So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

2009年の汽車旅2-2(JR西日本キハ127系、キハ122系試乗) [汽車旅2009]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方は、URLにクリックしてください。

・2009年の汽車旅2-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-05

◆コンパクトになったホーム配置  

DSC_0674a.JPG

姫路の在来線ホームは2008年12月21日(日曜日)、残る姫新線、播但線の高架化が完了した。地平時代に比べると、広々としたものから、コンパクトになった印象を受ける。ホームは3面9線で、播但線は1・2番のりば、姫新線は3・4番のりばを1面に集約。2・3番のりばを行き止まりにすることによって、コンパクト化したのである。また、すべてのホームが電化されており、緊急時に電車が3・4番のりばにも止まれるようになっている。  

地平時代の姫路在来線ホームは、風格のある大きな駅という印象があったが、播但線のホームがどこにあるのかわかりづらい面があった。高架化により、わかりやすくなったものの、地平時代に比べ、山陽本線のホームは削られており、国鉄時代に比べ、長距離列車の数が減っているのだ。そして、網干総合車両所の存在感が増したことにより、折り返す列車も少なくなったのかもしれない。高架化により、ホームが削られた分、加古川寄りに留置線を設けて対応している。地平の時代から留置線があったかどうかは記憶になく、日本の鉄道完全制覇を目指しているからなのか、“ガムシャラ”に乗っているせいかもしれない。  

DSC_0648a.JPG

2番のりばには特急〈はまかぜ2号〉大阪行きが発車を待っている。姫路で進行方向が変わり、山陽本線、東海道本線を経て、大阪へ向かうが、姫路-大阪間の所要時間は、特急〈はまかぜ2号〉大阪行きは68分、新快速は最速60分。停車駅は新快速が多いものの、キハ181系は130㎞/h運転ができないせいか、特急券を払ったほうが損をする展開になっている。おそらく、姫路-大阪間に関しては、酔狂な人が乗るのだろう。車内はガラガラで、ディーゼルエンジンのニオイがプンプンする。そして、発車するときもディーゼルエンジンは、大きなうねりをあげた。ちなみに同じ気動車で運行する特急〈スーパーはくと〉は最速53分で、特急〈はまかぜ〉とは大差がつけられている。  

JR西日本はキハ181系の老朽化により、2011年の予定で特急〈はまかぜ〉に新型気動車が投入されることになっているが、形式名は不明。できることなら、振子を装備して、大阪-姫路間は特急〈スーパーはくと〉に並結できるようにしたほうがいいだろう。これは特急〈はまかぜ〉の新型車両が3両1組であること、大阪-加古川間は旅客列車のほか、貨物列車も走るため、線路容量が過密になっている印象を受けるからである。  

DSC_0653a.JPG

3・4番のりばから地平ホーム跡地を見下ろすが、ほとんどのホーム、線路、架線は撤去されており、今後は21世紀にふさわしい空間に整備されるのであろう。乗り換えの跨線橋が高架化工事に伴い、一部だけ撤去しており、哀れな姿であるが、最後の存在感をアピールしているようだった。

◆キハ127系試乗


DSC_0667a.JPG

 

姫新線4番のりばに9時26分発、普通列車本竜野行き(For Hon-Tatsuno)ワンマンカーが発車を待っており、キハ127系を初めて見る。フェイスは223系2000番代にそっくりだが、キハ121系やキハ126系と同様、「ワンマン」の文字がスクロールされている。223系2000番代のフェイスでは、貫通扉の上に種別幕があるものの、キハ127系とキハ122系は方向LEDで、快速が走らない限り、種別は表示されない模様。

DSC_0660a.JPG

  

車体側面はキハ121系やキハ126系と同様、大型の方向LEDとなっており、ワンマンの下に表示する「Conductorless Train」がスクロールされている。大型で見やすいものの、フルカラーLEDではない。JR西日本は最初の新型車両である221系から、一部の車両を除き、一貫して方向LEDを採用しているが、在来線に関しては、進化が見られず、退化もしていない。ようはJR西日本の基本に徹しているのだ。フルカラーLEDが普及しているので、“そろそろ種別幕もそうなるのではないか”と思っていたが、JR西日本のこだわりかつ、ブランドのようだ。ちなみにJR西日本がフルカラーLEDを採用している車両は、N700系3000番代である(おそらく、N700系7000番代もそうだろう)。



※キハ127系のドアチャイム

DSC_0666a.JPG



※普通列車本竜野行きワンマンカー発車!!  

