So-net無料ブログ作成
事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。
汽車旅2003番外編 ブログトップ

特急〈北越〉フォーエヴァー総集編 [汽車旅2003番外編]

■2003年8月24日(日曜日)

終点長岡目前で停止信号が長引き、上越新幹線新潟行きに乗れず(きっぷを買っていなかった)、特急〈北越3号〉新潟行き(6号車自由席クハ481-332)へ。

6号車自由席はリクライニングシート、4・5号車自由席は1段高いデラックスタイプ、指定席は座面も動かせる“ファミコンシート”で、どっちがトクなのか?(半室グリーン車と答える人もいるだろう)

ここで誤算が発生!!

私は新潟で快速〈くびき野2号〉新井行きで折り返すつもりでだったが、なんと新津-新潟間ですれ違うことが判明。やむなく新津まで利用(乗車後の利用区間短縮はできない)。


快速・普通列車〈妙高〉フォーエヴァー総集編 [汽車旅2003番外編]

■2003年8月24日(日曜日)

長野駅に戻り、信越本線の各駅停車〈妙高1号〉直江津行き(3号車自由席モハ189-40)へ。



着席後、洗面所のコンセントでFOMAのフル充電をする。長野を発車すると、165系、167系が工場で無残にも解体。また、豊野付近で、遠目から長野新幹線の車両基地が見えた。


JR東日本101系フォーエヴァー [汽車旅2003番外編]

2003年12月14日(日曜日)、JR東日本鶴見へ。

東海道本線から鶴見線へは乗り換え自動改札を通らなければならないが、この日は特設通路のフリーパス(出口は電源OFFの1・2番自動改札)。ちなみに4番線に展示した101系はクモハ101-130とクモハ100-172である。

係員は先頭車しかない方向幕をコロコロいじくったり、南武線支線で使用した自動放送を流すなど(録音機材を持ったレールファンなどが真剣にマイクをかたむけ、静寂した雰囲気に)、イキなファンサービスを展開。

101系を見るのは平成11年(1999年)2月以来だが、2006年4月で103系もJR東日本から撤退するなど、世代交代のWAVEは激しい。

14時30分、各駅停車海芝浦行きで浅野へ。ここから大川駅までRUNNING SHOT!!

武蔵白石駅を過ぎ、『YOKOHAMA ASAHI』のウインドブレーカーを着たオジサン(沿線従業員でノンレールファン)と出会い、伴走!!(実際は徒歩だったが、沿道では神奈川県警のパトカーが巡回していた)

大川駅に到着し、「乗客安全補助」の腕章をつけた数人の係員とレールファンが待機。そして、15時21分、大川に到着。9分後に折り返すため、ドアは開かない。

私を含めた“カヤの外の連中”は思い思いにシャッターを切り、101系は鶴見へ向かった。

浜川崎駅まで、またRUNNING SHOT!! そのあとは南武線支線の各駅停車尻手行きワンマン電車へ。

八丁畷で京浜急行電鉄本線に乗り換え、品川で下車。念願のJR東海の東海道新幹線品川駅来訪を果たした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ


AMBITIOUS JAPAN!-のぞみは、かなう- [汽車旅2003番外編]

まずはトリビアを。画像を御覧下さい。

 


さて、2003年10月4日(土
曜日)、JR東海の東海道新幹線東京へ。700系の「AMBITIOUS JAPAN! のぞみは、かなう」のケータイ動画を撮影したあと、500系第5編成の〈のぞみ25号〉博多行きへ。

2003年10月1日(水曜日)、品川に東海道新幹線ホームがプラスされ、「東海道新幹線100系フォーエヴァー」よりも話題性が高かったが、ダイヤも〈のぞみ〉主体に切り替えたため、1~3号車を自由席に変更した。今回は〈のぞみ〉の自由席を初体験しようというワケだ。

500系は小さな子供から、大きなお年寄りまで、幅広い人気は健在!! ちなみに500系は2001年1月以来、2回目。また、東京発の〈のぞみ〉利用は初めてで、下り便に乗るのは2000年12月以来となる。

1号車自由席に坐り、発車すると、すぐに女性車掌が車内検札に現れ、ビックリ!!

