋さんで予約すると、送料がかからないことが多いので、おトクです。  

気になるお値段は消費税込み560円(本体533円)。毎週火曜日に発売しておりますが、毎回、私が登板するとは限りません。  

私の執筆記事は次の通りです。

◆9ページ
国鉄・JRの車両:489系改造車・改造編入車(SHEET:05)

◆10ページ
国鉄・JRの車両:489系カラーバリエーション (SHEET:06)
 

3301968

「489系特急型電車」は、すでに「SHEET:04」まで進んでおり、「SHEET:05」以降は私が執筆しております。  

◆未公開原稿集

・ただし、先述した「ラウンジ&コンビニエンスカー」の連結により、「白山」は新しい展開で、ゆとりスペースが帰ってきたのである。  

3301961

次号は1日早い2009年11月2日(月曜日)の発売予定です(地域によって異なる場合があります)。

雑誌は多くのスタッフの皆様の総力を結集して作られております。御購入いただきますよう、お願い申し上げます。

さぁー、みんなで買いに行こう!!  

完売の際は御容赦ください。また、「nice!」を押される方、コメントやトラックバックをされる方は、お買い求めいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

★今回、御紹介した商品のおさらい

P1390959a.JPG

『週刊鉄道データファイル294号(2009年11月10日号)』
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行)
定価560円(本体533円)
雑誌コード22452-11/10


★備考

①デアゴスティーニ・ジャパンホームページは、こちらにクリック!!

②『週刊鉄道データファイル』ホームページは、こちらにクリック!!

③書泉ホームページは、
こちらにクリック!!


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

あと1回でRailway Blog900回 観客動員数184萬人突破!! [鉄道評論]

記事数:898|nice!:3,957|総閲覧数:今日:3,221/累計:1,841,940|読者数:38
アクセスランキング:152位
ブログテーマ:旅行(6位/828ブログ中)

DSC_0184a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年10月27日(火曜日)で、観客動員数は184萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆2009年の汽車旅2シリーズ目次一覧

・2009年の汽車旅2-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-05

・2009年の汽車旅2-2
(JR西日本キハ127系、キハ122系試乗)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19

・2009年の汽車旅2-3
(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-22

・2009年の汽車旅2-4
(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23

・2009年の汽車旅2-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-26

・2009年の汽車旅2-6
(第4回貴志川線祭り-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27

・2009年の汽車旅2-7
(第4回貴志川線祭り-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-29

・2009年の汽車旅2-8
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-08

・2009年の汽車旅2-9
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-09

・2009年の汽車旅2-10
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-24

・2009年の汽車旅2-11
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-26

・2009年の汽車旅2-最終回
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-27

◆ブログレポート2009年9月

①ブログの活動状況

ブログ年齢:3年11か月
マメ度:4…あなたは非常にマメなブロガーです。
フレンドリー度:3…あなたのフレンドリー度は標準的です。

②『岸田法眼のRailway Blog.Season 5』のアクセス状況

前月(2009年9月)…100542アクセス
前々月(2009年8月)…93216アクセス
3か月前(2009年7月)…103145アクセス

③『岸田法眼のRailway Blog.Season 5』から注目記事をピックアップ! 過去3か月間でアクセス数の多い記事ベスト3

1位:
特急〈スペーシアきぬがわ3号〉鬼怒川温泉行き

2位:臨時快速〈ムーンライト九州〉〈ムーンライト松山〉〈ムーンライト高知〉フォーエヴァー-関西発着の夜行快速は切り捨てられていた!!- 

3位:
民主党に政権が変わる秋の到来 観客動員数165萬人突破!! 

④1年前の今月、あなたはこんな記事を書いていました

1年前…
INDEX 2008年9月-2008年9月もすべて、観客動員数1日4ケタ!!-

◆2009年10月21日(水曜日)から10月27日(火曜日)までのmixi日記
■2009年10月22日(木曜日)
つくばエクスプレスのドア


2009年10月20日(火曜日)、オータム葉原へ。久しぶりに、つくばエクスプレスを利用したら、ドアの外側にイエローラインを発見した。そこには「引き込まれにご注意下さい」と書かれている。開業当初はなかった。 同業他社はドアの内側にイエローまたはオレンジのラインがあるため、違和感がある。ちなみに、つくばエクスプレス方式のドアは、JR西日本225系でも採用される。

車内の英語放送は、東京メトロと違い、キッチリ案内しているのがイイ。東京メトロの英語放送は外国人向けに駅ナンバリングを設定しているのに、「ステーションナンバーx」という案内をしていないのだ。なぜ? 話は変わり、ある40代の女性が話していたが、この時期に発売される若い女性向けの雑誌は、クリスマスに関する特集を組むのに、今年はまだないという。 クリスマスといえば、1年のなかで、好きな異性と深く愛し合いたい日のようだが、不況で特集にならないようならば、新しいカタチを作ってみたらいかがだろうか。 私はクリスマスにふさわしいものを提案すると、周囲は大爆笑。「面白い」と賛同した。それはなにか?

答えは、クリスマスイブに付き合っている異性と別れることである。つまり、片方は三行半を突き付け、片方は失恋をするということである。たいていの雑誌はハッピーな日にしたがる。せめて1誌ぐらいは、“究極の別れ”を取り上げ、一生忘れられない日を紹介してもイイと思う。

あと、離婚式。これは結婚式に参列した人々を再び呼んで、まずは御祝儀の全額返金でお詫びを申し上げ、そのあと、誓いのビンタをする。

結婚式をやっておきながら、離婚をするのはある意味、サギだと思う。慰謝料よりも、祝っていただいた方にお詫びをするのが、先ではないだろうか。  

※本日のRailway Blogは、
こちらです

■2009年10月22日(木曜日)
おしどり夫婦


●南田洋子さん死去 夫・長門裕之、最後の思い出は「指をきつく握ってくれた“痛み”」
(mixiニュースより)  


2009年10月21日(水曜日)10時56分、南田洋子さん(76歳)が亡くなった。重度のくも膜下出血によるものだった。  

ダンナ様である長門裕之さん(75歳)は記者会見をして、最初は気丈にふるまっていたが、悲しみをこらえ切れず、涙を流した。愛と絆が頑丈かつ強固な“おしどり夫婦”は、これから離れることになっても、愛情を注ぐことは変わらない。そして、出演している舞台は、千秋楽まで全力投球し、そのあとに葬儀が行なわれる。  

南田さんを最後に見たのは、『いつみても波瀾万丈』で、長門さんといっしょに出演したものの、足の運びが悪く、テレビを見て悲壮感があった。その後、認知症という病にかかり、長門さんは全力で支えた。その模様がテレビで放送されると、高視聴率をマークしたという。  

夫婦は『人間プロダクション』を設立し、ホームページには、本当に仲のいい、ごく自然な姿が写っている。結婚しても恋愛している雰囲気が感じられ、“理想の夫婦像”ではないかと思う。おそらく、多くのところは結婚後、「亭主」と「奥方」という立場に縛られてしまい、恋愛は継続できない状況ではないかと思う。いずれ私が結婚するとき、“型通り”になる可能性は高いだろう。  

謹んで、御冥福をお祈りいたします。

★備考  

人間プロダクションホームページは、こちらです

■2009年10月23日(金曜日)
4代目は18歳

京阪電気鉄道は、2009年11月から4代目おけいはんとして、タレント、日向千歩(Chiho Hinata)さんの起用を発表した。

4代目おけいはんは、「樟葉けい子」という名で、日向さんは18歳。3代目おけいはんの神農幸さんとは10歳年下ということになる。3代目はCDを出しているので、偉大な人のあとを継ぐことになるが、おけいはん主役の映画やドラマが決まれば、話題性は充分だろう。ひょっとすると、「朝ドラより、おけいはん」と思う人もいるのかもしれない。

京阪電気鉄道は2010年で開業100周年を迎える。今まで淀屋橋-出町柳間、乗り通したことがないので、特急の展望席か2階席でくつろぎたいと思っている。もちろん、8000系リニューアル車の目玉らしい、ハイバックロングシートではなく、転換クロスシートでね。そして、叡山電鉄の『きらら』だったと思うが、その電車の豪華乗り継ぎが理想である。


★備考

京阪電気鉄道ホームページは、こちらにクリック!!(プレスリリースは、こちらにクリック!!

■2009年10月23日(金曜日)
みっともない


●ミクシィに「ブッ殺す」…宅八郎氏書類送検へ
(読売新聞 - 10月23日 03:54) 


mixiに宅八郎がいると初めて知った。

この男は個人的なことだが、嫌いな人の1人。お目にかかりたくないものだ。相手の男性が被害届を取り下げたのかどうかは不明だが、逮捕されなかったのは、不幸中のさいわいだろう。

私はインターネット上だと、“やりたい放題にやっている”という印象を持つ人は、たぶんいると思う。太田光は「政治を語るな」「漫才だけやればいい」という声を目にしたことがあるけど、私も同じで、「政治の話は似合わない」「鉄道だけ語ればいい」と言われたことがある。

でも、私は言いたい放題なことをしても、人の悪口、陰口、犯罪になるような暴言は一切していない。雑誌で名前が載るようなことをしているのだから、仕事に対する責任感はサラリーマン以上だ。ライターというのは、“一種の芸能活動”なのだから。

今回の宅八郎の行動は、みっともないし、社会的な責任感がないというふうに見える。報道されている以上、mixiは続けられないのではないだろうか。


「ブッ殺す」

この言葉は、フィクション小説、ドラマ、映画の世界だけで使いたい(ノンフィクションは、犯罪になる可能性があります)。

■2009年10月25日(日曜日)
紀州鉄道キハ603フォーエヴァー

●最古級のディーゼル「惜別」の日は25日
(読売新聞 - 10月23日 02:02)
 

11547436.jpg

今日は紀州鉄道の現役最古参気動車、キハ603が千秋楽を迎えた。  

紀州鉄道は北条鉄道から譲渡された気動車が主力となっており、ロングシートではあるものの、冷房がついている。冷房あるなしの違いもあるだろうが、ベテラン車両が50年近くたってくると、故障時における部品の調達も難しいようだ。  

11547438.jpg

この車両は紀州鉄道の顔として、長らく活躍。全区間3キロにも満たないが、ボックスシートなのは優雅だった。車内は「汽車」の雰囲気が漂い、“ホンモノのレトロ”でもあった。  

私は1回しか利用していないが、和歌山県の鉄道はさびしい情勢で、和歌山電鐵が頑張っている状況だ。以前、紀州鉄道は鉄道事業責任者を募集していた。私も応募したけど、落選した。  

11547444.jpg

意外と思われるかもしれないが、紀州鉄道線は日本で3番目に短い旅客鉄道路線(2.7キロ)である。かつて、「日本一短い鉄道会社」として話題になったが、こちらは「日本二」の座を守っている。ちなみに紀州鉄道は『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』の「日本二の旅」で登場した。もし、紀州鉄道が出てくることをわかっていたら、録画していたのになぁー。  

余談だが、日本一短い旅客鉄道路線は第2種鉄道事業者、日本二・日本三短い旅客鉄道路線は第1種鉄道事業者である。

★備考

岸田法眼のRailway Blog.「2002年の汽車旅10-2」は、こちらにクリック!!

※本日のRailway Blogは、こちらです

■2009年10月26日(月曜日)
自称と公称
 

今日は酒井法子被告の初公判が行なわれる。傍聴する権利を得る人は数少なく、おそらく、徹夜をする人もいるだろう。  

先週は押尾学被告、高相祐一被告が相次いで初公判を迎えたが、ニュースを見ている限り、みっともない。押尾被告はなぜ、死亡した女性の名誉を理由に肉体関係になった回数を拒んだのだろうか。遺族が傍聴していることを知っているからか? そして、早くに119番すれば助かった可能性が高いということ、アメリカでMDMA使用暦があることも明らかとなった。ただ、女性が助かった場合でも逮捕されていただろう。  

押尾被告は裁判長から「職業は?」の質問に、「無職です」と答えたという。そして、高相被告「プロサーファーです」と答えた。「自称プロサーファー」と報道され、実際にプロサーファー登録をしていなかったにもかかわらず、ずいぶん開き直っている。  

裁判とは関係ない話だが、“ライターは誰でもなれる”という風潮があるようだ。実際にそういった書籍があり、私も3冊読んだから、予備知識だけは入れてきた。今回は「自称」と「公称」の違いを述べてみたい。  

「自称ライター」というのは、雑誌や書籍で作品を載せていないことをさす。いくら名刺を作って「私はライターです」と言っても、版元は実績を重視されることが多い。近年はホームページやブログも判断材料の1つとなるので、Railway Blogではプライベートに関することを書かないよう、心掛けている。「自称」というのは、商業作品が1つもなければ、いつまでたっても「公称」にはならないだろう。おそらく、フリーライターという世界は、カメラマンになりたい人よりも狭き門だと思う。  

では、「公称ライター」になるのは、どうすればいいのか?  

答えは数通りあるが、基本的には、版元などから依頼を受けなければ「公称」にはなれないだろう。私は当初、鉄道を書く気はなく、社会派ライターとして、やっていく方針だった。しかし、何度も書いたが「鉄道」という万人ウケしない分野がウケるという誤算が発生。2006年秋には当時、選ばれた人間が「サポーター」や「達人」として、記事を提供する『Yahoo!セカンドライフ』編集部から依頼があり、引き受けた。これによって、私は「公称ライター」としてのスタートを切り、メディアデビューを飾ったのである。  

2008年には某編集者が私に興味を持ち、1度もお目にかかったことがないのに『TRAIN MODELING MANUAL』(ホビージャパン刊行)の話を持ってきた。しばらくメールのやりとりはしていなかったものの、『TRAIN MODELING MANUAL』編集部は実車を書ける人を探しており、某編集者に相談。私を覚えており、話を持ちかけたのである。  

こうして、『TRAIN MODELING MANUAL』で商業雑誌デビューを果たし、波や軌道に乗っている意識はないものの、2009年7月には某編集者の勧めで税務署に屋号の開業届を出し、晴れて正式な個人事業主となった。  

フリーライターは個人事業主だが、これを「公称」にする条件をあげてみよう(「条件」というほどエラくはないが)。3つのうち、最低1つ当てはまればいいのではないだろうか。  

①商業誌で執筆している。  

②税務署に認められた個人事業主であること。  

③日本旅行作家協会、日本ペンクラブ、日本推理作家協会などに入っている。  

ライター本では「屋号」について、なにも書かれていないのは残念だが、商売をする以上は屋号を取得するのがいいという。社会的な信用と信頼を得るためには必要不可欠だが、残念ながら「屋号」よりも「会社」のほうが信用度と信頼度が高いというのが難点である。

今後は財団法人か社団法人のいずれかで、『日本フリーライター協会』を設立。既存のモノ書き団体を含め、メンバーでない人間は商業誌や書籍の執筆を法律で禁止させ、「自称」と「公称」をはっきりさせたほうがいいのではないだろうか。“ライターは誰でもなれる”という風潮をなくすには、明文化が必要だ。  

話を元に戻し、裁判長は酒井被告に「名前は?」「職業は?」ときかれたら、どう答えるのだろうか? 私はそこに注目している。  

※本日のRailway Blogは、
こちらです

■2009年10月27日(火曜日)
電車のどこに防犯カメラをつけるの?

●痴漢対策官民会議が初会合「電車に防犯カメラを」
(読売新聞 - 10月26日 12:56)  

近年、痴漢の冤罪が多く、逆に「痴漢」として警察に突き出した女性を訴えたケースもある。痴漢やスリは現行犯逮捕が原則となっており、被害者の証言が証拠になるのがパターンだ。  

私は痴漢捜査について疑問なのは、被害にあった方の下着から指紋を採取したのかどうかである。痴漢は素手でやることが多いのだから、物的証拠になろう。被害にあった方はそこまでしたくないのだろうが、白黒ハッキリさせるには、状況証拠ではムリがあり、冤罪を招いているのだ。  

最近はインターネット掲示板の書き込みで、集団痴漢をする犯罪者がおり、警察もマークしている。しかし、プロバイダーに削除依頼するという犯罪者を見逃す姿勢は気に食わない。これはれっきとした不祥事だ。徹底的に捕らえる気がないようでは、警察の信用、信頼は右肩下がりだ。  

さて、2009年10月26日(月曜日)に警視庁は、関東地方の鉄道事業者と会合を開き、電車内に防犯カメラの設置を要請したという。しかし、慎重な姿勢を見せるところが多い。  

鉄道車両はN700系やE259系などは、デッキに防犯カメラを設置しているが、通勤形や近郊形の車両になると、設置場所が難しい。例えば、島根県を走る一畑電車はワンマン運転のため、防犯や降車客を確認する目的で、車端部に設置されているが、大都市のデッキなし電車だと、防犯カメラの設置にムリがある。

防犯カメラは痴漢防止につながり、証拠になるというが、問題なのは、どこにつけるのかだ。これだと車内の上や下にあちこちに設置しなければならず、痴漢の証拠を撮ることは不可能だろう。それに車掌や運転士も防犯カメラの映像に気を取られて、ミスをする可能性がある。また、乗務員室に映像を設置するスペースがあるかという課題もある。そして、警視庁がそこまで言うからには、設置費用は全額出すぐらいの姿勢でやってもらわないと困る。  

私は車内に防犯カメラをつけるぐらいなら、携帯電話の電波をシャットアウトする車両を開発するのが急務だろう。どうやら妨害電波を流せば可能なようだ。デッキのない車両では相変わらず、携帯電話の通話やイヤホンなしのワンセグ視聴など、苦情はあとを絶たない。いいかげんに「優先席付近では、携帯電話の電源をお切りください」ではなく、「携帯電話の御使用は心臓ペースメーカーに影響を与えるほか、まわりのお客様の御迷惑となりますので、電源をお切りください。また、携帯電話の電波は圏外とさせていただいております」にしなければダメだ。  

鉄道会社は痴漢対策のため、女性専用車を設けているところもあるが、これはれっきとした男女差別。明らかな憲法違反なのだから、やめてほしい。  

もし、男性専用車を設定したら、乗りたくない。間違いなく車内の空気が悪くなるだろう。女性専用車の隣りは、そういう状態で気分が悪くなりかけたことがある。空気清浄機を倍増しないと厳しいんじゃないかな。  

痴漢防止であれば、癒しの芳香剤を車内に充満させて、そういう意欲をなくさせるなど、ほかに打つ手はあると思う。

★備考

岸田法眼のRailway Blog.「女性」は、こちらにクリック!!

※本日のRailway Blogは、こちらです

◆2009年10月21日(水曜日)から、2009年10月26日(月曜日)までのTwitter

・最近、パソコンの調子が悪い。酷使しているのは否定しないが、修理に出したほうがいいのかなぁー?
(7:06 AM Oct 21st webで)

・水泳連盟が茶髪、ピアスなどを禁止することを明文化するそうだが、これは当然のこと。社会人の常識だよ。そうしている人のすべてが悪いわけじゃないけども。
(7:13 AM Oct 21st webで)

・「Twitter is over capacity」の表示が多過ぎる。
(12:32 AM Oct 22nd webで)

http://bit.ly/18TcWx
(1:13 AM Oct 22nd webで)

http://bit.ly/1fuxdc
(1:35 AM Oct 24th webで)

http://bit.ly/MEXXj
(12:50 PM Oct 25th webで)

http://bit.ly/tP3Hl
(1:49 AM Oct 26th webで)

◆観客動員数182萬人から184萬人へのあしあと

・2009年10月21日(水曜日)…182萬1000人突破

・2009年10月21日(水曜日)…182萬2000人突破

・2009年10月22日(木曜日)…182萬3000人突破

・2009年10月22日(木曜日)…182萬4000人突破

・2009年10月22日(木曜日)…182萬5000人突破

・2009年10月23日(金曜日)…182萬6000人突破

・2009年10月23日(金曜日)…182萬7000人突破

・2009年10月23日(金曜日)…182萬8000人突破

・2009年10月23日(金曜日)…182萬9000人突破

・2009年10月24日(土曜日)…183萬人突破!!

DSC_1117a.JPG

・2009年10月24日(土曜日)…183萬1000人突破

・2009年10月24日(土曜日)…183萬2000人突破

・2009年10月25日(日曜日)…183萬3000人突破

・2009年10月25日(日曜日)…183萬4000人突破

・2009年10月25日(日曜日)…183萬5000人突破

・2009年10月26日(月曜日)…183萬6000人突破

・2009年10月26日(月曜日)…183萬7000人突破

・2009年10月26日(月曜日)…183萬8000人突破

・2009年10月27日(火曜日)…183萬9000人突破

・2009年10月27日(火曜日)…184萬人突破!!