ドアチャイムはJR西日本標準と同じ音階だが、音色を柔らかなものに変えている。車内はほぼ満席の状態だったため、10時12分発の普通列車佐用行きワンマンカーまで、待つことにしよう。キハ127系が動き出すと、先ほどのキハ181系に比べ、ディーゼルエンジン音は静かだし、ツーンとしたニオイもしない。

意外なことに入線時間が待つにつれ、長蛇の列となる。姫新線の兵庫県側は姫路-播磨新宮間の運行が多く、そこから先は少ないからだ。

DSC_0678a.JPG

普通列車佐用行きワンマンカー(For Sayo.1号車キハ127-3)が入線。2両の車内は相当乗っており、ラッシュさながら。ここは3ドアにしてもよかったのではないかと思う。また、セミクロスシートを採用しているが、転換クロスシートは2人掛けと1人掛けで、座席定員が少ないのが難点だ。以前は国鉄産の気動車を使用し、座席定員も多かっただけに、沿線利用客の反応が気になるところ。  

10時12分に発車。高架を下り、地平へ。車内は観光客が多いようだ。座席数が減少した影響で、早くも立客が発生している。  

DSC_0715a.JPG

※画像は復路の列車で撮影

余部でキハ127系の普通列車姫路行きワンマンカーと行き違い、10時24分に発車すると、進行方向右側には姫路鉄道部があり、そこを通る。キハ40系、キハ47系といった国鉄産気動車が在籍しているものの、ダイヤ改正で出番が激減したという。そのため、山陰地方へコンバートされた車両も発生している。  

太市(Ohichi)を発車すると、トンネルを通り、勾配に突入。沿線には中国自動車道があり、姫新線にとっては、手ごわい存在だ。  

本竜野で若干降り、キハ127系の普通列車姫路行きワンマンカーと行き違う。座席定員が少ないせいか、1号車の乗務員室寄りでは、女子高生なのか、若い女が床に坐っていた。マナーの悪さはどこも同じだ。  

普通列車佐用行きワンマンカー編成表
普通列車播磨新宮行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
往路復路
佐用佐用1キハ127-3佐用行きで乗車
姫路播磨新宮2キハ127-1003播磨新宮行きで乗車

さて、キハ127系とキハ122系は2008年に入団。コモンレール燃料噴射システムを採用し、排出ガス、NOxを大幅に削減することが可能になり、地球環境に配慮している。本来、鉄道における地球環境の貢献には電車が適役なのだが、気動車が投入されたのは、姫新線の事情がある。

姫新線は姫路-上月(Kohzuki)間は昭和40年度(1965年度)の588萬2000人を境に利用客が減少しており、2005年度は242萬8000人に減少。これ以上の減少に歯止めをかけるため、2007年春に高速化が決まっているものの、先述したように播磨新宮-上月間の運行本数の少なさが影響したのか、電化は見送られた(佐用-上月間の運行本数はもっと少ない)。そのため、新型気動車、キハ127系とキハ122系を投入することになった。

DSC_0656a.JPG

高速化工事には兵庫県、姫路市、たつの市、佐用郡(Sayoh a County)佐用町(Sayoh Town)が協力し、合計で約80億円を出資することになっており、軌道強化の完成を待たず、キハ127系とキハ122系は2009年3月14日(土曜日)のダイヤ改正でデビュー。2010年春の予定でスピードアップをはかり、本領発揮かつ、姫路-上月間の真価が問われることになるだろう。姫新線のイメージアップを図るためか、車体側面にトンボのロゴが貼ってある。

