So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

JR四国、エル特急消滅!! [鉄道評論]

DSC_0224a.JPG


2011年3月12日(土曜日)のダイヤ改正で、JR四国は「エル特急」の呼称を取りやめ、「特急」に統一されることになった。  

四国のエル特急は、国鉄最後のダイヤ改正となった昭和61年(1986年)11月1日(土曜日)に特急〈しおかぜ〉が「エル特急」に“格上げ”したのが始まりである。これは多くの急行が特急に格上げしたことによるもので、同日にキハ185系がデビューした。ちなみに国鉄の気動車エル特急は、〈しなの
〉〈にちりん〉〈やくも〉以来、3つ目の快挙だった。  

昭和63年(1988年)4月10日(日曜日)、瀬戸大橋の開業に伴い、特急〈南風〉もエル特急化。16年ぶりに復活した〈うずしお〉もエル特急として、新たなスタートを切った。また、エル特急〈しおかぜ〉〈南風〉の“本州進出”に伴い、高松発着の多度津方面特急は、〈いしづち〉〈しまんと〉と命名し、エル特急とした。  

DSC_0294a.JPG

平成2年(1990年)11月21日(水曜日)、振子気動車2000系量産車の投入により、エル特急〈宇和海〉〈あしずり〉が誕生。平成4年(1992年)8月15日(土曜日)、8000系試作車の臨時運行開始により、エル特急〈しおかぜ〉〈いしづち〉は、エル特急〈しなの〉〈にちりん〉以来となる電車と気動車の“二刀流運行”となった。ちなみに8000系量産車投入後もエル特急〈しおかぜ〉〈いしづち〉は、二刀流運行が続いている(その後、2009年5月2日に臨時特急〈きのさき81号〉城崎温泉行きは、キハ181系で運行。特急〈きのさき〉も二刀流運行の実績を持つ)。  

IMG_0005a.JPG

以前にも述べたが、国鉄分割民営化後は、エル特急の定義があいまいになり、2002年12月1日(日曜日)、JR東日本はエル特急の呼称を取りやめた。その後、2008年6月発売の時刻表よりJR九州、2010年3月13日(土曜日)のダイヤ改正でJR西日本の大半がそれぞれ「特急」に統一した。  

これで残るエル特急は、〈スーパーカムイ〉〈すずらん〉〈(ワイドビュー)しなの〉〈(ワイドビュー)ひだ〉〈しらさぎ〉だけとなる。 このうち、エル特急〈しらさぎ〉はJR西日本の管轄だが、JR東海に乗り入れていることが関係しているのではないかと思われる。また、JR北海道は、札幌発着の電車は「エル特急」で、気動車は「特急」だ。ちなみに特急〈北斗〉〈スーパー北斗〉は、エル特急化してもおかしくないほど本数が多く、両者併せて1日11往復なのに対し、エル特急〈すずらん〉は1日5往復である。



★備考

①鉄道ニュース「特急“きのさき”81号,キハ181系で運転」 

②参考資料として、交通新聞社刊行、『鉄道ダイヤ情報2009年5月号』を使用。

③岸田法眼のRailway Blog.
「エル特急滅亡の危機」 
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。