So-net無料ブログ作成
検索選択
事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

在来線列車で行く北海道行きのドリームトレイン [INFORMATION]

北海道新幹線が開業してから1年。関東から北海道へ向かう気動車が団体列車として、ついに走り出した。

御存知の通り、青函トンネルは気動車の運転ができないため、一部区間は電気機関車の力を借りるが、今では大変珍しい気動車列車の長距離運転に、プレス発表直後から大きな話題となっていた。

北海道行きのディーゼルカー

都内は電車の高頻度運転により、最高速度95km/hの気動車が入り込む余裕はなく、始発駅は取手になった。乗客は気動車好きの著名人らが集まり、たった2両の車内は和やかな雰囲気に包まれ、のどかな町なみを眺めながら、列車は遠回りをして北の大地を目指す。

車内はロングシート、トイレなしのため、乗客はホテル泊まり。気動車も車両基地で点検や給油を行ない、万全を期して朝を迎えた。

列車は下館、水戸、郡山、会津若松、新津、余目、新庄、横手、北上、盛岡、宮古、久慈、八戸、好摩、大館、東能代、深浦、川部、新青森を経由。青森信号場から電気機関車に牽かれ、北海道入り。五稜郭から自力走行に戻り、最果ての終着駅へ向かった。



































































































今日はエイプリルフールです。申し訳ありません。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。

メッセージを送る