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ




来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2009年の汽車旅2-最終回 [汽車旅2009]

◆お知らせ

・「2009年の汽車旅2-1~9」を御覧になっていない方は、こちらにクリック!!

・2009年の汽車旅2-10
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-24

・2009年の汽車旅2-11
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-26

◆“帰京の方程式”崩壊の大ピンチ!!  

特別快速浜松行きは17時49分、終点豊橋3番線に到着。以前ならば、向かいの4番線の普通電車静岡行きに乗り換えていたが、今回のダイヤ改正で普通電車沼津行き(クモハ211-6002:ロングシート)に変わり、隣りの2番線へ移動しなければならなくなった。おまけに211系5000・6000番代5両編成で、トイレがない。

普通電車沼津行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
静岡なしクモハ211-6002ロングシート
 なしク ハ210-5050ロングシート
 なしクモハ211-5026ロングシート
 なしモ ハ210-5026ロングシート
浜松なしク ハ210-5026ロングシート

17時52分に発車。次の天竜川で、少々空いたのでロングシートに坐る。近郊形電車なのにトイレをつけようとしないのは困ったものだが、ロングシートの坐り心地は、JR東日本の211系よりいい。  

DSC_0201a.JPG

普通電車沼津行きは激走し、ドアと窓はよく揺れた。そして、暗闇となり、19時01分、静岡1番線に到着した。

静岡で下車。晩メシを購入し、1・2番線に戻る。19時30分発の普通電車東京行きは373系続投となり、“帰京の方程式”は安泰となったが、発車番線は1番線から2番線に変更された。  

DSC_0205a.JPG

19時14分、2番線に普通電車東京行き(7号車自由席クハ372-10)が入線。ゆとりがあっていいものの、雨は激しさを増してきた。ワイドビューの側窓の景色は、雨でゆがんでいる。  

19時30分に発車。車内の情報案内装置が作動せず、快速〈ムーンライトながら〉臨時格下げの影響がでているのだろうか? ちなみに、この夏乗ったときは、ちゃんと作動していた。  

DSC_0206(P1380902)a.JPG

晩メシは、いつものパルシェ食彩館の中華惣菜 好運樓のほか、『沼津魚がし鮨 静岡パルシェテイクアウト店』に寄り、タイムサービスで全品半額のスシを購入。ラップにくるんだ北海ダコ、ハマチ、カニを購入。合計360円のところ、180円で済んだ。  

さて、普通電車東京行きの車中では、『週刊鉄道データファイル』の原稿に励む。座席周辺にコンセントはついていないので、いけるところまで書くのだが、富士川を発車すると、大雨の影響で徐行運転するアクシデントが発生。そして、ブルートレインとすれ違うことなく、20時17分、定刻より6分遅れで富士4番線に到着。ここで帰京を目前に大ピンチを迎える。

それは大雨により、規定値を突破したため、東海道本線富士川-吉原間が運転見合わせとなったのだ。これでは、その日に帰京できない可能性が出てきた。雨足の激しさは車内でも聞こえてくる。こうなると、三島で東海道新幹線に乗り換えざるを得ないだろう。その後、運転見合わせは静岡-沼津間に拡大してしまう。

DSC_0218a.JPG

3番線に身延線からの特急〈(ワイドビュー)ふじかわ14号〉静岡行きが到着。373系同士がホームで立往生の状態で、「雨は小康状態」と駅員は言うものの、運行再開のメドは立たず、時刻は21時近くになろうとしていた。

◆決断  

私は有人改札へ行き、「新富士駅までは何分ですか?」と改札係員に尋ねたら、「タクシーで5~6分です」と返し、そろそろ決断してもいいだろう。このままだと普通電車東京行きは、途中駅で打ち切りになる可能性がある。  

21時を過ぎ、富士で下車することを決め、タクシーで東海道新幹線新富士駅へ。タクシードライバーの話によると、朝から雨だったが、そんなに強い雨ではなかったという。また、私と同じ行動をとる人は少なくなかったようで、先ほども新富士駅まで利用客を運んだという。  


普通電車東京行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
富士9クモハ373-10自由席
 8サ ハ373-10自由席
 7ク ハ372-10自由席
 6クモハ373-11自由席
 5サ ハ373-11自由席
 4ク ハ372-11自由席
 3クモハ373-8自由席
 2サ ハ373-8自由席
静岡1ク ハ372-8自由席

料金メーターはあがり、830円で新富士駅に到着。赤信号さえなければ、700円台で済んだらしいが、ピンチを救ったタクシードライバーに感謝!!  

DSC_0223a.JPG

予定変更で温存した5000円は、東海道新幹線の乗車券と自由席特急券にまわして、4930円を支払い、1番線へ。新富士を利用するのは初めてだが、安全柵がなく、新鮮に映る。これならば撮影の自由が利く。〈こだま〉しか停まらないのが大きいようだ。  

DSC_0225a.JPG

300系の〈こだま682号〉東京行き(1号車自由席323-43)が到着。1号車自由席は乗車率が少なく、ラクラクGET!! 定刻通り、21時35分に発車すると、三島から先は大雨から脱した。  


〈こだま682号〉東京行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
東京16322-43×指定席
 15329-543×自由席
 14328-86自由席
 13326-543自由席
 12328-86指定席
 11325-743指定席
 10316-43×グリーン車
 9319-43グリーン車
 8315-43グリーン車
 7326-43自由席
 6328-85自由席
 5325-543自由席
 4325-43自由席
 3329-43×自由席
 2325-85自由席
新富士1323-43自由席

三島から原稿執筆を再開し、熱海に到着する直前、運行情報が流れ、東海道本線静岡-沼津間は運転再開のメドが立たないという。東海道新幹線で振替輸送をしてくれないのは困るが、迷った末に決断してよかった。  小田原に到着する頃、東海道本線静岡-沼津間は、21時56分に運転が再開されたという。普通電車東京行きは果たして、このまま東京へ向かったのだろうか?  

すっかり雨はやみ、品川で原稿執筆を終え、残りは自宅で仕上げることにしよう。  

DSC_0226a.JPG

22時47分、終点東京14番線に到着。向かいの15番線は、〈こだま682号〉の到着を見届けたかのように、N700系の〈こだま809号〉三島行き終電が発車した。いつかはN700系の〈ひかり〉を見たいなぁー。


★備考

①今回の動画は、こちらにクリック!!



※eyevioは動画の順番を決めるドラックの不調により、乱れております。原因究明と復旧するまで、いいかげんな状態になることを御了承ください。

②パルシェホームページは、
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2009年の汽車旅2-11 [汽車旅2009]

◆お知らせ

・「2009年の汽車旅2-1~9」を御覧になっていない方は、こちらにクリック!!

・2009年の汽車旅2-10
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-24

◆サブ駅名は阪急とJR九州に配慮?



※大阪を発車する221系の快速(明石から普通電車)姫路方面網干行き  

DSC_0184a.JPG

新大阪から青春18きっぷを使い、東海道本線の快速(西明石から普通電車)姫路方面網干行き(1号車クハ221-33:弱冷車)に乗り換え、大阪へ。そこからは13時00分発の新快速米原方面長浜行きで折り返すつもりでいたが、12時55分発の快速(高槻から普通電車)米原行きは221系が登場(6号車クモハ221-6:ローレル賞のプレートつき)。迷わず乗り込む。ダイヤ改正前は223系2000番代だったため、221系が復帰したことになる。
 

快速(西明石から普通電車)姫路方面網干行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
大阪1ク ハ221-33弱冷車
 2サ ハ220-14弱冷車
 3モ ハ220-14なし
 4サ ハ220-13なし
 5モ ハ220-13なし
 6サ ハ221-33なし
 7モ ハ221-33なし
新大阪8クモハ221-33なし

DSC_0186a.JPG

12時55分に発車。新大阪で席が埋まる程度に減ったが、吹田を通過するとスピードが落ちてしまう。岸辺を通過しても回復せず、進行方向右側の阪急正雀工場では、6300系の中間車1両がポツンと置かれ、種別幕は「救援」、方向幕は「嵐山-桂」を表示している。このあと、リフレッシュ工事を受けて、嵐山線に転用されるのか、廃車になるかのどちらかであろう。  

快速(高槻から普通電車)米原行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
米原6クモハ221-6ローレル賞のプレート
 5モ ハ221-6なし
 4サ ハ221-6なし
 3モ ハ220-20なし
 2サ ハ220-20弱冷車
大阪1ク ハ221-6弱冷車

千里丘を通過すると、「キンコン、キンコン」と鳴り響き、止まりそうになる。信号の色はスカッとした青ではなく、先行の各駅停車高槻行きが遅れているのだろう。  

2分遅れで茨木を13時09分に発車すると、勢いは出るものの、100㎞/hも出ず、高槻に到着。207系シリーズの各駅停車高槻止まりに追いつき、ここからは完全に勢いが戻る。  

島本に停車。207系シリーズの各駅停車西明石行きとすれ違うものの、発車したときの音がJR東日本209系と同じことにブッたまげた。この音をする車両は207系初期の車両なのだ。  

本来は長岡京で抜かれる新快速米原方面長浜行きは、遅れにより山崎で抜かれる。そのあと、長岡京で関空特急〈はるか22号〉京都行きに抜かれてしまう。しかし、意外と関空特急〈はるか22号〉京都行きはモタモタしており、普通電車米原行きはあわや追い抜くぐらいの勢いがあったものの、向日町に停まらなければならず、独走を許す。

「次は桂川、桂川です」  

向日町を発車すると、車掌はそう案内する。次の桂川は「久世」というサブ駅名がついており、「次は桂川(久世)」と案内すると思っていた。  

DSC_0188a.JPG

桂川(久世)に到着。この駅は「JR桂」という仮称をたてていたが、「桂川(久世)」に落ち着いた。阪急京都線に「桂」、JR九州筑豊本線と篠栗線に「桂川(Keisen)」という駅があるため、“ダブリ”を避けたのだろう。  

13時36分、京都2番のりばに到着。けっこう入れ替わり、13時37分に発車。大津でEF210形の貨物列車に抜かれてしまう。貨物列車の昼間は、旅客列車のスキマに入って走るため、のんびりしているように思えるが、夜は速い。夜行列車は減っているが、東海道本線に限っていえば、JR貨物は多くの列車が設定されている。

南草津、草津で減り、転換クロスシートは各列1人坐っている状況だったが、近江八幡からは空席が発生するようになり、14時42分、終点米原5番のりばに到着。久しぶりに大阪-米原間、221系を心地よく楽しんだ。個人的には始発から乗って、山陽本線西明石-新長田間の複々線の内側(と言っても、内側ではなく、海側だが……)をまだ1度も乗っておらず、夏は始発の網干から乗りたいところだ。

◆減車の新快速、増結の新快速  

DSC_0191a.JPG

8番のりばへまわり、JR東海の普通電車大垣行き(クハ117-26)に乗り換え。向かいの7番のりばには、エル特急〈しらさぎ60号〉米原止まりが到着し、ホームは人であふれているなか、普通電車大垣行きが入線。転換クロスシートにラクラク陣取ると、隣りの6番のりばに新快速近江塩津行きが到着。以前は12両編成で、米原から先は4両編成で運行していたが、今回のダイヤ改正で8両編成に短縮されている(米原から先は従来通り)。  

普通電車大垣行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
大垣なしクハ117-26なし
 なしモハ117-51なし
 なしモハ116-51なし
米原なしクハ116-204なし

新快速近江塩津行きからの乗り換え客が圧倒的に多く、たちまち立客が発生し、14時56分に発車。JR東海所属の117系シリーズは、313系シリーズに置き換えられることが確定的なため、心して乗り心地を味わおう。ちなみにJR東海所属車は4両編成なので、JR西日本にプレゼントしてもいいと思う。ATS-Pを装備しているしね。しかし、JR西日本所属の117系シリーズは115系編入改造車を除き、体質改善車が1両も存在しないため、実現することはないだろう。  

DSC_0194a.JPG

醒ヶ井から雲ゆきが怪しくなる。雨に追いついてしまうのではないかという不安はあるものの、近江長岡になると、霧で視界が悪く、名神高速の案内板では、注意を呼びかけている。空も曇りだしてきた。  

関ケ原を過ぎると、霧を抜け出し、15時31分、終点大垣5番線に到着した。この先の空模様が気になるところである。  

DSC_0195a.JPG

いつものように1番線へまわるが、あれっ? 電車がない!! いつもは新快速豊橋行きが発車を待っているが、今回のダイヤ改正で代わっていたのである。そして、大垣電車区から313系と313系300番代をつなげて入線。今回のダイヤ改正で、2両増結した8両編成に変更されていた。しかし、8両編成とはいえ、浜松へ行かない以上、乗り換えるわけには行かず、次の6両据え置きの特別快速豊橋行きを選ぶ。  

DSC_0197a.JPG

新快速豊橋行きは15時40分に発車するものの、特別快速浜松行き(クハ312-5005)の入線が遅く、15時50分、定刻より4分遅れで到着した。  

15時55分に発車。ついに雨の中へ。「雨雲に追いついてしまった」と言ったほうが正しいのかもしれない。しかし、特別快速浜松行きは尾張一宮を過ぎると、雨雲を突き放す。このまま差をつけて、雨に濡れずに帰京したいところ。だが、天気が回復する見込みはまったくない。



次は刈谷  

名古屋を過ぎ、新駅、南大高を10秒足らずで通過。そのあと、居眠りをして、気がついたら豊橋に到着。寝ているあいだに立客はなくなっていたが、ここから先は各駅に停まるせいか、再び発生する。  

特別快速浜松行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
浜松なしクモハ313-5005なし
 なしサ ハ313-5305なし
 なしモ ハ313-5005なし
 なしサ ハ313-5005なし
 なしモ ハ313-5305なし
大垣なしク ハ312-5005なし

静岡県に入ると、ところどころで雨が降っており、また、風も強いようだ。そのせいか、高塚の駐輪場では、チャリンコが将棋倒しになっていた。

★備考

①今回の動画は、こちらにクリック!!



※eyevioは動画の順番を決めるドラックの不調により、乱れております。原因究明と復旧するまで、いいかげんな状態になることを御了承ください。

②221系備考一覧は、
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ




来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

観客動員数183萬人突破記念スペシャル!! さぁー、みんなで『週刊鉄道データファイル293号』を買いに行こう!! [公式執筆記録-私の作品-]

記事数:895|nice!:3,939|総閲覧数:今日:3,202/累計:1,832,500|読者数:38
アクセスランキング:125位
ブログテーマ:旅行(7位/824ブログ中)
 
P1390928a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年10月24日(土曜日)で、観客動員数は183萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

さて、見本誌の到着が発売後になるため、御連絡が遅れてしまい申し訳ございませんが、2009年10月20日(火曜日)、『週刊鉄道データファイル293号(2009年11月3日号)』が発売されました。 早いうちに本屋さんへ直行してくださいね。また、大きな本屋以外では販売していないかもしれません。本屋さんで予約すると、送料がかからないことが多いので、おトクです。  

気になるお値段は消費税込み560円(本体533円)。毎週火曜日に発売しておりますが、毎回、私が登板するとは限りません。  

私の執筆記事は次の通りです。


◆15・16ページ
国鉄・JRの車両:885系「ソニック」用

P1320964.JPG



 

「885系特急型電車」は、すでに「SHEET:02」まで進んでおり、「SHEET:03」は私が執筆しております。  

今回は革張り座席に注目し、「ディテール検証」というコラムがついております。また、原稿締め切り後に水戸岡鋭治著、『水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン 私はなぜ九州新幹線に金箔を貼ったのか?』が、交通新聞社より発売されておりますので、併せて御覧いただけば、さいわいです。  

さて、2つの動画は2008・2009年夏に撮影しましたが、この1年のあいだに異変がありました。おわかりになられましたでしょうか?

◆未公開原稿集

・885系のセールスポイントである

・特急利用促進を図ったところ、

・また、どちらの編成も「きらめき」で運行されていた。

P1330589a.JPG

雑誌は多くのスタッフの皆様の総力を結集して作られております。御購入いただきますよう、お願い申し上げます。

さぁー、みんなで買いに行こう!!  

完売の際は御容赦ください。また、「nice!」を押される方、コメントやトラックバックをされる方は、お買い求めいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

★今回、御紹介した商品のおさらい

P1390928a.JPG

『週刊鉄道データファイル293号(2009年11月3日号)』
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行)
定価560円(本体533円)
雑誌コード22451-11/3

★備考

①デアゴスティーニ・ジャパンホームページは、 こちらにクリック!!

②『週刊鉄道データファイル』ホームページは、こちらにクリック!!

③書泉ホームページは、
こちらにクリック!!

④今回の動画は、こちらにクリック!!



※eyevioは動画の順番を決めるドラックの不調により、乱れております。原因究明と復旧するまで、いいかげんな状態になることを御了承ください。

★おまけ







ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ




来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

2009年の汽車旅2-10 [汽車旅2009]

◆「2009年の汽車旅2-1~9」を御覧になっていない方は、こちらにクリックしてください

◆阪急6300系特急最後の乗車?  

2009年3月22日(日曜日)、10時頃に阪急京都本線(通称、「京都線」)河原町へ。先日買った阪神のらくやんカードを財布から取り出そうとしたら、なぜか紛失していた。残高60円なので、気にすることもないか。  

DSC_0124a.JPG

券売機で乗車券を購入し、自動改札機を通り、1号線へ。そこには特急梅田行き(8号車6454:携帯電話電源OFF車両)が発車を待っている。もし、9300系ならば淡路で千里線に乗り換えようかと考えていただろう。

6300系の転換クロスシートは、9300系に比べ、フニャフニャした坐り心地だが、10時10分に発車。地上にあがると、特急らしい走るものの、以前の大宮-十三間のノンストップから、こまめになってしまったため、鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞した6300系にとっては、屈辱かもしれない。ちなみに特急は2001年3月24日(土曜日)、停車駅の増加に伴い、大宮は通過とした。  

DSC_0131a.JPG

日中の京都線は、“速いのは特急、遅いのは準急”とすみ分けているせいか、桂でけっこう乗ってくる。隣りにある桂車庫の留置線には、9300系第3編成(阪急の車両は基本的に「0」から始まるので、「2」は第3編成になる)には、『さくら』のヘッドマークがついている。以前は6300系が掲出して、特急の風格を漂わせていたが、9300系の増備により、情勢が変わったようである。
 

特急梅田行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
梅田16354なし
 26804弱冷車
 36904なし
 46854なし
 56864弱冷車、女性専用車両
 66814なし
 76914弱冷車
河原町86454携帯電話電源オフ車両
女性専用車両は平日終日

桂で5300系の準急梅田行きに接続をとり、発車すると、後方にある桂車庫に種別、方向幕とも白表示の6300系が2つもあった。おそらく、嵐山線に転用するリフレッシュ車なのだろう。残念ながら、今回は6300系リフレッシュ車と大阪市営地下鉄30000系の乗車はできず、青春18きっぷ夏シーズンに持ち越しとなった。しかし、秋になっても乗る機会はなく、2010年以降になりそう。  

前日の天気予報では、雨という案内だったが、すっかりやんでおり、回復に向かっている。このまま晴れてほしいと願うものの、のちに大ピンチを迎えようとは想像する由もない。  

進行方向左側には、東海道本線が現れ、特急〈スーパーくろしお6号〉京都行きとすれ違う。本来ならば、すでに終点京都へ到着しているのだが、遅れている。雨の影響なのだろうか。  

そのあと、東海道本線をくぐり、東海道新幹線に合流するも、すれ違いや追い抜かれはなし。進行方向右側の遠くから見える東海道本線で、エル特急〈雷鳥13号〉金沢行きとすれ違う。683系4000番代の投入で、485系が関西から見納めになる日は近い。  

東海道本線の関空特急〈はるか19号〉関西空港行きに抜かれてしまい、高槻市に到着。隣りのホームでは、7300系の準急河原町行きが3300系リフレッシュ車の特急河原町行きと待ち合わせをしていた。今も京都線特急のロングシート運用に歯止めがかからない状況だ。また、昔の7300系は急行、3300系は各駅停車の専用的な運用をしていたが、いつのまにか平等な立場になった。  

P1350196a.JPG

※オリジナルの2300系(2008年9月6日、正雀工場の敷地外で撮影)

DSC_0142a.JPG

※方向幕、種別幕、急行灯などが装備された2300系(梅田で撮影)

茨木市では、2300系の準急梅田行きに接続。2300系は、原形のタイプが京都線で運行されておらず、方向幕と急行灯の取りつけ改造をしたものが使われている。3300系や5300系も、方向幕と急行灯の取りつけ改造を受けており、似たような顔つきになった。また、ワンハンドルマスコンではないせいか、車体上部はクリーム色に塗られておらず、“古きよき時代”を物語っているようだ。ちなみにワンハンドルマスコンの6000系、7000系、7300系はあとからクリーム色をつけたが、ムリヤリ感があって似合わない。貫通扉のまわりを銀色にしていないからである。  

