So-net無料ブログ作成
検索選択
事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。
プラットホーム2005 ブログトップ

寝台特急〈さくら〉〈あさかぜ〉フォーエヴァー [プラットホーム2005]

2005年2月5日(土曜日)、JR東日本東京へ。



東海道本線上りのブルートレインは機関車のヘッドマークが撮りやすいので、撮影隊がちょっと集中し、「撮影を禁止させていただく場合がございます」と駅員は警告をしていたが、大丈夫だった(寝坊で寝台特急〈富士〉が撮れなかったのは痛い)。



その前には臨時特急〈リゾート踊り子〉と特急〈スーパービュー踊り子1号〉伊豆急下田行きの顔合わせや200系オリジナル車の上越新幹線〈とき〉(臨時便でしょ?)が現れた。

“ブルトレカーニバル”のさなか、211系の普通電車が現れ、113系のサロ124がボルスタレス台車にはきかえて、サロ213形100番台に「バケラッタ(『オバケのQ太郎』のO次郎のセリフ)」になっていた。

この当時、E231系近郊形タイプが白昼堂々、東京にやって来るので、カウントダウンはすぐそこかもしれないと予感したが、1年後の2006年3月17日(金曜日)に姿を消した。



2005年2月19日(土曜日)、ある情報を入手。寝台特急〈さくら〉下り千秋楽はなんと鳥栖止まりであることが発覚!! おまけに編成分割せず、そのまま熊本へ向かうことになった。

どうやら、オロネ25形を14系化改造したオロネ15形3000番台は試運転せず、“ぶっつけ本番”で再デビューするようだ。ちなみに私は当時、9年ぶり2回目のインフルエンザにかかっていた。そのため、毎週土・日曜日に東京駅へ行きたかったが、1週パスするハメになってしまった。



2005年2月27日(日曜日)、寝台特急〈さくら〉はA寝台個室シングルDXつきで終点東京に到着。寝台特急〈さくら〉のA寝台は6年ぶりになるが、この当時は開放型タイプ。583系の2段式B寝台と考えていいようなものだろう(急行〈きたぐに〉も改造により、583系初のA寝台がついた)。



A寝台個室シングルDXは木目調を使い、リニューアル。気持ちよく過ごせそうだが、本来は寝台特急〈はやぶさ〉につけるものであるが、2005年3月1日(火曜日)から、寝台特急〈はやぶさ〉は14系の運行となり、寝台特急〈富士〉と東京-門司間、並結することになっているのだ。したがって、ブルートレイン便もなくなる。



レールファンの注目を集めたのは寝台特急〈さくら〉のB寝台個室ソロで、方向幕は思いっきり誤表示。なんと、寝台特急〈みずほ〉になっていた。



その夜、寝台特急〈さくら〉長崎行きは満員御礼で発車。並結相手の寝台特急〈はやぶさ〉熊本行きはガラガラだった。最後の「長崎行き」であるため、レールファンの数は大いにあふれていた。

2005年2月28日(月曜日)、寝台特急〈さくら〉鳥栖行きの方向幕はシール貼りで、残念ながら動いた直後に発車したため、撮れなかった。



さて、19時00分発の寝台特急〈あさかぜ〉下関行きも大混乱!! とても撮影できるどころではなく、発車。1月下旬からじっくり撮ったのが功を奏したカタチとなった。



2005年3月1日(火曜日)、寝台特急〈さくら〉〈あさかぜ〉は終点に到着すると、長い歴史に幕を閉じた。また、寝台特急〈はやぶさ〉〈富士〉もロビーカーの連結にピリオドを打った。



東京発のブルートレインは国鉄時代、“先発投手”であるEF65 500番台(のちにEF65 1000番台に移行)にヘッドマークをつけ、これがレールファンの心をつかみ、“ブルートレインブーム”が到来。昭和60年(1985年)3月14日(木曜日)のダイヤ改正で、すべての寝台特急を牽引する機関車にヘッドマークをつけるようになり、東京発の九州ブルートレインは牽引機がEF66にチェンジされる(個人的には違和感があった)。

