So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

2009年の汽車旅4-最終回 [汽車旅2009]

◆下記の記事をまだ御覧になっていない方は、下記のURLへクリックしてください。

・2009年の汽車旅4-1~13
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2011-05-06

◆あえて刈谷で乗り換え

DSC_0565(P1390626)a.JPG

名古屋に到着し、ホーム豊橋寄りにある名代きしめんへ。少し考えた末、「冷し豚しゃぶ入りきしめん(630円)」を注文。久しぶりに名代きしめんできしめんを食べるが、言うまでもなくうまい。やはり、きしめんや讃岐うどんは本場で食べるのが1番うまい。

DSC_0566a.JPG

“おやつ”の「冷し豚しゃぶ入りきしめん」を食べ終えたあと、2番線に戻り、15時58分発の快速豊橋行き(サハ313-5008)へ。うとうとしそうになるものの、予定通り、刈谷で普通電車浜松行き(クハ310-11)に乗り換える。さいわい、快速豊橋行きで乗車したサハ313-5008は、普通電車浜松行きの最後部車両の停止位置に停まった。


快速豊橋行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
刈谷なしクモハ313-5008なし
 なしサ ハ313-5308なし
 なしモ ハ313-5008なし
 なしサ ハ313-5008なし
 なしモ ハ313-5308なし
 なしク ハ312-5008なし
 なしクモハ313-306なし
名古屋なしク ハ312-306なし

快速豊橋行きは、終点豊橋で普通電車浜松行きに接続をとるが、私はあえて刈谷で普通電車浜松行きに乗り換えた。これには理由があり、豊橋始発の普通電車浜松行きは、ロングシート車で運行する可能性が高いからだ。JR東海静岡地区は、ロングシート車が主力で、211系5000番代の単独運行だとトイレがない。

対照的なのは東海道本線名古屋地区で、米原―豊橋間はオールロングシート車の運行が存在しない。同区間でロングシートが存在するのは、国鉄末期に投入された211系、普通電車用に投入された313系セミクロスシート車(転換クロスシート&ロングシート)のみである。




普通電車浜松行きは16時18分に発車。久々に311系を利用するが、最後部クハ310-11は乗ったときから不快な音が聞こえる。乗車している311系第11編成は、平成2年(1990年)川崎重工製で、まだ19年(当時)しかたっていないが、もうガタが来ているのだろうか?

DSC_0570a.JPG

東海道新幹線乗換駅なのに、なぜか普通電車しか停まらない三河安城は多くの人が降りた。家路へ急ぐのか、それとも〈こだま〉に乗り換えるのか?



DSC_0588a.JPG

311系の車内妻壁にある情報案内装置では、「各駅停車」と表示しているが、車掌や駅の放送、車両の種別幕は「普通」である。個人的には「各駅停車」のほうがわかりやすくていいのだが、「普通」と「各駅停車」が混ざっていると、わかりにくいように思う(実際、JR東日本や南海電気鉄道は、「普通」と「各駅停車」が存在する)。ちなみに、313系の普通電車運用時でも、ドア上の情報案内装置には「各駅停車」を表示する。


普通電車浜松行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
浜松なしクモハ311-11なし
 なしモ ハ310-11なし
 なしサ ハ311-11なし
刈谷なしク ハ310-11なし

余談だが、東武鉄道、阪急電鉄、阪神電気鉄道、京阪電気鉄道は、車両の種別は「普通」表示でも、車内の放送等では「各駅停車」と案内している。4社は“普通イコール各停”と解釈しているようだが、そろそろ「普通」と「各駅停車」を線引きしてもいいのではないだろうか。個人的には「普通電車」や「普通列車」という案内はやめたほうがいいと思う。「普通」という言葉は、語弊を招く恐れがあるからだ(差別用語にもなりかねない)。

DSC_0581a.JPG

16時36分、岡崎1番線に到着。ここで新快速豊橋行きの待ち合わせをするため、8分停車。隣の愛知環状鉄道愛知環状鉄道線は、2000系の高蔵寺行きが発車を待っている。ところが、新快速豊橋行きの到着を待たずに、高蔵寺行きが発車してしまった。

帰宅後、『JR時刻表2009年8月号』(交通新聞社刊)で岡崎発車時刻を調べたところ、新快速豊橋行き2342F(土休は5340F)は16時42分、愛知環状鉄道線高蔵寺行き1193Hは16時41分発だった。なぜ、接続をとらないのだろうか?