3両しかない自由席は無人のところもあったが、品川(21~24番線と案内)は予想通りの乗車で、すべての座席に必ず1人坐っている状態に。また、ホーム先頭は家族連れの見物人で、少しあふれていた。

次の新横浜で降りるが、私以外にもいた。なおかつ、“〈こだま〉ホーム”に到着。2003年10月1日(水曜日)からの新横浜1・4番線は忙しくなるようだ。

〈のぞみ25号〉博多行き発車後、300系の〈ひかり279号〉新大阪行きの通過シーンを見届け、700系の〈のぞみ27号〉博多行きに貼りつけた目玉ステッカーを撮影し、改札を出る。

横浜市交通局(横浜市営地下鉄)3号線1000形の湘南台行きに乗り換え。車内の携帯電話使用は禁止の電源OFFは気分がいい。優先席のみ電源OFFで、それ以外はマナーモードにして通話はダメという、あいまいな案内ではダメだ。

横浜で東京急行電鉄東横線に乗り換えるが、券売機の運賃表ではJR東日本“湘南新宿ライン”への対抗意識を出しているようだった。ちなみに乗った電車は8000系の急行渋谷行きである。

にほんブログ村 鉄道ブログへ


臨時急行<ファンタジー号>新木場行き [汽車旅2003番外編]

 2003年8月10日(日曜日)、この日は沖縄都市モノレール“ゆいレール”が開業。私は東京急行電鉄東横線日吉にいたが、前日の台風がウソのようなP-KANである。

臨時急行<ファンタジー号>新木場行きが入線。車両は帝都高速度交通営団(次からは「営団地下鉄」と略すが、2004年4月1日、「東京地下鉄」に改称)9000系(6号車9819:目黒から女性車掌乗務)で、行先とドア上の情報案内装置のLEDはまったく機能しておらず、メリットを生かしていない。特製ヘッドマークだけというのは花火見物客は気にしないだろうが、レールファンはさびしい。なので、私がブログ上で作るしかない。

1・6号車はレールファン主体(乗務員室付近はあふれていた)、2~5号車は花火見物客という極端な顔ぶれで15時53分に発車!!

元住吉は通過し、武蔵小杉-市ヶ谷間は各駅に停まる。

目黒から営団地下鉄南北線に入り、女性車掌が乗務。ちなみに白金高輪まで東京都交通局(都営地下鉄)都営三田線と共用している。

南北線の駅ではなぜか「市ヶ谷行き」と案内し、白金高輪を発車すると、誤って冷房機のスピーカーから放送を流した。普段はワンマン運転なので、“不慣れ”ということなのだろう。ちなみに女性車掌は南北線の解説が多かった。

市ヶ谷で進行方向をチェンジ!! 6号車が先頭となり、アプローチの途中、再び1号車が先頭となる。有楽町線ホームを抜け、飯田橋方面へ少し進んだあと、再び6号車が先頭へ。10分前後で有楽町線にワープした(有楽町線市ヶ谷は運転停車で、通過扱い)。ちなみに通常の乗り換えは10分どころか、最短でも3分もかからない(南北線の1号車に乗っている場合。但し、有楽町線は運が悪いと少々待つことになる)。

このワープゾーンは9000系の検査のため、有楽町線の新木場検車区へ向かうために作られたもので、定期便で使われることはまずない。

ホームは違えど、永田町を2度通り、有楽町に停車。このあと、月島と豊洲にも停車し、後者で大量下車が発生し、車内にいるのはたまたま乗ったお客とレールファンだけになった(レールファンは全区間乗っていない人もいる)。

17時07分、終点新木場に到着。ちなみに小田急電鉄多摩線唐木田からの臨時急行<ドラゴン号>は06系、埼玉高速鉄道(埼玉高速線)浦和美園からの臨時急行<レインボー号>は9000系(第16編成)だった。

にほんブログ村 鉄道ブログへ


JR東日本301系フォーエヴァー [汽車旅2003番外編]

2003年8月3日(日曜日)、JR東日本中央本線三鷹へ。この日を持って、帝都高速度交通営団(次からは「営団地下鉄」と記すが、2004年4月1日、「東京地下鉄」に改称されている)東西線初代直通車、301系がフォーエヴァー。最後の晴れ舞台はJR線内でも経験が少ないものと思われる快速で幕を閉じる。

起点の三鷹はメチャクチャな混雑で、駅員の罵声や電車のタイフォン(警笛)がいつもより鳴り響いていた。

臨時快速〈さよなら301系〉高尾行き(モハ300-14)は高尾寄りから入線。三鷹電車区所属のためだが、ボルテージは最高潮へ。なんだか、朝の通勤電車と同じ雰囲気となった。

