So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

携帯電話 [らりるレビュー]

P1310569.JPG


「私は携帯電話を持つ気はない」


今でも思っていることだが、自宅に電話回線を引いているので、携帯電話を手放してもよかった。もともと、大の電話嫌いなので、それにしばられる生活はイヤだが、一生持つことになりそうである。 

携帯電話を持たなければならない理由はパソコンを持っていないからである。ちなみにRailway Blogは多機能の携帯電話からでもアクセスできるし、管理できるので、パソコンもいらない。でも、インターネットカフェでカンヅメになって編集しているので、やっぱりいるが…  

私は幼少の頃から暴れん坊で、学校から苦情の電話が多かったことなどから、抵抗を示すようになった。また、長電話も困りもので、「用件は手短にするように」といつも言っている(手短に済ませてくれるのは会社の内線電話だけかもしれない)。 

携帯電話が普及するようになってから、日本人のマナーは悪化の方向へ突き進んでいることは言うまでもないだろう。特に電車内の通話は非常に迷惑で、時には1発ブン殴ってやりたいこともしばしばだ。 

2003年8月30日(土曜日)の読売新聞朝刊の記事によると、関東の鉄道会社17社は9月15日(月曜日・敬老の日)以降、携帯電話のルールを「優先席付近では電源OFF。それ以外はマナーモードにして通話は厳禁だが、メールのやりとりは認める」と統一することになった。これは小田急電鉄や京王電鉄がやっている方式だという。 

首都圏では相互直通運転がひんぱんに行なわれているが、携帯電話のルールを各社では共通されていなかった。特に東京急行電鉄は「偶数号車は電源OFF、奇数号車はマナーモードで通話厳禁」という奇抜なアイデアを打ち出すほどであったが、守る者はほとんどいないありさまである(私は奇数号車を選んで、メールピコピコ…)。 

携帯電話が普及してから苦情の声が殺到したため、平成9年(1997年)にJR東日本が自粛を求める放送を開始。2000年には東京都交通局(都営地下鉄)が「混雑時は電源OFF」を打ち出し、各社に広まったが、特に大きな効果はなかったと断言しておく。

私は電車に乗る時、電源を切っていることが多い。電池を持たせる意味もあるが、基本的に電話に出たくないというのが本音である。不特定多数の場所で知らない人に秘密を握られてはマズイし、過ぎ去る景色を見て、電話にしばられる苦痛を忘れたいという思いがある。 

最近は電波を遮断する機能がついたので、電源を切ることは少なくなったし、ドライブモードを使えば、かかっても出る必要はないのだから、よく使っている。たまに忘れてしまうこともあるが…

今回のルール統一決定に私は賛成していない。なぜならば、二転三転し過ぎているからである。いくら、使用の自粛を求める放送を流しても、マナーは悪化するばかりで、結局はそういう人たちの“言いなり”になってしまったのだから、情けない。これでは携帯電話への苦情を申し立てる利用客は肩身が狭くなるだろう。それに、鉄道会社側も携帯電話の電波をシャットアウトする車両を開発して、“苦情ゼロ”に努めるべきではなかったのか!!(関東私鉄の大半が喫煙所を撤去していたことを大いに評価していただけに残念) 

一方、関西では携帯電話に関する放送は強気に思える。

「車内での携帯電話による、会話やメール交換は心臓ペースメーカーなどの医療機器に影響を与えるおそれがあるほか、周りのお客様の御迷惑にもなりますので、電源をお切り下さいますよう、お願いいたします(JR西日本)」

「1番前と1番うしろの車両では携帯電話の電源を必ずおきり下さい(阪急電鉄)」 

と電源を切るよう、厳しくしている。 

JR西日本は旅先の移動でよく使っているが、「東京なみ」と言っていいほど、効果は少なく、「混雑時は電源をお切り下さい」という車掌もいる。でも、基本的に電源OFFの姿勢に変わりはない。 

阪急電鉄は2003年7月に移動で使い、初めて知ったが、試しに電源OFF車両の隣りに坐って、目をこらした。すると、誰も携帯電話に手を触れようとする者は1人もいなかった。朝のやや早い時間帯に乗ったからなのかもしれないが、車掌の語気が強く、利用客はビビッているのだろうか(?!)。おそらく、関西では当分、電源OFFの姿勢は変わらないだろうが、こういうルールは日本全国共通にすべきだろう。また、車内通話常習者には制裁金を取るなど(警官やガードマンが車内の巡回をすると、車内はかえって騒々しくなるかもしれない)、迷惑行為も同然なのだから、罰則を与えるべきである。 

あと、未成年の携帯電話所持が多過ぎる。家族で使うと、料金が安くなるプランがあるので、親御さんは容易に安易に未成年の携帯電話所持を認めているようだ。 

しかし、未成年の大半は自分のカネで払えないはずだ。それに携帯電話はオモチャではない。

おそらく、授業中でも平気に使っていることは間違いないだろうが、学校側は何の対策もしていないのではないかと思う。教育の荒廃が進んでいるのは明らだから(ゆとり教育は更にそうさせたと私は思う)、そういう取り締まりをすることもないだろう。 

近年は携帯電話の機種でも論議を呼んでいるようで、iモードの登場以来、携帯電話も多機能になり、通話するだけの携帯電話から、使って活用する携帯電話に変わってきた。画面も大きくなり、カラーになって見やすく、わかりやすくなった。デジタルカメラもついた。 

一方、通話やメールだけで充分という“シンプル派”が団塊の世代を中心に主張するようになり、某携帯電話会社はカメラつきをやめて、シンプルスタイルで勝負するようになった。ある日、東武鉄道が運営する『とぶとぶメール』で、「携帯電話は多機能派ですか? シンプル派ですか?」というアンケート調査をしたところ、多機能派が少し上回っており、シンプル派は意外と多かった。

私は携帯電話を持っていても、通話はほとんどしないから、多機能派である。無料通話分の大半はメールの送受信で費やすことが多い。基本的に通話は公衆電話や自宅の電話でしかせず、携帯電話は“高価な電話帳”なのが実情である。  

携帯電話の普及はいろんな功罪を生んでいるが、これだけは言いたい。

「不況から脱しきれないのは、世の中が便利になり過ぎているからではないだろうか?」 

と。

★備考

①関西の鉄道17社は2004年2月16日(月曜日)から「優先座席付近では電源OFF。それ以外はマナーモードで通話は御遠慮下さい」に変わった。

②2006年5月21日(日曜日)、当方はパソコンを購入した。

③2007年秋から阪急電鉄の携帯電話電源オフ車両は各編成、1両に変更された。

④今回の記事は2003年8月に執筆したものです。

⑤岸田法眼のRailway Blog.「携帯電話の電波をシャットアウトする車両の導入を!!」はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年12月も2者択一サイト、『Unow?』で、「アノ人はなぜハマル?(モハよう著者からの20の質問)」が公開されており、質問28・33・39・43・46で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39は旧式はこちらにクリック!! そして、新式はこちらにクリック!!



⑥『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問43はこちらにクリック!!



⑦『Unow?「アノ人はなぜハマル?」』の質問46はこちらにクリック!!



※②~⑧は2008年12月31日(水曜日・大晦日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。