So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

223系勢ぞろい [プラットホーム2010]

今回はJR西日本の223系を簡略的に御紹介しましょう。

①“元祖”223系(1994年デビュー)

DSC_0807(次は和泉府中)a.JPG

“元祖”223系は、関西国際空港のアクセス輸送用に誕生し、当初は基本6両、付属2両の組み合わせでした。座席は海外渡航客を想定し、海側の転換クロスシート(ドア付近固定座席)は1人掛けにしているのが特徴です。“元祖”223系は、関空快速、紀州路快速を中心に、阪和線内の快速運用にも就いています。


②223系1000番代(1995年デビュー)  

DSC_0478a.JPG

平成7年(1995年)、東海道・山陽本線用に誕生。近郊形電車では初めて130㎞/h運転対応になった車両です。投入当初から新快速の130㎞/h運転を夢見ており、221系を脅かす車両となりました。221系をベースにしつつも車内レイアウトが変更され、ドア付近に補助シートを設けました(一部を除く)。

③223系2000番代(1999年デビュー)  

DSC_0716a.JPG

車内のグレードを維持しつつも、製造費用を抑えた車両として登場。新快速の130㎞/h運転を行なうために大量増備されました。新快速(定期便)が223系1000・2000番代に統一されたあとも増備が続き、近年は快速運用も珍しくなくなりました。

④223系2500番代(1999年デビュー)  

DSC_1084a.JPG

紀州路快速の新設に伴い、元祖223系を基本5両、付属3両に組みなおすため、当初は先頭車のみ新製されました。のちに中間車を含めた“フル編成”が登場。現在は4両編成に統一されており、元祖223系のほとんどは、223系2500番代に混結されています。

⑤223系5000番代(2003年デビュー)  

DSC_0129a.JPG

快速〈マリンライナー〉2代目車両として登場。JR四国5000系の併結を前提としているため、先頭車のデザインが変更されています。将来はJR西日本管内でローカル線のワンマン運転に就くことを想定しているのか、中間車はありません。ちなみに一時期、混雑緩和のため、網干総合車両所からサハ223形2000番代を挿入していたことがあります。


⑥223系6000番代(2008年デビュー)  

P1300044.JPG

221系の併結を前提とした車両で、すべて223系2000番代からの改造。最高速度を120㎞/hに落とすなど、車両性能を221系に合わせています。また、JR東西線乗り入れ対応車は、モハ223形6000番代にパンタグラフを2つ装備しています。


⑦223系5500番代(2008年デビュー)

DSC_0235a.JPG

221系の併結を前提とした車両で、新製当初から最高速度は120㎞/hになっています。また、ワンマン運転仕様になっており、クモハ223形5500番代は、521系に倣い車端部がロングシート、妻面に窓を設けています。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。