通過する正雀では、後方の正雀車庫に『さくら』のヘッドマークをつけた車両が留置していた(車両は2300系、3300系、5300系のいずれか1つで、遠い位置にあったため、形式名は確認できなかった)。嵐山線の直通電車に使われるのだろう。  

上新庄を通過すると、いつもの減速で淡路へ。大阪市営地下鉄66系の各駅停車天下茶屋行きに接続し、同時発車。もうスピードはあがらない。ちなみに淡路は将来、おおさか東線の乗換駅になるが、それらしき工事はなかった。また、新大阪-放出(Hanaten)間の延伸は相当遅れる模様である。

◆もっと乗りたかった6300系特急  

6300系は昭和50年(1975年)7月31日(木曜日)にデビューし、翌年に鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞。それまでの特急車だった2800系は3ドア化及びロングシート化改造を受け、6300系は阪急のエースに君臨。昭和59年(1984年)1月には、界磁チョッパ制御を採用した6300系(「6330系」とも呼ばれる)が増備され、9編成が在籍することになる。  

6300系は華と品格のある特急形電車で、特急料金不要で利用できるものでは、最高級といえるのではないだろうか。京阪8000系“エレガン都エクスプレス”のブ厚い転換クロスシートは、“坐り心地のよさ”を表しているし、テレビカー、2階建て車両の連結は“乗ってみたい車両”の選択肢を増やした。しかし、カーブが多いせいか、所要時間がかかる難点がある。また、関東地方だと、京浜急行電鉄2100形のノルウェー製の転換クロスシートをしているものの、6300系に比べると、重厚感がないように思う。2100形のフェイスは、2代目1000形に似ているからだろうか。  

DSC_0143a.JPG

2003年10月14日(火曜日・鉄道の日)、9300系がデビュー。6300系の後継車となるものの、特急停車駅の増加により、乗降を円滑にするため、3ドアとなった。転換クロスシートは坐り心地を向上したものの、ロングシートが各車両に存在しているため、セミクロスシートとなってしまった。9300系は6300系のような“王者の風格”がなく、物足りない。しかし、6300系は30年を越える大ベテランとなり、オリジナルの状態を堅持し続けたため、陳腐化は否めず、2008年度からは9300系の増備が急速に進んでいる。これにより、6300系に廃車が発生し、一部は4両に短縮。前述した通り、リフレッシュ工事をして、嵐山線に転用されている。  

さて、特急梅田行きは新快速が常に盛況していることを物語るかの如く、私の隣りは誰も坐らず、乗車している8号車は、転換クロスシートは1人坐っているところが多く、閑散している。  十三から宝塚線に入る。意外なことに宝塚線十三-梅田間は複々線なのである。

 

先に5000系の急行梅田行きに発車され、淀川を渡ったあとに追い抜き、10時52分、終点梅田に到着。降車専用のホームに降りたあと、ドアが閉まり、転換クロスシートは自動的に向きが変わる。そして、1号線で乗車を待ちわびている利用客を万全磐石の態勢で出迎えたのである。

DSC_0139a.JPG

 

11時00分、折り返しとなる特急河原町行きが発車。2009年度も9300系が増備されるため、京都線特急6300系は終焉を迎えそうである。

◆ホームゲートの設置とATO化が進めようとする大阪市営地下鉄  

DSC_0146a.JPG

終点梅田で下車。阪急何番街なのかわからないが、動く歩道をさっさと歩くと、宮殿のような雰囲気の道を歩いて、大阪市営地下鉄御堂筋線(M16)天王寺行き(10号車1818:リニューアル車)に乗り換え。今まで梅田(M16)から御堂筋線を何度か利用しているが、最初にやって来る車両は、100パーセントの確率で10系だ。しかし、今回乗ったのはサイリスタチョッパ制御(「電機子チョッパ」ともいう)から、VVVFインバータ制御に変わった「10A系」である。ちなみに10A系の利用は2回目だが、いずれもリニューアル後に、VVVFインバータ制御へ改造されたものである。
 

天王寺行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
なんば11818リニューアル車
 21518リニューアル車
 31418リニューアル車
 41718リニューアル車
 51618リニューアル車
 61218リニューアル車、女性専用車両、夢塗装車
 71318リニューアル車
 81918リニューアル車
 91018リニューアル車
梅田101118リニューアル車
女性専用車両は平日終日

2009年初の御堂筋線は11時19分に発車。淀屋橋(M17)の乗り換え案内では、京阪中之島線が流れていた。淀屋橋(M17)は京阪本線と中之島線〔大江橋駅〕の乗換駅とされているが、後者の乗り換え時間は5分かかるという。  

DSC_0150a.JPG

11時26分、なんば(M20)に到着。かつて、このホームは島式であったが、なかもず延伸前に変則的な相対式となった。これは新たに2番線を作ったためで、ホームの混雑緩和に貢献している。その後、梅田1番線を谷町線用に作られたホームへ移転。旧1番線は通路に変わり、現1番線に直結したので、再び島式ホームになった。また、梅田1番線の移転により、ラッシュ時における自動改札の入場制限が解消されたという。  

現在、長堀鶴見緑地線では2010年度にホームゲートの設置を目標に、70系の改造工事を実施しており、千日前線では、2009年度から25系をATO運転対応に改造。その後はホームゲートの設置を進め、2014年度末にATO運転を行なう予定であることを明らかにしている。  

そして、大阪市営地下鉄のドル箱路線、御堂筋線もホームゲートの設置、ATO運転が可能かどうかを調査するという。北大阪急行電鉄も賛同するのかどうかはわからないが、もし、2つとも実現可能になると、大阪市営地下鉄のエース、10系はどうなるか?  

10系を簡単に紹介すると、昭和48年(1973年)に初代20系として入団し、昭和50年(1975年)6月9日(月曜日)、御堂筋線の転用に伴い、「10系」に改称。昭和54年(1979年)に量産車が登場し、平成元年(1989年)まで増備が続いた。しかし、初代20系の先頭車は、御堂筋線の10両編成化に伴う10系の編成分解により、平成7年(1995年)9月27日(水曜日)に廃車されてしまう。さいわい、中間車は1700形に改造されたため、現存しており、36年に渡るベテランとなっている。そして、量産車が登場して30年が経過しており、果たして、ATO機器を搭載できるかどうかが注目されるだろう。

私の予想だが、10A系は後期の10系量産車ということもあり、ATO機器の搭載は可能ではないかと思われる。もし、早期にATO運転が可能と判断され、サイリスタチョッパ制御で残る10系にもゴーサインが出た場合、リニューアル工事終了後に廃車される可能性が高い10系第4編成は、しばらく残るのではないだろうか。  

車両以外に気になる点として、ATO運転が実現すると、東京地下鉄(通称、「東京メトロ」)南北線、副都心線渋谷(F-16)-小竹向原(F-06)間、千代田線支線、丸ノ内線と同様にワンマン運転を行なうのではないかということ。長堀鶴見緑地線はワンマン運転を行なっているが、今後はさらに拡大するのではないだろうか。御堂筋線でワンマン運転するのは、ムリがあるだろう。  

さて、下車しようとしたら、気が変わる出来事が発生した。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

あと6回でRailway Blogは900回 観客動員数182萬人突破!! [鉄道評論]

記事数:893|nice!:3,927|総閲覧数:今日:3,094/累計:1,822,256|読者数:38
アクセスランキング:160位
ブログテーマ:旅行(8位/808ブログ中)

DSC_1112(宝塚)a.JPG


毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年10月21日(水曜日)で、観客動員数は182萬人を突破しました。どうもありがとうございます。


◆ここまでの2009年の汽車旅2シリーズ

・2009年の汽車旅2-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-05

・2009年の汽車旅2-2(JR西日本キハ127系、キハ122系試乗)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19

・2009年の汽車旅2-3
(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-22

・2009年の汽車旅2-4
(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23

・2009年の汽車旅2-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-26

・2009年の汽車旅2-6(第4回貴志川線祭り-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27

・2009年の汽車旅2-7(第4回貴志川線祭り-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-29

・2009年の汽車旅2-8
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-08

・2009年の汽車旅2-9
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-09

◆2009年10月19・20日(月・火曜日)のmixi日記

■2009年10月19日(月曜日)
ロングシートの隣人

2009年10月18日(日曜日)、電車に乗っていたら、ある駅でアベックが乗り込み、私の隣りに坐った。すると、彼氏は彼女にひとこと。

「mixiやってるね」

彼氏はケータイで、mixiを閲覧していた。時より、彼女に足跡やニュースをしゃべり、コミュニケーションをとる。ちなみに彼女はケータイで、別のことをしていた。

私もmixiユーザーなので、横から名乗ってもよかったが、自重した。  

※本日のRailway Blogは、
こちらです

■2009年10月20日(火曜日)
鬱病のサイン     


ある番組で、鬱病に関することが放送されていたので、御紹介しよう。

①鬱病の予兆

・物事を決めるのに、非常に時間がかかる。

・記憶力や集中力が低下する。

・寝不足で疲れているのに、毎朝早く目が覚めるようになる。

・食欲がなくなる。

・体重が減る。

・疲れやすくなる。

・体のあちこちが痛くなる(2週間以上続くと、発症の可能性あり)。

②鬱病になると

・楽しみを感じられない。

・寝つきが悪くなる。

・なにを食べてもおいしくない。

・過去の些細なことを思い出し、悩む。

・着替えなどの日常などの動作も困難になる。

・死ぬことをくり返し考える。

③鬱病患者の多い職業

・教師

・勤務医

・国家公務員  

私は「死」について、1年のうち、100日ほど考えることがある。今年もすでに10月となり、1年の「速さ」と「短さ」を実感してしまう。“気がついたら、もうあの世へ行っちゃっているんじゃないか”と不安になる。寝ているときって、夢を見ていること以外、まったく記憶にないし、気がついたら起きているわけだから。だから、人間の死というのは、“普通に寝るような感覚なのかな?”と考えてしまう。考え過ぎだろうか?  

若い頃と違い、30代以降は常に勝ち取らなければならないため、苦しく、きつい部分もある。特にフリーの立場で仕事をする人間はそうだけど、やるしかない。「クライアント」と言われなければ、ずーっと仕事がまわってこないのだから。  

さいわい、これまでの実績が他社様に評価されているようで、ありがたいことに複数から仕事の発注をいただいている。誠心誠意のお気持ちに感謝し、不撓不屈と勇往邁進の精神、“業界トップになるんだ!!”という一意専心の志で頑張ります。  

そろそろ、貸事務所を探そうかな(銀行が融資してくれればだが)。自宅は通勤時間なしというメリットがあるけど、資料用の本が大幅に増加している影響で、狭くなりつつある。  

※本日のRailway Blogは、お休みです。


■2009年10月20日(火曜日)
寝台特急〈はくつる〉&特急〈北海〉リターンズツアー  

JR東日本は2009年11月6日(金曜日)、臨時寝台特急〈はくつる〉青森行き(団体扱い)、特急〈白鳥41号〉函館行き、臨時特急〈北海〉旭川行き(団体扱い)の乗り継ぎツアーが開催される。空席はまだあるかどうかは不明だが、帰路は「お客様ご負担」となる。  

臨時寝台特急〈はくつる〉青森行き(団体扱い)は、ブルートレインなのか583系なのかが気になるところ。臨時特急〈北海〉旭川行き(団体扱い)は、キハ183系500番代の運行はないので、おそらく、初期車で揃えるのではないかと思われる。  

個人的には6両の短さは寂しいが、583系の寝台特急を見たい。  

くわしくは、
こちらへクリック!!

■2009年10月20日(火曜日)
緊張感のない男

●ニセ110番と119番、1万3700回!
(読売新聞 - 10月20日 12:15)

110番と119番はかけるのに勇気がいる。かけ間違えてはいけないし、かける前にドキドキしてしまう。私も急病になってしまい、救急車を呼んだことがあるけど、かけるべきかどうか、直前まで悩んだ。

それにしても、今回の事件だが、60も過ぎて、逆ギレする理由がわからない。電話を受ける側は、大切な命を守るために緊張感をもっているのだから。

■2009年10月20日(火曜日)踏切の規格統一を          

踏切で列車と乗用車が衝突、親子死亡 岩手 
(mixiニュースより)

JR東日本山田線の踏切で、自動車と気動車が衝突する事故が発生し、自動車に乗っていた母と高校3年生の息子が亡くなった。  

現場の踏切は、警報機や遮断棒がないもので、地方ではこのタイプが多く、事故が発生することを恐れていた。こういうことが現実になるのは悲しい。死亡者が出てしまったのだから、この種類の踏切を持つすべての鉄道会社は、踏切の徹底的な見直しと総点検をしなければならないだろう。  

私は警報機や遮断棒のない踏切は即刻、撤去するか、取り付けるかのどちらかにしてほしい。踏切に警報機や遮断棒がないということは、事故が発生する確率は高いのだ。  

今回の事故は、自動車側は左右の安全を確認したのかどうかは不明で、一旦停止しなかった可能性があるかもしれない。いずれにせよ、鉄道の安全性が問われるものになるだろう。2度と、こういう事故は起こってほしくない。 

★備考

岸田法眼のRailway Blog.「踏切」は、こちらにクリック!!

◆2009年10月14日(水曜日・鉄道の日)から、2009年10月20日(火曜日)までのTwitter

http://bit.ly/1nUZxi
(1:12 AM Oct 14th webで)

http://bit.ly/2DTuoX
(1:13 AM Oct 14th webで)

http://bit.ly/oyJoc
(1:13 AM Oct 14th webで)

http://bit.ly/2OR5E2
(1:14 AM Oct 14th webで)

http://bit.ly/aioTx
(1:14 AM Oct 15th webで)

so-net blog、メンテナンスの影響か、カウンターが昨日からの継続になっている。まいったなぁー。
(12:41 PM Oct 16th webで)

昨夜は『ブラタモリ』が終わったあと、寝てしまい、気がついたら、朝の7時になっていました。久々の平日8時間睡眠ですね。
(12:43 PM Oct 16th webで)

http://bit.ly/3uH1h
(5:24 PM Oct 17th webで)

http://bit.ly/3cbAwh
(2:14 AM Oct 18th webで)

http://bit.ly/4ezKju
(3:02 AM Oct 19th webで)

この時間も仕事に励んでいます。頑張らなきゃ!!
(1:03 AM Oct 20th webで)


◆観客動員数181萬人から182萬人へのあしあと

・2009年10月18日(日曜日)…181萬1000人突破

・2009年10月18日(日曜日)…181萬2000人突破

・2009年10月19日(月曜日)…181萬3000人突破

・2009年10月19日(月曜日)…181萬4000人突破

・2009年10月19日(月曜日)…181萬5000人突破

・2009年10月19日(月曜日)…181萬6000人突破

・2009年10月20日(火曜日)…181萬7000人突破

・2009年10月20日(火曜日)…181萬8000人突破

・2009年10月20日(火曜日)…181萬9000人突破

・2009年10月21日(水曜日)…182萬人突破!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

年内200萬人突破なるか? 観客動員数181萬人突破!! [鉄道評論]

記事数:892|nice!:3,919|総閲覧数:今日:3,519/累計:1,812,859|読者数:38
アクセスランキング:137位
ブログテーマ:旅行(7位/802ブログ中)

DSC_1106a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年10月18日(日曜日)で、観客動員数は181萬人を突破しました。どうもありがとうございます。


◆ここまでの2009年の汽車旅2シリーズ

・2009年の汽車旅2-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-05

・2009年の汽車旅2-2(JR西日本キハ127系、キハ122系試乗)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19

・2009年の汽車旅2-3(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-22

・2009年の汽車旅2-4(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23

・2009年の汽車旅2-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-26

・2009年の汽車旅2-6(第4回貴志川線祭り-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27

・2009年の汽車旅2-7(第4回貴志川線祭り-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-29

・2009年の汽車旅2-8
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-08

・2009年の汽車旅2-9
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-09

◆2009年10月15日(木曜日)から10月18日(日曜日)までのmixi日記

■2009年10月15日(木曜日)
JR東日本103系フォーエヴァー  


すでに御存知の方も多いと思うが、仙石線で1編成だけ残った103系は10月21日(水曜日)で運行終了。これにより、JR東日本から103系が消えることになった。  

仙石線103系は、仙台-あおば通間しか利用したことがなく、乗車した当時、205系3100番代はまだ存在していなかった。  

103系は“国鉄の顔”といえる車両で、個人的に高運転台タイプは“KING OF 103系”だった。幼少の頃に本で見た山手線や京浜東北線の103系は、高運転台タイプだったからであるが、低運転台タイプはなじめなかった。101系っぽく見えるからである。  

JR西日本の103系はおそらく、半分以上が低運転台タイプで、いまだにクハ103-1が現役で走っている。JR九州は103系1500番代が走っているものの、車体側面が201系っぽく、「103系」であることが腑に落ちない。  

これにより、JR東日本に残る国鉄通勤形電車は、201系、203系、205系、207系となったが、京葉線のE233系投入により、10年以内にすべて消滅する可能性が出てきた。205系改造車は10年たっても現役の車両があるのではないかと思うが、アルミとステンレスは長寿命に適しているだけに、もったいない。VVVFインバータにチェンジすれば、コストがかからなくていいのではないだろうか。

※本日のRailway Blogは、
こちらです

■2009年10月16日(金曜日)
青春18きっぷユーザーをいじめる整備新幹線は不要

●整備新幹線3路線、年内認可見直しも…国交相
(読売新聞 - 10月16日 01:30)

前原国土交通大臣は、未着工の新幹線ルートについて、北海道新幹線新函館-札幌間、北陸新幹線金沢-敦賀間、九州新幹線長崎ルートは白紙にするという。すでに東北新幹線八戸-新青森間は2010年12月に営業開始する予定で、新青森駅前もかなり整備されている。また、東北本線八戸-青森間は第3セクター、青い森鉄道に転換されることは確実な状況で、第3種鉄道事業者の青森県もヤル気満々のようだ。

北陸新幹線は2012年頃の予定で、長野-金沢間が延伸する予定であるが、JR東日本信越本線長野-直江津間、JR西日本北陸本線直江津-金沢間は第3セクター鉄道に転換される模様である。

整備新幹線により、並行在来線は第3セクター鉄道に転換されるなど、地元の立場としては、安く行けたところが鉄道会社が異なるため、高くつくし、青春18きっぷユーザーにとっては別料金になるので、遠回りせざるを得ない。特に北海道新幹線が開通すると、青春18きっぷで北海道へ渡れなくなる可能性もある。

北海道新幹線は新青森-新函館間の工事が進められているが、採算が取れるのは、“できたときだけ”になるのではないだろうか。快速〈海峡〉が消えて、北海道の旅は、本当に不便になってしまった。ああ、遠くなりにけり。

■2009年10月17日(土曜日)
新交通システムのパイオニア、神戸新交通8000形フォーエヴァー


●神戸の「ポートライナー」初代車両引退へ
(読売新聞 - 10月16日 23:55)
 

先日、神戸へ旅行に行った知人から画像つきメールがあり、神戸新交通8000形は『さよなら8000型』のヘッドマークを掲出しているものだった。カウントダウンが近いことを物語っていて、さびしいものを感じたが、2009年11月8日(日曜日)で、28年に渡る活躍にピリオドを打つことになった。  

神戸新交通は、昭和56年(1981年)2月5日(水曜日)に開幕。三宮を発車すると、中公園、市民公園を経て、中公園に戻り、三宮へ向かう“9の字運転”だった。また、同年3月20日(木曜日)から9月15日(月曜日・敬老の日)まで開催された、神戸ポートアイランド博覧会のアクセス輸送に活躍し、その後は生活の足になり、近年は企業や大学の増加で利用客が増加しているという。

2006年2月2日(木曜日)、市民公園-神戸空港間が開通。ポートアイランド線の一員になり、運行体制も従来の9の字運転に加え、三宮-神戸空港間が加わった。これにより、輸送力増強として、2000型が戦列に加わった。そして、2008年以降は急速に増備され、8000形を置き換えたのである。

8073245.jpg

最近、8000形に乗ったのは2006年3月3日(金曜日)で、国鉄ブルーのロングシートが印象に残り、2000形に乗れなかったくやしさもあった。まさか、たった3年でこういう展開になってしまうとは想像もしていなかったが、新交通システムのパイオニアとして、8000形は鉄道博物館に保存してほしい。

2009年11月8日(日曜日)の最終運行は、定員300人と決まっているため、確実に乗りたい場合は、前日までの通常ダイヤで乗ることをオススメする。

★備考

神戸新交通ホームページは、こちらにクリック!!