ドアが開くと、座席争奪戦。もはや通勤ラッシュさながらの混み具合となったが、私は座席をGET!! 発車すると、普段の通勤電車と化すように、よく止まり、よく揺れた。おまけに冷房も効かない。ちなみに途中停車駅はなく、終点高尾までノンストップである(たびたび停止信号で止まってはいたが…)。

終点高尾に到着するも、もみくちゃ。通勤電車でこんなにレールファンが殺到するとは想像もしていなかった。

301系は昭和41年(1966年)、当時の国鉄に入団。国鉄初のアルミ車体や地下鉄との相互直通運転など、話題性の多かった車両である。

その年の4月28日(木曜日)、東西線との直通運転が始まり、当時は荻窪まで乗り入れていたものの、営団地下鉄5000系のみが中央本線に乗り入れていた(当時は高田馬場-荻窪間の運転)。ちなみに301系がデビューしたのは、その年の10月1日(土曜日)で、大手町まで乗り入れたが、ホームは東京と目と鼻の先にあるようなところにある。

昭和44年(1969年)3月29日(土曜日)、東西線は西船橋まで延伸し、全通。東西線に快速が誕生。数日たった4月8日(火曜日)から国鉄は相互直通区間を中央本線は荻窪-三鷹間、総武本線は西船橋-津田沼間に拡大した。

しかし、301系は製造コストがかかるため、営団地下鉄乗り入れ車の新製は103系1000・1200番台に移行。但し、千代田線直通車は昭和57年(1982年)から4年間のあいだに203系、203系100番台、207系試作車(「量産車はJR西日本」と当方は位置づけている)にチェンジ。ちなみに301系と103系1200番台は千代田線を走ったことはない。

昭和56年(1981年)から平成4年(1992年)まで、東西線は7両編成から10両編成に増結。国鉄財政難から既存車両をバラして対応。営団地下鉄も5000系は既存車両をバラし、廃車も発生(アルミ車だったため、メリットのリサイクルを生かした05系第24編成が“後世”のような感じであろう)。また、昭和63年(1988年)には05系が入団し、営団地下鉄の大難点であった車両の冷房サービスをようやく開始した(以前は“トンネル冷房”で対応していたらしい)。

2003年に東西線直通の後継車、E231系800番台が入団。その年の6月10日(火曜日)で国鉄車の運用が終わり、301系は臨時快速〈さよなら301系〉高尾行きという、最後の花道が用意された。

運転終了後は高尾駅構内の留置施設で展示会。ここではE231系800番台、165系(臨時急行〈懐かしの急行アルプス〉)、201系『四季彩』も友情出演している。

まずは165系へ。

「これニセモノ?」

「ホンモノだよ!!」

という親子の会話もあったが、1号車以外は休憩用として、開放。301系と違い、冷房が効いているので、廃車はもったいない。

次は201系『四季彩』は1号車が301系の写真展。2号車は大月幼稚園の絵画展。3号車は青梅線沿線写真展で、ボックスシートには観葉植物を添えて、“癒し系電車”をアピール?!

4号車は御岳山レンゲショウマ展で、ペアシートのテーブルは観葉植物だらけにより、“やすらぎ”を強調。

次はE231系800番台で、1号車で少し休憩したあと、しんがりは301系。車番チェックを兼ねて、車内撮影。思い通りにできた。

展示会場を出て、京王電鉄高尾線の準特急新宿行きへ。準特急を英訳すると、「S.S.EXP」で、車内は東京電力の“節電キャンペーン”に応え、地下区間(及び夜間)と暗そうな停車駅以外は消灯していた。

★臨時快速〈さよなら301系〉高尾行き編成表(アンダーラインは筆者が乗った車両)

クモハ300-2
モ ハ301-6
モ ハ300-14
モ ハ301-20
サ ハ301-101
モ ハ300-16
モ ハ301-23:弱冷房車
モ ハ300-15
モ ハ301-22
ク ハ301-8

※備考:本文の一部はフリー百科事典『Wikipedia』を参考にいたしました。また、このブログは35000人を突破しました。ありがとうございます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ


東海道新幹線100系フォーエヴァー① [汽車旅2003番外編]

