So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

観客動員数130萬人突破記念スペシャル!! さぁー、みんなで『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』を買いに行こう!!(寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァーTHE MOVIE) [公式執筆記録-私の作品-]

vol4B.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。  

2009年5月12日(火曜日)に版元ホームページより、公式発表がございましたが、本日5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行、『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売になります。早いうちに本屋さんへ直行してくださいね。ちなみに東京23区内だと神保町の書泉グランテ、秋葉原の書泉ブックタワー、東京駅八重洲口地下の栄松堂書店だと山積みになっていることが予想されます。また、大きな本屋以外では販売していないかもしれません。本屋さんやセブンイレブンのネットで予約すると、送料がかからないことが多いので、おトクです(セブンイレブン店舗受け取りのネット予約は絶対にかからない)。  

気になるお値段はたったの1600円(内訳は本体1524円プラス消費税5パーセント)。定額給付金が皆様のもとへ入っている場合、7冊買えます!! また、1週間遅れの母の日へのプレゼント、ずいぶん早い父の日へのプレゼント、誰かさんへの誕生日プレゼント、恋人へのラブラブな時間を濃密に過ごすにはもってこいの1冊です。

作って楽しむというコンセプトで、御好評を博している『TRAIN MODELING MANUAL』ですが、今回のVol.4は「ブルートレイン」と「MODEMOを極める」を特集しており、私は開幕戦以来、2試合目の登板となりました。 私の執筆記事は次の通りです。

◆22~25ページ
ブルートレインの歴史(上)
 

P1290467.JPG

読んで字の如く、ブルートレインの歴史を綴っておりますが、サブタイトルとして、「Legend of “Blue Train”」が22・24ページの左上に刻み込まれております。  

今回は私が撮影した写真を提供しており、全15枚中、13枚(フイルム撮影5枚、デジカメ撮影8枚)が使われております。私が撮っていないのはどれなのかを探してみるのも、読む楽しみの1つになるかもしれません。  

御紹介した記事は「上」となっております。これは1話完結ではなく、Vol.5に続くことになる予定で、サブタイトルである「Legend of “Blue Train”」の意味も謎に包まれることになりそうですね。

Vol.5は「ブルートレインの歴史(x)」となりますが、xに当てはまる言葉は「中」、「下」、「特上」、「極上」のいずれかになる模様ですので、続きは8月21日(金曜日)の発売予定まで、しばらくお待ちください。

◆85ページ
寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァー  


P1330389.JPG

Railway Blogでおなじみのフレーズである「フォーエヴァー」が、ついにメディア初登場となりました。また、雑誌初取材、メディア初撮影、初キャプションを行ないました。  

取材は2009年3月13日(金曜日)の1日だったのですが、あまりの混雑で、思うような撮影ができず、翌日も東京へ行きました。これは取材というより、私用ですね。また、寝台特急〈富士〉〈はやぶさ〉の絵入りヘッドマークがないと、公平さに欠けるため、“読む側は納得しない”と思ったこともあります。  

Railway Blogでは「寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァーTHE MOVIE」を公開することにしましょう。あの日、あのときを思い出してみるのはいかがでしょうか?  

2009年3月13日の寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行き編成表
列車名運行区間号車車両番号禁煙備考
富士・はやぶさ なしEF6653東京-下関間牽引
富士・はやぶさ なしEF81411下関-門司間牽引
はやぶさ なしED7694門司-熊本間牽引
富士 なしED7690門司-大分間牽引
はやぶさ熊本1スハネフ151×2段式B寝台
はやぶさ 2オロネ15-3004×A寝台個室シングルDX
はやぶさ 3オハネ15-2005×B寝台個室ソロ
はやぶさ 4オハネ15-12022段式B寝台
はやぶさ 5オハネ15-11222段式B寝台
はやぶさ東京6スハネフ14122段式B寝台
富士大分7スハネフ152×2段式B寝台
富士 8オロネ15-3001×A寝台個室シングルDX
富士 9オハネ15-2004×B寝台個室ソロ
富士 10オハネ15-12462段式B寝台
富士 11オハネ15-11022段式B寝台
富士東京12スハネフ14-62段式B寝台

1つ、おことわりしておきますが、私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioは、2009年5月29日(金曜日)の正午をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止となりますので、御了承ください。

◆寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァーTHE MOVIE  

「寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァーTHE MOVIE」の撮影はすべて、東京で行ない2009年1月31日(土曜日)から、3月13日(金曜日)までです。なお、順不同に載せておりますので、御了承ください。

①寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行き入線!!  