■2009年10月17日(土曜日)
鉄道居酒屋キハ2009-6

P1390888a.JPG

2009年10月16日(金曜日)20時過ぎ、所用を終え、半蔵門線水天宮前(Z-10)へ。各駅停車押上行きは東急2000系だった。

P1390889a.JPG

徒歩10分ほどで、鉄道居酒屋キハへ。実は食事を取っておらず、フードメニューをアテに乗り込んだ。

久しぶりに乗り込んだら、新しい女性車掌(従業員)が入っていた。3か月前から乗務しているとか。面白いキャラで場を盛り上げる。

P1390891a.JPG

その女性車掌からセンベイを配布される。三陸鉄道が販売しているもので、北リアス線のキャッチフレーズが「不思議の国の北リアス」であるだけに、そういった感じのセンベイだ。ああ、東北という感じがしない。秋葉原が飛び火した雰囲気があり、悲しいのよね。でも、まいうー。

三陸鉄道の話で盛り上がり、乗るには難関の路線という考えが一致した。北リアス線を効率よく利用するには、八戸7時12分発の八戸線普通列車久慈行きに乗り、終点で三陸鉄道盛行きワンマンカー(山田線内は車掌乗務)に乗り換えないと、行程がきついのだ。そのため、“八戸駅前にある某ホテルの朝食無料サービスをあきらめざるを得ない”と、ある男性は嘆いていた。

P1390894a.JPG

女性車掌はセンベイ好きなのか、次の無償配布を用意。それは本人が富士急ハイランドで買ってきた、『ぷりんと醤油せんべい』である。この商品、ずいぶんシャレた名だが、どうも会話が通じない。私を含め、多くの人は“プリン味のせんべい”だと思っているが、女性車掌は、“表面をプリントしたせんべい”と主張。確かにそうだ。しかし、理解する人は少なかった模様。
P1390901a.JPG

22時30分過ぎ、私は腰をあげて帰宅するが、人形町駅前の道路は工事をしていた。これから先、工事が多いんだろうなぁー。

■2009年10月18日(日曜日)
楽天監督は鬼門?  
 

●泣いた! 勝った! ノムさん執念さい配で王手
(mixiニュースより)
 

東北楽天イーグルスは、クライマックスシリーズのファーストステージで、福岡ソフトバンクホークスを破り、セカンドステージ進出を決めたが、試合後、野村克也東北楽天イーグルス監督は、みずからファンに「解雇」という言葉を口にした。  

思えば、東北楽天イーグルスの初代監督は田尾安志氏だった。球団初のシーズンとなった2005年は、あわや100敗に手が届くほど、大負けした。これにより、任期途中の田尾氏を解任させ、2代目監督して、野村監督を迎えたのである。このとき、野村監督は70歳を迎えていた。  

野村監督になっても、チームは負け続けていたが、徐々に力をつけ、今シーズンは、ついに初のAクラス入りを果たした。そして、念願であった仙台でクライマックスシリーズを開催することに成功した。それにもかかわらず、解任を通告。これで監督は2代続けて解雇されたことになる。  

野村監督の解任理由は、74歳という高齢とされているが、それだったら、最初から監督に招かなければいいだけのこと。失礼にも程がある。それにフロントは、解任の基準が不明確である。成績不振ならば致し方ないものの、今まで負け越しても野村監督に任せたのだから。

1つ気になる点は契約年数だろう。契約満了で本人が退くのであればわかるが、交渉もせずに一方的に決めつけるのは、選手やファンも納得がいかないだろう。  次の監督は誰になるのかはわからないが、引き受ける方は相当なプレッシャーがかかるだろう。なんせ、「勇退」した1軍監督が1人もいないのだから、プライドのない人に任せたほうがいいのかもしれない。

※本日のRailway Blogは、
こちらです

■2009年10月18日(日曜日)
進退伺による辞任よりも懲戒免職が妥当!!

●JR西の山崎前社長ら辞任へ
(mixiニュースより)  

福知山線脱線事故の調査内容漏洩問題で、山崎正夫取締役(JR西日本前社長)、土屋隆一郎副社長は佐々木隆之社長に進退伺を提出していたことが明らかになった。  

福知山線事故以降、JR西日本の企業体質問題が明らかとなっている。そして、事故の責任を死亡した運転士(当時23歳)に押しつけようという姿勢も見える。  

私は進退伺を出したことが気に食わない。ふざけているとしか言いようがない。笑わせんな!!

なぜかというと、ひらすらJR西日本にしがみつく姿勢があるからである。こんな失態をしている奴は社会人失格だろうが。働く必要はねぇーんだよ。特に歴代の責任者は全員だ。役員以下の社員は60歳で定年退職を迎え、働く意欲があっても、規定により、退かなければならない(人によっては例外も発生する)。今後は役員も60歳定年にするか、一律65歳までにするかのいずれかにしたほうがいい(ただし、みずから起業した会社、事務所、自営業を除く)。  

進退伺を出すぐらいなら、すみやかに会社を退くべきだ。退職がいやならば、懲戒免職にすればいい。警察にパクられるようなことをしていないとはいえ、それだけの悪事を働いていたのだから当然だ。  

佐々木社長はどう判断するのかは知らない。大甘な処分にする可能性もあるだろう。しかし、今回の問題は佐々木社長も連帯責任をとらなければならないことでもある。3人ともJR西日本を退職、あるいは解雇して、「国土交通省は、JR西日本の本社経営陣を全員総解雇せよ!!」でも述べたが、人事の大幅な刷新を図ってほしい。 

★備考

①岸田法眼のRailway Blog.「JR西日本」は、こちらにクリック!!

②岸田法眼のRailway Blog.「国土交通省は、JR西日本の本社経営陣を全員総解雇せよ!!」は、
こちらにクリック!!

◆観客動員数180萬人から181萬人へのあしあと

・2009年10月15日(木曜日)…180萬1000人突破

・2009年10月15日(木曜日)…180萬2000人突破

・2009年10月15日(木曜日)…180萬3000人突破

・2009年10月15日(木曜日)…180萬4000人突破

・2009年10月16日(金曜日)…180萬5000人突破

・2009年10月16日(金曜日)…180萬6000人突破

・2009年10月17日(土曜日)…180萬7000人突破

・2009年10月17日(土曜日)…180萬8000人突破

・2009年10月17日(土曜日)…180萬9000人突破

・2009年10月18日(日曜日)…181萬人突破!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

国土交通省は、JR西日本の本社経営陣を全員総解雇せよ!! [鉄道評論]

P1020079a.JPG

2005年4月25日(月曜日)に発生した福知山線脱線事故は、外国にも大きな衝撃を与えた。それ以来、非常に重大な事故を起こしたJR西日本は「信頼回復」を掲げているが、いっこうに改善する様子もない。

それもそのはずで、事故以降も不祥事が発生し、また、大阪駅の改築工事を続行しているのは、イヤミとしか思えない。事故発生直後に工事を中断させ、その費用を負傷者や遺族への補償金にあてればよかったのだ。そんなに改良工事が大切なのか。JR西日本は人の命をなんだと思っているんだ。こんなようでは、社内の風土が改善するはずもない。

今、JR西日本最大の不祥事といえば、国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会(現在は「運輸安全委員会」に改称)に調査内容を漏洩させたことである。航空・鉄道事故調査委員会は国鉄OBに担当させたことが原因で、“仲のよさ”を利用したものだった。これは現在の副社長、土屋隆一郎氏(59歳)が指示を出したもので、発覚後に言い訳をして謝罪をしているが、現職は辞任していない。もし、政治家で大臣職を務めているのならば、辞任・解任は当たり前のことで、ここでも社内体質の甘さが表れている。その上、兵庫県警に指示された資料の一部を提出しなかった。そして、有識者に公述人を要請し、謝礼を出していたこと、資料を作成し、警察の事情聴取の対策をたてていたことも発覚。佐々木隆之社長(63歳)や山崎正夫前社長(66歳)などは、兵庫県伊丹市のホテルで行なわれた『おわびの会』で、ひたすら謝罪をしていたという。遺族の方は納得していないだろう。むしろ、不信感を強め、何発もぶん殴って、鼻や口から流血させたい心境ではないだろうか。

JR西日本は「謝罪」をこの4年間で、何回したのだろうか。同じことを繰り返しているだけで、改善の兆しもない。社長をはじめとした経営陣を変えることによって、改善しようとしているんだろうが、結局、そうなっていない。もし、改善しているのならば、補償交渉はすべて終えているはずである。  

漏洩問題が発覚してから、前原誠司国土交通大臣は、JR西日本に業務命令を出しているが、こんな状況では、いくら通達しても、「信頼回復」という言葉が実証されないのではないだろうか。  

私は国土交通省よりも、前原国土交通大臣に求めたいのは、JR西日本の本社経営陣全員をクビにさせることだ。社長を内部昇格させ続けても、現状のままになる可能性が高いからである。また、こうすることにより、ほかの社員らに刺激を与え、危機感をより一層、持ってほしい。そして、新しい経営陣は、国土交通省から国鉄やJR西日本とは無関係で、なおかつ、関西出身や関西在住ではない人間を出向させ、その面々のもとで新体制を作る。 最重要課題は、被害者や遺族への補償問題を2009年度内にすべて成立させることだろう。補償問題も国土交通省の出向職員が担当し、JR西日本は成立した金額をなんの文句も言わせず、黙って払わせる。  

次に何度も言っていることだが、事故後も使い続けられ、“現実逃避”に受け取れる「JR宝塚線」を国土交通省の手で取り上げること。「福知山線」と報道されているにもかかわらず、現実を100パーセント受け止めない姿勢は問題だ。JR西日本ホームページで「福知山線」と綴っているのだから、「JR京都線」「JR神戸線」などを含めた路線愛称は、すべて抹消させる。  

JR西日本は複数の裁判を抱えており、起訴や訴訟を受けなければならないが、くれぐれも控訴せず、真摯に受け止めてほしい。このままだと、JR西日本は“世界の恥さらし”になりかねない。  

余談だが、先日、JR西日本の車掌が乗務中、車内で喫煙していたことが発覚している。JR西日本は乗務中の喫煙を禁止しているが、この規定は鉄道会社によって、まちまちである。

★備考  

岸田法眼のRailway Blog.「JR西日本」は、こちらにクリック!!


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

観客動員数180萬人突破記念、大ヒット記事ランキング発表!! [INFORMATION]

P1390885a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2009年10月15日(木曜日)、観客動員数は180萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

今回は大ヒット記事ランキングを発表いたします(2009年10月17日16時30分に集計完了)。これはso-net blogの管理画面にある閲覧数をもとに作成したもので、「2000へぇー」以上を“大ヒット記事”とみなします。

◆大ヒット記事ランキング発表!!

第57位:東武鉄道1800系通勤形改造車に乗る…2002へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-19

第56位:中央線201系フォーエヴァー…2008へぇー(15nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-02-05

第55位:東海道新幹線100系フォーエヴァー③…2016へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-25

第54位:2007年の汽車旅2-3(山陽新幹線まだまだ0系)…2023へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-03-11

第53位:急行武蔵小杉行き(ワンマン運転)…2026へぇー (niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-10-08

第52位:急行〈東海〉フォーエヴァー…2045へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-14 

第51位:2008年の汽車旅1-2(JR西日本223系6000番台試乗)…2048へぇー(12nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-03-10

第51位:近未来予測車両-京成電鉄AE100形-…2048へぇー(12nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-11-16

第50位:東京地下鉄半蔵門線渋谷駅フォーエヴァー…2082へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-02

NEC_0001.JPG

第49位:首都圏新都市鉄道-前編-…2096へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-12-07

第48位:通勤快速青梅行き…2130へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-07

第47位:観客動員数49萬人突破記念、東京地下鉄副都心線開幕戦!!…2132へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-06-16

第46位:注目の東京急行電鉄大井町線…2140へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-02-13

第45位:第3回つくばエクスプレスまつり…2159へぇー(11nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-04

第44位:2002年の汽車旅5(大阪市交通局10系スペシャル) …2339へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-03-03

第43位:臨時特急〈尾瀬夜行23:55〉会津高原尾瀬口行き…2399へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-13

第42位:多摩モノレール基地見学会2006…2419へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-05

第41位:『岸田法眼とRailway Talk.』誕生!!…2420へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-19

第40位:ライナー〈TJライナー1号〉森林公園行き…2431へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-07-12

DSC_0829a.JPG

第39位:元旦終夜運転2007…2438へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-01

第38位:JR東日本415系鋼製車フォーエヴァー…2505へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-10

第37位:寝台急行〈銀河〉フォーエヴァーTHE LAST RUN.…2507へぇー(19nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-03-15

第36位:鹿島鉄道フォーエヴァー-前編-…2546へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-03

第35位:JR東日本E231系グリーン車試乗…2556へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-12-24

第34位:臨時快速〈リゾートみのり〉お披露目の儀…2557へぇー(13nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-09-16

第33位:JR四国乗車記録表…2569へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-22

第32位:臨時電車(渋谷から臨時急行)〈フラワーエクスプレス号〉長津田行き-前編-…2614へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-05-04

第31位:東武ファンフェスタ2007(まだまだ1800系2007Ⅲ)…2637へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-11-27

第30位:鉄道の好きな人を『レールファン』と言うのに、どうして変人的な表現でしか呼ばれないのか?-前編-…2663へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-28

DSC_1100(次は西九条)a.JPG

第29位:悲運、不運の車両-JR東日本207系-…2712へぇー(6nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-05-10

第28位:臨時急行〈リバイバル急行8000系号〉元町・中華街行き…2716へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-01

第27位:JR東海N700系開幕戦…2720へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-07-02

第26位:臨時特急〈さようなら8000系号〉(東京急行電鉄8000系東横線フォーエヴァー)…2830へぇー(12nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-01-15

第25位:2003年の汽車旅8-前編-(東海道新幹線100系フォーエヴァーTHE LAST RUN)…2910へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-03

第24位:近未来予測車両-JR東日本253系-…2941へぇー(8nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-06-08

第23位:臨時電車〈隅田川花火号〉浅草行き2006…2945へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-07-30

第22位:臨時快速急行〈丹沢もみじ号〉綾瀬行き(小田急電鉄4000形試乗)…2977へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-12-06

第21位:東海道新幹線100系フォーエヴァー④…3223へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-26

第20位:JR東日本E233系試乗…3271へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-19

DSC_1118(京都)a.JPG

第19位:2007年の汽車旅4-5…3572へぇー(5nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-16

第18位:新型車両10000系車両撮影会…3580へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-09-30

第17位:特急〈(ワイドビュー)東海〉フォーエヴァー…3766へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-17

第16位:まだまだ1800系2007(日光線臨時快速-前編-)…3810へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-05-01

第15位:臨時電車〈フラワーエクスプレス号〉太田行き…3853へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2005-11-22

第14位:臨時特急〈懐かしのはくたか号〉(団体電車)…3889へぇー(9nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-09-17

第13位:悲運、不運の車両-東京地下鉄06系・07系-…3900へぇー(15nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-07-27

第12位:暴れん坊583系2006(臨時特急〈ふるさとゴロンと号〉青森行き)…3993へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-30

第11位:JR東海N700系オープン戦…4037へぇー(10nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-16

第10位:臨時快速〈ムーンライト九州〉〈ムーンライト松山〉〈ムーンライト高知〉フォーエヴァー-関西発着の夜行快速は切り捨てられていた!!-…4144へぇー(6nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-02-05

DSC_1112(宝塚)a.JPG

第9位:221系新快速リターンズ総集編…4378へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-12-31

第8位:東北新幹線開業25周年…4522へぇー(4nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-06-23

第7位:悲運、不運の車両-東武鉄道30000系-…4942へぇー(13nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-01-29

第6位:東武ファンフェスタ2006…5081へぇー(niceなし)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-11-20

第5位:2009年3月14日(土曜日)、JR線ダイヤ改正情報-前編-…5128へぇー(7nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2008-12-20

第4位:さようなら東西線5000系車両撮影会&工場見学会(東京地下鉄東西線5000系フォーエヴァー)…5149へぇー(3nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-28

第3位:JR東日本E501系上野フォーエヴァー…5924へぇー(1nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-26

第2位:JR東日本E531系グリーン車試乗…7791へぇー(5nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2007-01-25

第1位:特急〈スペーシアきぬがわ3号〉鬼怒川温泉行き…17213へぇー(2nice!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2006-06-23

★備考

so-net blogの『「管理ページ」にある「閲覧数」「総閲覧数」について詳しく教えてください』は、こちらにクリック!!


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

観客動員数180萬人突破記念スペシャル!! さぁー、みんなで『週刊鉄道データファイル292号』を買いに行こう!! [公式執筆記録-私の作品-]

P1390887a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年10月14日(水曜日・鉄道の日)で、観客動員数は180萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

さて、見本誌の到着が発売後になるため、御連絡が遅れてしまい申し訳ございませんが、2009年10月13日(火曜日)、『週刊鉄道データファイル292号(2009年10月27日号)』が発売されました。

早いうちに本屋さんへ直行してくださいね。また、大きな本屋以外では販売していないかもしれません。本屋さんで予約すると、送料がかからないことが多いので、おトクです。  

気になるお値段は消費税込み560円(本体533円)。毎週火曜日に発売しておりますが、毎回、私が登板するとは限りません。  

私の執筆記事は次の通りです。


◆5・6ページ
国鉄・JRの車両:719系近郊型電車
 

DSC_0946a.JPG

719系は、仙台・福島地区の主力と言っていいですね。のちに標準軌仕様の719系5000番代が登場しました。いずれも転換クロスシートでないのが残念なところですが、クロスシートの進行方向向きで、なおかつ、向かい合わせではない席に坐ると、気持ちがいいものです。“向かい合わせにならない前向き席”は1両につき、4か所しかないので、激戦で、いつも躍起になっています。ちなみに719系は、始発駅しか乗車したことがありません。  

なお、画像は本誌に掲載されていない磐越西線用です。

◆19・20ページ
国鉄・JRの車両:50系ジョイフルトレイン  


8825418.jpg

「50系一般型客車」は、すでに「SHEET:03」まで進んでおり、「SHEET:04」は私が執筆しております。

2002年11月30日(土曜日)で、快速〈海峡〉が消えたことにより、現役の50系は、ジョイフルトレインや『リゾートエクスプレスゆう』の電源車のみとなりました。

◆未公開原稿集

①719系近郊型電車

・それでも、583系を改造した715系1000番代はデッキを撤去し、ドアの増設を図った。急行型電車の一部はセミクロスシート化することによって、乗降しやすくする対策をたてていたが、

・通勤、通学輸送への対応が

②50系ジョイフルトレイン

・が、老朽化により、平成11(1999)年5月で役目を終え、同年9月より、185系特急型気動車の「アイランドエクスプレス四国Ⅱ」が引き継いだ。

※次からはキャプションになります。

・ちなみに座席車として、12系が連結された。

・「アメリカントレイン」は、日米友好、アメリカの商品紹介、日本の貿易摩擦を解消させることを目的に、鉄道車両を使った「移動博覧会」といえる。また、停車中に展示するため、オニ50型6両には、4VK機関駆動の発電機を搭載。2両分の電源を確保した。

・ノスタルジックビュートレイン ・4号以外、オープンデッキの車両は転車台で最後部するこだわりようだった。

・平成3(1991)年7月20日には、「アメリカントレイン」のオニ50型2両をリクライニングシート指定席に改造したものを増結している。

・前者は釧網本線塘路~釧路間を運行しており、釧路湿原が楽しめるよう、トロッコにしたもので、

DSC_0687.JPG

雑誌は多くのスタッフの皆様の総力を結集して作られております。御購入いただきますよう、お願い申し上げます。

さぁー、みんなで買いに行こう!!  

完売の際は御容赦ください。また、「nice!」を押される方、コメントやトラックバックをされる方は、お買い求めいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

★今回、御紹介した商品のおさらい

P1390887a.JPG

『週刊鉄道データファイル292号(2009年10月27日号)』
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行)
定価560円(本体533円)
雑誌コード22454-10/27

★備考

①デアゴスティーニ・ジャパンホームページは、こちらにクリック!!

②『週刊鉄道データファイル』ホームページは、こちらにクリック!!

③書泉ホームページは、
こちらにクリック!!


