So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

JR北海道711系フォーエヴァー総集編 [INFORMATION]

■2002年9月3日(火曜日) 


6時31分、臨時快速〈ミッドナイト〉が終点札幌3番ホームに到着。接続時間7分のため、すぐさま9番のりばにまわり、普通電車滝川行き(モハ711-115:非冷房車)に乗り換え。北海道電車のパイオニア、711系に乗る(乗車したのは711系100番台)。






711系は赤いボディーに白い帯がまぶしく、冷房はなし。3両編成のうち、1・3両目は3ドアに改造されており、ボックスシート奪取率の高い中間車へ。扇風機をかけて、6時38分にファイトー、しゅっぱーつ!!



JR北海道711系フォーエヴァー.jpg


停まるたび、上りホームは7時にならないうちから、長蛇の列ができている。サラリーマンの姿は乗車している電車も次第に増えてきた。

江別でエル特急〈スーパーホワイトアロー1号〉旭川行きの通過待ち。改札のある4番のりばでは、始発の普通電車札幌行きが発車を待っており、なんと、uシートつき!! どうやら、普通電車で運行する時、uシートは指定席ではなく、誰でも乗れるという“早い者勝ち方式”である。

北の通勤区間は江別が終わりのようで、とうもろこしの畑が大地のように見え、夕張川を渡る。

北の大地は見ているだけで、気分爽快だが、豊幌の上りホームは荒々しくて、まったく舗装されていない。

幌向で高校生が急激に乗車。国道12号線と函館本線のあいだはけっこう離れており、草花を植え込んでいる。その先はなにやら工事が行なわれている模様(2007年の今は完成したのだろうが)。いつしか女子高生と相席になり、カバンの中は勉強道具よりもお菓子がメインで、私は困惑する。普通、お菓子の持ち込みや買い食いは禁止されているはずではないのか。

岩見沢で5分停車。半分ほど降りたが、それでも少し乗って発車。北海道の大自然を走り、米、とうもろこし、たまねぎなどの畑を快走。この時期、たまねぎの収穫が盛んなようである。

朝から曇りがちのなか、酪農地帯をひた走る。カーブは少なく、持てる力を存分に発揮する。

美唄で大量下車が発生し、大いにすく。同じ学校の高校生はブレザーをはおり、半袖シャツだけなど、容姿は様々。ただ、白い半袖シャツの生地が薄過ぎるのが気になった。

奈井江、砂川でも減って、空知川を渡ると、8時18分、終点滝川に到着した。


■2003年12月28日(日曜日) 


函館本線の普通電車滝川行き(クハ711-30:非冷房車)に乗り換え。終点滝川では特急見物のオンパレードだった。



■2005年8月15日(月曜日) 



終点札幌で普通電車東室蘭行き(モハ711-114:非冷房車)に乗って、苫小牧へ折り返し。企画乗車券ならではの乗り継ぎである。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。