VTRスタート!!



②本来の姿に戻った機回し2連発!!  

かつて、東京に機回し線が存在していたが、東北新幹線延伸にともない、転用されてしまった。そのため、1番手のブルートレインは前後に電気機関車をつなげ、発車すると、回送された電気機関車は横浜寄りの留置線で“待ち伏せ”をして、別の電気機関車に牽引された任務の列車に連結して、発車。このくり返しでしのいでいたが、相次ぐ斬り捨てにより、寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行きは2008年3月15日(土曜日)以降、入線を大幅に早め、かつての機回しが復活。機回し線がないとはいえ、東京のホームを通過する唯一の列車だった(それ以前は寝台急行〈銀河〉も機回しが行なわれていた)。  

VTRスタート!!





③案内放送は2回流す

寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行きは入線時と電気機関車が下り方に連結される際、案内放送が流れる。

VTRスタート!!




④機回し完了3連発!!  

いよいよ電気機関車が下り方に連結され、旅立ちの準備が完了する。

VTRスタート!!







⑤行先案内  

寝台特急〈富士〉大分行き、寝台特急〈はやぶさ〉熊本行きが交互に表示される。

VTRスタート!!



⑥ディーゼルエンジン  

14系は分散電源方式を採用しているため、スハネフ14形の床下にはディーゼルエンジンが備え、発電をしている。ホームにいると、とくに6・7号車はけたたまし過ぎる音でうるさい。

VTRスタート!!



⑦旅立ちのとき  

いよいよ、発車時刻がせまった。この発車チャイムの音は子供に人気がある。

VTRスタート!!



⑧発車3連発!!  

いよいよ、寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行きが旅立つ。今宵もブルートレイン、それ以前の夜行列車に思いをはせた人たちが、若い頃の思い出を振り返ることだろう。

VTRスタート!!







⑨下り最終便、涙の旅立ち2連発!!  

ついに2009年3月13日(金曜日)を迎えた。奇しくも「13日の金曜日」となり、別れを惜しむ人々の中には涙をいっぱい流して、悲しみがこらえきれずにいる人もいた。昭和や20世紀の産物がまた1つ、姿を消した日でもあった。

VTRスタート!!



※コンデジで撮影



※デジイチで撮影

「♪CRY OUT BABY,CRY 泣いていいよぉー 踊ぉーるぅー君ぃー 泣いていいよぉー CRY OUT BABY,CRY 見せていいよぉー 誰も知らないーっ 涙をぉーっ♪」

別れの涙には舘ひろし with THE COLTSの『CRY OUT~泣いていいよ~』がよく似合う。そして、終点に到着しても、舘ひろしの歌がよく似合う(『冷たい太陽』より)。

「♪グッバァーイ、グッバァーアーイーッ♪」

★おまけ



この電車は普通電車小倉行き
次は門司

門司の留置線で待機していた寝台特急〈はやぶさ〉東京行きが動き出し、寝台特急〈富士〉東京行きにドッキングをする。



この電車は普通電車東京行き
まもな富士
足元にご注意ください
左側ドアきます

寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行きとすれ違う。

雑誌(ムック)は多くのスタッフの皆様の総力を結集して作られております。また、起用してくださったホビージャパン様には厚く御礼申し上げます。

さぁー、みんなで買いに行こう!!  

なお、完売の際は御容赦ください。また、「nice!」を押される方、コメントやトラックバックをされる方は、お買い求めいただきますよう、お願い申し上げます。

★今回、御紹介した商品のおさらい

vol4B.JPG

『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』(ホビージャパン刊行)
定価1600円(本体1524円)
ISBN:978-4-89425-876-1
雑誌コード:68143-93

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
余談ですが、『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』で、私が撮影したものはすべて、Railway Blogで使われておりません。


★『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』備考集

①ホビージャパンホームページはこちらにクリック!!(『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』については、こちらにクリック!!

②書泉ホームページは
こちらにクリック!!

③セブンアンドワイでの購入は
こちらにクリック!!