2003年7月5日(土曜日)、JR東日本品川へ。

臨時ホーム8番線ではジョイフルトレイン、『グラシア』改め、『こがね』見参 というワケで、見学。

車内は変則2人掛け-1人掛けのリクライニングシートで、ひじかけにテーブルがあり、座面の下にはレッグレストがあるのは見事な“かくし球”だ。

1・3号車の一部は展望室となっており、乗務員室は半室。隣りはペアパイプ椅子で、後方は雑談用ソファーである。

185系5両編成で、休憩及び昼食。特急料金なしで入れるせいか、シートカバーはかかっていなかった。

雑用を済ませ、東京へ。JR東海の東海道新幹線〈こだま477号〉名古屋行きに乗るが、入線を待つドキドキ感を味わうのが好きな私のこだわりで、早目にホームへ。すると、車両はJR西日本に譲渡された100系(G4編成)であった。

1号車自由席へ。朝、有楽町で700系試運転を見たが、ワクワク感やドキドキ感はなく、100系の寿命が尽きることを物語っているので、つらい。

静かで、滑るような感じで東京を発車 東海道新幹線下りは平成5年(1993年)9月以来の乗車。また、100系〈こだま〉も初めての利用である。

忘れかけていた車窓を思い出しながら、黙々と進み、新横浜に到着。 ここで降りなければならない。

 

うしろ髪を引かれる思い出、100系と別れたあと、〈ひかり167号〉岡山行きが到着。JR西日本700系3000番台のお出ましに唖然とした。

※備考:「東海道新幹線100系フォーエヴァー②」はこちらにクリックして下さい

◆お知らせ

2006年10月19日(木曜日)、御利用のお客様は33,000人となりました。早いペースですね。ありがとうございます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ


<中央ライナー1号>高尾行き [汽車旅2003番外編]

2003年5月6日(火曜日)、JR東日本東京へ。「夕方のラッシュを迎える前」いう、16時台の早い時間だが、<中央ライナー1号>高尾行き(6号車グリーン車サロ189-112:デラックス車。女性車掌乗務。国鉄カラー)へ。

私は迷いもせず、700円のグリーン車を奮発して乗車。さいわい、2人掛け-1人掛けで悠々と過ごすものの、ひじかけのオーディオや網棚にある車内販売コールボタンは機能しない。

乗車した編成はデラックス車2両、特急<しおさい><あやめ><すいごう><さざなみ><わかしお>の戦力から外れた6両、デラックス車の対象から外れた1両の寄せ集め。もし、普通車の指定席だったら、“ハズレ車両”に当たる可能性が高かっただけに、グリーン車を選択して正解だった。ちなみにグリーン車は通算10回目の乗車となる。

東京を発車し、神田までは東北本線、神田-代々木間は中央本線、代々木-新宿間は山手線となり、新宿で再び中央本線となる。何度も述べているが、平成10年(1998年)7月、JR東日本は“同じ区間が2路線”を1つに統合したからであるが、利用客にはなんの支障もない。

過密ダイヤの“中央ジャイアンツ”なので、“総武タイガース”に抜かれることもしばしば。グリーン車に坐っている側としては、このほうがいいかもしれないが、中野-吉祥寺間のデッドヒートはちょっと情けない。

立川で降りるお客が多く、駅の行先案内表示は「JR」となっていて、さびしい。

豊田電車区では色あせた103系が留置し、車内は閑散としたまま、終点高尾に到着した。

なお、<中央ライナー>は現在、東京16時台の便は設定されていない。利用客が少ないからだが、いささか早過ぎなのは確かだ。学生の下校にはちょうどいいのだろうが。

にほんブログ村 鉄道ブログへ


各駅停車(二子玉川から臨時急行)中央林間行き [汽車旅2003番外編]

2003年5月3日(土曜日・憲法記念日)、JR東日本東海道本線有楽町から各駅停車品川・渋谷方面行き(4号車サハ205-112:弱冷房車。山手線)へ。乗車車両のシートは切り裂かれ、応急処置の姿はケガ人を縫合(Hohgoh)した感じである。

田町で快速改め各駅停車大船行き(1号車クハ208-63:京浜東北線)に乗り換え、大井町へ。

東京臨海高速鉄道臨海副都心線の大井町を見学したあと、約1分40秒で東京急行電鉄大井町線へ。

14時41分発の電車に乗るが、これがややこしい。

まず、8000系に乗車。ちなみに方向幕は「二子玉川」になっているのに、“『ザ・ベストテン』方式”の案内表示は行先なし。なんじゃこりゃ?