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

年内200萬人突破なるか? 鉄道の日に観客動員数180萬人突破!! [鉄道評論]

P1390885a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年10月14日(水曜日・鉄道の日)で、観客動員数は180萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆ここまでの2009年の汽車旅2シリーズ

・2009年の汽車旅2-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-05

・2009年の汽車旅2-2(JR西日本キハ127系、キハ122系試乗)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19

・2009年の汽車旅2-3
(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-22

・2009年の汽車旅2-4
(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23

・2009年の汽車旅2-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-26

・2009年の汽車旅2-6
(第4回貴志川線祭り-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27

・2009年の汽車旅2-7
(第4回貴志川線祭り-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-29

・2009年の汽車旅2-8
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-08

・2009年の汽車旅2-9
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-09

◆2009年10月6日(火曜日)から10月14日(水曜日・鉄道の日)までのmixi日記

■2009年10月6日(火曜日)
2編成に絞られる?
 

DSC_0626a.JPG

先ごろ、東武鉄道30000系のラストナンバー車(第15編成)がイーハー東武をリストラされ、地上運用に締め出されてしまった。これで、イーハー東武対応車は第6・9編成のみとなった。  

30000系は増備末期から急行灯が省略され、当初から装備されていた第6・9編成は幸運にも生き残ったことになる。ウワサによると、〈フラワーエクスプレス号〉用に確保しているという。

P1390323a.JPG

おそらく、50050系はこれ以上、増えないと思われるが、昨年の増備車から仕様変更しているものの、50070系、50090系で採用されているフルカラーLEDの行先・種別表示は見送られている。

30000系は7年かかり、ようやく本来の運用に就いたものの、こんな展開になるとは思わなかった。10両固定の30000系を投入すれば済むことなのに。

★備考

①岸田法眼のRailway Blog.「悲運、不運の車両-東武鉄道30000系-」は、こちらにクリック!!

②岸田法眼のRailway Blog.「臨時電車(渋谷から臨時急行)〈フラワーエクスプレス号〉長津田行き2009」は、
こちらにクリック!!

※本日のRailway Blogは、こちらです

■2009年10月6日(火曜日)
AIBOじゃないよ、『相棒』だよ!!


水谷豊、“新相棒”ミッチーに「すぐ逃げないで!」
(mixiニュースより)

いよいよ不朽の名作が始まる。

『相棒Season 8』、待ち遠しぃーいーっ。

ところで、杉下右京は神戸尊の“正体”を見破ることができるのだろうか? 今回の最大の注目点でしょう。あと、『花の里』でいっしょに飲むのかも。

余談だが、10月14日(水曜日)は鉄道の日で、なぜか祝日ではない。

■2009年10月7日(水曜日)
鉄道ライター30人説

鉄道ジャーナリスト、梅原淳氏の公式ホームページを見ると、「鉄道ジャーナリストの日常」というコラムに興味深い記事を見つけた。  

それは、鉄道をテーマに執筆するライターさんの数は、30人ぐらいだと述べていることである。昨日、資料収集のため、古本屋で購入した『鉄道ジャーナル1976年6月号』の編集後記では、当時、鉄道ライターやカメラマンが“鉄道マスコミ”で活躍する人は、ほんのひと握りだったという。現在は倍近くに増えているのではないかと思う。  

梅原氏は、鉄道ライターのブログで、「鉄道の危機感」「鉄道が置かれている状況」に触れていないことが多く、腹立たしいという。確かに鉄道ライターのブログは、私生活をアップしているところが多いようで、芸能人ブログを意識しているのかどうかは定かではない。私もそうだが、ブログやホームページというのは、宣伝材料にもなる。  

私のRailway Blogはおそらく、我が国で初めて、「鉄道ライター」と呼ばれるブログで観客動員数100萬人(一般的にいう「100万アクセス」)以上を突破した可能性があると思われる。言い切っていないのは、同業者はどのくらいいるのかわからないし、カウンターを設置しているところが少ないので、確信できないからだ。

鉄道カメラマンのブログでは、レイルマンフォト・オフィスの中井精也さんが開設2年で、200萬アクセスを突破。おそらく、鉄道カメラマンのブログではトップをゆく数字であろう。毎日拝見していると、シロートには撮れないものばかりなので、Railway Blogに追い抜かれて、差が広がるのは致し方ない。

話を元に戻し、鉄道の危機感は、夏の旅で実感した。ある特急の指定席はガラガラで、高速道路の普通車ETC割引1000円の影響をモロに受けている。そして、民主党のマニフェストである高速道路無料化に、JRグループは不快感を示している。ただ、高速道路は本来、平成10年(1998年)に無料化になるはずだった。それを田中角栄が変えてしまったのである。その後、高速道路は飛躍的に延び、今や青森県から鹿児島県まで1本の道で行ける。

高速道路の普通車ETC割引1000円の影響を受けたのか、東武鉄道は、この秋の臨時快速の運行を見直し、下りは東武動物公園-東武日光間の1本のみ。上りは東武日光-北千住間に1本、東武日光-南栗橋間に2本で、後者は終点で急行乗り換えれば、都内へ行ける。

JRグループは、前述した「平成10年(1998年)に無料化になるはずだった」ことを頭に入れていなかったから、大騒ぎしているのではないだろうか。それに電気自動車が実用化されると、鉄道が窮地に追い込まれるのは目に見えている。ローカル線も今まで以上に厳しくなり、切捨てを余儀なくされるところが急増する可能性もある。そうなってしまうと、切り捨て直前にレールファンが押し寄せて、前年度より収入が上回るという皮肉な展開を迎えてしまう。  

次に梅原氏は、「知ったかぶり」にも注文。これは私も気をつけているところで、原稿というのは商品なわけだから、よく確認しないと、恥をかくことになる。校正はコンピューターがやるわけじゃないから(手作業です)。また、原稿は必ず資料に目を通し、頭の中でシュミレーションして執筆するよう、心掛けている。ちなみにRailway Blogの「阪神なんば線開幕戦」では、出かける前に『六甲颪』の歌詞を調べ、アップする前にインターネット検索で見つけた、熱心な阪神タイガースファンのカラオケと思われる曲を何度も聴いた上で、完成させている。  

梅原氏がおっしゃるように、「鉄道ブーム」と言われても、経営や採算面で、厳しいものがあるし、JR西日本の福知山線脱線事故に対する本社経営陣の姿勢は多いに問題がある。私はそれに加え、相変わらず「ファン」と呼ばれない面は重要な社会問題と位置づけている。「鉄道ブーム」と呼ばれた2007年から、みずから「ファン」と言わない人間が急増している。これでは「泥沼」といわざるを得ない。みずから「ファン」と言わない、言えないようでは、その趣味はただちにやめるべきである。

こういう仕事をやる上で、1番迷惑なのは、「ファン」であることを主張できない人の存在で、これは鉄道趣味に限ったことではない。すべての健全な趣味において、「ファン」と言わないのは、恥である。  

何度も言っていることだが、私は常に“ファン度”を重視したものを書き、血を注いで、レールファンの底辺拡大に努めたいと思っている。  

余談だが、梅原氏とはお目にかかったことはないものの、テレ朝の『今すぐ使える豆知識クイズ雑学王』の正解VTRで見たことがある。

★備考

鉄道ジャーナリスト、梅原淳氏のホームページは、こちらにクリック!!  

※本日のRailway Blogは、お休みです。

■2009年10月8日(木曜日)
気になる台風

列島縦断 10年で最大級の台風
(mixiニュースより)  


昨日、東京メトロの駅で、東西線南砂町-西葛西間の鉄橋の風速計が規定を超えたら、東陽町-西船橋間が運転見合わせになる案内をしていた。その後、ホームページでは、地上区間の強風に修正している。そうなってしまった場合は、中野-東陽町間、折り返し運転になる見込み(本数も減らすという)。  

日付が変わり、1時近くからだろうか、自宅近辺は暴風雨となっており、朝になったら、交通機関はどうなっているのかが気になる。もし、ストップした場合、お勤めの方は有給休暇をオススメします。ムリは禁物ですから。

※本日のRailway Blogは、
こちらです

■2009年10月9日(金曜日)
ウォーターロードブリッジステーション

●JR最大規模の運休…風速の規制強化が一因
(読売新聞 - 10月08日 21:56)

2009年10月8日(木曜日)、水道橋駅みどりの窓口へ。きっぷを買うため、並んでいたら、あるものに目がいく。

ひとつは夜行列車で、寝台特急〈サンライズ瀬戸・サンライズ出雲〉〈日本海〉の上下線全区間、臨時寝台特急〈トワイライトエクスプレス〉の下り線全区間が運休となった。また、本日も臨時寝台特急〈トワイライトエクスプレス〉の上り線全区間が運休となる。帰宅後、運休は急行〈きたぐに〉にも広がっていた。

もうひとつは、平成10年(1998年)に発行された285系のパンフレット!!

「懐かしい」

と言いたくなる。この駅で、寝台特急〈サンライズ瀬戸・サンライズ出雲〉のきっぷ購入や問い合わせが多いのだろう。私は未だ乗ったことがないので、早いうちに乗りたいと思っている。東京-横浜間、ノビノビ座席でもいいわけだから。

さて、昨日は台風18号の影響で、JR東日本は大幅にダイヤが乱れ、湘南新宿ラインは終日運休の措置がとられた。私鉄は一部を除き、思ったほどの混乱はなかったが、JR東日本は2005年12月25日(日曜日)に発生した羽越本線の脱線転覆事故を重く見て、風速の規定値を30メートルから、25メートルに変更され、風速計も大幅に増設されている。今回の大幅にダイヤが乱れたのは、規定値の変更によるものが大きいという。

JR東日本ホームページでは、お詫びのお知らせを出しているが、自然の猛威では、致し方のないところ。JR東日本に非はない。ただ、1つだけいえるのは、風速25メートルでも車両が脱線転覆する可能性はある。安全を最優先させるのは、当然のことだが、利用客にとっては、かなりイラついた1日だと思う。

私が前日に「もし、ストップした場合、お勤めの方は有給休暇をオススメします。ムリは禁物ですから」と書いたのは、今回の台風18号の影響をかなり受けるのは、JR東日本であると確信していたからである。理由は前述の事故が頭にあるからだ。御覧になっているお勤めの方々は、「のん気なことを言いやがって」と思うかもしれない。おそらく、駅員に詰め寄る人がいたのかもしれないけど、責めるのは気の毒である。

私は2007年1月、東北地方から関東地方北部の強風に遭遇したことがある。栃木県の東北本線で立往生したため、最後部の乗務員室へ行き、車掌に「宇都宮で接続していますか?」と尋ねた。車掌はお疲れのようだったが、にこやかに対応したことを思い出す。表情を見ていて、気の毒だと思った。車両は強風が吹いて、その音が車内に響き渡る。211系3000番代はガラガラで、誰ひとりもしゃべらず、黙って動くのを待っていた。

宇都宮で、なんとか乗り換えられたものの、日付をまたいで帰京したため、帰宅できない事態になってしまい、やむなくインターネットカフェで一夜を明かした。そんな中、JR東日本は東北新幹線のダイヤが大幅に乱れたことを受け、終電後に山手線と京浜東北線で臨時便を出して、帰宅輸送の対応をしたのである。本来は車両を宿泊施設にした“列車ホテル”がいいのだろうけど、制約があったのか、できなかったようである。

台風18号は北海道へ北上しているという。大きな被害がないことを祈る。

※本日のRailway Blogは、
こちらです

■2009年10月9日(金曜日)
私は2回食べた

期間限定復活の『チキンタツタ』、“売れすぎて”予定より早く販売終了
(mixiニュースより)  

私はこの秋、チキンタツタを2度食った。先日、食べたときには、たまたまコーヒー無料タイムだったため、いっしょに注文。こういうのは基本的にお茶なのだが、コーヒーというのは、菓子パンに合うけど、ハンバーガーはどうなのだろう?  

私はハンズをちょっとちぎり、チキンタツタを食べる。食い終えたあと、ちぎったハンズで口直しをして、コーヒーを飲んだ。  

たぶん、いないと思うが、コーヒー無料タイムに来店した利用客が「スマイルもください」と注文したら、店員はどう対応するのだろうか? いずれもタダだからねぇー。

※本日のRailway Blogは、
こちらです

■2009年10月13日(火曜日)
2009年の汽車旅5シリーズ予告

2009年10月9日(金曜日)から10月12日(月曜日・体育の日)まで、通算89回目となる、気ままな旅をしておりました。

今回のキーワードは、こちらです。

・謎の女性乗務員 ・駅舎の隣りに駅舎?

・鉄道利用ができないSuica

・電気笛が装備されている気動車

・あの県は広い!!

・展望デッキから見える電車

・側扉の配置が独特な車両

みなさん、おわかりになりましたか? この模様がいつお伝えできるのかは未定です。しばらくお待ちください。

なお、一部のブログなどで、リアルタイムで更新されている方がおりますが、私は一切しておりません。これは周囲に迷惑がかかる可能性が高いからです。メディアの世界で仕事をしている以上、安易なことはできませんから。  

※本日のRailway Blogは、お休みです。

■2009年10月14日(水曜日・鉄道の日)
東急2代目5000系迷走?
 

今日は祝日ではないが、鉄道の日ということで、鉄道の話題を。  

P1320287.JPG

2009年10月13日(火曜日)、東急2代目5000系を利用したら、第3編成であったが、6ドア車連結のステッカーがなかった。以前は3・8号車に連結されていたが、いつのまにか外されていたのである。  

DSC_0290a.JPG

2代目5000系は、迷走しているようだ。本来、5050系が投入されるはずの東横線に5000系8両バージョンが乱入。頑丈な軽量ステンレス車体のはずなのに、9000系と1000系の一部が廃車になっており、理解できない。特に9000系はリニューアルしており、まだまだ主力として走るものと誰もが思っていただけに、一部編成の大井町線転用と余剰廃車には、疑問をお持ちの方も多いと思う。  

DSC_0278a.JPG

私は子供の頃、東横線の沿線に住みたい願望があった。特に田園調布は“ナウい人間”、 自由が丘は“ヤング”が住むイメージがあり、“田園調布に住まなければ一流になれない、金持ちにもなれない”と思っていた。当時は軽量ステンレス車体という“ナウい電車”の8090系がデビューし、東横線の主力になるものと思っていたが、昭和61年(1986年)に9000系が入ってきたため、意外と量産されなかった。  

東横線の沿線、特に田園調布に住みたい憧れを持つ人々は少なくなかったようだ。プロ野球シーズンの月曜日になると、多摩川グラウンドに大勢の人が集まり、巨人にクギづけだったが、平成の世に入ってからだろうか、いつのまにか“住みたい沿線”は、田園都市線に変わっていた。

P1390322a.JPG

当時、田園都市線は8500系がほとんどで、見た目のいい電車ではなかったが、今や多種多彩な車両が走るようになり、“横浜市であれば、住んでもよさそうだな”という感じに変わった(横浜市のほうが「あのタカとユージの住む街に住んでいるの? カッコイイ」となり、イメージアップにつながる)。しかし、朝があれだけ混雑しているとなると、引越しをためらう。

P1310394a.JPG

話を元に戻し、2代目5000系の6ドア車3両化は、試作車以外、すべて連結すると思っていただけに、意外な展開に戸惑う。

※本日のRailway Blogは、
こちらです

◆2009年10月3日(土曜日)から10月9日(金曜日)までのTwitter

http://bit.ly/3rTxA2
(1:24 AM Oct 3rd webで)

http://bit.ly/2JnioM
(1:58 AM Oct 4th webで)

http://bit.ly/2SLuaA
(1:39 AM Oct 6th webで)

『相棒Season 8』、見ようゼ!!
(7:36 PM Oct 6th webで)

http://bit.ly/18Fvg5
(2:06 AM Oct 8th webで)

http://bit.ly/HVaMf
(1:35 AM Oct 9th webで)

◆観客動員数177萬人から180萬人へのあしあと

・2009年10月6日(火曜日)…177萬1000人突破

・2009年10月6日(火曜日)…177萬2000人突破

・2009年10月6日(火曜日)…177萬3000人突破

・2009年10月7日(水曜日)…177萬4000人突破

・2009年10月7日(水曜日)…177萬5000人突破

・2009年10月7日(水曜日)…177萬6000人突破

・2009年10月7日(水曜日)…177萬7000人突破

・2009年10月8日(木曜日)…177萬8000人突破

・2009年10月8日(木曜日)…177萬9000人突破

・2009年10月8日(木曜日)…178萬人突破!!

P1390716a.JPG

・2009年10月8日(木曜日)…178萬1000人突破

・2009年10月9日(金曜日)…178萬2000人突破

・2009年10月9日(金曜日)…178萬3000人突破

・2009年10月9日(金曜日)…178萬4000人突破

・2009年10月10日(土曜日)…178萬5000人突破

・2009年10月10日(土曜日)…178萬6000人突破

・2009年10月10日(土曜日)…178萬7000人突破

・2009年10月11日(日曜日)…178萬8000人突破

・2009年10月11日(日曜日)…178萬9000人突破

・2009年10月11日(日曜日)…179萬人突破!!

P1390736a.JPG

・2009年10月12日(月曜日・体育の日)…179萬1000人突破

・2009年10月12日(月曜日・体育の日)…179萬2000人突破

・2009年10月12日(月曜日・体育の日)…179萬3000人突破

・2009年10月13日(火曜日)…179萬4000人突破

・2009年10月13日(火曜日)…179萬5000人突破

・2009年10月13日(火曜日)…179萬6000人突破

・2009年10月14日(水曜日・鉄道の日)…179萬7000人突破

・2009年10月14日(水曜日・鉄道の日)…179萬8000人突破

・2009年10月14日(水曜日・鉄道の日)…179萬9000人突破

・2009年10月14日(水曜日・鉄道の日)…180萬人突破!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

東北楽天ゴールデンイーグルス [かきくけコラム]

NEC_0001.JPG

今日のテーマは、「東北楽天ゴールデンイーグルス」です。 

2004年は『マツケンサンバⅡ』で沸いた1年でしたが、2005年を盛り上げるのは、東北楽天ゴールデンイーグルス(通称、「楽天イーグルス」)ではないでしょうか。  

東北楽天ゴールデンイーグルスは、パリーグに新規参入したプロ野球チームで、親会社の楽天はライブドアと同じ、六本木ヒルズに本社を持ち、アメリカ映画の名作、“ET企業”という共通点があります。  

楽天はJリーグのヴィッセル神戸というチームを所有しており、今回、プロ野球も手中に収めました。あと、総理大臣を買収すれば、“3冠王”の達成です。  

東北楽天ゴールデンイーグルスが本拠地として使う、仙台宮城球場は50年以上もほこるベテランです。今、リニューアル工事をしていて、すべてが完成する2006年には球場名も「後楽天球場」に改称する予定です。それがダメなら「失楽天球場」にでもなるでしょう。

「ゴールデンイーグルス」は和訳すると、“イヌワシ”ですが、このチーム名にはある意味が込められています。

それはこのチームは今シーズン、パリーグの3位であることを自負しているからです。もし、2位になれば次のシーズンは「東北楽天アルバトロス」、優勝すれば「東北楽天ホールインワンズ」に名前が変わります。これは“出世”を意味します。  

もし、4位になれば「東北楽天パーズ」、5位になれば「東北楽天ボギーズ」、最下位になれば「東北楽天ダブルボギーズ」と、5位以降は降格を意味するようなチーム名となってしまいます。選手や首脳陣は常に危機感にあふれながら、大暴れしなければならなくなるでしょう。  

しかし、それは大丈夫。きっと、仙台を代表する武将、伊達政宗が貴方の味方になってくれるはず。援軍は「風林火山」の旗を持って、笹カマボコを食べれば、勝てます。そして、勝利の時には元気ハツラツ、オロナミンCを飲んで、明日の出社に備えましょう。 

みなさん、今シーズンが楽しみですね。  

以上、コラムでした。

DSC_0829a.JPG

★備考

①東北楽天ゴールデンイーグルスホームページは、こちらにクリック!!

