So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

問題がある讀賣新聞報道 [鉄道評論]

関東地方だけかもしれないが、2010年3月8日(月曜日)の讀賣新聞夕刊15面で、レールファンを侮辱する記事を見つけた。  

それは、「上野発『撮り鉄』警報」というもので、2月21日(日曜日)に発生したJR西日本関西本線の一件以来、鉄道趣味を問題視する記事が多くなっている。特に讀賣新聞は平成11年(1999年)に「鉄道マニア」を頻繁に使い、私は本社に苦情の電話を入れたが、ズボラな応対に憤慨した。新聞記者というのは、先入観でしか記事がかけないのだろうか? 「ファン」という言葉を使わないのだから、レールファンを問題児と扱っており、明らかに差別する口調だった。  

あれから11年の月日が流れたが、取材姿勢は変わらないようだ。近年の鉄道ブームでさえも、「ファン」という言葉を主語に使わず、「撮り鉄」「乗り鉄」といった差別用語を使っている。もっとも、レールファンが自虐的な言葉を使っていることに問題があり、「ファン」という言葉を使わない姿勢に失望しているし、“鉄道趣味が再び「悪趣味」と捉えられても不思議ではない”と確信していた。今、そういう状況にある。  

記事を見ると、寝台特急〈さくら〉〈あさかぜ〉最後の日の東京駅は「1000人程度」と書いてある。「程度」というのはどういう意味? これは記事を書いた新聞記者はレールファンどころか、鉄道事業者や鉄道誌を発売する出版社、「鉄道」をテーマとするカメラマンやライターに対して失礼だ。失言かつ暴言だね。タレントのファンが全国から大集結しても、普通は「程度」という言葉を使うことはないのだから。

もう1つ、記事で疑問なのは男子高校生にインタビューをしていることだ。その男子高校生は上野から1時間以上かかるところに住んでおり、記事では「6日夜、上野駅に来ていた」と書いてある。夜の何時にインタビューをしたのだろうか? 相手は保護者を必要とする未成年者である。

3月6日は土曜日で、この日は〈ホームライナー鴻巣〉や〈ホームライナー古河〉は運行されていない。もし、男子高校生が保護者の付き添いもなく、22時以降にインタビューをしていたら、大問題である。警察官に声をかけられてしまえば、保護されて親御さんを呼ばなければならないのだから。 取材した新聞記者は、“仕事をする”ことしか考えていなかったのだろうか。取材姿勢に疑問を持つ。また、今回の報道によって、“当日、見てやろうじゃないか”というヤジウマが多数押し寄せることも予想される。

2010年、鉄道趣味は正念場を迎えることだろう。鉄道が心底好きなのであれば、「ファン」という言葉の重要性をよく考えてほしい。いつまでも「ファン」と主張せず、「撮り鉄」「乗り鉄」などといった「x鉄」という言葉を使うようでは、今すぐ鉄道趣味をやめていただきたい。

★備考  

讀賣新聞の問題記事(日数がたつと、アクセスできなくなりますので、あらかじめ御了承ください)

★お知らせ

来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらへクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

②メディア執筆記録2009は、こちらを御覧ください。
(2009年発売の商品カタログです)


③執筆実績一覧は、こちらを御覧ください

④執筆依頼、御質問やお問い合わせ等は、こちらへお願いいたします。また、御質問やお問い合わせ等をRailway Blogでコメントされても、承認しない場合がありますので、あらかじめ、御承知おきください。

⑤コメントのURL欄は、正確に入力していただきますよう、お願いいたします(公序良俗に反するものや、でたらめなものは承認いたしません)。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 



nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 12

コメント 2

しおつ

最近の新聞やネットのニュース記事は
ほんと何々鉄という言葉が載りますね。
自分も腹立たしく感じていました。
by しおつ (2010-03-10 23:58) 

岸田法眼

しおつさん、どうもありがとうございます。

鉄道趣味が「ファン」と言われておれば、世間は“一般的な趣味”として認めていたでしょうが、自虐的な言葉を使う“暴走”ぶりが今回の報道を招いているといっても過言ではありません。

今のおかしな言葉を使うレールファンは、周囲から「ファン」と呼ばせる努力が必要です。それをわかっていないようでは、今後もうしろ指を差されられるでしょう。“ファン度”意識の強い人たちにも迷惑を及ぼしますので、ただちに意識改革をしてもらわないと困ります。
by 岸田法眼 (2010-03-11 01:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。