車掌に尋ねたところ、二子玉川までは通常ダイヤで運転し、そこから先は臨時急行になるとのこと。乗車中、何度か車掌は案内していた。ちなみに乗車車両は8000系の5号車8002で、パンタグラフはシングルアームにチェンジしていた(1号車は8001)。

中吊り広告(子供の頃、「宙吊り広告」と言っていた)では“お台場アクセス(大井町で臨海副都心線に乗り換え)”と宣伝していたが、やっぱりお客はレールファンが主流だった。ちなみに田園都市線でも宣伝していた。

二子玉川に着くと、方向幕は「臨時」にチェンジ。ホームでは撮影隊と化す。


望遠機能のおかげで、大井町線から田園都市線に渡るポイントの動画撮影に成功し、心配した全区間5両編成もあまり混んでいなかった。

「この電車は臨時急行のため、南町田には停まりません」

乗車中、何度も車掌は言ってたけど、この当時は意味がわからなかった。のちに田園都市線の急行は土休に限り、南町田に停車していたことを知る。

終点中央林間に到着。ホームが1面2線しかなく、すぐさま折り返し。ちなみに急行停車駅では係員を増員して整理にあたり、沿線では撮影隊の姿が多かった。

なお、2006年3月18日(土曜日)のダイヤ改正で、土休の大井町線は大井町-中央林間間の急行を運行(大井町線内は各駅に停まる)。朝にお台場へ行き、夜に田園都市線沿線の自宅へ帰るダイヤとなっている。

◆満員御礼

当ブログは早くもお客様の数は31,100人に到達しました。ありがとうございます。


イーハー東武半ZONE門線NOBORU2003 [汽車旅2003番外編]

①2003年4月5日(土曜日)

東武鉄道伊勢崎線から帝都高速度交通営団(2004年4月1日、「東京地下鉄」に改称)08系の区間準急(押上から急行)中央林間行きに乗る。

せんげん台で準急浅草行きの待ち合わせをするが、6両編成なので、坐れないほどの利用率であるのに対し、区間準急(押上から急行)中央林間行きは10両編成のガラガラ。早く着く電車ほど編成は長くなければならないのにヘンな光景だったが、2006年3月18日(土曜日)に通勤準急改め急行が主力となったので、着席率は高くなった。

08系のドア上にあるLEDの2段式情報案内装置の上段は「区間準急 中央林間 ゆき」で、下段は駅名表示だが、東武鉄道内は自社の30000系と歩調を合わせた。

1行の文字数は03系より1文字少ない12文字(ちなみに03系5ドア車は11文字)で、8000系の一部車両は1段のみだが、走行中は「区間準急中央林間行き」が絶えず流れるので、うっとうしい。ちなみに03系VVVFインバータ車は東武鉄道内でも自社の案内を流しているが、08系・8000系はやっていない。

押上から急行に変わり、ホームには水野美紀ならぬ水飲み機がある。駅にこういうのがあるのは珍しいが、ノドをうるおすのにちょうどいい。

渋谷に到着。即座に東京急行電鉄の自動放送がかかり、ビックリ。ここから田園都市線に入るが、走行中、LEDの2段式情報案内装置の下段は空欄の時間が長く、また、表示の色は緑字にほぼ統一。ちなみに08系は座席の高さが“お子様”なみでキュークツなのが難点である。

終点中央林間に到着。小田急電鉄江ノ島線に乗り換えれば江ノ島海岸へ行ける“江ノ島新方程式”の完成だ。

②2003年4月13日(日曜日)

東武伊勢崎線から東京急行電鉄2代目5000系の区間準急(押上から急行)中央林間行きに乗る。

前面展望は貫通扉にハシゴがあるせいか、大人向けの印象を受ける。

ドア上のテレビ右側の停車駅は青丸表示。左側は京阪電気鉄道8000系“エレガン都エクスプレス”みたいにテレビ番組を流してくれないものだろうか。

座席の高さはよく、08系よりイイ感じだが、座面の色は国鉄っぽい。

押上から急行に変わるが、種別幕をコロコロ動かしていると、「快速」に遭遇。かつて、渋谷-二子玉川園間が「新玉川線」となっていた時代は各駅に停まり、二子玉川園-長津田間は急行停車駅に停まっていたが、平成7年(1995年)に快速をなくし、すべて急行として利便性を向上。2003年3月19日(水曜日)から日中30分おきから15分おきに改めている。

東京急行電鉄の快速は復活がありえるのか、それとも東武鉄道で使うのかが注目される。ちなみに二子玉川園は2000年8月、「二子玉川」に改称され、渋谷-二子玉川園間は新玉川線から田園都市線に統合した。

田園都市線に入り、ドア上の液晶テレビはお願い案内や所要時間表示を加え、JR東日本E231系500番台と同一の内容。また、次駅案内文字色は3社(東武鉄道、帝都高速度交通営団、東京急行電鉄)とも異なる。

東武鉄道と違い、東京急行電鉄は110㎞/hで快走するので、気持ちイイ!!

