So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

2008年の汽車旅6-3(JR西日本完全制覇に王手!!) [汽車旅2008]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方はURLにクリックして下さい。 

・2008年の汽車旅6-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-02-15

・2008年の汽車旅6-2(急行〈つやま〉フォーエヴァー)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-02-17
◆中国地方も銀世界  

P1370386.JPG

津山4番のりばの外側にある広大な留置線につながるレールでは、キハ120系300番台、1両ポッキリの気動車が「智頭」の方向幕を掲げて歩くかのような動きをしている。“たった1両?!”とあせり、隣りの1・2番のりばへ急ぐ。

13時40分を過ぎ、1番のりばに普通列車智頭行きワンマン列車(キハ120-358:セミクロスシート)が入線。意外とラクにボックスシートをGETすることができた。
 
普通列車智頭行きワンマン列車編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
津山→智頭なしキハ120-358セミクロスシート

たった1両の車内だが、空席が見られ、14時00分に発車。まずは姫新線をゆく。姫新線姫路-上月間は2009年3月14日(土曜日)のダイヤ改正で、キハ122系・キハ127系がデビューし、2010年に高速化される予定だが、津山地区の姫新線は現状通りのままだ。

 

東津山でキハ120系300番台の普通列車津山行きワンマン列車と行き違い、15時05分に発車すると姫新線と別れ、因美線へ。高野を過ぎると、ひときわ雲ゆきがあやしくなり、止まりそうなほどのスピードになってしまう。JR西日本のローカル線は線形のよくない区間はずいぶん速度を落とす。ちなみに因美線は25㎞/hに制限されているところがあり、隣りの一般道路は最高速度が50㎞/hに設定されているため、次々とクルマに抜かされてゆく。

P1370395.JPG
 
美作滝尾(Mimasaka-Takio)を発車すると、山林がバッサリ伐採されているところがあり、まさにハゲヤマ。見ていてむなしい。  

三浦ではクルマが急な坂道に止めているが、もし、サイドブレーキが故障したら、列車に衝突する危険性がある。止める場所に配慮して欲しい。

P1370398.JPG



次は知和
Next Chiwa.  

14時23分に三浦を発車すると、残雪が多くなってゆく。道を進むごとに残雪の量が多くなり、列車は登り坂をあえぎながらも挑んでゆく。そして、トンネルを抜けると、そこは一面銀世界の雪国だった。

◆智頭急行の車両に乗り継ぎ

P1370400.JPG



次は美作河井  

進行方向右側にちらっと転車台を見かけ、美作河井に到着。転車台はかつて、ラッセル車が向きを変えるために設けられた手動式で、役目を終えたあとは土の中に埋まっていたという。そして、2007年4月、埋まっていたものがよみがえり、遺構として保存されている。  

雪国車窓を満喫させようとするかの如く、低速で走行。ガラスも曇ってゆく。まさか中国地方で雪に出会えるとは思ってもみなかった。中国地方は暑いというイメージがあるからだ。



次は那岐  

列車は長いトンネルに入り、徐々にスピードをあげて抜けてゆくと銀世界は継続。今度は下り坂となり、スピードを落としてゆく。  

P1370409.JPG

その後は速くもなく、遅くもなくといった感じで進んでゆくが、土師(Haji)を発車すると、ゆっくりとノロノロ運転。やがて、進行方向右側から智頭線に合流し、15時06分、終点智頭2番のりばに到着。向かいの3番のりばには15時52分発の普通列車鳥取行きワンマンカー(HOT3521:宝くじ号)が発車を待っているが、なんと、智頭急行の車両だった。  

智頭は2003年8月12日(火曜日)以来となるが、このときは智頭急行を全線完乗しており、“いつかは因美線全線完乗を”と思ったのだが、意外とその日を迎えるのに時間がかかってしまった。  

発車46分前から待ってくれるのはありがたいが、「接続がイマイチ」というふうにも受け取れる。エンジン切ってアイドリングストップをしたほうがいいのだが、暖房が効かない恐れがある。ちなみに因美線は智頭が境界になっているようで、普通列車は基本的に津山-智頭間、鳥取-智頭間の運用となっている。昔は急行〈砂丘〉が因美線を全線走破していたが、智頭線が時代を変えたのである。

 

P1370419.JPG

2番のりばは折り返し、普通列車那岐行きワンマン列車として、15時13分に発車。下車しても、すでに旅行貯金済みということもあり、ホームに残る。ちょうど1番のりばには特急〈スーパーはくと10号〉京都行きが到着。ここで特急〈スーパーはくと7号〉倉吉行きに行き違うはずなのだが、やって来ない。遅れているため、特急〈スーパーはくと10号〉京都行きは行き違うことなく、発車。このとき、“すぐに来るだろう”と思っていたが…  

P1370417.JPG

さて、2両あるHOT3500形のうち、うしろ1両は宝くじ号(イベント車両)で、転換クロスシートを装備し、ひじかけには小型のテーブル、灰皿が内蔵されている。一般車はボックスシート&ロングシートのセミクロスシートだから、迷わず、転換クロスシートを選ぶ。ちなみに因美線の運用もあるせいか、JR西日本のドア注意ステッカーが貼られていた。  