それから2年後の2011年1月、ある男性が東北地方の旅をしていたときのこと。JR東日本奥羽本線のダイヤ乱れにより、青森で青い森鉄道青い森鉄道線の各駅停車は接続待ちに付き合い、十数分遅れて発車。同線も遅れが回復することなく、八戸に到着したが、JR東日本八戸線の普通列車久慈行きは定刻どおりに発車。その男性はJR東日本の駅員に猛抗議をしたという話を思い出した。地方の鉄道は、接続時間はもちろんのこと、遅れても待つ姿勢が大切ではないだろうか。

DSC_0590a.JPG

三河三谷―三河大塚間で遠くからの三河湾オーシャンショー。風車が勢いよくまわっている。

豊橋で新快速などからの乗り換え客が多く、その後も乗客が増え、新居町を過ぎてからは寝てしまい、17時48分、終点浜松3番線に到着。向かいの4番線には、211系5000番代の普通電車掛川行きが発車を待っているものの、先に出るのは隣の2番線で、“大移動”と化す。路線が違うのならば、階段乗り換えは仕方ないけど、同一方面の乗り換えは同一ホームで乗り換えられるよう、改善してほしい。

◆気になる側扉窓

DSC_0591a.JPG

普通電車沼津行き(クモハ211-6008:ロングシート)は、5両全車211系5000番代で、トイレなし。車掌が「御了承」という以前に、時刻表などで案内がほしいところ。市販の時刻表にトイレマークがあれば、なおよいが、トイレ設置改造を行なわないJR東海の意固地ぶりは理解できない。

17時52分に発車。先頭車は思ったほど混んでいなかったが、前から2両目以降は、帰宅ラッシュさながらの光景である。そして、乗車しているクモハ221-6008であることに気づいた。

DSC_0591(P1390630)a.JPG

それは紫外線をカットするためなのか、側扉窓に透明のシールを貼っていたのである。日よけのカーテンを設置できないこともあるだろうが、透明のため、車窓の眺望に大きな変化はない。


普通電車沼津行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
静岡なしクモハ211-6008ロングシート
 なしク ハ210-5056ロングシート
 なしクモハ211-5609ロングシート
 なしモ ハ210-5057ロングシート
浜松なしク ハ210-5028ロングシート

掛川で乗務員室は3枚中、2枚の窓にカーテンを下ろす。そして、島田を過ぎてからは日が沈んだようで、あとは暗くなることを待つだけの状態。長いトンネルを抜け、用宗に到着。空は一段と暗くなり、東名高速のオレンジランプが照りつけるかの如く、まぶしく輝く。

19時01分、静岡1番線に到着。晩メシ購入のため下車するが、有人改札では、なんと青春18きっぷに途中下車印を求める利用客がいた。

◆車内オフィスで帰京

DSC_0596a.JPG

晩メシ購入後、再び静岡1・2番線へ。隣の3番線は、373系の〈ホームライナー浜松1号〉浜松行きが発車を待っている。熱海寄りでは遠目に4つの“目玉”が鬼のように輝かせている車両を発見。〈ホームライナー浜松1号〉浜松行きが発車すると、2番線に普通電車東京行き(7号車クハ372-5:自由席)が入線。前回乗車時は静岡県内の大雨のため、富士で無念のリタイア。タクシーで新富士駅へ向かい、東海道新幹線300系の〈こだま682号〉東京行きで危機一髪だっただけに、今回は終点まで無事に帰京したいところ。

普通電車東京行き編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
東京9クモハ373-5自由席
 8サ ハ373-5自由席
 7ク ハ372-5自由席
 6クモハ373-6自由席
 5サ ハ373-6自由席
 4ク ハ372-6自由席
 3クモハ373-9自由席
 2サ ハ373-9自由席
静岡1ク ハ372-9自由席

車掌の“組体操笛”がホームに鳴り響き、19時30分に発車。ひじかけにテーブルを引き出して、晩メシを食べる。

19時53分、由比1番線に到着。ここで特急〈(ワイドビュー)ふじかわ13号〉甲府行きの通過待ちをするため、5分停車する。私は373系同士の追い抜きを撮影したい。前回乗車時はシャッターが切れず、失敗しているだけに、“今回は!!”という意気込みを持つ。

DSC_0607a.JPG

さぁー、お目当ての特急〈(ワイドビュー)ふじかわ13号〉甲府行きが過。“うまくいった”という自信はなく、“ただ撮れた”だけの腕前である。次はISO3200にして、ホームの情景を写してみたいが、うまくいくかなぁー?

