So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

第3世代携帯電話戦争 [らりるレビュー]

「900i FOMA×i-mode」  

2004年2月6日(金曜日)、ドコモの第3世代携帯電話FOMA900iシリーズを発売。キャッチフレーズは上の通りである。  

ドコモの意気込みは相当なもので、2月11日(水曜日・建国記念日)の時点では富士通製のF900iだけ発売しているが、4月までに5社がそろうことになる。  

FOMAは第3世代携帯電話の先陣を切り、2001年10月にデビューしたが、当時は関東地方しか使えず、電池が持たないなど、普及しなかった。その後、エリアの拡大、第2世代携帯電話movaと共用できるデュアルネットワークサービス、通信料金の安さなどで、ユーザーは200萬人を突破したが、3,800萬人は第2世代携帯電話movaなのが現状である。打率に換算すると、FOMAユーザーは0割5部0厘である。また、movaも506iシリーズの開発に取りかかっており、しばらくは共存しつつも、いずれはFOMAに乗り換えさせる方向のようだ。  

ドコモが第3世代携帯電話の先陣を切りながら、売り上げはauのCDMA 1Xが逆転し、2003年の携帯電話売り上げナンバー1に輝いた。横綱のドコモが失礼ながら、平幕のauに金星を献上したようなもので、2004年は関脇に昇格し、年内にも大関に昇格して、写メールで名をはせたボーダフォンと肩を並べる存在になるだろう。  

auの第3世代携帯電話CDMA 1Xのユーザーは1,117萬人(2003年11月の時点)で、2002年4月にスタートしてからはドコモより安い割引制度やEZナビウォーク、EZ着うたを積極的に、攻撃的に導入した効果が表れている。また、基本料金はドコモのmovaと遜色がないことも魅力であろう。もし、FOMAの基本料金がmovaと同一ならば、もっと普及してゆくと思われる。  

2003年秋には定額料金でメールやEZwebが気兼ねなく楽しめるCDMA 1XのWINが登場し、最近では街で歩きながら、EZナビウォークで道を探したり、EZチャンネルなどを閲覧する若者の姿を見かけるので、好評のようだ。2004年はこれで第3世代携帯電話の王者死守を狙うだろう。ただ、WINのカメラは31萬画素なのが難点である。  

auの第3世代携帯電話CDMA 1Xが売れているもう1つの理由として、第2世代携帯電話以下の生産を打ち切ったことである。これだけ徹底すれば、ドコモを追い越すことがわかる。  

ボーダフォンの第3世代携帯電話ボーダフォングローバルスタンダードは、2002年12月にスタート。当時はJ-PHONEという会社名だったので、たぶん第3世代携帯電話の名称も違っていただろうが、ユーザーはまだ10萬人(2003年11月の時点)を突破していない。  

ボーダフォンは2003年10月1日(水曜日)にJ-PHONEを吸収したもので、ワールドワイド(真の本社は外国にある)なのが特長。第3世代携帯電話ボーダフォングローバルスタンダートは、どこの国に行っても使えるという広大なネットワークが大きな武器だが、普及は思うように進んでいないようだ。最近は第2世代携帯電話だが、テレビ番組が見れるケータイが注目を集めている。 Tu-Kaは“通話とメールだけ”にこだわっているせいか、第3世代携帯電話が現れることは当分なさそうだが、なぜかカメラつきケータイはあるものの、画素はよくない。  

ドコモがFOMA900iシリーズを発売したことにより、今後の主力として、全面に押し出してゆくようだ。新幹線にたとえると、FOMAは〈のぞみ〉、movaの50Xシリーズは〈ひかり〉、それ以外は〈こだま〉という位置づけができる。

最近のケータイユーザーは定額通信料を求める声が多いようだ。ついで、割引料金の充実などだが、今のケータイ会社は第3世代携帯電話の開発や売買に力を注ぎ過ぎで、ユーザーのニーズに追いついていないような気がする。実際、私の周囲のほとんどは第3世代携帯電話に興味はなく、「高い」「電池が持たない」「エリアがせまい」といったイメージがつきまとっているようだ。結局、ケータイユーザーの大半はメールと通話で充分なのが多いのではないだろうか。また、iアプリとかいったゲーム機能もプレイ中に通信料がかかる難点があり、サイトからダウンロードした以上、通信料は無料にすべきである。

私はドコモを持っているが、ケータイで通話することはなく、1パーセント未満と言っていい。90パーセントはメールで使い、2パーセントはインターネット、残りの6パーセントはカメラで撮影する。時には動画も撮る。ただ、画像を送ることはあっても、動画は130円もかかるので、ほとんど送ることはないし、そうしたとしても、15秒程度しかメールに添付できないので、伝えたいことを伝えきるのは難しいように思う。  

この夏からFelica(電子マネー)機能を搭載したケータイがドコモから出る予定で、JR東日本のSuicaやJR西日本のICOCAにも使えるという。これにより、ケータイでも自動改札機にタッチできるようになるが、かえって本体を傷めて、寿命が縮むのではないかと懸念する。それにJR東日本はView Suicaというクレジッドカードがあるので、それで充分ではないかと思う。あくまでも、JR東日本のエリアに住んでいる者にとってはとなるが。  

さて、2004年2月16日(月曜日)より、関西の鉄道20社が車内のケータイ放送を関東地方の多数の鉄道会社と同じように、「優先席付近では電源OFF、それ以外はマナーモードで通話は御遠慮下さい」というふうになるが、マナーモードでも通話をする不届き者が多いことに変わりはないのだから、役に立たないだろう。車内通話を阻止できるのは、マナーモードではなく、ドライブモードである。どうも、ケータイユーザーはドライブモードに対する認識が低いのが残念なところである。

★備考

①今回は携帯電話3社の冊子、ソフトバンクパブリッシング刊行の『ケータイBEST』Vol.17・18と『iモードSTYLE』2004年3月号を参考資料として、使用した。

②ドコモのiモーションが902iシリーズ以降は撮影時間15秒以上でも送信できる。

③2006年10月からボーダフォンはSoftbankに変わった。

④2007年2月11日(日曜日・建国記念日)時点、auのWIN機種のカメラ機能は大幅に向上している。

⑤今回の記事は2004年2月に執筆したものです。


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

◆世界の国旗クイズ第15問

『世界の国旗クイズ』はホンモノの世界の国旗が出ることはよほどのことがない限り、まったくありません。鉄道車両を国旗に見立てたもので、それを皆様に当てていただくものです。  

第15問はこちらです。これはどこの“国旗”なのでしょうか?

世界の国旗クイズ第15問.JPG

さぁー、みんなで考えよう!!

ヒントは赤のボディーカラーを見て、なにを思い浮かべますか? そして、2007年の流行語は覚えておりますでしょうか? また、「手の用心」という言葉を知っていますか? さらに2008年秋、Railway Blogに掲載しておりますので、おのずとわかりますよ。

答えは観客動員数110萬人突破時に発表する予定ですので、ドシドシお寄せ下さい。コメントの際、御解答いただければ、さいわいです(何度も言っておりますが、次に進めません。ヤマカンで解答してくださいね)。

なお、原則として、1人でも参加していただかない限り、正解は発表しませんので、御了承下さい。

★お知らせ

①岸田法眼のRailway Blog.「INDEX 2009年2月-2009年2月はすべて、観客動員数1日2000人以上!!」はこちらにクリック!!

②岸田法眼のRailway Blog.「Railway Talk 2009年2月」はこちらにクリック!!


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。