②今回の記事は2005年1月に執筆した漫談です。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第26回コメンテーターランキング発表!! [INFORMATION]

今回は“ツキイチ恒例”のコメンテーターランキングです。

これは日頃の御愛顧を感謝する企画で、“タイトル争い”とカン違いされぬよう、お願いいたします。また、Railway Talkの投稿数も合わせて御紹介いたします。ちなみに今回の月間集計は2009年9月1日(火曜日)から9月30日(水曜日)までです。

それでは発表です。


P1390760a.JPG

第2位:おおみや様…114回

第3位:サットン様…109回  

第4位:住吉人様…101回(Railway Blog76回、Railway Talk25回)  

第5位:しおつ様…100回(Railway Blog99回、Railway Talk1回)  

第6位:UZ様…99回  

第7位:masaking様…88回(Railway Blog63回、Railway Talk25回)  

第8位:kikuzou様…80回

第9位:☆秋詠琴音☆様…78回

第10位:トータン様…65回

DSC_0949a.JPG

第11位:鉄道美術館館長♪様…60回

第12位:ネオ・アッキー様、schnitzer様…49回

第13位:Sanohpy様…46回

第14位:新快特様…41回

第15位:HIROOUJI様…40回

第16位:む~さん様…33回

第17位:sirokuma様…32回

第18位:うたに様…30回

第19位:下総弾正くま様…28回

第20位:ひでくん様…24回

DSC_0843a.JPG

第21位:あーちゃん&父様…23回

第22位:zba03198様…22回

第23位:MAKIKYU様…21回

第24位:袋田の住職様…13回

第25位:はくつる様…11回  

第26位:ofil425様、PochiPapa様、えびた様、浩然斎様、こぱんだつま様、みゆき生け花教室様(Railway Blog7回、Railway Talk2回)…各9回  

第27位:keitai様、はなまる鉄道様、まるたろう様、るる様、ぴーすけ君様、is453982-tyhoon様、ひたちなか海浜鉄道様、ラジマニ様(Railway Blog2回、Railway Talk5回)…各7回  

第28位:吉田一紀様、Lionbass様、undo様、クモハ373-7、ヘッドマーク付様…各6回  

第29位:yas様、yokohamachuo様、Yuki様、だいごまん様、me-co様…各5回  

第30位:お名前割愛9名様…各4回  

第31位:お名前割愛14名様…各3回  

第32位:お名前割愛30名様…各2回  

第33位:お名前割愛117名様…各1回

DSC_0839a.JPG

なお、第1位は誰とは言えませんが、ある人の1751回(Railway Blog1748回、Railway Talk3回)です。また、コメント10回以上で、ある特典がございます(公序良俗に反するもの、品格のないものは除く)。


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Railway Talk 2009年9月 [INDEX]

今回は『さすらいのライターとRailway Talk.』の2009年9月にお寄せいただきました“おたより”を御紹介します。まるでラジオ番組みたいですね。

なお、お寄せいただいた画像はここでは載せません。『さすらいのライターとRailway Talk.』で御覧下さい(投稿された方の肖像権を尊重するため)。また、1000件を越えると、古い順から更新されますので、あらかじめ御了承ください(この企画は永久に残すために掲載しております)。

◆こんばんは
投稿者:masaking様
http://masakinghobby.blog.so-net.ne.jp/
投稿日:2009年9月22日(火曜日・国民の休日)18時40分05秒

もうすぐ戦力外になるだろう485です

☆さすらいのライターの返信

こんばんは、どうもありがとうございます。

485系イコール〈雷鳥〉も徐々に減っておりますが、パノラマグリーン車も見納めが近くなってきましたね。


◆こんばんは♪
投稿者:masaking様
http://masakinghobby.blog.so-net.ne.jp/
投稿日:2009年9月23日(水曜日・秋分の日)21時06分30秒


本日も投稿します


P1390760a.JPG

皆様、いかがでしたか。ブログの記事は毎日更新できませんので、ぜひ、『さすらいのライターとRailway Talk.』を御利用ください。お待ちしております。

①『さすらいのライターとRailway Talk.』は、
こちらにクリック!!

②初めて御利用になられる方は、“説明書”を御覧ください。くわしくは、こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

INDEX 2009年9月-2009年9月もすべて、観客動員数1日2000人以上!!- [INDEX]

今回は2009年9月に掲載した記事を御紹介します。

もう1度、御覧になりたい記事がございましたら、クリックしてくださいね。

それでは2009年9月に掲載した記事の一覧です。


P1390760a.JPG

◆9月1日(火曜日)
民主党に政権が変わる秋の到来観客動員数165萬人突破!!
(汽車旅2009番外編)

◆9月4日(金曜日)
観客動員数166萬人突破記念スペシャル!! 
さぁー、みんなで『週刊鉄道データファイル286号』を買いに行こう!!
(公式執筆記録-私の作品-)

◆9月5日(土曜日)
観客動員数166萬人突破記念、大ヒット記事ランキング発表!!
(INFOMATION)

◆9月6日(日曜日)
観客動員数500日連続1日4ケタで、167萬人突破!!
(鉄道評論)

◆9月7日(月曜日)
INDEX 2009年8月
-2009年8月もすべて、観客動員数1日2000人以上!!-
(INDEX)

◆9月8日(火曜日)
Railway Talk 2009年8月
(INDEX)

P1390687a.JPG

◆9月11日(金曜日)
観客動員数169萬人突破記念スペシャル!! 
さぁー、みんなで『週刊鉄道データファイル287号』を買いに行こう!!
(公式執筆記録-私の作品-)

◆9月12日(土曜日)
第25回コメンテーターランキング発表!!
(INFOMATION)

◆9月13日(日曜日)
警察は動かなさ過ぎ!! 
こんなんで防犯していると言えんの? 
観客動員数169萬人突破!!
(鉄道評論)

◆9月15日(火曜日)
石勝線に激震!! 
観客動員数170萬人突破!!
(鉄道評論)

◆9月17日(木曜日)
近未来予測車両
-JR北海道キサロハ182形550番代-
(鉄道評論)

◆9月18日(金曜日)
本日、観客動員数171萬人突破確実記念スペシャル!! 
さぁー、みんなで『週刊鉄道データファイル288号』を買いに行こう!!
(公式執筆記録-私の作品-)

P1390691a.JPG

◆9月21日(月曜日・敬老の休日)
八ッ場ダムとJR東日本
(鉄道評論)

◆9月22日(火曜日・国民の休日)
2009年の汽車旅2-3
(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-前編-)
(汽車旅2009)

◆9月23日(水曜日・秋分の日)
2009年の汽車旅2-4
(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-後編-)
(汽車旅2009)

◆9月24日(木曜日)
巨人セリーグ3連覇スペシャル!! 
さぁー、みんなで『週刊鉄道データファイル289号』を買いに行こう!!
(公式執筆記録-私の作品-)

◆9月25日(金曜日)
巨人セリーグ3連覇スペシャル!!
観客動員数173萬人突破!!
(鉄道評論)

◆9月26日(土曜日)
2009年の汽車旅2-5
(汽車旅2009)

◆9月27日(日曜日)
2009年の汽車旅2-6
(第4回貴志川線祭り-前編-)
(汽車旅2009)

◆9月28日(月曜日)
1日の観客動員数は6日連続3000人以上で、観客動員数174萬人突破!!
(鉄道評論)

◆9月29日(火曜日)
2009年の汽車旅2-7
(第4回貴志川線祭り-後編-)
(汽車旅2009)

DSC_1051a.JPG

次に2009年9月の観客動員数一覧です(カッコ内は実際に訪れた人数。つまり、1日2回以上アクセスしている方が多いということになる)。

・9月1日(火曜日)…4543人(776人)

・9月2日(水曜日)…3050人(681人)

・9月3日(木曜日)…2877人(807人)

・9月4日(金曜日)…3142人(909人)

・9月5日(土曜日)…3811人(823人)

・9月6日(日曜日)…3669人(917人)

・9月7日(月曜日)…3631人(847人)

・9月8日(火曜日)…4440人(811人)

・9月9日(水曜日)…2657人(789人)

・9月10日(木曜日)…3359人(847人)
 
P1390716a.JPG

・9月11日(金曜日)…3203人(843人)

・9月12日(土曜日)…3811人(868人)

・9月13日(日曜日)…3790人(893人)

・9月14日(月曜日)…2846人(813人)

・9月15日(火曜日)…3095人(836人)

・9月16日(水曜日)…3079人(742人)

・9月17日(木曜日)…2844人(812人)

・9月18日(金曜日)…2880人(822人)

・9月19日(土曜日)…2770人(801人)

・9月20日(日曜日)…2550人(761人)

P1390757a.JPG

 ・9月21日(月曜日・敬老の日)…2918人(862人)

・9月22日(火曜日・国民の休日)…4774人(905人)

・9月23日(水曜日・秋分の日)…3485人(937人)

・9月24日(木曜日)…3120人(918人)

・9月25日(金曜日)…3081人(801人)

・9月26日(土曜日)…3306人(990人)

・9月27日(日曜日)…3420人(993人)

・9月28日(月曜日)…3413人(913人)

・9月29日(火曜日)…3207人(853人)

・9月30日(水曜日)…3771人(909人)

◆執筆実績一覧

Yahoo! セカンドライフ(選抜サポーター制時代)
「旅行貯金」(2007年1月15日掲載)
「旅の宿」(2007年1月29日掲載)
「鉄道の改善点」(2007年2月8日掲載)
「期間限定常磐線ブーム」(2007年2月19日掲載) 

・TRAIN MODELING MANUAL Vol.1
(ホビージャパン刊行、2008年6月21日発売)
「PROTOTYPE GUIDE 国鉄185系とクロ157」
「PROTOTYPE GUIDE 京浜急行電鉄 初代1000形」
「PROTOTYPE GUIDE 新幹線N700系」
「PROTOTYPE GUIDE JR九州883系」

・TRAIN MODELING MANUAL Vol.4
(ホビージャパン刊行、2009年5月16日発売)
「ブルートレインの歴史(上)」
「寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァー」

・TRAIN MODELING MANUAL Vol.5
(ホビージャパン刊行、2009年8月21日発売)
「ブルートレインの歴史(下)」

・Unow?
「モハよう著者からの20の質問」
(質問、解説、写真提供。なお、2009年3月10日でサービス終了)
「質問28 列車でちょっと遠出するとき座るなら、クロスシート派(Y)、ロングシート派(N)」
(2008年8月11日掲載)
「質問33 鉄道が好きであるからには日本の鉄道完全制覇を目指す(Y)、目指さない(N)」
(2008年9月10日掲載)
「質問39 中之島線と阪神なんば線は開業初日にできれば乗りたい(Y)、しばらくして空いてからでも(N)」
(2008年10月掲載)

・Unow?「あの人はなぜ鉄道にハマル?」
(質問、解説、写真提供。なお、2009年3月10日でサービス終了)
「記事43 車両の種別や行先表示は(Y)幕式がいい、(N)LEDがいい」
(2008年11月掲載)
「記事46 〈ひかり〉がよく似合う車両は(Y)100系、(N)0系」
(2008年12月掲載)

・苫小牧鉄道新聞第24~27号
「蝦夷路快速」

・週刊鉄道データファイル278号(2009年7月21日号)
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行、2009年7月7日発売)
「国鉄・JRの車両:207系通勤型電車(国鉄)」
「国鉄・JRの車両:125系近郊型電車」

・週刊鉄道データファイル279号(2009年7月28日号)
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行、2009年7月14日発売)
「国鉄・JRの車両:207系通勤型電車(JR西日本)」
※編集部のミスにより、執筆者欄に私の名がありません。

・週刊鉄道データファイル282号(2009年8月18日号)
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行、2009年8月3日発売)
「国鉄・JRの車両:7000系通勤型電車」
「国鉄・JRの車両:6000系近郊型電車」

・週刊鉄道データファイル285号(2009年9月8日号)
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行、2009年8月25日発売)
「国鉄・JRの車両:783系特急型電車:783系リニューアル車」
「国鉄・JRの車両:783系特急型電車:783系分割・併合改造車」
「国鉄・JRの車両:201系通勤型電車:201系民営化後の改造車」
「国鉄・JRの車両:201系通勤型電車:201系『四季彩』」

・週刊鉄道データファイル286号(2009年9月15日号)
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行、2009年9月1日発売)
「国鉄・JRの車両:205系通勤型電車:205系3000・3100番代」
「国鉄・JRの車両:205系通勤型電車:205系その他の改造車」

・週刊鉄道データファイル287号(2009年9月22日号)
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行、2009年9月8日発売)
「国鉄・JRの車両:485系特急型電車:485系ジョイフルトレイン」

・週刊鉄道データファイル288号(2009年9月29日号)
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行、2009年9月15日発売)
「国鉄・JRの車両:E351系特急型電車:E351系2次型」
「国鉄・JRの車両:E351系特急型電車:E351系1000番代」

・週刊鉄道データファイル289号(2009年10月6日号)
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行、2009年9月18日発売)
「国鉄・JRの車両:E751系特急型電車」
「国鉄・JRの車両:12系急行型客車:12系改造車」
「国鉄・JRの車両:12系急行型客車:12系ジョイフルトレイン」

・週刊鉄道データファイル290号(2009年10月13日号)
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行、2009年9月29日発売)
「国鉄・JRの車両:14系特急型客車:14系ジョイフルトレイン」

※『週刊鉄道データファイル』は、292号以降も執筆記事掲載予定です。

◆参考記事

・鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「恐るべし、岸田法眼さん!&モハようが鉄道ファン7月号に掲載」

・鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「岸田法眼さんがいよいよ雑誌デビュー!」 

・鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「岸田法眼さん執筆の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』」

・鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「車止めの絶対的な魅力」 

・鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』
「東武日光線栗橋-南栗橋に癒される」 
※「ps.」参照

・オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「副都心線を応援します!」 

・オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「鉄道居酒屋キハ」 

・オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「Ryomo to Jomo その1」 

・オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「種別(東武・特急スペーシアなど)」 

・オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ マジで終電5秒前
「パノラマ渋谷の濃ゆい夜」 

・八草きよぴ非公式モリゾー愛ブログ
「プチ大回りで目黒線に(前編・渋谷経由で四ツ谷へ)」 

・星野佳世の all my loving☆
「キハで初入鋏」 
※コメント欄参照

・星野佳世の all my loving☆
「『写真電車』出発進行!」
※コメント欄参照

・星野佳世の all my loving☆
「『いわし』『さんま』『青春18切符』」

・me-coの雑学ネタ帳
「東武10030系」 

・me-coの雑学ネタ帳
「東急5000系」 

・me-coの雑学ネタ帳
「JR北海道789系」 

・米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!
「日本の夜行列車の松明の灯を消すな!! 『大垣夜行』季節列車化→ 廃止?反対!! 大阪延伸希望!」 

・米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!
「日本の夜行列車の松明の灯は消えてゆくのか!?」
 

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

タグ:INDEX
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2009年の汽車旅2-9 [汽車旅2009]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方は、URLにクリックしてください。

・2009年の汽車旅2-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-05

・2009年の汽車旅2-2
(JR西日本キハ127系、キハ122系試乗)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19

・2009年の汽車旅2-3
(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-22

・2009年の汽車旅2-4
(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23

・2009年の汽車旅2-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-26

・2009年の汽車旅2-6
(第4回貴志川線祭り-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27

・2009年の汽車旅2-7(第4回貴志川線祭り-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-29

・2009年の汽車旅2-8
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-10-08

◆京の都へ

DSC_1117a.JPG

大阪8番のりばへまわり、新快速京都方面野洲行き(9号車クハ222-2077:弱冷車)に乗り換え。車番チェックしているとき、1~8号車は223系2000番代のトップナンバーであることに気づいたが、トイレが設置されている9号車を選ぶ。8号車と9号車のあいだは通り抜けができないからだ。

新快速京都方面野洲行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
京都12クモハ223-2077なし
 11サ ハ223-2174なし
 10モ ハ223-2167なし
 9ク ハ222-2077弱冷車
 8クモハ223-3001なし
 7サ ハ223-2001なし
 6サ ハ223-2002なし
 5モ ハ222-2001なし
 4サ ハ223-2003なし
 3サ ハ223-2004なし
 2モ ハ223-2001弱冷車
大阪1ク ハ222-2001弱冷車

19時45分に発車。長岡京で普通電車京都方面野洲行きをあっさり抜くが、近年は223系1000・2000・6000番代との追い抜きシーンが多くなってきた。

DSC_1118(京都)a.JPG

20時14分、京都2番のりばに到着し、下車。食事をとったあと、奈良線9番のりばへ向かい、各駅停車奈良行き(クハ103-126:リニューアル車)へ。

DSC_1120a.JPG

乗車する103系は、リニューアルされているものの、体質改善車ではない。どうやらドアから上は、オリジナルの姿を踏襲しているようだ。


各駅停車奈良行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
東福寺なしクハ103-126リニューアル車
 なしモハ102-592リニューアル車
 なしモハ103-436リニューアル車
京都なしクハ103-111リニューアル車、弱冷車

DSC_1121(東福寺)a.JPG

21時04分に京都を発車。東海道本線と別れ、右に曲がって21時06分に東福寺へ到着。ここで京阪電気鉄道京阪本線21時12分発の各駅停車出町柳行き(7003)に乗り換える。

乗車する7000系は、8000系と同期の車両であるが、制御装置と運転台が異なっている。7000系はVVVFインバータ採用で、運転台はひと昔前のタイプ。8000系は界磁位相制御、ワンハンドルマスコンである。

各駅停車出町柳行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
祇園四条なし7003なし
 なし7503弱冷房車
 なし7603なし
 なし7153なし
 なし7653なし
 なし7553なし
東福寺なし7053なし

地下へもぐり、21時17分、祇園四条に到着。祇園の夜で芸者と遊び、パーッといきたいところだが、ある俳優が「女は芸の肥やし」と言うほど、ド派手なことをできるほどの費用はなく、カネ持ちでない人間の悲しいところ。おとなしく、河原町へ向かい、疲労回復にあてるとしよう。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

2009年の汽車旅2-8 [汽車旅2009]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方は、URLにクリックしてください。

・2009年の汽車旅2-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-05

・2009年の汽車旅2-2
(JR西日本キハ127系、キハ122系試乗)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19

・2009年の汽車旅2-3
(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-22

・2009年の汽車旅2-4
(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-後編-)
 
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23

・2009年の汽車旅2-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-26

・2009年の汽車旅2-6
(第4回貴志川線祭り-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27

・2009年の汽車旅2-7
(第4回貴志川線祭り-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-29

◆トイレの喫煙対策を  

DSC_1084a.JPG

和歌山で阪和線の紀州路快速(5号車クハ222-2510:弱冷車:日根野で合流した関空快速は、女性車掌乗務)へ。方向LEDは「大阪環状線」、ホームの行先案内は「大阪方面」と表示されている。以前は京橋行きだった。  

16時54分に発車。紀ノ川を渡ってゆくが、どうやら鉄橋は老朽化しているようで、架け替えを準備している模様。和歌山方面はすでに新鉄橋へ切り換えているが、天王寺方面はこれからである。  

紀伊を発車すると、紀伊山脈を登ってゆく。紀州は意外と低い位置にある。新潟県や長野県などは、もっと高い位置にあるわけだから、日本の地形は奥深い。  

大阪府に入り、17時20分、日根野3番のりばに到着。ここで関空快速をつなげるが、ホームで待っている利用客は、座席がほとんど埋まっている紀州路快速をあきらめ、関空快速に賭ける。

DSC_1093a.JPG

 

日根野で乗務を終えた紀州路快速の車掌は、赤と緑の旗を持ち、関空快速が3番のりばへ。一旦、止まったあと、車掌の指示で運転士は慎重に進み、無事に連結。しかし、関空快速も混んでいた。そのあと、4番のりばに関空特急〈はるか42号〉京都行きが通過した。  

熊取で103系の各駅停車天王寺行きに接続。発車すると、和歌山から乗車している不良の男5人組のうち、2人はトイレへ。なにをしているのか明らかにわかるが、2人とも煙草を吸っていた。そして、私の前の席に不良の男が1人戻ってきたが、煙草のニオイがプンプンしている。  

この不良たちは平然と優先座席に坐り、1人がけの席に坐っている男2人は、イヤホンもつけずにケータイの着うたを聴いている。マナー、エチケット、モラルというのは明らかにない。髪を染めて他人に迷惑をかけているようでは、もはや人間失格といわざるを得ない。  

今や特急でも全車禁煙という時代、トイレは喫煙場所として注目されてしまうのは明らかである。航空機のトイレは煙草の煙を検地するだけで、警報装置が鳴るというが、鉄道もそのようにしてもらいたいもの。これは火災事故防止のためにも必要である。  

車内の喫煙といえば、JR西日本はまたポカをしてしまった。

これは2009年10月7日(水曜日)に発表されたことだが、京都支社の車掌(50歳)が8月30日(日曜日)、新大阪-京都間を走行中、特急〈スーパーくろしお32号〉京都行きの業務用室で、社内規定で禁止されている乗務中の喫煙をやってしまった。しかも、利用客の問い合わせで判明したというのだから、油断し過ぎである。JR西日本は福知山線脱線事故以来、「信頼回復」を何度も口にしているが、車両だけでなく、社内の体質改善が進めなければならないのに、進んでいない印象を受ける。どこまで落ちているのだろうか。