④Amazonでの購入は
こちらにクリック!!

⑤『鉄道模型Nゲージ冷や水鉄道』はこちらにクリック!!

⑥『AMERICAN Nscale Models locomotives,freightcars,and structures』は
こちらにクリック!!

⑦鉄道ブログ『モハよう de キハキハ「恐るべし、岸田法眼さん!&モハようが鉄道ファン7月号に掲載」』はこちらにクリック!!

⑧鉄道ブログ『モハよう de キハキハ「岸田法眼さんがいよいよ雑誌デビュー!」』はこちらにクリック!!

⑨岸田法眼のRailway Blog.「観客動員数50萬人突破記念スペシャル!! さぁー、みんなで岸田法眼雑誌デビュー作、『TRAIN MODELING MANUAL Vol.1』を買いに行こう!!」はこちらにクリック!!

※『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』備考集⑤⑥は鉄道模型ブログです。

★寝台特急〈富士・はやぶさ〉フォーエヴァーTHE MOVIE備考集

①今回の動画はこちらにクリック!!



②1日1鉄! 鉄道写真家・中井精也ブログ「3月13日(金曜日)」はこちらにクリック!!(2009年の記事です)

③レールファン音楽館スタッフの部屋「寝台特急『はやぶさ』・『富士』乗車レポート」はこちらにクリック!!

④レールファン音楽館スタッフの部屋「最後の東京発ブルトレが引退 寝台特急『富士・はやぶさ』ラストラン!」はこちらにクリック!!

⑤小倉沙耶のやわやわ日和「はやぶさに乗車中」はこちらにクリック!!

⑥駅探 小倉沙耶レポート「さよならはやぶさ ありがとう富士 第1話」はこちらにクリック!!

⑦駅探 小倉沙耶レポート「さよならはやぶさ ありがとう富士 第2話」は
こちらにクリック!!

⑧駅探 小倉沙耶レポート「さよならはやぶさ ありがとう富士 最終話」は
こちらにクリック!!

⑨小倉沙耶のやわやわ日和「本当のさよなら」は
こちらにクリック!!

⑩マジで終電5秒前 オオゼキタク オフィシャル鉄道ブログ「さよなら富士・はやぶさ」はこちらにクリック!!

⑪ソウルに通いながら、こう考えた。「ブルートレインお疲れさま」はこちらにクリック!!

⑫新快特のブログ「あまぎ&ブルトレ撮影」はこちらにクリック!!

⑬新快特のブログ「年の初めは夜汽車撮影 ~後編~」はこちらにクリック!!

⑭新快特のブログ「今日の『富士・はやぶさ』号」は
こちらにクリック!!

⑮新快特のブログ「過ぎ去っていく“いつもの光景”を」はこちらにクリック!!

⑯新快特のブログ「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」は
こちらにクリック!!

⑰新快特のブログ「ヨコハマ鉄道模型フェスタ 後日談」はこちらにクリック!!

⑱新快特のブログ「リゾートしらかみ&ブルトレ撮影」はこちらにクリック!!

⑲新快特のブログ「おそらく最後の2列車撮影」は
こちらにクリック!!

⑳新快特のブログ「いよいよ廃止前日!『寝台特急はやぶさ号乗車記』New.Version」はこちらにクリック!!

21.新快特のブログ「最後の旅路へ・・・・・」はこちらにクリック!!

22.新快特のブログ「さようなら!『富士・はやぶさ』号 思い出をありがとう!」はこちらにクリック!!

23.カナロコ鉄道ノート「プラチナチケット【さようなら、九州ブルートレイン】(1)」はこちらにクリック!!

24.カナロコ鉄道ノート「食堂車の青春【さようなら、九州ブルートレイン】(2)」はこちらにクリック!!

25.カナロコ鉄道ノート「家族の記憶【さようなら、九州ブルートレイン】(3)」は
こちらにクリック!!

26.カナロコ鉄道ノート「駅員と運転士の思い【さようなら、九州ブルートレイン】(4)」はこちらにクリック!!

27.カナロコ鉄道ノート「列車に生きたベテラン車掌【さようなら、九州ブルートレイン】(5)」はこちらにクリック!!

28.オーミヤの鉄道日誌「東京駅からブルートレインが消える時」はこちらにクリック!!

