So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

ペースアップにも程がある!! 観客動員数177萬人突破!! [INFORMATION]

記事数:881|nice!:3,852|総閲覧数:今日:4,470/累計:1,770,280|読者数:38
アクセスランキング:111位
ブログテーマ:旅行(4位/769ブログ中)

P1390769a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。 2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年9月27日(日曜日)で、観客動員数は177萬人を突破しました。どうもありがとうございます。と言いたいところなのですが、14・15時台の実数は、ともに51名様で、ページビューは前者968、後者849という、尋常ではない数を記録しました。1人あたり14時台は18.9回、15時台は16.6回アクセスしていることになりますが、おそらく、1人でそれ以上、御覧になっているのかもしれません。

なお、so-net blogの順位は実数を重視しているため、前日よりアクセス数が多くても、下がる場合もありますので、あらかじめ御承知おきください。また、パソコンのやり過ぎにも気をつけましょう。


◆ここまでの2009年の汽車旅2シリーズ

・2009年の汽車旅2-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-05  

・2009年の汽車旅2-2(JR西日本キハ127系、キハ122系試乗)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19

・2009年の汽車旅2-3(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-22

・2009年の汽車旅2-4(観客動員数172萬人突破記念スペシャル、阪神なんば線開幕戦-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23

・2009年の汽車旅2-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-26

・2009年の汽車旅2-6(第4回貴志川線祭り-前編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27

・2009年の汽車旅2-7(第4回貴志川線祭り-後編-)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-09-29

◆2009年10月4日(日曜日)から10月5日(月曜日)までのmixi日記

■2009年10月4日(日曜日)
金麦
 

壇れいのCMでおなじみの金麦というビールを初めて飲む。普段、アルコールをたしなまず、飲み会を敬遠する私には珍しいことだが、これには理由がある。

P1390760a.JPG


「サントリー。

♪こーんなぁー、時代にぃー、いちねぇーんぶん。

大盤振る舞いじゃ!!

にーく、米ぇー、さかぁーなぁー、どんと1年ぶーん♪

検索せよ!!」  

不朽の名作、『暴れん坊将軍』がCMでよみがえり、徳川吉宗は不況の世の中に大盤振る舞い。米、肉、魚の干物の食材御三家1年分が抽選でプレゼントされるというのだ。実は金麦、サントリーの商品であることを初めて知った。

応募シールを確認して、購入。帰宅途中、幸運にも金麦が路上に捨てられていたのを発見し、シールをはがし、俺のものだぁー!!  

私は貧乏一家の長男坊なので、大相撲の幕内優勝でしか味わえない食材1年分がほしい。印税がたらふく入りゃーいい応募しなくてもいいのだが、久しぶりに懸賞でやっきになるゼ。  

余談だが、懸賞は過去、『SPORTSうるぐす』で、16人しか達成していない完全試合投手の記念ベースボールカード(限定生産)を当てたことがある。


★備考

サントリーのキャンペーンサイトは、こちらにクリック!!

※本日のRailway Blogは、こちらです

■2009年10月5日(月曜日)
56歳は早過ぎる

中川氏死亡 遺書や外傷はなし
(mixiニュースより)

もうろう会見が目に焼きついている人も多いと思うが、2009年8月30日(日曜日)の衆議院選挙で落選した中川昭一氏が10月4日(日曜日)、自宅で急逝した。どうやら病死のようだが、死因は解明されていない。

もうろう会見以後、元気がなかったらしいが、1つのミスが致命的となってしまい、意欲が薄らいでいたのだろうか。今まで知らなかったが、中川氏は世襲議員で、父親は57歳で自殺したという。中川氏の死は自殺ではない可能性が高いにせよ、どうして、親子ともども、50代であの世へ行かなければならないのだろう(「あの世」と言っても、自殺は「地獄」という道をゆくらしい)。私は中川氏の父親については知らないが、政治の重圧というのは、横綱より重いのかもしれない。

思えば、昨年のこの時期、私は突然の呼吸困難により、救急車で病院へ搬送された。さいわい、通院で済んだが、自分で痛みに気づかないほど、心労がたまっていたのだろうか?

人間というのは、死ぬのは怖いけど、生きるのも怖い。生物というのは、いつも死と隣りあわせなのだから。 私は30歳を過ぎた頃、“寝ると、もう目覚められないんじゃないか?”と悩まされ、“寝たくない症候群”に陥ったことがある。トシをとるというのは、あの世へ行く日が刻一刻とせまっているのだから、生きているのは恐ろしいのだ。その苦しみを逃れるため、なにかで気を紛らわせるのが人間の生き方だと思うが、シャブや大麻に手を染めたくはない。私の場合、太田光のような激アツトーク(?)や旅で、“死ぬ怖さ、生きる怖さ”の苦痛から逃れるようにしているのかなぁー? と思う。

私はあと15年で48歳になるが、果たして、元気に生きているのだろうか? あの悪夢の日から抱えている、深刻な悩みである。

※本日のRailway Blogは、お休みです。

■2009年10月5日(月曜日)
どこが「報道のTBS」なんだよ!!

TBS青木裕子アナ大失言! 中川元大臣死去のニュースに「注目しないで!」
(mixiニュースより)

昨日は寝ていて(正午起床)、見ていなかったものの、TBSの青木裕子アナウンサーがとんでもないことを言ったという。普通、ニュース速報が出れば、その場にいるアナウンサーは伝えるものである。ハッキリ言って、TBSはどういう社員教育をしているのだろうか?

TBSは夕方のニュース番組で、「報道のTBS」復権を目指しているが、視聴率はあがらない。そして、ポカやミスでいろんなところから怒られている。あの事件で失われた信頼を取り戻すのは、容易ではない。これはJR西日本の本社経営陣にもいえることだけどね。

◆観客動員数174萬人から176萬人へのあしあと

・2009年10月3日(土曜日)…176萬1000人突破

・2009年10月3日(土曜日)…176萬2000人突破

・2009年10月4日(日曜日)…176萬3000人突破

・2009年10月4日(日曜日)…176萬4000人突破

・2009年10月4日(日曜日)…176萬5000人突破

・2009年10月5日(月曜日)…176萬6000人突破

・2009年10月5日(月曜日)…176萬7000人突破

・2009年10月5日(月曜日)…176萬8000人突破

・2009年10月5日(月曜日)…176萬9000人突破

・2009年10月5日(月曜日)…177萬人突破!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。