P1370420.JPG

※HOT3500形宝くじ号の車内

P1370424.JPG

※HOT3500形一般車の車内

宝くじ号は転換クロスシートばかりが目にいくが、吊り革はなく、照明はカバーがつき、両端は金色にして豪華を演出。網棚もプラスチック製。一般車に比べ、グレードが高い。智頭急行の宝くじ号はこの1両しかないから、トクした気分だ。但し、座席と窓枠が一致しないところがあるのが難点だ。  

この日、初めての下車をして、自販機のコーンスープでのどをうるおす。発車時刻がせまっており、車内に戻るものの、特急〈スーパーはくと7号〉倉吉行きはまだ到着しておらず、運転士は遅れて発車することを伝える。
 
P1370430.JPG

ようやく、30分以上も遅れて特急〈スーパーはくと7号〉倉吉行きが2番のりばに到着。自由席は満員御礼で、坐れない利用客もおり、デッキでくたびれている模様。定刻より34分遅れの15時58分に発車したあと、2番のりばに先ほど乗車したキハ120-358が到着(那岐からの普通列車智頭行きワンマン列車)。本来は15時46分に到着するのだが、特急〈スーパーはくと7号〉倉吉行きの遅れで、どこかで待たされた模様。しかも、この列車の利用客はたった1人で、普通列車鳥取行きワンマンカーに乗り換えず、下車した。

◆JR西日本完全制覇に王手!!  

P1370432.JPG

普通列車鳥取行きワンマンカーは定刻より、16分遅れの16時08分に智頭を発車。車窓は雪国から残雪へとなり、しばらくは千代川リバーショー。因美線は智頭-鳥取間が高速化したこともあってか、先ほどとは段違いのスピードで進み、因幡社(Inabayashiro)に到着し、乗降ナシ!!  

P1370433.JPG

用瀬(Mochigase)でキハ47系体質改善車の普通列車智頭行きワンマンカーと行き違い。先頭車は夢塗装車だった。

発車すると、早くも鷹狩(Takagari)へ。気がついたら、もう残雪はなくなっていた。ローカル線にしては珍しく、駅間距離は1.3キロと短い。

P1370434.JPG

国英(Kunifusa)は進行方向右側に柿。葉っぱもない木が多いが、わずかな柿の木は正月に向けて、実が色づいている。

P1370436.JPG

河原で10人ほど乗り、発車すると道路工事現場に遭遇。高速道路なのか、一般道路なのかわからないが、高規格で作る模様だ。遠方にはサビた鉄橋が見えた。どこの路線なのかは想像がつく。

P1370437.JPG

しばらく進むと、若桜鉄道若桜線に合流し、郡家(Go-Oke)へ。特急〈スーパーいなば8号〉岡山行きと行き違う。ちなみにこの日の特急〈スーパーいなば8号〉岡山行きは3両編成だった。
 
普通列車鳥取行きワンマンカー編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
鳥取なしHOT3504なし
智頭なしHOT3521宝くじ号

定刻より9分遅れの16時39分に発車すると、宅地が多くなってきた。関東地方なら、この季節のこの時刻はもう日没でマックラヤミだが、ここは“先延ばし”してくれる。西の旅はいいなぁー(その分、日の出が遅い)。

P1370438.JPG

津ノ井で若桜鉄道車の普通列車若桜行きと行き違い、定刻より8分遅れの16時47分に発車。ラストスパートをかけ、暖房もヒートアップ!! 高架を登り、山陰本線に合流すると、16時50分、定刻より6分遅れで終点鳥取4番のりばに到着。因美線全線完乗を達成し、JR西日本完全制覇に王手をかけた。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②フリー百科事典『Wikipedia「美作河井駅」』はこちらにクリック!!

③岸田法眼のRailway Blog.「2003年の汽車旅6-1」はこちらにクリック!!








来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

◆世界の国旗クイズ第15問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。  

第15問はこちらです。これはどこの“国旗”なのでしょうか?

世界の国旗クイズ第15問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

ヒントは赤のボディーカラーを見て、なにを思い浮かべますか? そして、2007年の流行語は覚えておりますでしょうか? また、「手の用心」という言葉を知っていますか? さらに2008年秋、Railway Blogに掲載しておりますので、おのずとわかりますよ。

答えは観客動員数107萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。



nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 2

あーちゃん&父

こヾ(^o^-) ん(o^ー^)o ばo(^0^o*) ん(o^-^)ヾわ(*^〇^*)ノ”
おぉ、因美線(*^_^*)
うちは知り合いが鳥取県にいるので因美線(…といっても鳥取ー郡家)と若鉄をよく使います(*^_^*)
若桜鉄道はお気に入りの鉄道で、駅舎などが有形文化財に登録されています\(^o^)/
今度中国地方へお越しの際は是非(●^o^●)
by あーちゃん&父 (2009-02-20 20:54) 

岸田法眼

あーちゃん&父さん、こんばんは。どうもありがとうございます。

今回、若桜鉄道は時間の都合で利用しませんでしたが、次は鳥取砂丘と組み合わせて乗りたいと考えております。ちなみに若桜鉄道はまだ乗ったことがありません。
by 岸田法眼 (2009-02-20 23:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。