29.オーミヤの鉄道日誌「『新14系』の始まりを伝える」はこちらにクリック!!

30.オーミヤの鉄道日誌「3年前の富士・はやぶさ号の注目度」はこちらにクリック!!

31.編集長敬白「『富士・はやぶさ』明日ラストラン。」はこちらにクリック!!

32.編集長敬白「さらば『富士・はやぶさ』、ついに最後の日。」はこちらにクリック!!

33.鉄道写真美術館♪「さようなら寝台特急『富士』&『はやぶさ』[14系客車](東京にて)」は
こちらにクリック!!

34.UZ's View「はやぶさよ、永遠なれ」はこちらにクリック!!

35.鉄道ニュース「“富士”・“はやぶさ”,1列車・2列車として最後の運転」はこちらにクリック!!

36.鉄道ニュース「“富士”・“はやぶさ”,最後の運行」は
こちらにクリック!!

37.鉄道ニュース「大分駅で“富士”の出発式」はこちらにクリック!!

38.鉄道ニュース「2009年3月14日,ブルートレイン最後の九州入り」はこちらにクリック!!

39.鉄道ニュース「“はやぶさ”最後の力走」はこちらにクリック!!

40.鉄道ニュース「“富士”・“はやぶさ”客車,返却回送」はこちらにクリック!!
 
41.鉄道ニュース「“リバイバル富士”運転」は
こちらにクリック!!

42.鉄道映画女優史絵.オフィシャルブログ「ありがとう。。。」は
こちらにクリック!!

43.八草きよぴ非公式モリゾー愛ブログ「さよなら寝台特急・富士★はやぶさ記念弁当」は
こちらにクリック!!

44.ありのゆくみち(みさき日記2038年版)「何度京浜東北の窓越しから『よっしゃ、今度の休みは九州に旅にいこう!』と思ったことか」はこちらにクリック!!

45.鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』「ブルートレイン『富士・はやぶさ』引退の夜」は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

私が動画のアップロード及び公開に利用しているeyeVioですが、2009年5月29日(金曜日)の正午(12時00分)をもって、SONYの運営を終了。その後、株式会社スプラシアに移行するため、6月1日(月曜日)まで公開が休止されることになりました。

私も数多くの動画をアップロードしておりますが、一部はスプラシア移行後、公開不能になるものが発生する可能性がございますので、あらかじめ御了承ください。こちらもなにかしらの対策を考えたほうがよさそうなのかもしれません。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(16)  コメント(6)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

nice! 16

コメント 6

is453982-tyhoon

TRAIN MODELING MANUAL!
友だちが早速買いに行ったみたいなので、後日見せてもらおうかなぁ(^_^)ワクワク
by is453982-tyhoon (2009-05-17 01:04) 

岸田法眼

is453982-tyhoonさん、どうもありがとうございます。

ぜひ、御購入くださいね。我々の生活がかかってますから。このムックが誕生して、1年になりますが、コメントを見ると、浸透していることを実感します。
by 岸田法眼 (2009-05-17 02:13) 

しおつ

表紙のカニ22に惹かれます。
1~3と購入してますので、今回も買いますよ。

by しおつ (2009-05-17 11:30) 

岸田法眼

しおつさん、どうもありがとうございます。

定期購読されているのですね。ホビージャパンさんは大喜びですよ。

カニ22形はパンタグラフのついた電源車で、電気とディーゼルの二刀流でしたが、コストの問題で前者が短命となってしまい、後者に専念しました。それでも20年前後しか持たなかったような記憶はありますが、20系の電源車はウルトラマンのような顔つきで、面白いといいますか、ひきつける魅力がありますね。
by 岸田法眼 (2009-05-17 14:47) 

こぱんだつま

ご無沙汰してしまいました。
あかつきのカフェ、いいですねー。もったいなくて、なかなか飲めない…。
by こぱんだつま (2009-05-17 23:40) 

岸田法眼

こぱんだつまさん、どうもありがとうございます。

あかつきラテは期間限定だったのですが、おいしかったですよ。雑誌にそれは載っておりませんが、お買い求めになられましたか? まだでしたら、いい記事がたくさんありますので、よろしくお願いします。
by 岸田法眼 (2009-05-17 23:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 3

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。