普通電車東京行きは富士に到着。かつては到着前に寝台特急〈富士・はやぶさ〉大分・熊本行きとすれ違っていたが、2009年3月14日(土曜日)のダイヤ改正で消滅。その代わり、371系の〈ホームライナー浜松5号〉浜松行きがホームに滑り込んだ。371系の塗装は100系に倣っているが、たった1編成しかなく、1度も増備されることはなかった。

DSC_0612a.JPG

20時53分、熱海5番線に到着。ここからはJR東日本に入るが、ホームの行先案内は特殊?!  

JR東日本“東海道線”の快速や普通電車は、グリーン車連結が当たり前で、「グリーン車がない」のは珍しいのだ。373系や185系の普通電車は、“普通車は普通列車用グリーン車なみ”で、利用客のウケもいい。しかし、普通列車用グリーン車に乗ると、人の行き来が少ないため、快適に過ごせる(ラッシュ時だとグリーン料金を払っているのに坐れないケースがある)。

根府川―早川間で一瞬、非常灯以外、消灯するアクシデントが発生。ところが、停電は乗車している7号車だけなのか、車掌はお詫びのひとこともなかった。トイレで用を足している人がいたら、確実に混乱しているかもしれないが、乗客は一瞬の停電を気にしていない様子だ。

函南―小田原間はトンネルが多く、小田原から小型のノートパソコンを開く。するとメールが入っており、『週刊鉄道データファイル』編集部から原稿執筆の依頼だった。旅立つ1週間前、編集部に“夏休み”を伝えており、帰京する日に発注することになっていた。これで翌日から仕事にとりかかることになる。もちろん、この場で執筆してもよかったが、年齢のせいか、緊張の糸がブッツリ切れたかのような状態で、一気に疲労があふれ出し、この日は返信だけで精一杯だった。

22時43分、終点東京9番線に到着した。


★備考

①eyevio「2009年の汽車旅4 THE MOVIE」



②岸田法眼のRailway Blog.「各駅停車と普通列車」 

★お知らせ

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の激甚災害により、東北地方がメインの「2009年の汽車旅5」、「2010年の汽車旅1・2」の各シリーズについては、当面見合わせることをRailway Blogで公表しました。

しかし、被災した鉄道路線のうち、太平洋沿岸部以外の大半は復旧していること、“「自粛」をするよりも、あえて載せることで復興につながるのではないか?”と考えるようになりました。

このため、次回の汽車旅シリーズは、「2009年の汽車旅5」シリーズをお送りいたします(開始時期は現在未定です)。

被災地の1日も早い復興を祈念いたします。

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 2

Tまさやす

>八戸線の普通列車久慈行きは定刻どおりに発車。その男性はJR東日本の駅員に猛抗議をした

それ、私のことですな・・・
あの時、接続待ちをしてくれなかったせいで、その後、震災で壊滅的な被害を受けた北リアス線や山田線に行くのが夜になってしまい、あの美しい三陸の風景を眺めることができなかったのが、残念でした。
by Tまさやす (2011-05-08 09:13) 

岸田法眼

Tまさやすさん、どうもありがとうございます。

本文を作成しているときに、そのことを思い出しました。私は匿名にしたのですが、お名前を出してよろしかったのでしょうか?

八戸線は鮫―久慈間の本数が少ないのが難点で、JR東日本在来線完全制覇を成し遂げるのが遅かった理由というか、言い訳です。

震災がなければ、『きらきらみちのく』を改造した『リゾートうみねこ』が美しい車窓の引き立て役になっていただけに、残念でなりません。

なお、本文を引用しないよう、お願いいたします。

またのお越しをお待ちしております。
by 岸田法眼 (2011-05-08 21:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。