ブルートレインは旅情のシンボルといえる存在だったが、平成の世に入ると、寝台特急〈北斗星〉、臨時寝台特急〈トワイライトエクスプレス〉の豪華さが人気となり、九州へ向かうブルートレインに見劣りが表れるようになった。更に新幹線〈のぞみ〉の躍進、長距離はヒコーキ移動の定番化により、利用客が減少。そのため、食堂車の営業をとりやめるハメになり、平成6年(1994年)12月1日(木曜日)、寝台特急〈あさかぜ1・4号〉〈みずほ〉は臨時便に格下げとなった。のちに臨時運行も終了し、完全たるフォーエヴァーとなる。



寝台特急〈あさかぜ1・4号〉は東京-博多間を結ぶ列車で、JRに移行する直前、“元祖ブルートレイン”を再生。金帯を巻き、食堂車を大幅に改装し、B寝台個室デュエットを投入して、シャワールームをつけるなど、ブルートレインに新しい息吹を吹き込んだだけに、たった7年で風がピタリとやむとは想像もしていなかった。

平成9年(1997年)11月29日(土曜日)、寝台特急〈はやぶさ〉は運行区間を東京-西鹿児島間から、東京-熊本間。寝台特急〈富士〉は東京-南宮崎間から東京-大分間に変更されてしまった。そして、JR西日本の“怪物”500系がJR東海の東海道新幹線直通を果たし、ホームは歓迎ムード一色だった。

平成10年(1998年)7月10日(金曜日)、寝台特急〈瀬戸〉〈出雲2・3号〉は寝台特急〈サンライズ瀬戸〉〈サンライズ出雲〉に衣替え。583系以来となる電車寝台285系は、個室主体による2階建て主体のボリュームある編成が人気を呼ぶものの、ほかの寝台特急に新風を吹かせることはなく、平成11年(1999年)12月4日(土曜日)から、寝台特急〈さくら〉と寝台特急〈はやぶさ〉が東京-鳥栖間、ドッキング!! これにより、寝台特急〈さくら〉佐世保行きがなくなった。また、寝台特急〈富士〉も寝台特急〈さくら・はやぶさ〉と共通運用のため、14系と24系25形のドッキング編成に変更されている。

寝台特急〈さくら・はやぶさ〉による運行も長く続かず、2006年3月18日(土曜日)で、寝台特急〈出雲〉もフォーエヴァーになった。



そして、2008年、ブルートレイン全体が大ピンチに見舞われている。これでは積極的に新型車両を計画できるわけがなく、廉価で人気の快速〈ムーンライトながら〉〈ムーンライトえちご〉、豪華さで人気の臨時寝台特急〈トワイライトエクスプレス〉と寝台特急〈カシオペア〉が“夜汽車の横綱”という状況だ。ほかのブルートレインは廉価と豪華の中間に値するのだろう。

余談だが、2005年は森山直太朗の『さくら』と河口恭吾の『桜』が大ヒットした。

★備考

①なにも考えずhttp://www.jrkyushu.co.jp/news/sakura/index.jspにクリック!!

②フリー百科事典『Wikipedia「さくら(列車)」』は
こちらにクリック!!

③フリー百科事典『Wikipedia「あさかぜ(列車)」』はこちらにクリック!!

④鉄道ジャーナル社刊行の『旅と鉄道』では、2007年夏の号は「夜汽車のすすめ」という特集を組み、2007年10月号は寝台特急〈日本海〉、2007年11月号は寝台特急〈北陸〉、2007年12月号は寝台急行〈銀河〉のルポを掲載しています。ぜひ、御覧下さい。

なお、2008年1月号は寝台特急〈あけぼの〉の予定です。

⑤KKベストセラーズ刊行、『一個人 豪華個室寝台列車の旅』もぜひ、御覧下さい。

⑥Yahoo! セカンドライフ「残り少なくなった急行列車」は
こちらにクリック!!