DSC_0693a.JPG

JR西日本のローカル線で、赤い転換クロスシートを採用したのは125系が最初で、今回の姫新線新型気動車にも踏襲しているが、1人掛けと2人掛けにしたのは、通路幅を広げることによって、車椅子の利用客がスムーズに通れるようにするためである。これはJR東日本産の気動車でも採用されている。

DSC_0699a.JPG

車椅子スペースはトイレの向かい側にあり、2台分のスペースを確保しているようだ。223系2000番代に比べ、パネルヒーターは1つ増設しており、万全磐石の態勢を整えているようだが、不自然な光景を目にする。

これは以前から気になっているのだが、JR西日本は223系2000番代以降、車椅子スペースに荷棚を設けてはいるものの、座席部分よりも高い位置にある。JR西日本ではサービスの一環として、設けているというが、これでは身長180センチ以上の人でないと利用できない(車椅子スペースに荷棚があるのは、頭にぶつからないように配慮したため)。また、車端部は車椅子でも隣りの車両に移ることができるよう、傾斜の小さいスロープとなっており、少し盛り上がっている。

翌日、223系2000番代の新快速で坐れず、やむなく車椅子スペース付近で立っていたが、帰宅途中のサラリーマンは床にカバンを置いており、荷棚は役に立っていなかった。ちなみに首都圏では、車椅子スペースに荷棚は設置していない。車椅子を利用する人というのは、大きな荷物を持っていないことが多く、当然のことながら、荷物を持って乗るとしても、付き添いがいなければ荷棚に載せることが不可能であるからだ。

DSC_0689a.JPG

ロングシートは321系から続く、“消極的バケットタイプ”で、よく目をこらさないと見分けがつかないかもしれないが、窓上と戸袋部分に貼ってある席番シールでカバーしている。

話はそれるが、近年、京阪電気鉄道はバケットタイプのロングシートに積極的で、2代目3000系や9000系ロングシート改造車で採用。特に8000系(初代3000系の8000系30番代を除く)の車内リニューアルでは、車端部はバケットタイプを発展させたハイバックロングシートに改造して、「日本一豪華なロングシート」を目指すという。特急停車駅の増加に伴い、円滑な乗降が難しくなってきたということだが、果たして、ハイバックロングシートはどういうものなのか、実物を早く見たい気がする。

話を元に戻し、ロングシートと車椅子スペースは固定窓となっており、荷棚は221系に比べ、簡素なつくりで、照明にグローブがなかったのは意外だ。

播磨新宮でキハ122系の普通列車姫路行きワンマンカーと行き違う。1両の車内はほどよい乗車率である。

西栗栖で運転士は運転台うしろのカーテンを下ろし、発車すると、トンネルへ。勾配を登り、トンネルを抜けると、ゆるやかなカーブとなってゆく。 三日月でカーテンを上げ、その後は眠気を誘うほどの快走。座席定員が少ないゆえ、全区間立客が消えなかったのは残念だが、ディーゼルエンジン音は思ったほどうるさくなく、心地よい。  

DSC_0702a.JPG

智頭急行智頭線に合流し、11時24分、終点佐用に到着。大半は2番のりばから、11時41分に発車する普通列車津山行きワンマン列車に乗り換えるが、キハ120系300番代1両のため、たぶん、姫路からずーっと立ち続けている利用客がいるのかもしれない。  

DSC_0703a.JPG

折り返し、11時42分発の普通列車播磨新宮行きワンマンカー(2号車キハ127-1003)へ。ガラガラだったので、1人掛けの転換クロスシートでくつろぐ。1番のりばの外側では、PC枕木が山積みされており、高速化工事に向けて、準備が進められることになっている。ただ、沿線で警報機、遮断機のない踏切が多く、高速化においてはキッチリ整備してもらいたい。