◆行先が判明  

DSC_1096a.JPG

和泉府中で、205系(0番代、1000番代のどちらなのかは確認できず)の各駅停車天王寺行きに接続。隣りのホームには、221系の快速日根野行きが到着した。阪和線221系は、日根野以南で運行する機会が少なくなり、残念である。  

17時47分、鳳に到着。ここで、臨時エル特急〈くろしお92号〉京都行きに抜かれる。もし、この日が日曜日であれば、エル特急〈くろしお28号〉京都行きになる。また、列車番号の前者は9078M、後者は6078Mである。そして、市販の時刻表で、前者は臨時運転を示す斜字になっているのに対し、後者は通常のゴシック体である。なんとも、ややこしいダイヤ構成だ。  

鳳で利用客が増え、車窓はすっかり都市の雰囲気になる。 堺市を発車すると、女性車掌からの案内があり、天王寺を発車すると、新今宮、弁天町、西九条、大阪から各駅に停まり、京橋を経て、天王寺へ向かうことが明らかにされた。方向LEDの表示が「大阪環状線」という当初から、見当はついていたものの、関空快速が走り始めた当初から、京橋発着は中途半端な気がしていたので、天王寺まで延びたのは大歓迎だ。ただし、私が使用している交通新聞社の『JR時刻表』では、京橋発着扱いのままである。



まもなく天王寺
足元にご注意ください
右側ドアきます

杉本町で、103系の各駅停車天王寺行きを抜き、美章園を通過すると、関西本線に直結するアプローチ線を通り、定刻より1分遅れの18時10分、天王寺18番のりばに到着。意外と降りる利用客が多かった。

関空快速・紀州路快速大阪方面天王寺行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
大阪8クモハ223-2510紀州路快速
 7サ ハ223-6紀州路快速
 6モ ハ223-2507紀州路快速
 5ク ハ222-2510紀州路快速、弱冷車
 4クモハ223-2512関空快速
 3サ ハ223-10関空快速
 2モ ハ223-2511関空快速
和歌山1ク ハ222-2512関空快速、弱冷車

阪和線のアプローチ線は、平成元年(1989年)7月22日(土曜日)に開通。当時は特急用という位置づけがあり、新大阪で東海道・山陽新幹線に乗り換えることができるようになり、利便性は大幅に向上した。新大阪、京都へ足を伸ばすことにより、在来線特急料金は乗り継ぎ割引が適用されるため、“料金値下げ”となったのである。

平成6年(1994年)6月15日(水曜日)、関西空港線が開幕し、天王寺-関西空港間に関空快速が誕生。しかし、関西国際空港自体は、まだ営業しておらず、従業員輸送用というものだった。また、関西国際空港が開幕した9月4日(日曜日)に京橋・JR難波発着も加わり、アプローチ線を使う電車が増えた。そして、平成7年(1995年)4月20日(木曜日)に指定席を設定した〈関空特快ウイング〉が誕生した。

しかし、指定席や223系の一部に設けられた大型荷物置場の利用率が悪く、平成11年(1999年)5月10日(月曜日)、〈関空特快ウイング〉をなくす代わりに紀州路快速が誕生。これにより、223系は基本6両、付属2両から、5両と3両に変更された。そのため、223系2500番代が登場したが、この当時は先頭車のみが用意された。その後は、「2009年の汽車旅2-6」にて、記述しているので割愛する。

2008年3月15日(土曜日)のダイヤ改正で、アプローチ線は複線化。増発の可能、関西本線もダイヤの制約がなくなり、阪和線は天王寺から先は各駅に停まる直通快速が誕生。関空快速誕生時から大阪方面へ直通しているので、意味不明な種別だ。関西の私鉄でも通勤特急、通勤快急などがあるのに、どうして、JR西日本は「通勤快速」にしなかったのだろうか? 同業他社に歩調を合わせない姿勢がなさ過ぎる。

18時12分に発車。女性車掌は、ここから大阪環状線に入ると言っていたが、天王寺-新今宮間の複々線は内側を走っており、関西本線である。実は最近まで、幼少の頃に見た本で、大阪環状線は「大阪-天王寺-大阪間」と紹介されており、ずーっと信じていた。しかし、最近、大阪環状線の本当の区間は、「天王寺-大阪-新今宮間」だという。つまり、新今宮-天王寺間は関西本線となる。どうやら、国鉄からJR西日本に変わったときに大阪環状線の区間も変わったらしい。また、今宮-新今宮間は関西本線と大阪環状線が重複しているものの、もともと、今宮は前者のホームしかなく、あとから後者も設置されたため、二重戸籍区間は整理されなかったようだ。

DSC_1099(新今宮)a.JPG

新今宮で大和路快速五条行きに遭遇し、奈良と加茂以外の行先を始めて知る。これは途中の王子で、奈良行きと分割するために設定されているのだ。このほかにも大和路快速奈良・高田行きが存在する。ちなみに和歌山から乗った不良は、ここで降りた。

DSC_1100(次は西九条)a.JPG

弁天町を発車すると、阪神なんば線の安治川橋梁が見えた。阪神なんば線西九条-九条間は、安治川橋梁以外、セミシェルターに覆われている。安治川橋梁だけセミシェルターではないのが不思議な気がする。

DSC_1103(大阪)a.JPG

西九条を発車すると、ノロノロ運転で、18時30分、定刻より1分遅れて、大阪2番のりばに到着した。方向LEDは「天王寺」に変わったが、快速運転のワリには、意外と所要時間がかかっており、天王寺-大阪(梅田)間は、各駅に停まる御堂筋線のほうが早い。

◆衝動的な乗り換え  

DSC_1106a.JPG

隣りの4番のりばに、東海道本線221系の福知山線直通、快速新三田行き(2号車サハ220-38:弱冷車)が入線。福知山線の運用は223系6000番代の投入によって、大幅に少なくなっていることもあり、急いで乗り換える。



次は尼崎

18時39分に発車。東海道本線は複々線の外側を走るので、新快速を彷彿させるが、塚本を通過すると、207系シリーズの各駅停車西明石行きをキャッチ。追い抜くかに思えた。その後、引き離されてしまい、尼崎へは先に到着されてしまったが、ここで降りる利用客がいることに驚いた。

尼崎を発車すると、ここからは福知山線へ。ゆっくりとした速度で進んでおり、あの事故は後世に語り継がれてゆくことだろう。 猪名寺(Inadera)を通過すると、スピードがあがり、伊丹へ。ここから先は家路へ急ぐ人のために速く走っているかのようだ。

進行方向右側の奥に阪急電鉄(次からは「阪急」と略す)宝塚本線の電車が梅田へ向かっているのを見届け、川西池田に到着。ここでは207系シリーズの各駅停車新三田行きに接続。隣りの4番のりばには、321系の各駅停車高槻行きも停まっており、どちらも半自動ドア扱い。首都圏は半自動ドアのない車両が多く、あっても使う機会は限定されている。ちなみにE231系通勤形タイプだと、4つのドアのうち、3つを閉める機能がある。

快速新三田行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
宝塚1ク ハ221-47弱冷車
 2サ ハ220-38弱冷車
 3モ ハ220-38なし
 4サ ハ220-37なし
 5モ ハ220-37なし
 6サ ハ221-47なし
 7モ ハ221-47なし
大阪8クモハ221-47なし

このまま終点新三田まで乗ろうかと思ったが、『JR時刻表2009年3月号』をめくると、復路が少々キツイことはわかり、19時05分着の宝塚で折り返すことにした。

DSC_1112(宝塚)a.JPG

折り返し、19時11分発の快速大阪行き(2号車サハ220-30:弱冷車)は幸運にも221系で、しかも、ガラガラである。ガラガラは確実に坐れるのがメリットで、8両編成なのがさいわいした。

DSC_1113a.JPG

さて、221系でたまに見られるのが、一部のドアは色が異なっている。右側が“221系正規のドア”で、左側は違う。

「尼崎を出ますと、次は終点京都。失礼しました、終点大阪です」  

車掌の突拍子もない間違い放送に失笑したくなるが、尼崎7番のりばに到着。隣りの6番のりばには、宝塚を3分前に発車した快速JR東西線経由木津行きに追いつき、追い越すカタチで先に発車する。  

快速大阪行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
大阪8クモハ221-9なし
 7モ ハ221-9なし
 6サ ハ221-9なし
 5モ ハ220-23なし
 4サ ハ220-23なし
 3モ ハ220-30なし
 2サ ハ220-30弱冷車
宝塚1ク ハ221-9弱冷車

東海道本線に戻り、ラストスパートは持てる力を思う存分に出し、各駅停車を抜くことはなかったものの、車掌の放送がかかると、223系2000番代の快速(高槻から普通電車)京都方面野洲行きに追いつかれ、19時36分、終点大阪9番のりばに到着した。しかし、快速(高槻から普通電車)京都方面野洲行きとは、ほぼ同時の到着で、先にドアを開けられてしまった。おまけに種別幕は快速のままで、コロコロまわっていたら、新快速が登場し、それも撮れなかった(アーバンネットワークは終点到着前、種別幕を変えている)。

★備考

①今回の動画は、こちらにクリック!!



②参考文献として、電気車研究会刊行、『鉄道ピクトリアル2009年6月号』を使用。

③参考文献として、鉄道ジャーナル社刊行、『鉄道ジャーナル』1994年9月号、1995年11月号を使用。

④221系備考一覧は、
こちらにクリック!!


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

ペースアップにも程がある!! 観客動員数177萬人突破!! [INFORMATION]

記事数:881|nice!:3,852|総閲覧数:今日:4,470/累計:1,770,280|読者数:38
アクセスランキング:111位
ブログテーマ:旅行(4位/769ブログ中)

P1390769a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。 2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年9月27日(日曜日)で、観客動員数は177萬人を突破しました。どうもありがとうございます。と言いたいところなのですが、14・15時台の実数は、ともに51名様で、ページビューは前者968、後者849という、尋常ではない数を記録しました。1人あたり14時台は18.9回、15時台は16.6回アクセスしていることになりますが、おそらく、1人でそれ以上、御覧になっているのかもしれません。

なお、so-net blogの順位は実数を重視しているため、前日よりアクセス数が多くても、下がる場合もありますので、あらかじめ御承知おきください。また、パソコンのやり過ぎにも気をつけましょう。


◆ここまでの2009年の汽車旅2シリーズ

・2009年の汽車旅2-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-05  

・2009年の汽車旅2-2(JR西日本キハ127系、キハ122系試乗)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19

・2009年の汽車旅2-3(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-22

・2009年の汽車旅2-4(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23

・2009年の汽車旅2-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-26

・2009年の汽車旅2-6(第4回貴志川線祭り-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27

・2009年の汽車旅2-7(第4回貴志川線祭り-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-29

◆2009年10月4日(日曜日)から10月5日(月曜日)までのmixi日記

■2009年10月4日(日曜日)
金麦
 

壇れいのCMでおなじみの金麦というビールを初めて飲む。普段、アルコールをたしなまず、飲み会を敬遠する私には珍しいことだが、これには理由がある。

P1390760a.JPG


「サントリー。

♪こーんなぁー、時代にぃー、いちねぇーんぶん。

大盤振る舞いじゃ!!

にーく、米ぇー、さかぁーなぁー、どんと1年ぶーん♪

検索せよ!!」  

不朽の名作、『暴れん坊将軍』がCMでよみがえり、徳川吉宗は不況の世の中に大盤振る舞い。米、肉、魚の干物の食材御三家1年分が抽選でプレゼントされるというのだ。実は金麦、サントリーの商品であることを初めて知った。

応募シールを確認して、購入。帰宅途中、幸運にも金麦が路上に捨てられていたのを発見し、シールをはがし、俺のものだぁー!!  

私は貧乏一家の長男坊なので、大相撲の幕内優勝でしか味わえない食材1年分がほしい。印税がたらふく入りゃーいい応募しなくてもいいのだが、久しぶりに懸賞でやっきになるゼ。  

余談だが、懸賞は過去、『SPORTSうるぐす』で、16人しか達成していない完全試合投手の記念ベースボールカード(限定生産)を当てたことがある。


★備考

サントリーのキャンペーンサイトは、こちらにクリック!!

※本日のRailway Blogは、こちらです

■2009年10月5日(月曜日)
56歳は早過ぎる

中川氏死亡 遺書や外傷はなし
(mixiニュースより)

もうろう会見が目に焼きついている人も多いと思うが、2009年8月30日(日曜日)の衆議院選挙で落選した中川昭一氏が10月4日(日曜日)、自宅で急逝した。どうやら病死のようだが、死因は解明されていない。

もうろう会見以後、元気がなかったらしいが、1つのミスが致命的となってしまい、意欲が薄らいでいたのだろうか。今まで知らなかったが、中川氏は世襲議員で、父親は57歳で自殺したという。中川氏の死は自殺ではない可能性が高いにせよ、どうして、親子ともども、50代であの世へ行かなければならないのだろう(「あの世」と言っても、自殺は「地獄」という道をゆくらしい)。私は中川氏の父親については知らないが、政治の重圧というのは、横綱より重いのかもしれない。

思えば、昨年のこの時期、私は突然の呼吸困難により、救急車で病院へ搬送された。さいわい、通院で済んだが、自分で痛みに気づかないほど、心労がたまっていたのだろうか?

人間というのは、死ぬのは怖いけど、生きるのも怖い。生物というのは、いつも死と隣りあわせなのだから。 私は30歳を過ぎた頃、“寝ると、もう目覚められないんじゃないか?”と悩まされ、“寝たくない症候群”に陥ったことがある。トシをとるというのは、あの世へ行く日が刻一刻とせまっているのだから、生きているのは恐ろしいのだ。その苦しみを逃れるため、なにかで気を紛らわせるのが人間の生き方だと思うが、シャブや大麻に手を染めたくはない。私の場合、太田光のような激アツトーク(?)や旅で、“死ぬ怖さ、生きる怖さ”の苦痛から逃れるようにしているのかなぁー? と思う。

私はあと15年で48歳になるが、果たして、元気に生きているのだろうか? あの悪夢の日から抱えている、深刻な悩みである。

※本日のRailway Blogは、お休みです。

■2009年10月5日(月曜日)
どこが「報道のTBS」なんだよ!!

TBS青木裕子アナ大失言! 中川元大臣死去のニュースに「注目しないで!」
(mixiニュースより)

昨日は寝ていて(正午起床)、見ていなかったものの、TBSの青木裕子アナウンサーがとんでもないことを言ったという。普通、ニュース速報が出れば、その場にいるアナウンサーは伝えるものである。ハッキリ言って、TBSはどういう社員教育をしているのだろうか?

TBSは夕方のニュース番組で、「報道のTBS」復権を目指しているが、視聴率はあがらない。そして、ポカやミスでいろんなところから怒られている。あの事件で失われた信頼を取り戻すのは、容易ではない。これはJR西日本の本社経営陣にもいえることだけどね。

◆観客動員数174萬人から176萬人へのあしあと

・2009年10月3日(土曜日)…176萬1000人突破

・2009年10月3日(土曜日)…176萬2000人突破

・2009年10月4日(日曜日)…176萬3000人突破

・2009年10月4日(日曜日)…176萬4000人突破

・2009年10月4日(日曜日)…176萬5000人突破

・2009年10月5日(月曜日)…176萬6000人突破

・2009年10月5日(月曜日)…176萬7000人突破

・2009年10月5日(月曜日)…176萬8000人突破

・2009年10月5日(月曜日)…176萬9000人突破

・2009年10月5日(月曜日)…177萬人突破!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

527日観客動員数1日4ケタで、観客動員数176萬人突破!! [鉄道評論]

記事数:880|nice!:3,836|総閲覧数:今日:4,079/累計:1,762,265|読者数:38
アクセスランキング:118位
ブログテーマ:旅行(4位/765ブログ中)

P1390760a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年9月27日(日曜日)で、観客動員数は174萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆ここまでの2009年の汽車旅2シリーズ

・2009年の汽車旅2-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-05  

・2009年の汽車旅2-2(JR西日本キハ127系、キハ122系試乗)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19

・2009年の汽車旅2-3(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-22

・2009年の汽車旅2-4(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23

・2009年の汽車旅2-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-26

・2009年の汽車旅2-6(第4回貴志川線祭り-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27

・2009年の汽車旅2-7(第4回貴志川線祭り-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-29

◆2009年9月29日(火曜日)から10月3日(土曜日)までのmixi日記

■2009年9月29日(火曜日)
ホシが15分でわかる方法 


2009年9月26日(土曜日)、『土曜ワイド劇場』の定番シリーズ、「西村京太郎トラベルミステリー」を放送していたが、この番組は“早々にホシが誰なのかがわかる”ことを御存知だろうか?  

これは当たる確率が「9割」と言ってもいいぐらいだが、オープニングのキャスト紹介で、主役の次、すなわち、2番目に登場する人物がホシ役というパターンなのだ(当初は愛川欣也主演だったが、現在は高橋英樹になっている)。この番組は単独犯、複数犯など、様々ではあるが、とにかく2番目の人物に注目してほしい。ちなみに、この日に放送された2番目の人物は、大路恵美の弁護士役だったが、顔に似合わぬ“黒幕”だった。  

実際に列車で殺人事件が発生すると、現場を保存しなければならず、折り返し運転は、ほぼ不可能といっていいだろう。代わりの車両を用意しなければならないということだが、ない場合は運休が余儀なくされる。特に夜行列車は、その可能性が高い。 こういうことが現実にならないことを願う。

余談だが、「西村京太郎トラベルミステリー」のTBSバージョンは、1回も見たことがない。これはテレ朝のイメージが強く、見る気になれないからである。

※本日のRailway Blogは、
こちらです(You Tubeは、こちらです)。



■2009年9月30日(水曜日)
NHKで『タモリ倶楽部』を放送?

「誰が見るのか......」経費節減だけに突き進むテレ朝 視聴者不在の深夜枠改変
(mixiニュースより)
 

2009年9月29日(火曜日)20時過ぎ、プロ野球中継以外では珍しく、ラジオ番組を聴いた。関東地方は交通情報を30分おきにお知らせするので、音楽をかけていることが多い。  

さて、NHK総合テレビでは、10月から『ブラタモリ』がレギュラー化されることになった。この番組は過去に1回放送しており、“『タモリ倶楽部』のパクリ”というような内容だと聞いている。果たして、「毎度おなじみ、流浪の番組」というフレーズは、NHKだと「毎度おなじみ、るろうに剣心」になるのだろうか?  

『タモリ倶楽部』といえば、そのあとにやっていた『爆笑問題の検索ちゃん』が惜しまれつつ終了。テレ朝は0時台のバラエティー番組を『タモリ倶楽部』以外、打ち切って、経費節減番組に移行するらしい。「せっかくの“花金方程式”を切り崩しやがって!!」と思う人も多いだろう。  

話は変わり、20年近く前に聞いたウワサ話だが、関西地区の『笑っていいとも!』は15秒カットされているらしい。つまり、関東地方はノーカットということだが、ほかの地方はどうなのだろう。

「気になりますねぇー」  

と杉下右京警部の声が聞こえてきそうだ。  

※本日のRailway Blogは、お休みです(You Tubeは、
こちらです)。



■2009年10月1日(木曜日)
首都圏新都市鉄道の路線名は?

2009年9月30日(水曜日)、秋葉原へ。正月あたりにプリンターのインクをすべて取り替えたばかりだというのに、一部の色以外は、残量わずかの状態になった。ちなみに取り替える前は3年持っていた。

インクを買ったあと、デジカメのメモリーを買う。前回はパナソニック4GBのSDメモリーカードを購入したが、ケースはなく、“ケチりやがって”と不快感がつのった。そして、microSDカードはひどくなった。

それはアダプターなしの状態で販売していることである。不況の影響で、ケチッているのかどうかはわからない。でも、最低限の必需品がなくては困る。簡略化しているようでは、“お得意様”が減る危険性がある。ちなみにmicroSDカードはコンデジで使っている。 今回はデジイチ用として、サンミュージックじゃなくて、SUNDISCのSDメモリーカード4GBを選んだ。

そのあとは神保町の本屋へ。今年度版の『鉄道要覧』を見ると、衝撃の事実を目にする。

それは、首都圏新都市鉄道の路線名は「常磐新線」であることだ。 「常磐新線」は工事をする前から、常磐線北千住で大々的に宣伝しており、当時はイエローの2階建て電車が走るイメージイラストがあった。残念ながら、その通りとはいかなかったものの、130㎞/h運転という公約は実行している。鉄道誌や車内放送では「つくばエクスプレス線」と案内していたので、目がテンだ。今までRailway Blogでは、「首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線」と書いていたので、痛恨の失点となる。これからは『首都圏新都市鉄道常磐新線(通称、「つくばエクスプレス」)』に修正しよう。あと、タグも「つくばエクスプレス線」から「常磐新線」に変えなきゃ。

『鉄道要覧』は平成9年(1997年)だったと思うが、図書館から借りて、公式旅客鉄道路線(ロープウェイやリフトは除外)を調べ、ワープロにまとめた。現在は時間のあるときにエクセルで再入力しているが、完成するのは、いつになるのやら……

この本は4000円以上もするため、たぶん、業界関係者以外は手を出さないのではないかと思う。ちなみに購入されるのであれば、書泉グランテよりも書泉ブックタワーがオススメ。なぜならば、後者はビニールに包装した状態で販売しているため。1000円や2000円程度なら、気にならないけど、立ち読みをされると、本が傷む恐れがあるので、買うのであれば、“マッサラな状態”で買いたい。

余談だが、IGRいわて銀河鉄道の路線名は、「いわて銀河鉄道線」である。

※本日のRailway Blogは、
こちらです

■2009年10月2日(金曜日)
E259系デビュー

新型「成田エクスプレス」E259系が運行開始
(mixiニュースより)

P1390736a.JPG

乗ってはおりませんが、くわしくは
こちらにアクセスしてください

■2009年10月2日(金曜日)
なんで杉下右京が1位じゃないの?