⑦岸田法眼のRailway Blog.「寝台特急〈出雲〉フォーエヴァー」は
こちらにクリック!!

⑧岸田法眼のRailway Blog.「第7回みんな集まれ! ふれあい鉄道フェスティバル」はこちらにクリック!!

⑨今回の記事で使用した画像は、撮影日と本文の行った日とは異なっているところがございます。御了承下さい。

★おまけ



にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログクルーザー

★お知らせ

①Yahoo! セカンドライフ「世界遺産にしたい車両-東武鉄道1800系-」をぜひ御覧下さい。御意見、御感想はこちらにクリック!!

②Yahoo! セカンドライフ一覧はこちらにクリック!!

③ブログ記事以外のコメントなどは 『岸田法眼とRailway Talk.』にクリック!!(鉄道の話以外でも大丈夫ですよ)

なお、初めて御利用になられる方はこちらにクリックして下さい


nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

暴れん坊583系2005 [プラットホーム2005]

①臨時快速〈日光新緑〉日光行き

2005年5月3日(火曜日・憲法記念日)、JR東日本宇都宮へ。



東北本線臨時快速〈日光新緑〉日光行きが到着。仙台-日光間をダイレクトで結ぶ臨時快速で、自由席と指定席が混在しているものの、利用客は思ったほど多くない。料金は高いが、東北新幹線〈やまびこ〉で乗り継いだほうが圧倒的に早いからであろう。

583系はヘッドマークと方向幕が「臨時」だけだったのは残念だが、ホームでは“日本初の駅弁発売駅”であるせいか、オジサンの売り子さんが駅弁を販売していたものの、誰も買わなかったようだ。583系は固定窓のため、一旦、ホームに降りないと買えないことにめんどくささを感じているのか、あるいは事前に昼食を用意しているかのどちからであろう。

余談だが、当方の宇都宮までの道中は尾久で山手線205系初期車(方向幕ははずされていた)が留置され、栗橋付近では東武鉄道日光線に直通するポイントが置いていた。どこにつけるのかが注目されるが、1年後、特急〈スペーシアきぬがわ3号〉鬼怒川温泉行きに乗ったら、栗橋のホームには入らず、“特設スペース”で分岐していた。

②臨時快速〈義経〉平泉行き

2005年7月27日(水曜日)、JR東日本横須賀線鎌倉へ。江ノ島電鉄の乗り換え駅だが、夜風は生暖かいような感じを受ける。

臨時快速〈義経〉平泉行きは大河ドラマにあやかったもので、全車指定席ゴロンとシートというお値打ちモノである。



臨時快速〈義経〉平泉行きが逗子方から入線したものの、発車時間までわずか1分しかなく、レールファンは大あわて。絵入りヘッドマークを見ていると、かつての寝台特急〈ゆうづる〉を彷彿させるものがある。

あわただしく、臨時快速〈義経〉平泉行きが発車。新宿経由で平泉へ向かう。ちなみに私の知人がこの電車に乗っていた。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

★備考

①フリー百科事典『Wikipedia「国鉄583系電車」』はこちらにクリック!!

②岸田法眼のRailway Blog.「特急〈スペーシアきぬがわ3号〉鬼怒川温泉行き」は
こちらにクリック!!

③583系の備考一覧はこちらにクリック!! 

★お知らせ

①Yahoo! セカンドライフ「岸田法眼のL列車2007(ローカル線に乗ってみよう!!)」もぜひ御覧下さい(「おすすめする」にクリックしていただければ、さいわいです)。御意見、御感想はこちらにお願いします

②『Yahoo! セカンドライフ』のコラム一覧はこちらにクリック!!

③2007年7月14日(金曜日)で、観客動員数は15萬2000人を突破しました。ありがとうございます。

④2007年7月18日(水曜日)はメンテナンスのため、1時から8時までは御利用できませんので、御了承下さい。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
プラットホーム2005 ブログトップ

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。

メッセージを送る