◆キハ122系試乗  

DSC_0705a.JPG

DSC_0708a.JPG

終点播磨新宮で普通列車姫路行きワンマンカー(キハ122-2)に乗り換えるが、なんと1両!! 車内は祝日なのに高校生が多く、12時24分に発車。木の枕木からPC枕木に変え、あわせてバラストも変えている。真新しい新線のような雰囲気だ。また、一部のホームもかさ上げ工事が行なわれており、車両とホームとの段差を解消させ、乗降しやすくする。軌道強化やホーム改良の完了後は、最高速度も85㎞/hから100㎞/hに引き上げる予定である。ちなみにキハ127系、キハ122系の最高速度は100㎞/hであるが、速度計は160㎞/hまで表示している。  

DSC_0712a.JPG

本竜野でキハ122系の普通列車佐用行きワンマンカーと行き違う。乗車しているキハ122系の普通列車姫路行きワンマンカーは、大入り満員となり、太市を発車すると、運転士はあるフレーズの自動放送を流した。

「ドア付近が大変混雑しております。中ほどにお進みください」  

余部でも多く乗り込み、キハ122系の普通列車本竜野行きワンマンカーと行き違い。ここで別の運転士1人が乗り込んできた。  

普通列車姫路行きワンマンカー編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
播磨新宮→姫路1キハ122-2なし

たった1両でこんなに混んでいるようでは、2両基本にするか、4両に増結して、車掌を乗務させたほうがいいのだが、おそらく、新型気動車目当てに乗った人も多いのだろう。沿線の人々にとって、関心が高いのかもしれない。  

播磨高岡でキハ122系の回送と行き違い。混雑のため、別の運転士が身を乗り出し、高校生は定期券を高々と見せて下車。13時01分、終点姫路3番のりばに到着した。  

DSC_0716a.JPG

山陽本線6番のりばへまわり、新快速京都方面湖西線経由敦賀行き(3号車サハ223-2136:京都方面近江今津止まり)に乗り換え。隣りの7番のりばには特急〈はまかぜ3号〉浜坂行き(この日は香住-浜坂間、延長運転)が到着。進行方向を変えて播但線に入るが、12分停車し、13時17分に発車。一方、新快速京都方面湖西線経由敦賀行きは13時12分に発車。往路は神戸-加古川間、寝ていたので、目をこらす。  

新快速京都方面湖西線経由敦賀行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
三ノ宮8クモハ223-2103なし
 7サ ハ223-2221なし
 6モ ハ223-2192なし
 5ク ハ222-2103弱冷車
 4クモハ223-2058京都方面近江今津止まり
 3サ ハ223-2136京都方面近江今津止まり
 2モ ハ223-2153京都方面近江今津止まり
姫路1ク ハ222-2058京都方面近江今津止まり、弱冷車


神戸で東海道本線に戻り、13時52分、三ノ宮1番のりばに到着。ここで下車し、昼食をとることにしよう。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②UZ's View「春の姫路駅にて(1)キハ122系デビュー」はこちらにクリック!!

③UZ's View「春の姫路駅にて(2)播但線ホームにて」は
こちらにクリック!!

④UZ's View「春の姫路駅にて(Fin)一新された駅構内にて」はこちらにクリック!!

⑤MAKIKYUのページ「JR西日本 キハ127・122形気動車~姫新線で走り始めた新型気動車」はこちらにクリック!!

⑥小倉沙耶のやわやわ日和「久々の再会」はこちらにクリック!!

⑦神戸新聞「JR姫新線、高速化事業が本格化」はこちらにクリック!!

⑧参考文献として、鉄道ジャーナル社刊行、『鉄道ジャーナル2009年1月号』を使用。

⑨岸田法眼のRailway Blog.「2005年の汽車旅4-1」は
こちらにクリック!!

⑩岸田法眼のRailway Blog.「2005年の汽車旅4-2」は
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

①ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が好評発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本

P1390364a.JPG

②デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル278号』が好評発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

P1390446a.JPG

③デアゴスティーニ・ジャパン刊行の『週刊鉄道データファイル279号』が好評発売中です。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。