③用語解説

  1. 「イーハー東武」は東武鉄道伊勢崎線曳舟-押上間の“路線愛称”だが、当方が勝手に名づけた(東武鉄道公認ではない)。知人のあいだでは好評であるが、久喜・南栗橋-曳舟間を走る半蔵門線直通電車は、「イーハー東武」と言っても差しさわりはないだろう。
  2. 「半ZONE門線」は当方が勝手に名づけた。理由は半蔵門線で乗り換えのできない駅は水天宮前と半蔵門だけだから。つまり、ほかは乗り換えのできる駅なのだ。ちなみに「半ZONE門線」は3社直通電車のみ使用。
  3. 「NOBORU」は俳優の高知東生(Noboru Takachi)はデビュー時、「高知東急(Noboru Takachi)」と名乗っていたから。しかし、東急グループが裁判を起こして、訴えの主張が認められたため、改名。ちなみに「NOBORU」も3社直通電車のみ使用。

JR東日本の湘南新宿ラインに対抗したつもりはないけど、“イーハー東武半ZONE門線NOBORU”に乗っていない方、1度、乗ってみてはいかがでしょうか?(トイレがないので御注意)


生まれたての春の色を見つけに [汽車旅2003番外編]

2003年3月19日(水曜日)、東武鉄道はダイヤ改正を行ない、帝都高速度交通営団(2004年4月1日、東京地下鉄に改称)半蔵門線の相互直通運転開始以外にも話題性が豊富だった。

「生まれたての春の色を見つけに」

をキャッチフレーズである。

2003年3月23日(日曜日)、西新井へ。大師線は東武鉄道初のワンマン運転を行なっていた。ほかに小泉線支線も8000系2両によるワンマン運転が始まっており、いずれも運転区間が短いことが特長だ。

なお、2006年9月29日(木曜日)の時点ではワンマン運転が佐野線、亀戸線、桐生線、小泉線本線、東上本線と伊勢崎線の一部区間に拡大している。

大師線はわずか1キロで途中駅のないローカル線。元旦になると終夜運転を行ない、西新井大師の初詣客などにぎわっている。

東武鉄道のワンマン表示は種別LEDにあり、たいていの鉄道は緑字だが、ここではオレン字。また、自動放送の声は“イーハー東武”と同じ女性だが、札幌市交通局の地下鉄と同一人物である。

「この電車は大師前行きです」

「この電車は大師前行きです。まもなく発車いたします」

「扉が閉まります。御注意下さい」×2

の順に自動放送を流し、ドアチャイムが鳴る。ドアチャイムの音色は20050系・20070系・30000系と変わらない。

あっというまに終点大師前に到着。無人駅なので、きっぷの回収は西新井の乗り換え自動改札で行なっている。ちなみに乗り換え改札が機能しないのは元旦だけである(1998年に乗車した時で、今もそうなっていると思う)。

そのまま西新井行き(ワンマン)で折り返す。側面は「ワンマン西新井」となっているが、サイズが小さいため、ワンマンが2段表示となっている。30000系と同じサイズにすれば見やすいのに8000系修繕車のLEDは応用がきかないのが残念だ。

余談だが、往路はクハ8675、復路はモハ8575(先頭車)に乗車した。運転台のある電動車は「クモハ」としないことに違和感がある。

伊勢崎線の区間準急(押上から急行)中央林間行き(9号車8882:東京急行電鉄車)に乗り換え。その頃、下り線は大袋で人身事故があり、電車が詰まりだしていた。

曳舟から“イーハー東武”、押上から半蔵門線に入る。押上と錦糸町ではカッコウの鳴き声があり、JR東日本東北本線鶯谷の対抗意識がアリアリ?!