メガネが似合う人、日韓のイケメンおさえ1位は【おぎやはぎ】、女性部門は【光浦靖子】
(mixiニュースより)

うーん、こういうアンケートというか、調査があるんですねぇー。

私にとって、眼鏡の似合う人といったら、杉下右京。10月といえば、杉下右京の季節である。もし、杉下右京がプロ野球の監督だったら、すごい成績を残しているんだろうなぁーと思う。

■2009年10月3日(土曜日)
ネタになるか?

爆笑問題の田中裕二が離婚「お互いの将来にとって前向きで、最善の選択」
(mixiニュースより)  

爆笑問題の田中裕二が昨日、役所に離婚届を提出したという。役所の名も公表されており、ヤジウマが自宅に押しかけてこなければいいのだが。  

田中の結婚後、相方の太田光は元奥さんをネタに使っていた。2000年にあの部分を1個除去する手術しているが、現在でもネタになっている。果たして、離婚もネタになるのだろうか。記者会見はせずとも、生放送の『サンデージャポン』で真相が明らかになる可能性も高いだろう。  

一方、太田は平成2年(1990年)のバレンタインデーで、彼女といっしょに新宿へ行った際、コンピューター占いをしたところ、「相性100パーセント」という、占い師でさえも驚きの結果に結婚を決意。この年の9月26日(水曜日)に婚姻届を出しているが、太田が実家に結婚を報告したのは、なんと3か月後だという。以来、2人は固い絆で結ばれ、奥さんはタレントから、爆笑問題を支えるタイタンの社長に転身。平成10年(1998年)4月以降、爆笑問題は大物芸能人へと駆け上がった。この当時、33歳。現在の私と同じ年齢だ。  

爆笑問題は、お笑いタレントでは「1番」と言ってもいいぐらい、スーツを着て出演することが多いし、太田は結婚指輪をいつもはめている。一方、田中は申し訳ないけど、結婚指輪をつけて番組出演した姿を見たことがない。ちょっとしたことが、明暗を分けるのだろうか?  

※本日のRailway Blogは、
こちらです

■2009年10月3日(土曜日)
2016年の大きな夢が破れ散る

2016年五輪開催地 東京は落選
(mixiニュースより)

P1390687a.JPG

『タモリ倶楽部』を見ていたらニュース速報が入り、2016年夏季オリンピックは東京が落選したという。「劣勢」という情報の通りとなってしまった。  

日本は過去にオリンピックを3回行なわれているが、夏季については、昭和39年(1964年)の東京オリンピック以来、ない。冬季は昭和47年(1972年)の札幌、平成10年(1998年)の長野が行なわれている。ちなみに私は長野オリンピックに行ったことがあり、観客として、世界のヒノキ舞台をナマで見た。“もしかすると、私が生きているあいだに日本で開催するのは、長野だけしかないのでは?”とあせっており、競技はなんでもよかった。  

私は日本で夏季大会を見たい。しかし、ことごとく敗れている。果たして、日本は2020年のオリンピックに立候補するのだろうか。もし、するのであれば、四国や九州はいかがだろうか。  

今回、東京は落選した。しかし、それでよかったと思う。日本の人々にとって、「東京オリンピック」というのは、昭和39年(1964年)しか頭に思い浮かばないだろうし、「2016年」は似合わないのではないだろうか。テレビ番組でしか見たことがないものの、カラーで放映された開会式の映像は、今も心に焼きついている。ちなみに競技の大半は、モノクロで放映していたという。当時、カラー放送は高級品だったからである。

★追記

2016年の夏季オリンピックは、リオデジャネイロに決まりました。

※本日のRailway Blogは、
こちらです

■2009年10月3日(土曜日)
さすらいのライターさんの血液型診断説明書の結果

blood_image.jpg

O型さすらいのライターさんの説明書

O型度は★69%★

・頭脳系:大雑把でいいかげん

・トーク系:人の話はあまり聞かない

・ハート系:お人好しがウリです

・カラダ系:周りにストレス発散系

◆2009年9月27日(日曜日)から、10月2日(金曜日)までのTwitter

http://bit.ly/1hBvtG
(2:46 PM Sep 26th webで)

http://bit.ly/3uTqiq
(3:24 AM Sep 27th webで)

朝青龍は大相撲でも珍しい“誕生日優勝”なるか? 今日の大一番は注目だね。
(2:50 PM Sep 27th webで)

やっぱり朝青龍が勝ったね。それにしても、大関陣に2ケタがいないのは、意外な気がする。前半戦を盛り上げた琴欧洲や琴光喜は9勝6敗なのから。
(6:34 PM Sep 27th webで)

http://bit.ly/14ljmw
(2:17 AM Sep 28th webで)

「土俵を下りてからやってほしかった」という、刈谷アナウンサーの実況が耳に残る千秋楽だった。
(12:31 PM Sep 28th webで)

http://bit.ly/dm9Ya
(2:33 AM Sep 29th webで)

東海道・山陽新幹線の始発駅発車、終点到着のチャイムは、昔のヤツがよかったなぁー。

「♪ミ、ミファソド、ラソファソ、ファミレミド…♪(ミとシは♭)」

新幹線は“高嶺の花”かなぁー。
(8:27 PM Sep 29th webで)

左ヒジの腱鞘炎が再発。そろそろ痛み止めの注射を打たなければならないのかもしれない。
(2:18 AM Sep 30th webで)

http://bit.ly/31ZGNO
(9:55 PM Oct 1st webで)

秋のお江戸でアレを見たゼ!!
(11:33 PM Oct 1st webで)

http://bit.ly/dt0fT
(2:25 AM Oct 2nd webで)

◆観客動員数174萬人から176萬人へのあしあと

・2009年9月27日(日曜日)…174萬1000人突破

・2009年9月28日(月曜日)…174萬2000人突破

・2009年9月28日(月曜日)…174萬3000人突破

・2009年9月28日(月曜日)…174萬4000人突破

・2009年9月29日(火曜日)…174萬5000人突破

・2009年9月29日(火曜日)…174萬6000人突破

・2009年9月29日(火曜日)…174萬7000人突破

・2009年9月29日(火曜日)…174萬8000人突破

・2009年9月30日(水曜日)…174萬9000人突破

・2009年9月30日(水曜日)…175萬人突破!!

P1390691a.JPG

・2009年9月30日(水曜日)…175萬1000人突破

・2009年10月1日(木曜日)…175萬2000人突破

・2009年10月1日(木曜日)…175萬3000人突破

・2009年10月1日(木曜日)…175萬4000人突破

・2009年10月1日(木曜日)…175萬5000人突破

・2009年10月2日(金曜日)…175萬6000人突破

・2009年10月2日(金曜日)…175萬7000人突破

・2009年10月2日(金曜日)…175萬8000人突破

・2009年10月3日(土曜日)…175萬9000人突破

・2009年10月3日(土曜日)…176萬人突破!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

『マツケンサンバⅡ』ブーム [かきくけコラム]

P1390760a.JPG

今日のテーマは「『マツケンサンバⅡ』ブーム」です。 

時代劇の大物俳優、松平健が歌う『マツケンサンバⅡ』が社会現象になっており、『第55回紅白歌合戦』をはじめ、数々の歌番組に出場。さらには振り付けDVDを発売するなど、とどまることを知りません。ちなみに“サンバ”がこれほど日本人の心をつかんだのは『お嫁サンバ』以来、84年ぶり3回目です。

『マツケンサンバⅡ』で印象に残る歌詞と言えば、「俺だよ、オレ、オレ」で、そういったサギ事件が多発。また、“オレ竜”球団がセリーグ優勝するなど、ブームに便乗していることがうかがえます。もし、『マツケンサンバⅡ』自体がなければ、こんな出来事は起こらなかったはずです。 

松平健に『マツケンサンバⅡ』大ヒットの秘訣をきいたところ、こう答えました。

「サンバですから、“3×8=24歳の精神”があったからこそ、国民に愛されたんじゃないですか」 

とコメントしています。 

実は『マツケンサンバⅡ』の前に、『マツケンサンバⅠ』があり、あまり目立たない曲調です。舞台公演観覧客への御礼という意味で、誰かが企画したものですが、マイナーチェンジした『マツケンサンバⅡ』は評判がよく、シングルCD化。これがモノスゴイ反響を呼び、週間売り上げも20位台をキープするなど、中島みゆきの『地上の星』以来、ロングセラーとなっています。ちなみに私の家にはワインセラーはありません。 

おそらく、今後は平井堅とタッグを組み、“ダブルケン・トギルバード”というユニットで、音楽活動をすることでしょう。

『マツケンサンバⅡ』に便乗し、2005年初頭には『赤ちゃんサンバ』というCDが発売されることになりました。これは出生率低下に歯止めをかけるべく、全国からよりすぐりの産婆(Samba)さんを集め、“高齢モーニング娘。”として、デビューするものです。話題性も豊富になることは間違いないでしょう。 歌詞は「オーレ、オーレ、赤ちゃん産婆」や「こんにちは赤ちゃん、私が産婆よ」といった、ラテン調の歌詞になる予定で、ノリノリの曲は大ヒット間違いないでしょう。 

それと、俳優の萩原健一による『ショーケンサンバ』が出たらなぁーと思います。 

以上、コラムでした。

★備考

①今回の記事は漫談で、2004年12月に執筆したものです。

②マツケンのコメント、『赤ちゃんサンバ』や『ショーケンサンバ』は、すべてフィクションです。


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

JR東日本E259系開幕戦 [プラットホーム2009]

◆今後が気になる253系

P1390679a.JPG

2009年10月1日(木曜日)17時50分過ぎ、JR東日本東京へ。総武地下1番線では、ちょうど253系の特急〈成田エクスプレス36号〉横浜方面大船行きが発車するところだった。このホームは“国鉄のニオイ”がするところで、エスカレーターで、総武地下ホームへ下るときの案内板の文字、一部の駅名盤に“昔”を感じる。 隣りの総武地下4番線には、レールファンがおり、中高生のようだ。



P1390689a.JPG

17時57分、横浜からの特急〈成田エクスプレス45号〉成田空港行きの7~12号車が総武地下4番線に入った。ほどなくして、池袋からの1~6号車も到着。後者の運転士はホームに入ると、小刻みに動く、止まるを繰り返し、意外と大胆に「我慢の限界」と言いたげに急発進、急ブレーキという感じで、ガッチリ連結した。そのあと、幌が自動的に出てくる。日本の鉄道では初めて採用されたもので、これにより、停車時間を短縮させることに成功した。しかし、6号車と7号車のあいだは、通り抜けができない模様。これでは、なんのためにあるのか?

「ニーゴーキューわからねぇー」

と男子学生の1人がつぶやく。どうやら、まったく下調べをしていなかったようで、あせっている。

東京で、池袋からハンドルを握った運転士が降りる。

「6号車のサボ、違ってますねぇー」
運転士が指摘する。「サボ」は方向LEDをさしており、行先は池袋になっていたが、18時03分にあわただしく発車すると、行先表示は「成田空港」に修正した。この時間、平日の夕ラッシュ時で、東海道本線(経路の都合上、東京-西大井-大船間は「横須賀線」と案内。ちなみに横須賀線は大船-久里浜間の路線である)の総武地下1・2番線は、思ったほど混み合っていないものの、総武本線の総武地下3・4番線は長蛇の列だ。快速は東京始発が設定されているものの、横須賀線からの直通電車は、大混雑である。

P1390691a.JPG

総武地下2番線へ移動し、253系の特急〈成田エクスプレス38号〉大宮行きが到着した。ホームは海外旅行や出張などで帰国した人々が多く、スーツケースをゴロゴロゴロと動かしている。大宮へは新宿、池袋を遠回りするため、ここからの所要時間は50分。東北新幹線に乗り換えると、大幅に早く大宮に到着するものの、特急料金の乗り継ぎ割引は設定されていない。また、東北本線東京-上野間の通勤形電車(山手線、京浜東北線)、上野-大宮間の近郊形電車の乗り継ぎは、特急〈成田エクスプレス〉よりも早い。しかし、乗り換え不要というメリットがあり、疲労困憊で睡眠をとるには充分な時間であろう。




P1390716a.JPG

18時20分に特急〈成田エクスプレス38号〉大宮行きが発車したあと、総武地下2番線に255系の特急〈しおさい11号〉銚子行きが入線した。255系はデビュー当初、特急〈ビューさざなみ〉〈ビューわかしお〉で活躍し、側面の行先表示は方向幕だったが、E257系500番代の投入により、特急〈しおさい〉にも拡大されたため、「ビュー」の冠愛称を外し、方向LEDに変わっている。ちなみに特急〈しおさい〉は9往復中、4往復は255系が使われており、時刻表のグリーン車マークで容易にわかる。

◆E259系登場!!

P1390717a.JPG

総武地下3・4番線へ移動すると、駅員の放送が入り、特急〈成田エクスプレス47号〉成田空港行きは、戸塚で発生した人身事故に伴い、12分遅れるという。夕ラッシュの最中、ダイヤのやりくりが大変で、本来ならば、特急〈成田エクスプレス47号〉成田空港行きのあとに発車する、快速〈エアポート成田〉成田空港・成東行きが定刻通りに動いた。ちなみに1~11号車の先頭車の種別幕は「エアポート成田」、増1~4号車は「横須賀線-総武線」だった。



P1390727a.JPG

そのあと、遅れていた253系の特急〈成田エクスプレス47号〉成田空港行きが到着。18時45分に発車すると、隣りの総武地下1番線に特急〈成田エクスプレス40号〉横浜方面大船行きが到着。255系の特急〈しおさい11号〉銚子行きと顔を合わせる。本来ならば、特急〈しおさい11号〉銚子行きが発車しているため、ありえない光景だが、特急〈成田エクスプレス47号〉成田空港行きが遅れたことが奇跡を呼んだのだ。 あわてて総武地下1・2番線へ移動したため、ゆっくり見ている時間はなかったが、方向LEDは「横浜・大船」と表示しており、わかりにくい。これだと、“どこかで編成を分割するのではないか?”とカン違いしそうだ。「横浜方面大船」のほうがわかりやすい。また、方向幕に比べ、ロゴマークがなく、文字だけになっているのが残念。色は分けているが、味がなくなっている。

P1390736a.JPG

18時49分に発車し、またまた総武地下3・4番線へ。今度は定刻通りに特急〈成田エクスプレス47号〉成田空港行きが到着。しかも、E259系だ。 到着時、遠くからパールホワイトに輝く高輝度放電灯が綺麗で、胸が高まる。

E259系は1度、東海道新幹線の車窓から見ているが、間近で見ると、253系が“古い電車”に見えてしまった。253系は鋼製、E259系はアルミの違いがあるのかもしれないが、ボディーにツヤがあるし、洗練されている印象を持つ。E259系のフェイスは、E351系貫通型先頭車にそっくりであるが、どっちが“イケメン”なのかは一目瞭然だろう。おそらく、2010年鉄道友の会ブルーリボン賞の有力候補だと思われるが、「乗ってみたい」という気になる。たまたまホームを歩いていたアベックのうち、お姉ちゃんは「カッコイイ」と言っていたしね。


P1390732a.JPG

方向LEDは成田空港行きの場合、方向幕と同様にヒコーキの絵文字が表示されているのが“救い”といえるだろう。方向LEDのサイズは、253系と変わらないようであるが、東武鉄道30000系やJR西日本221系などのような見やすさが求められる。



特急〈成田エクスプレス47号〉成田空港行きは、19時03分に発車したが、グリーン車はガラガラでも、指定席はほどよいように思える乗車率だ。おそらく、レールファンが試乗しているのだろう。この電車は、千葉、四街道、成田にも停まるため、試乗しやすいし、帰宅客にも重宝されている。

もし、E259系を試乗されるのであれば、下りは49号、上りは4・8号がオススメ。4・8号は四街道に停まらないものの、千葉と成田はすべて停まるし、東京近郊区間内の運行であるため、大回り乗車ができるメリットがある。この場合はSuicaやPASMOを使ったほうが無難と思われるが、下りは東京-成田-我孫子-神田間、東京-千葉-蘇我-八丁堀間、上りはその逆だと初乗り130円(大人)で乗れる。指定席特急料金はA特急料金のため、B特急料金の特急〈しおさい〉〈あやめ〉に比べれば、高いものの、小旅行気分で楽しめるのではないだろうか。

P1390757a.JPG

隣りの総武地下2番線では、E257系500番代の特急〈しおさい13号〉佐倉行きが入線していた。“もし、E259系の投入が早ければ、253系を転用することができたのでは?”と思う。253系の指定席をリクライニングシートに交換することが必須になり、4人用グリーン個室がいるのかどうかという議論もあるだろうが、平成2年(1990年)に入団して、まだ19年。ボディーに疲労が見受けられるものの、JR東日本は“活かす道”を探してほしい。

◆E259系の特急〈成田エクスプレス〉運行案内

①下り…3・9・13・15・25・29・31・39・43・49号

②上り…4・8・12・16・26・30・32・40・44・50号

※JR東日本ホームページ調べ

★備考

①今回の動画は、こちらにクリック!!



②岸田法眼のRailway Blog.「近未来予測車両-JR東日本253系-」は、こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:ニュース

観客動員数175萬人突破記念スペシャル!! さぁー、みんなで『週刊鉄道データファイル290号』を買いに行こう!! [公式執筆記録-私の作品-]

P1390768a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年9月30日(水曜日)で、観客動員数は175萬人を突破しました。どうもありがとうございます。もしかすると、年内に観客動員数200萬人突破ということがあるのでしょうか?

さて、見本誌の到着が発売後になるため、御連絡が遅れてしまい申し訳ございませんが、2009年9月29日(火曜日)、『週刊鉄道データファイル290号(2009年10月13日号)』が発売されました。

早いうちに本屋さんへ直行してくださいね。また、大きな本屋以外では販売していないかもしれません。本屋さんで予約すると、送料がかからないことが多いので、おトクです。  

気になるお値段は消費税込み560円(本体533円)。毎週火曜日に発売しておりますが、毎回、私が登板するとは限りません。  私の執筆記事は次の通りです。

◆21・22ページ
国鉄・JRの車両:14系ジョイフルトレイン(SHEET:06)

P1360056.JPG

「14系特急型客車」は、すでに「SHEET:05」まで進んでおり、「SHEET:06」は私が執筆しております。前回の「12系ジョイフルトレイン」は編集部の意向により、すべて取り上げておりませんでしたが、今回は意外と少なかったこともあって、すべて取り上げております。

◆未公開原稿集

・ジョイフルトレインの元祖といえるこの車両は、

・配電盤は乗務員室側へ移設した。以後、展望室はこのようなスタイルで
 

P1360074.JPG

『週刊鉄道データファイル』は、あと10回で300号となり、完結いたします。カウントダウンがせまってきたという感じでしょうか。

なお、次回の執筆記事はございませんので、御了承ください。

雑誌は多くのスタッフの皆様の総力を結集して作られております。御購入いただきますよう、お願い申し上げます。

さぁー、みんなで買いに行こう!!  

完売の際は御容赦ください。また、「nice!」を押される方、コメントやトラックバックをされる方は、お買い求めいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

★今回、御紹介した商品のおさらい

P1390768a.JPG

『週刊鉄道データファイル290号(2009年10月13日号)』
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行)
定価560円(本体533円)
雑誌コード22452-10/13

★備考

①デアゴスティーニ・ジャパンホームページは、こちらにクリック!!

②『週刊鉄道データファイル』ホームページは、こちらにクリック!!

③書泉ホームページは、
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。

メッセージを送る