大手町で下車し、買い物。そのあと、新橋駅まで歩き、帝都交通度交通営団銀座線の浅草行き(2号車01 207)へ。駅の行先案内と放送をテスト中で、LEDの時計は白だった。

終点浅草で東武鉄道伊勢崎線、特急<りょうもう15号>赤城行き(2号車座席指定モハ209-5)に乗り換え。ちなみに200系シリーズと特急に格上げしてからは初めての乗車となる。

3・4番線は特急・急行ホームとなり、インフォメーションカウンターでお姉ちゃんによる特急券拝見!! なお、急行は2006年3月18日(土曜日)のダイヤ改正で、“イーハー東武”のメイン種別に譲渡し、急行料金はなくなり、有料は特急料金に一本化。これにより、浅草から急行が消えたことになる(「区間急行」というのはあるが、急行共々、途中駅で快速に抜かれるのは納得がいかない)。

特急<りょうもう>の自動放送は“イーハー東武”とワンマン電車と同じ女性で、準急追い抜き駅を曳舟から鐘ヶ淵に変更(2006年3月18日から旧タイプの準急は「区間急行」にチェンジ)。座席は特急スペーシアの100系より劣るが、音は静かである(座席はJR東海373系なみで、モーターは1720系を転用した“新古車”である)。

2003年3月19日(水曜日)のダイヤ改正で、特急<りょうもう>は東武動物公園に停車することになった。急行時代より停車駅が多いのは理解できない部分はあるものの、速達タイプの準急をなくしたことが大きな理由なのだろう。特急<りょうもう>利用を促進し、増収を目指す意図があるし、日光線からの利用客に利便性を高める狙いもある。

特急スペーシア<けごん><きぬ>が停まる春日部を通過し、東武動物公園は5分ほどで着く(特急スペーシア<けごん><きぬ>は通過)。春日部と同様、2・5号車のみドアしか乗降できないのが不満だが、この日、利用したお客は少なかったものの、午後割300円で利用できるのだから、おトクな感じがある。

余談だが、2006年3月17日(金曜日)まで、東武動物公園は“特急は停まるけど、急行は通過する”というヘンな駅だった。かつて、国鉄のエル特急<新特急なすの>が久喜停車中、通過した急行<りょうもう>に抜かれるという、おかしな光景を目にしたことがある。

もっとおかしいのはJR東海の三河安城で、東海道新幹線乗り換え駅なのに快速系統は1本も停まらないという、摩訶不思議な駅である。


イーハー東武誕生&半蔵門線延伸 [汽車旅2003番外編]

2003年3月19日(水曜日)、帝都高速度交通営団(次からは「営団地下鉄」と略すが、社名は2004年4月1日から「東京地下鉄」にチェンジ)半蔵門線水天宮前-押上間と東武鉄道伊勢崎線支線押上-曳舟間が開業した。これにより、両者及び東京急行電鉄(次からは「東急」と略す)田園都市線との相互直通運転が始まった。

往路は東武鉄道30000系の区間準急(押上から急行)長津田行きへ。ちなみにダイヤでは東急の車両が使われることになっているが、相互直通運転初日早々から“代走”という珍しい展開。

側面行先表示は「区間準急長津田半蔵門線直通(英文字割愛)」で、営団地下鉄日比谷線直通の20000系・20050系・20070系に乗り間違えないよう、配慮している。

せんげん台で準急北千住行きと待ち合わせ、乗り換える光景はあったものの、そこから先はけっこう乗ってくる。

北越谷から複々線に入るが、半蔵門線と相互直通運転となり、朝ラッシュ時に区間準急が本格的に参入したため、急行線(複々線の外側)の混雑は緩和された。

東急8500系、営団地下鉄8000系とすれ違うが、ムリヤリ方向幕からLEDにチェンジしたため、種別と行先表示が苦心!! ちなみに東急8500系は一部の編成にスカートを取りつけ、LEDは明朝体からゴシック体に変更している。

北千住でちょっと減り、曳舟(Hikifune)から“イーハー東武”に入る。これは個人的に命名した“路線愛称”であるが、周囲には好評である。

押上に到着し、東武鉄道完全制覇を達成し、営団地下鉄半蔵門線へ。ここから種別は急行に変わる。ちなみに伊勢崎線は車両故障で4分ほど遅れていたらしい。

錦糸町、清澄白川は島式ホームで、住吉は2層式。住吉に関しては待避線があるように思えたが、実は地下鉄8号線の開業に備えているもので、豊洲、東陽町を通す構想があるのだという。しかし、建設するかどうかは未定。

水天宮前に到着し、半蔵門線全線完乗&営団地下鉄完全制覇を達成。ちなみに所用のため、神保町で下車した。

復路は神保町に戻り、通勤準急東武動物公園行きへ。ちなみに半蔵門線の駅の行先案内表示は「xの車両です」が表示され、レールファンの心をくすぐっているようである。

通勤準急は赤地で黒の抜き文字(区間準急は緑字)で、東武鉄道の準急(種別幕は赤地に白の抜き文字で、LED車は赤字のみ)に乗り間違えないよう、区別している。

押上から“イーハー東武”に入り、女性による自動放送。日比谷線直通便は男性の自動放送なので、誤乗防止に努めている。1つの路線に営団地下鉄の路線が2つも直通しているのだから、相当、気をつかっているようだ。

準急は浅草-北千住間、各駅に停まるが、通勤準急と区間準急は曳舟-北千住間をノンストップで駆け抜ける。大手町、渋谷方面は“遠回りルート”になるため、所要時間を増大させたくないのだ。

北千住から複々線に入ると、営団地下鉄03系の各駅停車を抜くシーンがあり、ヘンな光景だ。03系は東急東横線でも並行の目黒線を走る南北線9000系と顔を合わせる。こんな展開になることを誰が予想しただろうか?

今回、東武鉄道伊勢崎線と営団地下鉄半蔵門線の相互乗り入れの背景には日比谷線、千代田線の混雑緩和の目的があったとか。確かに千代田線は朝の混雑は少々緩和されたが、2006年3月18日(土曜日)にダイヤ改正をするまで、“イーハー東武”は朝ラッシュ10分おき、昼間20分おき、夕ラッシュ15分おきという、“乗りやすくない運転本数”で、けっして利便性がいいというものではなかった。

特に伊勢崎線は東京都交通局(都営地下鉄)都営浅草線[押上駅]の乗り換え駅を業平橋(Narihirabashi)から押上に変えたため、本数の少なさに不満を持つお客もいたようである。

なお、2006年3月18日(土曜日)のダイヤ改正で、“イーハー東武”はほぼ10分おきの運行となり、利便性が向上した。合わせて、種別も大幅に改編し、通勤準急は「急行」、区間準急は「準急」、準急は「区間急行」に改めた。また、区間準急は東武鉄道内のみの運行形態に戻した。つまり、半蔵門線直通の区間準急は存在しないということである。 

◆追記

当ブログは2006年7月24日(月曜日)で、お客様は2万人を突破いたしました。

追記というカタチとさせていただきますが、皆様には本当に感謝しています。

最初はアクセス数は全然期待せず、気楽な気分でやっていましたが、いつのまにか急激に増えるようになりました。

全世界のレールファンやそうでない方、これからもRailway Blogをよろしくお願いします。

岸田法眼


元旦終夜運転2003 [汽車旅2003番外編]

2003年1月1日(水曜日・元旦)、帝都高速度交通営団(2004年4月1日、「東京地下鉄」に改称)銀座線浅草2時00分発の〈新春ライナー荻窪号〉荻窪行きへ。

「上野から急行運転です」

〈新春ライナー荻窪号〉荻窪行きはレールファンが多く、空席があるにもかかわらず、カブリツキマンがいた。

自動放送、ドア上の案内装置、行先表示(LEDの編成だった)は機能せず、文句を言うオジサンがいた(唐木田発新木場行きの〈タイムトラベル2002~2003号〉に乗っていたらしい)。

赤坂見附から先は丸ノ内線に入るため、係員が座席下のドアコックで操作し、各車両、中央のドアだけ手動開閉。また、電車とホームのあいだが大幅にあいている。

丸ノ内線通過駅になると、01系の姿に唖然とする人が多かった。

終点荻窪で、JR東日本中央本線3時02分発の各駅停車東京行きに乗り換え。オレンジ色の各駅停車に乗るのは初めてで、信濃町で165系の臨時電車に抜かれた。

終点東京で東海道本線5時20分発、373系(快速〈アクティー〉の運用も視野に入れているらしい)の普通電車静岡行きに乗り換え、藤沢へ。そこから江ノ島電鉄6時24分発の鎌倉行きで、江ノ島へGo!!

江ノ島初日の出は2002年よりも人は少なめで、男5人が“初海水浴”というバカなことをした結果、雲におおわれ、2003年も初夢は散った。

余談だが、この日、埼京線大崎で、東京臨海高速鉄道臨海副都心線から引き継ぐはずのJR東日本の車掌がいないトラブルが発生。急きょ、代役をたてて24分遅れで発車した。あろうことか、その便だけ担当車掌を用意していなかったのが原因だという。その数日前も車掌のポカで運休したばっかりなのに…


汽車旅2003番外編 ブログトップ

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。

メッセージを送る